プロフィールPROFILE

ブランデージさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
簸川平野のきりはれて
ブログURL
http://ioc693.livedoor.blog/
ブログ紹介文
『神話と伝説に育まれた日本のふるさと出雲』 から発信
更新頻度(1年)

128回 / 365日(平均2.5回/週)

ブログ村参加:2012/09/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ブランデージさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ブランデージさん
ブログタイトル
簸川平野のきりはれて
更新頻度
128回 / 365日(平均2.5回/週)
読者になる
簸川平野のきりはれて

ブランデージさんの新着記事

1件〜30件

  • 7Mhzフォールデットダイポールの制作

     只今7Mhzアンテナ制作中。高所作業が快適に出来る程温かくないので先に地上の作業をやって来たが同軸ケーブルの張替えや装柱金物の整備も終わったので次にワイヤーアンテナの制作に掛かる。  今回は『3/4波長フォールデットダイポール』を建てる。全長≒30m。両端から20

  • to be to be ten made       (飛べ飛べ天まで)

     家の直ぐ近くにケーブルテレビのアンテナが在って、地デジの放送波を受けて、少し離れた自社の送信所から加入者に再配信する為の受信施設の様だ。そのパンザマストの向こうの空が真っ赤に焼ける。この日は何故か日の出10分前の東の空は異様な程の赤に染まっていた。 農閑

  • 7時17分の日の出が少しずつ早くなる

     写真は1月22日7時5分59秒の東の空。昨年の暮れから半月ほど変わらなかった7時17分の日の出時間が1月16日からほんの少しずつ早くなりました。サインカーブの頂点付近からいよいよ下り坂部分に為り、日々少しづつ早くなります。 この朝の日の出が15分過ぎですから写真は日の

  • 庭先の梅開花

     十年に一度、もしかして二十年に一度かも知れない。記憶に年内に梅が花を付けた年が過去に1,2度ありました。紅梅と白梅が在りますが毎年白梅の方が半月早い様です。今年は年が明けて1月22日の晴天に4,5輪の花を見付けました。素人目には平年通りの開花日の様に思います。

  • シシシ と イシシ の微妙な違い

      昔は此れと同じ様なものが簸川平野でも田圃に林立していました。脱穀した稲わらを乾燥を兼ねて田植えが始まる迄、田圃の縁で保管していました。 此れを出雲では『シシシ』と呼んでいました。石臼(いしうす)が『イシシ』で、訛っている人は『エシシ』と呼んでいました。

  • 継続は力なり・・・

     無線機が高価で買えなかった頃から始めた趣味です。当時は”オタク”に近いマイナーな趣味でした。 そんな時代が長く続きましたが、1987年の『私をスキーに連れてって』(わたしをスキーにつれてって)の映画を切っ掛けに一般に広がり始めました。劇中で小道具として登場

  • 尾原ダムに感謝

     最近の安定しない天気でも鉛色の雲の塊の間から時々陽が差す事もあります。乾燥具合と大敵のカビをチェックする度に試食を重ね、中に並べた干芋の隙間が増え始めた網籠が縁側の軒下に三つ吊り下がった風景にも慣れて来た頃ですが、此の先二日程陽が当たれば取込たいと思い

  • アンテナアナライザーとデップメーター対決

     もう何日も時雨が続く。農閑期でもあり、もう何日も室内の作業の毎日。 暇な時にアンテナの整備を始めて5年になる。計画通りオリンピック東京大会迄には最後に残った7㎒DPアンテナの張替えを終えないといけない。これから好天を見付けて、恐らく最後になろうと思うアンテ

  • 1月15日の日の出は7時15分。明日から少しづつ早くなる

     日の出時間が一番遅い時期です。今時の出雲の日の出は7時15分です。昨年の12月31日から1月15日までの半月ほど続きます。サインカーブで表すと頂点付近ですから日毎の変化は殆どありませんが彼岸の中日辺りは毎日1分近くの変化が有ります。 因みに日の入りは既に一ヶ月も前

  • CQ CQ こちらはハム作り会場・・・

     キング オブ ホビーと少し離れますが・・・ JA関連の施設で手作りハム教室が有りました。 総勢21名。ブロックの肉を小さく切り刻む事から始まり、味付け、ツナギを入れてトコトン練る。この作業で『練り製品』を実感します。袋に300グラム詰めて封をし、最後に70度の湯で

  • 『出雲市民の歌』を知っている人・・・

     今の出雲市が合併する前、旧出雲市解散式?が執り行われた。 しかし、最後の式典は”神話と伝説に育まれた” 出雲市らしからぬ、後世に汚点を残す式典だった気がしないでもない。 何年か前に取捨選択の末捨てた筈の出雲市民の歌の『歌詞カード』が暮れの大掃除で何故か出

  • スポーツの祭典と呼ばれた頃・・・

     前回のオリンピック東京大会後『スポーツ』と云う言葉が使われ始めたと記憶する。遠い昔の事だし、もう言葉自体が独り歩きしている現在、改めて其の語源を問い直すものは居ない。 しかし、それまでは今の様に一般化した言葉ではなかった気がするし、出雲の田舎でも東京大

  • 乾いた風が吹き始めて ロケットストーブ の出番が来た

       天気予報に反し陽が差し、乾いた風が吹くので『干芋』を作る事にしました。サツマイモの特大サイズ10個を5個ずつ蒸篭(せいろ)に2段重ね、蒸して1センチ間隔でワイヤーを張った芋切器に先から押し込んで1センチ厚に切り、3段のネット籠?に並べて軒下に吊りました。正

  • 『百里の道は九十九里をもって半ばとす』

    謹賀新年 今年最大のイベントはオリンピック東京大会です。前回の東京大会直前に新幹線が東京から新大阪まで開通しました。6年後の大阪万博。やがて地球の裏からやって来たドルショックにオイルショック・・・ 大きな出来事が 竹の節 の様に次から次へと並んだ半世紀でした

  • 今年最後の畑作業

      25日は今年最後と思われる雲ひとつ無い晴天。終日温度も高かった。 先日植えたソラマメの成育が悪かったので補填する為、一袋(15粒入り)を育ちが悪かったところに播き直した。 昨年まで直売所に出荷していたが、出雲ではもうマイナーな野菜で台所に立つ人の世代交代

  • 年賀状完成

     此の数日の天候の悪さを幸いに部屋内の作業は捗る。今年は早々と年賀状のデザインが決まった。 来年は『愈々(いよいよ)』と云うか『到頭(とうとう)』と云うか?二回目の東京オリンピックが開催される。ハッキリと前回の東京大会を思い出す人がどれだけ居るのか知らな

  • 師匠寺の境内の大掃除

     朝8時から毎年恒例の師匠寺の境内の大掃除。先日まで枝先に残っていた数十枚のイチョウの葉っぱも全て落ちて、冬至の雰囲気タップリの寒い朝でした。 イチョウの木の向こうは山陰特有の鉛色の空が広がります・・・

  • 半月遅れてイチョウが大変身

      町内に在るお寺のイチョウの木が黄葉しました。 今年は半月遅いようですが先日来の好天続きで例年通り 真っ黄色 に大変身しました。 先日は冷たい雨の中、濡れた葉っぱがストンと音が聞こえる様に落ちていましたが、今日は明るい晴れ渡った青空の下、ヒラリヒラリと舞

  • 12月8日 今日は何の日。

     戦後生まれには12月8日はピンと来ません。それはそうと、来年2度目の東京オリンピックを迎えます。1964年聖火が9号線を走った時、出雲三中から全員歩いて聖火ランナーを応援に出掛けました。聖火のオレンジ色の明るい炎の印象は在りますが何処で見たのかは記憶に有りません

  • 分別すれば資源?②

     相変わらずハッキリしない天気が続く。天気予報は晴マークでも晴風雨と空模様がコロコロ変わる。冷たいアラレ混じりのハッキリしない天候を『一日の天気のデーターとして一つにまとめれば、雨は僅か数ミリ、風もそう強くはない。 結果、天気情報は晴か曇のマークに為る』

  • 分別すれば資源?

     5日も山陰特有の冬の天気。青空は見えて居たのに突然のアラレ混じりの雨。典型的な時雨(しぐれ)が続く。こんな日は部屋の片付け・・・120の区画に分かれた小物入れを貰った。抵抗やコンデンサの各種の小さな電気部品が入っていたケース。中身は捨てると云うので一緒に貰

  • 栃木県の県庁は栃木市でなく宇都宮市だった

     日光東照宮の直ぐ奥の定番の観光コースとして『華厳の滝』を廻りました。勿論前回日光を参拝した時も行きましたが、当時は観光客の数より猿の数が多いかと思う程、沢山の猿が居ました。観光客のカバンや土産物の袋を取って逃げる廻る猿に其処ら中で観光客の『キャー』の声

  • 見ざる言わざる着飾る・・・

     先日久々に日光へ行きました。長期の修復工事が終わり観光客がたくさん居ました。日本の各地の観光地と変わらず此処も沢山の外国人が居ました。ただ以前と違うのは見た目に欧米系の人達は皆無で、代わりに極東の国の人達が沢山居ました。くすんだ色合いが好きなのか日本人

  • 日本人が忘れてしまった事(再)

    日本人が忘れてしまった事が有る。 既存の国立競技場を建て替える事が決まった時、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の森喜朗会長の発言を思い出す。『新しい競技場の『こけら落とし』でオリンピックの一年前に開催される ラグビーワールドカップを開催

  • 柿が沢山生れば、それはそれで大変・・・

     畑の縁に10本ばかりの西条柿がある。毎年シーズン終了時に剪定するが春の摘果はしない。今年は当たり年の様で沢山の柿が生った。その内の一本は他の木より倍生った。当然数が多ければ実(柿)は小さい。他の木の柿は『吊るし柿や合わせ柿』にする為に全て採ったが、小さく

  • 豊洲市場へ行くと『さかなクン』が迎えた

      豊洲市場へ見学に行きました。豊洲市場付近にはバスが留められず、ユリカモメでひと駅手前から乗り、豊洲『市場前駅』で降り市場へ。 市場のガイドさんに案内をお願いしました。開場して丁度一年に為るそうで、開場前のゴタゴタは今は無いとの事だった。 そもそも重箱の

  • カラサデサンにブロッコリの葉から葉が出た!(神等去出祭)

     ブロッコリの葉っぱから更に葉が出て来た。初めて見ました。付近を探すともう一枚有りました。2020年の吉兆の兆しだろうか? ひと月余りで2020年がやって来ます。 旧暦の10月は全国から八百万の神(やおよろずのかみ)が出雲に集まり、来年の『縁』に付いて会議をされる

  • 簸川平野快晴

    11月21日は放射冷却現象で今季一番の冷え込み。そして、終日快晴でした。年内にこんな好天が何日有るのかと思う程温かい一日でした。北山の紅葉は既に始まっていますが、今年は普通の枯れ葉色にしか見えず見栄えはしません。近辺は何処も同じ様で黄色赤色とハッキリした色が

  • メロンパンにメロンは入ってない・・・

     先日NHKラジオで”地元で人気のパン”という旨の番組をしていた。畑で作業をしながら聞いていると、冒頭に出雲の『バラパン』が紹介された。 その番組を聞いて思い出した事が有る。若い頃から『バラパン』と呼ばれたパンは見た事は有ったし、何度か食べた事も有った気がす

  • 庭先のシノブとドウダンツツジ

     秋が深まり家の周りの木々の紅葉が一段と進みました。シノブには冬も緑のままの種類も在るようですが、此れは紅葉(黄葉)して葉を全て落とす種類です。 ドウダンツツジも葉を落としますが、何故か今年は黄色と真っ赤の二色に為りました。元は一本の木ですが・・・ 此れ

カテゴリー一覧
商用