プロフィールPROFILE

きさくさんのプロフィール

住所
江南市
出身
大口町

自由文未設定

ブログタイトル
kisaku2の山風景
ブログURL
https://mtkisak3.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
主に中部圏内の山を四季を通じて撮った山の風景写真のブログです。
更新頻度(1年)

159回 / 365日(平均3.0回/週)

ブログ村参加:2012/01/28

読者になる

きさくさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 全参加数
総合ランキング(IN) 5,608位 5,792位 6,111位 6,005位 5,891位 5,374位 5,373位 980,289サイト
INポイント 0 70 50 60 50 40 70 340/週
OUTポイント 0 60 50 20 40 50 70 290/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 313位 318位 333位 325位 315位 299位 303位 32,935サイト
風景写真 41位 41位 43位 42位 42位 40位 41位 3,192サイト
アウトドアブログ 105位 113位 122位 114位 117位 105位 111位 11,951サイト
登山 19位 19位 21位 18位 18位 16位 17位 2,300サイト
今日 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 全参加数
総合ランキング(OUT) 19,755位 19,699位 20,804位 20,229位 18,956位 18,341位 18,301位 980,289サイト
INポイント 0 70 50 60 50 40 70 340/週
OUTポイント 0 60 50 20 40 50 70 290/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 470位 472位 503位 475位 431位 395位 401位 32,935サイト
風景写真 54位 54位 57位 53位 47位 44位 45位 3,192サイト
アウトドアブログ 461位 460位 484位 466位 428位 413位 407位 11,951サイト
登山 45位 44位 50位 46位 45位 42位 39位 2,300サイト
今日 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,289サイト
INポイント 0 70 50 60 50 40 70 340/週
OUTポイント 0 60 50 20 40 50 70 290/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32,935サイト
風景写真 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,192サイト
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,951サイト
登山 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,300サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、きさくさんの読者になりませんか?

ハンドル名
きさくさん
ブログタイトル
kisaku2の山風景
更新頻度
159回 / 365日(平均3.0回/週)
読者になる
kisaku2の山風景

きさくさんの新着記事

1件〜30件

  • 宇連山東尾根 5

    東尾根から先へ進むと北尾根との境界へ。上臈岩はここから入って行きます。今回は歩きにくく滑りやすく、岩場につけられた階段の横木も朽ちてなくなりますますもって歩きにくい北尾根を進みます。北尾根のピークと更にその奥に宇連山の姿が見えてます。このまま北尾根を進もうかとも思いましたが、最近軟弱で(^^;)、急遽シュートン沢を下って県民の森の紅葉を眺めよう!と変更。急なシュートン沢ルートを下ることにしましたぁ。気...

  • 宇連山東尾根 4

    東尾根に合流後、この山域の登山道らしい岩尾根のアップダウンが続きます。4月に来た時に行った上臈岩も見ることができます。実はこの時、東尾根展望台の近くで昼食をとった時、忘れていったバーナーがひょっとして残っていないかな?とわずかな期待を持ってできれば東尾根から北尾根を歩こうと思い、不動沢からのルートとしました。しばらくアップダウンを続けると東尾根展望台とそこに立つあずま屋が現れます。このあずま屋から...

  • 宇連山東尾根 3

    不動沢ルートはいつもは下りに使うルートで登るのは今回始めて。前半が薄暗い鬱蒼とした森の中を沢沿いに登っていきます。大きな苔むした石がゴロゴロとした歩きにくいルートです。後半になると明るい気持ちの良い森の中を登っていき、途中の分岐を東尾根へ。綺麗な紅葉を見ながら20分ほど登って行くと東尾根に合流します。11月23日撮影にほんブログ村...

  • 宇連山東尾根 2

    今回は宇連山東尾根を不動沢ルートから登りました。このルート取りにはちょっと訳があって....それはのちほど。雨樋や暑い時期にはお世話になった風穴を過ぎ、おしどり池へ紅葉を眺めながら進んでいきます。おしどり池は人工池ですが、紅葉の映り込みを期待してましたが、思ったより紅葉した木が少なくちょっと残念。11月23日撮影にほんブログ村...

  • 宇連山東尾根 1

    愛知県新城市の愛知県民の森へ山歩きがてら紅葉を眺めに行ってきました。早朝の県民の森駐車場付近の紅葉はまだ陽があたってないので少し色づきは歩く見えますが、綺麗です。歩いていると陽が当たり始め良い感じの景色。11月23日撮影にほんブログ村...

  • せせらぎ街道の紅葉

    宇津江48滝の帰り、高山市からせせらぎ街道を通って紅葉の状況を見てきました。いつもの平滝さすがに紅葉の時期だけあって、特に標高の高い西ウレ峠をはじめ、平滝、大倉滝、西ウレ峠、こもれび広場などは満車状態で賑わっていました。寄り道もできす、車窓から横目で紅葉を眺めながら走ってきました。11月3日撮影にほんブログ村...

  • もう一つの展望台へ 宇津江48滝

    展望台から下り始めて少したつと霧も晴れ、紅葉が輝いて色鮮やかになってきました。駐車場のすぐ近くにもう一つの展望台があり、寄ってみました。先程よりくっきり見える様になってきていました。穂高岳笠ヶ岳はあまり冠雪していないようです。久しぶりの滝巡り、しっかり満喫してきました。11月3日撮影にほんブログ村...

  • 銚子口滝 宇津江48滝

    展望台から上はこれまでと違って緩やかなナメ滝の様な感じの滝が最上部の広場?みたいな所まで続きます。今回は展望台で折り返すことにしました。谷を渡って対岸の滝のそばを下っていきます。銚子口滝です。11月3日撮影にほんブログ村...

  • 展望台へ 宇津江48滝

    王滝から急な登りとなり銚子口滝をすぎるとしばらく黄葉の森の中を進み展望台に着きます。展望台からは笠ヶ岳、穂高岳や乗鞍岳の姿が雲海の上に見えています。上高地川より雪が多いようですね。左から北穂、涸沢岳、奥穂高、前穂高岳と続きます。乗鞍岳は雲に覆われて隠れてしまいました。11月3日撮影にほんブログ村...

  • 王滝 宇津江48滝

    やがて滝群の中で最も大きな王滝の姿が見えてきました。水量も多くなかなかの迫力です。11月3日撮影にほんブログ村...

  • 霧に覆われた森 宇津江48滝

    上流へ向かって登っている間、周囲は霧がかかり、柔らかな雰囲気の森の姿。時折霧も薄れ陽が射すと幻想的。11月3日撮影にほんブログ村...

  • 逞しき蕪の木 宇津江48滝

    滝だけでなく力強い逞しい巨木も多いところです。11月3日撮影にほんブログ村...

  • 白い落水が綺麗 宇津江48滝

    一番下流の魚返滝から始まり、この滝群の中で最も大きい王滝までおおよそ50~100mくらいの間隔で連続して滝が姿を現します。朝霧滝本当に霧がかかって良い雰囲気をかもし出しています。平滝上段滝梵音滝(きよのたき)11月3日撮影にほんブログ村...

  • 紅葉 宇津江48滝

    岐阜県高山市国府町の宇津江48滝に行ってきました。最期に行ったのは5年前、紅葉の時期に行ったのは15年前。久しぶりの宇津江48滝です。ちょっと霧がかかっていますが、紅葉は....少し早いのかな?立派な案内板が立ってました。ここは名前から推察すると48個の滝があると思われがちですが、最上部までに13個の滝です。「よそ八」言う人にまつわる伝説からきているそうです。うっすらとかかる霧の中で渓谷美を楽しみます。...

  • 今シーズン最期の楽しみ 上高地

    徳沢で軽く食事をした後、戻ります。梓川や古池に映る黄葉の景色を眺めながらも足取りは早くなって。なぜならいつものあれが待ってるからです。明神館は素通りし嘉門次小屋へ一直線です。今シーズン最期の嘉門次小屋の岩魚の塩焼きです!なんでここの塩焼きは美味しんだろう!また来年も食べに来るんだ!と言う気力が湧いてきます(笑)。岳沢湿原を過ぎ、河童橋に戻ってきました。穂高も午後の日差しを浴びて影がひろがり秋の午後...

  • 晩秋の徳沢 上高地

    明神から徳沢へ向かいます。澄んだ空気と綺麗な水で古池も綺麗です。徳沢へ向かうところではすでに落葉してしまい、明るい森の中を歩いていきます。梓川の奥に冠雪した大天井岳が眩しい。明神、前穂高岳がそびえる梓川の河原から秋の景色が広がります。徳沢に到着。テントがいくつか張られていました。ベンチで軽く昼食。飛び舞う鳥の姿を眺めてまったり休憩します。11月2日撮影にほんブログ村...

  • シモバシラ 上高地

    もともと苔が綺麗な上高地。この時期でも綺麗な苔が多かったです。今年初氷柱です(笑)氷花です。これは土から出ている茎の部分は枯れてしまうが、根のある土中は暖かいので凍らずに水を吸い上げ続け、それが茎を突き破り氷となり外部へ伸び茎の周囲に「氷柱(霜柱)」を作ったもの。話には聞いていましたが実際に見たのは初めてでちょっと興奮しました。よくよく見ると綺麗な氷の花です。やがて明神に近づいてきました。手前の池...

  • カラマツの黄葉 上高地

    河童橋に到着しました。いつもの様に近くのトワサンクでホットコーヒーとアップルパイを食べました。外のテーブルでとも思いましたが....冷え込んでいて....河童橋の欄干や橋も霜で白くなっていました。小梨平に寄り道。ここまでくるとやっと陽があたって暖かな景色が広がります。黄葉の色も黄金色に輝いています。はぁ~、温かい!黄金色に染まる森の中を明神へと向かいます。11月2日撮影にほんブログ村...

  • 淡い色のカラマツの黄葉 上高地

    河童橋へはカラマツ林の遊歩道を眺めて歩きますが、霜が多く、カラマツの黄葉もいつもの黄金色でなく淡い黄色に見えてます。梓川も靄がユラユラ。幻想的な景色です。11月2日撮影にほんブログ村...

  • マユミの実も白く 上高地

    田代湿原を後に先へ進みます。田代湿原からしばらく進むと林間コースと川沿いのコースの分岐に出ます。ここを川沿いのコースへ進むと1箇所だけバイカモの花が見れるところがありますが、ちょうどおられた上高地の関係者の方の話ではこの場所だけが何故か1年中バイカモの花を見ることができる不思議な場所だとか。そう言えば何月にきてもいつも花を見ていたのを思い出しました。上高地の神秘の一つですね。遊歩道のあちこちに可愛...

  • 初冬の田代池 上高地

    この時期に上高地に通い続け、田代池の立ち木が霜で白くなっている景色を見るのは6年振りです。それだけ条件が揃わないと見れない神々しい景色を今年は見ることができました。田代池に陽があたり始めると靄がたって素晴らしい景色になるのですが、1時間以上待たなくてはならずいつも断念しています。もう少し時間調整しゆっくり上高地散策ができればなぁといつも思いつつしばらく見惚れていました。11月2日撮影にほんブログ村...

  • 霜で白く覆われて 上高地

    少し靄のかかった大正池を眺め、先へ急ぎます。霜で葉が白く輝いています。田代湿原に近づくと....湿原周辺は霜で真っ白に!この景色が見たくていつもこの時期に訪れている様なものです。当たり外れがありますが、今回は....いい感じ!初冬の景色が広がります。11月2日撮影にほんブログ村...

  • 今シーズ最期の上高地

    今シーズン最期の上高地行きです。毎年のことですが、今回はだいぶ冷え込んでいる様で黄葉の上高地だけでなくいろいろ楽しめそうな予感。大正池でバスを降りて徳沢まで歩きました。まだ暗い平湯温泉アカンダナ駐車場の上高地行きバス乗り場は始発が6時20分ですが30分前ですでに行列ができていました。結局、臨時バスが出て予定より早く上高地入。やっと山頂部に陽が射してきた焼岳雲ひとつ無い青空の下、少しだけ冠雪した穂高の峰...

  • コウヤボウキとエンシュウハグマ 雨生山・金山

    下っていくに連れ増えてきたのがコウヤボウキとエンシュウハグマ似たような花ですが違いが分かります。エンシュウハグマはムラサキセンブリと同じ、今回お目当ての花でした。なかなか花が多く、また訪れたくなるような山でした。世界の桜の園も春先、どんな感じで咲いているのかも興味ありです。10月26日撮影にほんブログ村...

  • 金山から桜の園へ 雨生山・金山

    さて困ったのが金山から桜の園への下り道。案内板がありません!反射板の横に踏み跡があり少し行ってみたら結構急な、いかにも滑ります!と言うところに。戻って瓶割峠の方へ向かいます。ちょうど登ってきた人がいたので情報交換。なんとか林道へ降りれました。ここを登ってく人も何かしら半信半疑でお互い出会うとちょっとホッとした感じが見とれました(笑)林道へ出たは良いけどここでまた悩むことに。地図を頼りに中部電力の巡...

  • 金山へ 雨生山・金山

    あんなに遠くに見えていた金山も歩いてみると1時間位。森の雰囲気も時々変わって結構、楽しみながら歩きました。本当に腰掛けれそうな大きなサルノコシカケ?もありました。金山山頂です。このすぐそばに見ていた反射板があります。10月26日撮影にほんブログ村...

  • ミカワマツムシソウ 雨生山・金山

    雨生山から今度は金山へ向かいます。続く山並みの一番左、反射板が見えてるところが金山です。先程登ってきた雨生山、金山分岐まで戻って森の中を進むと、開けた場所へ出ました。このあたりはミカワマツムシソウがあちこちに咲いてます。花弁が開いたミカワマツムシソウ。こっちの方が何となくマツムシソウらしいですね。綺麗なウメバチソウも少しだけですが咲いていました。10月26日撮影にほんブログ村...

  • 雨生山山頂へ 雨生山・金山

    分岐から雨生山へ向かいます。立ち木の少ない開放的な尾根道で正面の三角形の山が雨生山です。しばらく進むと浜名湖が見えてきました。思ったほど登りがなく、緩やかな登りで山頂に到着です。一応、山頂の看板浜名湖方面の展望が開いています。反対側の藪の中に新城へ下る案内板。ちょっと覗いてみたけど、藪がひどく本当に道があるの?って感じでした。もちろん、下っては行きませんでしたが。気持ちの良い山頂でまったり休憩タイ...

  • 開ける展望を眺めながら 雨生山・金山

    標高も上がってきて少しずつ展望も開けてきます。反射板が近くに見える様になると雨生山も間近。綺麗なリンドウが咲いていました。本宮山方面の展望が開けます。相変わらず泥濘んだ道が続きます。反射板への標識を無視して踏み跡を辿ると雨生山・金山への分岐に出ます。10月26日撮影にほんブログ村...

  • センブリ 雨生山・金山

    ムラサキセンブリだけでなくセンブリも一緒に咲いていたりしていました。綺麗でした。10月26日撮影にほんブログ村...

カテゴリー一覧
商用