searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ぴあさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ぴあのピアノ♪
ブログURL
https://pia77.blogspot.com/
ブログ紹介文
定年後のピアノ独習日記。聴く楽しみ、弾く楽しみ、練習法を考える楽しみ…♪
更新頻度(1年)

345回 / 365日(平均6.6回/週)

ブログ村参加:2013/12/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ぴあさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ぴあさん
ブログタイトル
ぴあのピアノ♪
更新頻度
345回 / 365日(平均6.6回/週)
読者になる
ぴあのピアノ♪

ぴあさんの新着記事

1件〜30件

  • ケイト・リウとエリック・ルーが "Master Recital" に登場 ♪

    ショパン国際ピアノコンクールが延期された代わりに、10月1日から"Before the Great Competition Master Recital"というのがワルシャワで開催される。過去の入賞者など豪華メンバーのリサイタルが並んでいる。お気に入りピアニストのケイト・リウも出場することになった♪

  • BTHVN op.70: ピアノ三重奏曲第5番"Ghost"気に入った♪ +第6番

    「ベートーヴェンの全作品を聴く」プロジェクト、今日は Op.70 のピアノ三重奏曲第5番 ニ長調と第6番 変ホ長調(1808: 38歳)の 2曲。第5番は "Ghost"(幽霊)という愛称でも親しまれている。第5番はそれほど聴き覚えはないのだが、今回ちょっと気にいったかも…(^^)♪

  • 📣これまでに練習したピアノ曲の一覧表を作りました

    これまでに練習したピアノ曲の一覧表《練習曲一覧》を作成しました。今年の年末で丸 8年になりますが、それにしてはなかなか上達しない…。表を眺めてみると54曲練習したことになっています。…が、私の場合、ピアノソナタなどの 1楽章も「1曲」にカウントしてます…(^^;)。

  • BTHVN op.69: チェロソナタ第3番 アントニオ・メネセスとピリスさん ♪

    「ベートーヴェンの全作品を聴く」プロジェクト《All BTHVN 🎧》、今日は Op.69 のチェロソナタ第3番 イ長調(1807-08: 37-38歳)。なぜかとても聴き覚えがある。ピリスさんとボザールトリオのチェリスト、アントニオ・メネセスの演奏が良かった ♪

  • リスト国際ピアノコンクール(ユトレヒト)が中止に…

    リスト国際ピアノコンクール(ユトレヒト)の中止(延期ではなく)が発表された。次回開催は 2022年となる。日本人の Asagi Nakata さんを含む 14人のコンペチタにはまだ「コミット」していると書いてあるが、どういう扱いになるのだろう?

  • BTHVN op.68: 交響曲第6番「田園」はマリス・ヤンソンス ♪

    「ベートーヴェンの全作品を聴く」プロジェクト《All BTHVN 🎧》、今日は Op.68 の交響曲第6番 ヘ長調「田園」。ベートーヴェン自身が標題をつけた唯一の交響曲。お気に入り演奏を探すのに思ったより時間がかかってしまった。弦と木管の響きの美しさがポイント。大袈裟すぎる表現は似合わないと思う。

  • ▼ベートーヴェン:ソナタ31番第3楽章 全然弾けてなかった!

    ベートーヴェンのピアノソナタ第31番、第3楽章の 2ラウンド目、1週間前から「フーガ1」は「暗譜」より「弾ける」ことを優先することにした。すると、暗譜に気を取られていたときにはあまり気づいてなかったのだが、実は「フーガ1」は全然と弾けてなかったのだ…(^^;)。気を取り直して「練習」あるのみ!

  • クライバーン国際ピアノコンクールが1年延期! 2021→2022

    2021年の5月に予定されていたヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールが、コロナ禍の影響で 1年延期されるというニュースが飛び込んできた。2020年から2021年への延期は沢山あったが、2021年から2022年は初めてかも。新しい日程は2022年6月2〜18日。年齢制限は今回の18〜31歳。

  • オルレアン国際ピアノコンクール 日本人2人セミファイナルへ ♪

    オルレアン国際ピアノコンクールのセミファイナリスト 7人が決まったようだ。コロナ禍のため、第1・第2ラウンドはまとめて、一つの動画での審査になった。 日本人2人(海老名遙香、宮川知子)は無事通過 ♪ 宮川知子さんはなんと!宮川彬良さんの娘さんだった…(^^)♪

  • BTHVN op.67: 交響曲第5番「運命」パーヴォ・ヤルヴィの潔さ ♪

    「ベートーヴェンの全作品を聴く」プロジェクト《All BTHVN 🎧》、今日は Op.67 の交響曲第5番 ハ短調「運命」(1804-08: 34-38歳)。 「とれたて新鮮」の活き活きとした演奏を聴きたいと思って、比較的新しいパーヴォ・ヤルヴィやバレンボイムの演奏を聴いてみた ♪

  • エネスクコンクール:ピアノ部門、セミファイナル以降は来年!

    ジョルジェ・エネスク国際コンクールのピアノ部門、第2ラウンドの結果が発表された。6名の予定が 8名になっている。で、予定表の "SEP" の次が "MAY" になっている理由が判明した。2021年の 5月だったのだ!セミファイナル以降は来年、ブカレストで行われる。それまでお預け…(^^;)。

  • 📣「ようこそ」(このブログについて)ページを更新しました

    《ようこそ》(このブログについて)ページの内容が少し古くなっていたので、久しぶりに更新しました。大きな変更はありません。

  • BTHVN op.66: 「魔笛」の主題による12の変奏曲、楽しい ♪

    「ベートーヴェンの全作品を聴く」プロジェクト《All BTHVN 🎧》、今日は Op.66 の「魔笛」の主題による12の変奏曲 ヘ長調(1796: 26歳)である。モーツァルトの歌劇「魔笛」の中の「娘っこでも女房でも」という歌を元にした、チェロとピアノのための作品。なかなか楽しい ♪

  • BTHVN op.65: Ah! Perfido(ああ不実なる人よ)シェーナとアリア

    「ベートーヴェンの全作品を聴く」プロジェクト《All BTHVN 🎧》、今日は Op.65 の「Ah! Perfido(ああ不実なる人よ)」(1796: 26歳)という曲。ソプラノとオーケストラのためのシェーナとアリア。当時の名ソプラノ、ヨーゼファという人に献呈した曲である。

  • ピアノに動体視力は必要?: 歳の割には動体視力いいねと言われて

    先日、免許更新のために「高齢者講習」なるものを受けてきた。その視力検査で「年齢の割には動体視力いいですね」とか「水平視野も広いですね」とか褒められて(おだてられて?)ちょっと気分が良かった…(^^)。動体視力がいいとピアノが上手くなる?なんて話があるといいのだけれど…😅

  • エネスクコンクール:ピアノ部門、第1ラウンドで日本人ゼロに…

    本日午前2時にジョルジェ・エネスク国際コンクールのピアノ部門、第1ラウンドの結果が発表された。第2ラウンドに進む 13人の中に、残念ながら日本人 5人の名前はなかった。 今回コロナ禍のためにオンラインでの開催になっているのだが、第1ラウンドの演奏動画が数人分しか視聴できず、今一つ盛り上がらない。せっかく「オンライン拍手」とか「メッセージを送る」機能とか用意しているのに…(^^;)。

  • BTHVN op.64: チェロソナタ E♭(?) : 弦楽三重奏曲 op.3 の編曲

    「ベートーヴェンの全作品を聴く」プロジェクト《All BTHVN 🎧》、今日は Op.64 の「チェロソナタ(?)」変ホ長調(1807: 37歳)。(?) を付けた理由は、通常ベートーヴェンの「チェロソナタ」には含まれないことが多いため。実は、この曲は Op.3 の弦楽三重奏曲 第1番を誰かが「チェロとピアノのための二重奏曲」に編曲したもので、「チェロソナタ全集」に含まれることはあまりないようだ。 YouTube にあった音源(Vc: Maria Kliegel、Pf: Nina Tichman)を聴いてみたが、個人的には元の弦楽三重奏曲の方が好きだ。

  • BTHVN op.63/103: 管楽八重奏曲→弦楽五重奏曲→ピアノ三重奏曲

    「ベートーヴェンの全作品を聴く」プロジェクト《All BTHVN 🎧》、今日は順番から言うと Op.63 のピアノ三重奏曲 変ホ長調(1806: 36歳)。…なのだが、この作品は 22-23歳のときに作曲した管楽八重奏曲 Op.103を 25歳の時に弦楽五重奏曲 Op.4に編曲したものを、さらに友人のフランツ・クラインハインツという人がピアノ三重奏曲に編曲したものだ。なので、Op.103 も一緒に聴いてみた。

  • ▼ベートーヴェン:ソナタ31番第3楽章「暗譜」より「弾ける」!

    ベートーヴェンのピアノソナタ第31番、第3楽章の 2ラウンド目、相変わらず「フーガ1」の暗譜で苦労をしているが、あまりに進まないので練習方針を変更することにした。「暗譜」より「弾ける」ようになることを優先することにしたのだ。当然だろ〜!という声が聞こえてきそうだが、私にとっては「いつも」と違うアプローチなのだ…(^^;)。 少なくとも9月一杯は「暗譜」は一旦忘れて「弾けない箇所」をなくすことに専念しようと思っている ♪

  • エネスクコンクール:ピアノ部門始まる ♪ オンライン拍手できる👏

    今年に残った(開催される)数少ないピアノコンクールの一つ、ジョルジェ・エネスク国際コンクールのピアノ部門が一昨日から始まった。コンテスタントは86人いたのだが、辞退者が多く、55人に減ったようだ。 公式サイトに順次演奏動画がアップされていて、オンラインの拍手と応援メッセージの入力などができる ♪ しばらくは楽しめそうだ…😊

  • BTHVN op.62: 序曲「コリオラン」hr交響楽団の最新演奏 ♪

    「ベートーヴェンの全作品を聴く」プロジェクト《All BTHVN 🎧》、今日は Op.62 の序曲「コリオラン(Coriolan )」ハ短調(1807: 37歳)。11曲あるベートーヴェンの序曲の中では、比較的よく演奏される曲の一つ。8月27日にコロナ禍の中で演奏された、フィリップ・ヘレヴェッヘ(Philippe Herreweghe)指揮の hr交響楽団(旧フランクフルト放送交響楽団)の演奏がいい感じだ ♪

  • Lowell Liebermann の現代ピアノ曲「ガーゴイル」がいい感じ ♪

    久しぶりに《現代ピアノ曲🧡》探索プロジェクト。今回はたまたま見つけたローウェル・リーバーマンの曲 ♪ ユジャ・ワンの演奏する「ガーゴイル」という曲がなかなか良かった。リーバーマンはアメリカの人気作曲家のようだ。友人であるスティーヴン・ハフに献呈されたピアノ協奏曲第2番もなかなかいい曲である ♪

  • BTHVN op.61: ヴァイオリン協奏曲アラベラ・シュタインバッハー ♪

    「ベートーヴェンの全作品を聴く」プロジェクト《All BTHVN 🎧》、今日は Op.61 のヴァイオリン協奏曲(1806: 34歳)。「ヴァイオリン協奏曲の王者」とも、あるいはメンデルスゾーンの作品64、ブラームスの作品77の作品とともに「三大ヴァイオリン協奏曲」とも言われている。 お気に入り演奏に選んだのは、ヴァイオリンの音色でアラベラ・美歩・シュタインバッハーがN響と共演した音源。指揮はネヴィル・マリナー ♪

  • 藤田真央くん、音楽事務所 Intermusica と契約 🤗 ♪

    私のお気に入り日本人ピアニスト No.1 の藤田真央くんが、Intermusica というイギリスの音楽事務所 と契約したようだ♪ セルゲイ・ババヤンやユジャ・ワン、ネルソン・ゲルナー、そして、アレクサンドル・カントロフ等も所属する事務所だ。 公式サイトのプロフィール・ページには、これからのコンサート・リサイタル・音楽祭などの出場予定も書いてある。また、近々ベルリンに移ってキリル・ゲルシュタイン(Kirill Gerstein)のもとで勉強を続けることも…。ますますの活躍が期待できそうだ…🤗♪

  • 📣《現代ピアノ曲🧡》ページに関連記事リンク集を追加

    《現代ピアノ曲🧡》ページに過去の関連記事リンク集を追加しました。今年の目標の一つである「現代ピアノ曲のお気に入りを10曲見つける」が、なかなか進まないため、過去に調べたお気に入り曲や、途中で挫折した…(^^;)…現代作曲家のリストなどを参考にするためです。整理してみると、思ったよりたくさん聴いているけれど、忘れたものも多い…😅

  • BTHVN op.60: 交響曲第4番、パーヴォ・ヤルヴィの躍動感!♪

    「ベートーヴェンの全作品を聴く」プロジェクト《All BTHVN 🎧》、今日は Op.60 の交響曲第4番 変ロ長調(1806: 34歳)。ラズモフスキー四重奏曲、ピアノ協奏曲第4番、ヴァイオリン協奏曲、オペラ《レオノーレ》などの傑作が次々と生まれた、充実した時期の作品である。 シューマンやベルリオーズなどがコメントを残しているのだが、やや意見が分かれているようだ。「清楚可憐な乙女」か「巨人の鋼の筋肉」か? どちらの解釈をとるかによって、演奏の印象もかなり変わる。私は「筋肉」派かな…(^^;)?

  • ▼ベートーヴェン:ソナタ31番第3楽章「フーガ1」暗譜模索?

    ベートーヴェンのピアノソナタ第31番、第3楽章の 2ラウンド目練習中。「序奏」「嘆きの歌1」まで何とか暗譜できて、現在「フーガ1」の暗譜で四苦八苦しているところ。フーガの部分は 1ラウンド目でも完全には覚えられていなかったと思う。 今のところ、妙案は思いついていないので、まずは、楽譜を見ながらでも、指が迷わずに弾けるようになるまで反復練習を続けてみようと考えている。

  • BTHVN op.59: ラズモフスキー弦楽四重奏曲第9番は面白い ♪

    「ベートーヴェンの全作品を聴く」プロジェクト《All BTHVN 🎧》、今日は Op.59 の弦楽四重奏曲 第7番 ヘ長調、第8番 ホ短調、第9番 ハ長調の 3曲。ラズモフスキー第1番〜第3番とも呼ばれる。 専門家のオススメの演奏を聴こうと思って調べてみたが、意見がまとまっておらず?、とても沢山の候補が出てきた…(^^;)。仕方ないので、YouTube の検索結果にお任せした。結果として、タカーチ弦楽四重奏団とズスケ弦楽四重奏団は悪くないと思った ♪

  • BTHVN op.58: ピアノ協奏曲第4番はツィメルマン+ウィーンフィル ♪

    「ベートーヴェンの全作品を聴く」プロジェクト《All BTHVN 🎧》、今日は Op.58 のピアノ協奏曲第4番 ト長調(1804-07, rev.1809: 34-37歳)。これも好きな曲の一つ。あまりにも多くのピアニスト、指揮者、オーケストラが演奏しているので「お気に入り」演奏を探すのも一苦労である…(^^;)♪ いくつもの「いい演奏」の中で、一つ選ぶとすれば、ツィメルマンとバーンスタイン指揮のウィーンフィルの演奏。何と言っても、ピアノとオーケストラの音・響きの美しさと、その掛け合い(対話)「妙(みょう)」が何とも言えない ♪

  • My Piano Life 2020の目標:あと 4ヶ月で大丈夫か!?

    なかなか収まる気配のない新型コロナ…このまま1年が過ぎてしまうのだろうか?…という不安の中でも、ピアノの練習や音楽鑑賞などは淡々と進めてきた。ベートーヴェンのピアノソナタ第31番も最初に思っていたよりはまともに練習できている。 でも、あと 4ヶ月で今年の目標を達成できるだろうか?というと、こちらの方もかなり不安な状況になってきた…(^^;)。

カテゴリー一覧
商用