ハンドル名
magamin1028さん
ブログタイトル
maminの雑記ブログ
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/magamin1028/
ブログ紹介文
底辺会社の現実を語ります
自由文
更新頻度(1年)

212回 / 1855日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2014/01/20

magamin1028さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 全参加数
総合ランキング(IN) 44018 0 0 0 0 0 0 949008サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 30 20 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 0 0 0 0 0 0 0 4500サイト
政治・社会問題 0 0 0 0 0 0 0 1097サイト
株ブログ 1260 0 0 0 0 0 0 13254サイト
相場観 0 0 0 0 0 0 0 142サイト
今日 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 57077 53143 39724 36983 35663 24390 24814 949008サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 30 20 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 307 281 213 192 182 114 119 4500サイト
政治・社会問題 95 91 74 72 68 45 48 1097サイト
株ブログ 1634 1584 1374 1330 1320 1016 1042 13254サイト
相場観 16 16 13 12 11 10 10 142サイト
今日 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 949008サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 30 20 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 0 0 0 0 0 0 0 4500サイト
政治・社会問題 0 0 0 0 0 0 0 1097サイト
株ブログ 0 0 0 0 0 0 0 13254サイト
相場観 0 0 0 0 0 0 0 142サイト

magamin1028さんのブログ記事

?
  • 自己肯定感が低いと、基本幸せになれない

    自己肯定感が低いということは、自分が周りの人に比べて劣っているとか、いろんなことをうまくできない自分が何だか恥ずかしいとか、そのような意味だと思います。【恥ずかしいとは?】「恥ずかしい」とは、あるべき自分と現在ある自分とのギャップから発生する感情でしょう。

  • ブログの収益化は無理っぽい

    ブログ収益化という話を最近聞きまして、ちょっと調べてみました。なにを今さらと思われるかもしれませんが、日々日常生活が忙しいと、なかなか世の中についていくのが遅くなってしまうようなおじさんですから。結論から言うと、書きたいことを書くようなブログでは、収益化

  • ニーチェ全集を読む 「曙光」 わかりやすく解説します

    ニーチェの「曙光」には、小言説が575ある。これらは別に体系になっているわけではなく、ニーチェの様々な思いつきの断片みたいなもので、全てを理解できるなどという構造にはなっていない。150年前のドイツの価値観の相対化を目指す言説群であるから、理解できない言説部

  • (ネタバレ注意) 坂口安吾「不連続殺人事件」レビュー 

     坂口安吾「不連続殺人事件」は昭和23年発表。坂口安吾には長島萃(あつむ)という友人がいた。長島は何度か自殺未遂を繰り返し、昭和8年に脳炎にかかりそのまま発狂して死亡した。坂口安吾は昭和9年発表の「長島の死」でこう書いてある。『私は彼のように「追いつめられた

  • 若槻礼次郎 明治大正昭和政界秘史 について

    若槻礼次郎の明治大正昭和政界秘史を読んでのレビューです。若槻礼次郎というのは、大正、昭和と二度総理大臣になった、かなり有力な政治家です。昭和以降、二度総理大臣になった人物は4人しかいません。若槻礼次郎近衛文麿吉田茂安倍普三若槻礼次郎は、究極的に頭の回転が速

  • 坂口安吾「堕落論」解説 おもしろそうだけど難しそう?

    坂口安吾「堕落論」での主張というのは、日本人は、戦争が終わってまた元の日本的なこだわりの社会に戻るのではなく、そこをさらに突き抜け降下し、人間としての実感のある生活の大地に降り立つべきだ、というものです。これだけだとちょっとわからないかもしれないので、本

  • 坂口安吾「続堕落論」とは? 堕落論から続堕落論へ

    坂口安吾「続堕落論」は「堕落論」の進化バージョンです。その内容というのは、こだわりや気取りなんていうものは、結局人を弱くする。人は現実の生活の中からこそ強い自分を作るべきだ、ということを主張するものです。「続堕落論」は、日本人のつまらないこだわりを一つ一

  • 坂口安吾 風博士 を分析する

    坂口安吾「風博士」は昭和6年発表です。風博士という短編は、そのまま論理的に読んだのでは解析できないと思います。【風博士内容】風博士は遺書を残して失踪したのですが、風博士の弟子であるらしい話者は遺書を根拠に、風博士は自殺したと断言します。確かに遺書の最期には

  • 坂口安吾と阿部定

    坂口安吾と阿部定は戦後に対談しています。無頼派の坂口安吾と、恋人を絞め殺してその一物を切り取り、ふところに抱えて逃亡した日本史上もっとも有名な女性犯罪者である阿部定との対談ですから、これは興味があります。阿部定事件は昭和11年5月に起こっています。3カ月

  • 村上春樹と大江健三郎の似ているところ、違うところ

    村上春樹と大江健三郎の文学の傾向は似ている、ということがよく言われます。簡単なところで言うと、村上春樹の作品にも大江健三郎の作品にも四国がよく出てきます。大江健三郎は伊予の喜多郡生まれなので、四国が作品の舞台になることが多くなることも理解できます。しかし

  • 村上春樹と「カラマーゾフの兄弟」

    村上春樹はドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」をオマージュしているらしい。村上春樹訳「グレート・ギャツビー」のあとがきで村上春樹は、もしこれまでの人生で巡り会ったもっとも重要な本を三冊あげろと言われたら、考えるまでなく答えは決まっている。この」「グレ

  • 【論語】 益者三友 意味と由来

    益者三友の意味は、正直で誠実で博識な人を友としなさい、となります。出典は、論語の季氏第十六 4です。季氏第十六 4孔子曰く、益者三友(えきしゃさんゆう)、損者三友(そんしゃさんゆう) 直(ちょく)を友とし、諒(りょう)を友とし、多聞を友とするは、益なり。便辟(べんぺき

  • 論語の名言、格言 おすすめ7選

    「論語とは」「論語」は孔子の没後、いくらかの年月をへたあと、紀元前四百数十年ごろ門人たちによって編纂されたものです。「論語」がはじめて日本に伝来したのは応神天皇の時代ですが、それが刊行されたのは約一千年後の後醍醐天皇の元亨二年です。まず宮廷貴族の思想に影

  • 【論語】 孔子の一番弟子の顔回(顔淵)とは?

    顔回(がんかい 紀元前521年 - 紀元前481年)は、暮らしぶりが極めて質素で、名誉や栄達を求めず学問にいそしみ、孔子の信頼が最も厚かった弟子であると言われています。論語の子路第十三 27子曰く、剛毅(ごうき)木訥(ぼくとつ)は仁に近しとあります。生活が質素であったから

  • 論語の冒頭 学而第一 1 【訳つき】

    論語の冒頭は「子曰く、学びて時に之を習ふ、亦た説(よろこ)ばしからずや 朋有り遠方より来たる、亦た楽しからずや 人知らずして慍(うら)みず、亦た君子ならずや」となります。訳先生がいわれた「古の聖人の道を学び、やれる時には何度でも繰り返して自分のものにする。な

  • 【論語】 不惑(ふわく)とは?

    不惑とは40歳の異称です。論語の為政篇に   吾十有五にして学に志し (志学 しがく)   三十にして立つ (而立 じりつ)   四十にして惑はず (不惑 ふわく)   五十にして天命を知る (知命 ちめい)   六十にして耳順ひ (耳順 じじゅん)  

  • 【論語】 知命(ちめい)とは?

    知命(ちめい)とは50歳の異称です。論語の為政篇に   吾十有五にして学に志し (志学 しがく)   三十にして立つ (而立 じりつ)   四十にして惑はず (不惑 ふわく)   五十にして天命を知る (知命 ちめい)   六十にして耳順ひ (耳順 じじゅん

  • 【論語】 七十(しちじゅう)にして矩(のり)をこえず とは?

    七十(しちじゅう)にして矩(のり)をこえずとは、七十歳になってはじめて、自分の意のままに行動しても決して道徳的法則にそむかなくなった、という意味になります。論語の為政篇に   吾十有五にして学に志し (志学 しがく)   三十にして立つ (而立 じりつ)  

  • 【論語】 志学(しがく)とは?

    志学(しがく)とは15歳の意味です。論語の為政篇に   吾十有五にして学に志し (志学 しがく)   三十にして立つ (而立 じりつ)   四十にして惑はず (不惑 ふわく)   五十にして天命を知る (知命 ちめい)   六十にして耳順ひ (耳順 じじゅん

  • 【論語】 耳順(じじゅん)とは?

    耳順(じじゅん)とは60歳の異称です。論語の為政篇に   吾十有五にして学に志し (志学 しがく)   三十にして立つ (而立 じりつ)   四十にして惑はず (不惑 ふわく)   五十にして天命を知る (知命 ちめい)   六十にして耳順ひ (耳順 じじゅ

  • 大江健三郎の名作8短編を紹介します

    大江健三郎は自らの短編を、その古い順番で読んでいくと、戦後日本の精神史になっていると言っているので、その古い順番に紹介していきます。目次1 奇妙な仕事 1957年5月2 セブンティーン 1961年3 空の怪物アグイー 1972年4 レイン.ツリーを聴く女たち 1982年5 連

  • 孔子の論語とは? 論語の世界観が不滅な理由

    もし「論語」を、整合性のない教訓集だと考えたとするなら、「論語」にたいした価値はない。ヘーゲルやウェーバーが、論語を評価しなかったのも、このあたりに由来するだろう。しかし本当に「論語」は、整合性のない教訓集なのだろうか?憲問第十四 386 にこのようにある。 

  • 底辺の仕事で働く人たち 【中産階級の知らない底辺世界紹介】

    ゴミ回収会社で働いて20年だけれど、正直言って底辺近辺の会社だと思う。それなりの学歴の人間はそれなりの会社に入って、底辺の人たちとの交流もあまりないと思ので、底辺の現状を私なりに報告したいと思う。目次  1 関みつお 2 佐伯みのる 3 宮ちゃん 4 清野せ

  • 福沢諭吉論 啓蒙主義者福沢と脱亜論福沢とのはざま

    福沢諭吉の評価が揺れている。福沢諭吉は、戦後リベラルの盟主だった丸山眞男に評価されて、戦後においては啓蒙主義のシンボルだった。確かに福沢は幕末にいち早く西洋文明を学び、明治維新後の西洋紹介において絶大な力を発揮した。「学問ノススメ」は当時100万部発行された

  • 牧場の仕事はキツい? 【賃金 仕事内容 人間関係】

    丸一年北海道美瑛町の肉牛牧場で働いた経験から言うと、牧場の仕事はきついです。人間関係はいい人たちばかりだから問題ないのですが、給料は北海道の最低賃金ですし、仕事内容はかなりの力仕事です。男性は特にきついところに回されがちですから、男性の場合、平均以上の体

  • プラトン「国家」の洞窟の比喩をわかりやすい言葉で説明します

    洞窟の比喩とは簡単に言うと、仮象の世界と真実の世界とがあるのなら、人は仮象の世界から真実の世界へ移行するように努力するべきだ、ということを洞窟に閉じ込められた人々を例として述べたものだ。映画「マトリックス」みたいな話。ここで大事なのは、仮象の世界と真実の

  • 桜庭一樹おすすめ3選を紹介します 【なぞ解き付き】

    桜庭一樹さんの小説を紹介しながら、彼女がラノベ作家から直木賞作家へ飛躍した謎を解きます。目次1 少女七竈と七人の可愛そうな大人2 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない3 ファミリーポートレイト4 結論【少女七竈と七人の可愛そうな大人】少女七竈と七人の可愛そうな大

  • 恩田陸おすすめ小説5選 

    恩田陸の小説は、ちょっとわかりにくいところがあるのですが、そのへんを解説しながらおすすめ本を紹介していきたいと思います。目次1 六番目の小夜子2 黒と茶の幻想2 黄昏の百合の骨4 Q&A5 ねじの回転―February moment【六番目の小夜子】内容は、高校生の青春と後ちょ

  • 伊坂幸太郎のおすすめ小説6選を紹介します 【ネタバレあり】

    伊坂幸太郎さんのおすすめ小説をネタバレ的に紹介します。伊坂小説の構造についても言及します。目次オーデュボンの祈りラッシュライフあるキング終末のフール魔王マリアビートル【オーデュボンの祈り】オーデュボンの祈り (新潮文庫)伊坂幸太郎のデビュー作です。この作品で

  • 実家暮らしの男がいつまでも結婚できない理由

     結論から言うと、実家暮らしの男は女性から敬遠されるからだ。女性は、男の両親の介護という負担を警戒している。実家暮らしの男は、そのパートナーに両親の介護を押し付けかねないと、女性に思われている。【女性の立場になって考える】  日本の女性は伝統的社会で抑圧