chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
パワースポットうそきの滝自然公園 https://ameblo.jp/hayaofukumoto/

うそぬきの滝自然公園にある植物を通して、自然とは何か、生きる事は何かを追求しています。

鹿児島県加治木町にある、パワースポットうそぬきの滝自然公園には近年日本各地より、様々な方が訪れるようになりました。公園にある植物を通して、自然とは何か、生きる事は何かを追求しています。ご覧になって頂き、生きる力にかえて頂ければ幸いです。 著書 1985年 小説集 「工場」 1991年 小説集 「家」 1994年 小説集 「蒸気機関車を降りてから」     (いずれも編集工房ノア刊)

福元早夫
フォロー
住所
姶良市
出身
姶良市
ブログ村参加

2012/04/28

1件〜100件

  • 詩集 「生きるよろこび」

          行動は勇気   行為とは意図や目的のある人間の活動をいう 行動は無意識の活動条件反射なども含む広い意味で生物学や心理学では行動が多用される 社会学…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          ありのままに生きる  充足感を実感すると愉快な気持ちになれるどんな日であれその日をとことん楽しむこと ありのままの一日ありのままの人々過去は現在に…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          明日に向かって   過去現在未来という時があるのではない 過去の現在過去が現にあること過去を現に心に描いていること 現在の現在未来の現在があるので…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          疲労は警報 疲労は痛みや発熱と同様にこれ以上に運動や仕事を続けると体内に害が及ぶという警報である 身体の状態や機能を一定に保とうとする恒常性で痛み…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          価値観の形成   価値観の形成は親や書物で吸収することもある組織や共同体に属することで継承されることもある 個人的な体験から思索の積み重ねによって…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          世界最古の宴会  現在のところ確認されている世界最古の宴会は約1万2000年前になる 料理は野牛や亀の肉と思われ全部で17キロ以上で35人分以上あ…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          偶然と運命   偶然とは運命の先駆形態であるとか運命とは内的に同化された偶然であるといったふうに偶然が運命と結びつけられる 偶然を運命に転じるには…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          心理的時間   心理的時間は伸縮してその度合いは大人より子供が大きい 大人は短く感じられるが実はこのくらいだろうと心理的時間を補正できるが子供はで…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          運の女神 山の神は女神が多く男神は狩猟伐採芸能をになう 水や生命を育む山は女性原理とされ山の神は生産をになうため日本語のヲンナはヲミナで産むの意で…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          笑いは百薬の長 笑いはがんリウマチ糖尿病アレルギーなど多くの病気の治療や予防に有効であり強力な鎮痛効果がある ストレスを和らげ脳血流を活性化するな…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          試行錯誤 失敗を重ねながら成功や解決へ近付く一連の行為が試行錯誤である どんな事でも何度も繰り返せば徐々に見通しが立てられ解決法が立ったり適応した…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          魂の中の英雄   ヒーローやヒロインの多くは普通の人を超える力・知識・技術を持ちそれらを用いて一般社会にとって有益とされる行為救世主としての役割を…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          自己表現   人生に変化を与えるには書くことによって自己対話を続けることにある 自分を感じながら書くには瞑想的に書くことで大切な感情に気づき自分を…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          行動の誘因 人間が生命を維持し環境に適応していくのに必要な均衡状態がくずれたときに回復するために行動を起そうとする緊張状態を欲求といい行動の誘因と…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          夜明け 夜明けとは東の空が白んでうす明るくなるころで江戸時代の社会時刻制度である貞亨暦では日の出前36分に達したときとし時刻の起点明け六つとした …

  • 詩集 「生きるよろこび」

          視野が広い人 視野が広い人は世の中には自分と異なる意見が存在することを知っている 偏見がなく他人の考えや意見を受け入れる ひとつの考えに固執したり…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          次の手を打つ  対策を立てるにはその方法をいくつか検討し細部の計画を作り対策案の長所や短所を比較検討する この方法でこのやり方やこの手順でこの時期…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          勇気と忍耐 現在は欲求が充足されずに不快な情動体験が多くても将来は充足されるという予期を抱いたり過去の快的な体験を回想することによって喜びを体得す…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          幸福は趣味から 趣味とはより広く教養や美的感受性を養うことでそれに役立つ活動をいう 読書や各種の芸術の鑑賞や職業としてではない作品の製作を楽しむこ…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          笑われて 笑いが人間的であるのは笑いには笑う者と笑われる者という分離があり何かを対象化する心の働きが存在する事実がある これは人間だけがなしうるこ…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          失敗に負けない 成功する人としない人との決定的な違いは知識の量や頭の良さなどではなくやるべきことをやる習慣である ラクな方に逃げそうになった時ほど…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          ピンチは力 ピンチは自分が大きく成長するためにやってきて多少痛い目にあってもそれを学ぶことができたらそれまで自分が知らなかった才能が開花する ピン…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          わが道を歩く 前向きな人の心理は基本的になんとかなると思っている まだ結果が出ていないことを恐れたり過剰に心配したりしないで自信に満ち溢れて動じる…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          人生の目的   世の中の物事は常に変化を繰り返し同じ状態のものは何一つない それにも関らず人はお金や物地位や名誉人間関係や自分の肉体に至るまで様々…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          成長のチャンス  精神性の高い人はどんな苦難が訪れてもこれは成長のチャンスだと考える もっと境地の高い人は成長ができるならと苦難を自ら選択できる苦…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          太陽の光 光速と呼ばれる光はこの宇宙で最も速いスピードで進み1秒間に30万kmで地球を7周半も回ることができる あまりの速さに光に速度があるように…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          興味は幅広く  心理的な興味と能力的な適性は車の両輪であってこのバランスがうまくとれていないと満足できる職業生活は遂行できない あなたの興味をでき…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          他人の目   虚栄心とは自分を大きく見せようと見栄を張りたがる心である 他人の目を意識して虚勢を張ったり自分をアピールしたりする 気のふさいだ馬を…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          健康の三要素 病は気から心の病は体からといい栄養が偏ったり生活が不規則になったりすると、健康を害しやる気や集中力が失われる 食事と運動と睡眠は心身…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          無言の力 持久力の栄養摂取法はグリコーゲンで体力はほんの一握りの恵まれた人間のものである しかし厳しく身を守り常に耐え抜くことはごく弱小な者でもで…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          体力と耐久力 力とはもともとは仕事の際の筋力感に発した用語であって運動の法則が定式化される以前にはさまざまな意味に用いられた 現在でもエネルギーと…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          もう一歩前へ 積極性とは人が物事に対して肯定的で自ら行動を起こすことやその傾向をいう 積極性がある人は仕事や性格において様々な状況に置いて自ら考え…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          若さは失われない 大地から神から人から美と喜悦勇気と壮大偉力と霊感を受ける限り人の若さは失われない 霊感が絶えて悲歎の白雪が心の奥までも蔽いつくす…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          理想に生きる  道を守って生きれば孤立するが権力にへつらえば居心地はよかろう だがそののちに来るのは永遠の孤独だめざめた人は現世の栄達に迷わされず…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          是認と徳性  人間は利己心のほかに同感の原理をもちそれによる是認という営みがいろいろな徳性を自立させる根源である 正義もその徳性として自立するがこ…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          自分は自分 社会に利益をもたらせばめぐりめぐって自分の利益として戻ってくることが多い 自身の行動が周囲の行動へと伝染して他者の行動を誘発し利他的に…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          生命と希望 やがて成長して新しい種子が得られるという希望がなければ農夫は種をまかない 希望はいつまでも人とともにあって悪と不幸を克服する 希望は強…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          人生は流動的   固定観念は経験や得た知識から形成され思考の基盤になる だが自由な発想を制限して行き詰まり偏った情報が固定観念を形成することもある…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          自分の価値観 価値観とは自分らしさを最も象徴するものと言え自己の最大の強みである 自分の価値観に沿った生き方ができるとやる気が湧水のようにあふれ出…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          自己認識 内面的自己認識とは自分の価値観情熱願望の内省的な理解 外面的自己認識は外側から自分自身を理解することで他人が自分をどう見ているかを知るこ…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          旅の価値 旅は日常生活を一時的に離れて自己を見直す意味があって違った環境での自然や文化や人々との出会いは自己確認と発見の新たな機会をつくってくれる…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          人間愛の心 人間愛の精神は互いの存在を強さも弱さも持ち合わせた生身の人間として肯定的に受け止めようとする思いが普遍化されたものである 人間尊重や生…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          運がよい人 新しいことに果敢にチャレンジする人は失敗よりも挑戦しなかったことを後悔し成功より失敗を忘れやすい そのため新たな挑戦を続けていると記憶…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          心が純粋な人 純粋な人は心がキラキラ輝いて混じり気のない気持ちで正直であるためにどこか人をひきつける魅力を備えている 心が純粋な人と接することで自…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          上昇気流  炎はその熱によって周囲の空気の密度を小さくして上昇気流を発生させ炎の穂のような形が作られている この上昇気流には二酸化炭素を除去し新し…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          心機一転 心機は心の働きや心が弾む気持ちのことで一転は一回りして一回転することから心が今までとは全く違う状態になることをいう 耐える心に新たな力が…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          報酬への期待  その時々の行為を引き起こす機縁が動機で日常の習慣的な行為では意識されていないこともある ABいずれを選ぶべきかの選択では意識されそ…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          自己評価  自己評価とは自尊心的な意味で自分の評価を肯定するとか否定するといった意味ではない 社会において自分が生み出したものを評価することであっ…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          喜びとは 人は欲求が充足されると肯定的な情動を欲求不満の場合には否定的な情動を体験する 肯定的な情動が喜びで個人における欲求の種類や強さと欲求を阻…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          人間らしさの三要素   勇気とは自分の意思で考えて行動する生物だけに与えられた思考や行動ともいえる 人間らしさとは何で決まるのかという問題になると…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          人の基本的な能力 想像力とはイメージする力である経験に意味を与え現実に理解を提供する助けとなり人間が物事や現象を理解するための基本的な能力の一つで…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          誇り高く生きる 人間一人ひとりがもう少し誇り高く生きることが大切ではないでしょうか 大きな花豪華な姿で咲き誇る花を羨み自らを卑下することなく小さき…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          自分に忠実に 目標を立てることで人生に意味が生まれ毎日がより充実したものになる それにはつぎの三つのポイントを抑えることである やりたいことをひた…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          人間の可能性   常識は学問的知識とは異なり人が社会生活を営むための意見や行動様式をいい経験の集積からなることが多い 時代や場所や階層が異なれば通…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          目標達成 人生には様々なことが起きるもで予定どおりに目標を達成してゆけることは稀である 目的を成し遂げた人はさまざまな困難に遭遇し諦めず何度か目標…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          自分を大事に  比較とは二つまたはそれ以上の対象を種々の観点から観察しそれらの類似性ないし同一性および差異性を明らかにする思考の働きである 自然科…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          悟りをひらく  諦めるとは放棄断念ギブアップなどマイナスイメージが多い だが本来は悪い意味ではなくつまびらかにするいろいろ観察をまとめて真相をはっ…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          脳の変化 世に天才は存在せずIQも関係なく超一流一流二流三流を分けるのは練習時間と練習の質 質の高い限界的練習法を行うと脳が変化する 僕はいい画や…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          生きる喜び 人は活動することで精神的な充足を感じ生きる喜びに感謝の念が自然に湧き上がってくる 今この瞬間にあなたが無常の喜びを感じていないとしたら…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          取り越し苦労 取り越すとは先のことをあれこれ考える予測するという意味 確実に起きるかどうかわからない先の事をあれこれ悪い方に考えることは無駄な心配…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          愚痴とは  愚痴は事物やものの道理に関して心が混迷して正しい判断ができないで迷う心理作用ですべての煩悩のもとになる だれにだってあるんだよ ひとに…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          結果を思うな   結果は本人ばかりでなく他人にも影響を与える 一方で結果だけで物事を語ることで良い結果が生まれるのか不明な点について過程を踏まない…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          幸福の三要素  幸福の3要素はすべき仕事愛する人楽しみなことである 意味のある仕事をし人間関係を保ち楽しみな約束がある時不幸を感じることはない 仕…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          逆風はありがたい   順風であろうと逆風であろうと風に翻弄(ほんろう)されてあせってはいけない いかにいい波に乗り続けられるか這い上がっていくかは…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          悩み事の解決策  対処法や解決法を知りたいのが悩みの共通点でそれがわからず同じ考えが堂々巡りする 悩み事は次の三段階の解決策によって克服することだ…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          苦痛を求める  生理的心理的な損傷でおこる苦しみや痛みの感覚である苦痛は避けられるべきものである だがあえて苦痛を求めることもあり精神分析では苦痛…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          恥を恐れるな  恥はなんらかの比較の基準にもとづく劣位の感情と観念で比較されるのは人の地位容姿などや機敏さ勇気などのふるまいで恥は集団の秩序を維持…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          幸福への第一歩 意思決定とは正しい目標の認識や情報の収集目標達成の方策の考案最善の方策と実行計画の立案計画の実施の監督を包括する 人生のほとんどす…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          麦の成長 麦ふみは根の成長や増加を促進し霜柱が土を持ち上げて根を傷めることを防ぐ効果がある 足で踏むことで浮き上がった土を押さえ土に根を張らせまっ…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          虹をみる  虹はさまざまな色を含むがそのすべてが太陽の白色光から分かれたもので各色の間に明確な境界を引くことはできない 虹色の旗は多様性と共存の象…

  • 詩集 「生きるよろこび」

           常識を変える 人は自由な発想で常識を変え発明進化発展を繰り返して生き残ってきた過去がある 存在している課題に対して思考解決を繰り返してきた 常識…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          不満の種 人が生まれつき持つ食欲や睡眠などを生理的欲求と言い成長する過程で発達するものを心理的欲求という これらは人間関係や社会生活において生じ独…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          時を待つ  機運とは時のめぐりあわせや物事を行うのにちょうどよい機会を意味し様々な条件が揃って物事を行うのに良い状態になっていることをいう さあ元…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          不愉快な言葉   苦痛とは痛覚の刺激などの不愉快なはたらきによって誘発される情動で痛みの感覚そのものとは区別される 苦痛は悲しみ欲求不満葛藤などの…

  • 詩集 「生きるよろこび」

            人に失敗はない  人は生まれてから立ち上がるまで何度転んだことか最後に立ち上がれるまで失敗を繰り返す 馬や牛のように生後すぐに立ち上がり自分の…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          生きる技術  ユーモアにはセンスが必要で聞き手と自分を対等に扱う心の姿勢 受け取り手にとっては自分が使おうとしている表現がどう感じられるかというこ…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          幸福な人とは 連想や願望との関連で人は過去の経験が熟知感や親近感を伴いながら再現されることが多々ある 尊敬すべき幸福な人は逆境にいてもつまらぬこと…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          客観と主観   客観とは第三者の立場からものごとを観察して考えることで主観的との違いは他人が納得できることが前提になる 主観的の場合は他人がどう思…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          ぼくのモットー モットーとは個人が使うときは標語や座右の銘で企業が使うときは経営理念や企業理念などと似た意味を持つ 短い言葉で他人にわかりやすく四…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          精神の昇華 人は孤独状態で自分について考えることを強いられその結果創造性想像力の発展につながり精神が昇華される たとえ一人になろうとも全世界に立ち…

  • 詩集 「生きるよろこび」

           現状を打開  勇気とは強気で積極的な心境を指す言葉である 不安や恐怖恥を恐れる事無く目的へ立ち向かうこと或いはそういった気力気概をいう ある時は…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          生活設計  生活設計は 自分がどのような生活を送るか計画を立てること 具体的な生活の様式や計画などを人生設計ともいう 一日一日を大切に過ごしてくだ…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          言葉の使い方 言葉は人間が共有する言語体系で一次的には音声二次的には文字を用いて感情情報要求などを伝える機能をもち社会習慣的に定められた記号の体系…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          勝気   喜劇王のチャップリンはこういった人に大切なのは自信を持つことだ 私が孤児院にいたとき腹をすかせて街をうろついて食いものをあさっていたとき…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          才能とは 才能とは脳と身体の適応性で全ての人が持っていて質の良い練習の量とレベルは比例する 自分に能力がないなんて決めて引っ込んでしまっては駄目だ…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          幸福の定義  幸福とは自力といただくものという両方の面を持った言葉で人は単独で生きているのではなく守護天使のようなものがついている 幸福のこんな定…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          人の発達  幼い子どもの発達の過程で言葉や歩行の習得のような学習が長期にわたって行われる この場合の行動様式の永続的な変化は多様な経験に基づいて広…

  • 詩集 「生きるよろこび」

           牛のように 痩せた土地に家畜を放して他所から運び込んだ自然の飼料で飼養することによって土壌の改良を図る方法がある 体格が大きく餌の摂取量も排泄量…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          愉快に暮らす   人は火葬して骨になれば不潔感を抱くことが無く爽快さを感じることもありユーモラスなものに見えさえする 悲しんでも苦しんでも一生は愉…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          勘違い  言葉を人へ伝えるときにまちがえることがあって機械に送信と受信を頼るほうが誤りが少ない ただ勘違いしちゃいけないのは下に落ちるっていうこと…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          恐怖   恐怖はない方が安心だがそれは死んでいるのと同じで生きる体験の中には必ず恐怖が入ってくる 存在を揺るがされるということはうまくすれば新しい…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          勇ましい強い心   普通の人が恐怖不安躊躇あるいは恥ずかしいなどと感じる事を恐れずに自分の信念を貫いて目標に向かって挑戦していく積極的で強い心意気…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          心に太陽を   太古から太陽を人格として捉えた太陽神は多くの神話や伝承などで最高神として描かれて崇拝の対象である 昼夜を分けて世界を統治する男性神…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          取り越し苦労 いつも心配しがちで不安が高くなりやすい人は神経症的な傾向が高く内向的な人が多い 小さなことに気づき些細なことも気になり活発な行動より…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          苦悩の解放 ひとりの人間の苦悩は誰かのために役に立つ 自分を世界へ開いておくと心の視野が広がりなぜ自分がこんな目にどうして不幸なんだといった堂々巡…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          運命と戦えば   偶然と偶然の間で人は生き必然を求めて努力してそれが人生を充実したものにする まじめに生きている限り必ず不幸や苦しみが降りかかって…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          誠実さと精神力  人間は恥を知っている唯一の動物でその感情体験をもとにその後における自分の行為を方向づける 才能で負けるのはまだ言い訳が立つしかし…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          練 習 ある刺激に反応が起こるときそれが繰り返されると刺激と反応の結合が強められこのとき繰り返される操作を練習と呼ぶ 練習しないときは刺激反応の結…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          不安 不安を感じること自体は決して異常ではなく危険や脅威を未然に警告しそれらに備えて防御するための行動の源泉として働く 人間に合理的に備わった大切…

  • 詩集 「生きるよろこび」

          屈するな  屈服や屈伏)は相手の力や勢いに負けて従うことや力尽きて服従すること 降伏や降服)は戦いに負けたことを認めて敵に従うことである 服と伏は…

ブログリーダー」を活用して、福元早夫さんをフォローしませんか?

ハンドル名
福元早夫さん
ブログタイトル
パワースポットうそきの滝自然公園
フォロー
パワースポットうそきの滝自然公園

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用