searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

温泉ランニングさんのプロフィール

住所
宝塚市
出身
阿倍野区

関西、中部、関東、東北で現在160コース開発済みです。 エリアを広げるべく現在も少しずつ進行中です。

ブログタイトル
温泉ランニング
ブログURL
https://plaza.rakuten.co.jp/onsenrun/
ブログ紹介文
ランニングで温泉へ行くコースを開発しています。その中から思い出深いものを紹介します。
更新頻度(1年)

25回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2013/01/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、温泉ランニングさんの読者になりませんか?

ハンドル名
温泉ランニングさん
ブログタイトル
温泉ランニング
更新頻度
25回 / 365日(平均0.5回/週)
読者になる
温泉ランニング

温泉ランニングさんの新着記事

1件〜30件

  • 10日間 北海道旅行 4日目

    前日は日本海側のオロロンラインで小樽から稚内に向かいましたが、7/24は稚内から網走方面に向かうオホーツクラインです。 前日もそうですが、ひたすら海沿いの道をドライブするのが楽しいか、退屈かは人それぞれ

  • 10日間 北海道旅行 3日目

    7/23日は小樽から稚内までのオロロンラインの旅です。 カーナビでは内陸の道をどうしても選んでしまうので、地図を頼りに海岸沿いの道を選びます。 留萌からはカーナビでも日本海沿いのオロロンラインを選びます

  • 10日間北海道旅行 1日目、2日目

    北海道のクラインガルテンの契約を兼ねて10日間の北海道旅行に向かいました。 7月21日6:00時に松本のクラインガルテンを出て、9:15分に新潟港に着き、新日本海フェリーの乗船手続きをしました。最初に検温があり

  • 念願の北海道のクラインガルテンに入居

    念願であった北海道のクラインガルテンに入居しました。 旭川から南西に車で約1時間の秩父別町の「なつみの里」です。 家賃は年間230,000円ですが、実験的に3家族共有を試していますので1家族年間76,666円にな

  • 神威岬 岬の湯 しゃこたん

    積丹半島の神威岬の手前にある「岬の湯 しゃこたん」を訪れました。久しぶりに開放感のある海の見える露天風呂に巡り合いました。 <登録番号> 330 <取材日> 2020/7/29 <温泉名>  岬の湯 しゃこ

  • 層雲峡温泉 朝陽亭

    北海道のクラインガルテン「なつみの里」に入居し、その後の旅行で層雲峡温泉の朝陽亭を訪れました。 <登録番号> 329 <取材日> 2020/7/26 <温泉名>  層雲峡温泉 朝陽亭 <所在地> 北海道

  • 京都散策プロジェクトの思い出

    思い起こせばコロナの話題がまだ、あまり語られなかった1月末、仲間で京都散策を実施ました。 ルートの開発と、案内は私が実施し、案内と解説のためJTBのイヤホンガイドを採用したのも画期的でした。 会社のOG

  • 2014年10月から使っているアシックスが5000km走破

    2014年10月21日から使っているアシックスのランニングシューズが本日5,000kmを走破しました。 3/9以来、家のまわりを、ほぼ毎日走っていますが、ルールを決めています。マスクをし、万一人と遭遇したら2m以上あけ

  • 友人の愛犬タローのスケッチ

    温泉取材が出来ていませんので、本日もスケッチねたです。今年の十二支のねずみのスケッチを公開したら友人から自分の愛犬タローのスケッチも頼むと言われ、友人の誕生日祝いにとスケッチしました。 友人がfacebo

  • 久しぶりのスケッチ 今年の十二支 ねずみ

    自粛で温泉取材が出来ていませんので、久しぶりにスケッチねたでいきます。昨年末年賀状用に書いたねずみです。一彩は雅号。 にほんブログ村

  • ユニークな伊那の蕎麦屋 素香庵

    3か月ぶりに松本のクラインガルテンを訪れた帰り、いつものように伊那道を通りますが伊北IC近くにある珍しい蕎麦屋に寄りました。 蕎麦は石ひきの二八蕎麦で伊那名物のソースかつ丼もあります。 蕎麦は白いの

  • 県外移動自粛解除でガルテンへ

    首都圏と北海道以外の県外移動自粛が解除され3か月ぶりにガルテンを訪れました。 胸まで来る雑草を刈り、玉ねぎを収穫し、夏野菜を植えました。 にほんブログ村

  • 知恩院参りと錦小路「斗米庵」での食事

    本日は永代供養している知恩院に参り、その後錦市場沿いにある「斗米庵」で昼食を取りました。 <知恩院御影堂の写真、人が写らないのは珍しい> <知恩院の観光バス駐車場、いつもは満車で入庫待ちのバス

  • 名古屋城 本丸御殿 見学

    18年前名古屋勤務時代に名古屋城を訪れた時に、「ここには本丸御殿があったのだ」といわれ基礎の石だけ見た覚えがあります。その後復元運動が起き、2018年に400年前の姿がよみがえりました。2019/10/17に見学に行っ

  • 美健SPA 湯櫻

    関西になかなか新しい温泉施設が出来ていませんでしたが、このほど川西能勢口付近に天然温泉ではないけれども人気の人工炭酸泉などがある美健SPA 湯櫻がオープンしたので取材しました。 <玄関 阪急オアシスキセ

  • 下諏訪温泉 ぎん月

    諏訪の温泉の記事を書くにあたって調べていると、まだ自分も行っていない日帰り可能な温泉があったので取材しました。下諏訪温泉のぎん月です。 <ぎん月 玄関> <ロビー> <露天風呂 入口>

  • 葛温泉 湯宿かじか

    クラインガルテンのある松本、安曇野近辺の温泉でまだ行っていない温泉宿を見つけた。 それが信濃大町山手の葛温泉 湯宿かじかです。 <湯宿かじかの前景> <ロビー> <露天風呂>

  • 中房温泉 湯原の湯(日帰り温泉)

    10月23日は「信州温泉」という最新の本を見て、以前に勘違いで有明荘に行ってしまい、かつ中房温泉は宿泊しかだめと思っていた中房温泉の日帰り温泉「湯原の湯」を知り訪れました。 <燕岳登山口にある日帰り温泉

  • バルト三国 ワルシャワ サンクトペテルブルク旅行 サンクトペテルブルク編2

    いよいよ最終日です。サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館以外の観光をして帰国の途に就きます。 まず訪れたのがロシアの威厳を存分に表現するエカテリーナ宮殿です。エカテリーナはロシアの偉大な皇帝で

  • バルト三国 ワルシャワ サンクトペテルブルク旅行 サンクトペテルブルク編1

    いよいよ最後の訪問都市サンクトペテルブルクへ。まず1日かけてエストニアのタリンから国境を越えてロシア第2の都市サンクトペテルブルクへ移動。 バルト三国はEUなので国境はゲートを止まらずに通過していました

  • バルト三国 ワルシャワ サンクトペテルブルク旅行 エストニア編

    ラトビアのリガを出て、エストニアのタリンのホテルに一度寄り夕方タリンの観光です。つまりラトビアとエストニアは同一日に観光します。 立ち寄った本日泊まるエストニア タリンのPARK INN ホテル ま

  • バルト三国 ワルシャワ サンクトペテルブルク旅行 ラトビア編

    バルト三国 ワルシャワ サンクトペテルブルク旅行の3日目はラトビアとエストニアです。まずラトビアのリガを訪れました。 リガのイスランデホテルを出発 リガ大聖堂。バルト三国最古の建物のひとつ。ス

  • バルト三国 ワルシャワ サンクトペテルブルク旅行 リトアニア編

    バルト三国 ワルシャワ サンクトペテルブルク旅行の2日目はリトアニアのヴィリニュスとカウナスです。カウナスは日本のシンドラー杉原千畝で有名になったところ。 ヴィリニュスのホテル カロリナパークを出発

  • バルト三国 ワルシャワ サンクトペテルブルク旅行 ワルシャワ編

    バルト三国旅行一日目のワルシャワ編です。 関空からヘルシンキ経由でポーランドのワルシャワに夜到着し、翌朝ワルシャワ観光しました。 ワルシャワの宿舎 ノボテルホテルを出発 最初に訪れたのがワジ

  • 七味温泉 ホテル渓山亭 恵の湯

    信越放送のSBCスペシャルで紹介していた七味温泉のホテル渓山亭恵の湯を訪れました。 白濁の硫黄泉が印象J的な温泉です。 <入口付近> <受付棟> <男湯の入口> <露天風呂>

  • 蓼科東急ホテル 鹿山の湯

    クラインガルテンから東急リゾートタウン蓼科にある蓼科東急ホテルと温泉施設の「鹿山の湯」を訪れました。 <ホテル玄関> <ホテルロビーからに庭を望む> <ホテルの庭からホテルを望む>

  • 信州むしくらの湯 やきもち屋

    長野市には格安の日帰り温泉がたくさんありますが、その一つの信州むしくらの湯 やきもち家を訪れました。その名の通り、灰焼おやきが有名なお宿です。 <全景> <囲炉裏の広間> <風呂への入り

  • 小木曽製粉体験

    最近話題のそば店「小木曽製麺」を訪れました。 讃岐うどんで人気の「丸亀製麺」の蕎麦版として話題になっているのが「小木曽製麺」です。 松本、安曇野を中心に全国に展開しつつあります。 蕎麦打ち人としては

  • よませ温泉 遠見の湯

    信州のSBC放送で紹介していたよませ温泉を取材しました。 評判通りの絶景露天風呂であった。 <全景> <玄関(無人の受付)> <お風呂入口> <露天風呂> <露天風呂からの夜景

  • 八幡平 松川温泉 松川荘

    以前から行きたかった盛岡郊外八幡平の松川温泉・松川荘を訪れました。大人の休日倶楽部パスが利用できるタイミングを狙いました。 <松川荘玄関> <松川荘ロビー> <内風呂> <露天風呂

カテゴリー一覧
商用