momoichiの日々つれづれ、、
読者になる
住所
出身
ハンドル名
momoichiさん
ブログタイトル
momoichiの日々つれづれ、、
ブログURL
http://momoichi.hatenadiary.com/
ブログ紹介文
元外資系企業管理職。 外資管理職->無職フリーダム->起業(いまここ)人生、絶賛継続中。
自由文
元外資系企業管理職。 外資管理職->無職フリーダム->起業(いまここ) 人生なるようになる、なるようにしかならない。 人生、絶賛継続中。
更新頻度(1年)

11回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2013/02/06

momoichiさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(IN) 23,258位 23,465位 28,809位 34,366位 38,501位 34,650位 29,263位 974,893サイト
INポイント 10 20 20 20 0 0 0 70/週
OUTポイント 10 20 20 20 0 10 0 80/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ベンチャーブログ 32位 32位 36位 47位 62位 48位 35位 3,970サイト
ベンチャー社長 4位 4位 4位 4位 5位 5位 4位 530サイト
サラリーマン日記ブログ 126位 124位 164位 229位 271位 221位 168位 11,443サイト
外資系サラリーマン 1位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 74サイト
ライフスタイルブログ 2,136位 2,160位 2,453位 2,924位 3,219位 2,933位 2,496位 66,112サイト
自由人 15位 17位 17位 22位 24位 21位 17位 1,944サイト
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(OUT) 42,819位 43,171位 45,868位 48,989位 51,844位 48,758位 46,170位 974,893サイト
INポイント 10 20 20 20 0 0 0 70/週
OUTポイント 10 20 20 20 0 10 0 80/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ベンチャーブログ 50位 52位 59位 64位 72位 65位 67位 3,970サイト
ベンチャー社長 6位 6位 7位 7位 7位 7位 7位 530サイト
サラリーマン日記ブログ 221位 227位 241位 280位 288位 258位 235位 11,443サイト
外資系サラリーマン 4位 5位 5位 5位 5位 5位 5位 74サイト
ライフスタイルブログ 3,815位 3,856位 3,947位 4,223位 4,409位 4,194位 3,940位 66,112サイト
自由人 27位 25位 23位 25位 28位 26位 22位 1,944サイト
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,893サイト
INポイント 10 20 20 20 0 0 0 70/週
OUTポイント 10 20 20 20 0 10 0 80/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ベンチャーブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,970サイト
ベンチャー社長 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 530サイト
サラリーマン日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,443サイト
外資系サラリーマン 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 74サイト
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,112サイト
自由人 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,944サイト

momoichiさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、momoichiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
momoichiさん
ブログタイトル
momoichiの日々つれづれ、、
更新頻度
11回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
momoichiの日々つれづれ、、
  • そろそろ働き方を考えようと言う話。

    会社都合で退職し現在、職探し中の知り合いから立て続けに、慌てて職を探すのは止めたと言う趣旨のメッセージを貰いました。どうやら当面の生活費は、退職金とそれを元手に投資で稼いでいる様です。 奇しくも台風15号の影響で都内の交通機関が麻痺してしまっているにも関わらず、何とか会社へ向かおうとするサラリーマンの姿がニュースを賑わせていました。 不要不急の外出はしない様にと会社やニュース等で繰り返し通達があったにも関わらず、自分の仕事は不要不急ではない、重要な仕事なんだとばかりに、出社してしまった人も多い様です。 会社生活を送っていると、会社が自分の世界の中心になってしまいます。通勤時間往復約2時間、就業…

  • 会社の品格と言う話。

    これまで何社もの外資系企業で働いて来ましたが、会社の品質の根幹を成す社員の品質は、会社のネームバリューに比例して、大きく違っていました。 誰もが知る、業績も伸び盛りの企業では、応募者も多く一流の人を容易に採用することが出来ます。片やネームバリューのない、業績も低迷しているような弱小外資では、応募者数自体が少なく、良い人を採用することが非常に困難です。しかも例え採用出来たとしても、一流の人は人気企業へ取られてしまう為、二番手以下の人がやって来ることになります。 そもそもエージェント自体、経歴のピカピカの人は人気企業から紹介するので、ネームバリューのない企業へは、やはりそれなりの人が集まって来るの…

  • 退職書類に100円ボールペンでサインを迫った人事の話。

    先日、会社都合で退職したA氏の話です。 ある日人事から突然呼び出され、ポジションがクローズになること通告されたそうです。 その際、お決まりの退職の条件と割増退職金の事務的な説明の後は、書類にサインするよう書類とペンを渡されたそうです。 その時、人事が彼に渡したのは、まさかの100円ショップで売っているような安いプラスチックのボールペンでした。 『自分の会社生活の終了を、安いボールペンでなんかサインできないよ。』とA氏。結局、A氏はそれを使わず、自分のクロスのボールペンでサインしたそうです。オバマ元大統領も使っていたクロスのボールペンです。 A氏の矜持を感じさせる話です。 そう言えば、かつてお仕…

  • 不平・不満からは何も生まれない、、という話。

    知り合いのA氏がポジションクローズになった際、前職のメンバー数人で壮行会を兼ねたランチ会が催されました。 集まったのは、A氏とその会社でまだ働いてるB氏、C氏。特にC氏は一旦、会社を離れたもののその会社に出戻っていました。 会社を去らざるを得なくなったA氏は、サバサバしたものです。彼の口からは、会社に対する不平や不満は一切出ません。割増退職金を貰ったせいもありますが、そんなこと言ってもいまさら仕方ないからです。 しかし、、現職のB氏、C氏の口から出るのは、ここに居ない人の噂話と会社に対する批判や愚痴ばかりでした。 私がこの会社を去った後、会社は買収され、今はオペレーションも新会社に移行されてい…

  • 会社と個人の関係は本当に対等か、、と言う話。

    先日、知り合いがポジションクローズの憂き目に遭いました。会社都合によるリストラです。 この知り合い、家族を大阪に残して東京へ単身赴任をしておりましたが、数年前にお子さんが生まれたのを期に大阪の自宅からリモート勤務をしていました。ピープルマネジメントの管理職に関わらずです。今回、海の向こうにいる彼のマネージャ氏も同時期にポジションクローズとなり、その余波で彼もポジションクローズになった様です。 マネージャの理解もあり、随分と恵まれた条件でしたので、今回のポジションクローズは致し方のない事なのかも知れません。 外資では、会社都合によるリストラは良くある話です。中途採用される人がほとんどなので、採用…

  • 外資転職事情、お天道様は見ています。

    先日、小泉進次郎氏のインタビュー記事の中で、会社にしがみつくのではなく、会社からしがみつかれる人材になれと言うフレーズがありました。 元号も平成から令和に変わり、働く側のマインドセットもそろそろ変えても良いのではと思えるエピソードです。 会社からしがみつかれる人材とはつまり、会社から必要とされる人材です。会社から必要とされる人材はどの様にして採用されるのか。 一般に外資では、ポジションが空くと、まず社内イントラに載せます。この狙いとしては、社内から候補者を探すのはもちろんのこと、社員の知り合いを紹介してもらうことにあります。 会社によっては、社員紹介制度を設け、社員の紹介で入社した場合、紹介し…

  • 年齢信仰の強い日本での生き残り方と言う話。

    もうすぐ60に手の届く年齢の知り合いがいます。現在、再就職先を探しているのですが、困難を極めているそうです。 年齢は気にしないはずの外資でも、表立って言わないだけで、実は暗黙の年齢制限があります。(日本では) 海の向こうの本社では、年齢、性別、人種、宗教等で差別をすることは厳格に禁止されているのですが、ここは日本。採用する側も、応募する側も、そして働いているのも日本人です。どうしても年齢を気にします。 海の向こうの本社では、インタビューで年齢を聞くことすらタブーなのですが、日本では、応募の際のレジュメに生年月日の記載を必ず求められます。 とは言え、、かつての私のマネージャ氏(アメリカ人)は、私…

  • 問題は上司や会社ではないのでは、、と言う話。

    外資では、会うたびに新しい会社に勤めている人がいます。 数年に一度のペースで会っているので、数年に一度のペースで転職を繰り返しているのだと思います。 営業や専門職であれば、扱う商品が違うだけで、会社が変わってもそのスキルをそのまま活かすことが出来ますので、とても良い条件で転職を繰り返している人もいます。中には、そのスキルを活かして全く違う業界に挑戦する人もいます。 しかし、中には、転職の理由が、酷い上司や、酷い会社だったと言う人がいます。しかも、続けて何度もです。 私の知り合いのA氏もそんな一人です。数年に一度、情報交換を兼ねて会っているのですが、会うたびに酷い上司の話や、酷い職場環境の話を聞…

  • かつての役員Aさんのこと。

    先日、元上司と元同僚と都内の飲食店で飲み会を開いていたとき、隣のテーブルに、偶然にも、その会社の役員だった方(Aさん)がいらっしゃいました。テーブル間は、ロールスクリーンで隔てられており、最初は気が付かなかったのですが、元上司が、隣にいるのはAさんだと気が付いたのです。 米国に本社のあったその会社は、何度かの合併を繰り返し、あれよあれよと言う間に大会社に生まれ変わっていきました。そんな激動の中でも、彼は、ポジションを失う事なく、部門を統括するトップを守り続けていました。 直接の面識は無かったものの、名前だけは、よく覚えていました。 帰り際、ご挨拶をしたのですが、退職後は、多くの会社の顧問を歴任…

  • お天道様は見ていますよ、、と言う話。

    先日、かつての同僚と久しぶりに会いました。そのA氏、外資で何度かの転職を果たした後、知り合いと起業したのですが、廃業したそうです。 起業した会社の業績も順調で、従業員も増やしていると風の頼りに聞いていたので、会社を廃業したと聞いたときは驚きました。 あまり詳しくは書けないのですが、共同経営者の不正行為があったそうです。 共同経営者とは、仕事で知り合ったそうですが、知り合って間もなく、意気投合し起業したので、その人となりは、あまり知らなかったようです。 私の知り合いのベンチャー経営者も詐欺に遭ったことがあるのですが、彼曰く、詐欺師とは、連絡が取れるとの事です。つまり、いつでも連絡が取れるので、騙…

  • ボーっと生きててはいけないと言う話。

    NHK の『チコちゃんに叱られる。』が人気のようです。決め台詞の「ボーっと生きてんじゃねーよ。」は、今や誰もが知るフレーズになっています。 先日、かつての同僚A氏と会いました。A氏は、現在、某社の日本法人のカントリーマネージャとして働いています。かつて、営業マネージャだったA氏は、それまでの知識と経験を活かして、別業界に転身を果たしました。転身した当初は、周囲から、何であんな業界に行ったんだろうと訝しがられておりましたが、新天地で、あれよあれよと言う間にプロモーションし、気が付いたら現在のカントリーマネージャのポジションに就いていたそうです。 現在は、家族で都内の高級住宅街にある、高級マンショ…

  • いまこそ、働き方の意識改革が必要では、、と言う話。

    台風24号が通過した翌日、電車のダイヤが大幅に乱れ、改札の外にまで溢れ出た人の大混雑ぶりがニュースで流れていました。 ほとんどの方がスーツ姿であることから、大半がサラリーマンの方々だと思います。いつ来るかも知れない電車をただひたすら待っている様でした。 確かに、何があっても出勤しなければならない人は、存在します。医療関係の方や、公共交通機関等のインフラの運用に携わる方々、警察や消防の方々も来られないでは、済ませられません。 しかし、、それ以外の方は、混雑を増幅させないために、自宅待機した方が良いのです。自宅からリモートワークした方が、混雑緩和にもなるし、イライラして電車を待ち、混雑した電車でス…

  • 日本人は本当に臭いのか、、と言う話。

    今年は、異常な暑さです。炎天下の下、少し歩いただけで大量の汗が吹き出して来ます。建物の中は快適にエアコンが効いていますので、汗はたちまち引くのですが、外に出ると、また汗が吹き出す、この繰り返しです。 ところで、先日、興味深い記事をプレジデントで見かけました。 president.jp 日本人は欧米人と比較して体臭がきつくないと言うのがこれまでの定説だったのですが、口臭に関して言えば、欧米人と比較して、臭う人が多いと言うものです。これは口腔ケアに気を遣っている欧米人と、気を遣う人が少ない日本人の違いのようです。 思い起こしてみると、仕事や、接客業の店員さんで、残念な方に遭遇したことが一度や二度で…

  • 連日の酷暑に思うこと。

    連日の猛暑が止まりません。毎日、流れてくるニュースでは、各地の体温を上回るような最高気温と熱中症による被害です。 この暑さ、我慢が足りないとか、根性が足りないからだと言うレベルを軽く超えています。まさに、生命の危機を感じる暑さです。 にも関わらず、前例がないからとか、決まったことだからと言う理由で、炎天下でイベントやスポーツ大会を強行するのは、暑さの余り、頭のネジが弛んでしまっているとしか思えません。 東日本大震災の原発事故の後、社会全体が節電モードになりました。あの当時、多くの会社が、エアコンを28度に設定し、OA機器の溢れる社内は、さしずめサウナの様な状況でした。室温が28度ではありません…

  • 西日本の豪雨災害に思うこと。

    西日本の豪雨災害の被害が日増しに大きくなっています。 気象庁から豪雨注意報が出ているまさにそのときに、首相参加の自民党の懇親会がTwitter に投稿され、多くの非難を受けました。(投稿は、既に削除されています。) 危機感のない投稿を擁護する訳ではありませんが、直接の被害が想像しやすい台風や地震と違い、豪雨による災害は、何が発生するのか、被害を想像出来なかったのだと思います。被害を事前に察知し、無理矢理にでも住民を安全な場所へ避難させていれば、これほどの被害は出なかったはずで、まさに想像力の欠如と言われても致し方ありません。 近年、増加の一途の豪雨災害ですが、気象庁が発表している災害をもたらし…

  • 会社の新陳代謝はどうすればいいか、、と言う話。

    先日、かつての同僚A氏と会いました。 そのA氏とは、某スタートアップ外資の同僚です。アメリカで立ち上げられたその会社は、新興勢力にも関わらず、あれよあれよと言う間に売り上げを伸ばし、押しも押されぬ業界のトップに躍り出ました。 日本のオフィスも、伸び盛りのビジネスということもあり、年齢が若いだけではなく、個人の仕事に対するマインドセットも前のめりなほどポジティブで、とても活気がありました。やらされ感からではなく、自分たちでビジネスを盛り立てて行こうと言う気概に満ち溢れていたのです。いまでも当時のメンバーたちは、あの頃は、良かったと口を揃えて言います。 その会社も成長するに連れて、企業の買収・合併…

  • 昭和は遠くなりにけり、、と言う話。

    東洋経済オンラインに掲載された『50歳を過ぎたら同窓会に出席してはいけない』の記事に否定的なコメントが寄せられています。 toyokeizai.net 記事を、かいつまんで説明すると、退職後の同窓会の話題は、健康や病気の話、成功した人へのやっかみになるので、これまでの同窓生との付き合いは、見直すべきだと言う内容です。 著者の江口氏と言えば、故松下幸之助氏の側近を務めた方です。当初の記事では、故松下幸之助側近となっていたのも批判の一つになっています。(現在は、肩書きは訂正されています。) 松下幸之助氏と言えば、経営の神様と言われた、現パナソニックの創業者です。 彼の経営哲学は、今も語り継がれ、現…

  • 謝罪会見で人生を取り戻した日大の選手と、日本の縮図の様な日大の対応の話。

    日本大学(以下、日大)が炎上しています。 発端は、5月6日に開催された関西学院大学(以下、関学)との定期戦で日大の選手が、無防備であった関学の選手に後ろからタックルをし、怪我を負わせた事件です。 この悪質タックルがSNSで拡散、炎上し、やがて大手メディアが取り上げる事態となり、日大の対応を巡り、今も炎上を続けているものです。 日大の関学側への誠意のない回答に対して、騒ぎが大きくなる一方の時に、渦中の当該選手が、22日、弁護士同伴の元、単独で会見を開きました。 謝罪会見といえば、昨今では、TOKIOの山口氏、マクドナルドの異物混入事件、少し前の話では、雪印の会見終了後の社長の失言と、少しでも対応…

  • 戦力外通告と言う話。

    シアトルマリナーズのイチローが、球団の会長付きの特別補佐に就任したそうです。今シーズンは、試合には出場しないとの事ですので、体の良い戦力外通告なのだと思います。 外資では、会社都合による希望退職と、個人を狙い撃ちにしたリストラがあります。個人がターゲットのリストラには、必ずその原因となる理由があります。コンプライアンスや法律に反することは、一発でアウトですが、パフォーマンスの悪さや、勤務態度の悪さによる戦力外通告が最も多いケースです。 かつて勤務した会社に、A子と言う女性がいました。彼女のレポーティングマネージャは海の向こうにいるため、このA子、午前中は、ほとんど会社に出勤して来ません。午後、…

  • あなたが居なくとも会社は回ると言う話。

    連休も後半。2日の夜、何の気なしに高速の渋滞情報を見た所、東名高速が既に39kmもの渋滞でした。 3日の渋滞を避ける為、夜の内に移動しようとする人が、高速に流れ込んだのだと思いますが、22時を過ぎての渋滞は何とも異常な光景です。 そうは言っても、忙しくて休めない。 良く耳にするフレーズです。 確かに、世の中には、その人が居ないと業務が回らない仕事があります。例えば、医療従事者の方。お医者様や看護師の方が居ないと、医療行為を行う事が出来ません。公共交通機関にお勤めの方もそうです。パイロットや運転士、空港や駅係員、管制官が居ないと飛行機を飛ばすことも、電車やバスを動かす事も出来ません。そしてサービ…

  • 『負けに不思議の負けなし』で、負けるには必ず理由がある。と言う話。

    初夏を思わせるような快晴の土曜日の午後。元同僚から、上司が変わり、そろそろ職を失いそうだとメッセージがありました。 爽やかな気持ちの良い週末、彼女は、仕事の事で悶々としているのだと思うと何だか気の毒になりました。 彼女は、かつて勤務したA社の同僚です。部門こそ違っていたのですが、ひょんなことから会話を交わすようになり、良くランチに出掛けました。 直接の絡みはなかったのですが、周囲から漏れ聞こえてくる彼女の評判は、決して芳しくはありませんでした。 人一倍の努力家で、頭の回転が早く、英語も堪能なのですが、海の向こうにいる彼女の上司や、一緒に動く営業からは何故かバッテンをつけられていました。一度、彼…

  • 相撲協会に見る、日本の社会が変わらない理由。

    先の貴ノ花親方問題に続き、舞鶴で救護のため土俵に上がった医療関係者の女性に、女性は土俵から降りるようにと再三アナウンスで促した相撲協会が騒がしいです。 ナチュラルに考えれば、何を置いても人命救助が最優先です。その人命救助より、これまでの慣習を優先させると言う発想は、アタマのネジがどうかなってしまったのかと思える異常な事態ですが、問題の本質は、慣習や思い込みで思考が停止してることです。 下記のHuffingtonpostの記事によると、『日本書紀』の雄略天皇期には、女性が相撲を取っていたと言う記述があり、どうやら女性が土俵に上がれなくなったのは、江戸時代のようです。 しかしながら、江戸時代には、…

  • 日本は北朝鮮、中国以下の国になってしまったのかと言う話。

    先日、中国で、クマのプーさんが検索不能になった、と言うニュースを耳にしました。中国は、ネットワークを遮断したり、Google や個人情報の漏洩で物議を醸し出しているFacebookのアクセスを禁止しています。 それが、今度は、あのお馴染みのクマのプーさんです。 最初、羽生選手に投げ込まれる、多過ぎるクマのプーさんかと思ったのですが、どうやら、習主席のあだ名で、習首席を中傷するときに使われている隠語だからとのことです。 政権側が、必要以上に権力を行使しているのは、何も中国や北朝鮮だけではありません。 前国税庁長官 佐川氏が国会に証人喚問された、公文書の改ざん問題も、根っこは同じだと思います。 以…

  • 経験は決して無駄にはならない、きちんとそこから学べば、、と言う話。

    ネットでも随分話題になったauの鬼の親子のCM。 鬼ちゃんの、息子に対しての『学んだことは、誰にも奪われない。』が冴えています。 学んだことはもちろんのこと、経験も誰にも奪われることがありません。そして、悪い経験も決して無駄になることはありません。そこからきちんと学んで、二度と同じことを繰り返さなければの話ですが。 私の元同僚A氏の話です。有名国立大学を卒業し、大手外資へ就職、幹部候補生として将来を嘱望されていました。 彼が30になるかならないかの頃、別の外資に将来性を感じて転職します。しかし、数年勤めた後、また、別の外資に転職をしました。 その後、何度かの転職を繰り返した会社で、私と同僚にな…

  • 弱小外資に一定数存在するいけてない人たちの話。

    弱小外資には、一定数、人間としてどうかと思える人たちが存在します。(あくまでも個人の感想です。)部下に対するパワハラはもちろんのこと、公私混同、経費の使い込み、カラ出張と挙げれば切りがありません。組織がしっかりしている大手外資では、自浄作用やチェック機能が働くので、この様なやりたい放題は出来ません。あくまでも弱小外資での話です。 彼らは仕事は出来ませんが、英語でのコミュニケーションは達者です。その為、外人からの評価は高く、外人インタビューを難なくクリアし、社内にもぐり込んできます。しかも、高いポジションでです。 大抵は結果を出せず、短期間で会社を辞めざるを得なくなり、また新たなポジションを見つ…

  • さようなら蓮さん。

    大杉漣さんの急逝に伴い、今後の放送が危ぶまれていたテレビ東京のドラマ『バイプレイヤーズ』の最終話が昨夜、放送されました。 前作の評判が良かったので、今回は深夜枠からゴールデンタイムへの進出でしたが、前作の面白さを超える程のパンチがなく、ぐだぐだ感満載で、今後の展開はどうなるんだと思っていた矢先の、蓮さんの訃報でした。 最終話の中では蓮さんがカメに扮したり、笑ったり、そして極めつけが大杉漣記念館の発言でした。 ドラマの中の蓮さんは、笑ったり、歌ったり、ギターを弾いたり、、そこに、確かに、生きていました。そこに存在していました。 観ていて、何で蓮さんだったのだろう、このロケに行かなかったら、都内に…

  • 残念な人の話。

    平昌オリンピックが閉幕しました。今回のオリンピックは、日本として過去最高のメダル数だった様です。最近の日本選手は、本番でしっかりとパフォーマンスを出せています。恐らく、常日頃からメンタルが鍛えられているのだと思います。 ところで、些細な事なのですが、うーーん、残念と思える人がいます。 某セミナー事務局のAさん。 セミナー開催日の2日前には、リマインドメールの送信を欠かしません。リマインドメールの送信自体は何ら問題は無いのですが、問題はそのメールの中身です。 セミナーの開催日時と場所は入っているのですが、セミナーの内容が入っていません。セミナーの申し込みは、開催日の一ヶ月以上前のことが多く、申し…

  • 人間、耳の痛いことを言ってもらえる内が花ですよ、、と言う話。

    仕事関係でまた一緒に仕事がしたいと思う方とは、SNSで繋がっています。先日、その内の一人が誕生日でしたのでお祝いメッセージを送りました。 その方、Aさん(女性)とは、忘れられない出来事があります。 仕事をしていると、他人の改善点が目に付くことがあります。メールでの、この言い回しは、相手が上司だったらアウトでしょ、と言った些細な事から、この行動は、評価を下げるでしょ、と言う重大なケースまで様々です。 基本的に自分の部下でない限り、私は、直接の指摘はしません。自分の部門に影響するときは、先方のマネージャに連絡をします。レポーティングラインが明確な外資では、自分の部下以外に指示を与えることは出来ませ…

  • 怒りの沸点の低いモンスター妻の話。

    プレジデントに怒りの沸点の低いモンスター妻の話がありました。会社では管理職、立派な社会人であるはずの妻が、家庭では、夫や子供に対して些細なことでキレて怒鳴り散らす、家事を放棄すると言うのです。 プレジデント記事 頭が沸いている"モンスター妻"の怖い生態 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online president.jp ちょうど同じ時期に、やはりモンスター妻に悩む知り合いから、同じ様な話を聞かされました。そのモンスター妻は知り合いの兄の妻、義理の姉です。やはり些細なことでキレて、物を壊す、夫である兄や子供に対してだけでなく、同居している両親、その知り合いにまで暴言を吐く…

  • 世の中は玉石混交の情報で溢れている、優良誤認に気を付けようと言う話。

    世の中には、玉石混交の情報が溢れています。 無料の情報の中には、おやっと思えるような優れた情報もありますが、大抵は、有料セミナーに誘導するための釣りの情報がほとんどです。 個人批判をするつもりはないのですが、先日、某女史のセミナーの説明会に出席しました。セミナーに参加するための、説明会セミナーです。 プレジデントの記事でも第一人者と紹介されていた彼女の弁舌は見事なもので、最近、話題になっているあの方も、この方も実は、このセミナーで学んでいます。自分のパフォーマンスが人一倍優れているので、認定トレーナーの中で、自分だけシニアトレーナーの称号を貰いました。 ええ、話を聞けば聞くほど、その彼女のセミ…

カテゴリー一覧
商用