今日の言葉♪愛と希望−私の信仰告白
住所
町田市
出身
四日市市
ハンドル名
いっちゃんさん
ブログタイトル
今日の言葉♪愛と希望−私の信仰告白
ブログURL
http://jesus195876.blog.so-net.ne.jp
ブログ紹介文
キリスト教カトリックのクリスチャンです。 自戒を込めて続けていきたいと思います。
自由文
-
更新頻度(1年)

643回 / 261日(平均17.2回/週)

ブログ村参加:2012/05/31

いっちゃんさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/21 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,630サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 40 10 10 40 50 40 190/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,943サイト
カトリック 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 121サイト
今日 09/21 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 27,604位 26,856位 28,951位 26,901位 24,620位 25,715位 26,292位 972,630サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 40 10 10 40 50 40 190/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 283位 271位 306位 272位 241位 259位 273位 12,943サイト
カトリック 9位 9位 10位 10位 10位 11位 11位 121サイト
今日 09/21 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,630サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 40 10 10 40 50 40 190/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,943サイト
カトリック 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 121サイト

いっちゃんさんのブログ記事

1件〜30件

  • 今日の日記(「ルミナス東京」のご紹介!)

    今はお昼休みです。 愛娘の勤務している会社「ルミナス東京」のご紹介です! スタッフ(社員)の皆さんお若いですね~………え?お一人だけ………社長です!(⌒-⌒; ) お嬢は一番右端にいます!足、長いですね~! 「ルミナス東京」のホームページから 「花嫁の心を誰よりも知る、ホスピタリティあふれるスタッフ 写真にフォーカスしたウェディングを実現するうえで、私たちがいちばん大切にしているのがホスピタリティです。ルミナス東京は、単にウェディングの写真を撮影するスタジオではありません。結婚式の一つのかたちとしてのフォトウェディングだからこそ、花嫁の心に寄り添うホスピタリティを何より大切にしています。」 ホームページアドレスは、https://studio-luminous.com です。是非、ご覧になってください! お嬢はフォトグラファーをやってます!大学4年間、芸術学科デザイ..

  • 教会日記2019.9.21(カトリック成城教会「平日のミサ」土曜日)

    今日は、出勤前に小田急線成城学園前駅で途中下車し、カトリック成城教会の7時からの平日のミサに与りました。今日は曇り空ですが、雨はどうでしょうか。でも涼しくなりそうですね。今朝も清々しい朝を迎えることができました! 6時50分から「お告げの祈り」をお祈りし、7時からのミサでは、「聖マタイ使徒福音記者」の記念日をお祝いしてお祈りしました。そして、ご聖体を拝領させていただいたことを主(神様)に感謝申し上げ、 「栄光の全能永遠の父よ、 御名(みな)讃えられますように、 崇められますように、 アーメン 天におられる私達の父よ、 どうかこの祈りを聴き入れてください。 慈しみ深く憐れみ深い主よ、 主に救いを求める人々に主の平安をお与えください。 病に苦しむ人々に主の癒しをお与えください。 貧困にあえぐ人々に主の豊かな恵みをお与えください。 主よ、どうか主に救いを求める人々がす..

  • 「聖マタイ使徒福音記者」のお話し

    今日9月21日は、「聖マタイ使徒福音記者」の祝日です。聖マタイは、聖書に書いてあるとおり、カファルナウムの町でユダヤの徴税人として働いていました。当時の徴税人は、ローマ帝国の手先(代理人)となって同胞からお金を取る者(多く搾取する者)として、罪人(つみびと)とみなされ、同胞であるユダヤ人から嫌われていました。ある日、収税所の前を通られたイエス・キリストから「私に従いなさい」と声をかけられ、イエス・キリストの12使徒の一人となったのです。 聖書の3福音書(共観福音書)には、次のとおり書かれています。 ◯新約聖書:マタイによる福音書・第9章・第9節 「イエスはさらに進み、マタイという人が収税所に座っているのをご覧になり、呼びかけられた。「わたしに従いなさい」。すると、彼は立ち上がってイエスに従った。」 ◯新約聖書:マルコによる福音書・第2章・第14節 「そして、通りがかりに、ア..

  • 教会日記2019.9.20(カトリック田園調布教会「平日のミサ」金曜日)

    今はお昼休みです。 今朝は、カトリック田園調布教会の7時からの平日のミサに与りました。田園調布教会での早朝ミサは、8月17日(土)から6週連続の訪問となります。毎週土曜日にお伺いさせていただいていたのですが、明日の土曜日は、仕事の関係で早く出勤しなけれはならず、今日になりました。田園調布教会は、ミサの前に「聖務日課」のお祈りを行っており、今一つ祈り方のわからない私には、一緒にお祈りさせていただいて大変勉強になっています。 ミサでは、「聖アンデレ金と同志殉教者」の記念日をお祈りしました。そして、ご聖体を拝領させていただいたことを主(神様)に感謝申し上げ、 「栄光の全能永遠の父よ、 御名(みな)讃えられますように、 崇められますように、 アーメン 天におられる私達の父よ、 どうかこの祈りを聴き入れてください。 慈しみ深く憐れみ深い主よ、 主に救いを求める人々に主の平安を..

  • 新約聖書:コロサイの人々への手紙・第3章・第8〜第16節

    「しかし、今はもう、これらすべてのこと、すなわち怒り、憤り、悪意を捨て去り、ののしりや顔を赤らめるような言葉を口にしてはなりません。互いに欺いてはなりません。あなた方は古い人とその行いを脱ぎ捨て、深い知識へ進むようにと、創造主の姿にかたどって絶えず新しくされる新しい人を身にまとっているのです。そこにはもはやギリシア人もユダヤ人も、割礼を受けた者も受けていない者もなく、未開人とスキタイ人、奴隷と自由の身の区別もありません。キリストこそがすべてであり、すべてのもののうちにおられるのです。 ですから、あなた方は神に選ばれた者、愛されててる者として、思いやりの心、親切、へりくだり、優しさ、広い心を身にまといなさい。互いに耐え忍び、誰かに不満があったとしても、互いに心から赦し合いなさい。主があなた方を心から赦してくださったように、あなた方もそうしなさい。これらすべてのことの上に愛をまといなさい。..

  • 今日の日記2019.9.19(りんごのパン)

    自宅の最寄りの駅のJR横浜線相原駅では、時折、駅構内で「パンの木」という名前のパン屋さんがお店を出しています(通常は相原町内のお店で営業)。「パンの木」は、来週9月23日(月)に日本テレビの朝の情報番組「Z I P!」で放送されるそうです! 昨夜、仕事帰りにこのお店で売られている「りんごのパン」を買い求め、野菜ジュースとともに今朝の朝食にしました。りんご丸ごと1個入っています。美味しかった~! りんごの芯の部分にはクリームがあります。とっても美味しいですよ! ◯「パンの木」 有限会社パンの木 住所:東京都町田市相原町1667-3 営業:午前6時~午後6時 電話:042-774-7858 定休:月曜日

  • 『公教會祈禱文』のお祈り

    今日は、『公教會祈禱文(こうきょうかい きとうぶん)』のご紹介です。「公教會(公教会)」とは、カトリック教会のことで、「祈禱文(祈祷文)」とは、お祈り(祈祷)の言葉ということです。現在出版するなら、名称は「カトリック教会お祈り集」となりますね。写真のとおり、随分と古いのですが、昭和24年6月10日発行(初版)となっています。戦後まもなくで、まだ物資の乏しい時代に印刷・製本されたものですから、すべて紙製です。編集者は「天主公教々聯盟(天主公教教区連盟)」です。天主公教(会)とは、カトリック教会のことで、これはカトリック教会の教区の連盟ですね。大きさは縦12.5㎝、横9㎝、厚さ2㎝です。非売品となっています。 文庫本よりも小さいですね。 ガリ版刷りのような印刷です(⌒-⌒; ) この中の祈祷文をご紹介しましょう。もちろん文語体です。文語は力強いですね~!それに格調高いです。たくさ..

  • 教会日記2019.9.18(カトリック成城教会「平日のミサ」水曜日)

    今日は、出勤前に小田急線成城学園前駅で途中下車し、カトリック成城教会の7時からの平日のミサに与りました。一時は涼しくなったのですが、この数日はまた暑くなりました~( ̄◇ ̄;) でも、 私は今日も清々しい朝を迎えています! 6時50分から「お告げの祈り」をお祈りし、7時からのミサでは、ご聖体を拝領させていただいたことを主(神様)に感謝申し上げ、 「栄光の全能永遠の父よ、 御名(みな)讃えられますように、 崇められますように、 アーメン 天におられる私達の父よ、 どうかこの祈りを聴き入れてください。 慈しみ深く憐れみ深い主よ、 主に救いを求める人々に主の平安をお与えください。 病に苦しむ人々に主の癒しをお与えください。 貧困にあえぐ人々に主の豊かな恵みをお与えください。 主よ、どうか主に救いを求める人々がすべて救われますように。 私達の主イエス・キリストによって。..

  • 相田みつをのことば(第5日目)

    「他人のものさし、自分のものさし、それぞれ寸法がちがうんだな。」 相田みつをのことは、「相田みつをのことば(第1日目)2019.9.5」をご覧ください。 人や物を見る目(物差し)は、人によって違いがあります。それは、生まれた場所も育った環境も性格も違うわけで、寸法は人それぞれなのですから。自分や他人を比較したり、評価した結果に一喜一憂する必要はありません。それぞれ人や物を見る目(物差し)は違うのです。また、人の物差しに合わせることも時には必要となりますが、人と同じ物差しになることはありません。自分らしさを大切にしたいですね。

  • 「いちじく」のお話し

    昨日は、妻が買ってきたいちじくを食べました。いちじくは漢字で「無花果」と書きますが、花がないわけではなく、実の中に小さな花をつけるため、外からは確認できないのです。果実を半分に切ると赤いつぶつぶがたくさんつまっていますが、それが花なのですね。分類はクワ科イチジク属で、原産地はアラビア半島南部、地中海沿岸地方です。日本では、5月ごろから11月くらいまでがシーズンです。ちなみに、いちじくという名前の由来は、毎日1つずつ熟すことから「一熟」→「いちじく」になったという説や、ひと月で実が熟すため「一熟」→「いちじるく」という説もあります。また呼び名としては南蛮柿(なんばんがき)、唐柿(とうがき)と呼ばれることもあります。 愛知県産のいちじくです。美味しい!ものすごく甘かったー! いちじくは、古代エジプトの壁画にもブドウと共に描かれており、さらには、聖書にも数多く登場する歴史ある果物なのです..

  • 教会日記2019.9.16(カトリック相模原教会「平日のミサ」月曜日)

    今日は、大学は月曜日の授業日数が少ないため授業日となっています。したがって、事務組織の各部課も業務をやっています。でも、私は、出勤すると平日は取りにくい振替休日を取らなけばならないのでお休みにしました。しかし、明日の仕事で片付けておくべき用件があるので、お休みのまま出勤しょうとしたら、駅の雨に濡れたスベスベの床に痛めている膝のある方の足をとられ、またまた関節の靭帯を伸ばしてしまいました!( ̄◇ ̄;) 何回もやってますが、正直痛いです(T_T) そこで、予定を変更し、電車を途中下車してカトリック相模原教会の8時からの平日のミサに与って、養生のため帰ることにしました(⌒-⌒; ) 8時からのミサでは、聖コルネリオ教皇と聖チプリアノ司教殉教者の記念日をお祝いしてお祈りしました。そして、ご聖体を拝領させていただいたことを主(神様)に感謝申し上げ、 「栄光の全能永遠の父よ、 御名(みな)讃..

  • 「四つ葉のクローバー」のお話し

    このブログの2016年10月12日に掲載した記事を全面的に加筆・修正して掲載いたします。 一般的に、日本で「クローバー」と呼ばれている植物は、「ジャジクソウ(属)」のことで、「シロツメクサ」と呼ばれていますね。クローバーの葉は、普通は3枚ですが、4枚あるものは珍しく、その葉脈の筋が十字架の形に見えることから、4枚葉のクローバーは幸せの象徴だと言われています………これは、アイルランドにキリスト教を伝えた聖パトリック司教に由来しています。聖パトリック司教は三つ葉は「三位一体の神」又は「信仰、希望、愛」を表し、四つ葉を「キリストの十字架」を思い起こさせるものとして教えたそうです。そういうこともあって、シロツメクサはアイルランドの国花になっており、聖パトリック司教はアイルランドの守護聖人となっています。聖パトリック司教の詳しいことは、https://jesus195876.blog.so-n..

  • 今日の日記2019.9.15(亡き母の17回忌)

    今日は、亡き母の17回忌で、故郷の三重県四日市市に行ってきました。平成15年10月1日が命日です。昭和4年生まれ、享年74歳でした。生きていれば今年で90歳になりますね………学生時代、帰省して東京に戻る時、駅に向かう私を姿が見えなくなるまで手を振って見送ってくれた優しい母でした。

  • 相田みつをのことば(第4日目)

    「美しいものを美しいと思える、あなたの心が美しい。」 相田みつをのことは、「相田みつをのことば(第1日目)2019.9.5」をご覧ください。 ありのままの姿を自然に素直に見つめることができれば、その人の心は美しいのです。そのような心を持つことができれば、自分の心も美しくなれるというこです。美しさは、物理的なものだけではないということですね。心も美しさの対象になります。見た目の視覚的な美しさではなく、心的に美しい人になりたいものです。

  • 今日の日記2019.9.14(フランシスコ教皇訪日日程決定!)

    昨日、フランシスコ教皇訪日日程が発表されました。政府は、13日(金)午後の定例記者会見で、菅内閣官房長官が、次のとおりフランシスコ教皇の訪日について発表されました。 ◯発表内容 〈ローマ法王フランシスコ台下の訪日について〉 「11月23日(土)から26日(火)まで、ローマ法王・フランシスコ台下は、安倍総理および日本カトリック司教協議会の招請により訪日し、東京、長崎、広島を訪問する予定です。法王の訪日中、天皇陛下は法王と御会見をされ、また、安倍総理は法王と会談する予定です。ローマ法王の訪日は、1981年のヨハネ・パウロ2世の訪日以来、2回目となります。今回の訪日は、2014年に安倍総理がバチカンを訪問し、法王に謁見したことを踏まえたものです。今回の法王の訪日が、日本とバチカンの間の二国間関係を一層強化する契機となること、ここを期待をいたしております。」 広島市と長崎市もご訪問され..

  • 教会日記2019.9.14(カトリック田園調布教会「平日のミサ」土曜日)

    今日は、カトリック田園調布教会の7時からの平日のミサに与りました。田園調布教会での土曜日の早朝ミサは、8月17日(土)、24日(土)、31日(土)、9月7日(土)と今日で5週連続となります。田園調布教会は、ミサの前に「聖務日課」のお祈りを行っており、一緒にお祈りさせていただいて大変勉強になっています………が、今日のような記念日ですと、途中でどこをお祈りしているのか?分からなくなります。まだまだ慣れないですね。今後も毎週土曜日はお伺いして、聖務日課のお祈りの勉強をさせていただきたいと思っています。田園調布教会に感謝、感謝です。 ミサでは、「十字架称賛」の記念日をお祝いし、十字架を称え感謝してお祈りを捧げました。そして、ご聖体を拝領させていただいたことを主(神様)に感謝申し上げ、 「栄光の全能永遠の父よ、 御名(みな)讃えられますように、 崇められますように、 アーメン 天にお..

  • 「十字架称賛」のお話し

    今日9月14日は、十字架称賛(じゅうじかしょうさん)の祝日です。このブログの2018年9月14日に掲載した記事をそのまま掲載いたします。 人々の救いと勝利の希望であるイエス様の十字架を思い起こす祝日です。十字架の崇敬は、335年にイエス様のお墓の上に立てられた復活聖堂の献堂の祝典に関連して定められたと言われています。エルサレムでは、すでに5世紀から復活聖堂の献堂を記念する9月13日の翌日に、キリストの十字架を礼拝する習慣がありました。これは次第に東方教会全体に広まっていきましたが、西方教会(ローマ典礼)にこの習慣が取り入れられたのは 7世紀になってからです。 十字架上で、イエス様は多くの人々の罪のあがないのために、ご自身を生け贄(いけにえ)として捧げられました。ですから、イエス様の十字架は、私たちにとって新しい命への出発点ともなったのです。この十字架は、「十字架の言葉は、滅んでいく..

  • 新約聖書:マルコによる福音書・第1章・第40〜第45節

    「さて、一人の重い皮膚病を患っている人が、イエスのもとに来てひざまずき、こう願った。「お望みなら、わたしを清くすることがおできになります」。イエスは憐れに思い、手を差し伸べて、その人に触り、「わたしは望む、清くなれ」と仰せになった。すると、たちまち、重い皮膚病は治り、その人は清くなった。イエスはその人をきびしく戒め、すぐに立ち去らせたが、その時、こう仰せになった。「誰にも話さないように注意しなさい。ただ祭司のもとに行って、体を見せ、あなたが清められたことを人々に証しするために、モーセが命じた物をささげなさい」。しかし、その人は立ち去ると、盛んにこの出来事を語り、言いふらし始めた。それで、イエスはもう公然と町にお入りにならず、人里離れた所に留まれだが、至る所から、人々はイエスのところにやって来た。」 このブログの2019年2月23日に掲載した記事を大幅に加筆・修正して掲載いたします。約..

  • 職場のデスク:その117(オードトワレ!)

    私が愛用しているオードトワレは、アメリカのカルバン・クライン社の「CK-be(シーケービー) 」です。2年前に、25年も愛用していた資生堂の「LORDOS(eau de lordos:オートロードス」から変わりました。この「CK-be」オーデトワレは、アロマティック・フレッシュ・ムスキーのユニークな調香をベースにしており、上品なホワイトムスクが始終体を包み込む深みのある柔らかな香りというメーカーの説明です(⌒-⌒; )大好きな香りです。職場にも常置しています。

  • 「聖ヨハネ・クリゾストモ司教教会博士」のお話し

    「死は安息であり、労働と世間の悩みからの解放です。あなたの家族の一人が亡くなっても絶望してはいけません」(聖ヨハネ・クリゾストモ司教教会博士の言葉です。) 今日9月13日は、聖ヨハネ・クリゾストモ司教教会博士の記念日です。このブログの2018年9月13日に掲載した記事を一部加筆して掲載いたします。 シリアのアンチオキアに生まれ、有名な学者リバニオスから修辞学を学び、また神学やギリシャ哲学も修めました。早くから修道生活を志して隠遁生活を始め、386年に司祭となりました。すばらしい説教によって人びとを感動させたことから、後世の人びとから「クリゾストモ」(黄金の口)と称えられるようになりました。説得力ある内容・話し方だったのですね。 その後、398年にコンスタンチノープルの総大司教に選ばれ、当時の社会道徳の乱れを正すように民衆を導きましたが、聖ヨハネの厳しい道徳的態度は教会内外から..

  • 職場のデスク:116(秋バージョン2・お月見)

    職場のカウンター上は、秋バージョンの第2弾!「お月見セット」です。これも第1弾に引き続きすべて和紙でできています。なかなかうまくできていますね。課のとってもお美しい女性が飾ってくれました。感謝です! お団子がとっても美味しそうです!食べちゃいましょう!?(⌒-⌒; )

  • 教会日記2019.9.12(カトリック成城教会「平日のミサ」木曜日)

    今日も出勤前に小田急線成城学園前駅で途中下車し、カトリック成城教会の7時からの平日のミサに与りました。この分ですと今日も暑くなりますね~ ( ̄◇ ̄;) でも、 私は今日も清々しい朝を迎えています! 6時50分から「お告げの祈り」をお祈りし、7時からのミサでは、「マリアの御名(みな)」の記念日をお祝いしてお祈りしました。そして、ご聖体を拝領させていただいたことを主(神様)に感謝申し上げ、 「栄光の全能永遠の父よ、 御名(みな)讃えられますように、 崇められますように、 アーメン 天におられる私達の父よ、 どうかこの祈りを聴き入れてください。 慈しみ深く憐れみ深い主よ、 主に救いを求める人々に主の平安をお与えください。 病に苦しむ人々に主の癒しをお与えください。 貧困にあえぐ人々に主の豊かな恵みをお与えください。 主よ、どうか主に救いを求める人々がすべて救われますよ..

  • 「マリアの御名(みな)」のお話し

    今日9月12日は、「マリアの御名(みな)」の任意の記念日です。このブログの2018年9月12日に掲載した記事をそのまま掲載いたします。 聖ヨアキムと聖アンナはユダヤの習慣に従って、聖母の誕生後8日目に、「マリア」と命名しました。この記念日は、1513年にスペインで祝われたのが始まりとされているそうです。1683年、オスマン帝国がヨーロッパに進軍し、キリスト教を脅やかされるようになりました。ヨーロッパ連合軍を指揮していたポーランドの王ヤン3世ソビェスキは、自分自身と兵士たちを聖母マリア様にゆだねて戦いに臨み、勝利したのが9月12日でした。教皇インノチェンチオ11世はこの勝利に感謝し、主の降誕の8日間の日曜日に全教会で祝うよう規定しました。その後1911年、教皇ピオ10世のときに9月12日と定められました。 マリアという名は、ヘブライ語では「婦人」を意味し、中世には「海の星」と解釈されまし..

  • 今日の日記2019.9.11(チャイニーズレストランきん

    昨夜のことになりますが、世田谷区祖師谷三丁目にある「チャイニーズレストラン欣喜(きんき)」で中華のコース料理をいただきました。お店は、小田急線祖師ヶ谷大蔵駅の北口からメイン通りを5分ほど歩き、路地に入ったところにある隠れ家的な素敵なお店です。カウンターに4組が座れる席と個室が1室のこぢんまりとした店内ですが、オーナーシェフがお客様の目の前で調理するので、確かな本格中華料理が食べれます。とにかく美味しかったですね~!久しぶりに美味しい本物の中華料理をいただきました。厳選された食材を引き立てる調理の良さが光っているお店です。このブログをお読みの皆様は写真でお楽しみ下さい!お店のことやお料理のことは、ホームページ https://kinki-aoki.com/ をご覧ください(クリックしてください)。ホームページを見ているだけで美味しそうです!(⌒-⌒; ) 本日のメニューです。 「..

  • 教会日記2019.9.11(カトリック成城教会「平日のミサ」水曜日)

    今日も出勤前に小田急線成城学園前駅で途中下車し、カトリック成城教会の7時からの平日のミサに与りました。この2日間は台風一過の猛暑続きでしたが、今日も暑くなりますね( ̄◇ ̄;) 私は今日も清々しい朝を迎えています! 6時50分から「お告げの祈り」をお祈りし、7時からのミサでは、18年前にアメリカで起きた同時多発テロのような事件が2度と起こらないようにお祈りしました。そして、ご聖体を拝領させていただいたことを主(神様)に感謝申し上げ、 「栄光の全能永遠の父よ、 御名(みな)讃えられますように、 崇められますように、 アーメン 天におられる私達の父よ、 どうかこの祈りを聴き入れてください。 慈しみ深く憐れみ深い主よ、 主に救いを求める人々に主の平安をお与えください。 病に苦しむ人々に主の癒しをお与えください。 貧困にあえぐ人々に主の豊かな恵みをお与えください。 主よ..

  • 旧約聖書:箴言・第12章・第18節

    「軽々しく話す人は傷を与える剣のようなもの。 しかし、知恵ある者の舌は人を癒やす。」 このブログの2016年4月24日に掲載した記事を大幅に加筆・修正して掲載いたしました。この言葉は重要です。なにげなく話した言葉のつもりが、その人にとっては非情にショックで、心に傷を負わすことになる時もあります。極端かもしれませんが自殺に追い込むことになるかもしれません。 クリスチャン作家の三浦綾子さんは、著書の『新しき鍵 結婚について考える』の中で、「私は泥棒より悪口が罪が深いと思います。人間は何かを盗まれただけで心が傷つくことはほとんどありません。しかし、悪口はどんなに小さくても人を傷つけます。」とその罪深さを強く述べています。 話す内容だけでなく、話す時期や場所など、そのような状況をよく考えて話すことも大切ですし、普段から相手のこと(相手の立場)を思いやり、気配りをして話すということを..

  • 教会日記2019.9.10(カトリック成城教会「平日のミサ」火曜日)

    今日は、出勤前に小田急線成城学園前駅で途中下車し、カトリック成城教会の7時からの平日のミサに与りました。昨日は、台風の影響で朝から交通機関が大混乱し、大変な思いで出勤しました。それに、台風一過の気温上昇で蒸し暑かったですね〜( ̄◇ ̄;) 今日も暑くなりそうです!しかし、今朝は清々しい朝を迎えています! 6時50分から「お告げの祈り」をお祈りし、7時からのミサでは、ご聖体を拝領させていただいたことを主(神様)に感謝申し上げ、 「栄光の全能永遠の父よ、 御名(みな)讃えられますように、 崇められますように、 アーメン 天におられる私達の父よ、 どうかこの祈りを聴き入れてください。 慈しみ深く憐れみ深い主よ、 主に救いを求める人々に主の平安をお与えください。 病に苦しむ人々に主の癒しをお与えください。 貧困にあえぐ人々に主の豊かな恵みをお与えください。 主よ、どうか..

  • 相田みつをのことば(第3日目)

    「与えられた今日のいのちを イキイキはつらつと生きる。 それが仏様の教えだと 私は受け止めております。」 相田みつをのことは、「相田みつをのことば(第1日目)2019.9.5」をご覧ください。 「前を向いて明るく一生懸命に生きる」ということですね。それが仏様の教えだということです。これは「与えられた命が縁起によって存在している。」という仏教における基本思想の一つです。曹洞宗の経典「修証義(しゅしょうぎ)」に、「生を明らめ、死を明らむるは仏家一大事の因縁(いんねん)なり。(生まれるということ、生きているということ、死ぬとはどういうことかをあきらかにすることこそ、仏教者としてもっとも大事なことである)」とありますが、この仏道における因縁である”生のある命”、すなわち”命を生きる”ということは、仏教における大切な教えであるのです。 この言葉と直接的に同類ではありませんが、キリ..

  • 今日の日記2019.9.9(重陽の節句)

    今日は9月9日、「重陽(ちょうよう)の節句」です。このブログの2016年9月9日に掲載した記事を大幅に加筆・修正して掲載しました。重陽の節句は、五節句の一つで、9月9日のことですね。旧暦では菊が咲く季節であることから、平安時代の昔から「菊の節句」とも呼ばれ、菊の花に長寿をお祈りする日となりました。起源は中国でお祝いされていたものですが、重陽が正式な節句として認められたのは、「漢(前漢は紀元前206年~8年、後漢は(紀元後)25年~220年)」の時代です。後に日本に伝承され、重陽の節句としてお祝いされるようになりました。 今宵は、盃に菊の花びらを浮かべて呑みますか〜!(⌒▽⌒) ………菊の花を買ってこないと! 陰陽思想では奇数は陽の数であり、陽数の極である9が重なる日であることから「重陽」と呼ばれています。奇数の重なる月日は陽の気が強すぎるため不吉とされ、それを払う行事として節句が行..

  • 「聖母マリアの誕生」のお話し

    昨日9月8日は、聖母マリア様ご生誕の祝日でした。掲載するのを忘れていました( ̄◇ ̄;) このブログの一年前の2018年9月8日に掲載した記事をそのまま掲載いたします。 聖母マリア様のことを書いてあるのは『ヤコブ原福音書』です。もちろん主人公は聖母マリア様です。『ヤコブ原福音書』は、外典福音書(正典である4福音書以外のもの)の一つで、原文はギリシア語であり、「マリアの誕生・ヤコブの啓示」、「ヤコブの物語・神の母聖マリアの誕生」、「われらの主と聖母マリアの誕生」などとも呼ばれています。この中に書かれているヨアキムとアンナは、聖母マリアの両親と伝えられ、ヨアキムはナザレで生まれてアンナと結婚しましたが、長い間子どもに恵まれず、子どもが授かるように神に祈りをささげていたところ、アンナは40歳のころにマリア様を産み、マリア様を女性として申し分なく教育したそうです。ヨアキムとアンナはイエス・キリス..