searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
うのくらし
フォロー
住所
吹田市
出身
未設定
ブログ村参加

2014/03/06

1件〜100件

  • 一緒に暮らす

    うさぎ1羽に猫4匹で暮らす一家の日常風景。一緒に食事をして、家の中をうろうろして、思い思いの場所でくつろいで。うさぎの視点では猫と人と、一体どういう風に見えているんでしょうね。

  • 眠っているだけでも大変

    激しく揺れ動いたりしながらもむにゃむにゃと気持ちよさそうに眠っているうさぎさん。ところがそんな眠っているだけのうさぎさんのもとへ次々と色々なものが……いや、かわいいので静かに穏やかに眠らせてあげたいとも思うんです。でも、かわいいのでついついちょっか

  • 色とりどり

    運動場でわちゃわちゃ遊んでいる色とりどりの子うさぎたち。2羽と3羽で別の家族のようですが、子うさぎはそんなことは気にしません。みんなであっちへ行き、こっちを眺め、疲れてきたら誰からともなくみんなで団子になって休憩タイム。この平和さがうさぎさんの良いとこ

  • 警戒心なんていらない

    ソファで寝そべる人のお腹の上でお昼寝タイムなうさぎさん。お腹の上下なんて気にしないのはもちろんのこと。ずれていってソファとの隙間に落ちても平気ですし、転がるようにして逆さに挟まっても気にもしません。警戒心? そんなものはいらないんです。いや、警戒と

  • 遊ぶのに忙しい

    何やら怪しく動く毛布。中から出てきたのはもちろんうさぎさん。毛布でごそごそして、おもちゃをぽいぽいして、一段落したら毛布を少しだけ隅に寄せてその横で休憩!少し休憩したらまた遊ばないといけません。うさぎさんは忙しいんです。

  • ブラッシングの後は

    せっせとブラッシングされるうさぎさん。気温が上がってくると夏毛に着替える時期。ブラッシングは大切です。実際に命に関わってきますし、長毛の子なんかは特に必須です。本当ならブラッシングしなくてもあまり抜けた感じがしない程度にゆるやかに生え変わっていってく

  • ばりばりにんじん

    にんじんと格闘している2羽の子うさぎ。たとえ小さくて毛がほわほわしている子うさぎといえどもうさぎはうさぎ。にんじんをばりばりかじるのは当たり前のこと。なのですが、子うさぎが真剣な表情でかじっているとやっぱりかわいいんですよね。

  • 落ちているもの

    屋内とはいえ道の真ん中に落ちている白いもの。カメラを向けたまま近付いてみると……耳が長くて足としっぽの生えたふわふわ毛玉が落ちているというのもよくあることです。ひっくり返ったままというのはどうかとは思いますが当事者がそれでいいのなら、まあそれでも…

  • 幸せなうたた寝

    人は一杯のアルコールとおつまみでささやかな晩酌。うさぎさんもその横で気持ち程度のお食事。静かに時間が流れた後は、一緒にソファで横になってうたた寝。なかなかに静かで幸せな時間です。

  • 食べながら遊ぶ?

    ボールプールでごそごそ中な2羽のうさぎさん。『play/dinner time』とのことなので、要するに下にペレットが撒かれていて、ボールをかき分けながら食べているということのようですが……いやこれはどうなんでしょう。こういうのはごはんとはまた別にしておやつ的なもの

  • シンクロ双子

    細かな動きまで不思議とシンクロすることが多いという双子の子うさぎ。それはもちろん、兄弟姉妹なら似るのも当然ではありますが実際に同じ格好で眠っていたりするとやっぱりいいものです。

  • 重なりおしまい

    集まって重なっておやすみタイムなうさぎさんたち。思い切り乗っていても気にしないのはいつものことですが、不意に下の子が動きたくなった時はどうするのかって?もちろんこうなります。重さはともかくとして動こうと思った時にすぐ動けないのは嫌みたいですね。

  • 水が飲みたい!

    水が飲みたくなった子うさぎ。少し高いところの飲み口へバランスが悪いながらも立ち上がって、ゆらゆらと左右に振れながら一生懸命に水を飲みます。ただ単に水を飲んでいるだけで何かあるわけではないのですが、子うさぎの行動ってなんかかわいいんですよね。

  • 転がりたい日

    今日も元気なうさぎさん。よく食べてよく出したらせっせと忙しそうにカーペットを掘り始めます。一生懸命に掘ってならして、一段落ついたらその場にコロン。手を掃除して横向きのままでしばらくまったり過ごした後、人に撫でられてから牧草を補給しに行って戻ってきた

  • 一緒が基本

    初めての運動場でちょこちょこうろうろな子うさぎたち。姉妹だけあって行動はそっくりになったりしますがそれでも気になったりするところはみんなばらばら。と思っていたら、気が付いたらみんな一緒にいたりします。やっぱり基本は姉妹で揃っていることなんですね。

  • これは誰の仕業?

    今日ものんびりと部屋の中を散策しているうさぎさん。ディスプレイを見ると『ネットワークエラー』の文字。手前にあるルーターはランプが消えて沈黙していて、人の手元にある断線したケーブルにはかじられたような跡。……何だか似たような話をどこかで見たことがある

  • 手のひらフィット

    ちょうど手のひらにフィットするサイズな生後21日の子うさぎ。動いている姿もかわいいですが、こうやって手に乗せて撫でてただじっとしてくれている姿にもたまらないものがあります。みんな最初はこんな風に小さかったんですよね。

  • 持ち歩きたいお気に入り

    お気に入りのおもちゃをくわえたままごきげんな足取りで部屋の中をうろうろしているうさぎさん。お気に入りのものを持って歩くというのは意外とあることかもしれませんが実際のところ一体どう思っているんでしょうね。人でもお気に入りは持って歩きたいものですし、同じ

  • 好かれるのも楽じゃない

    同居しているビーグル犬にすごく好かれているらしいうさぎさん。それはもちろん、嫌われるより好かれるほうがいいに決まっています。でも自分より大きくて力の強い相手に好かれるのも楽じゃないんです。逃げないところを見ると犬の気持ちはしっかり伝わっているようです

  • 大胆不敵

    大胆にも人のすぐそばで盗み食いを敢行するうさぎさん。かなり強引に開けているようにも見えますが案外どこが開くようになるのかわかっていたりします。わからない時は更に豪快にかじって穴を開けますからね。止められるので一応いけないのはわかっていますが、食べた

  • 何をしてもかわいい

    何をしていてもかわいい年頃の生後26日の子うさぎ。普通に動いてもテコテコと歩き慣れない感じでかわいいですし、立ち上がってもゆらゆらと危なっかしさがあります。めいっぱい背伸びして台の上に手をついた時のぴんと伸びた後ろ足なんかも一生懸命さが出てていいですね

  • 割り込みうさぎ

    新しく連れてきたうさぎの置物をひたすら撫で続ける人。それを見たうさぎさんはと言うと……嫉妬というよりは先日の本と同じで自分を差し置いて人が何かに集中しているというのが嫌な感じですね。手元に割り込んで要求されると人のほうが我慢できずうさぎさんをナデナ

  • 子だくさんでもお母さん

    子うさぎたちの生後1ヶ月までの成長記録。両親ともに大型ということで子だくさんでなんと8羽!全員しっかり育てるお母さんは本当に立派です。毎度のことですがピンク色のむにょむにょがしっかりうさぎになるまで1ヶ月もかからないというのはすごいことだなと何度見ても

  • なにこれ?

    いつものように部屋に散歩に出てきたうさぎさん。ところが自分の定位置には見慣れないものが。強く警戒しているとかは全くありませんが、少しだけ距離を空けて「なにこれ?」という表情。並べてみると表情が同じような感じになっていて見ている人からしても「なにこれ

  • いつになっても母は母

    だいぶ大きくなってきた子うさぎとお母さんの授乳タイム。小さかった頃と変わらず、蹴られたりしながらもお母さんは甲斐甲斐しくお世話してあげていますが、並んでいるともう親子であまり変わらない大きさ。もちろん行動力もあるので「もうおしまい!」と授乳タイムを

  • 食事中にお邪魔します

    朝ごはんを食べようと食卓につくと横からひょっこり登場してくるうさぎさん。食べられるものは何もないよと言いつつも、しっかりと出てくるうさぎさんのためのおやつ。いやまあ、それが狙いなんでしょうけども来てくれたらあげたくなるのも当然というものでして。う

  • 何でもない母子の風景

    すっかりお疲れモードでおやすみ中のお母さんうさぎとその横にぴったりくっついてやっぱりおやすみモードな子うさぎ。でも、もう一羽の子はまだまだ元気そうでごそごそ。こういう何でもない親子の風景っていいですよね。お母さんは休んでいる時は疲れている感が出ている

  • ありすぎる元気

    元気に庭を駆けていくうさぎさんのシーン集。跳ねて走って止まらないばかりか、砂山を掘っている時すらしっぽを激しく振っていてとにかくエネルギーが有り余っているのがよくわかります。元気なのはいいことです。勢いはいくらあっても困りません。……と思いましたが

  • ふわふわのんびり

    人から葉っぱを受け取って食べ始める子うさぎ。隣にいる子もすぐに気付いて一緒に食べ始めます。ところがもう一羽の子は気付かず。ついでに食べていた子もふと何かを思ったのか、それとも何か聞こえたのか、途中でぴたっと静止。子うさぎの周りは独特のペースで時間が

  • 寝起きにバナナ

    部屋の隅っこでおやすみ中なうさぎさん。そんなうさぎさんに、バナナを手に持ってそっと近付いていってみると……結果は言うまでもありませんね。これだけおいしそうに食べてくれたら、あげるほうも満足です。「一番いいバナナの食べ方はうさぎさんと一緒に食べること」

  • マグカップ子うさぎ

    子うさぎにマグカップに入ってもらって記念撮影!すごくかわいいのですが、なんと言っても相手は元気ざかりの子うさぎです。おとなしくなんてしていてくれるはずもなく……というわけで撮影は大変だったようです。でも苦労したとしても、これだけかわいい姿が撮影でき

  • ふわふわと小さなふわふわ

    ひよこをつれてこられたうさぎ。ちょっと気にはなるみたいですが、嫌がって離れたりはしません。ひよこのほうはうさぎのふわふわの毛が温かいこともあってかそばにいるのも悪くない様子。お互いにどう思っているのかはわかりませんが、ちょっといい感じです。子うさぎ

  • 兄弟で寄り添って

    運動場をぱたぱた動き回る生後3週間の子うさぎたち。みんなばらばらに動いている時もありますが、やっぱり気が付いたら3羽一緒が基本です。並んで顔を見合わせている時って一体何を思っているんでしょうね。

  • やらかしうさぎ

    うさぎさんに家を任せて人はちょっとだけ外出。いい子にしてたかなと思いつつ帰ってくると……人がいる時はやらないので気付きにくいですが、いない時は退屈なので普段やらないこともやるんですよね。かわいい顔をして油断できません。あまり口に入っていなさそうなら

  • 囲んでもぐもぐ

    みんなで一つの食器を囲んでお食事中なうさぎさん親子。喧嘩はしないけど遠慮もしないのは親子でも変わらず、お母さんは子どもを押しのけて食べますが、その一方で子うさぎだってお母さんに負けじともりもり食べます。顔が並ぶと親子の大きさの違いがよくわかりますが

  • 全力阻止

    人がソファに座って本を読もうとすると伸び上がってきてそれを全力で妨害してくるうさぎさん。ソファの上というお気に入りの場所を取られたから?それもあるかもしれませんが、それと同時に人が自分を放置して何かに集中するのが面白くないからですね。そんなわけで離

  • 伝染する元気

    ご機嫌ぴょんぴょんな2羽の子うさぎをスローモーションで。子うさぎを見ていると、一緒にいる誰かが跳ね始めると他の子もつられるようにぴょんぴょんし始めることがよくあります。元気な年頃としては他の子が元気だとむずむずしてきたりするもの?そんな様子もかわいい

  • 2022年4月の人気記事まとめ

    『まさかの牧羊うさぎ』『10歳の誕生日』『最高の枕』『うさぎコロコロ』『出入り自由』『うさぎ的に許せない』『うさぎだって無くて七癖』『立ちダン』『不思議な展開』『面倒を見てもらう』

  • 格好だけでも

    まだふにゃふにゃでも元気いっぱいな生後12日の子うさぎ。どうやら耳の辺りがかゆいようで、足を上げていますが……体型と脚の長さ的に仕方ないですね。すぐにできるようになるはずです。

  • 勢いは余るもの

    人が仕事から帰ってきたらご機嫌でお出迎えなうさぎさん。跳んで走って大騒ぎ。ついでに勢い余って上から下りてきたご飯のお皿に衝突したりもします。結構よくあることで、時には「コツン」と音がすることもありますが……痛くないのかなと毎度気になります。でもまあ

  • 気になる赤ちゃん

    赤ちゃんうさぎを見せられた子うさぎたち。何にでも興味津々な年頃というのもあるかもしれませんが反応を見ているとちょっと気になる感じ?人の子どもだって赤ちゃんを見たら気になるでしょうしね。どう思っているのか聞いてみたいものです。

  • 不機嫌な毛玉

    部屋の一角で何やら不機嫌そうな表情のうさぎさん。どうしたのか尋ねてみてもさすがに答えを言ってはくれませんし、お腹が空いたのかとおやつを渡してみても気が進まない様子。人がどうしたものかと思っているとそばに寄ってきて……うさぎさんだって色々な気分の時が

  • 最高の寝姿

    ひっくり返ったまま眠る2羽の子うさぎ。『最高の寝姿』の一言に尽きます。揃って同じ角度の小さな手足も、無防備な鼻の「エ」も、むにゃむにゃする口の中に見える前歯も、何もかもがかわいいんです。

  • 小さくても強い

    一緒に部屋の中をうろうろと過ごしていたうさぎとインコ。普段はお互いにほとんど干渉しないものだと思いますがちょっとした拍子に衝突すると……いや、うさぎ的に何かしようと思ったわけではないでしょうし衝突なんてものではなくてインコの気が強かっただけですね。

  • ぴたっと寄り添って

    初めての運動場をそれぞれに散策する子うさぎ兄弟。でも最初こそばらばらに動いていますが、しばらくしたらすぐそばで寄り添いあってぴったり。くっついていれば安心ですし、やっぱり一緒がいいんです。

  • 鏡の中には

    初めての鏡の前に誘導されてきたうさぎさん。機嫌良く野菜を食べ始めたと思ったら目の前に映った何者かにびっくり。食べ続けてはいますが、耳を向けて警戒している様子で鏡の裏を見に行ってみたり、少しだけ距離を置いたり。「うさぎは聴覚と嗅覚が主で視覚はそうでも

  • てのひらのおもち

    手のひらに乗せるとペロペロ舐めてくれる生後13日の子うさぎ。この大きさとまんまるさだけでもかわいいのにこんなことされたらもうたまりません。お返しにひたすらなでなでしないと。

  • かわいい期待

    人がキッチンにいるとじっと見てくるといううさぎさん。カーペットの隅でひたすらにただただ見つめてくる視線。そして、そうしているうちに下りてくるおやつの大葉。要するにそちらから持ってくるのを知っているのでそれを期待して待っているんですね。こんなかわいい

  • それぞれ好きなように

    みんなでスイカを食べる子うさぎたち。……と思ったら、赤い部分を食べている子もいればひたすら皮のところをかじっている子もいたり、すぐ横で関係ない草を食べていたり、そもそも食べに来すらしていなかったり。やっぱりうさぎさんは、特に子うさぎは自由ですね。

  • 子守りとうさぎと

    うさぎさんに遊んでほしい女の子と迫られて仕方なしとはいえ、ちゃんと相手してくれるうさぎさん。いやもうね、うさぎさんも大変なんです。こんなに嬉しそうに迫られたら無視するわけにもいきませんし。でも考えてみたら、子うさぎが人に相手をするようにとツンツンし

  • もぐもぐ初め

    生後2週間を過ぎた頃の子うさぎ。まだまだ小さいですが、姿はもうしっかりうさぎ!というわけでお母さんにならって食べ物にも興味を持ち始める時期です。小さな口で時間をかけて一生懸命にもぐもぐ。この食べる姿がまたかわいいんですよね。

  • ふわふわソムリエ

    干したばかりの布団を敷くと走ってくるうさぎさん。早速ふわふわ具合をチェックして、せっせとならしたりぴょんぴょん跳ねてはしゃいだりしてご機嫌モードです。うさぎさんにふわふわさがわかるのかって?それはもう、触り心地にはうるさいうさぎさんですから。でも人

  • ぐるぐる追いかけっこ

    追いかけっこをしている子うさぎと猫。一見激しそうに見えますが、猫は本気で追いかけてはいませんし、子うさぎもぐるぐる回ってそばを離れるわけではないのでお互いに遊んでいる範囲ですね。そして何かあったら間に入るつもりなのかそばで見守るもう一羽のうさぎ。何

  • やりたいようにやる

    突然目の前にメガネを置かれたうさぎさん。人の様子を見るに、手の上に置いてほしかったようですが……うさぎさんはそんなことは知りませんね。やりたいようにやるんです。それでいいんです。

  • ある意味うさぎらしい

    生後40日の子うさぎとお母さんの親子。うさぎさんの種類はわかりませんが、なんと言ってもピンと立った耳が大きい!先だけ垂れている子もいて、それがまたいい感じ。飼育されているうさぎさんの中で耳が特に小さなネザーが世界的に主流になっている現在ではありますが

  • 籠の中のうさぎ

    人の仕掛けた卑劣な罠にかかってしまったうさぎさん。まさしく籠の中のうさぎで絶体絶命!?……いや、多分自分でひっくり返してたまたま結果として入っちゃっただけでしょうけどね。そのまま押して移動しているので余裕もありそうですし。

  • わかってはいるけど気になる

    並んでも重なってもかわいい生後7日の子うさぎ。というより並べてもあっという間に寄り添いあって重なってわちゃわちゃした状態になると言いますか。子うさぎ的には上になり下になりが日常茶飯事で特に気にするようなことでもないというのはわかってはいます。いるので

  • そこにいると嬉しい

    いつも人のそばにいてくれるうさぎさん。ばたばたと部屋を出入りしているとドアの前で静かに待っていてくれたりしますし、部屋で何かをしている時には時々そばに来てくれます。うさぎさん的には何気ない行動であまり深い意味はないのでしょうが、いつも近くにうさぎさ

  • どっちも違って

    サークルスペースで元気な姿を披露してくれる2羽の子うさぎ。でも見ていると性格が全然違うようで白い子は終始跳ねていますが、黒い子はのんびり?それぞれお父さんお母さん似とかかなと思いますが、2羽で毛色も性格も全然違うっていうのも改めて考えるとちょっと面白

  • それも仕事

    目覚ましのなる起床時刻よりも早く人を起こすうさぎさん。うさぎさん的には人が起きてこないと退屈ですからね。ところが人はまだ布団の中で粘る気満々。ということで逆に抱き上げられて布団の中へ。布団に寝そべってうさぎさんを撫でている時間がとても幸せというのは

  • すりぬけ注意

    外の世界が気になるお年頃らしい子うさぎ。あちらこちらをきょろきょろして見上げたり、サークルの格子に手をかけて外を眺めたり。こうなるとどうなるかはもうお約束のようなもので……やっぱりまだまだ小さなうちの子うさぎにこのタイプのサークルは要注意ですね。

  • かわいい反応

    人と同じテーブルで朝ごはんなうさぎさん。今日はテーブルが同じどころかひざの上の特等席!このままで人も食べたいところですが、さすがにこれでは食べにくいので横へ動いてもらおうとトレイをそっと隣の席へずらして移動を促すと……口の中で何か引っかかった?こん

  • 狭いのがいい

    運動場に連れてこられた子うさぎ兄弟。カメラと人が気になるのか時折出てきますが基本的に2羽とも狭い場所でごそごそぴょんぴょん。せっかく広いところがあるのにって?いえいえ、狭いのがいいんです。1羽だけだったり、逆にもう1羽いてその子が活発だったりしたらま

  • 見ていてもつまらない?

    読書している人の前でくつろいでいるうさぎさん。活字を追う作業は人にとっては楽しいものですがうさぎさんにとってはとても退屈な時間になります。そりゃ人が自分の相手をせずに何かよくわからないものに夢中になっているわけですからね。そんなことをしているなら何

  • 元気のかたまり

    元気盛りの子うさぎはいつでも腹ペコです。ご飯を食べたばかり? いやいや、まだまだ入ります。そんなわけでおやつをあげようと呼ぶとすぐ跳んできて、用意するのを待っている間もずっとぴょんぴょんぱたぱた、そわそわあっちこっち。きっと食べたものはすぐに全て元

  • カメラは見ていた

    ソファの背を散策しているうさぎさん。機嫌も良さそうで何よりですし、そんな姿を見ていれば人も機嫌良くいられるというものです。と、ふとうさぎさんが立ち止まると見覚えのある不審な動き。まさかと思って見に行ってみると……わかってはいてもついつい、そういうこ

  • 10歳の誕生日

    なんとなんと、管理兎さんが今日で10歳になりました!

  • 子うさぎ的な安心感

    サークルで囲まれたスペースで元気に動き回る子うさぎ。あっちへぱたぱたこっちへぴょんぴょん。そうそう、こうやって子うさぎが跳ねていてくれるとそれだけで何だか安心感があると言いますか。やっぱり子うさぎはこうでないといけませんね。

  • 鼻は口ほどに

    人とボール遊びをしている間、ずっと鼻を鳴らすように音を出しているといううさぎさん。うさぎさんは意外とおしゃべりです。言葉は全く喋らないのにおしゃべりです。嫌な時にちゃんと文句を言うのはもちろんのこと、機嫌の良い時や楽しい時にも思わず音が出てしまいま

  • 回りすぎ注意

    そばで寝そべっていた子のすぐ横で転がることにしたうさぎさん。ちょこちょこっと寄っていってころりん!なのですが勢いよく転がって回りすぎたようで……いや、普通は勢いがあってもそうはならない気もしますがうさぎさんは全体的にまるいですしね。

  • ずっと遠い親戚のような

    庭で遊んでいたらノウサギの訪問を受けたといううさぎさん。すぐそばで座ってお互いをチェックしあったりして、様子を見ていると完全に気を許したわけではないものの何となくそれぞれに思うところがある感じ?アナウサギとノウサギで骨格からして全然違いますが、こう

  • 延々毛づくろい

    兄弟(姉妹?)の子をせっせと毛づくろいしてあげる子うさぎ。うさぎさんには誰かに毛づくろいしてあげたい子と誰かにされたい子がいるものですが、生後13日とのことでこんな頃から既にその傾向は決まっていたり……?『三つ子の魂百まで』どころか生まれてすぐの頃から

  • うさぎアスレチック

    部屋の中に作られたアスレチックに挑むうさぎさん。箱を登り、飛び石のようになった場所を抜けて、障害物を跳び越えて……と。でもやってしまえばうさぎさんには簡単でしたね。さすがの身軽さであっさり宝物のラズベリーをゲットです。でもこれ、この子は割と素直に挑

  • 毛色はそれぞれ

    忙しそうにぱたぱた駆け回る子うさぎたち。同じ両親から生まれた子でも見事にみんな色がばらばら。まさしく十兎十色、ではなく五兎五色でそれだけでも見ているとちょっと楽しいですね。

  • 溶ける

    人のお腹の上でリラックスしてお昼寝中なうさぎさん。ところが脱力しすぎて少しずつ滑っていくうちに体勢が崩れて何やらすごいことに。いや、うさぎさん自身がいいのならいいんですけどね。あまりにもあんまりな状態になってきたらさすがに止めますけども。

  • 楽しいモード

    運動場をぴょこぴょこ動き回る子うさぎ。最初はちょっとゆっくりな動き方に見えますが、すぐに慣れてきてご機嫌で楽しいモードに。あちらこちらで立ち上がったり、台の下をくぐっては天井を確認してみたり、上に登ろうとして転んだり。子うさぎはやっぱりこの全身から

  • 理想的な風景?

    街中をご機嫌な様子でぴょこぴょこと散歩するうさぎさん。本音を言うならこんな風にうさんぽを一緒に楽しんでみたい!……のですが、臆病な子も多いのでそういう子には向いていなかったり、日本だとこうやって広めの歩道でゆったりと歩けるところも少ないので危なかった

  • 不思議な展開

    うさぎに限らないことではありますが、ふと見ると不思議な格好でくつろいでいたりすることがあります。どうやったらそんな体勢になるのかがわからないこともしばしば。それだけリラックスしてくれているということでもあるのですがそんなに体を崩してくつろいでしまって

  • 立ちダン

    何かが気になったらしく、警戒態勢で直立したままどこかを見つめているうさぎさん。そして立ったままでまさかの足ダン!バランスの問題もありますし、普通は腰を下ろしてやるものだと思っていましたが立ったままでもできるのはできるんですね。

  • 幸せなでなでタイム

    小さな生後11日の子うさぎを2羽一緒になでなで。とても気持ちよさそうにしてくれていますし、撫でている人のほうも癒し効果抜群で幸せいっぱい。まさしく最高の時間です。

  • 食卓を囲んだら

    食器を並べて平和なお食事タイムな2羽のうさぎさん。もちろんそれぞれのお皿に同じだけ盛ってあるのですが……うさぎさんはあまり「これは自分の分」というのは意識しないものでして、例によって他の子の食事については基本的に「喧嘩したり邪魔はしないけど遠慮もしな

  • 出入り自由

    お迎えされた初日、あまり緊張したり警戒することもなくサークル内でのんびり過ごしている子うさぎ。小屋とトイレも置いて設備はこれでよし。元気そうなら何より、と思っていたら……もちろん後日取り替えたそうですし、まあ初日ということでこれは仕方がありませんね

  • 面倒を見てもらう

    ソファの上で過ごしているうさぎさんと女の子。女の子はうさぎさんの気を引こうとあれこれするのですが……どちらが面倒を見てもらっている側かは言うまでもないですね。

  • 小さな子は守るもの

    ベッドにソファにと元気に駆け回って遊んでいる子うさぎ。そんな子うさぎを見た猫が追いかけようとする素振りを見せると、途端にどこからともなく年長のうさぎがやってきて……年上としては守ろうという意識が働いたりするのでしょうか。とはいえ、そもそも猫もそんなに

  • うさぎ的に許せない

    荷物の緩衝材、いわゆるプチプチが何やら許せなかったらしいうさぎさん。ここまで激しく威嚇と攻撃を繰り返すということはうさぎさん的には相当腹に据えかねるものがあったということですが……なんでしょうね。音が気になった?

  • 最高の枕

    お気に入りのソファの上、日の当たる場所で撫でられているうちに眠くなってきてしまったうさぎさん。ついには転がって、人の手のひらを枕にしてお昼寝タイム。こうなってしまうともう人は動きが取れません。困ると言えば困りますが……かわいいので仕方ないですね。

  • テンション上がる

    くしゃくしゃの紙と格闘しているうさぎさん。ごしょごしょといじっていると楽しくてだんだんテンションが上がってくるようで、何度も頭を振り乱したり、勢いよく跳び出したり。遊んでいるうちに楽しさが溢れて爆発してしまう気持ち自体はわかりますが、何が琴線に触れ

  • 嬉しい大接近

    人がベッドで寝そべっていると顔のほうへ伸び上がってきてくれる子うさぎ。とても嬉しいのですが接近しすぎなので顔を離そうとするとそのまま体へ登ってきてうろうろきょろきょろ。こんなに嬉しくてかわいい大接近もなかなかありません。

  • 実はしっかりもの?

    運動の時間が近付いてくると窓から鼻先を出して一足先に待っているといううさぎさん。うさぎさんはいつも平和でのんびりしているように見えてその実、しっかりしている子も多かったりします。時計なんか見なくても食事その他の時間になるときっちり待っていたりします

  • 気になる物音

    換毛の時期ということも手伝って食欲もりもりなうさぎさん。ご飯が出てきたら遠慮なく、小さな口で早速むしゃむしゃ。そんなおいしそうに食べている最中、人が不意に咳をすると……成長して色々な物音に慣れてくるとくしゃみなんかでもびくともしなくなってくるものです

  • 眠くてもちゃんとやる

    横になったまま手をそうじしていたうさぎさん。しばらくしておもむろに起き上がったかと思うと大きなあくびをひとつ。そして丁寧にごしごしと顔を洗ってから改めてその場でコロン。眠い時だって身だしなみは大事なんです。

  • どこでもころころ

    生後11日の2羽の子うさぎ。黒い子は一応目が開いていますが、オレンジの子はまだの様子?どちらもふにゃふにゃでよろよろながらもかなり活発に動き回っています。でも体型が小さくてまんまるなこともあって、頻繁にころころと転がります。動画中でも言われていますが、

  • 狭いなら狭いなりに

    朝からご機嫌でアクロバティックな動きを披露してくれるうさぎさん。ベッドの上は狭いのでそんなに激しい動きはできないかと思いきや、狭いならと言わんばかりにその場でぐるぐると回転ジャンプ!最後にちょっと勢い余って下に落ちてはいますが見事なものです。

  • 学びはまねび

    うさぎと一緒に暮らしているうちに真似をするかのようにぴょんと跳ねながら後を追いかけるようになったらしい子猫。他の動物と暮らすうちに同じように振る舞うようになるという話は時折聞きますが、たとえばこれが逆の場合は大人の猫と子うさぎだとうさぎが普通に歩く

  • 何を気に入るかはわからない

    夜中に寂しくないようにと人に渡された服がとても気に入ったらしいうさぎさん夫婦。クッション代わりのようにして上でまったり。夜中どころか朝も昼も、おまけに食べ物まで持ち込んでずっと活用していたらしい様子。人のニオイがついていたから? いや、どうでしょう

  • 小さなぴょんぴょん

    ソファの上で元気に遊んでいる子うさぎ。足元を掘ったりかじったりしているかと思ったら突然駆け出して小さな手足でぱたぱたとあっちへこっちへ。もちろん子うさぎらしく時折ぴょこんと跳ねるのも忘れません。この小さなまんまるが元気に動き回る姿がいいんです。

  • なせばなるもの

    何やらドアの向こうへ行きたいらしいうさぎさん。掘ったり歯で引っ張ろうとしたりと格闘中です。とは言ってもさすがにドアは大きすぎますし、それは無理なのではと思いきや……うさぎさんの小さな体に秘められた力を甘く見てはいけませんね。

  • うさぎだって無くて七癖

    口角を上げて、なかなか特徴的な顔で大葉をかじるうさぎさん。別のシーンも見るにこの子は元々何かをかじる時は口角が上がり気味になりやすいのが、積極的に食べたくない時にはより顕著になっているようです。なかなかに個性的な特徴の気もしますが、人だって『無くて

  • 2022年3月の人気記事まとめ

    『まさかの牧羊うさぎ』『転がる時も勢いよく』『添い寝友達』『うさぎコロコロ』『ふんわり満足感』『ちょっとずつ違う寝姿』『お互い何でもなく』『ぴこっとしっぽ』『実は泳げる』『手のひらサイズのふわふわちゃん』

  • こういうのが一番

    たんぽぽの葉っぱをもりもり食べる子うさぎたち。子うさぎの体からすると相当な大きさだと思いますが、結構な勢いで口の中に吸い込まれていきます。甘いおやつなんかもたくさん食べすぎさえしなければそれはそれでいいのですが、それでもやっぱりうさぎさんにはこうい

ブログリーダー」を活用して、うのくらしさんをフォローしませんか?

ハンドル名
うのくらしさん
ブログタイトル
うのくらし
フォロー
うのくらし

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用