searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
葉港日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/potesara-2010
ブログ紹介文
佐世保近辺の風景や、佐世保港(葉港)の船舶、そのほかの日常写真などを、折に触れ写し留めます。
更新頻度(1年)

132回 / 365日(平均2.5回/週)

ブログ村参加:2010/09/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ポテサラさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ポテサラさん
ブログタイトル
葉港日記
更新頻度
132回 / 365日(平均2.5回/週)
読者になる
葉港日記

ポテサラさんの新着記事

1件〜30件

  • 帰港~「はるさめ」

    ※見出しの写真は拡大できません佐世保を定係港(母港)としている護衛艦「はるさめ(DD-102)」の帰港風景です※撮影は2020年10月です「はるさめ」は「むらさめ型護衛艦」の2番艦として三井造船玉野事業所で建造され、1997年3月に就役し、横須賀に配備されました2013年3月、編成替えにより佐世保に転籍となり、現在も佐世保を定係港(母港)としています※以上、関連する各資料より引用しました1234567※画像は2回目のクリックで更に大きな写真になります※ランキングに参加していますにほんブログ村にほんブログ村長崎県ランキング帰港~「はるさめ」

  • 豪フリゲート「アランタ」

    ※見出しの写真は拡大できません2020年10月に佐世保へ寄港した、オーストラリア海軍のフリゲート「アランタ(FFH-151)」が、11月になって再び佐世保へ寄港しました123上五島と佐世保を結ぶフェリー「いのり」が、「アランタ」を抜いて行きます45678910今回は、海上自衛隊の立神岸壁(T3)に着岸しました11※画像は2回目のクリックで更に大きな写真になります※ランキングに参加していますにほんブログ村にほんブログ村長崎県ランキング豪フリゲート「アランタ」

  • 帰港~「しまかぜ」

    ※見出しの写真は拡大できません佐世保を定係港(母港)としている海上自衛隊の護衛艦「しまかぜ(DDG-172)」の帰港風景です※撮影は2020年9月です「しまかぜ」は「はたかぜ型護衛艦」の2番艦として三菱重工業長崎造船所で建造され、1988年3月に就役し、舞鶴に配備されました2007年3月、編成替えにより佐世保へ転籍となりました※以上、関連する各資料より引用しました12345678910111213※画像は2回目のクリックで更に大きな写真になります※ランキングに参加していますにほんブログ村にほんブログ村長崎県ランキング帰港~「しまかぜ」

  • 再寄港~カナダ海軍「ウィニペグ」

    ※見出しの写真は拡大できません10月上旬に佐世保へ寄港していたカナダ海軍のフリゲート「ウィニペグ(FFH-338)」が、再び佐世保に寄港しました「フリゲート」は、満載排水量1,500~4,500トンの駆逐艦より小型の艦で、対潜、防空能力を有し、揚陸部隊、補給部隊、商船団などの護衛を任務とする、水上戦闘艦(航洋護衛艦)を指す呼称です日本では訳さずに、そのまま「フリゲート」と呼ばれています※以上、関連する各資料より引用しました123456789※画像は2回目のクリックで更に大きな写真になります※ランキングに参加していますにほんブログ村にほんブログ村長崎県ランキング再寄港~カナダ海軍「ウィニペグ」

  • 出港~ひらしま

    ※見出しの写真は拡大できません佐世保を定係港(母港)としている海上自衛隊の掃海艇「ひらしま(MSC-601)」の出港風景です※撮影は2020年9月です「ひらしま」は「ひらしま型掃海艇」の1番艇としてUSC京浜事業所で建造され、2008年3月に就役し、佐世保に配備されました艦名は長崎県西海市西方沖に在る「平島」に由来しますなお、2020年11月18日から11月28日まで、海上自衛隊の艦艇19隻、航空機3機及び、米海軍の艦艇2隻が参加し、機雷訓練及び掃海特別訓練(日米共同訓練)が、日向灘で実施中です※以上、関連する各資料より引用しました12345678※画像は2回目のクリックで更に大きな写真になります※ランキングに参加していますにほんブログ村にほんブログ村長崎県ランキング出港~ひらしま

  • 自衛艦旗返納式~「あさゆき」

    ※見出しの写真は拡大できません2020年11月16日、海上自衛隊の護衛艦「あさゆき(DD-132)」の自衛艦旗返納行事(退役式)が佐世保基地の倉島岸壁で行われました「あさゆき」は、1987年2月に就役し佐世保に配備されて以降、退役するまでの33年余り、佐世保を定係港(母港)としてきました同型艦で同じ佐世保を定係港(母港)としていた「いそゆき」と「はるゆき」は、すでに退役しています退役後、艦体は解体される予定となっているようですが、「アンカー(いかり)」は取り外された後「JR佐世保駅」での展示が計画されているようです※以上、関連する各資料より引用しました12345※画像は2回目のクリックで更に大きな写真になります※ランキングに参加していますにほんブログ村にほんブログ村長崎県ランキング自衛艦旗返納式~「あさゆき」

  • 出港~「あきづき」

    ※見出しの写真は拡大できません佐世保を定係港(母港)としている護衛艦「あきづき(DD-115)」の出港風景です※撮影は2020年9月です「あきづき」は「あきづき型護衛艦」の1番艦として三菱重工業長崎造船所で建造され、2012年3月の就役後、佐世保に配備されました※以上、関連する各資料より引用しました12345678※画像は2回目のクリックで更に大きな写真になります※ランキングに参加していますにほんブログ村にほんブログ村長崎県ランキング出港~「あきづき」

  • 帰港~「アメリカ」

    ※見出しの写真は拡大できません佐世保を母港としているアメリカ海軍の強襲揚陸艦「アメリカ(LHA-6)」がおよそ3か月ぶりに帰港しました※撮影は2020年10月です「アメリカ」は2014年10月に就役し、米軍佐世保基地には2019年12月に配備されました123456789101112※画像は2回目のクリックで更に大きな写真になります※ランキングに参加していますにほんブログ村にほんブログ村長崎県ランキング帰港~「アメリカ」

  • 護衛艦「あさゆき」

    ※見出しの写真は拡大できませんしばらく佐世保造船所(SSK)に入渠していた佐世保配備の護衛艦「あさゆき(DD-132)」が海上自衛隊の倉島岸壁に戻ってきました※撮影は2020年10月です「あさゆき」は1987年2月の就役で、艦齢33年を過ぎています1234567891011※画像は2回目のクリックで更に大きな写真になります※ランキングに参加していますにほんブログ村にほんブログ村長崎県ランキング護衛艦「あさゆき」

  • 豪海軍~「アランタ」

    ※見出しの写真は拡大できませんオーストラリア海軍のフリゲート「アランタ(FFH-151)」が、2020年10月下旬、佐世保に寄港しました「アランタ」は、2020年10月19日と20日の両日、南シナ海において海上自衛隊の護衛艦「きりさめ」、アメリカ海軍の駆逐艦「ジョン・S・マケイン」の3隻で実施された日米豪3か国共同訓練の終了後、佐世保に寄港したもようです※以上、関連する各資料より引用しました12345678910※画像は2回目のクリックで更に大きな写真になります※ランキングに参加していますにほんブログ村にほんブログ村長崎県ランキング豪海軍~「アランタ」

  • ミサイル巡洋艦「アンティータム」

    ※見出しの写真は拡大できません横須賀を母港としているアメリカ海軍のミサイル巡洋艦「アンティータム(CG-54)」が佐世保に寄港し、米軍佐世保基地の赤崎岸壁に接岸しました1232機のヘリコプターが搭載されているようです4「アンティータム」の前方には、数日前に入港していたアメリカ海軍の給油艦「ティピカヌー(T-AO-199)」が停泊していたのですが、入れ違いに出港して行きました511月3日早朝に入港した「アンティータム」は、翌4日の朝、佐世保を後にしました6789※画像は2回目のクリックで更に大きな写真になります※ランキングに参加していますにほんブログ村にほんブログ村長崎県ランキングミサイル巡洋艦「アンティータム」

  • 出航~カナダ海軍「ウィニペグ」

    ※見出しの写真は拡大できません佐世保に寄港していたカナダ海軍のフリゲート「ウィニペグ(FFH-338)」の出航風景です※撮影は2020年10月です「ウィニペグ」は、カナダ海軍の太平洋海上軍に配備されているフリゲートで、「リムパック2020(環太平洋合同演習)」への参加後、佐世保へは2回寄港しました123456789※画像は2回目のクリックで更に大きな写真になります※ランキングに参加していますにほんブログ村にほんブログ村長崎県ランキング出航~カナダ海軍「ウィニペグ」

  • 「ナッチャン World」~佐世保寄港

    ※見出しの写真は拡大できません「ナッチャンWorld」は青森港と函館港を結ぶ青函高速フェリーとして建造され2008年5月に就航したのですが、燃料高騰などの理由により約半年で定期運航を休止しましたその後2012年までは、特別クルーズや期間限定の運航に使用されました2016年、国内の運輸・海運8社が設立した「高速マリン・トランスポート株式会社」の保有船となり、同社と防衛省の間で使用契約が結ばれ、必要に応じてチャーター船として運用されています総トン数:10,712トン、全長:112m、全幅:30.5m速力は36ノット(約66km/h)で航行し、車両は大型トラック50台、乗用車110台、人員およそ500名が搭載できます今回は、鹿児島県で行われている日米共同訓練に参加する自衛隊員を北海道から鹿児島まで輸送し、その後佐世保...「ナッチャンWorld」~佐世保寄港

  • 中東からの帰国~護衛艦「きりさめ」

    ※見出しの写真は拡大できません10月26日午前、中東に派遣されていた海上自衛隊の護衛艦「きりさめ(DD-104)」がおよそ5ヶ月ぶりに定係港(母港)の佐世保に帰港しました「きりさめ」は、中東地域における日本関係船舶の安全確保に必要な情報収集活動強化のため、2020年5月に佐世保を出港し任務にあたっていました新型ウイルス感染防止のため岸壁での出迎えは制服を着用した海上自衛隊の関係者のみで、家族の姿はありません※以上、関連する各資料より引用しました12345678※画像は2回目のクリックで更に大きな写真になります※ランキングに参加していますにほんブログ村にほんブログ村長崎県ランキング中東からの帰国~護衛艦「きりさめ」

  • クルーズ再開~「にっぽん丸」が佐世保へ

    ※見出しの写真は拡大できません新型コロナウイルスの影響で途絶えていた国内クルーズ船の運航が、新型コロナへの各種対策などを条件として約8ヶ月ぶりに再開され、感染拡大後初めての商業運航として、商船三井のクルーズ客船「にっぽん丸」が佐世保に寄港しました10月25日に愛媛県新居浜港を出港した「にっぽん丸」は、26日朝佐世保に入港しました入港後クルーズに参加した人たちは、長崎県内各地をコースごとに周遊した後、26日夕方には佐世保を出港し、新居浜港に向かいました※以上、関連する各報道より引用しました123456789※画像は2回目のクリックで更に大きな写真になります※ランキングに参加していますにほんブログ村にほんブログ村長崎県ランキングクルーズ再開~「にっぽん丸」が佐世保へ

  • 佐世保寄港~「くにさき」

    ※見出しの写真は拡大できません呉を母港としている輸送艦「くにさき(LST-4003)」が「おおすみ」に続いて佐世保に寄港しました12345678910佐世保港内での回頭(方向変換)後、海上自衛隊の立神岸壁(T2)に接岸しました10月21日~22日、陸上自衛隊と海上自衛隊が合同で実施する戦闘搭載訓練が倉島岸壁で行われました10月22日には、離島防衛専門部隊「水陸機動団」が水陸両用車「AAV7」や、弾薬、装備品などを載せた(想定)トラック等を、倉島岸壁に移動した輸送艦「くにさき」へ搭載し、訓練のもようが初めて報道関係者に公開されました今回の訓練は10月26日から鹿児島県沖合で行われる日米共同訓練に先立って実施されたものです※以上、長崎県内版の各報道より引用しました11※画像は2回目のクリックで更に大きな写真になりま...佐世保寄港~「くにさき」

  • 佐世保寄港~「おおすみ」

    ※見出しの写真は拡大できません呉を母港としている輸送艦「おおすみ(LST-4001)」が佐世保に寄港しました※撮影は2020年10月です「おおすみ」は「おおすみ型輸送艦」の1番艦として三井造船玉野事業所で建造され1998年3月に就役し、呉に配備されました海上自衛隊の輸送艦は、半島名を艦船名付与基準としており、「おおすみ」は鹿児島県の大隅半島に由来します※以上、関連する各資料より引用しました123佐世保港内で回頭(方向変換)します456789倉島岸壁に着岸しました10岸壁には各種車両が待機中です11※画像は2回目のクリックで更に大きな写真になります※ランキングに参加していますにほんブログ村にほんブログ村長崎県ランキング佐世保寄港~「おおすみ」

  • ミサイル駆逐艦「バリー」

    ※見出しの写真は拡大できませんアメリカ海軍のミサイル駆逐艦「バリー(DDG-52)」が佐世保に寄港しました※撮影は2020年10月です「バリー」は、アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の2番艦として建造され1992年12月に就役しました艦名はアメリカ独立戦争当時のアメリカ海軍代将「ジョン・バリー」に由来します横須賀を母港としています※以上、関連する各資料より引用しました123456789※画像は2回目のクリックで更に大きな写真になります※ランキングに参加していますにほんブログ村にほんブログ村長崎県ランキングミサイル駆逐艦「バリー」

  • 佐世保寄港~「せとぎり」

    ※見出しの写真は拡大できません舞鶴を定係港(母港)としている護衛艦「せとぎり(DD-156)」が佐世保に寄港しました※撮影は2020年10月です「せとぎり」は「あさぎり型護衛艦」の6番艦として住友重機械追浜造船所浦賀工場で建造され、1990年に就役し横須賀に配備されました1997年3月に大湊へ転籍となり、その後2019年2月には編成替えにより舞鶴に転籍となりました※以上、関連する各資料より引用しました123456789101112※画像は2回目のクリックで更に大きな写真になります※ランキングに参加していますにほんブログ村にほんブログ村長崎県ランキング佐世保寄港~「せとぎり」

  • 「銀河丸」~佐世保へ

    ※見出しの写真は拡大できません10月12日(月)の午後、独立行政法人海技教育機構の練習船「銀河丸」が、佐世保に寄港しました佐世保には10月16日まで滞在し、出港後は鹿児島に向かう予定です※以上、関連する各資料より引用しました12345後方に錨泊している船は、アメリカ海軍が運用する貨物弾薬補給艦「チャールズ・ドリュー(T-AKE-10)」です678入港した「銀河丸」は新みなと岸壁に着岸しました9※画像は2回目のクリックで更に大きな写真になります※ランキングに参加していますにほんブログ村にほんブログ村長崎県ランキング「銀河丸」~佐世保へ

  • カナダ海軍「ウィニペグ」

    ※見出しの写真は拡大できません今年夏に開催された、「リムパック2020(環太平洋合同演習)」に参加していたカナダ海軍のフリゲート「ウィニペグ(FFH-338)」が佐世保に寄港しました※撮影は2020年10月です「ウィニペグ」は、ハリファックス級フリゲートの9番艦としてカナダ東部のセントジョン造船所で建造され、1995年6月に就役しましたカナダ南西部、ブルティッシュ・コロンビア州のエスクィマルト海軍基地を母港としています艦名は、カナダ南部マニトバ州の都市「ウィニペグ」に由来します※以上、関連する各資料より引用しました12345678910111213入港してきた「ウィニペグ」は、米軍佐世保基地の立神繋船池に着岸しました14※画像は2回目のクリックで更に大きな写真になります※ランキングに参加していますにほんブログ村...カナダ海軍「ウィニペグ」

  • ミサイル駆逐艦「ハルゼー」

    ※見出しの写真は拡大できませんアメリカ海軍のミサイル駆逐艦「ハルゼー(DDG-97)」が佐世保に寄港しました※撮影は2020年9月です「ハルゼー」はアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の47番艦としてアメリカ南部ミシシッピ州のインガルス造船所で建造され、2005年7月に就役しましたハワイ州の真珠湾を母港としています艦名は、1947年にアメリカ海軍を退役した、ウィリアム・ハルゼー元帥(最終階級)に由来します※以上、関連する各資料より引用しました1234567※画像は2回目のクリックで更に大きな写真になります※ランキングに参加していますにほんブログ村にほんブログ村長崎県ランキングミサイル駆逐艦「ハルゼー」

  • 出航~とわだ

    ※見出しの写真は拡大できません佐世保に寄港していた海上自衛隊の補給艦「とわだ(AOE-422)」の出航風景です※撮影は2020年8月です「とわだ」は「とわだ型補給艦の1番艦として日立造船舞鶴工場で建造され、1987年3月の就役後、呉に配備されました現在も呉を定係港(母港)としています艦名は、青森県と秋田県にまたがる湖「十和田湖」に由来します※以上、関連する各資料より引用しました123456789※画像は2回目のクリックで更に大きな写真になります※ランキングに参加していますにほんブログ村にほんブログ村長崎県ランキング出航~とわだ

  • 出航~「ペコス」

    ※見出しの写真は拡大できません佐世保湾に錨泊していたアメリカ海軍の給油艦「ペコス(T-AO-197)」の出航風景です※撮影は2019年9月です「ペコス」は「ヘンリー・J・カイザー級給油艦」の11番艦(建造中止2艦を含む)として建造され、1990年7月に就役しました艦名は、アメリカ南部のニューメキシコ州とテキサス州を流れる、ペコス川に由来します※以上、関連する各資料より引用しました123456789※画像は2回目のクリックで更に大きな写真になります※ランキングに参加していますにほんブログ村にほんブログ村長崎県ランキング出航~「ペコス」

  • 「いせ」~SSKへ

    ※見出しの写真は拡大できませんすっきりした青空に恵まれた昨日、久しぶりの潮風にあたってきました海上自衛隊佐世保基地を定係港(母港)としている、ヘリコプター搭載型護衛艦「いせ(DDH-182)」が、海上自衛隊の立神岸壁から佐世保造船所(SSK)の立神4~5号岸壁に移動しましたこの後、定期検査に入るのではないかと思われます1海上自衛隊のタグボートの支援により離岸しました23その後代わったSSKのタグボートに曳かれ、造船所の岸壁に向かいました456※画像は2回目のクリックで更に大きな写真になります※ランキングに参加していますにほんブログ村にほんブログ村長崎県ランキング「いせ」~SSKへ

  • 出航~「マスティン」

    ※見出しの写真は拡大できません横須賀を母港としているアメリカ海軍のミサイル駆逐艦「マスティン(DDG-89)」が、寄港していた佐世保から出航して行きます※撮影は2020年8月です123456789※画像は2回目のクリックで更に大きな写真になります※ランキングに参加していますにほんブログ村にほんブログ村長崎県ランキング出航~「マスティン」

  • 出航~アラン・シェパード

    ※見出しの写真は拡大できません佐世保に寄港していた、アメリカ海軍が運用する貨物弾薬補給艦「アラン・シェパード(T-AKE-3)」の出航風景です※撮影は2020年8月です「アラン・シェパード」は、ルイス・アンド・クラーク級貨物弾薬補給艦の3番艦として建造され、2007年6月に就役しました艦名は、アメリカ初の宇宙飛行(約15分間)に成功した宇宙飛行士「アラン・シェパード海軍少将(退役時)」に由来します※以上、関連する各資料より引用しました1234567※画像は2回目のクリックで更に大きな写真になります※ランキングに参加していますにほんブログ村にほんブログ村長崎県ランキング出航~アラン・シェパード

  • 出航~チャールズ・ドリュー

    ※見出しの写真は拡大できません佐世保に寄港していたアメリカ海軍が運用する貨物弾薬補給艦「チャールズ・ドリュー(T-AKE-10)」の出航風景です※撮影は2020年8月です「チャールズ・ドリュー」は「ルイス・アンド・クラーク級貨物弾薬補給艦」の10番艦として建造され、2010年7月に就役しました艦名は、血液保存方法(輸血用)の発見や、血液バンクのシステム確立に貢献し、1944年「スピンガーン・メダル」を受章したアフリカ系アメリカ人の医師「チャールズ・ドリュー」に由来します※以上、関連する各資料より引用しました123456789※画像は2回目のクリックで更に大きな写真になります※ランキングに参加していますにほんブログ村にほんブログ村長崎県ランキング出航~チャールズ・ドリュー

  • ミサイル駆逐艦「マスティン」

    ※見出しの写真は拡大できませんアメリカ海軍のミサイル駆逐艦「マスティン(DDG-89)」が、佐世保に寄港しました※撮影は、2020年8月です「マスティン」は、アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の39番艦として建造され、2003年7月に就役しました2006年7月に横須賀配備となり、現在も横須賀を母港としています※以上、関連する各資料より引用しました123456789米海軍赤崎貯油所に着岸しました10※画像は2回目のクリックで更に大きな写真になります※ランキングに参加していますにほんブログ村にほんブログ村長崎県ランキングミサイル駆逐艦「マスティン」

  • 「ありあけ」~ソマリア沖へ

    ※見出しの写真は拡大できません9月13日午前、海上自衛隊の護衛艦「ありあけ(DD-109)」が、ソマリア沖・アデン湾における海賊対処に派遣される第37次水上部隊として、佐世保基地を出発しました派遣隊員数は約190名で、海上保安官8名も同乗します「ありあけ」は2002年3月に就役し、佐世保を定係港(母港)としています※以上、関連する各資料より引用しました123海自隊員や佐世保音楽隊の演奏に見送られ、倉島岸壁を離れて行きます456甲板上に整列する「登舷礼」、「帽振れ」や、艦橋からの「発光信号」の点滅により、見送りの人達への謝意を表しながら出港します78後方に停泊中の「すずつき(DD-117)」艦上からも、見送りの姿が見られます9ご安航を祈ります10※画像は2回目のクリックで更に大きな写真になります※ランキングに参加...「ありあけ」~ソマリア沖へ

カテゴリー一覧
商用
読者になる
clear この画面を閉じる

読者登録してブログ村リーダーで
このブログをチェック!

葉港日記

佐世保近辺の風景や、佐世保港(葉港)の船舶、そのほかの日常写真などを、折に触れ写し留めます。

読者になる