searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

mさんのプロフィール

住所
長崎市
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
鶴の尾点描
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/turunoo
ブログ紹介文
長崎市の東部に位置する、鶴の尾の町のあれこれ 自治会の情報 町の様子 等々・
更新頻度(1年)

15回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2012/05/01

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、mさんの読者になりませんか?

ハンドル名
mさん
ブログタイトル
鶴の尾点描
更新頻度
15回 / 365日(平均0.3回/週)
読者になる
鶴の尾点描

mさんの新着記事

1件〜30件

  • ふれあいサロン [ サポーター デビュー]しました‼️

    羽黒トンボの記事を寄せてくださったバーバラさんの記事第2弾です。手先の器用な頼りがいのある男性が「ふれあいサロン鶴の尾」の参加者が楽しむ為の手作りの「ゲーム」を作ってくれました💦✌️頼りがいのある男性はこの方です。昨年長崎市の「「高齢者ふれあいサロンサポーター養成講座」を昨年受けて、めでたくスタッフの仲間になられたのが80歳💦意欲、やる気、満々の方。写す時も、座椅子を自ら据えて「ポーズは??これでいい?」幾つかのポーズを披露されるお茶目な方でもありますね。新しい事に挑戦するのに年齢関係なし!!新しいことに挑戦することをしり込みしてしまいがちですがお手本にしたいなと、思います。バーバラさん今回もいい記事の投稿、ありがとうございました。ふれあいサロン[サポーターデビュー]しました‼️

  • アラート音が聞こえてきそうなポスター

    中央公園の掲示板にインパクトあるポスターが貼ってありました。小学生の作品だと思います。ほんと、そうですね、一人一人の心構えが家族の命そして社会全体の命を守ることになるのですね。先日読んだ「コロナの時代の僕ら」イタリアの人が書いた本ですがイタリアで感染者が急増する直前に書かれたようで半年前になりますが物理学者で数学者で小説家の彼は政治家、医療専門家ではない一市民の立場でこの本を書いてました。ウイルスが広がるシミュレーションを数学的に示しその対策不要不急の外出をしない、密な空間にいないこのようなことを説いてました。半年前の彼が懸念したことが今世界各国で現実になっています。行動が制限されることで経済的に暮らしていけない人が多くいると思う。救済できないのだろうか、、安倍マスク、家にも来たけどすでに国民はたった一枚のマス...アラート音が聞こえてきそうなポスター

  • 羽黒トンボ

    鶴の尾団地のバーバラさんが「羽黒トンボが庭にいました」と、記事をよせてくれました。羽黒トンボが今年の夏も、我が家の裏庭に来てくれました😂🎶調べたら、お盆の季節にやってくるらしい~ご先祖様が様子を見に来てる?胴体が青いのを見せながら、黒くて長い羽根を優雅にユラユラ羽ばたいて飛び回り💕美しい💕石垣にとまったところを撮りました、と写真も添えてくれました。これはネットで見つけた羽黒トンボの写真です。オスが青い体でメスは黒い体です。羽黒とんぼについてこんなことを書いてあるサイトがありました。「羽を閉じて止まります。蝶のようにひらひらと飛びます。黒い羽のハグロトンボはお盆の時期によく見かけるため、「ご先祖様の魂を乗せたトンボ」神様トンボ、と呼ぶ地方もあるそうです。赤とんぼは「ご先祖様を送り迎えするトンボ」黒い体が細いトンボ...羽黒トンボ

  • 続報 メジロの巣

    うまく孵るのかなあと心配していましたが先日メジロのお家(友人の家ですが)へ様子を見に行ってきました。そっと覗くとメジロの赤ちゃんの口が見えました。すぐに頭を引っ込めたためその時友人は見る事ができませんでしたが昨日メジロのおかあさんが留守中にそっと覗いたら頭が見えました。と写真を送ってくれました。3羽いるようです。お母さん、餌とりがんばれ!続報メジロの巣

  • 朝の鶴の尾

    今朝は早く目が覚めたので散歩してみることにしました。午前5時ちょっとすぎです。朝もやが少したって気持ちがいい朝です。まだ家々はひっそりしていました。しばらく歩いていると犬の散歩をする人たちや庭の花に水をかけている人散歩途中にすれ違った人と立ち話をする人などを見ることができました。朝の活動が始まったようです。向こうから小学生の男の子達が二人でやってきました。顔見知りの子供たちだったので声をかけると今からカブトムシを取りに行くということだったので付いて行きました。途中であった猫の名前も教えてくれました。東公園へ着くとまだ電灯がついている街燈の隣の木をゆすり始めました。こうするとカブトムシが落ちてくると言って。しばらく揺すっていましたがもう、おらんね、この前3時に来たときはたくさん取れたのに、と一人の男の子が残念がっ...朝の鶴の尾

  • 新型コロナウイルス

    長崎市で2例目となるクラスターが発生し感染者数も日ごとに増えています。昨日は県内の感染者数が23人で1日の確認数としては過去最多を更新したそうです。鶴の尾団地は高齢者の割合が多く病気で通院しておられる方とか心配だと思います。これは春休みごろから団地中央にある掲示板に張られたポスターです。鶴の尾の小学生が描いてくれたと聞きました。掲示板に張られてから約半年、収束しつつあるかに思えたのもつかの間緊急事態宣言が解除されると、徐々に感染者が増え始め大都会に限らず西の果てにある長崎県も、急激な増加がみられてきています。年金生活者は家にじっとしていればいいのだけど(ブログ主)日々経済活動を営んでいる世代は薄氷を踏む思いで仕事をしている事だろうと思います。コロナの為にすでに生活苦に陥っている人々も多いと聞くと日本政府にもっと...新型コロナウイルス

  • 花火の季節

    夕方の散歩中2軒のお家で花火を楽しんでいるのを見ました。夏の風物詩ですね。小学生もようやく夏休みに入りました。今年は集まってのラジオ体操はあるのでしょうか?花火の季節

  • ガードパイプ

    散歩していると道路と歩道の境に白い点々が連続して落ちてます。何かな?と、思った瞬間ガードパイプ(柵の形態がパイプ、細い管でできているものはガードレールではなくガードパイプと呼ぶのだそうだ)がこんな風に錆びてきたから今塗りなおしている、と錆びたガードパイプを指さしながら会長さんが言ってたことを思い出しました。次の日、県道から上がる道を散歩していると白い点々が増えています。この暑い中、いつペンキを塗られるのだろう?今までガードドパイプの錆びにすら気づかなかったのでしたが白く輝いてきれいです。ありがとうございます。ガードパイプ

  • かのこ百合

    ご近所に垣根から道こぼれるようにユリが顔を出していました。(昨日撮影したときはもうピークを過ぎてた、、)カノコユリ鹿児島の甑島は群生地として有名です。江戸時代にはドイツ人医師シーボルトがこのカノコユリの球根をヨーロッパに持ち帰り、品種改良を行い、今のカサブランカが生まれたそうな!あのカサブランカの祖先だったなんて。百合の花が刻された塀がありました。鉄砲ユリでしょうか?かのこ百合

  • 田の隅に 御幣が

    八郎川沿いを散歩していると田んぼの隅に御幣が立ててあった、昔からのしきたりなのだろうなあ、御幣が一つ立っているだけで周りが清められた違う空気が漂っているような感じがある。ただの飾り、ってわけじゃないよね、田の持ち主に尋ねてみたかったが人っ子一人見えず。家に帰ってからネットで検索してみたらありました。川から田んぼの水を入れる場所水口(みなぐち)には「御幣(ごへい)」という、棒に折り込んだ白い紙が挟んであるものが立っています。これは田んぼの安全を護るために邪なる物が入り込まないように霊力で防ぐはたらきをする物です。今まで気づかなかったのか、見たことがなかった。昔から人々は豊作を神様に祈ってきたのでしょう。秋祭りは収穫を神様に感謝し喜ぶ祭りだったのですね。米作りの苦労を知らず、食卓にのぼるご飯を食べていました。子供に...田の隅に御幣が

  • 鶴の尾猫

    散歩中鶴の尾猫に出会いました。つやつやの黒い毛、緑の目(虹彩)タキシードを着ているようなおしゃれ猫です。左耳に桜のカットがしてありました。名前もついているのでしょうか?何してるの?とのぞき込む猫堀車庫の上に座ってじっとこちらを見ていました猫この猫も左耳に桜カットしてありました。鶴の尾猫

  • 地域猫    鶴の尾点描1号 から

    地域猫、を知っていますか?野良猫を保護し、避妊手術を施し排泄のしつけをし食事の世話をして地域で育てている猫です。鶴の尾の地域猫は有志の方がお世話をしてます。さくら猫地域猫はサクラ猫とも言われています。避妊手術済みの猫の耳は桜の花びらの形にカットされているからです。猫のための資金は助成金と募金で賄われています。地域猫活動が始まる前は鶴の尾でも野良猫への苦情も多く、数年前までは野良猫を捕獲をして動物管理センターへ連れて行っていました。捕獲された猫達はセンターで殺処分されました。「車に乗せてセンターへ連れて行った時のネコの鳴き声を忘れられない、今思い出してもやりきれない」という自治会長の話を聞き今いる野良猫の命を全うさせて、野良猫の数を増やさないという活動の目的を知りました。地域猫鶴の尾点描1号から

  • 鶴の尾点描 一号から その1

    5月の空に明るく生える白い花鶴の尾団地内で珍しい木を見ましたヒトツバダコ。(ナンジャモンジャ)ではないでしょうか?対馬市の鰐浦湾には3000本ほどのヒトツバダコが自生していて5月になると白い花が一斉に咲き水面を白く照らすので海照らしとも言います。昭和3年に国の天然記念物に指定されました鶴の尾点描一号からその1

  • 鶴の尾点描 一号

    A4紙に老眼でも読める字の大きさと写真を数枚入れる、という制限があるので文章をできるだけ短く写真もあまり大きくできずでちょっと苦労したけどとりあえず1号。下の青文字をクリック(タップ)してください。鶴の尾点描1号鶴の尾点描一号

  • 鶴の尾町だよりから名前を変更します

    長い間、ご無沙汰しておりましたと、言ってもアクセスしてくださる方はおられなかったと、思いますが長い間冬眠していたブログを再開することにしました。いきなり鳥、です(^^♪鶴の尾町で美しい声を響かせるイソヒヨドリ自治会だよりのような事務連絡ではなく鶴の尾の町の様々なことを特に高齢の方へ届けたいという自治会長さんの思いを知り、2020年4月から「鶴の尾点描」を発行をお手伝いさせていただくことにしました。団地内にはおそらく紙面づくりHPあるいはブログづくりなど長けた方も大勢いらっしゃるとおもいますが、おいおい達人にバトンを渡すと、して今は拙い事しかできない私がやってみようと思っています。ブログ名も心機一転ミニコミ紙のタイトルに合わせて鶴の尾点描に変更することにしました。まずは4月号に載せた記事を一つずつアップしていきた...鶴の尾町だよりから名前を変更します

  • 冬 恒例の…

    夜の外気が冷たく凍えそうになってきたこの時期、堅く閉ざしたドアの向こうから、懐かしい音が聞こえてきます。「カチ、カチ、カチ、」「火のよぉ~じん」いろんな声の「火のよぉ~じん」が聞こえます。ありがとうございます。気をつけます。冬恒例の…

  • 冬に向かって

    寒くなる気配の風が吹いています。昨日はポカポカ陽気だったのに、この嵐でもみじも散ってしまったことでしょう。冬に向かって

  • お隣の紅葉も

    お隣のもみじもきれい。お隣の紅葉も

  • 見事な紅葉

    秋も深まってきました。通りを歩いていると、みごとな紅葉が目に入ました。オレンジがかった綺麗な紅葉です。町内をお散歩されている方は、鶴の尾町の深まりゆく秋を楽しんでおられる事でしょう見事な紅葉

  • 敬老の日

    敬老の日

  • 敬老の日

    皆さんお若い。敬老の日ではなく、成人の日,かな?ちょっと、言い過ぎですか?でもほんと、若やいで、楽しそうで、賑やかに会食をされている様子はお若いです。役員の皆さん担当の係の皆さんの歓待に喜んで、帰られました。敬老の日

  • 中国新聞に

    中国新聞に鶴の尾団地自治会の活動の様子が掲載されました。'13/3/15<7>担い手自治会活動が命綱子ども軸親世代呼ぶ長崎市の鶴の尾団地の夏祭りを盛り上げるのは地元小学生だ。舞台の司会を務め、ダンスも踊る。わが子の晴れ姿を見ようと、親もやって来る。「子どもが来れば、自治会活動に関わりが薄い親世代も引き付けられる」。鶴の尾町自治会の山口明会長(64)は2年前、このアイデアを実行に移した。狙いは当たった。次に打ち出す仕掛けは「男の会」づくり。「特に地域の男同士は名前や顔を知らないからねえ。多世代で和やかに酌み交わし、団地の将来を語り合いたい」。近く、夏祭りで接点ができた父親を誘って、懇親会を開く。「新しい仕掛けなしに、新しい人は入ってこない」。他の団地で活動する自治会役員のひと言が、アイデアマン山口会長の原点だ。困...中国新聞に

  • 2013 4月 自治会だより から

    Ⅰ鶴の尾を語る男の会3月15日金曜日の夜集会所で開かれた「鶴の尾を語る男の会」21人が集まり色々な事が語り合われ盛り上がったそうです。参加者から色々な事が聞けて話せて、良かった、と言うことで、毎月開催してみては、と言う意見が出て、次回、男の会を4月26日金曜日午後7時からもつことになったそうです。興味あるかたは酒とつまみ持参で行ってみてはいかがでしょうか?Ⅱ復興支援3,11復興支援金187世帯から4万1000円が、集まり市役所の自治振興課を通じて被災者に届けられるそうです。Ⅲえにしの会古賀小学校に手作り雑巾、200枚を子供会を通じて寄付したそうです。Ⅳ觀桜会3月29日えにしの会主催による觀桜会がひらかれ助っ人隊女性グループのお手伝いも有り、楽しく花見されたそうです。20134月自治会だよりから

カテゴリー一覧
商用