プロフィールPROFILE

ぬださんのプロフィール

住所
岩国市
出身
岩国市

自由文未設定

ブログタイトル
山代日記 〜神楽とか、田舎行事とか〜
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yamashiro8046
ブログ紹介文
岩国市錦町の深須地区。上沼田神楽の活動状況や、農作業、地域の行事などを不定期でお届けします。
更新頻度(1年)

62回 / 365日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2013/06/15

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ぬださんの読者になりませんか?

ハンドル名
ぬださん
ブログタイトル
山代日記 〜神楽とか、田舎行事とか〜
更新頻度
62回 / 365日(平均1.2回/週)
読者になる
山代日記 〜神楽とか、田舎行事とか〜

ぬださんの新着記事

1件〜30件

  • あぜ波

    稲作で大きな手間がかかるのは、あぜを塗る作業。自分は数回やった程度の経験しかないけど、去年のあぜを剥いで、田の濡れ土を塗っていく。クワの使い方にコツがいるらしい。最近は、その手間を省くためにあぜ波板が売られている。あぜに沿って据え付けたら、そのまま手間要らず。そのあぜ波板を、30cmのやつから40cmのやつに変えるというので、お手伝い。低すぎたら水が溢れる、高すぎたら草刈りの邪魔になるらしい。今年の耕作に向けて、少しずつ準備です。あぜ波

  • 申至(もうし)

    昨日は上沼田地区の新年行事である申至の日でした。お日待ちともいうらしい。行事の流れはこんな感じでした。朝8時30分集合。各家が米と各家の御幣(地主様、荒神様、水神様などがある)の数を持ち寄る。御幣の数を集計した後、それぞれの神様の名前を呼びながら米を一掴みずつ盆の上に移していく。宮司さんが来られたら、昼食をとった後、各家の御幣と地区各所に捧げる御幣を用意してもらう。お宮で祝詞をあげてもらった後、地区内の各所に御幣をあげに行く。戻ったら16時くらいで、そこから食事をいただいて、終了。邪気を払う意味をもつとか。無事、滞りなく終えることができました!(^o^)/申至(もうし)

  • 2020/01/10

    で、Facebookページも運営してます。下記からアクセスするか、Facebookで検索してみてください。で、それぞれ「いいね!」して、今後も情報をご覧ください!上沼田地区ー上沼田神楽保存会ー山代神楽連絡協議会2020/01/10

  • 遅くなりましたが…

    明けましておめでとうございます。本年も山代の日々ブログをよろしくお願いします。更新が滞ってました。言い訳すると、ブログ投稿アプリが全然起動せず、あきらめてました。今日、アプリを検索したら、新しい投稿アプリがあったんで、それを取得!これで、画像のアップも簡単になって、気軽に東光寺できるようになりました!今後益々の投稿に励む所存であります!今年もよろしくお願いします(^o^)/↓正月以降の主な出来事写真です。初日の出、拝賀式、今年の棚田保全に向けた野焼きの様子遅くなりましたが…

  • 練習

    明日の山代神楽共演大会に向けて、最後の追い込み。今年の集大成をお見せできるように頑張りまーす!練習

  • 地滑り危険区域

    今回は沼田のことをちょっと紹介。沼田地区は、地滑り危険区域に指定されている。大きな大きな岩の上に土が乗っていて、その間を水が流れることで地面がずっている(動いている)。こうした動きが棚田を形成してきた要因でもあるらしい。昔1枚の田んぼだったのが、3段くらいになっているところもある。建具は隙間ができるし、風呂の排水が狂いつつあるという話も。昭和14年に大崩壊が起きたという資料があったりもする。そんな地滑りを防止すべく、地区内には水抜き用の集水施設が何ヵ所か整備されている。最近また濁り水が出たとの話も聞くので、いずれ沼田がすとーんと山を下る日がくるかもしれない。↓こちらのHPでも紹介されてました。一般社団法人斜面防災対策技術協会https://www.jasdim.or.jp/gijutsu/kobetsu/chi...地滑り危険区域

  • 墓石

    こないだ沼田の里道を歩いてると、ふと墓石が目に入った。刻まれた文字を読むと、文政十一年…とある。文政十一年って西暦何年やっ!て調べてみると、1828年。江戸時代の終わり頃。集落にはただの石を並べた墓石もあり、集落中を調べたら、もっと古いものも見つかるんじゃなかろうか。錦町史によると、地区(女峠地区)にあった白鳥神社の勘定が1702年。この集落は、いつから人がいて、どうやって田畑を切り開いてきたのだろうか。墓石

  • 11月の公演予定

    11月の上沼田神楽の公演予定。2日(土)21時頃上沼田地区秋祭り3日(日)13時南桑地区秋祭り9日(土)20時下須川地区秋祭り10日(日)結婚式余興17日(日)10時45分頃にしきふるさとまつり(岩国高校広瀬分校)24日(日)10時山代神楽共演大会(本郷きらめき交流プラザ)詳しくは、上沼田神楽のホームページ参照http://uenuda.flier.jp/11月の公演予定

  • ミニDV

    とある企画を進めるため、昔のミニDVテープを引っ張りだしてみました。ほんの10年前までは、このテープを買って、チマチマ取り替えて撮影していたというのが信じられない!映像を見たいけどビデオカメラが見つからないー。ミニDV

  • 沼田ふれあいまつり、翌日

    沼田ふれあいまつりから一夜明け、後片付けを行いました。昨日総動員で片付けてくれたお陰で、ほとんど作業はないくらい。男4人、女5人で道具やゴミの片付けを終え、ご褒美に絶品肉うどんをいただきました。昨日、地元ケーブルテレビのアイキャンのスタッフさんが丸一日取材してくれてて、イベント終了後は岩巡りにも行かれてました。当日の様子は、11月6日の18時からのデイリーiで放映される予定です!必見!沼田ふれあいまつり、翌日

  • 沼田ふれあいまつり、盛況でした

    沼田ふれあいまつり、無事終了しました!地元民、出身者、やましろ商工会青年部錦支部、周りの地域の皆さんの力をいただきながら、また、山口県、岩国市の職員の手伝いもいただきながら、いいイベントになりました(^o^)/福田市長、畑原県議、松本市議にも参加いただき、皆さんに支えられてるんだな、というのを実感した回でもありました。次は、11月2日の沼田地区のお祭りです。21時過ぎくらいから、神沼田神社での奉納神楽になります。皆様のお越しをお待ちしてます!沼田ふれあいまつり、盛況でした

  • 沼田ふれあいまつりの準備

    明日の沼田ふれあいまつりの準備、今年は山口県の中山間応援隊、岩国市のご協力もいただき、順調に進んでます。順調に進みすぎて、鯉のぼりまであげちゃいました!明日は10時から、沼田ふれあいまつり!沼田ふれあいまつりの準備

  • 新聞に載りました!

    今日の中国新聞、サンデーいわくにに、沼田ふれあいまつりの記事が載ってます。あと2日。天気も良さそうなんでひと安心です。新聞に載りました!

  • 第19回山代神楽共演大会

    今年も開催します、山代神楽共演大会。今年の会場は本郷!本郷きらめき交流プラザは、いわゆる屋根付きゲートボール場で、出店と舞台との一体感が素晴らしい会場です。当日まであと1ヶ月。各団体が鍛練を重ねるとともに、事務局も準備をしっかり進めていきます!第19回山代神楽共演大会

  • オレンジ大蛇のデビュー

    上沼田神楽の大蛇は、長らく5匹。緑、黒、白、茶、黄が暴れている。そんな中、長らく倉庫に眠ったままのオレンジ色の胴があった。この度、10/27の沼田ふれあいまつりで大蛇デビューするヤツにあわせるため、このオレンジ胴を仕立てることになった。蛇頭に前垂れをつけて、目にKED電球を仕込んで、胴の節にセロテープを貼って、大体準備できた。あとは本人に頑張ってもらいましょう。当日の天気もいいみたいなんで、最高のまつりになりそうです!オレンジ大蛇のデビュー

  • お祭りに関する独り言

    秋も深まりつつあるなか、各地で何何まつりとか、何何フェスタとかが続いてます。このお祭り。元々は、神社などで神様を迎える行事で、お宮を中心に、その町や集落が賑わっていたもの。近年は、地域をPRする集客のためのイベントが増え、町をあげてそれを開催するもんだから、むしろそっちが賑わいをみせている。昔ながらのお祭りを知らない人もいるんじゃないだろうか。政教分離の考えなのかもしれんけど、やっぱりお宮が賑わった方が地域らしさや風情があるような気がしますよね。お祭りに関する独り言

  • 神沼田神社の注連縄づくり

    11/2、3のお祭りに向けて、注連縄をないました。鳥居を建立した平成23年以降の恒例行事。鳥居、神社入口、拝殿入口、神殿前、摂社の愛宕社と、5つを作る。総代長さんが用意した稲藁により、数人がかりで作り上げていく。この稲藁、背が高いもち米が適しているほか、最近はコンバインで刈るところが多いんで、貴重になりつつあるとのこと。そこはハゼ干しがしっかり残る沼田、全く問題なしに用意できるみたい。13時から17時までかけて5本が完成。今年もいいできです!で、とりあえず各所に下げました。後は、後日宮司さんにいただく弊をつけて出来上がり。お祭りに先立ち、10/27の沼田ふれあいまつりでも皆さんにご披露です(^o^)/神沼田神社の注連縄づくり

  • 10/27沼田ふれあいまつりに向けて

    10/27の沼田ふれあいまつりに向けて、周辺の草刈りを行いました。朝8時集合。会場周辺の草を刈ったり、駐車場周辺の草を刈ったり、岩巡りの道を整えたりで、あっ!というまに午前中が過ぎる。。。お昼のまかないで出てきたのは、松茸ご飯むすび!と豚汁。山の幸がいただけるのも、山で活動してるならではですね!大体キレイになった感じ。あては来週の前日準備を経て当日を迎えるのみ!その舞台裏では、もち米の準備やら野菜準備など、色々やることがありますが…。10/27沼田ふれあいまつりに向けて

  • 稲こぎ

    最後に残っていたもち米の稲こぎが終わった。量が少ないため乾燥機に入らない(規定量に満たない)ため、極限までハゼ干しして、稲こぎするらしい。幸いにもここ山口県は台風の被害も特になかった様子。沼田も風はかなり強かったものの、大丈夫。今日もいい天気で、乾燥十分。午後からは稲こぎとなった。これで我が家の米作りは一段落。イノシシ避けネットとかの片付け、肥料になる柴刈りとかを残すのみ。さあ、あとはふれあいまつりに向けて、色々と準備だ!稲こぎ

  • 看板清掃

    国道434号沿いにある、沼田への看板。旧錦町役場がつけてくれたもので、入口にあたる下須川、上須川にそれぞれ掲げている。このうち上須川の看板が汚れていたんで、10/27のふれあいまつりに向けて少し清掃。長年で染み付いた汚れはなかなか取れず、タワシでこすったりしながら大体キレイになったかな、と。だんだん近づく!沼田ふれあいまつり!看板清掃

  • 沼田ふれあいまつりに商工会青年部の出店決定!

    10/27開催の沼田ふれあいまつりに、やましろ商工会青年部錦支部による出店が決まりました!アツアツ!唐揚げで!おかげで、米(むすび)、うどん、唐揚げ、餅と、飲食も充実です(^o^)/沼田ふれあいまつりに商工会青年部の出店決定!

  • 原田侑子さん

    10/27に開催する沼田ふれあいまつり。第30回を記念してのゲストは、原田侑子さん。岩国市出身のシンガーソングライターで、有名なところでは昨年開催されたやまぐち夢花博のテーマソングや、マルキュウのテーマソングなどを歌ってます。この沼田にも少し縁があって、この度お声をかけさせていただいたら、快くOKいただきました。4月にはアルバムを出され、12月には岩国市民文化会館でのワンマンライブを予定されている原田侑子さん。他にも、全国各地で活躍されているようです。そんな人が沼田に…。しっかりと応援していきましょう!https://m.facebook.com/iamyukoharada/?locale2=ja_JP↓岩国錦帯橋空港にあった冊子にも紹介されてました!原田侑子さん

  • 沼田までの道

    沼田までは、国道から5分ほど市道を上っていく。途中にも集落があるけど、人が減り、道の草を全部刈ることも難しくなってて、両側から草が迫ってくる感じ。10/27の沼田ふれあいまつりに向けて、さすがに我々でそこまで刈る余力はないんで、市役所の錦支所にお願いしたところ、対応してくれてました。これで車も安心!でも、道中は狭いので、気をつけてお越しください!沼田までの道

  • 稲こぎ

    うちの大町(大きな田んぼ)の稲こぎ。まだ乾き具合はイマイチながら、そこは週末農業のツラいところ。乾燥機とのかねあいもあるらしく、稲こぎとなった。乾燥機をお借りするお隣さんにも手伝ってもらいながら、稲こぎだけでなく農杭の片付けも終えることができた。こぐ人、稲束を渡す人、農杭を片付けつつ米袋を軽トラに運ぶ人と、我ながら見事な連携プレーだった。まもなく、新米にありつけそう。稲こぎ

  • 岩国市公式観光webサイト 旅の架け橋

    岩国市の観光振興ホームページ「旅の架け橋」のイベント情報に沼田ふれあいまつりを掲載していただきました!ほかの報道関係とかにも紹介をお願いしているところ。30回記念の一大イベント。多くの人にきていただき、沼田を賑やかしてもらえるよう、しっかり宣伝していきます!http://kankou.iwakuni-city.net/岩国市公式観光webサイト旅の架け橋

  • 農杭置場の組立&稲こぎ

    この週末、本来は雨マークがついてたんで、あんまり農作業できると思ってなかった。が、しかし、降らない&週明けには台風が来るという「は?」的な展開に、少し疲れる。話は変わって、我が家では、廃車を農杭置場に使ってたけど、朽ち果ててきたんで、鋼管で組もう!ということになり、ちょっと組んでみた。素人が組むんで、平行やら傾斜やらがバラバラになりながら、修正しながら、とりあえずなんとか形になってきた。そんなところで資材不足&昼になったんで、続きはまた後日。午後からは柴刈りの予定が、台風が来る前にこごう、ということで、急遽稲こぎ。10日前くらいに刈ってハゼ干ししてた稲をハーベスタでこぐ。そしてお隣さんの乾燥機におれさせてもらった。含水率は18.5%。これが15%になるように乾燥させるらしい。今週の農作業はここまで。我が家の新米...農杭置場の組立&稲こぎ

  • 第30回沼田ふれあいまつり10/27

    今年のふれあいまつりのチラシができました!第30回記念として、ゲストに原田侑子さんをお迎えします。その他にも、沼田ならではのメニューを取り揃えております。今年も関係各所に応援をいただけそうで、何とか行事運営もできそう。当日まであと1ヶ月。しっかり準備を進めます(^o^)/第30回沼田ふれあいまつり10/27

  • 我が家の稲刈り

    どうも週末の度に天気が悪い。この日は、雨が降る前に刈ろうと思って仕事の休みをとったのに、雨マークがついた。案の定、明け方に雨が降ったみたいじゃけど、何故かその後は好天に。昼前に「刈るぞ」との指令がきた。田んぼに着くと既に親父が作業していた。どうやらトップカーのエンジンがかからなくなったみたいで、バインダーで刈った束を一輪車で運び、はぜに掛ける親父。…昭和の農業がここにはあった。昼休みもそこそこに作業を進め、16時くらいに完了。とりあえずは一安心です。我が家の稲刈り

  • 芳名録

    上沼田地区の氏神社である神沼田神社。その拝殿の壁には、過去の神社修復の際の寄付金に関する木札が掛けてある。昭和56年に地区の5社くらいが合祀されて神沼田神社となった経緯があるけど、合祀される前の各社時代の木札もここに掛けてある。かすれていたり、達筆すぎて読めないものも多いけど、中には明治時代のお宮に関する何らかの決まりごとを書いたような木札もある。また、神社修復の木札には、金額と名前が書いてあり、当時の戸数や家長の様子がわかる。これをもとに、昭和12年の白鳥神社の修復の際の沼田在住者を、聞き取りをもとにプロットしてみたのが下の図。今は15戸を下回った集落だけど、当時は40戸近かったことがわかる。過酷な環境ながらも、さぞかし賑やかな集落だったに違いない。まう少し調査を進めたいと思います。芳名録

  • ハゼ直し

    台風一過。我が家のハゼが大コケしたということで、昼から修復作業。お隣さんに手伝ってもらって早く終えることができました。今年は、イノシシにあらされたり、ハゼが倒れたりと散々なところ。イノシシ対策をしてもしてもイノシシが入る。農業もラクじゃないです。。ハゼ直し

カテゴリー一覧
商用