searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

utapiyoさんのプロフィール

住所
和光市
出身
香芝市

毎年定演をオケの演奏で行う市民合唱団です。演奏曲もアカデミックでクラシック好きには大好評!!どうぞご参加ください。

ブログタイトル
NEW和光市民合唱団公式ブログ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/wakosimin-gassyodan
ブログ紹介文
年に一度アカデミックな曲を演奏する市民合唱団です。ご参加お待ちしています!
更新頻度(1年)

61回 / 365日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2012/08/20

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、utapiyoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
utapiyoさん
ブログタイトル
NEW和光市民合唱団公式ブログ
更新頻度
61回 / 365日(平均1.2回/週)
フォロー
NEW和光市民合唱団公式ブログ

utapiyoさんの新着記事

1件〜30件

  • 5月8日全員練習報告

    いつもの会場を大きな会場に変更しての全員練習を行いました。朝霞市民会館「ゆめぱれす」⇓リハーサル室は160名収容の大きなリハーサル室でした!👆色々設備の把握が出来ていなかったので練習開始までは役員一同バタバタしましたが練習は充実したものでした。やはり全員で歌えるのはとても幸せな事で、どこが歌えていないのか?自分でも良く解った時間になりました。以下マエストロの指示及び藤井先生からの忠告です。マエストロから『みなさん、楽譜は「じゃまなもの」と思ってください。前を向いてしっかり指揮を見て歌えば指揮のテンポ、リズムの変化、強弱の変化は全て皆さんのものです。言葉があやふやでも誰かしっかり歌う人もいるから安心して楽譜を離して歌いましょう』№1Requiem練習番号C28小節ソプラノ「di」の音は暗くならないで!30小節アル...5月8日全員練習報告

  • 4月18日練習報告

    本番まで一か月半と迫り、本日は久しぶりに佐藤圭先生の熱血指導を受けました。モツレクより№10Sanctus(聖なるかな)63ページ練習番号Fからバスの「plenisuntcoeli」歌声に、上三声は天の声として応える形、怒鳴らないように。64ページ「Allegro」からのバス「Hosanna」ではテンポが早くなるのでリズムはっきり歌い出し決める。続いてテノール、アルト、ソプラノと繋ぐが各パートとも、バスと同じくはっきり出る。メリスマで遅れない!「Hosanna」の「n」が無くならないように。終わりになるに従い、遅れてくるので注意「Hosanna」は各自リズムを手でたたいてしゃべってみる練習をし➡その後、音を付けたのでほぼ暗譜で歌うことが出来たようです。暗譜すると遅れないし指揮が見れるので二重に良い効果が得られる...4月18日練習報告

  • 来年度はコロナ禍で涙をのんだ「シューベルトミサ曲」

    来年度の公演日程が決まり団員募集を始めました第29回和光市民合唱団定期演奏会『シューベルト作曲ミサ曲第6番他』2022年4月24日(日)本公演4月23日(土)ゲネプロサンアゼリア大ホールでの公演です。予定していたソリストも全ソリストそのままご出演頂けるとのこと、本当に有難いご興味ある方はホームページからお申込みいただけます。埼玉県和光市-和光市民合唱団(jimdofree.com)来年度はコロナ禍で涙をのんだ「シューベルトミサ曲」

  • モツレクチケット販売中!

    第27回定期演奏会「シューベルトミサ曲他」は昨年5月に開催を予定していましたが突然のコロナ禍で中止となり、涙をのみました。今年度は新たな気持ちで昨年7月から練習開始、緊急事態制限を受け半数ずつに絞るなど感染予防に注意した練習を行って来ました。デザイナーさんによる素晴らしいチラシが完成しましたのでご覧ください。和光市民文化センターの規定に従って例年の半数のお客様をお迎えし安全な定期演奏会が開催できるよう、更に準備を進めて参ります。チケットは文化センター窓口、イトーヨーカドー窓口で販売しておりますモツレクチケット販売中!

  • 4月4日マエストロ練習報告

    3月に入りマエストロ指導が続いています。3月1回目、2回目と魔笛、モツレクを細部にわたってご指導いただいていますが4月4日は全曲通しての歌唱となりました。通すとソリストの部分を省いて35分程度の合唱ですが、一曲ずつが難曲です。最後にマエストロから「お経のような歌にならないで!指揮者とのコンタクトが取れていません。楽譜はマエストロが見えるように持ち、確実に顔を上げて指揮を見て歌えるように5月8日には全員が揃ってそのように出来るよう練習お願いします、出来上がりを期待しています。」とのご注意を頂きました。団員の頑張りが4月5月の2か月で実りますように!!第1曲Requiem(永遠の安息を)13ページ47小節の八分休符は超絶大事です、必ず指揮を見て、誰かが先に声を出すような事が起きないように。50小節「Allegro」...4月4日マエストロ練習報告

  • 3月20日マエストロ指導報告

    14日に続き、20日もマエストロにご指導いただきました。発声指導もして頂きましたが、『発声が浅く狭くならない事が大事、我々は西洋音楽を勉強している、アップライトピアノとグランドピアノ位体格も声も違うのだから、努力が必要です。』とのご指摘でした。お休みされた方は、録音音源も最後に掲載していますので参考にして自主練習宜しくお願い致します!Mozartオペラ『魔笛』より第二幕『僧侶の合唱』HileseieughGeweihten(汝ら、清められた者たち、幸せあれ)『今回の定期演奏会ではモーツァルトを取り上げます。モーツァルトは人間の感情を全て音に出来た作曲家。音節の節々で皆さんも経験したことがある気持ちが音になっているのを感じてください。』最初のフレーズ「HeilseieuchGeweihten」は、必ず「Heil」...3月20日マエストロ指導報告

  • 3月14日(日)「モーツァルト・レクイエム」マエストロ指導報告

    14日はマエストロの指導で「モーツァルト・レクイエム」の後半を練習しました。マエストロから『皆さん、フレーズの歌い終わりのハーモニーがいい加減になっています。この点に十分注意して歌い終わりまで諦めず、しっかり歌い終われるよう練習してください!』との最初の指示がありました。№8Dominejesu〈主イエス〉練習番号Kからのソプラノの難所はオクターブ飛ぶ音。飛び越すくらいの勢いをもって音を出す。フォルテからピアノに変化するのでゆっくり練習してから早く体を使って歌えるように練習が必要。言葉の意味も考える「depoenis]は罪[inferni]は地獄練習番号Lで転調されるが、そのハーモニーを感じて全パート演奏する。16小節「eas」の「as」四分音符、17小節「oreleonis」の「nis」八分音符の違いを明確に...3月14日(日)「モーツァルト・レクイエム」マエストロ指導報告

  • 5月8日の練習会場と時間の変更

    既に団の皆様にはお知らせ済みですが、5月8日は和光市での練習ではなく以下のようになりました。お休みされた方はご注意下さいお知らせ会場・時間の変更5月8日(土)朝霞市民会館ゆめぱれすリハーサル室1・2(新館1階)全員集合17:50発声17:50~18:00練習18:00~21:00全体練習班を分けないのでご注意ください➡全員同じ時間に集合です。ゆめぱれす(朝霞市民会館)朝霞市本町1-26-1電話048-466-2525次回の練習は3月14日(日)1時半からサンアゼリア企画展示室でのマエストロ稽古です。A班B班に分かれての練習です、集合時間お間違えなく体調管理に注意してお集まりください5月8日の練習会場と時間の変更

  • ソリスト紹介

    和光市民合唱団第28回定期演奏会「モーツァルトの世界」のソリストを紹介します。バリトン萩原潤はぎわら・じゅん東京藝術大学声楽科卒業、同大学院オペラ研究科修了。文化庁在外派遣研修員としてベルリンへ留学。ベルリン・ハンス・アイスラー音楽大学大学院入学を最優秀の成績で修了。東京『ニュルンベルクのマイスタージンガー』(ベックメッサー)、『フィガロの結婚』(伯爵)、『魔笛』(パパゲーノ)や『こうもり』(アイゼンシュタイン)などに出演。2003年五島記念文化財団オペラ新人賞受賞。『マタイ受難曲』『カルミナ・ブラーナ』『ドイツ・レクイエム』などのソリストとしても活躍している。東京藝術大学声楽科准教授。ソリスト紹介

  • ソリスト紹介

    和光市民合唱団第28回定期演奏会「モーツァルトの世界」ソリスト紹介します!テノール鈴木准すずきじゅんオペラ『魔笛』タミーノ役で東京二期会、新国立劇場、日生劇場、兵庫県立芸術文化センター、あいちトリエンナーレ、神奈川県民ホール等に出演。他にブリテン『カーリュー・リヴァー』狂女、『沈黙』モキチ、『夕鶴』与ひょう、『後宮からの逃走』ベルモンテ、『死の都』パウル、『金閣寺』柏木など。宗教曲等のソリストとしてバッハ・コレギウム・ジャパンの国内外の公演・録音に参加したほか、ヘンデル『メサイア』、ベートーヴェン『第九』、オルフ『カルミナ・ブラーナ』等に出演。松本隆訳詞『白鳥の歌』CD(日本コロムビア)発売中。東京藝術大学非常勤講師。二期会会員。ソリスト紹介

  • ソリスト紹介

    和光市民合唱団第28回定期演奏会「モーツァルトの世界」ソリスト紹介いたします。アルト(メゾソプラノ)中島郁子なかじまいくこ東京藝術大学大学院修士課程修了。文化庁海外派遣研修員として渡伊。第72回日本音楽コンクール第2位、第56回ヴィオッティ国際音楽コンクール声楽部門第3位等、国内外のコンクールに入賞。オペラでは、ロッシーニ『セヴィリアの理髪師』ロジーナ、ヴェルディ『イル・トロヴァトーレ』アズチェーナ等、多くの役に出演し好評を博す。また宗教曲やマーラー交響曲のソリストとしても高い評価を得ている。東京藝術大学声楽科非常勤講師。二期会会員。ソリスト紹介

  • ソリスト紹介

    第28回定期演奏会「モーツァルトの世界」にご出演頂くソリストのご紹介です。ソプラノ光岡曉惠みつおかあきえ昭和音楽大学、同大学院終了。文化庁海外研修員としてイタリアに留学。日伊声楽コンコルソ第3位。静岡国際オペラコンクール優勝(日本人初)。藤原歌劇団では『ランスへの旅』フォルヴィル伯爵夫人で成功を収め、『ルチア』『夢遊病の女』『椿姫』『愛の妙薬』など多くの公演で高い評価を得ている。「第九」「メサイア」ソロやNHK名曲リサイタルなどコンサートにも多数出演。昭和音楽大学非常勤講師。和光市在住。ソリスト紹介

  • 2月28日全体練習報告

    定期演奏会も近づき仕上げの全体練習の時期となり、気合が入ります。藤井冴先生に「魔笛終幕僧侶の合唱」「レクイエム№8~終曲№12」をご指導いただきました。魔笛終幕/僧侶の合唱Andanteで始まる「汝ら清められた者たち(タミーノ&パミーナ)幸せあれ」マエストロから指示のあった音符の長さを守ること、特に音を切る時に注意を。「Dank!!」など。244ページ879小節のアルト、休符を守りで遅れず、次の「Weisheit」子音大事にしゃべる。全パート894小節「Stärke」出遅れない。896小節の八分休符でバテて休まないこと。900小節終わりの小節線では出来るだけ続けて歌って!ノンブレスに。最後の言葉「Kron'」は楽譜を見ず、顔上げて歌えるようにする。レクイエム№7.Lacrimosa涙とともに47ページ25小節ア...2月28日全体練習報告

  • 2月7日マエストロ指導報告

    本日はマエストロに「魔笛・僧侶の合唱」「モーツアルト・レクイエムNo6,7」を指導いただきました。和光市民合唱団第27回定期演奏会ではモーツアルトを取り上げます。第一部はソリストによるモーツァルト作曲アリアの数々、合唱団はモーツァルトオペラ「魔笛」のラストシーン、様々な試練を乗り越えた王子タミーノと王女パミーナがザラストロの祝いを受けるシーン「僧侶の合唱」第二部では「モーツアルト作曲レクイエム」を演奏予致します。以下、本日の指導内容です。お休みされた皆様、参考にして頂き、次回練習日28日までの長い期間、自主練習宜しくお願い致します。魔笛第二幕・最終場「僧侶の合唱」p240~245HeilseieuchGeweihten~「汝ら清められた者たち、幸せあれ」HeilseieuchGeweihtenIhrdrange...2月7日マエストロ指導報告

  • 1月30日男声練習報告

    1月30日男声練習報告佐藤圭先生のご指導で、魔笛とモツレクNo.1と6の練習をしました。出席者はテナー6人、ベース11人。全体を通して、テナーには「イ」の母音と高い音は、口腔内を広く保ってつぶさない発声、ベースは特に低い音は喉を締めないで、上顎を意識した発声、のご指導がありました。【魔笛】・演奏部分は、「魔笛」最後のハイライトなので、明るく高揚感を持って歌う。・ドイツ語の単語最後の子音をはっきりと発音する。・1曲目(211-212P)は演奏しません。・830小節:「Heil」をはっきりと(特に「H」)。「Heil」の後に少し切れ目を入れる。・830-831小節:「Geweihten」は一つの言葉なので、小節間はつなげる。・837小節:テナー「get」は8分音符に「ge」「et」を置く。・838小節:「Nacht...1月30日男声練習報告

  • 1月23日ソプラノ練習報告

    【魔笛】+A1:B61・P.240-830小節八分音符「ソ」のリズムをしっかり歌う・P.240-834小節「Ihr」は歌い直す・P.240-835小節「レ」は高く歌う・〃「durch」はしっかり発音する・P.240-836~838小節ロングトーンなのでカンニングブレスをして失速しないようにするP.243-874~877小節〃・P.240~241-839小節「Dank!」の「k」は3拍目の頭でしっかり発音する-840小節〃-843小節〃-840小節〃・P.241-841小節しっかりしゃべる・P.241-846小節「-bracht!」は言い切る→指揮をしっかり見る!・P.242-857小節「KrÖnet」の「K」は前に出して発音する・P.242-859小節「ソ」が伸びすぎてしまうので注意する・P.242-860小節...1月23日ソプラノ練習報告

  • 1月23日アルト練習報告

    6月6日(日)第27回定期演奏会「モーツァルト・レクイエム」に向けコロナ禍ではありますが、感染予防対策をして準備を進めています。第一部モーツアルト作曲オペラからソリストによる有名アリア演奏をそして合唱団は「魔笛」ラストシーン第二幕・最終場「僧侶の合唱」HeilseieuchGeweihten「汝ら清められた者たち、幸せあれ」配布楽譜p240~を演奏致します。お知らせ➡配布した2曲の楽譜のうちp211~212「TriumphduedlesPaar」は演奏しませんのでご注意ください本日は藤井冴先生による女声パート練習「魔笛・レクイエム」を行いました。まずはアルトのご報告です👇魔笛第二幕・最終場「僧侶の合唱」p240~245HeilseieuchGeweihten~「汝ら清められた者たち、幸せあれ」ドイツ語「Heil...1月23日アルト練習報告

  • モツレクマエストロ練習報告

    本日は緊急事態宣言後、初練習を行いました。練習会場の人数制限に対応し、2つのグループに分けての練習体制でマエストロにNo.1~No.6をご指導いただきました。■No.1.Requiem神に向かって歌う全体に明るく歌う。特にミからラに飛ぶ音が低い。アグレッシブに強い気持ちで歌うと良い。全体に「ラ音」が低い。「Requiem」の歌い出しで子音と母音で音程が変わらないように。9ページ3小節目終わりの和音が輝くようにけりの付くハーモニーにしてください。「lux」光は大事な言葉です、輝くように歌って!!特にソプラノは明るく歌う事。9ページ5~6小節目はノンブレスで歌い「perpetualuceat」の最後は四分音符分十分に伸ばし、その後に「t」を言う。同じく8小節目の「eis」も四分音符を十分に伸ばし「s」を言う。練習番...モツレクマエストロ練習報告

  • コロナ禍の練習について

    和光市民合唱団の皆様コロナ感染拡大に不安な日々を過ごされていると思います。緊急事態宣言を受け、練習会場をお借りしている和光市文化振興公社とも相談をしマエストロにもご確認をして予定通りの練習を行う事にしました。くれぐれも体調管理を行い、マスク、手洗い、手消毒を徹底してご参加下さい。決してご無理なくよろしくお願い致します。なお、昨年12月末でモツレク参加者の募集は終了しました。和光市民合唱団代表岸佐登美コロナ禍の練習について

  • マエストロ全体練習報告

    練習会場の定員を考え二部に分かれての全体練習となりました。ソプラノ32名、アルト29名、テノール7名、バス14名延べで82名の参加がありました。4声揃ってのマエストロ練習は10月10日に大ホールで行って以来でしたがパート全てが揃うと曲が生きいきして、歌うのも楽しかったです。後半、No.8DomineJesuから最終曲No.12AgnusDeiまで佐藤宏充先生にご指導いただきました。お休みされた方は楽譜に注意点を書き込みステイホームな期間を練習に充てて頂ければと思います。No.9Hostias賛美のいけにえと祈り三拍子の曲です、2、4小節目を大事に歌い、1拍目、3拍目を重く歌ってください。大事な言葉があるのでDomineなどよくしゃべること。57ページ、19~20小節、42~43小節はヘミオラという舞踏曲のリズム...マエストロ全体練習報告

  • 12月20日「モツレク」男声パート練習報告

    12月20日「魔笛」「モツレク」男声練習報告佐藤圭先生のご指導で、モツレク「No.12」の復習と「魔笛」の音取り・歌詞付けを行いました。出席者はテナー4人、ベース13人。母音「イ」「エ」の発音が全体に平たく、潰れた発声になるので(特にテナー)、口内は常に縦に広く保つこと、ベースは下の音程を喉を詰めて発声するので、喉を開放し声は前に出すこと、のご指導がありました。【No.12AgnusDei】・P.75-2段目までは四声による和声進行になっているので、常に他のパートを聞き、和音を意識する。・最初の9小節は神への祈り・願いを表現する。・P.72-3-4小節以降(dona)は厳かな気持ちで。特に最初に出るパートは気をつける。・P.73-2-3小節のベースの「シ」の音程は正確に。・「mundi」の「n」を忘れずに発音す...12月20日「モツレク」男声パート練習報告

  • 12月5日「魔笛」「モツレク」ソプラノ練習報告

    「魔笛」の音取りと、佐藤先生の練習に備えてモツレクの「No.9」と「No.12」を復習しました【魔笛】〈390~407小節〉[Triumph][f]をしっかり発音する[du]深く発音する[edles][e:]は縦に開ける[paar][r]は巻いて[besieget][t]を忘れずに発音する[Isis][si]はズィ[Weihe][W]はヴァ(V)[tretet][r]はしっかり巻く[den][de]デンではなくでディに近い発音で・P.211-393小節二分音符は拍一杯までしっかり伸ばす・P.211-394小節[hast]→[t]を早めに発音する(次の[du]の準備が必要)・P.211-397小節言葉一つ一つを切るようにはっきりと歌う「シ」の音程に注意・P.211-398小節「ラ」の音程に注意・P.211-400...12月5日「魔笛」「モツレク」ソプラノ練習報告

  • 12月5日「魔笛」「モツレク」アルト練習報告

    2020年も最終月となり年内最後の女声パート練習を開催、藤井冴先生に「魔笛」合唱部分とモツレク最終曲を指導いただきました。魔笛.からのご指導でしたので団員の皆様に配布済みの⇓「ドイツ語の読み、意味、翻訳文章」を掲載しておきます。🔴アルトは音が低くなると響きを失い、地声になるので頭の上に、後ろに響く部屋を感じて歌ってください。🔴ドイツ語の読みは上のプリント参考に楽譜に書き込みをお願いします。🔴まずリズム読みを行い、その後それぞれ好きな言葉ラなどで音を取り、時間の終わりには音取りと言葉付け終了しました。魔笛p211TriumphduedlesPaar~「勝利だ!汝ら高貴な二人よ」~初めの2ページは「勝利だ!汝ら高貴な二人よ、汝らは危険に打ち勝った!!イシスの洗礼は今や汝らの手に。来たれ、神殿の中に入るが良い」と歌う...12月5日「魔笛」「モツレク」アルト練習報告

  • 11月29日「モツレク」ソプラノ練習報告

    11月29日(日)1時半から行ったソプラノ練習の報告です。藤井冴先生のご指導で10番~12番最後まで音取り、言葉付け終了しましたお休みされた方、楽譜に書き込みよろしくお願いします全体を通して、言葉の注意です「excelsis」の発音に注意!→「エクシェルシス」*「エクチェルシス」は×【No.10Sanctus】・P.63-1小節〔レ〕は目の奥を3cm位開ける感じで歌う「Sanctus」が暗いので、後頭部を使って、外に広がる開放した声で歌う・P.63-5小節二分音符は拍一杯しっかり伸ばして、バスに受け渡す・P.63-6小節二分休符でしっかりとブレスをする・P.64-10小節二分音符は立ち止まらない。上向きに進む。・P.64-25小節~・P.65-30小節〔下のソ〕から〔上のソ〕への跳躍は、〔下のソ〕で立ち止まらな...11月29日「モツレク」ソプラノ練習報告

  • 11月29日「モツレク」アルト練習報告

    23日に続いて本日も女声パート練習を行いました。指導は藤井冴先生、No10,No11,No12を練習しました。No.10【Sanctus】ー聖なるかなー長い音符は息の回転で高い響きを感じて歌う4小節目「Dominus」は一つの言葉にする。5小節目「Saソラ」の音の移動がはっきりわかるように歌う。6小節目「Pleni」に入る準備は早めにする。64ページ1小節目「gloriaドファファ」の音の移動ははっきりと。練習番号Gからバテないようにして!!65ページ4小節目、「excelsisレードシドラシソ」のタイでつなげた「レード」は八分音符のリズムがわかるように歌って!No.11【Benedictus】祝福されたもの【Hosanna】栄光あれp.64~「inexcersis」の切り方、体から音が離れる感じに歌い終わる。...11月29日「モツレク」アルト練習報告

  • 11月23日「モツレク」ソプラノパート練習報告

    【No.9Hostias】・リズム感を持って、入りはスパッと入る・フレーズ終わりに切る時は、曲想に合わせて切る・フォルテは叫ばず母音の鳴る声で歌う・P.57-19~20小節ヘミオラのリズムをしっかり取るP.58-42~44小節・P.57-35小節「ド」→「♯ド」の距離感を広く持つ・P.57-37小節「♯ド」→「レ」〃・P.57-23小節~フォルテ→ピアノは切り替えをすっきりと・P.55~バロックなので、もっとアクティブに、音の切れ・鋭さを持って歌う「quamolim」はスタッカート気味に歌う・P.59-61小節「レ」→「♯ド」の幅が広すぎるので気を付ける・P.61-76小節~ピアノなので体の張りを2倍にして声を半分にする4分休符でしっかりとブレスをするテンポに注意する・P.62-80小節「etsemini」で切...11月23日「モツレク」ソプラノパート練習報告

  • 11月23日モツレク「ソプラノ練習報告」

    【No.9】Hostias・リズム感を持って、入りはスパッと入る・フレーズ終わりに切る時は、曲想に合わせて切る・フォルテは叫ばず母音の鳴る声で歌う・P.57-19~20小節ヘミオラのリズムをしっかり取るP.58-42~44小節・P.57-35小節「ド」→「♯ド」の距離感を広く持つ・P.57-37小節「♯ド」→「レ」も同じく・P.57-23小節~フォルテ→ピアノは切り替えをすっきりと・P.55~・バロックなので、もっとアクティブに、音の切れ・鋭さを持って歌う・「guamolim」はスタッカート気味に歌う・P.59-61小節「レ」→「♯ド」の幅が広すぎるので気を付ける・P.61-76小節~ピアノなので体の張りを2倍にして声を半分にする4分休符でしっかりとブレスをするテンポに注意する・P.62-80小節「etsemi...11月23日モツレク「ソプラノ練習報告」

  • 11月23日「モツレク」アルト練習報告

    1ヶ月の間が空きましたが、昨日11月23日は佐藤圭先生に「モツレク」9番、10番、11番、12番をご指導いただきました。No.9Hostias「賛美の生贄」全体に四分音符は短めに歌う、音を切る時も同じく短めに!カンマの付いているところでは歌いなおすように音が切れる感じで。ブレスをしても良い。フォルテとピアノの歌い分けをして下さい。例えば練習番号Yの「sucipe」をフォルテで歌い切り、次の「proanimabus」ではピアノにするなど。59ページからの音楽では音を切り気味に演奏してください「quamolimAbrahae」等リズミカルに。練習番号Bに入ったところ「etseminiejus」の音程が悪いので修正お願いします。61ページ76小節休符の後の「et」が遅れないように注意!!最後の3小節は指揮を見て下さい...11月23日「モツレク」アルト練習報告

  • ニュース③

    12月26日からモツレクの全体練習が始まります。昨日11月23日からニュース③日程表を配布中全体練習は会場の人数制限により2部に分けて行います。名簿をA班、B班に分け、各パート半数ずつの全体練習です。集合時刻が違いますのでご自分の班を受付名簿で確認しお間違いないようお願い致します。ニュース③

  • 11月15日男声練習報告

    11月15日男声練習報告藤井先生のご指導により、モツレクNo.10,11の復習とNo.12の音取り・歌詞付け、魔笛のドイツ語発音の練習を行いました。テナー6人、ベース13人が参加。No.10Sanctus(聖なるかな)・音程は全般に高いが、怒鳴らず、「聖なるかな」との気持ちを表現する。・ベース、最初の3小節の出だしの音程に注意。半音ずつ下がっていく。おしゃれに歌う。・63頁2段2小節の頭、4パートが「Do」で揃うので意識する。・同段3小節、最後に「t」を入れる。・同頁3段1小節、ベースは立派に、でも怒鳴らない。・同段3小節の「gl」は音符の前に出す。・64頁1段1小節ベース「ラ♯」は高めに。・後半は「天高きところにホザンナ(万歳)」と神を賛美しているので、怒鳴らない。・8分音符が雪崩を起こさないように、はっきり...11月15日男声練習報告

カテゴリー一覧
商用