searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

FMICSさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

イベントの開催日時をブログ記事の更新日時としているため、いくつかの記事は未来の日時となるため、ブログ村の記事リストには反映されません。

ブログタイトル
高等教育問題研究会・FMICS (フミックス)
ブログURL
http://fmics.sblo.jp/
ブログ紹介文
高等教育問題研究会・FMICS(フミックス)のブログ。月例会案内など。
ブログ村参加
2012/08/05
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、FMICSさんをフォローしませんか?

ハンドル名
FMICSさん
ブログタイトル
高等教育問題研究会・FMICS (フミックス)
フォロー
高等教育問題研究会・FMICS (フミックス)

FMICSさんの新着記事

1件〜30件

  • コロナが推す学び/#8月31日の夜に。

     新学期前後の不安を共有する番組「#8月31日の夜に。」(NHK・Eテレ、31日(火)22時〜)を紹介したい(朝日新聞8月30日(月)「フォーカスオン」より)。2017年に10代の悩みやしんどさを受け止め、分かち合う場にしようとスタート…

  • なぜにボールペンがサインペン?

     人は「無くて七癖」と言われている通り、我々の組成は癖だと言っても過言ではない。そんな中、私の癖は筆記具を書道の筆の如く(ほぼ)垂直に立てて使うことである。今の若者だとあまりないかもしれないが、普通筆記具を使い込めば中指に「ペンだこ」ができるのであるが、私は薬指にできる。まさに筆の持ち方で鉛筆等を握っているという事である。無論、幾度も矯正しようと努力はした。だが、筆の進まぬイライラが矯正への意志…

  • FMICS BOOK PARTY 22-341 若松 英輔 『悲しみの秘儀』

    「FMICS BOOK PARTY」は、本を読んで=INPUT、人に伝えて=OUTPUT、理解を深めあう「安全な場」です。ワイワイガヤガヤ、仲間とともに本を読むことの楽しさを共有します。 【日時】 2021年8月18日(水) 午後8時〜10時 【使用媒体】 Zoomミーティング 【指定図書】 若松 英輔 『悲しみの秘儀』 文藝春秋

  • FMICS 茶話会 LOUNGE 「教職員の健康寿命を考える」

     FMICSは、“あったかさの自己表現”をグルーブアイデンティティとしています。多くのFMICS人の発表の場を創るため、2021年6月から、『FMICS 茶話会 LOUNGE』を立ち上げまし…

  • FMICS 茶話会 LOUNGE 「私と老眼 ~ 見たいものと見えなくなるもの」

     FMICSは、“あったかさの自己表現”をグルーブアイデンティティとしています。多くのFMICS人の発表の場を創るため、2021年6月から、『FMICS 茶話会 LOUNGE』を立ち上げまし…

  • FMICS 茶話会 LOUNGE 金成 泰宏 <small>(和泉短期大学・学習支援ユニットサブリーダー)</small>

     FMICSは、“あったかさの自己表現”をグルーブアイデンティティとしています。多くのFMICS人の発表の場を創るため、2021年6月から、『FMICS 茶話会 LOUNGE』を立ち上げまし…

  • FMICS 茶話会 LOUNGE 近藤 浩 <small>(帝塚山大学 東生駒キャンパス学生生活課長</small>

     FMICSは、“あったかさの自己表現”をグルーブアイデンティティとしています。多くのFMICS人の発表の場を創るため、2021年6月から、『FMICS 茶話会 LOUNGE』を立ち上げまし…

  • 人蝉見て我が無知を想ふ

     生まれは違うものの人生の殆んどを関西で過ごしてきた者にとって、蝉といえばクマゼミだと言われている。だが、周辺環境の事情からか、私にとっての蝉はアブラゼミだった。無論、クマゼミにも数多く遭遇したが、印象としてはアブラゼミの方が圧倒的に強い。  クマゼミとアブラゼミ、今世紀に入る前後辺りからか、その生息分布に変化が起こっている事が言われている。要は西日本を中心に分布していたクマゼミが東日本にも広…

  • 速報 10月のFMICS 地方の大学の試みから学ぶ PART2 ~ オンライン時代を地方の強みに ~

    【日時】 2021年10月21日(木)    研究会 午後8時〜10時30分(Breakoutsession 含む) 【使用媒体】 Zoomミーティング 【テーマ】  地方の大学の試みから学ぶ PART2    〜 オンライン時代…

  • 速報 9月のFMICS コロナ禍の先を見据えるミッション・パッション・アクション ~ 地方の大学の試みから学ぶ PART1 ~

    【日時】 2021年9月16日(木)    研究会 午後8時〜10時30分(Breakoutsession 含む) 【使用媒体】 Zoomミーティング 【テーマ】  コロナ禍の先を見据えるミッション・パッション・アクション …

  • FMICS BOOK PARTY 21-340 村田 沙耶香 『コンビニ人間』

    「FMICS BOOK PARTY」は、本を読んで=INPUT、人に伝えて=OUTPUT、理解を深めあう「安全な場」です。ワイワイガヤガヤ、仲間とともに本を読むことの楽しさを共有します。 【日時】 2021年8月18日(水) 午後8時〜10時 【使用媒体】 Zoomミーティング 【指定図書】 村田 沙耶香 『コンビニ人間』 文春文庫

  • FMICS 8月例会(第741回例会) 語り合おう コロナ禍後の大学入試 PERT3 ~ 高校と大学の間にただよう★モヤモヤ★は消せるのか ~

     これまで、2020年10月と2021年3月の2回に渡って高大間にただよう入試の★もやもや★がなぜ生まれるのかについて考えました。  とはいえ、この★もやもや★は、簡単に吹き飛ばすことはできません。勿論、このままであって良いわけではありません。コロナ禍で、無理矢理伸ばしき…

  • 高大接続・連携を語る大人はキラキラしていたか?

     人は物事を判断する際、大抵は「天秤」に「錘」を乗せてより振れる方を選択している。楽しい事項ならば天秤皿がより下に振れる方、しんどい事項ならばそれがより上に振れる方…こんな具合である。理科の実験で用いられる天秤の場合は物理量の大小比較が目的であって、それに使われる錘は全員共通の物が利用される。ところが、人の判断に利用される錘はバラバラだと言っていい。同じ事象であっても、たとえばAさんは嬉しく感じ…

  • コロナが推す学び/はたらく細胞

     厚生労働省と講談社は人気漫画「はたらく細胞」のうち新型コロナウイルスに関する2編を動画配信サイト「ユーチューブ」で無料公開を始めた。正しい知識を楽しく学んで対策に生かしてもらうのが狙い。国際協力機構(JICA)の支援で、英語やヒンディー語への翻訳も進めている。  

  • FMICS 7月例会(第740回例会) 語り合おう コロナ禍の先を観る 大学の未来を担う可能性の学生を元気元気元気にする

     すでに、鼻のすぐ下まで泥水が来ています。にもかかわらず、少なくない大学関係者は、太平の夢を見続けているのではないでしょうか。  300校がリングから去らざるを得なくなれば、学生、OB・OGの母校という心の拠り所が消え、さらには10万人近くの教職員が職場を追われることにな…

  • 速報 8月のFMICS 語り合おう コロナ禍後の大学入試 PERT3 ~ 高校と大学の間にただよう★モヤモヤ★は消せるのか ~

     これまで、2020年10月と2021年3月の2回に渡って高大間にただよう入試の★もやもや★がなぜ生まれるのかについて考えました。  とはいえ、この★もやもや★は、簡単に吹き飛ばすことはできません。  勿論、このままであって良いわけではありません。コロナ禍で、無理矢理伸ばし…

  • FMICS BOOK PARTY 20-339

    「FMICS BOOK PARTY」は、本を読んで=INPUT、人に伝えて=OUTPUT、理解を深めあうことができる「安全な場」です。ワイワイガヤガヤ、仲間とともに本を読むことの楽しさを共有します。指定図書を読破された方、読み込み中の方のご参加も歓迎いたします。 【日時】 2021年7月12日(月) 午後8時〜10時 【使用媒体】 Zoomミーティング 【指…

  • 速報 7月のFMICS 温故創新・「学生教員職員三輪車論」を見える化する 

    【日時】 2021年7月21日(水)    研究会 午後8時〜10時30分(Breakoutsession 含む)    茶話会 午後10時30分〜 【使用媒体】 Zoomミーティング 【テーマ】  語り合おう コロナ禍の先…

  • 塩1つまみで味付けは劇的に変わる!

     徒然なるままに、夜中にPCに向かいて…ではないが、今回は雑談で紙面を埋めてみようと思う。  先月の例会、一番のポイントは参加者のどなたかの発言「学生が万引きで捕まったが、店長から『お宅の学校はどういう教育をしているのか?』と言われた」に凝縮されていると思う。要は、学生を育成するに当たって大学の責任はどの範囲まで及ぶのかということである。読者が中高校関係者であれば生徒、小学校関係者であれば児童に…

  • お風呂が沸きました

     2021年5月29日(土)毎日新聞夕刊1面に“念願の商標登録”の見出し。住宅機器メーカー「ノーリツ」(神戸市中央区)製の給湯器のメロディーと声が今春商標登録されたとのこと。1997年以降の製品から浴槽の湯張りが完了した時にリモコンから流れるようになり、ドイツ人作曲家テオドール・エステン(オースティン)のピア…

  • 新企画のご案内 FMICS 茶話会 LOUNGE

     FMICSは、“あったかさの自己表現”をグルーブアイデンティティとしています。多くのFMICS人の発表の場を創るため、2021年6月から、『FMICS 茶話会 LOUNGE』を立ち上げます…

  • FMICS BOOK PARTY 20-339 伊藤 亜紗 『手の倫理』

    「FMICS BOOK PARTY」は、本を読んで=INPUT、人に伝えて=OUTPUT、理解を深めあうことができる「安全な場」です。ワイワイガヤガヤ、仲間とともに本を読むことの楽しさを共有します。指定図書を読破された方、読み込み中の方のご参加も歓迎いたします。 【日時】 2021年6月25日(金) 午後8時〜10時 【使用媒体】 Zoomミーティング 【指…

  • FMICS 6月例会(第739回例会) わたしはコロナ禍の先を観る PART3 輝く大学を作るためにわたしたちは何をしたらよいのか

    ■高等教育問題研究会 FMICS 2021年6月例会(第739回)をご案内いたします。 コロナ禍、世界的不況の中の大学活き残りのカギは、大学の主役で活きた資産である学生の可能性を引き出すために教職員はスクラムを組むべしという「学生教員職員三輪車論」を見える化することにかかってくるので…

  • FMICS 5月例会(第738回例会) 企業人の視座からコロナ禍の先を観る PART2 大学は企業が欲しい超優秀な学生を育てられるのか

     コロナ禍、世界的不況の中の大学活き残りのカギは、大学の主役で活きた資産である学生の可能性を引き出すために教職員はスクラムを組むべしという「学生教員職員三輪車論」を見える化することにかかってくるのではないかと強く思います。  大学は、学生が主役の熱いストーリーを分かりやすく…

  • 「くじ」と「くじ」の狭間で

     今回は先月の例会でも出た「最適停止問題」から話を発展させていこう。これは様々な形で定式化されているが、以下では「秘書問題」として状況設定を説明することから始めよう。 ある企業が秘書1名の採用募集をしたところ、n人の応募があった(nは既知)。 応募者には順位をつけることができ、複数の応募者が同じ順位になることはない。 n人から無作為に1人選んで面接を行い(ゆえに、最良の秘書が何番目に…

  • 強い会社は「学びの場」

     大学は仕切り直しの春のはずが新型コロナ変異株「第4波」急拡大に伴い対面授業を中止または最小限にして実施している。日本経済新聞2021年4月8日オピニオン欄「強い会社は学びの場」にて会社を学習インフラ化する動きを見ていきたい。 仕事の場を「学びの場」にする試みとして不動産関連サービスのLIFULL(ライフル)が手が…

  • FMICS BOOK PARTY 19-338 アンデシュ・ハンセン『スマホ脳』

    「FMICS BOOK PARTY」は、本を読んで=INPUT、人に伝えて=OUTPUT、理解を深めあうことができる「安全な場」です。ワイワイガヤガヤ、仲間とともに本を読むことの楽しさを共有します。指定図書を読破された方、読み込み中の方のご参加も歓迎いたします。 【日時】 2021年5月28日(金) 午後8時〜10時 【使用媒体】 Zoomミーティング 【指…

  • 踊る阿呆に見る阿呆。同じ阿呆ならどっちを選ぶ?

     いきなりだが、若者には解説が必要な格言(?)から始めてみよう。まずは1つ目。 「20歳までに赤くならない奴はバカだ。だが、30歳で赤い奴はもっとバカだ」  ここで言う「赤」とは共産主義(少し広く捉えて社会主義)的発想に思考が染まる事で、過激な行動をしてしまいがちである事の比喩表現である。字面はともかく、所謂思春期は自分の認識できる環境が急激に広がり、縁遠い境遇に対する理不尽さと、それに対する…

  • チェーン店の挑戦、個人経営店の意識改革

     各飲食チェーン店の「徹底攻略」を指南する著作がありベテランの料理人でもある稲田俊輔氏、2021年3月6日朝日新聞「いま聞く」で久保田侑睴記者が飲食業界のコロナ再起のヒントに迫っていた。  2019年の著書

  • FMICS 4月例会(第737回例会) 学生の視座からコロナ禍の先を観る PART1 高大接続から高大社接続へ

    ■高等教育問題研究会FMICS 2021年4月例会(第737回)をご案内いたします。 コロナ禍、世界的不況の中の大学活き残りのカギは、大学の主役で活きた資産である学生の可能性を引き出すために教職員はスクラムを組むべしという「学生教員職員三輪車論」を見える化することにかかってくる…

カテゴリー一覧
商用