searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

mさんのプロフィール

住所
長崎市
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
鶴の尾点描
ブログURL
http://turunoo.livedoor.blog/
ブログ紹介文
自治会の活動情報 周辺の自然などなど雑多情報・
更新頻度(1年)

124回 / 162日(平均5.4回/週)

ブログ村参加:2012/05/01

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、mさんをフォローしませんか?

ハンドル名
mさん
ブログタイトル
鶴の尾点描
更新頻度
124回 / 162日(平均5.4回/週)
フォロー
鶴の尾点描

mさんの新着記事

1件〜30件

  • サボテンの花

    6月頃だったと思います。古賀駅近くあたりを散歩してたら花が目に入りました。(ちょっと前の事ですが、アップし忘れてましたので、見て下さい)いつも思うのですが、サボテンに花が咲くとドキッとします。突然、想像できない似合わない美しい花が咲くからです。このサボテン

  • お隣りさんのツバメ その後

    お隣りさんから 家のツバメたち 飛ぶ練習をしてました。というラインを頂いたので 夕方見に行ってみました。ツバメたちは 全員巣に帰宅していました。前見た時は 燕の雛の頭が巣からちょっとだけ見えてゆったりとした住空間でしたが、今見ると4羽のツバメが巣の上で押し

  • 羽化が終わったばかりです

    玄関先の階段に 昨日なかった何かがあります。お目汚しの階段ですが、こんな場所に羽化を終えたばかりの蝉がいました。動きません、生きているのか、ちょっと触ってみました。大きな目と口が   これも擬態でしょか、怖い顔に見えます。透明で、緑色です。 賑やかな鳴き

  • 枝と思ったら

    薔薇の剪定中 何?! ぼーっとしている私ですが 見逃しそうな小さな事に 意外に気づくことがあります。剪定しながら、2度見しましたよ。枝じゃない、虫です。しっかりくっついてます。長いです。これも擬態でしょう。まるで枝です。模様までつけてます。トビモンオオエダ

  • オーナーになる

    鳩の家(巣)のオーナーになってしまいました。木を貸してるから一応オーナーです。何日か前から 庭を鳩が2羽 うるさい羽音で飛び回っていました。キジバト(ヤマバト)達でした。鳩類は羽音がうるさく、体の大きさ 動きなど 申し訳ないけど 好きではない鳥なのです。

  • 朽ちかけた家

    古賀駅の上の車道を歩いていた時、私を誘うような山道がありました。誘惑に負けて歩いて行くと 朽ちかけた家がありました。土壁と土壁の中の竹組みも見えてます。 屋根は苔むしてます。打ち捨てられてしまって、やがて周りの木や草の中に取り込まれて 静かに朽ちていくの

  • 茗荷

    庭のひと隅を茗荷一族が縄張りを広げてきている。そして背丈も高い。この場所はホクホクした上等土(家の庭では)今朝、ミョウガを見つけました。丸っこいのの横にある、細っこいのは 一体何だろう?実は茗荷について全く知らなくて 茗荷探しにも戸惑っていました。変な言

  • 古い家の改築

    古民家再生、古民家のリノベーション などという言葉も流行り、古くなった家でも取り壊さずに 改築して再生するケースを見かけるようになりました。たまたま散歩中に見かけたのがこの家です。長崎街道沿いに立っています。工事の始まった頃通りかかった時は 家の外壁を取

  • ホーロー看板は錆びるのだろうか

    鶴の尾団地のすぐ下は国道が走り 横断歩道を渡ると八郎川、八郎川の橋を渡ると 長崎街道(歴史上の人物達も歩いた道です)今、その長崎街道は狭い道ですが車が結構走ってて、ゆっくり散策という気分には浸れないのが現状ですが 国道よりはいいかも。団地の向こうにある長

  • 琺瑯看板

    琺瑯看板(Enamel sign )昔は良く見かけました。カクイ綿 オロナミン 蚊取り線香などのの看板が砂埃をかぶっていた幼い日の光景を思い出します。砂埃、、そうです、舗装がまだされてない時代、カクイ綿は鹿児島のメーカーです。鶴の尾団地の下を走る国道沿い、団地を下り

  • コロナワクチン集団接種、2回目

    高齢者枠の集団接種、2回目、受けてきました。同世代の高齢者枠であっても 個人病院で接種希望した人は 今週から1回目を接種する人が多いようです。私の友人とお隣りさん、妹の話から、そう推測しただけです。正確な情報ではないのでお許しを。早く次の世代、現役世代の高

  • スクミリンゴガイ

    八郎川沿いの土手道は 芝生です。足に優しい、犬さん達にも優しい道です。ある時通ると 土手芝道に 貝が何個も放り投げられていました。これです。タニシですね、スクミリンゴガイ 通称ジャンボタニシと呼ばれています。川に沿って水田があり 順調に稲も育っています。

  • こんにゃく芋

    この前 生姜を頂いた方、Sさん(今後Sさんと呼びます)の畑で妙な植物を見ました。茎のまだら模様がなんだか ちょっと毒々しい感じがします。コンニャクイモ と、教えていただきました。こんにゃくを作るのですか、と聞くと はい、作ります。と。コンニャク芋は3年芋を

  • 蝶だ!

    黒い大きな羽に白い紋が入った蝶が マリーゴールドの花の間を飛び回っているのが目に入りました。窓越しにスマホで写真を一枚撮り、すぐ庭に出ました。が 出てみたら もう蝶はいなくなっていました。紋黄揚羽 だと、思います。でも紋は白で黄色じゃないのですが、このマ

  • 長崎市広報に八郎川の紫陽花が載ってました。

    長崎市の広報「アジサイ」を読んでいたら見覚えのある風景が載ってました。なじみの光景というのはどんなに小さくても目に留まるものなのですね、不思議です。このような文章でした。地域の皆さんが手入れしているアジサイ、、、私も手入れが行き届いている 八郎川沿いの紫

  • 蝉の初鳴き

    昨日 蝉が鳴く声に気が付きました。もしかしたら、もっと前から鳴いてたのかもしれませんが、 一応 蝉の初鳴きという事で。クマゼミかな、と思います。蝉の鳴き声を聞くと 一気に暑さが増したように感じます。蝉の抜け殻がありました。背中の開きが スパっと思い切りよ

  • 南京玉すだれ

    お隣りさんに この花の名前知ってる? 母が好きな花だったの、と聞かれ即座に 南京玉すだれ、と堂々と教えました。今日、嘘を言っていたことがわかりました。南京玉すだれ、と検索したら 日本の大道芸の一つ、としか出てこないのです。アさて、さて、さてさてさてさて、

  • 小心者のアオサギ

    渡り鳥の水鳥で賑やかだった八郎川も 今はカルガモしかいない。そんな寂しいにアオサギがいたので カメラを向けた。すると アオサギ、私が川の中をじゃぶじゃぶ入ってくる、とでも思ったのだろうか 逃げた。旋回して、私が歩いていた土手の前方に降りてきた。この小心者

  • 生姜の保存法

    鶴の尾団地を古賀駅方面へ降りると 滝の観音方面から流れてきた川があります。この川は八郎川に合流します。その川沿いは狭い平野?なのですが 田や畑があり、稲や農作物の成長も見る事ができるし、植木農家の立派な木や庭も見る事ができる 楽しい散歩道です。先日、お隣

  • ハマユウ

    浜木綿と書きます。八郎川の土手に咲いていました。彼岸花科だそうです。そういえば花の感じが似ています。これは2週間ほど前に撮った写真なので、今は花がきれいに開いているのではないかな、と思います。最近暑くて、、、散歩に出てないので、 その後の花の様子は想像して

  • 健康体操教室スタッフミーティング

    健康体操教室は 月に2回実施されていますが 運営されているスタッフさん達は 健康体操教室実施日を除く 毎週金曜日 当日に向けての事前ミーティングをしておられるそうです。今日は スタッフミーティングに ちょっとだけお邪魔してきました。ミーティング前に 当日

  • 青虫君との再会

    昨夕、水巻をしていたら アゲハ蝶が現れました。私の目の前をずっと円を描くように飛んでいます。もしかしたら、あの青虫君(かわいこちゃん)?心配してたので 蝶になったよ、って 知らせに来てくれたのでは、40cmほどの近さで 人の周りを飛んでいる蝶なんてありえな

  • imagined scenerys with fabric and thread

    糸で描いた 心象風景です。

  • 青虫を飼ってみる

    八朔の木を剪定中、青虫を見つけました。アゲハ蝶の幼虫です。飼ってみる事にしました。小1の孫が可愛がって かわいこちゃん、という名前を付けました。この青虫は5齢幼虫で 卵からかえってから4回もの脱皮を繰り返し さなぎになる前の最後の段階だそうです。飼育箱に入

  • 楚々とした花、その2

    この花も 楚々とした風情がある山野草です。ラン科だそうです。ネジバナです。右巻き、左巻きがあります。ここは北半球だから左巻きかな?台風の話じゃないですから 違います。右巻き左巻きは ほぼ同じ比率だそうです。時を遡ることうん十年前 夏休みに入ってすぐ、サー

  • 楚々とした花

    水引き草が咲きました。むか~し、結婚して間もない頃、夫の実家の庭で初めて見ました。お姑さんに名前を教えてもらいました。細いすっと伸びた茎に 赤と白の小さい花が咲いていて そこから名前が付けられたのでしょう。このような 楚々としたイメージの花 好きです。赤

  • スズメを見くびっていました

    薔薇の根元にもみ殻を撒きました。水撥ね防止の為に。もみ殻を撒いた翌日の朝 いつになくスズメの声がにぎやかです。何事があったのだろう、と、庭に出てみると スズメがもみ殻を撒いた所に集まり もみ殻を蹴散らしていたのでした。私に気付くと 飛び立ちましたが 姿が

  • 長崎新幹線橋梁

    5年程前から どこへ行くにも車だった私が歩きを始めました。当時2歳の孫をお供に歩くと 働く車を見て喜ぶので 工事現場によく行っていました。(今はもう付き合ってくれません(-_-;)その頃から 高速道路、新幹線の橋梁工事が始まっていました。平間平野(平間平野という

  • カンナが咲いてました

    カンナの花が咲いていました。川の中の堆積した所に。見かけると懐かしい気分になります。小さい頃からどこにでも咲いている花でした。先日、 カンナの花はトロピカルな花です、書いてある植物サイトを見て カンナがトロピカルな花?と、意外な言葉に驚きました。ところが

  • くちなしの花

    この写真は2015年6月22日に撮った写真です。道を挟んだ前の家の方に頂いた クチナシの花です。純白とはこのような色を指すのでしょう、きれいな白です。甘い香りも漂っています。花が終わってから挿し木にしてみました。挿し木成功しました。あれから6年、木の丈が40cmほど

カテゴリー一覧
商用