searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
八百万の旅人 https://plaza.rakuten.co.jp/okumadoka/

仏教、神道、哲学、歴史、アニメ感想、イラストなどの趣味について好き勝手に書いています。

仏教的な記事が多いです。 密教が特に多いかも。 ときどき神道や儒学もとりあげます。 それらの哲学・思想についての考察・発見について書いてます。 他は歴史(日本史)や時事的な政治ネタについても書いてます。 アニメ感想やイラストもUPしたりしてますが、最近は少ないです。 どうぞ宜しく。

奥円
フォロー
住所
世田谷区
出身
高砂市
ブログ村参加

2014/01/18

1件〜100件

  • 龍樹の『中論』はヴィパッサナー瞑想の賜物かもしれない2

    龍樹は『中論』で空を体系化させた。 そんな彼ならヴィパッサナー瞑想で、生じたものに対して「生じた」、滅んだものに対して「滅んだ」とラベリングするはずがない。不生、不滅とラベリングするだろうし、もしかし

  • 龍樹の『中論』はヴィパッサナー瞑想の賜物かもしれない

    最近は書店の仏教書コーナーにはヴェパッサナー瞑想やマインドフルネスの本がやたら並んでいます。それ自体は良いことだと思います。日本仏教にも新しい風が吹くことは良いことです。 それでヴェパッサナー瞑想が

  • それぞれの瞑想の性質

    伝統的仏教の瞑想は「止」と「観」に分けられるのですが、観想や念仏まで「止」に含まれてしまうのはキャパオーバーな気がします。 「止」と「観」に加えて「観想」を設ければ良いまとまりぐわいな気もしますし、で

  • 瞑想の種類2

    仏教に於ける伝統的な瞑想の種類分けは「止」と「観」しかないようです。 だから何でもかんでも「止」に分類することになっちゃうんです。 「観」は「念」とも云われますが、では「念仏」は? 残念ながらこれは「

  • 瞑想の種類

    最近瞑想が上手くできています。 毎日風呂上りに瞑想を数分しているんですが、いつの間にか上達してるもんなんですね。 私の場合まだ初心者レベルですので、上級者のレベルはわかりませんが、今のところ何かゾーン

  • 集合無意識説からの我心機能説

    真言は本当に神秘なるものなのか? 真言に興味を持った者は誰しも一度は考える疑問だと思う。 それを学問の振るいに掛けてみたところで、現在の学問は基本実証主義(客観)であるから自然科学とは異なる(宗教)分

  • 果分可説で用いられる聖なる「ことば」

    真言密教は果分可説(真理を言葉で説くことができる)であるという。しかし常識的には不可能だ。顕教の果分不可説が正しいとするのもうなずける。 そして教の扱う言葉では真理の言語化は不可能、ということは現代哲

  • もしかして私はAPD?ASD?ADHD?

    さて、私は得度を終えて一か月少々経ちました。やっとこさここまでこれた訳ですが、かなり遅いペースであることは自覚しております。はっきり言って出来の悪い部類です。お寺に置いて頂いているだけでどんなにありが

  • 毒矢の質を問うか現実に対処するか(内在と超越)

    お釈迦様の説法で「毒矢の譬え」というものがある。 毒矢が刺さったらまずは抜くことが肝心だ。それなのに、「この矢はどこから飛んできたか、誰が射たのか、毒の種類は、矢じりの形は、誰の責任でこうなったのか?

  • 十二因縁と現象学

    十二因縁をあらためて考えてみよう。 (無明、行、識、名色、六処、触、受、愛、取、有、生、老死) 無明  無知、不完全性定理。自己の正しさを証明できない。完全な客観に立つことはできない。プラクリティ(

  • 十二因縁と現象学

    十二因縁をあらためて考えてみよう。 (無明、行、識、名色、六処、触、受、愛、取、有、生、老死) 無明  無知、不完全性定理。自己の正しさを証明できない。完全な客観に立つことはできない。 行   記憶

  • 主観が世界を成仏させる

    ペルソナは個である。そして理性を持つ。 理性を持つということは言葉を扱う。 神であれば一瞬で物事を理解する理性を持つが、人間の場合理解に時間を要する。未熟な赤子から始まって言葉を与え続けることで理性が

  • 現象学と唯識・密教の方法論

    現象学の「主観から客観を説明する」という視点を仏教に置き換えて考えてみたい。 この考え方に最も近い仏教思想は唯識である。 古代から人々は客観に本質を求め続けた。プラトンの場合イデア界というものを考え

  • 現象学と神学的ペルソナ論

    フッサールの現象学でキリスト教の影響だと思われるのは他我論についてである。 現象学はまず独我論的主観から客観世界を説明する。それは純粋な客観が存在しないから。その客観世界の中に住んでいる他我(他者)を

  • 現象学やペルソナ論を仏教思想に当てはめてみる

    現象学は新しい視点を与えてくれて目から鱗だったんですけど、そのままでは仏教とは相いれない。ただ他我論については密教の入我我入と似ているかなと思った。 現象学の他我論は他我というより、他我を自己化みた

  • 現象学と神学的ペルソナ論

    フッサールの現象学でキリスト教の影響だと思われるのは他我論についてである。 現象学は独我論的主観から客観世界を説明する。それは純粋な客観が存在しないから。その客観世界の中に住んでいる他我(他者)を発見

  • 現象学と唯識の違い

    唯識と現象学がそっくりだという話ですが、まったく違うところもあります。 それは唯識は仏教であり、現象学はキリスト教の影響を受けている為それぞれの存在意義が異なるからです。 現象学は「独我論」とよく誤

  • 自己の視点「唯識」

    唯識の思想は、覚りの世界を説いた段階のものではありません。未だ迷いの境地にある現状を正しく見る思想だと思います。唯識から発して、その問題意識は後世の大乗思想に受け継がれて発展していったのだと考えます。

  • 唯識の一元的認識コード

    「空」「物自体」は世界の本質を問うた言葉です。客観世界の本質とでもいいましょうか。しかし本質は存在しなかった。そういう結論になるでしょうか。 ということで「現象学」の出番になってくるのです。仏教でい

  • 「一水四見」など

    「一水四見」という言葉があるが、四見を離れた一水は無いのではないかと思う。 見る者を離れた純粋な客体は無いのではないということ。 では「一鏡多見」と言い換えてはどうか。 鏡を見て映る映像は見る者に

  • 弁証法と唯識

    客観の論では主観を語れない。 客観の論とは宇宙論とかの要素論である。 「生命なんてただの電気信号の集まりなんだよ」とか、「○○が集まって主観を構成する」とかの類です。 一般論では、「○○は◇◇で構成されて

  • 不生の仏心と生の分別心

    精神は「普遍」を求める。分節を行う。 分節は言語が行うものだが、構造主義は全体を(言語などで)分割し、「普遍」で二項対立、或いは構造の比較を行う。普遍を扱う学のように思える。 古代インドではミーマン

  • 心内の普遍

    我々は普段、相対的世界を生きている。 外部から齎される様々な情報、言語、思案、時間などに晒されて生きている。 それらは現実世界を分解し、分別を齎し、個々の精神に受け止められる。 それであるが故に、個

  • 内の世界の真相は満月輪

    外の世界については空である。これはこれまで散々述べてきたことです。 そして内の世界については本質らしきものがある。これはユング心理学をかじって得た仮説です。 外に関する学については、構造主義を当ては

  • 境界に存在は出現する。

    構造主義の「構造」とは何か?それは「関係」のことであると謂われる。 しかしこれでは何が何だかわからない。「関係」で確かに合っているのだが、素人にはまったく分からない説明になる。 私も難儀しているわけ

  • 空思想のその先の発展

    龍樹の空の思想はある種仏教の完成形に近い。それ以上の段階があるとは一見思われない。 逆に唯識は凡夫の世界を説明している。識があるから生まれ変わる。しかし仏は二度と生まれ変わらない。唯心論でもありその主

  • 自心中の仏説

    不完全性定理とは、自分で自分の正しさを証明できないことである。 帰納法で帰納法の正しさを証明できないように。 その刀が自体を斬れないように。 そこで他を求める。客観的に、第三者の立場で、理性的に正しさ

  • 自己証明、内の向こう側からやってくる

    密教の教えとして「如実知自心」というのがある。自分の心を知ったら悟りを得るみたいな感覚でしょうか。 お大師様の言葉に「迷悟我にあり、発心すればすなわち到る。明暗他にあらざれば、すなわち信修すればたち

  • 再び十二因縁について

    十二因縁を図にしてみた。 十二因縁を考えてみよう!! 以前私が書いた記事では、十二因縁が入れ子構造ではないかというものでした。 間違っているかもしれませんが、そう思った理由は十二支それぞれが対等

  • 密教に「方便」は存在しないかも?2

    一つの仮説ですね。 顕教は方便を用いるので遮情的。(仮・方便の)否定で真理を示す。 密教は秘密を用いるので表徳的。(密厳国土の)肯定で真理を示す。 顕教では仮・方便を排除することによって核心としては

  • 密教に「方便」は存在しないかも?

    密教には「秘密」という考えが存在する。 如来秘密と衆生秘密だ。 如来秘密は、その段階に来ていない者に不必要なことは教えない秘密。 衆生秘密は、真理は公明正大に流れているのに愚鈍な者は為それに気づけない

  • 法身常住

    仏法は因果律というのは一方的な見方であり、真実は必ずしもそうではない。 凡夫や修行者は因果律に沿って成仏を目指すということだ。 原因があり結果があるという流れは業である。 業を離れる過程で業の原因を砕

  • 戒に対するもう一つの見方

    戒にはもう一つの見方がある。これは以前お話した「反省」と関係がある。反省と言いますと、「ああすれば良かった」「こうすれば良かった」など概念にまで落とし込んで反省してしまいますが、ああしたり、こうしたり

  • 因果律を超越する仏法

    仏教は因果律。キリスト教は予定説という違いがある。因果律は原因があって結果があるという考え方。予定説は、未来は決定しているという考え方。 日本人の感覚からすると、因果律の方が受け入れ易いだろう。何故な

  • 戒律に対する別の見方

    戒、戒律を「おきて」や「最低限のルール」と捉えるのは違うのかもしれない。 特に日本仏教では、戒律は人気がない。私もあまり好きではない。 真に迫るイメージが湧かないからかもしれない。 修行の本丸ではない

  • 第60作 NHK 大河ドラマ「青天を衝け」

    大河ドラマが好きでありながら、好きであるからこそ辛口批評が多かった私。今回の「青天を衝け」はあまり見てないものの、ここ最近は機会に恵まれ楽しんで見ております。 この大河、今のところ文句付けようがないで

  • 法華経の秘密

    アリストテレスは『形而上学』の中で論理使用上の規則(キング オブ キングス)(諸原理の原理)を述べている。それは「矛盾律」と「排中律」だ。矛盾することは言わない。中間的なことを言わない。このようなルールだ

  • 大乗から密教へ15

    法身説法では、我々自身も説法の一部となるので、自分では説法であると認識することはなかなかできません。例えば「沈黙」「静寂」「なにもない」の中に、何かを感じ取る。説法をそんな自然法爾のように捉えてみても

  • 言語の性質と構造

    言語は比較することで他と区別して意味を伝えている。恣意的である性質上そのもの自体には元来名前はない。また、言語の違いによって意味も区別の度合いも少しずつ違ってくる。 机とデスク。熊とベア。本とブック。

  • 大乗から密教へ14

    自内証はいわば「悟り」だ。自受用身が自性身を証得したと呼んでもいいけど。他受用は間接的である外部からの説法だが、自受用は己の内側から来る説法。だから「悟り」。 金剛界曼陀羅を見るに、あれって他受容身か

  • 大乗から密教へ13

    以前梵字や真言について 「じゃあ真言や梵字は本当に神聖なものなの?ということだ。 たとえば月面探査で阿字が発見されたとか、宇宙空間に真言が流れていたという類いのものではない。人間が作ったものなんですよね

  • 大乗から密教へ12

    仏教には無我論と非我論の二種類がある。お釈迦様の真意がどちらであったのかは不明。ですが、伝統的には仏教は無我論でございました。 (非我論は、自己を認める考え方です。) 私個人としては折衷案を提起してみた

  • 大乗から密教へ11

    宗教が教義を整えるのはある意味当然です。教義のない宗教も当然あります。神道とかね。地方地方で伝えられてきた祭祀方法もことなりますし、主役は神様で神様の考えることは人間には理解しきれませんので、神様には

  • 大乗から密教へ10

    普遍的な法なんてものが本当にあるんだろうか?それって法有でしょ?たから法有を否定して空を説いた大乗仏教は正しい。 ということは何でもアリということになってしまう。そしてそれは正しいのだ。あらゆる価値観

  • 大乗から密教へ9

    「あらゆる宗教、宗派は対等」と云うと違和感があるかもしれません。それはそれぞれの立場の違いがあるからです。 とりあえず我々は生存している訳です。ですから肯定すべきはそこから始まって、家族や子孫繁栄とか

  • 大乗から密教へ7

    現在から過去を見ますと、原因から結果までの流れが理路整然となっていますので、過去が現在、未来までも決定していると考えてしまいます。それが理性であったり、意識の働きです。 しかし、宇宙初発から終焉の時ま

  • 大乗から密教へ8

    普遍的無意識、深層心に於ける元型(アーキタイプ)の場、空、金剛、総持、自性、如来蔵フラクタル、仮想などと呼んできた唯智の場は密教に於いてはどの段階なのだろうか。それは大円鏡智である。 なぜなら自性身や金

  • 大乗から密教へ6

    唯識っていうのはどうやら受動的性質があるようだ。唯識では情報(種子)を受け取ってそれが前5~8識を往き来する。外界は存在せず認識システムのみで成り立っている。認識する対象である存在には三つの性質があって、

  • 大乗から密教へ5

    空を究極と勘違いしてしまうのは、その意識の持ち方が自力だからです。「私がどうにかすれば」と考えて、凡夫の立場から仏を目指すからです。個々分別の次元であくせくする。だから業が生まれ因果になる。だから心塵

  • 大乗から密教へ4

    密教を考える上で重要なのが果たして三密を修して本当に成仏できるのか、です。 陀羅尼の経緯を見るに、本来実用的レベルで意味を持っていたものが、真言と結び付くことによって神秘化したというのがある。呪文じゃ

  • 大乗から密教へ3

    大乗仏教にしても密教にしても称名念仏にしても、仏教の傍流から発展してきたものだ。「まじない」「現世利益」である雑密は、仏教のおまけ的存在でありましたが、修行体系化され純密となり仏教の究極の発展形態へと

  • 大乗から密教へ

    大乗仏教は空の哲学で成り立っています。顕教では心塵を排してより純粋な清浄心を求める修行をしているように見受けられます。それも素晴らしいのですが、それに対する密教は空を転じて金剛を立てているように感じま

  • 大乗から密教へ2

    ところで陀羅尼とは大乗経典になってはじめてでてきたそうです。しかも当初は呪文の意味もなかった。文字通り経典の教えを端的に纏めたもの。その意味を理解して得られる功徳は説法が自在になるとか、多言語によく通

  • 高野山

    今は高野山で暮らしています。詳しいことは申し上げられませんが、まあ住み込みでございます。 数ヶ月過ごしてきましたが、運がよかったと思います。願い事は叶うものなんですね。しかし油断は禁物です。試用期間を

  • 胎蔵界大日如来と金剛界大日如来は同一_2

    『声字実相義』では外界の対象全てが如来の説法であると説かれています。ですが、外界の個物それぞれが説法というのではなくて、「表現された外界」に如来の説法を観じるのです。個物それぞれは真理の一形態のその一

  • 胎蔵界大日如来と金剛界大日如来は同一

    胎蔵界大日如来と金剛界大日如来は同一の存在なのであろうか?何故同じ「大日如来」の名を冠しているいるのでしょうか?私は学者ではありませんので個人的な解釈を述べることしかできません。私の思うのはやはり同一

  • ん~。そうきましたか。

    (この記事はすぐ消します。) 住職先生から早朝作務の禁止令が出た。一部で自分の持ち場を自主的に掃除していた人間はいたのです。そして作務でなくとも進めなければならない作業を早朝に行っていた人間もいた。そ

  • 新たな新人登場

    大きな期待を背負った新人君が現れました。 住み込みです。 私と二人でお寺に住んでいます。 しかし翌日には「辞める」と彼は決心したそうです。 それでもすぐには辞めない。 転職活動をすすめつつですね。

  • どうすれば。

    最近はずっと悩んでいます。 そして自分がちんけな人間になっていっているような気もする。 何故かって、建設的な話ができてないからですよ。いわば愚痴が多いのです。 今はもう「いつ辞めるか」が問題になって

  • 作務をさせてください。

    何年も前、私は僧侶になりたくて師僧探しでお寺に電話したことがあります。その時は断られたのですが、その時言われたのが「僧侶になりたいと言ってくるのがまずいかん。まずは掃除させて下さいと言って通い、仲良く

  • 早朝作務の理由と目的

    早朝作務を一人でやってる件ですが、ご住職は「奥円は何故謝りに来ないのか。一人で作務やってれば問題ないと思っているのか」と仰られていたそうです。私は一人で早朝作務するように命じられたからやってただけです

  • 試験に落ちて放出決定

    「お寺が厳しい」というのとはちょっと違うな。 住職に常識が欠如しているのだ。なんだか子供のようにいつもプンスカ。そしていじける。人知れずキレてる。小さいころから厳しい環境で育てられたせいで人に対する敬

  • 意図が読み取れない

    また新しいルールが追加されました。といいますか、元からあったのでしょうが私の知らなかったルールが存在した。 ●休日でも終業時刻には住み込みも顔を出して「お疲れ様でした」をいうこと。 ●休日であろうとも、

  • 島へゆく予定

    いろいろありましたがお寺生活を続けている私。 この寺には瀬戸内海(仮)に末寺がありまして、出張で二人ほどが本寺から出向き、交代で指導しています。現地で雇った僧侶・見習い僧侶も数人います。 本寺の僧侶

  • 説得

    ​周りからの信用を失い、住み込みを追われようとしていた私。この寺に居てはただの労働者として一生過ごすことになるだろう。密教僧としての人生を歩めるかどうかも不明。かといって市井の住人としてまともな人生を

  • 窮地に立たされた

    かなりヤバい状況です。 太鼓ができないと次のステップへ進めない。 予定していた次のステップの練習をすべて外されました。もう信用されてない感じ。 そして早朝の作務(掃除)。一カ月前くらいに参加禁止令が

  • 凡夫だからこそこの道があり。

    自分はどんくさいからこそ発心したのではないだろうか。 もし私が優秀な人間で社会的エリートだったなら今よりも良い暮らしをしていて、ある程度幸せに暮らし宗教を求めたりはしなかっただろう。 今の自分は別の

  • 今日は充実した一日

    今日は休日でしたが本堂に出ました。そして本堂の太鼓を使わせて頂きました。感謝。 「練習ではない」と強く言われました。 つまり毎回が合格試験をするようなもの。太鼓も高いですから練習用に使って皮が破れるよ

  • ど~も上手くいかない。憂鬱だ。

    今日も仕事でミスをたくさんしてしまいました。 「そんなこと聞いてないよ~」な件もありましたが、うっかりミスも多い。 住職先生から「今日はちょっと変だよ」「入ってきたときより悪くなっている」と言われる始

  • 梵字は動いている?

    どこから話せばいいかややこしいのだが、密教の謎がまた一つ解けたような気がする。 これは別に文献を参照したとかではありませんので、奥円の勝手な解釈ということになってしまいますが。 顕教では「空」を究極

  • 寺院の庭園はどうやって管理するのだろう?

    毎日お寺の境内の掃き掃除をしていますと、目が葉っぱセンサーへと進化してしまいます。京都の日本庭園を見ても「どれだけ毎日掃除したのか・・・」と労力を考えてしまいそのまま鑑賞するのは難しくなってしまった。

  • 心数こそが法身かも?

    心数と心王という言葉がある。 どうやら心数は「こころのはたらき」で、心王は「こころそのもの」みたいな意味らしいです。 詳しいところは知りません。 だから案外適当にこういうことばを使っています。 今日

  • 勇気が湧いてきた。

    今日は良い一日でした。 朝の勤行は太鼓を務めました。特に問題のあるとこは見つからなかったとのことでOKでした。 敢えてゆうなら強弱が足りない。 しかしゆっくりなお経だと強弱をつけづらいんですよねえ。

  • 休日の外出報告の義務

    今日はお休みの日でした。でも勤行と作務は参加します。住み込みですので。 勤行は経頭と太鼓を両方努めました。昨日よりも上手くできた。後半ちょっと太鼓が早くなりすぎました。改善点です。 それで休日なので

  • 太鼓の叩き方。

    ここ数日はミスを繰り返しました。ここ数日はミスばかりで嫌になる。 うっかりミスっていうのはどうしようもないかも。 とある先輩に聴くと「奥円くんは焦りすぎだから」と言われた。 確かにその通りかも。 そ

  • なんか辛いね。3

    実はですね。今朝私は本気で辞めようかと考えたんです。 もう自分にはあとがないという気持ちで転職しましたけどね。祖母から転職祝いのお金も受け取った身でもう裏切ることはできないと思って働いてきましたけどね

  • なんか辛いね。2

    私は本当にまだ何者にもなっていない。だから僧侶見習いの私は仕事上の基礎的なことからコツコツ学んでいかなければならない。 でも仲間がいたらなあ。新人の集団がいたなら「新人集団」のスタンダードラインが出

  • なんか辛いね。

    人間関係がギクシャクしだすと人間は悩みだす。 アドラー心理学では全ての悩みは対人関係と考えるそうだ。どんなに給料が良くても、人間関係が最悪な状態ではその人間は会社で働けなくなってしまう。人間関係が良好

  • 私の甘い考え。でも叶ったら嬉しいこと。

    しかしまあ生意気なことを書いてしまったな。 入ったばかりの下っ端はまずお寺生活に適応せんといかん。 自分の「価値」なんて言い出すのはもっと僧侶としての仕事がちゃんとできるようになってからの話なのさ。だ

  • どのような僧侶の道を歩むか

    将来をおもんばかるにどうすれば自分の望むような僧侶として生きていけるかと考えてしまいます。 今の自分は何者でもないですので、このままお寺生活をするのは良いのですが、それは単に僧侶の養成学校を経て僧侶資

  • 法身の三密

    ​​​​​​​​​​​​​仏教の本を読んでいると言葉だけは知っていて、その微妙なところを見過ごしてしまうことがある。あるときふと合点がいくと嬉しくなるものだ。小さな悟り、大きな悟り等、日常生活で積み重ねてゆくこと

  • 自分の考えについてのメモ2

    不完全性定理とはその体系内でその体系の正しさを証明できないことである。第三者の証明が必要になる。 故に密教でいう悟り「如実知自心」はかなり困難なことが分かるだろう。 自己自体は自己自身を見ることがで

  • 自分の考えについてのメモ

    しばらく仏教から遠ざかっていましたので、リハビリの為にもこれまで自分の考えて書いてきたことを整理してみたい。話題は何でもいいんだけど。 構造主義・・・構造それ自体の完璧なローモデルは無い。これは仏教

  • 理想のお寺生活とは何か?

    ​​​最近はほとんどブログ更新できてなくて申し訳ありません。 お寺での生活では自由な時間が少なめです。 仕事が終ったあとは疲れてしまって読書もブログもできない感じです。つまり仏教の勉強ができない。やろう

  • ありがたい言葉

    先日お寺の受付対応をやっていたら、ある女性の方がお守りを買いにいらして、「あなたは周りの人にとても愛されている顔をされていますね。仏様にとても愛されている顔をされている。たぶん前世で仏様と深いご縁があ

  • 常楽我浄2

    ​​​​仮説1 弘法大師は「空」を究極とは捉えていなかったのではないか? 弁顕密二教論を読むと「空」を説く教えはことごとく「究極の悟りではない」という扱いになっている。 弘法大師にとって「空」とは真理にも

  • 常楽我浄

    お寺生活で仏教について考える時間がほとんどなかった。本はあっても終業後は疲れてしまって読む気力がなくなる。朝は作務がありますので自分の時間には使えない。しかしまあこうして就寝前にチョコチョコっとブログ

  • 僧侶見習い始めました。

    7月頃から僧侶見習い始めました。 お寺のことはまるで無知ですので、覚えるのが大変です。 インターネットについてはお寺での住み込みですのでお寺の回線を経由して接続しています。ですからアクセス記録とか把

  • 引っ越し準備中2

    たぶんブログ更新できるのは今日までかな?続きは15日後くらいか、1カ月後になるか・・・。 今はさして書きたい話題がない。 引っ越しの手続きもまだ残っているし。 明日は期日前投票に行こうと思ってる。ついで

  • 法界体性智の自在展開3

    私が気になるのは三密とは何か?ということです。 三業と三密の違いは何処にあるのか? 以前書いた記事では顕教の瞑想では「動かない」「唱えない」「想わない」になっているというような事を述べました。 密教

  • 法界体性智の自在展開2

    わたしのブログへようこそ

  • 法界体性智の自在展開

    唯識とサーンキヤ哲学の関係ですが、自性(プラクリティ)を識と言い換えただけではないのか? 密教の四智は全て自性(プラクリティ)ということになると思います。 大円鏡智のみが自性ではありません。 平等性智

  • 引っ越し準備中

    現在引っ越しの準備中。 インターネットも解約しましたので6月23日以降は更新できないかもしれません。 7月に入ってしばらくしてから更新できるかもしれません。 基本的には明日複数更新できたらいいなと思ってい

  • 仏教建築 多宝塔・大塔は美しい。

    私が最もすくな仏教建築の一つが「大塔」です。 多宝塔形式ですね。 『空海 塔のコスモロジー』を読んでから魅せられています。 多宝塔が美しいのは何といっても四角形と円形の融合があるからです。 一階が四

  • 五重塔は裳階がある方が美しい

    「裳階」というのをご存知でしょうか? 全国に五重塔・三重塔は沢山ありますが、裳階のある塔は大変少ない。 ​​「裳階」​​​​とは塔の一階部分の軒を壁で囲った形であります。 一階部分が細いと何だか不安定に感

  • 菩提心について

    密教と顕教の違いはどの視点でみるかの違いというのがある。 顕教は現実世間が出発点であります。 密教は仏世界が出発点です。 つまりイメージで申し上げますと顕教は地上からジャンプして着地する感覚。 地面

  • 『本好きの下剋上』が面白い!

    ​ 本好きの下剋上 第一部「本がないなら作ればいい!」(1) 司書になるためには手段を選んでいられません [ 香月美夜 ] ​ 小説が原作です。漫画化、アニメ化もされています。 私は小説もアニメも見ていませ

  • 塔と金堂の組み合わせ。建築の美しさ。

    わたしのブログへようこそ

  • 梵我一如か、分離か。

    ​​ユング心理学と仏教の目指すところは恐らく異なる。 でも似通っているところはあるし、ユング心理学はチベット仏教の曼荼羅を高く評価した。また心理学そのものにも大変奥深いものがある。 仏教及びインド哲学

  • 素人が自主制作アニメを作るとしたら2

    料金面をまとめてみます。 キャラデザ  7万円くらい?要相談 LO1原   1cut/2000~2500円 LO作監   1cut/1800円 背景会社 1cut/5000円くらい 2原    1cut/2000円 動画   1枚/180~200円 仕

ブログリーダー」を活用して、奥円さんをフォローしませんか?

ハンドル名
奥円さん
ブログタイトル
八百万の旅人
フォロー
八百万の旅人

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用