住所
出身
ハンドル名
ユニバーサルフロンティア理論さん
ブログタイトル
ユニバーサルフロンティア理論
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/buturikyouiku
ブログ紹介文
GUTこと大統一理論を上回る現代最高の物理理論を公開したいと思う!こう、ご期待・・。
自由文
-
更新頻度(1年)

141回 / 213日(平均4.6回/週)

ブログ村参加:2014/10/29

ユニバーサルフロンティア理論さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 05/26 05/25 05/24 05/23 05/22 05/21 全参加数
総合ランキング(IN) 21,732位 22,717位 22,754位 22,517位 22,525位 22,500位 22,430位 961,298サイト
INポイント 10 10 10 10 10 20 10 80/週
OUTポイント 0 20 0 0 10 20 10 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
科学ブログ 24位 25位 25位 24位 22位 22位 23位 2,233サイト
物理学 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 191サイト
今日 05/26 05/25 05/24 05/23 05/22 05/21 全参加数
総合ランキング(OUT) 51,280位 50,134位 53,687位 43,599位 41,834位 41,904位 37,616位 961,298サイト
INポイント 10 10 10 10 10 20 10 80/週
OUTポイント 0 20 0 0 10 20 10 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
科学ブログ 32位 30位 38位 21位 16位 17位 9位 2,233サイト
物理学 3位 3位 3位 2位 2位 2位 2位 191サイト
今日 05/26 05/25 05/24 05/23 05/22 05/21 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 961,298サイト
INポイント 10 10 10 10 10 20 10 80/週
OUTポイント 0 20 0 0 10 20 10 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
科学ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,233サイト
物理学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 191サイト

ユニバーサルフロンティア理論さんのブログ記事

  • 俗だのなんだの言い出したら何でも俗だという話について

    俗を廃するってどんなことなんだかよくワカラナイ、今日この頃、って話ですがw俗事なんてことを言い出したらお役所仕事のことですから、そんなことを廃していたら人間生活デキませんてな話になるわけですから、ま、ありていに言ったら俗って大切です。歴史上、俗を廃したというか俗を超えた天才ということになると、数学者のガロアであるとか画家のゴッホであるとかになるわけですが、ショージキ申し上げて「成りたいなんて誰も思わナイ」ですがなー、正味、ね、本当に。まーね、それは概要にも書かせてもらったよーに「学会活動だって俗」だということになるわけですからね、んー、お前が俗を省略し過ぎるからだとなら、ま、言われヨーガある話ですわな、そこは。ま、ありていに言えば学会こそ俗事の殿堂ですがな・・。そこのところは分かってくれやっしゃ!私は何も、自分...俗だのなんだの言い出したら何でも俗だという話について

  • 日教組の悪い癖としてプリント授業をさも善意の産物とでも思うという

    幹部がどう言おうと現場の現実としてプリント授業は日教組の悪弊ですからwプリント授業を基調に改善を図ったら、そら仕事時間が増えますって、そこで泣きを入れたって手遅れですって、ば。プリント授業自体の違法性ということを鑑みたらね、そんなの自業自得なんですから。朝練を見に7時半ごろに学校に来ると致しましょーか、小一時間ありますよね、そこで教科書点検するのですがな。一日分の授業ぐらいそれで万全でなくって教師でしょーか。クラブによる教師の残業なんてのは居残り当番みたいなものですから一般人の感覚の残業には当たりまへん、そうでんがな。いや、それでも気の毒だとは思いますよ・・。午後6時にクラブ指導を終えて、後片付けをして、教材研究?というより授業準備ですな、授業準備はその後回しになると思えば、そらちょっと気の毒です。でも、それだ...日教組の悪い癖としてプリント授業をさも善意の産物とでも思うという

  • 多くの人は科学というのは常識を超えたことだと思っているが

    実のところ科学というのは常識の積み重ねによって得られるのである!と、いう文章を読んだことがありますけど、ま、それにしてもアインシュタインが少年期に「光速度一定は当たり前だと思った」という詩のような論文を認めており、たとえ錯覚であっても“当たり前”という思い込みが大切だったことがうかがい知れるワケですがな。そーだなー、私が中年期に「クォーク荷電は整数なのが当たり前」と思ったようなモノかもシラナイし、ユニバーサルフロンティア理論としても常識の積み重ねによって得られたのですよ、コホン。科学だもの当たり前が当たり前なんですがなwまあ、本当に非常識をいとわないのはSFの世界だろーね、そりゃーね、ワープ航法に波動砲、ナ~んちゃっての世界。でも、ね、私は拙書『量子力学は相対論の子だ!』において「時空進行は波動現象である」と論...多くの人は科学というのは常識を超えたことだと思っているが

  • 標準模型が正しい理論と間違えられる理由とは、等

    特にイギリスの学者なんかが「実験は標準模型のためにあった」なんて言ってるけどねwそれもこれも、ま、イギリスがニュートンの国で何かと大らかなのと、電弱統一の確かさに関してはそうだということですね、ええ。グルーオンに関してケチが付いているところは、というか、ま、他でもなく私がいちゃもん?を付けているのですが、そこのところは大目に見て大丈夫だと、そのように思ってしまうニュートンの国の人たちだと、そう言うことですがな。で、いったい何が大丈夫なのでしょーかね?精密科学においてはチョットだからイイなんて言う逃げ口上は認められないですがな、それにチョットじゃないですがな、グルーオンは再三再四その観測には失敗しておりますがな、そーでっしゃろ、違いますやろか。最大の失敗が金イオン衝突実験における理論的予言と欠けらも似ていない実験...標準模型が正しい理論と間違えられる理由とは、等

  • 大学教官の中堅がゆとり世代化して来てるって話だけど

    なんかね、優秀という言葉の意味もね、イメージを変えてもいいから、ねw頼むから学者が、とくに理論学者が他人の功績をあてにして写すのだけは止めていってもらいたいわけでさ。日教組教育だと笑われヨーガ、何のために創造力教育を受けたのかワカラナイ、というところでさ、勝負をしてもらいたいワケでね。え、ゆとりの上に創造力教育も無かっただって、ダメだなあー、それこそ日教組教育だなあー、という話でね。理論物理の畑には創造力豊富な人材が集まらなければナラナイじゃないですか、で、ね。だけど何ごとも自力本願だなんて言ってナイですがなw権威筋に逆らったような内容であっても、論争に巻き込まれるだなんて思わずに、学者なんですからむしろ喜んで、ね。ええ理論家肌が大学の物理教師には成り下がらないでもらいたい、ということでね。もっと基礎的なところ...大学教官の中堅がゆとり世代化して来てるって話だけど

  • 日本の物理って何かと駄目だなーって思う今日この頃

    益川先生はノーベル賞受賞の折に「これで理論物理学は終わった」と仰いましたっけ!そのセリフはどこかの大教授の真似でして、その教授は学会においての締めくくりに「これで〇✕学は終わった」と宣言されたのだそーですが、その弟子どもの一人がさっそくしゃしゃり出て「大先生にとったらそうでしょうけど僕らにとったらまだまだこれから」と言って関連の発表を始めたのだそーです。盛んな学問ってイイですよねー、で、益川先生だってある意味ではそのような反応を期待してのセリフだったのではないかとだって思えるのですがね。と、いうか、そう受け取ってこそ有能な若手であるというか、それが日本には一人もいなかった、というw全学連闘争の折にどこかの教授が、数学の先生だったかな、確か、次のように仰っておられましたよ、曰く「紛争において彼らの中にもガロアのよ...日本の物理って何かと駄目だなーって思う今日この頃

  • 恐竜絶滅に関する生物学会の反応とか参考になると思うのだが

    どうして物理学が終わることを是とするのかね?かつてカタストロフィー理論のルネ・トムが「生物学者にはロクな奴がおらない」とコケにしたことがありまして、それに対して森毅が「年金で生活は安泰だし、もうやけくそなんじゃないか」と感想を述べておられましたが、ま、私はルネ・トムさんがどのような経緯でそのような発言をされたのか知らないわけですけど、なんかワカルのですけど、あー、ああいった感情か、とかピーンと来るのです。他人のことをすべからくダーウィン的に考察して述べるみたいなとところがあったのではないかと存じました。だけど相手は進化論のプロでっせ・・。恐竜の絶滅原因をユカタン半島の惨劇に持っていくと怒るんですって、それで言うことが「食い物が減ったからだ」と言って事の経緯を研究したがるんですって。それだって負け惜しみというより...恐竜絶滅に関する生物学会の反応とか参考になると思うのだが

  • 入門講座的な内容に終始するような学問なんか良い学問なわけがない

    科学者だったら研究することを是としましょーよ!って、ゆーか、ネットで素粒子の記事を開いて閲覧していると、殆どが標準模型的な知見に関しては既知事項であり、今さら研究することは無い知識のような扱いなんですよね。そんなら百科事典にそのまま載せればいいというが早いか、ああそうしますよ的な安直さで対処されてしまう感じですよね。ですが、私が当ブログで日々力説しているように、標準模型というのは安心デキたものではないのですがねー、で、それだけでなく、例えば、小林=益川模型の遷移確率の基礎になっている量子力学的重なりに、ま、そこにこそさらに深い基礎反応的な説明が必要なところとか、ですがね、ま、けっこう難しい、と。益川先生は「理論物理学は終わった」と宣言して逃げてしまわれましたっけwですから、そこも科学者だったら研究することを是と...入門講座的な内容に終始するような学問なんか良い学問なわけがない

  • 光子・光子散乱事象だって誤報なんだろうな

    より、ピュアなX線領域で出なけりゃ納得し難いねー、私ゃ、残念だけどwグルーオンプラズマだってそうだけど、どうもLHCというのは、まー、ヒッグス粒子以外は、ということなんだけど、唐心(からごころ)による思い込みの塗(まぶ)された客観的には痛々しい報告が続いているよーですな。ここは大和魂をもって、大和心でもって粉砕してかからなければならないところですがな。よりピュアな領域において「出るはずのところが出てない」のに、あんな大雑把でアンクリアーな領域で出たなんて嘘だろーよ、グルーオンプラズマと同じく。どーもあちらの専門家というのは、思い込んだら命懸けみたいなところがあっていたたまれないです。また日本の実験家の結果を無視してかかろうという寸法らしいな・・。量子力学がEPRの範囲で問題が無くって、QEDの範囲で検証されない...光子・光子散乱事象だって誤報なんだろうな

  • リアルアイソスピン粒子アトムだ、ザマーミロって感じ、だ

    アトムはインフレーション期にしか存在しない幻のフェルミオン・・。アトムが時間順行逆行対となっていて1つの素領域を形成しているのがインフレーション期における宇宙の構造だ。アトムの時間順行逆行対は真空のクーパー対と同じ構成をしていて、それはアトム反アトム対とは少し違うというのがユニバーサルフロンティア理論の言い分、その関係も真空のクーパー対と同じ。その素領域はプロセスに応じて指数関数的に数を増やすという量子インフレーションを生じさせ、それは宇宙の指数関数的膨張すなわちインフレーション宇宙の基礎となる。で、このプロセスは時間逆行過程を含むので時間経過は0かも知れないというミステリー。ま、そんなことは無いかもワカラナイが、いずれにしても細かいことは後回しwいやー、時間経過0のインフレーションが存在したら何かと便利なんだ...リアルアイソスピン粒子アトムだ、ザマーミロって感じ、だ

  • アイソスピンはどこかでリアルになっているはずだ

    グラショウ先生にとったらアイソ対称性なんて邪魔っけなんだよなあー、そらwだけど、その理由でX粒子とY粒子の両方があるなんて可笑しいよな、その伝でいけば、だね、もう1種類が必ずなくてはならない、と、いうか、アイソ対称性があったとしたらユニバーサルフロンティア理論が必然であると、私はもちろんそう言っているわけですがな、で、なければ3種類のゲージボソンが2クォークに割れる、だ、ソコを譲る気は毛頭ナイ、私の立場はハッキリしている。まず「大統一のストーリーが致命的である」だよ!グラショウ先生の頭には性染色体がチラつくのだろうなあー、物質宇宙だって性から始まった、と、ま、それはそれで面白いですよ、面白いですけどそれまでであって、よーするに必然性もナシに採用して良いストーリーじゃない、udとuuがあってddが無いストーリーな...アイソスピンはどこかでリアルになっているはずだ

  • しけた日本一だと笑わば笑え、されど今はそれしかない

    幾千幾万の読者の支持によるのではあるまいしw晴れて、というには全くおこがましい日本一だけど、ブログランキング物理分野でこのところ快挙?が続いておりますよ。一日に10ポイントや20ポイントということは、ま、一人や二人の支持によることで他ではございませんので、まあ、あまりホザクわけにも参りませんが、んー、それでも今はそれしかないかなー、と、そーいう感じなのですがな。と、いうか、今の世の中では素粒子物理は低調だね、まったくね。知らないうちに低調なので現場もびっくり!今にフランス人やスイス人も驚くほどに世界中で低調になりかねない動きだと観測しております次第。実験の方はイキガル理由というモノがチョッとだけあったような気がした、気がしたがスーパーレアなイベントを宝石に喩えてみたところで、一般の人はそんな感覚を理解できないじ...しけた日本一だと笑わば笑え、されど今はそれしかない

  • 物理学と応用技術の間にはアベコベの実情が横たわっている

    不可能を可能にデキるからって、光速度は超えられませんwしかし、応用技術の世界には「不可能性を証明する」という分野だけは存在していないですよね、当たり前だけど。で、純粋な理論物理学の畑では不可能性がちょくちょく証明されます。2つ以上のフェルミオンは同じ場所で同じ量子数を持つことがデキない、いわゆるパウリの禁制律だってそうですから、そこからユニバーサルフロンティア理論の不可能性だって出てくる、そーです、そー思われているに違いございません。もし、それがそのまま本当だったら、私は超光速粒子タキオンを仮定してモノを言っているのと同じです。南部先生はそれでクォーク理論に韓=南部模型を適用することを断念されたに違いございません!そこは当然、ド~にかなります、技術的に仕組んででもド~にかしなければなりません。南部先生にはそこを...物理学と応用技術の間にはアベコベの実情が横たわっている

  • アイソ対称性が成立するためにもアイソスピンはリアルな概念でなければならない

    きっと、グラショウさんはアイソスピンは近似的な概念だとしてアイソ対称性を排除していたのだろうね!それで、ワインバーグ=サラム理論を「トイレのような仕上がり」と言って、嫌忌するでもなく、コケにしていたのでしょーね。自らの電弱統一理論には「そんなあり得ないプロセスは含まない」ということで「グラショウの電弱統一とヒッグス理論を結婚させたモノが正しい」と言っているのでしょう、おそらく。しかし、私は、ワインバーグ=サラム理論は「もう少しばかり当てになる理論だ」と言っているのです。ぜんぜん違うけどねwアイソ対称性の宇宙は存在した、が、しかし、それはレプトン相互の関係ではなくてクォークに成立するモノだった、と設定しております。だから「ヒッグス機構はクォークに効いていてレプトンには効いていない可能性がある」と見ております。だか...アイソ対称性が成立するためにもアイソスピンはリアルな概念でなければならない

  • 物理学者に「アイソ空間におけるスピンがアイソスピンって本当なんですか」と聞いてみろって

    本当にフザケタ概念に、フザケタ業界であり、ふざけた神経だ!アイソ空間とは荷電空間のことであるが、ま、そう言い換えたところでナニが分かりやすくなるでもナイ訳だが、ま、知れたことだとした場合に「それは電荷のことではないか」と疑ってみたとする。そう、むしろ私なんかは、そう思っているワケですがな。電荷を抽象化して言えば「アイソ空間における整数スピンのこと」ではないか、と、そう疑っている次第。それが半整数である場合にアイソスピンと言い、それはインフレーション期のアトムにしか定義できないと、そう決めているのがユニバーサルフロンティア理論なのです。そういうキッパリしたところがナイ、のも標準模型の難点だと思う次第・・。と、言ったって無理かもなあー、ユニバーサルフロンティア理論の、このクオリティーに標準模型ごときがかなうわけがな...物理学者に「アイソ空間におけるスピンがアイソスピンって本当なんですか」と聞いてみろって

  • なんかね、女性天皇待望論がネット上を賑わしているみたいだけどね

    女性の方が高能力なことはイロイロあるwで、権威に弱いのが玉にキズだと思っていたが、こと物理に関して、当ブログの読者にも多く女性が見受けられるとの指摘もございました。そーね、今どきの物理シーンでは、保身に窮するばかりの男性陣よりも思い切ったことが言えるかもね。なんか、素直に期待したくなってきたワケで、まあー、こズルくもというか、なんか、手前みそなんだけどさ。でー、点数によって人間集団を分けることが差別だと思う人も多いかもワカラナイが、女だからと言って点数を減らしてまで女医を減らそうとすることが女性差別なんである。そこに「贅沢な話だから配慮なんかしなくてもイイ」なんて物事は存在しない。そうなると、比較的速やかに決断しそうな観測をしていてもイイwま、後継者選びは自由度が増えるほど良いですからね、きっと実現する方向で動...なんかね、女性天皇待望論がネット上を賑わしているみたいだけどね

  • 当方の感想としたらワインバーグの世界観を少し修正したら正しい感じになるのかも

    グラショウがアイソ対称性を無視して理論構築したことは確かですよwワインバーグはアイソ対称性をレプトンの世界に求めていましたけど、ユニバーサルフロンティア理論では、それをクォークの世界に求めることによっては「新しい大統一が生まれる」と言っておるのですがな。ですから、修正というにはあまりにも大雑把な変更なので、ワインバーグにとったら「むしろ革命的」と言えば分かりやすいかな、と存じました。で、ワインバーグと言ったら、かつては“究極理論の男”とか呼ばれていたものです。グラショウはそれを“トイレのような理論”とコケにしてますよねwそれでいてグラショウはワインバーグを親友と呼ぶ、とすれば、まあ、アメリカ人のイイ加減な人間関係が知られるような心地がしますよねー、けっして無くさないナショナリズムだっていつまでもあるような感じが...当方の感想としたらワインバーグの世界観を少し修正したら正しい感じになるのかも

  • 大統一理論だったらこうだという実験結果はひとつも出ていないと聞きます

    標準模型はまあまあ検証されているようですけど、ま、完全ではないというwその標準模型が“糞理論”だったら、大統一理論は“糞につぐ糞”ですがな。標準模型がまあまあ検証されているというのはね、それは電弱統一までは確かだという証左ですがな。それを、さも標準模型全域が確かであるように過剰宣伝していらっしゃるのがイギリスの物理学者。まー、ニュートンの国らしさですなあー・・。彼らにはグルーオン関連の苦しさなんていうモノは致命的には感じられないのでしょーね。ま、不感症というか、アインシュタイン理論みたいな革命的なまでに違う理論にしか覆されないと思っているみたい。そーじゃなくて、他の多くのフツウの科学理論の世界と同じで、ごく初歩的な個所の変更が効くなんて夢にも思っていない人たちですな。世界の物理学者ともども考えが甘いんだよ、正味...大統一理論だったらこうだという実験結果はひとつも出ていないと聞きます

  • 糞大統一理論ではレプトンとクォークが区別つかなかった頃があったと論じている

    まー、象徴的に言ってワインバーグ=サラム理論の精神を無視しているのですよねwかの理論ですと、なんか、レプトンはW粒子やZ粒子のような弱ゲージボソンの崩壊によって補給されたという感じがするのですがな。まー、ワインバーグがそこのところをハッキリ言わなかったのが悪いというか、無視したグラショウが悪いというか、んー、どっちが正しいかはワカリマセンがね。で、ユニバーサルフロンティア理論ではハッキリ「レプトンはセカンダリーである」と言ってるわけですがな。グラショウさんはワインバーグ先生を理解し直した方が良いように思われてなりません!まー、引っ込みがつかないのでしょーけど、けども、大統一理論はワインバーグ=サラム理論の自然延長になってないということは、私どもが非常に強い気持ちで指摘しておきたいところです。そーです、そーですが...糞大統一理論ではレプトンとクォークが区別つかなかった頃があったと論じている

  • そもそも糞大統一理論の糞X粒子の崩壊は癖があり過ぎるワケだよ

    2クォークに崩壊する以外に「陽電子と反クォークにも崩壊する」とか言うんだけどねwなんか「電荷合わせのこじ付け」という感じが否めないワケでね。ま、そんな裏の崩壊というか、そんなことを仮定するから陽子崩壊を予言しちゃうのだけどね。んー、なんていうか必然性に乏しいというか、ま、無さすぎるっていうか、どうしてそんなことを言うのか理解に苦しむ感じなんだよね。2クォークに崩壊すると同時に陽電子と反クォークにも崩壊するなんていうのがね、んー、そんな気シレンという感じがするのですがな。おまけにそこから崩壊のズレだとか、方向付けだとか崩壊先の確率を人為的にいじるようなことをする。ユニバーサルフロンティア理論ではクォークとレプトンは混ざりません!アトムのアイソ対称対から後は紡ぎだすように全てが出てくる美しい、そーです、それはそれは...そもそも糞大統一理論の糞X粒子の崩壊は癖があり過ぎるワケだよ

  • 糞理論の糞X粒子と一緒にしないでもらいたいとすら思ってるわけでさ

    糞X粒子仮説にはアイソ対称性の意味が無いワケ!アイソ対称にクォークが出現することに意味が有るとしたら、そのアイソ対称性が破れていることの説明をしなけりゃなんないから、その理由で逃げているのだろうけど、そいつばかりは間抜けな話ですがな。おまけに電荷+4/3のY粒子も仮定するとしたら、そしたら電荷-2/3の他の粒子も論理的必然として出てくるだろうに仮定してない。恣意的に過ぎるのですがな、恣意的に・・。アイソスピン+1/2のクォークが電荷+2/3に、-1/2のクォークが電荷-1/3に、それぞれ変化することの説明がまったくされておらないのが、大統一理論の悪しき特徴なのです。そんなことなら、いっそのこと、SU(3)対称性から3クォークを生むゲージボソンを一つ仮定したら済む話じゃないかね、グラショウ君にジョージャイ君。ユニ...糞理論の糞X粒子と一緒にしないでもらいたいとすら思ってるわけでさ

  • Mユニバースの2種類の崩壊はX粒子とは異なり混ざることが無い

    これはユニバーサルフロンティア理論における唯一の人為的な仮定ですw今のところ、ですが、で、ひとこと言って良ければ大統一理論にはこの種の仮定が多過ぎるときらいがあるようです。んー、グラショウ先生の悪い癖かもワカリマセンが、X粒子に対してY粒子を仮定してアイソ対称性を否定するなら、もしそうであるなら「低い2クォークに崩壊する電荷-2/3のゲージボソンがさらに存在するはず」です。ユニバーサルフロンティア理論では「宇宙におけるクォーク起源粒子はアイソ対称性のMユニバースだけ」です。ハドロン内部では2クォークに崩壊するが、外部ではヒッグス粒子とZ粒子に崩壊します・・。エネルギーの塊からZ粒子が抜け出てヒッグス粒子が残る手はずのILC計画の面々にはお伝えしたいですが、それはMユニバースが崩壊して生じたヒッグス粒子とZ粒子だ...Mユニバースの2種類の崩壊はX粒子とは異なり混ざることが無い

  • X粒子は荒唐無稽な巨大質量が仮定されているがMユニバース質量はリーゾナブル

    X粒子を加速器で合成するには地球から月までのコライダーが必要だと聞きます・・。そんなことデキるはずも無いので、それで「カミオカンデ計画で陽子崩壊を観測しよう」というのが出始めでしたよね。それだけでなく大統一理論にはモノポールも必然的に予言されていて、それも同時に観測される手はずが狂って?もっぱらニュートリノ観測にコキ使われた?のがカミオカンデでした。確か、一度、誤報で「モノポールが出た」とひと騒ぎが起こったことがございました。結果はX粒子もモノポールも出なかったわけですwそんなわけで陽子の寿命は大統一理論が予言していたよりもかなり長くなってしまいましたけど、厄介なことに陽子寿命を長く設定しようとすればX粒子質量はさらに巨大化してしまうという話です。こりゃ、荒唐無稽だ、いや、陳腐ですらある、などと悪口のオンパレー...X粒子は荒唐無稽な巨大質量が仮定されているがMユニバース質量はリーゾナブル

  • X粒子は陽子を崩壊させるがMユニバースは陽子崩壊を防ぐことがデキます

    Mユニバースはハドロンの内と外とで崩壊様式が異なるのですwま、そのことは「数学的に証明デキる」という性質のことではなく「そう設定デキる」というだけのことなのですが、おそらく間違いないものと思われます。なぜならば、そう設定したときに、そう設定したことによって「ヒッグス粒子質量が正しく求められる」からです。すなわちMユニバースは、ハドロンの内側ではtクォークとbクォークに崩壊しますけれども、ハドロンの外部ではヒッグス粒子とZ粒子とに崩壊します。そう設定したときに、そう設定して初めて、ヒッグス粒子質量が125.7Gev/c2とドンピシャに算出されます。[H]=[t]+[b]+[W]/2-[Z][t]=172.5[b]=4.2[W]=80.4[Z]=91.2これを計算すれば[H]=125.7になることがお分かりでしょう...X粒子は陽子を崩壊させるがMユニバースは陽子崩壊を防ぐことがデキます

  • 最近、しらさぎ以外コメントして来ないけどね

    なんか「疑問が有るなら他も質問して来いよ」って言いたいですよw(質問ネタ、無~い?)最近、しらさぎ以外コメントして来ないけどね

  • あ、ぜんぶ承知の上で、分数荷電と整数とでは大して違わないとタカをくくっているのか

    いいえ、違いますよお~、トンでもない違いですよおーwまず、クォークが分数荷電だと高いクォークと低いクォークの組み合わせのうちで、電荷の合計が0になるモノが出てきます。と、いうことはド~言うことか、と言うと「大統一理論で予言されているX粒子にあたるゲージボソンの電荷を0に設定デキる」「その結果として宇宙全体を正クォークだけから始めることがデキるようになる」と言うことが挙げられます。これが大きな違いでなくて何でしょうか?GUTこと大統一理論のX粒子は電荷が+1/3なので、-1/3の反X粒子とペアになって出なければならないので、ひっきょうクォークと反クォークとが半々になってしまいますがな。いったいぜんたい何のために2クォークを放出する粒子を仮定したのか分からしまへんがな。それで崩壊のズレとか、方向付けとか、これと言っ...あ、ぜんぶ承知の上で、分数荷電と整数とでは大して違わないとタカをくくっているのか

  • クォークを往復させるのが質量機構であり封じ込めだというならば

    強い力の場を担う粒子はスピン0でなくてはなりませんからwグルーオンなど不要ですがなー、って、それでも振動の腹にはグルーオンが有ったらどうなるか、ですけど、問題は、ね。粒子が両巻きというのは2種類の可能性がありましてね、ヘリシティー、すなわち進行方向に対しての巻きがね、それが右巻きと左巻きの区別があってもね、粒子が静止しておるならば両巻きですがな、進行方向が無いんだから、で、フツウはそうなっとる。カイラルが完全に破れているとは静止しているということでそうなっちおる。もう一つの可能性はヘリシティーから両巻きということでね、ちょっと想像するのは難しいけどね。グルーオンが存在したらヘリシティーから両巻きになりますって!核子から両巻きだったりしたらP破れ実験の結果と相いれられませんがな、というか、そもそも原子核スピンが測...クォークを往復させるのが質量機構であり封じ込めだというならば

  • あー、そーか、クォーク分数荷電の結果を信じてるワケなのか

    以前から当ブログでも話題にしておりました深部非弾性散乱ですがなwその結果によって「クォークは分数荷電と決まった」とアメリカさんは言ってるワケなのか。よろしい、私としたらグルーオン発見ネタと同じく「その結果にはノーベル賞が出ておらない」ことを一つの手がかりに「その実験に疑義があってのこと」という疑いを実際、胸中に持っている。それもあるが、ま、相手とて科学者ゆえ、間違えたがることはそうないとして信じてあげても宜しいと思っている。いやー、だけどグルーオン発見はきっとウソだと思ってるよ、やっぱし。ならば、こっちにはこっちの手があるさ!「クォークはどの瞬間にもRGB3色の状態が重なり合った存在である」と思い至ります・・。後は、そのクォークに上下の性質さえあればいいワケですがな。それぞれのクォークは、上向きにRという状態と...あー、そーか、クォーク分数荷電の結果を信じてるワケなのか

  • セイムスピンオービタルの精緻な構造を見よ

    スピンが揃っている2つの同種クォークが一体どう区別されるのか?スピン0のゲージ粒子でね、スピン交換をすればね、クォークはね、往復させることがデキますからね、それで、なんですよ、ね。2つのクォークがすれ違う向きに移動しておれば、ね、ハドロンとしてのスピン方向は同じですけど、クォーク単体としてのヘリシティーは逆向きですからね、弱い相互作用がね、彼らを区別することがデキるのですがな。ハドロン全体としては上向き(下向き)スピンだけどクォークスピンは左巻きと右巻きだという系になるのですwもし、ひょっとして南部先生がここまで研究なさっていたとするならばね、どうして公表して韓=南部模型を盾にして闘われなかったのか、ね、私にはワカラナイですね。そのぐらい明々白々にパウリの禁制律をクリアーできる方法ですよ。つまり私はぜんぜん知ら...セイムスピンオービタルの精緻な構造を見よ

  • スピンとアイソスピンしかない宇宙原子アトムの性質

    そのアトムの時間順行逆行対を初期条件とするとインフレーションを起こします!その一方で時間逆行アトムだけの領域も存在しており、それは2つで1つのオービタルを造るかもしれませんが、その部分は後で真空になる領域です。インフレーションが終わった次の瞬間に、各領域にハイパーチャージが作用して、それぞれのアイソスピンは整数に変わって電荷を示すようになります。それらのオービタルは物質ユニバース粒子や真空ユニバース粒子と呼ばれるゲージボソンに変化する、と思います。物質ユニバース粒子はMユニバース、真空ユニバース粒子はVユニバース、と表記されます。Mユニバースはtクォークとbクォークに崩壊して宇宙の物質源になります!後は、そこから宇宙のすべての素粒子が導き出されるでしょうw(あなたには理解できますでしょーか?)スピンとアイソスピンしかない宇宙原子アトムの性質