住所
アメリカ
出身
ハンドル名
あー坊さん
ブログタイトル
元テレビ屋のひとこと多いブログ@アメリカ
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/dc2011/
ブログ紹介文
脱サラして渡米、アメリカ人嫁と暮らす日々。米国の〇と×、そして愛する日本について。
自由文
-
更新頻度(1年)

48回 / 117日(平均2.9回/週)

ブログ村参加:2012/01/12

あー坊さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 03/23 03/22 03/21 03/20 03/19 03/18 全参加数
総合ランキング(IN) 4,071位 3,945位 3,832位 3,406位 3,195位 3,443位 4,260位 953,323サイト
INポイント 10 20 30 70 60 130 220 540/週
OUTポイント 120 130 240 210 290 460 400 1,850/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
海外生活ブログ 133位 126位 123位 111位 99位 112位 142位 34,761サイト
アメリカ情報 9位 9位 8位 7位 7位 7位 9位 1,460サイト
今日 03/23 03/22 03/21 03/20 03/19 03/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 6,605位 6,622位 6,432位 5,982位 5,674位 6,058位 7,086位 953,323サイト
INポイント 10 20 30 70 60 130 220 540/週
OUTポイント 120 130 240 210 290 460 400 1,850/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
海外生活ブログ 267位 269位 260位 243位 230位 245位 279位 34,761サイト
アメリカ情報 13位 13位 12位 10位 11位 11位 12位 1,460サイト
今日 03/23 03/22 03/21 03/20 03/19 03/18 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 953,323サイト
INポイント 10 20 30 70 60 130 220 540/週
OUTポイント 120 130 240 210 290 460 400 1,850/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 34,761サイト
アメリカ情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,460サイト

あー坊さんのブログ記事

?
  • 【番外編⑤】消息不明ではマズイと思い

    番外編をたらたら書いていることが何よりの生存証明だけど、結局どうなったのかについてここでキチンと報告しないのもなんだか収まりがわるい。到着後、6週間のホテル暮らしと告げられてゲンナリしていたところ、俺の必死の祈りのせいかかみさんの人徳によるものか、3週間

  • 【番外編④】なにを浮足立って

    「わが大統領ドナルド・トランプは、ここに住んでいる」とトランプサポーターが誇らしげに示したのは、残念ながらホワイトハウスではなく、リンカーン記念堂。白い柱が建ち並ぶところは似ているが、まったく別の建物だ。「低学歴層」として括られることの多いトランプ支持者

  • 【番外編③】ドバイは中国領?

    ワシントンDC発のエミレーツ航空機が着陸したのは、ドバイだった。本来であればここで一晩を過ごし、翌朝の便で任地へ向かうところ、合宿から引越し、そのあとホテルを転々とする生活でヘトヘトになった体を休めるため、リゾート地として知られるドバイに数泊することにし

  • 【番外編②】エミレーツには気をつけろ

    やられた!と思った。任地までの移動で乗ったエミレーツ航空、預け入れ手荷物の重量制限がえらく厳しくなってたぜ。2019年2月4日以後に発券されたチケットで乗る場合、以下のような感じ。エコノミークラス、しかも割安な「Special運賃」の話な。

  • 【番外編①】朝食会場でザンネン

    任地には着いたが、入居することになっている住宅にまだ先住者がいるため、俺たちは6週間にわたるホテル暮らしを強いられている。スーツケース4個の持ち物でひと月半を暮らす難儀を強いられるなか、助かるのはホテルに朝食がついていること。外国人ビジネス客向けのわりと

  • 本ブログ、いったん幕引き

    ワシントン・ダレス国際空港でヒコーキを待っている。アメリカでの暮らしを綴る目的で始めたこのブログには、いったんキリをつけることになる。始めたのは2012年1月で、いつのまにやら7年がたった。いったいどれほど書いてきたのかと思って調べてみたら、投稿1740

  • 迷惑な隣人

    日本ではエホバの証人の信者さんによる輸血の拒否が知られているが、堅い信条によりクスリや医療をいっさい拒否する人たちがアメリカにはけっこういる。もしもそういう人があなたの隣人になったら何が起きるのかという話。ある発展途上国では感染症が蔓延しており、駐在する

  • 思っていた値段ではなかった

    よく晴れ渡ったが強風の吹き荒れた日、俺たちは妙な行列につらなってとあるビルディングへ入って行った。ドライブスルーのハンバーガーや結婚ではない。9ドルを払ってやってもらうことがあった。

  • 正確にいうと「チップ論争」とは

    結局うちでは払ったチップについての論争、話を単純化して書いたが、実際にはもう少しこみいっている。この件、最初は引越し屋さんに「ランチを出すのがいいか、チップとして渡すのがいいか」という質問から始まった。万事に余裕のない現場でのランチの用意は負担が大きいの

  • 「チップ論争」我が家の対応

    引越し業者が派遣してきた作業員は3人で、リーダーともうひとりがヒスパニック、残るひとりがアフリカ系。彼が同僚とかわす言葉のなかに、グヘッと驚く情報がふくまれていた。40代もなかばかと思われるその黒人は、こう言った。「俺ぁこの仕事10歳のときからやってるん

  • ここへきて骨折?!

    引越し荷物を出した翌日、朝起きたら右の手首が痛かった。内側にはわずかに曲がるものの、外側に反らすことがまったくできず、動かそうとしただけで激痛が走る。見れば手首とその周辺が妙に腫れあがっている。やっちゃった...?

  • 「初の海外引越し」その得点は?

    とんでもないコンディションで引越しに突入した。前の週、大寒波が押し寄せるなかでのトレーニングキャンプは、底冷えのする教室と野外訓練、あらゆる専門用語が猛烈なスピードで飛び交う授業での集中維持にヘトヘトになったうえ、ホテルの寒さ・エアコンの爆音・体に合わな

  • 「成犬であっても」の衝撃

    ケージに閉じ込められ、自由に遊ぶこともできず、ひたすら子犬を産まされていた「繁殖犬」が、悪徳ブリーダーから捨てられ、運よくレスキュー団体の手で保護され、新しい飼い主にめぐりあったという話題。むぎちゃんというその子(推定7歳)は、遊びや散歩の楽しみを知らず

  • 修羅場で最優先したいふたつのこと

    合宿、なかなかシンドイ。俺なんて単なる家族なのに、職員が危機に際してどう行動するのかという職業上の高度な訓練にも洩れなくつきあわされ、英語ネイティブじゃないことにもまったく考慮してもらえないこの感じはなんなんだ。そのうえ講師は授業を超特急で飛ばしていくか

  • ロマンチックではないホテルへ来た目的

    首都を離れてはるかな道をドライブし、西方のとある地をめざした。大地のうねりがどこまでも続いてダイナミックだ。ただし制限速度いっぱいで走っていると、上り坂の頂点を過ぎたところでふわりと体が浮く感じが気持ち悪い。ラリーカーだったらこんな直線では時速200km

  • コンマリ、すごいことに

    不確定要素はあるものの、来月はじめの家財送り出し、中旬の赴任という想定(笑)で動いている。現地から宿舎の割り当てが知らされ、日当たりはよくない(ダイニングルームは昼間も電灯が必要な北向き)が、スペースだけは無駄にあるアパートであることが判明。広くはあるが

  • 愚かさから抜け出せない生き物

    いよいよアメリカもここまで来てしまった。トランプは「壁」建設を正当化するための国家非常事態宣言を準備中らしいが、メキシコ国境から不法移民がちょろちょろ入ってくる程度のことが非常事態だなんて呆れて物も言えない。これほど荒唐無稽なでっち上げが多くの国民から支

  • 歯医者がガラガラだった理由

    インプラントの歯医者通いもついに終盤をむかえ、今日は前回入れた「2階部分」の型をとってきた。2月上旬に出来上がってくる義歯を入れて終了。の予定。ところでこの歯医者はホワイトハウスにほど近く、わけても政府関連機関の多い街区にあるのだが、今日はガラガラだった

  • 胸のつかえが取れた

    そんなもの外国人に見ていただく必要のないどぎついエロが、ようやくひとつ街頭から消えることになった。東京オリンピックに向けて4年前から勝手に心配していた件だが、それから2年後の2017年にミニストップが成人向け雑誌の販売停止を表明。今年になってセブンイレブ

  • アメリカで覚えた贅沢

    こういってはナンだがロシアの情報サイトから来た話なので眉にツバをつけるとしても、世界の住宅の室温を比較したとき日本がダントツに低いという調査結果には妙な説得力がある。極寒ロシアの24度に対し、日本は10度。寒いところほど猛烈に暖める傾向があるとはいえ、こ

  • 支援物資を受け取らなかった理由

    ニューヨークでホームレスの人たちに支援物資を詰めたバックパックを渡す活動をしている人がいて、クリスマスイブにひとりの男に出会った。その男はイスラム教徒の移民でシャー・ジャハーンと名乗ったが、この名は17世紀ムガール帝国(現インド)の第五代君主にしてタージ

  • ほんとに赴任できるのか

    ようやく「西郷どん」最終回。東京出張などの間にたまっていた録画がようやくハケたわけだが、がんばって観ただけのことはあって、なかなかいいドラマだった。もちろんドラマ的誇張はあるものの、西郷のあの大きなからだに蔵されていた巨大な人間愛を描き出すこころみは十分

  • NHKはイアン・ブレマーに利用されるな

    一見かたい話だが、実にわかりやすい構造がある。イアン・ブレマーは、トランプ大統領の出現以前からアメリカがリーダーの座を降りたあとの世界を描く一連の「Gゼロ本」を大ヒットさせた国際安全保障分野の物知りだが、学者というよりは商売人であり、メディアが(とくに公

  • 命ながらえることの難しさ

    土壇場で保護された野犬モニカは、9匹の子を産むには産んだ。だが、クリスマスから新年にかけて生まれたその子らのうち、いま生き残っているのは2匹のみだ。9匹きょうだいはいずれも身体が小さく、弱々しかった。

  • ダイソンデビュー(笑)

    おまえんちならダイコンデビューだろとか言われそうだが、なんのなんの正真正銘あの掃除機を買ったぞ。掃除機といえばアメリカへ来てすぐに一台買ったが、アメリカンブランドの巨大なくせに吸引力いまふたつ+ホースひんぱんに脱落というしろものだったから、当時結婚したて

  • 早ければ年内に下司トラが?な噂

    希望的観測というのは、やればやるほど後になってガッカリ感におちいやすいからそこそこにしておきたいが、新年への思いをこめて一発。下司トラが自主的に退場してくれる可能性の話だ。早ければ年内にも退陣するかもしれないと語ったのは、共和党息子ブッシュ政権で働いた経

  • 子供のオモチャまで売りに出し

    昨夜かみさんの同僚のあいだに流布された情報によれば、先週受け取った給料(2週間ごとに支給)を最後に、今月は支払いがないもよう。政府シャットダウンはゆくえの目途が立たず、だんだん洒落にならなくなってきた。いま周囲で何が起きているのかというと...

  • 歯医者のちょっといい話

    6月に顎の骨の造成手術を受け、10月にインプラントが入ってから3ケ月。インプラントと骨の癒着が進んだところで、やっとこさ次の段階に進んだ。進んだが終わってはいない。おれ6週間後にはアメリカを去るんだが、間に合うのかなあ。それはさておき、今回はインプラント

  • 驚愕の寄付金、その理由

    去年、ワシントン州シアトルで癌のため63歳で亡くなったアラン・ナイマンは、とんでもないヒミツを隠していた。ソーシャルワーカーとして地域の恵まれない子供たちのために働いていたナイマンは、州の社会福祉サービス局に勤め、そこそこの給料を受け取っていたが、暮らし

  • 娘が小さな手を合わせたのは

    ドイツに住む友人は、6歳の娘と公園を散歩中、ふと振り返ったら娘の姿が見えなかった。おやっ...少し戻ってみると、娘は知らない人の墓に手を合わせていた。