searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

池下先生さんのプロフィール

住所
愛知県
出身
未設定

現代は情報化社会です。 多くの情報が、簡単に手に入る時代です。 さらに言えば、情報が氾濫している状態です。 これからを生きる子供たちに求められているのは、 多くの情報の中から、 「自分が必要とする、正しい情報を選択する力」 だと考えています。 その力を得るのに、一助となれれば幸いです。

ブログタイトル
魔法の国語
ブログURL
http://87842541.at.webry.info/
ブログ紹介文
名古屋の中学受験専門プロ家庭教師です。 国語の魅力と名古屋の受験事情を語っていきます。
更新頻度(1年)

162回 / 365日(平均3.1回/週)

ブログ村参加:2011/04/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、池下先生さんの読者になりませんか?

ハンドル名
池下先生さん
ブログタイトル
魔法の国語
更新頻度
162回 / 365日(平均3.1回/週)
読者になる
魔法の国語

池下先生さんの新着記事

1件〜30件

  • 熱中症にはくれぐれもお気を付けください

    今年の夏は本当に暑いですね。 特に12時から14時くらいは殺人的な 暑さになっています。 コロナも怖いですが、 ここ数日は熱中症、水難事故で 亡くなる人の方が多いくらいですね。 お盆休みを気を付けて過ごして ほしいです。

  • 医学部と国語

    昭和大学が国語と数学の選択に なるらしいですね。 数学が苦手だけど、 医師になりたい優秀な女子に 人気が出るとかでないとか。 一方、名大医学部の国語は現代文だけに なるようですね。 それぞれの大学の変更理由も 何となく分かる気がします。 今回は短く、この辺で。 暑い日が続きますが、 みなさまくれぐれもご自愛ください。

  • 外山滋比古先生

    外山滋比古先生が亡くなられたとのことで、 大変残念です。 (今の愛知県西尾市出身の方です) 1923年生まれの96歳ですから、 大往生とも言えますが。 名著「思考の整理学」など、 模試などで解いた小中高生も 多いと思います。 今の小中高生達は、 必ず一度は外山滋比古先生の 文章を読んでいると思います。 私も「乱読のセレンディピティ」を プリントで小学生に 小論文っぽいのを書かせたりするの…

  • 熱中症に気を付けてください

    本日はかなり暑いですね。 ここからお盆終りぐらいまで、 天気予報の最高気温を 見ているとかなり暑そうです。 今年はさらにマスクを みなさんしていると思います。 その分、より暑く感じると思います。 熱中症にはくれぐれもご注意下さい。 コロナの第二波も、名古屋の暑さも ずっとは続かないですからね。 我慢強く乗り越えていきましょう。

  • ホッと一息

    先週末に大学受験の共通テストの模試が ありました。 生徒が本当に頑張ってくれて、 目標をクリアしてくれたとのご連絡を いただき、本当に私も嬉しい限りです。 6月、7月と共通テストの研究に費やし、 その成果が出せて本当に安心しました。 ある程度授業で手ごたえは感じていたものの、 夏の短期指導の結果を問う模試は 自分の中ではこの一回だけだったので、 ドキドキでした。 これで夏休みの大学受験向け…

  • 8月2日 土用の丑の日

    本日は土用の丑の日ですね。 ウナギを私は食べていませんが、 食べた方もいらっしゃるかと思います。 土用の丑の日の由来ですが、 平賀源内が言い出したとされています。 ウナギは絶滅が危惧されていますが、 今後は技術進歩で完全養殖などで 安心して食べられると良いですね。 私の場…

  • 梅雨明け

    月も変わり8月になりました。 東海地方は梅雨明けしたようです! 今年は雨が多かった気がします。 マスクしてジメジメと大変でしたが、 最近は晴れの日が続いて嬉しいですね。 夏らしく暑くなってきましたが、 気温の下がった夕方に散歩しております。 適度な運動は心地よいです。 受験は最後の方は 体力、気力勝負ですしね。

  • 基本を徹底して

    明日で7月も終わります。 コロナ感染者がまた増えていて、 色々と心配なことは多いです。 数カ月先はどうなっているのか、 正直分かりません。 できる基本的なことをやっていくしか ないですね。 コロナ予防でしたら、 マスクと手洗いを徹底しましょう。 同様に入試対策も基本的なことを 徹底してやるしかないですね。 センター試験から共通テストに代わり、 どうなるのか。 プレテストを徹底研究…

  • 7月最終週

    タイトル通りですね。 7月も最終週です。 私自身、良い形で終わって 8月に入りたいです。 生徒にももちろんそうです。 やるべきことが明確に見えている 状況にしてあげたいです。 「この道をしっかりいけば、 実力もついて成績も上がるんだ」 という状況で今週を締めたいです。 模試で良い結果が出て、 自信につながるように。

  • 源氏物語

    私の中で、 古文と言えば「源氏物語」です。 私は日本史が大好きですが、 それは平安末期からの 武士の登場以降なんですね。 武士同士が弓、刀で戦う平家物語などが 性に合っております。 雅な和歌の贈答で、男が涙で袖を濡らす 世界観は正直苦手です。 なにを男が泣いとんねん、とエセ関西弁で 言いたくなります(苦笑) ということで、 学生時代から現代文、漢文は好きでしたが、 古文は苦手でした。 …

  • 夏休みの授業

    今年はコロナの影響でどのご家庭も 本当に大変だと思います。 今年受験の子、 受験生を持つ親御さんは 特に大変だと思います。 私にできることとしては勉強面での サポートしかありませんから、 とにかくそこをしっかりと やっていきたいと思います。 (あとは授業料を値引きして 勉強面以外のサービスも 今年度はしております。 何とかこのコロナ不況を 乗り越えましょう) 生徒それぞれの目標も定まり…

  • 夏休み

    今年はコロナで学校、塾の日程が 色々と変更あると思います。 中学・高校によっては これから期末テストといった ところもあると思います。 今年は変則的ではありますが、 私個人としては 夏休みの授業に入りました。 今年も何とか授業後の模試の成績を 上げたいですね。 予測の難しいことが多い一年だけに、 目の前の確かなことを一つずつ着実に こなしていきたいと思います。

  • ご縁を感じる一日

    本当にこれまで いろんなご家庭にお世話になって、 今の自分があるんだなと つくづく感じました。 感謝感謝です。 それしかありません。 今年度の受験生の夏も いよいよ本番ですね。 私も悔いを残さないように 気合を入れていきたいと思います!

  • 藤井棋聖

    すごいですね。 藤井聡太さん。 17歳で最年少タイトルですか。 しかも、相手はあの渡辺明さん ですからね。 瀬戸出身で名大教育学部附属高に 在学中ですから、 地元の人の活躍といった感じで 嬉しいですね。 高校生の子たちは自分と 同年代の子の活躍に 刺激を受けるのでは ないでしょうか。 勉強以外でもいろんな 世界があることにも。

  • 芥川賞・直木賞の発表

    本日7月15日に、芥川賞と直木賞の 発表がありましたね。 芥川賞は高山羽根子さん、 遠野遥さんに決定。 太宰治の孫の石原燃さんは 受賞ならずでした。 直木賞は馳星周さん。 7回目の候補入りで 受賞とのことです。 馳星周さんというと、 1996年の「不夜城」で デビューですので、 「今なんだ?」という印象を 受けました。 基本、受験には関係ないお話でした。

  • 共通テストの国語を考える その1 現代文

    今年度の国語の共通テストですが、 どういう出題になるのか。 プレテストの出題形式、 その各問の正答率を確認し、 駿台、教学社、Z会などの 参考書、問題集を 解いて考えています。 この地区だと河合、東進に 通う子も多いと思うので、 あえてこの2つは外して 他の塾等を参考に調べています。 現代文は記述が予想通りなくなって、 結局新しい問題集が出ています。 この今出ている問題集の賞味期限も 短…

  • 7月12日 名古屋 晴れ

    小学生の日記のように天気を書きます。 「7月12日 名古屋 晴れ」 本当に久しぶりな感じがします。 正確に覚えているわけではないですが、 感覚的には1週間から10日ぶりくらいな 気がします。 ここのところ湿度は高いし、 傘で手はふさがるしで、 中々大変な日々が続きました。 でも今日は晴れ! 明日の午後からまた雨で、 今週も晴れマークがないですが(苦笑) 雨が続いたことで、 晴れのありがたみが…

  • 消去法について

    国語の選択肢問題の場合、 中学受験の模試でも 大学受験の共通テストの模試でも たぶん受験生は消去法は使うと思います。 なぜ模試と書いたかと言うと、 中学受験では入試は 記述ばかりの学校もありますし、 国公立大の2次は記述だけとかもありますので、 とりあえず模試と書きました。 ここのところ 共通テストはどんな問題が出るのか、 そればかり連日考えております。 試行調査、各塾の問題集などを参考…

  • 西大和の2020年過去問

    7月になりましたので、 2020年の過去問も学校のHPで 公開されています。 学校の方で模範解答を 発表してくれるので、 解説はしやすいです。 ありがたいです。 ただ、学校で模範解答を 発表することについては 良い点だけでなく、 悪い点あると思います。 大学入試で出題ミスがあいついだため、 文科省は解答例や出題意図を 明らかにするように 通知しました。 各大学の対応はばらけていますが、 東大…

  • 大雨ですね

    名古屋も現在、かなりの雨が降っています。 岐阜、長野は当別警報も出ている みたいですね。 公共交通機関のダイヤもかなり 乱れがあるようです。 みなさま、くれぐれも気を付けて 一日をお過ごし下さい。

  • 7月7日 七夕

    本日は七夕ですね。 今週の名古屋も雨ばかりですが、 九州の豪雨が心配です。 自然災害やコロナなど、 観光業・飲食業の方にとっては 本当に大変な年となっています。 みなさんが早く日常に戻れることを 願っています。 そして自分に関係するご家庭の 受験が上手くいくことを願っています。 例年と違うスケジュール、 共通テストの導入など、 高3卒の子にとっては不安の種は 尽きないでしょう。 少し…

  • 「読む」「話す」「書く」「聞く」の「聞く」

    「読む」「話す」「書く」「聞く」について 書いてきましたが、今回で最終回。 「聞く」についてです。 正直、「話す」のところで、 すでにかなり書いてしまいました(笑) 古文の朗読CDとか、YouTubeでの朗読とかが 個人的には面白くて今はまっています。 古文を原文で読むだけだと飽きますが、 聞くとまた違います。 平家物語とか琵琶で聞くのも良いです。 昔の人は琵琶法師の この琵琶で聞いていたんだ…

  • 「読む」「話す」「書く」「聞く」の「書く」

    今回は「書く」についての記事です。 中学受験でいうと記述で空欄が多い子も いると思います。 集団授業で先生の模範解答例を 写しただけではいつまで経っても 書けませんし、苦手意識も払拭できません。 解説をじっくり読んで理解することも 大事だと思います。 なぜ、その解答になるのか。 とにかく考える。 ただ、生徒一人だと難しいので、 最初は誰かのサポートが 必要だと思います。 空欄が多い子…

  • 「読む」「話す」「書く」「聞く」の「話す」

    今回は「話す」について 書きたいと思います。 英語ですと英語の発音を 覚えたりするので、 英文の音読は当たり前だと思います。 国語も日本語とはいっても 同じ語学です。 音読は効果的です。 特に中学受験、国語が苦手な精神的に 幼い子には。 セリフの音読は恥ずかしがるかも しれませんので、週末のテストの 説明文などを保護者とお子さんと、 段落ごとに交代で音読したりすると 効果的です。 (ある…

  • 「読む」「話す」「書く」「聞く」の「読む」

    中学受験にせよ、大学受験にせよ、 読書は欠かせないと思います。 語彙を増やす意味でも、 読解勘を維持する上でも。 内容は最初は簡単な本でも良いですが、 徐々に難しい本にもチャレンジしてほしいですね。 中学受験でしたら頻出の本は 日能研さんのHPで直近2,3年の リストがあります。 とても参考になると思います。 私も毎年お世話になっています。 私の今年の読書量は 平均が月10~15冊ですが…

  • 道が見えている時

    中学受験、大学受験にかかわらず、 国家試験などもそうですが、 合格へのルートが見えている時は 勉強は苦痛ではないと思います。 「この問題集をやれば確実に力がつくな。 3回転させれば、余裕で合格点取れるな」 といった、明確に合格できるイメージが できるときは、勉強はむしろ楽しいぐらい じゃないでしょうか。 私も現在夏休みに向けて古文・漢文の 問題集を解いていますが、 楽しくなってきました(…

  • 2020年 後半戦スタート

    7月になりました。 私も6月から生徒の募集を再開し、 いよいよ授業再開の月となりました。 今年はコロナという未曽有の危機があり、 各ご家庭も大変だと思います。 保護者の方、受験生に限らず、 学校、塾の先生のみなさんも 本当に大変だと思います。 私自身、人生観が変わりました。 ふつうの、日常のありがたさが身にしみました。 一日一日を大切にしていきたいですね。

  • 2020年も半分終了

    本日は6月30日。 今日で2020年も6カ月経過ですか。 あっという間な感じがします。 今年前半の話題はほとんどコロナでしたね。 個人的にはコロナで仕事を自粛して、 この仕事を開始してから 初めて収入ゼロも経験しました。 テレビで出るような、 飲食・宿泊業の人の辛い気持ちも よく分かります。 また、免疫力の低下が怖くて 健康に気を付けるようになり、 お酒もやめました。 ・・・これは多分良い影響…

  • 作家3代の系譜 太宰治ー津島佑子-石原燃(後半)

    今回は太宰治の系譜の後半です。 太宰治の孫である石原燃さんの 小説デビュー作が 芥川賞候補になり、話題です。 知名度のある太宰治の孫であることと、 太宰治の芥川賞との因縁が あるからですね。 実は、太宰治は第一回の芥川賞に 候補になりましたが、落選しています。 当時借金もあって、賞金も欲しかったんだと 思うんですけどね。 パビナール中毒になっている生活を おくっていました。 選考委…

  • 作家3代の系譜 太宰治ー津島佑子ー石原燃(前半)

    幸田露伴の次は、太宰治の系譜について 書きたいと思います。 教科書などで「走れメロス」など 読んだ方も多いと思います。 言わずと知れた太宰治。 「走れメロス」には元になった、 作家の檀一雄との面白いエピソードが あります。 いずれ書くかもしれません。 さて、太宰治ですが、 大学受験の問題集でも 結構載ってたりします。 「富嶽百景」とか。 個人的には作品としては 「人間失格」が好きです…

カテゴリー一覧
商用