chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
いつか子供に伝えたいお金の話 https://mushitori.blog.fc2.com/

手間とコストをかけずに実践しているインデックス投資やら家計やら保険やらクレジットカードやらのブログ。

自分の全資産(少ないですが)を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、資産の一部を世界中の株式や債券などの保有にあてています。 投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…

虫とり小僧
フォロー
住所
未設定
出身
世田谷区
ブログ村参加

2013/02/06

1件〜100件

  • 感情のコントロールは難しい

    以前、投資に関するチャールズ・エリスの言葉をTwitterに投稿したら、けっこうたくさんの「いいね!」がついたことがあります。「投資で成功するうえでの最大の難関は、頭を使うことではなく、感情をコントロールすることである。マーケットという、きわめて情緒的な環境の下で、冷静で合理的であり続けるのは決して容易ではない」チャールズ・エリス— 虫とり小僧 (@mushitori) January 29, 2022 上記の言葉は、低コストなイ...

  • いまラクをするか、将来の選択肢を増やすために踏ん張るか

    「ダラダラしたり、のんびりする時間をたくさん持つような人生を選択したいなら、たぶん今はしっかり努力したほうがいい」夏休み中にYouTubeでお笑い動画を見ながら、いつまでもダラダラしている息子にそう声をかけました。「いまダラダラする時間を優先しすぎると、大人になっていざ働くようになってから、休みが少なくてキツくて給料の安い仕事しか選択肢にない状態になって、人生トータルで見るとのんびりダラダラする時間も少...

  • セゾン投信が人気記事から消えた理由……投資哲学や姿勢が変わった?

    当ブログには読者の方から「セゾン投信に関する記事を書いてほしい」というようなメッセージがよく届きます。実は最近、数名の方から「虫とりさんのブログ内の、人気記事ランキングや反響のある記事一覧から、セゾン投資関連の記事が消えてしまった理由を教えてもらいたい」というようなご要望をいただきました。たしかに、数ヵ月前、そのような変化を施しました。このような場末のブログをしっかりチェックしてくださっている方が...

  • eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は買いなのか…デメリットはないの?

    投信ブロガーが選ぶ fund of the year 2019・2020・2021と3年連続で堂々の第1位に輝き、巷で「オルカン」なぞと呼ばれて一層注目が集まっているせいか、「虫とりさんは、eMAXIS Slim 全世界株式(イーマクシス・スリム・オール・カントリー)をどう思いますか?」というような意見を求められる機会が増えています(もちろん受賞前からもかなりありましたけどね)。全世界株式への投資についての考えは何度も書いたことがあるので、...

  • パックン登場!『投資信託完全ガイド』(2022-23年版)に掲載されました

    ここ数年、毎年夏に改定される晋遊舎のムック本に、しぶとく私のコメントが掲載されていました。2022年8月29日に発売された『投資信託完全ガイド2022-2023 (100%ムックシリーズ 完全ガイドシリーズ361)』です。 この本は、投資信託そのものの解説と、普通の人にもできる投資の啓発書といった趣のガイドブックで、国際分散積立インデックス投資を勧める内容になっています(私も17年以上実践しているものです)。丸一冊、投資信託...

  • リピートありの温泉宿をランキング付けしてみた【2022年版】

    家族会議を開き、これまでに宿泊した天然温泉宿(旅館やホテル)を、お湯・料理・雰囲気・おもてなし・設備などから総合評価して、我が家独自のランキングを作ってみました。評価は以下のような6段階。S(☆☆☆):この宿に泊まるためだけに旅行に行ける(リピート必須)A(☆☆):また泊まりたいと強く思える(リピートしたい)B(☆):リピートしてもいいレベルC:まあまあだったけど、リピートはなしD:悪くはなかったけど、もうい...

  • 新NISAの2階建ては廃止し、NISAは一本に統合する方向【金融庁によるNISA拡充案説明会】

    NISA(一般・つみたて・ジュニア)拡充については、まだあくまでも来年度に向けての要望段階であり、税制調査会の審議やそれを経た税制改正大綱、さらには国会議決までそれなりの時間があります。なので、当ブログで取り上げるのは、せめて年末の税制改正大綱がまとまって、確度の高い情報が出てからにしようとのんびり考えていたら、例によって金融庁主催のNISA拡充案のオンライン説明会の参加者募集係なんぞをやったりしたので、...

  • 10年以上前のテレビ出演の思い出【ボーグルヘッズ日本支部リレーコラム】

    ボーグルヘッズ日本支部の設立メンバーで、リレー形式のコラムを書いています。「Bogleheads®(ボーグルヘッズ)」とは、世界で最初に個人投資家向けインデックスファンドを作ったジョン・ボーグル氏の投資哲学賛同者が集うコミュニティのこと。【参考記事:ボーグルヘッズ日本支部設立メンバーになりました】善意のやさしい人たちが集まって、投資関連のことを教え合うようなコミュニティを目指しています。が、対面イベントもコ...

  • 【参加者募集】NISA拡充案について金融庁が個人投資家に解説してくれるぞ!

    数日前に、金融庁が2023年度の税制改正要望にNISAの拡充案を盛り込む方針であることが報道され、NISA(少額投資非課税制度)について、・投資可能期間の恒久化とか・非課税期間の無期限化とか・年間投資可能額の引き上げとか・成長投資枠なるものを設けるとか・未成年もつみたてNISAをできるようにするとか様々なことが各メディアに書かれていますが、その詳細や正確なところはイマイチまだはっきりしません。なんとそこで、金融庁...

  • 無リスク資産をたっぷり確保してある理由

    リスク資産への投資を続けていくために、私は(自分の意志で投資をしている個人投資家にしてはおそらく)比較的多めの無リスク資産を確保していると思っています。その理由については、これまでに何度か書いてきましたが、無理やり簡単にまとめると、「そのくらいの無リスク資産が確保してあれば、夜ぐっすり眠ることができるから」ということになります。《参考記事》・無リスク資産に求める5つの要素とその中身・無リスク資産の...

  • 新しい記事が書けない

    実はここ数ヵ月、新しいブログ記事が書けていません。他人様からいただいた本の書評や資産配分確認などの定点観測記事、また特別なニュースを取り上げる記事などは書けています。ただ、何らかのテーマを取り上げて深掘りしつつ自分の考えを述べるようなものが全く書けない。仕事が忙しいことも影響しているとは思うのですが、書きたいと思えることが浮かんでこないのです。新しく公開している記事は、以前に書き溜めておいたものを...

  • これまでの人生で幸せだった瞬間

    ふと考えたのです。平日に仕事を終えて帰宅しているときに。これまで生きてきたなかで、特に幸せだったと思えることやその瞬間は何だろうか、と。なぜ急にそんなことを考えたのでしょうか。少し疲れていたのかもしれません。...

  • ほったらかすチカラがアップしすぎて…

    もともと投資(資産運用)に関する「ほったらかすカ(チカラ)」には、そこそこ自信があったのですが、最近、それがより一層向上してきた気がします。つまり、もともと薄かった私の投資に関する興味が、さらに薄くなってしまったということです。※「鈍感力が優れている」的な皮肉な表現でしたかね…投資関連のオンラインオフ会とかに参加して「最近、気になるファンドは?」「今の投資の悩みは?」というような話題になっても、「特...

  • 柏・松戸・我孫子・野田あたりのオススメ鰻(うなぎ)店をまとめておく【2022年版】

    美味しくて、香ばしいウナギ。いいですよね。最高ですよね。 ちとお高いですが、たまに食べると、生きてて良かったぁ、ってなります。 んで、夏の「土用丑の日」が近づいてくると、メディアなどでも「うなぎ」の話題がフューチャーされたりして、猛烈に食べたくなってきます(スーパーに売ってるやつじゃなくて、鰻屋さんのうなぎを!)。 ホントは、うなぎに脂がのっていて美味しい旬は冬なのですが、世の流れに乗って浮世の風情...

  • 早期リタイヤできる景色を見るためには

    2010年くらいから投資を始めた人が、2020年前後に資産を築いてリタイヤなりセミリタイヤなりを達成したという話は、けっこう聞きます。では、もしも時計の針を10年戻したらどうでしょう。2000年くらいから投資を始めた人が、2010年前後に資産を築いてリタイヤなりセミリタイヤなりを達成したという話は、あまり聞いた記憶がありません(多少は聞きますが)。...

  • 『一般論はもういいので、私の老後のお金「答え」をください! 増補改訂版』(井戸美枝著)を読みました

    井戸美枝さんの著書をいただきました(恐縮にござりまする)。以前にも読んだ本の増補改訂版で、年金や投資に関する話が若干具体的になり、いま流行りのFIREネタなども盛り込まれていました。タイトルを見ると「老後のお金にまつわる答え」だけが書いてあるような印象を受けます。が、そんな都合のいい本はありません。仮に答えだけが書いてある本があったとしても、その根拠が書かれてなければ納得するのは難しいでしょう。この本...

  • ぬるい暴落…2022年6月末のアセットアロケーションとポートフォリオ(と今年上半期の投資と考察)

    今年も、もう半年が過ぎました。私の投資スタイルは基本的に「ほったらかし」。投資行為そのものは本当に忘れてしまうレベルで(自動で)続けている状態です。んでも、ブログのネタとして半年に一度は考察みたいなものを書く機会を設けるようにしています。そうしないと、資産状況のチェックすらしなくなって、万が一不正出金とかがあっても気づけなくなってしまいそうなので。 さてさて、今年の上半期を振り返ると、マーケットの...

  • 自分の金融資産が「円」だけで大丈夫なのか?【ボーグルヘッズ日本支部リレーコラム】

    ボーグルヘッズ日本支部の設立メンバーで、リレー形式のコラムを書いています。「Bogleheads®(ボーグルヘッズ)」とは、世界で最初に個人投資家向けインデックスファンドを作ったジョン・ボーグル氏の投資哲学賛同者が集うコミュニティのこと。【参考記事:ボーグルヘッズ日本支部設立メンバーになりました】ボーグルヘッズ日本支部では、善意のやさしい人たちが集まって、投資関連のことを教え合うようなコミュニティを目指して...

  • 申し込み殺到中!金融庁うんこドリル無料郵送

    数か月前、あの金融庁が、小学生向けの金融教育コンテンツとして攻めに攻めた「うんこお金ドリル」(うんこドリル×金融庁)なるものを作って、インターネット上で公表し話題を集めました。※当該サイトよりそして、4月からは申し込みを受け付けて「うんこお金ドリル」の冊子を無料で配布(郵送)する太っ腹具合を炸裂させています。ネットでは最大1000冊、電話等で申し込めばそれ以上の数でもOKらしいので、学級単位・学年単位・学...

  • インデックス投資の結果なんて「なるようにしかならない」

    私は日常生活でも仕事でも人間関係でも、ついつい「しょうもない」ことばかりを気にして、それをなんとかしようともがき、よく眠れなくなったり気疲れしやすいタイプなのです、実は。もちろん、そのお陰で(トレードオフで)、先回りして問題に対応できたり、トラブルを回避できたり、相手の立場に立って思考することで気づくことがあったりもする(と自分では思っている)のですが、無用なストレスや心配事をため込んで、精神的に...

  • 投資とブログ、どっちも続けている先輩は二人だけ

    私が投資を始めたのは2005年。まだスマートフォンも世には出回っていませんでした。既にそのときから投資ブログを書いていて、現在も同じような更新頻度でそれを続けているインデックス投資家の先輩は、実は(私の知るかぎり)二人しかいません。同じようなスタンスの投資家の先輩は他にも多少います。同じようなジャンルのブログの先輩もけっこういます。んでも、その両方を私より先に始めていて、かつ同じような投資スタイル、ブ...

  • 厚切りジェイソンに続き、親子でお金に関するインタビューを受けました

    自分ひとりでインタビュー取材を受けるのには慣れています。が、息子と一緒というのは今回が初めてでした。家庭での金融教育や投資教育について訊きたいということだったものの、そもそも私はまだ子供に特別なことは教えていません。ただ、それでもいいので、できれば子供も一緒に話を聞かせてほしいとのこと。なので、子供たちに意向を確認し、話に乗ってきた中学生の息子とオンライン取材を受けてみました。その息子も幼い頃は、...

  • 自分のための時間、他人のための時間、その心地よい配分とは

    自分のために使う時間を「自分時間」。他人のために使う時間を「他人時間」。そう呼ぶとするなら、自分時間が長いほうが、楽しいというかありがたいように思います。でも、自分時間のありがたみは、会社時間とか他人時間に侵された人でないと分からないというか実感しにくいような気もします。また、そのありがたみも、ずっと続いている状態だと時間の経過とともに薄れてしまうでしょう。だから、多少は他人時間に侵されるのもアリ...

  • 相場の先行きを決めつけるのは怖いこと

    ここ数年は、「株価はこのままの勢いで上げり続ける。特に米国株なら絶対にだ」「下がってもそれは一時的な調整だから借金しても買うべきだ」なーんていうような主張やつぶやきを、チラホラと見かけたりする地合いでした。また、一方で「中国のバブル崩壊からリーマンショックのような世界的な金融危機が起こる」「あのニュースは終わりの始まりの合図だ」などという説を唱える人もいたりします。もちろん、実際にどうなるのかは分...

  • FIREのガイド本に少しだけ掲載されて思ったこと

    最近よく聞く「FIRE(ファイヤー)」とは、「火」とか「クビ」とかそういう意味ではありません。「Financial Independence, Retire Early」の、それぞれの単語の頭文字を取ったもので、「経済的自立をして、早期リタイアする」という意味の言葉。もっと簡単に言うと「金貯めて仕事辞める」ということです。アメリカで生まれて流行っている考え方だそうですが、最近では日本でもそれを目標にする若者(や中年?)が増えているようで...

  • ちょっとボッタクられたかもしれない…相場の格言が身にしみる

    実は最近、若干ボッタクられたというか、営業のプロに上手くやられちまったなぁ~!と歯ぎしりをして、思い出すたびに悔しくて、しばらく寝つきが悪い日が続きました。まあ、自分の不勉強というか準備不足というか面倒くさがりっぷりが原因なのですが、素人がプロと渡り合うことの難しさを痛感し、同時に期待リターンがプラスのものにほったらかし投資できることのありがたみを感じたりもしました。...

  • なぜ投資(資産運用)をするのか

    私が投資(資産運用)を始めたきっかけは、カテゴリ「投資を始めたきっかけ」にまとめてあります。簡単にまとめると、保険の営業マンに終身保険を勧められた際に、受取額よりも多い支払い額を約束した商品システムに疑問を持って色々と調べた結果、「保険会社の行っているお金の運用は特別なものではない。自分でやったほうが効率は良さそうだ」と考えたのがきっかけです。ただ、長く投資やブログを続けていると、「きっかけ」とい...

  • 仕事とは我慢して耐えることなのか

    先日、定年まで勤めあげて退職する方から、お別れ会の席でボソッと「虫とり小僧さん、忍耐の“忍”だよ」と言われたのがずっと胸に残っています。去っていくその方がごく普通の人であれば、そんな言葉を聞いても、よくあるセリフだと思うだけで屁とも感じなかったでしょう。が、その方は(ある意味において、というか少なくとも私には)とても普通とは思えない境遇の人でした。ここではその方を「真田さん」としておきます。彼はある...

  • 30年前に投資して、ほったらかしておいたら元本は10倍!?【ボーグルヘッズ日本支部リレーコラム】

    ボーグルヘッズ日本支部の設立メンバーで、リレー形式のコラムを書いています。「Bogleheads®(ボーグルヘッズ)」とは、世界で最初に個人投資家向けインデックスファンドを作ったジョン・ボーグル氏の投資哲学賛同者が集うコミュニティのこと。【参考記事:ボーグルヘッズ日本支部設立メンバーになりました】ボーグルヘッズ日本支部では、善意のやさしい人たちが集まって、投資関連のことを教え合うようなコミュニティを目指して...

  • 巨額の資金をずっと眠らせておくなら・・

    数年前、自分の勤務先の財務状況を見たときに、当分(おそらく数十年は)使わない巨額の金融資産があることに気づきました。これまでも安定感抜群の債券でずっと運用し続けていたようなのですが、数十年使わなくてもいいようなお金であれば、例えば先進国の株式インデックスなどに投資しておいたほうが効率よく大きく増やせる可能性が高いだろうと思いました。...

  • 社畜指数急上昇中なり

    私の個人的な事情に興味のある人なんていないことは分かっています。知らねーよ!勝手しろや!って話だと思います。分かってはいますが、他に書くネタも思い浮かばないし、そもそもこのブログは自分用の備忘録というかメモみたいなものなので、一応書いておくことにしました。タイトルのままです。(あまり詳しくは書けませんが)最近、仕事がけっこう忙しくなってきてしまいました。...

  • 金融資産残高の積み上がりによる精神安定効果

    こんな状況、いつまで続くんだろう。そんな不安に駆られ、出口のない状況に絶望的な気分になることがあります。仕事だったり、人間関係だったり、若いうちだと学校生活だったり、部活動だったり、と。明日は死ぬほどキツいとか、この一ヶ月はヤバいとか、ある程度期間限定のツラさであれば、終わりが見えるので、なんとか踏ん張りがききます。が、終わりが見えないことに対する恐ろしさは精神を蝕みやすいような気がします。...

  • 怪しいマスクで大手投信会社のYouTubeに乱入(投資座談会動画公開)

    インデックス投資家のファイナルアンサーともいえる投資信託のひとつである「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)※」などを運用している三菱U F J国際投信のYouTubeチャンネルにお邪魔してきました。【※参考記事:eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は買いなのか…デメリットはないの?】・・とはいえ、今回の動画ではeMAXIS Slimシリーズとは直接的には関係なく、投資による資産形成のためのごく基本的なこと...

  • 好景気の恩恵を受けるにはどうすれば良いのか?【ボーグルヘッズ日本支部リレーコラム】

    ボーグルヘッズ日本支部の設立メンバーで、リレー形式のコラムを書くことになりました。「Bogleheads®(ボーグルヘッズ)」とは、世界で最初に個人投資家向けインデックスファンドを作ったジョン・ボーグル氏の投資哲学賛同者が集うコミュニティのことです。【参考記事:ボーグルヘッズ日本支部設立メンバーになりました】ボーグルヘッズ日本支部では、善意のやさしい人たちが集まって、投資関連のことを教え合うようなコミュニテ...

  • 投資本の投資信託ランキングに投票やコメントをしました

    毎度おなじみ、晋遊舎のムック本の取材に協力し、少しだけ掲載されました。1月27日発売の『NISA完全ガイド (100%ムックシリーズ341)』と2月16日発売の『ほったらかし投資完全ガイド 2022最新版 (100%ムックシリーズ343) 』いう本です。発売日が近いので、2冊まとめて備忘録として記事に残しておきます。...

  • 『最強の老後資産づくりiDeCo個人型確定拠出年金のトリセツ 2022年施行法改正完全対応版』(大江加代著)を読みました

    著者の大江加代さんからいただきました(恐縮にござりまする)。確定拠出年金の専門家であり、その第一人者が執筆したイデコのやさしい取扱説明書というか入門書です。・・なんか最近、書評ばかり書いている(というか、それしか書いていないような)気がします。なかなかブログネタが思いつかないのです、はい。。...

  • 「敗者のゲーム戦略」で生き残った戦国武将とは?

    大勝ちではなく負けぬ戦を徹底した戦国大名……ある歴史小説の広告に著者が直筆でそのようなことを書いているのを見て、これは面白そうだ!と、つい衝動的に買ってしまいました。大勝ちは狙わず、負けないことを徹底することによって、長期的に見てそれなりのパフォーマンスを狙うのは、私のような国際分散インデックス投資家の基本戦略でもあります。...

  • 『人生100年時代の年金・イデコ・NISA戦略』(田村正之著)を読みました

    およそ3年ほど前、いわゆる「老後2000万円問題」でメディアや一部の政治家がおかしなことを騒ぎ立てたせい(お陰?)で、田村正之さんはテレビに引っ張りだこになり、著書の『人生100年時代の年金戦略』はなんとAmazonの総合ランキングで1位になりました。《参考記事》・老後資金2000万円不足問題について…「人生100年時代の自助の話」の金融庁報告書騒ぎを見て思うこと・全世代必読!『人生100年時代の年金戦略』(田村正之著)を...

  • 大谷サンの心境…ブログ開始9周年

    おかげさまで、ブログ開始9周年を迎えることができました。継続できているのは読んでくださる方がいるからこそであります。どうもありがとうございますm(_ _)mさて、10周年まであと1年に迫った9周年なわけですが、週一程度のペースでテキトーなことを書き散らかしているだけのブログが何周年を迎えようと世間的にはハッキリ言ってどうでもいいことであり、私自身でさえ、それについて特別な感想は思い浮かびません。私のような何者...

  • 航路を守り過ぎてしまった男の武勇伝…『航路を守れ:バンガードとインデックス革命の物語』(ジョン・C・ボーグル著、石塚順子訳)を読みました

    発売されてすぐに買い、ざっと読んだものの、なかなかヘビーだったため、いずれじっくり読もうと思いテレビ棚の上に積んであった本書を頑張って読み直しました。ボーグルヘッズ日本支部設立メンバーとしては、読まないわけにいきません(参考記事)。世界最大級の投資信託運用会社バンガードの創設者にして、個人投資家向けインデックスファンドの生みの親であるジョン・ボーグルさんの(ほぼ)自伝です。...

  • 読まれる本の傾向に変化あり?…昨年(2021年)、当ブログ経由で買われた本ベスト10

    昨年(2021年)、当ブログ経由で買われた書籍(電子書籍を含む)のベストテンに一言解説をつけて、ランキング形式でまとめておきます。基本的には「良い」と思った本しかブログでは取り上げないのですが、その中でもやはり上位ベスト10に入るような本は特にオススメの良い本ばかりです。そして昨年は、上位にランクインした本に(当ブログ的には)大きな変化がありました。なんと投資とは直接的には関係ないというか、主題が投資で...

  • 過去よりも現在と未来のほうが大切…2022年のはじめに思うこと

    あけましておめでとうございます。「今年の目標」というほど堅苦しく身構えたものではありませんが、年初なので、いま考えていることをひとつ。それは、過去よりも現在と未来のほうがはるかに大切なんだから、小さな成功体験を積んだりしながら前向きにいきたい、ということです。...

  • 今年(2021年)、多く読まれた人気記事ベスト10

    毎年恒例ですが、個人的な備忘録と過去記事の紹介を兼ね、今年一年間で多く読まれた当ブログの記事に一言を添えてランキング形式で記録(発表)しておきます。力作からしょうもない記事まで色々ありますが、どんな記事が読まれるかは、公開するまで分からないものですな。オマケとして、最も読まれなかった記事やヤヴァい記事なども……...

  • これは読んでおいたほうがいい!『知らないと損する年金の真実 - 2022年「新年金制度」対応 - 』(大江英樹著)の感想・レビュー

    ・公的年金ってよく分からない・現役世代は年金の払い損になる・少子高齢化で年金は破綻する・年金運用は株で大損してる・年金の未納者は4割もいるからヤバいどれかひとつでも、上記のように思っている人は読んでおいて損はない一冊です。複雑な問題を分かりやすく解説したり、通説をバッサリ切ることを得意とする経済コラムニストの大江英樹さんの新著。かなりオススメです。...

  • マーケットの状況は変わらず、私のスタンスも変わらず…2021年末のアセットアロケーションとポートフォリオ(と今年下半期の投資と考察)

    今年が終わるまであと1週間くらいありますが、年末は色々とやることもあるので、ここらで自分のアセットアロケーションやポートフォリオなどを確認しておきます。私の投資スタイルは基本的に「ほったらかし」。投資行為そのものは本当に忘れてしまうレベルで(自動で)続けている状態です。んでも、ブログのネタとして半年に一度は考察みたいなものを書く機会を設けるようにしています。そうしないと、資産状況のチェックすらしな...

  • 『株&投資信託お得技ベストセレクション』に掲載されました

    晋遊舎のムック本に少しだけ掲載されました。今年5回目になります。今回は2021年12月17日発売の『株&投資信託お得技ベストセレクション(お得技シリーズ209)』という本です。最近はブログの「オワコン化」が進んでいるせいか、私の書く文章に面白さや目新しさがなくなったせいか、メディアに取り上げられる機会は以前よりも少なくなってきました。が、これまでそうしていたように、メディア出演履歴は備忘録として記事に残してお...

  • 初心者・未経験者に手渡す投資本はこれでOK…『マンガ お金は寝かせて増やしなさい』(水瀬ケンイチ著)のストーリーや感想など

    友人の水瀬ケンイチさんがまた出版しました。4年前に出版され、なんと13万部を超えるベストセラーとなっている『お金は寝かせて増やしなさい』のマンガ版。水瀬ケンイチさんとは、言わずと知れたこの界隈の最大手ブログ『梅屋敷商店街のランダムウォーカー』の管理人です。ご献本いただけたので、さっそく読んでみました。...

  • 自分は平均以上の人間なのか?

    学校の先生から「希望すれば、期末テストを受けなくても平均点は与えてやろう」と言われたらどうしますか?自分の学力が平均以上だと思っている人や真面目な人は、自分で試験を受けるかもしれません。が、平均付近やそれ以下だと思っている人、また勉強嫌いの人は、最初から平均点をもらいにいく人も多そうな気がします。もちろん、平均点をもらえることによって得られるメリットがどの程度あるかも選択の判断ポイントになるでしょ...

  • イデコの変更点を確認しましょう…『[改訂新版]一番やさしい!一番くわしい!個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)活用入門』(竹川美奈子著)を読んだ感想・レビュー

    個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の勉強するのにオススメの一冊が、最新情報をアップデートした改訂版として出版されました。改定される前の旧版を読んだのが5年前。読み終えて知人に貸し、そのままになっていたので、細かい部分はほとんど忘れてしまいました。私自身もイデコを使うようになってから、文字通り「ほったらかし」なので、制度の概要を改めて勉強し直すつもりで読んでみました。...

  • 外貨建ての保険なら通貨分散できるし、相続時に控除されるから加入してもOK?

    読者さんから以下のような質問をいただいたことがあります。==(質問メール一部抜粋)==保険に関して素晴らしい考察ですね。感服しました。ただ、機会がありましたら、外貨建ての保険だと手軽に為替分散できる点や相続時の生命保険控除(相続人数×500万円)についての記事も期待したい==(以上)==はてさて、どの記事を読んでくださっての感想(と記事リクエスト)なのかハッキリとは分かりませんでしたが、おそらく以下のど...

  • どうやって子供の名前をつけたか

    投資のこと以外でも、私は実生活で若い世代から相談を受けることがよくある※のですが、その中のひとつに、「子供が生まれるのですが、虫とり小僧さんはどうやってお子さんの名前を決めましたか?」ってのがあります。特別なプロセスや方法で我が子の名前を付けたわけではないものの、自分がどう考えたかを話すと、意外と参考にしてくれている(ように見える)ことがあるので、ここにも書いておくことにしました。・・今回も自分だ...

  • 知人がリボ払いの罠に……キャンペーンこわい

    いやはや、最近のクレジット―カード契約は恐ろしいですね。実は先日、知人から相談を受けました。「絶対お得だから、と言われて新しくクレカを作ったんだけど、なんかよく分からないから見てくれない?」と。その知人は近頃大人気の会員制某大型小売店で勧められ、その場で新規契約したというクレジットカードと、その関連書類一式を私に見せてきました。お節介な私は、その書類を手に取り、ネット検索などもしながら、要点を確認...

  • 米国株投資のムック本にお邪魔しました

    私は「米国株にのみ」投資しているわけではありませんが、「米国株にも」たっぷり投資をしています。投資を始めた頃も今も、私が保有しているリスク資産の株式の中で最も比率が高いのは米国株です。晋遊舎から2021年10月26日に発売された『米国ほったらかし投資完全ガイド (100%ムックシリーズ 完全ガイドシリーズ334)』というムック本に、私の投資スタンスやざっくりとした投資パフォーマンスなどが掲載されています。...

  • 「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2021」に投票しました

    このブログを読んでくださるような方であれば既にご存知かもしれませんが、「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2021」というイベントがあります。このアワードは2007年が第1回で、今回で15回目。私が投資を始めたのは2005年なので、初回からずっと注目しています(ボランティアの運営委員の方々には本当に頭が下がります)。以前には金融庁長官から激励メッセージが寄せられるなど、もはや金融機関やメディアも無視できないア...

  • 投資に時間をかけたくない【FISCOへの寄稿】

    FISCOソーシャルレポーターとして記事を寄稿しました。これで第42回目になります。これまでも寄稿するたびに、記録しておくべく記事にしてきたので、今回も一応アップしておきます。フィスコへ投稿する記事は、「一見さん」を意識して書くようにしているので、「お得意さん」にとっては“おなじみ”の内容かもしれませんが、個人的に強調したいポイントやエピソードを取り上げて、なるべく簡単にまとめるよう心がけています(実際に...

  • 投資情報を求めて当ブログを訪れる人は少なくなっている

    このブログは基本的に「お金」に関することを主なテーマとして書くようにしています。特にインデックスファンドを使った国際分散投資の話題が中心になることが多いので、投資ブロガーとかインデックスブロガーなんて呼ばれることもあります(参考:インデックス投資とは)。そこそこ長く書き続けてきたおかけで、最近ではピンポイントで「虫とり小僧」だとかブログタイトルの「いつか子供に伝えたいお金の話」などと検索して訪ねて...

  • 高いリターンを上げた投資判断の的中は実力なのか、運なのか?

    ここ10年くらいの世界のマーケットを見ると、どの株式市場もほぼ好調です。特に米国は絶好調、他の先進国や日本もまあまあ。新興国だってそこには及ばないまでも10年間の年率平均で9%以上のリターンになっています(2021年8月末時点で円換算)。最近は為替も安定しており、かつ10年スパンで見ると円高から円安に振れているので、円で投資している外国資産にも利が乗りやすい状況です。つまり、メジャーどころの株式やリートを普通...

  • ボーグルヘッズ日本支部設立メンバーになりました

    「Bogleheads®(ボーグルヘッズ)」とは、バンガード創業者ジョン・ボーグル氏の投資哲学への賛同者が集うコミュニティのこと。現在、アメリカを中心に世界中に11万人以上の参加者がいて、米国には81、米国以外には11の支部があるようです。↑プレスリリース画像をキャプチャこの度、その日本支部を設立するメンバーのひとりに私も加わりました(計5名です)。※バンガード社とは、米国ペンシルバニア州に本社を置く、1976年に初めて...

  • 時間やお金をどう使うのか≒どう生きるのか

    ご祝儀に10万円を包んでも気持ちいいときがあるのに、レジ袋の3円が惜しくて舌打ちしてしまうことがあります。やりたくない仕事をするための残業だと1分でも苦痛なのに、趣味や娯楽のためにいつもより3時間早起きすることにはワクワクしてしまう……。生きていくためには、やりたくなくてもやらなければならことがあるし、払わなければならい出費もあります。んでも、自分でコントロールや選択可能な部分だって少なくはありません。...

  • 投資初めて物語~最初はみんな初心者だった~

    楽天証券のオウンドメディア「トウシル」さんからインタビューを受け、その内容が「虫とり小僧さんに聞く!投資初めて物語~最初はみんな初心者だった~」という記事(当記事末尾にリンクあり)で公開されています。※画像はトウシルの該当ページよりトウシルは、アナリストやファンドマネジャーなど専門家の記事はもちろん、個人投資家へのインタビュー記事なんかも含む盛りだくさんのコンテンツで、月間数百万PVの人気投資情報サ...

  • 『こんなときどうする? どうなる? Q&A 3つのNISA 徹底活用術』(竹川美奈子著)は最高のNISA解説本

    一般NISA(と新NISA)、つみたてNISA、ジュニアNISAのすべてを網羅し、「徹底的」に解説している本を読みました。NISAの制度解説に関する本の中では、詳しさ・分かりやすさのどちらも最高峰でしょう。今後、つみたてNISAしか使わないことを決めている私が、一般NISAから新NISAへのロールーオーバーのやり方を様々なケース別におさらいする意味が一体どこにあるのだろうか、などと考えながらも、なぜか楽しく読めてしまい、改めて自...

  • テンバガー(株価10倍)……自分にゃ無理だろうなぁ、きっと【FISCOへの寄稿】

    久しぶりにFISCOソーシャルレポーターとして記事を寄稿しました。これで第41回目になります。これまでも寄稿するたびに記事にしてきたので、今回も一応アップしておきます。フィスコへ投稿する記事は「一見さん」を意識して書くようにしているので、「お得意さん」にとっては“おなじみ”の内容かもしれません。が、個人的に強調したいポイントやエピソードを取り上げて、なるべく簡単にまとめるよう心がけています(実際に簡単にま...

  • 『投資信託完全ガイド』(2021-22年版)に掲載されました

    晋遊舎から2021年8月24日に発売された『投資信託完全ガイド2021-2022 (100%ムックシリーズ 完全ガイドシリーズ329)』というムック本に、私のコメントがチョロっと掲載されています。 この本は、投資信託そのものの解説と、普通の人にもできる投資の啓蒙書といった趣のガイドブックで、国際分散積立インデックス投資を勧める内容になっています(私も17年くらい実践しているものです)。丸一冊、投資信託を通じた投資について書か...

  • まさかの8資産均等推し!?…『金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論』(北村慶著)は最高の教科書

    すべての日本人が読むべき投資の教科書と度々紹介している『貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント(2006年出版)』の著者・北村慶氏が、久しぶりに庶民向けの投資本を出版しました。日米の金融機関で役員経験を持ち、現役の一部上場企業CFOでもある著者が、普通の市民が行うべき投資の王道をやさしく解説してくれる一冊。金融理論を知り尽くし、生き馬の目を抜く金融の世界で30年以上も最前線に立ってきた男が、個人資産の運...

  • おいしい話や儲けのチャンスはどこにでもある

    「僕は他の人が見つけることのできない突破口というか、チャンスみたいなものを見つけるのが得意なんですよ!」以前、そう豪語する若者と接したことがあります。根拠のある自信も根拠のない自信も、それがあると、ないよりは色々と有利なはずです。きっと強力な武器になるでしょう。何をやるにしても。特に創造的な仕事に取り組む際などは、自信さえあれば(たとえ失敗しても)それは何度でもチャレンジするエネルギーになったりし...

  • ポイント大幅還元キャンペーンで普段買わないものに手を出すのはカモ

    なんとかペイ等のQRコード決済やクレジットカード決済等で、たまに数十パーセントの還元キャンペーンをやっていることがあります。そういうとき、自分が普段使っている〇〇ペイとかクレカがそれに該当していると、愚かな私はなんとも言えない焦燥感のようなものに駆られます。こんなにおいしい話は滅多にない!このポイントバックはゲットしておかないと損だ!ポイント還元枠をギリギリまで活用しないやつは情弱や!みたいなマイン...

  • 『外資系金融マンがわが子に教えたい「お金」と「投資」の本当の話』(ジョン太郎著)を読んだ感想・レビュー

    出版されてからそこそこ時間は経っているのですが、ずっと気になっていた本をやっと読みました。またひとつ、積読(つんどく)解消っす。この本の基本的なコンセプトやタイトルが当ブログと似ているように見えるのか、以前、何人かの人に「ジョン太郎さんの正体って、ひょっとして虫とり小僧さんですか?」などと言われたことがあります。もちろん、私は外資系金融マンではありませんし、ジョン太郎さんでもありません。・・ってか...

  • ツチノコを見た日に

    つ、つ、ツチノコだあああぁぁぁっ!!!私は思わず叫びました。そして、ポケットに入っていた「使い捨てカメラ」を取り出し、シャッターボタンをポチり。※20数年前に自分で撮影(した写真を最近スマホで撮影)あまりの興奮に手が震えていたので、ブレたりピンボケしている可能性を考慮し、フィルムを巻き直してもう一枚、二枚と撮影を続けました。と同時に、そのツチノコと思しき生物が(伝説にあるように)高く飛び跳ねて攻撃を...

  • 有名人の動画による投資啓蒙の影響力

    最近はYouTubeなどの動画による投資情報の発信が(世間的にはけっこう)活発で、身近なところでもその影響で投資を始める人が増えている印象です。これまでのように仮想通貨だとかFXだとかギャンブル色の強いものばかりでなく、私が16年以上前から地味に実践しているインデックスファンド(投資信託)を使った国際分散積み立て投資のような比較的手堅いものが推奨されているのも頻繁に目にします(参考:インデックス投資とは)。...

  • 職を変えるたびに減っていく給料……自分はもっと稼げる男だと思っていた

    先日ふとツイッターで以下のように呟いたら、いつもより多めの「いいね」がつきました。社会人になりたての頃は、まさか40歳を超えても月々の給料の手取りが30万円にも満たないことになるとは思ってもみなかった。けど、同時に投資による資産形成で年収の何年分もの金融資産を作ることができるとも思っていなかった。— 虫とり小僧 (@mushitori) July 1, 2021 40歳を超えても手取りが30万もいかないことに「いいね」なのか、...

  • 下落相場はもう来ないのか?…2021年6月末のアセットアロケーションとポートフォリオ(と今年上半期の投資と考察)

    今年も、もう半年が過ぎました。私の投資スタイルは基本的に「ほったらかし」。投資行為そのものは本当に忘れてしまうレベルで(自動で)続けている状態です。んでも、ブログのネタとして半年に一度は考察みたいなものを書く機会を設けるようにしています。そうしないと、資産状況のチェックすらしなくなって、万が一不正出金とかがあっても気づけなくなってしまいそうなので。 さてさて、今年の上半期のマーケットを見ると、そり...

  • 自分にアーリーリタイヤ適性はあるのか?…『経済的自由をこの手に! 米国株で始める 100万円からのセミリタイア投資術』(たぱぞう著)を読みました

    米国株式投資界隈・セミリタイヤ界隈のトップランナーのひとり、友人のたぱぞうさんが、またまた本を出版しました。基本的には米国株投資の本なのですが、他の投資法や資産管理法人設立の話などにもページが割いてあり、また投資によって「セミリタイヤ」を実現するための方策や考え方などにも力点が置かれています。お金を作って経済的自由を達成し、早めに仕事を辞めるという「FIRE(ファイア)※」なる言葉が流行っている昨今の...

  • 都会から転校生してきたお坊ちゃん

    悪ガキだった小学生時代の思い出を書くシリーズが想定外のご好評をいただいたことがあったので、私は調子に乗って一時期しょうもない記事を量産していました。が、すぐにネタ切れになりました。中学生以上になると、もはや笑えないエピソードばかりになるし、小学生時代の話にしても「かわいげ」のあるネタはそんなに多くはありません。ただ、そもそもこのブログは私自身のための自己満足ツールですし、もう、とにかく記事のネタが...

  • 『株&投資信託お得技ベストセレクションmini』に掲載されました

    晋遊舎のムック本に少しだけ掲載されました。今回は2021年6月7日発売の『株&投資信託お得技ベストセレクションmini(お得技シリーズ201)』という本で、いつもよりコンパクトなミニサイズになっています。最近はブログの「オワコン化」が進んでいるせいか、私の書く文章に面白さや目新しさがなくなったせいか、メディアに取り上げられる機会はめっきり減りました。が、これまでそうしていたように、メディア出演履歴は備忘録とし...

  • 「ほったらかし」とか言ってるけど、インデックス投資ブロガーは全く放ったらかしてないやんけw

    よく言われるんですよね。「インデックス投資は、“ほったらかしにできるのがメリット”だとか言ってるけど、それを喧伝してるブロガーは全然ほったらかしてないじゃん!」と。。今回のタイトルのように小バカにするようなトーンではなく、真面目な初心者個人投資家さんなどからも、真剣にそういう疑問を呈されることもあります。...

  • 『「サラリーマン女子」、定年後に備える。お金と暮らしと働き方』(大江加代著)を読みました

    著者の大江さんからいただきました(ありがとうございます!)。タイトルそのままの内容の本です。定年が視野に入ってきた、これまでそういうことを全く考えてこなかったようなサラリーマン女子向けに諸々の準備等をやさしく啓蒙する一冊。大江加代さんといえば確定拠出年金の専門家であり、その第一人者というイメージが(個人的には)強いのですが、今回はもっと広い視野で様々な角度から定年後の備えについて書いていました。...

  • ブログを書きはじめた理由

    「なんでブログを書き始めたんですか?」という質問は、けっこう色々なところで受けます。その答えは、当ブログの一番最初の記事で簡単に書きました。まだ小さい自分の子供たちに、いつか「お金」の話をするときのための備忘録として、また、自分に万が一のことがあったとき、残された家族に情報を伝達するツールとして、軽い気持ちで書き始めた……ってな感じです。【参考記事:ブログに「遺書」機能を持たせよう!】・・ただ、なぜ...

  • 過去の自分に投資のアドバイスをするなら

    以前、大渋滞の中をバスに揺られて関西から関東まで長時間移動する機会があったので、暇つぶしを兼ねて何か思考できることはないかなぁ、と考えていたときに、ふと思いつきました。もしも過去にタイムスリップして、リスク資産への投資を始めようとしている自分に、一言だけアドバイスできるとしたら、なにを言おうかなと。※数年前に公開した記事の情報を最新にして、再考・再掲しました。...

  • 今の株価は高いのか、それとも…

    最近はメディアや雑誌等でも「株」に関する話題を目にする機会が増えてきたからなのか、リスク資産への投資に縁のなかった知人からも、投資を始めようと思うけど、今の株価ってどうなの?日米ともに現在の株価は明らかに高いよね?もう少し株価が下がったら投資を始めようと思ってるんだけどどうだろ?というような話題で話しかけられたり、相場観を訊ねられたり、その類の相談メールがブログに届いたりしています(参考:職場の同...

  • 振り込め詐欺の手口と生命保険の販売手法は似ているだと?…『生命保険は「入るほど損」?!』(後田亨著)の「新版」を読みました

    「お客様には、手数料が高くて、ひどい商品すすめていたのだなと、申し訳ない」「他社にもっと安い、いい保険があると知っています」「お客様に余計な損をさせるのが仕事なのかと悩んでいます」「保険会社の内勤で『医療保険』に入る者はまずいない」「よくわかっていない奴(営業職員)が、もっとわかっていない奴(お客様)に売る。面白いだろう?」・・これらはすべて今回紹介する本で取り上げられていた、保険会社の「中の人」...

  • このまま預金に寝かせておいてもいいのか

    「生活防衛資金以外のお金は全部投資に回そうと思っています」「つみたてNISAを始めてみたけど、毎月の投資額をもっと増やすつもりです。どう思いますか?」最近のマーケット環境を反映しているか、上記のようなメッセージが(ブログのメールフォームに)届くことが増えてきました。いや、最近というよりもここ7~8年の世界の主要な株価指数などを見ても、リスク資産を持っていればどんどん利益が膨らんでいき、現預金に寝かせてお...

  • 1千万回以上動画再生された話…「興味の壁」を超える難しさ

    ちょこっと前の話なのですが、私が関わっていた「ある活動」の「ある動画」が、ひょんなことからSNS等を通じて世界中で一千万回以上再生されたことがありました。ウェブ上のあちこちで話題に上り、信じられないくらいシェアされ、読み切れないほどのコメントがつき、誉められ、ディスられ、とても盛り上がりました。ネットで盛り上がったことで、さらにまた話題になり、テレビでも何度も放映されたりしました。そして私は、一時的...

  • ブログを始めるも未だ本格的な下落相場来ず

    私がインデックスファンドを通じた国際分散投資を始めてから今日に至るまでの約16年の中で、最もインパクトがあったのはやはりリーマンショックです(参考:リーマンショックのナイアガラっぷり)。その前後数年にわたる低迷相場の中、「海外株式に投資をするやつなんて情弱だ!」とSNS等でディスられながらも積み立てを続けてきたからこそ、現在それなり利益が出ているのだと思っています。なんか宗教チックだとかと言われてバカ...

  • 新成人や新社会人に伝えたいお金の話

    こんにちは。いつもさわやかな笑顔で接客してくれるコンビニの清純派おねーさんの首にキスマークらしきものがあることに気づき、それが妙に気になっている虫とり小僧でございます。さて、成人の日(1月の第2月曜日)や入社式の日(4月1日)とかになると、「新成人に贈る言葉」やら「新社会人としての心構え」といったことをテーマにした文章が新聞をはじめとする各種メディア等に踊りますよね。当然、投資ブログ界隈もその例外では...

  • お得なクレジットカード紹介やポイント2重取り3重取りの方法など

    これまで2回にわたって、かなりグダグダと、セコくて理屈っぽいクレジットカード関連の話題を書き散らかしてきました。→前々回(クレジットカードとの付き合い方(クレカのお得さや怖さ))→前回(クレジットカード会社はどうやって儲けているのか)せっかく7年ぶりに記事をアップデートしたので、いま現実的にお得だと思えるクレジットカードや、セコいポイントの稼ぎ方なんかも少しだけ紹介しておきます。最近では、投資信託の自...

  • クレジットカード会社はどうやって儲けているのか

    前回の記事で、クレジットカードは上手に利用すれば、とても便利でお得なものであると書きました。それもそのはず、高還元のクレジットカードの一括払いだと、利用した金額からノーリスクで確実にポイント還元やキャッシュバックが受けられるのです。無駄遣いさえしなければ利用者にデメリットはありません。さて、利用者のメリットばかりが目に付きますが、クレジットカード会社は、一体どうやって儲けて(利益を出して)いるので...

  • クレジットカードとの付き合い方(クレカのお得さや怖さ)

    ブログのサブタイトルで「インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)やら節約やら保険やらクレジットカードやらのブログ」と謳っているにも関わらず、私はあまり「クレジットカード」に関する記事は書いていません。ただ、最近、息子にクレカの仕組みについて訊かれたので、ふと思い立ち、7年ほど前に書いた記事シリーズを最新版に加筆修正して再度アップすることにしました。現代社会で普通に生活する際、クレジットカー...

  • 企業を応援するつもりで株式投資をしていない私の心は汚れている

    「株を買って企業を応援しよう!」「株式投資をすれば好きな企業を応援できる」「長期投資をすることは世の中のためにもなる」というようなフレーズをたまに見かけます。・・はて、すでに上場している企業の株式を買うことは、その企業を応援することになるのでしょうか。さらに言うと、株式投資をすることは「世のため、人のため」になるのでしょうか。...

  • 失敗しても仕方がないと思える投資スタンスに出会えた幸運

    先日、私は当ブログのある記事に「長年続けてきたことにより、国際分散積み立てインデックス投資を続けることに不安はなくなった」というようなことを書きました。その影響なのかは分かりませんが、その後、「インデックス投資なら本当に損はしないのですか?」とか「何年以上続ければ損をしなくなりますか?」といったような質問メッセージが届きました。ふむふむ。もう少し補足説明が必要かもしれませんね。私の言う「インデック...

  • 逆張り的な投資行為であるリバランス…嫌いじゃない

    国際分散積み立て投資におけるリバランスとは、調子のいい資産を(みんなが買っているときに)自分は売り、調子の悪い資産を(みんなが売っているときに)自分は買う行為です。【参考記事:上げ相場でリバランス売りをしといてよかった】つまり、逆張り的な投資行為なのですが、機械的にそれを行うことにより、(相場の上下循環を前提とすれば)安く買って高く売ることができます(※主目的はリスクコントロール)。ただし、未来の...

  • 『ほったらかし投資完全ガイド』(2021最新版)に掲載されました

    先月の話ですが、晋遊舎から2021年2月18日に発売された『ほったらかし投資完全ガイド(2021最新版)選ぶだけでOK!知識ゼロからの資産づくり(100%ムックシリーズ 完全ガイドシリーズ 313)』という長いタイトルのムック本に、私のコメントや投資スタンスなどが掲載されてます。 サブタイトルが「ほったらかしで寝ている間にお金が増える」になっていることに、マーケットのやや浮かれた雰囲気を感じてしまう私はひねくれものでし...

  • 子供にスマホを持たせる際のルールを作ってみた

    昨年のことです。息子が「クラスの半分以上はスマートフォンを持っているから自分も欲しい」と申し出てきました。ごく簡単な機能しか搭載されていないキッズケータイはもうイヤなようです。私が小学生の頃、親に「クラスのみんながファミコンを持っているから自分も欲しい」とねだったときは、実際には「みんな」ではなかったので、息子のいう「クラスメイトの半分以上」も真偽は怪しい気がしました。しかしながら、これからの時代...

  • 『2040年の未来予測』(成毛眞著)を読むと、最新テクノロジーをドヤ顔で他人に説明したくなり、インデックス投資もしたくなる

    いやぁ、すごい本でした。元日本マイクロソフト社長のチョイ悪風オヤジの書いた本です。空飛ぶ車、手のひらがクレジットカード情報、ナビ機能の付いたコンタクトレンズ、昆虫食や培養肉の並ぶ食卓……本当にそんなものが当たり前になるのだろうか、と思うような話のオンパレードながら、20年後にはそうなっている可能性を客観的な根拠を添えて書き綴ってある一冊。読み終えると、小売店の無人化やドローン配達くらいなら、ごく近い未...

  • 『英語力・知識ゼロから始める!【エル式】 米国株投資で1億円』(エル著)を読んだ感想・レビュー

    もう十年以上の付き合いになる友人ブロガーのエルさんが、ダイヤモンド社から本を出版しました。んで、その著書をいただきました。「エル」と聞くと、最近息子が読んでいたので私も夢中になって再読した『DEATH NOTE(デスノート)』の登場人物が思い浮かんでしまうのですが、由来はそれではないそうです(答えはこの著書の中に)。本書は、タイトルを見れば分かるように今ホットな米国株、しかも個別株式への投資啓蒙本です。...

  • NISAの日を前に日経新聞へ乱入

    本日は「NISAの日」だそうです。「NISA(小額投資非課税制度)」→「ニーサ」→「にいさ」→「213」→「2月13日」ということなのでしょう。こういう言葉遊びを見ていると、3年ほど前、公募のうえ選出された金融庁の公式ゆるキャラ「ワニーサ」とその座を争った「積み立て兄さん」を思い出さずにはいられません(参考資料:つみたてNISAキャラクター発表PDF)。さて、その「NISAの日」にちなんで昨日(2月12日)の日本経済新聞...

  • コロナショックにコロナバブル、次に来るのは?【【FISCOへの寄稿】

    昨年末にFISCOソーシャルレポーターとして記事を寄稿していたのですが、このブログにそれをアップするのを忘れていました。これまで39回、フィスコに寄稿するたびに、それを記録しておく意味もあってここにその事実を記してきたので、40回目になる今回も一応アップしておきます。フィスコへ投稿する記事は、「一見さん」を意識して書くようにしているので、「お得意さん」にとっては“おなじみ”の内容かもしれませんが、個人的に強...

  • 当時と現在で変わったこと…ブログ開始8周年

    おかげさまで、ブログ開始8周年を迎えることができました。ネタ切れ気味かつマンネリ化の著しい駄ブログではありますが、継続できているのは読んでくださる方がいるからこそであります。どうもありがとうございますm(_ _)m既に16年くらいになる投資歴の半分でしかない8年のブログ歴ですが、よくもまあこんなマニアックな趣味?を継続しているなぁ、と自分で半ば飽きれつつ同時に感心したりもしています。今回は、「投資を始めた頃...

  • 今から投資を始めるなら、株式100%オールカントリー1本にするのか、バランスファンドを使うのか

    タイトルに書いた件については、けっこうよく質問されます。株式100%のファンド1本とバランスファンド……どっちなんじゃい!?と。私は既にバランスファンドをメインに積み立てるスタンスが確立しているものの、最近は世界中の株式に分散投資できる低コストなインデックスファンドが登場したことにより、それ1本にまとめるのもアリかなぁ、というようなことも書いてるからだと思います。まあ、どっちもアリだと思っているから、そう...

  • 実態を反映していない株価を目の前にして、庶民はどうすればいいのか

    どう考えても不景気なのに、株価は上がっている……最近はこのような言説をよく見聞きするようになりました。どう考えても最近の株価はおかしい、と。株価が「常に」企業価値や景気の実態を反映するものだとすれば、たしかに最近の株価はおかしいのでしょう。でもね。株価とは「そういうものではない」のです。マーケット参加者の気分や需給バランス(ときには何者かの意図や思惑など?)によって如何様にも変動します。...

  • 昨年(2020年)、当ブログ経由で買われた本ベスト10

    昨年(2020年)、当ブログ経由で買われた書籍(電子書籍を含む)のベストテンに一言解説をつけて、ランキング形式でまとめておきます。基本的には「良い」と思った本しかブログでは取り上げないのですが、その中でもやはり上位ベスト10に入るような本は特にオススメの良い本ばかりです。なんと昨年は、それまで5年連続で第1位だったあの本がついに首位から陥落し、一昨年とその前年はベスト10ランク外だったあの本が6年ぶりにトッ...

ブログリーダー」を活用して、虫とり小僧さんをフォローしませんか?

ハンドル名
虫とり小僧さん
ブログタイトル
いつか子供に伝えたいお金の話
フォロー
いつか子供に伝えたいお金の話

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー