元テレビ屋のひとこと多いブログ@アメリカ
読者になる
住所
アメリカ
出身
ハンドル名
あー坊さん
ブログタイトル
元テレビ屋のひとこと多いブログ@アメリカ
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/dc2011/
ブログ紹介文
脱サラして渡米、アメリカ人嫁と暮らす日々。米国の〇と×、そして愛する日本について。
自由文
-
更新頻度(1年)

61回 / 329日(平均1.3回/週)

ブログ村参加:2012/01/12

あー坊さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 全参加数
総合ランキング(IN) 12,407位 11,773位 11,668位 11,930位 11,395位 10,402位 10,908位 975,526サイト
INポイント 0 20 40 20 20 30 20 150/週
OUTポイント 30 10 90 10 80 30 70 320/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
海外生活ブログ 479位 459位 450位 458位 437位 408位 426位 35,166サイト
アメリカ情報 27位 27位 28位 29位 27位 27位 27位 1,490サイト
今日 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 20,808位 20,940位 17,481位 19,032位 19,086位 20,891位 21,616位 975,526サイト
INポイント 0 20 40 20 20 30 20 150/週
OUTポイント 30 10 90 10 80 30 70 320/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
海外生活ブログ 1,011位 1,015位 846位 924位 922位 1,017位 1,056位 35,166サイト
アメリカ情報 41位 41位 36位 39位 38位 43位 46位 1,490サイト
今日 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,526サイト
INポイント 0 20 40 20 20 30 20 150/週
OUTポイント 30 10 90 10 80 30 70 320/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 35,166サイト
アメリカ情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,490サイト

あー坊さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、あー坊さんの読者になりませんか?

ハンドル名
あー坊さん
ブログタイトル
元テレビ屋のひとこと多いブログ@アメリカ
更新頻度
61回 / 329日(平均1.3回/週)
読者になる
元テレビ屋のひとこと多いブログ@アメリカ
  • 危険な、あまりにも危険な賭け

    トランプがウクライナの大統領と妙な約束をしたことが事実であれば、弾劾は当然だが、今回の民主党の決断はかなり危険な賭けだ。調査の結果どれほど強力な証拠があがったとしても、共和党優勢の上院が弾劾決議に至るとはとても思えないからだ。この件がコケたら、トランプは

  • 不思議なテレビ

    インターネットの時代、世界のどこにいても日本のテレビを好きなだけ見て、日本の空気のある部分をリアルに知ることができる。もともとは見る習慣のなかったワイドショーにチャンネルを合わせてみたんだが、いまどきのワイドショーって芸人が幅を利かせてるのな?司会にコメ

  • こうして分断は深まる

    個人的な好みとしてトランプのような下司には我慢がならず、なにより反アメリカ的であることから、まったく認めていない。たが彼を支持する人たちについては、さまざまな事情があってのこととして理解してきた。ただし、移民を親にもつ議員は「じぶんの国」に帰れという暴言

  • そんなにひどい番組だったか?

    世界の果てまでイッテQ!のお祭り企画に“有罪判定”が下されたが、俺はそうでもないと思っている。「多くの視聴者が番組に求める約束に反したものだったと言われても仕方がない」とBPOはいうけれど、いったいあの番組は俺たち視聴者にどんな約束をしていたのか?視聴者

  • こんなもの作るかよ(笑)

    アメリカでは近ごろ妙なクセが流行っていて、困ったことに俺にもその気持ちがよくわかる。YouTubeには「角栓抜き」という人気ジャンルがあってだな、ふさがった毛穴を開いて内部にたまった皮脂をニュルニュルと押し出す映像をひたすら見つめる人がいるのである。皮膚科医など

  • 大相撲、こうすれば盛り上がる?

    5月場所を見ていてつくづく感じたのは、小さな力士の相撲はやはり面白いということ。小兵(こひょう)力士は、体格で劣るぶん研究熱心で、多彩な技を繰り出すからだ。一方で大型力士だが、ここで引き合いに出すのは気の毒だが、かつての横綱曙は体重233kgの存在感を誇

  • 本当の敵はそこじゃない

    トランプがイギリスへ行くと反トランプのデモが行われ、倫理的にもあれほど問題のある人物に対して健全な反応といえるが、日本にはそういう空気がほとんど(一切?)なかったように見える。やはり日本でのトランプ人気はホンモノだ。主な理由はトランプが仕掛けた対中貿易戦

  • まずは厳罰化でしょ

    思わぬことで無名のひとのつぶやきが拡散したのは、性犯罪に甘い社会への怒りを多くの人が共有しているからだろう。野田市の小学4年生が父親に殺害される前に性的虐待を受けていた件、児童相談所がそのことを把握していたことについて「虐待が1回だけだったので重く見なか

  • コメントをくださった方へ

    nonta さん、ありがとうございました。新ブログへのリンクをご希望でしたらメルアドをお知らせください!oosaka kara さん、どのようなエラーかわかりませんが、こちらではメルアドを頂いていますので、リンクをお知らせします!

  • 新天地?でブログ始めました

    引越し先でのブログを開始しました。以前に書いた理由により、足あとを最小限にするため、ここにはリンクを置きません。ご興味ある方はページ下方の「コメントする」「コメントを書く」にメルアドを記入してください。リンクをお送りします。「名前」は、abcなどテキトー

  • 令和の初日に考える「皇室消滅の危機」

    衝撃的な内容だった。「日本人と天皇」というNHKスペシャル、まったく角度のついていないタイトルからして、いったい何をやるんだろうと思っていたところ、メディアとしていま絶対に伝えておかなくてはならないことを見事に言い切る番組となっていた。前半は皇位継承にと

  • 【番外編⑥】救援物資

    航空便で来た荷物にはせんべいが含まれていたが、量はたいしたことなく、かなり節約しないとすぐになくなりそう...てなことをつぶやいていたら、箱がひとつ届いた。われらがゆうパックである。日本から来たのである。

  • 【番外編⑤のつづき】待ちに待ったアレが

    任地に到着してから5週間、途中ホテルから「わが家」に移りはしたが、スーツケースで持ち込んだ身の回り品だけでは生活しにくく、ストレスは順調に溜まっていた。で、ついに航空便が到着。わずか3箱とはいえ、高さ80cm(事務机は約70cm)もあって結構な量が入って

  • 【番外編⑤】消息不明ではマズイと思い

    番外編をたらたら書いていることが何よりの生存証明だけど、結局どうなったのかについてここでキチンと報告しないのもなんだか収まりがわるい。到着後、6週間のホテル暮らしと告げられてゲンナリしていたところ、俺の必死の祈りのせいかかみさんの人徳によるものか、3週間

  • 【番外編④】なにを浮足立って

    「わが大統領ドナルド・トランプは、ここに住んでいる」とトランプサポーターが誇らしげに示したのは、残念ながらホワイトハウスではなく、リンカーン記念堂。白い柱が建ち並ぶところは似ているが、まったく別の建物だ。「低学歴層」として括られることの多いトランプ支持者

  • 【番外編③】ドバイは中国領?

    ワシントンDC発のエミレーツ航空機が着陸したのは、ドバイだった。本来であればここで一晩を過ごし、翌朝の便で任地へ向かうところ、合宿から引越し、そのあとホテルを転々とする生活でヘトヘトになった体を休めるため、リゾート地として知られるドバイに数泊することにし

  • 【番外編②】エミレーツには気をつけろ

    やられた!と思った。任地までの移動で乗ったエミレーツ航空、預け入れ手荷物の重量制限がえらく厳しくなってたぜ。2019年2月4日以後に発券されたチケットで乗る場合、以下のような感じ。エコノミークラス、しかも割安な「Special運賃」の話な。

  • 【番外編①】朝食会場でザンネン

    任地には着いたが、入居することになっている住宅にまだ先住者がいるため、俺たちは6週間にわたるホテル暮らしを強いられている。スーツケース4個の持ち物でひと月半を暮らす難儀を強いられるなか、助かるのはホテルに朝食がついていること。外国人ビジネス客向けのわりと

  • 本ブログ、いったん幕引き

    ワシントン・ダレス国際空港でヒコーキを待っている。アメリカでの暮らしを綴る目的で始めたこのブログには、いったんキリをつけることになる。始めたのは2012年1月で、いつのまにやら7年がたった。いったいどれほど書いてきたのかと思って調べてみたら、投稿1740

  • 迷惑な隣人

    日本ではエホバの証人の信者さんによる輸血の拒否が知られているが、堅い信条によりクスリや医療をいっさい拒否する人たちがアメリカにはけっこういる。もしもそういう人があなたの隣人になったら何が起きるのかという話。ある発展途上国では感染症が蔓延しており、駐在する

  • 思っていた値段ではなかった

    よく晴れ渡ったが強風の吹き荒れた日、俺たちは妙な行列につらなってとあるビルディングへ入って行った。ドライブスルーのハンバーガーや結婚ではない。9ドルを払ってやってもらうことがあった。

  • 正確にいうと「チップ論争」とは

    結局うちでは払ったチップについての論争、話を単純化して書いたが、実際にはもう少しこみいっている。この件、最初は引越し屋さんに「ランチを出すのがいいか、チップとして渡すのがいいか」という質問から始まった。万事に余裕のない現場でのランチの用意は負担が大きいの

  • 「チップ論争」我が家の対応

    引越し業者が派遣してきた作業員は3人で、リーダーともうひとりがヒスパニック、残るひとりがアフリカ系。彼が同僚とかわす言葉のなかに、グヘッと驚く情報がふくまれていた。40代もなかばかと思われるその黒人は、こう言った。「俺ぁこの仕事10歳のときからやってるん

  • ここへきて骨折?!

    引越し荷物を出した翌日、朝起きたら右の手首が痛かった。内側にはわずかに曲がるものの、外側に反らすことがまったくできず、動かそうとしただけで激痛が走る。見れば手首とその周辺が妙に腫れあがっている。やっちゃった...?

  • 「初の海外引越し」その得点は?

    とんでもないコンディションで引越しに突入した。前の週、大寒波が押し寄せるなかでのトレーニングキャンプは、底冷えのする教室と野外訓練、あらゆる専門用語が猛烈なスピードで飛び交う授業での集中維持にヘトヘトになったうえ、ホテルの寒さ・エアコンの爆音・体に合わな

  • 「成犬であっても」の衝撃

    ケージに閉じ込められ、自由に遊ぶこともできず、ひたすら子犬を産まされていた「繁殖犬」が、悪徳ブリーダーから捨てられ、運よくレスキュー団体の手で保護され、新しい飼い主にめぐりあったという話題。むぎちゃんというその子(推定7歳)は、遊びや散歩の楽しみを知らず

  • 修羅場で最優先したいふたつのこと

    合宿、なかなかシンドイ。俺なんて単なる家族なのに、職員が危機に際してどう行動するのかという職業上の高度な訓練にも洩れなくつきあわされ、英語ネイティブじゃないことにもまったく考慮してもらえないこの感じはなんなんだ。そのうえ講師は授業を超特急で飛ばしていくか

  • ロマンチックではないホテルへ来た目的

    首都を離れてはるかな道をドライブし、西方のとある地をめざした。大地のうねりがどこまでも続いてダイナミックだ。ただし制限速度いっぱいで走っていると、上り坂の頂点を過ぎたところでふわりと体が浮く感じが気持ち悪い。ラリーカーだったらこんな直線では時速200km

  • コンマリ、すごいことに

    不確定要素はあるものの、来月はじめの家財送り出し、中旬の赴任という想定(笑)で動いている。現地から宿舎の割り当てが知らされ、日当たりはよくない(ダイニングルームは昼間も電灯が必要な北向き)が、スペースだけは無駄にあるアパートであることが判明。広くはあるが

  • 愚かさから抜け出せない生き物

    いよいよアメリカもここまで来てしまった。トランプは「壁」建設を正当化するための国家非常事態宣言を準備中らしいが、メキシコ国境から不法移民がちょろちょろ入ってくる程度のことが非常事態だなんて呆れて物も言えない。これほど荒唐無稽なでっち上げが多くの国民から支

カテゴリー一覧
商用