searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

はじめさんのプロフィール

住所
世田谷区
出身
愛知県

診断を受けてから10年が経ちます。でも、この間にかなり成長しました。発達障害児・者はマイノリティで、高機能はその中でさらにマイノリティのようですが、その数少ない当事者の方々の役に少しでも立てれば良いなと思っています。

ブログタイトル
斜に構えてみる
ブログURL
http://deliberation.cocolog-nifty.com/blog/
ブログ紹介文
息子が広汎性発達障害と診断されて10年以上が経過。その成長を中心に、療育や学校関係について思う事を書いています。
更新頻度(1年)

12回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2010/08/25

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、はじめさんをフォローしませんか?

ハンドル名
はじめさん
ブログタイトル
斜に構えてみる
更新頻度
12回 / 365日(平均0.2回/週)
フォロー
斜に構えてみる

はじめさんの新着記事

1件〜30件

  • (708) 一旦休止します

    既に3ヶ月放置していて、何を今さら……と感じる方もおられるとは思いますが、しばらくこのブログはお休みすることと致します。理由は以下の3点。息子の振る舞いで問題行動がほとんど見られなくなり、発達障害関係で書けることがなくなった。息子が高2も後半に差し掛かり、その進路検討状況...

  • (707) 変化する環境

    息子が小学校時代から行きつけの床屋さんが、しばらく休業する旨の貼り紙を出しました。息子の特性についても承知しており、長い間ずーっとそこで切ってきたため、さてどうしようかと困惑しています。妻ともいろいろ相談しました。想定される課題として、切り替え先を個人店にするといずれまた同様...

  • (706) 続・息子の塾選び

    塾は、体験授業を受けられるので、通いやすい中から親が2つ選択して、息子に体験に行かせました。そして、息子に「2つの塾で試しに授業を受けたんだけど、その中でどちらが良い?」と聞いたところ、「B塾の方」との回答が返ってきました。正直、意外でした。ぶっちゃけ、息子が自分の好みをプロ...

  • (705) 息子の塾選び

    台風10号の影響も心配な昨今ですが、皆様も安全第一でお過ごし下さいますようお願いします。息子も先々週から登校が始まりました。相変わらず、密集を避けるために午前だけだったり午後だけだったりしますが、日常に復帰しつつあります。そして、夏休み中に妻とも相談し、AO受験も視野に、息子...

  • (704) 息子のプライド

    息子の行動は不合理に見えます。朝の身支度、登校準備や食事も、自室でできること、ダイニングでやれること、洗面台でやること、の順番と動線をよく考えれば、もっと手短に早く終えられるのに、と思うのですが、あっち行ったりこっち行ったりでなかなか進みません。そして、やっと出られるのかなと...

  • (703) 就職までの「進み方」を考える

    息子も、高2生の夏を迎えました。そろそろ、本格的に進路を考えなければなりません。息子は、どうやら鉄道会社への就職を考えているようで、その実績のある専門学校へ進むことを考えているようです。私自身、学歴にそれほどこだわりはないので、本人がそれで納得しているなら構わないと思っています...

  • (702) 習熟度クラス

    今は、タイトルのような言い方をしないのかも知れません。でも、学校で子どもの能力や理解の程度を元に、いくつかのグループに分かれて別に授業をすることがあります。こういうやり方について、「できる子の選抜だ」という見方をする人もいます。実際、結果的にそうなっている例はあると思います...

  • (701) 過去を振り返る

    最近、ちょっと頼まれたことがあって、息子の昔のことを調べる(思い出す)機会がありました。今振り返って一番お世話になったと思うのは、最初の療育施設のスタッフです。当時は我が家も地方勤務でした。かなりの田舎で、医療福祉レベルについて全く不安がなかったわけではありません。それでも、...

  • (700) 娘の憂鬱

    このブログではメインではない娘のことでキリ番を書くのもどうかとも思いましたが…娘の学校も、リアル登校が始まりました。それに関連し、娘がこぼすように言うのには、・新しいクラスなんだけど、自分の周りにいる子は皆1年生の時に同じクラスだった子で、既に関係が築かれている。・そこに...

  • (699) 学校の状況

    息子の学校は、午前中と午後からの2班に分かれての登校指示が出ています。息子は、午後のことが多いです。ちなみに娘の学校は、月に一度程度登校日はありますが、原則ネットでの遠隔授業のままです。この当たりに学校の思想が出てきているように感じています。娘の学校の方は、もちろん遠隔授業...

  • (698) 学校再開

    緊急事態宣言が解除され、学校側も動き始めました。息子は来月から、登校して半日授業となります。しばらくは、電車通学に慣れて通学に耐えられる体力を取り戻すところからスタートだな、と思います。いや、私自身半在宅勤務が続いていたところ、緊急事態宣言解除によりフル出社をすることとなり...

  • (697) 学校の課題

    東京では、まだ通学できる状況にはなっておりません。息子の学校では、タブレットを用いた動画での指導と、郵送してきた課題への取組みで、今の時期を乗り切ろうとしています。娘の学校も似たようなものであり、今風の対処法として特段珍しくはないものなのでしょう。ただ、息子の課題への取組み...

  • (696) 緊急事態宣言の延長決定があったものの

    ご無沙汰しております。子供たちは、3月はじめからずっと学校に行けておらず、在宅のままで過ごしています。そして、そのことによる支障も出ていないため、取り立てて書くことがありません。それぞれ、学校から課題指示がタブレットやPCに送られてきて、それをやって送り返す単調な日々を過ごし...

  • (695) 外出抑制と子供への対応について

    大人でも飽きてくる外出抑制、子供さんの対応に困っているお宅も多いと思います。幸い(なのか若干心配でもあるのですが)我が家の子供たちは、事情を理解して、或いは元々人と関わる意欲がそれほど強くないこともあって、特段ストレスを感じてはいないようです。先ほど、twitterのタイムラ...

  • (694) 新型コロナウイルスによるパラダイムシフト

    世の中が、新型コロナウイルス対策でかまびすしくなって2ヶ月くらいが経ったと思います。あの頃は、まだ遠い国のお話だったところ、2月頭にたまたまクルーズ船が横浜に近づいて、船内でウイルス感染者が出て…というあたりから、急に現実のものとして迫ってきました。そして、今日には緊急事態宣...

  • (693) 相模原障害者殺傷事件判決について

    死刑判決が出ました。当然だと思います。twitter上ではこの事件について、福祉施設勤務者の劣悪な労働条件が背景にある、障害者に生産性がないのは否めない、或いは植松被告の心情は理解できる、等のご意見を見ましたけど、これ、植松被告が言いましたか?植松被告は、労働条件に不満がある...

  • (692) 新型コロナによる休校要請

    ご無沙汰しております。元々の予定では、今週は息子も娘も期末テストで大わらわだったのですけれど、標題の要請でそれぞれ予定が変わりました。息子の学校は、それでもテストは行うことになりましたが、試験日数が短縮されました。つまり1日のテストの教科数が増える、ということですね。娘の学...

  • (691) 義父の葬儀

    先週、義父(妻の父)が急逝しました。それからの状況変化はかなりのものがありました。結局、当日に通夜、翌日に葬儀という慌ただしい日程が急遽決まり、大慌てで九州の妻の里に家族で向かいました。元々癌を患っており、年内にはいずれ…程度に薄っすら思っていたのですが、急にこうなるとは思...

  • (690) 生産性

    昨今、生産性について考えることが多くなっています。私がこの言葉を聞いて、思い浮かぶのは以下の言葉。飛鳥尽きて良弓蔵れ、狡兎死して走狗烹らる。(ひちょうつきてりょうきゅうかくれこうとししてそうくにらる。)意:捕まえる鳥がいなくなってしまえば、良い弓でも袋に仕舞われる。 俊敏な...

  • (689) 相模原障害者施設殺傷事件の公判開始と社会の反応について

    標記事件の初公判が、2020年1月8日に行われました。被告人が、自身の小指をかみ切ろうとする奇矯な振る舞いで退廷となる等、この先もすんなり進むのかが懸念されます。ただ、今回の事件は被告人も起訴事実自体は争わないようです。2月19日に結審、3月16日に判決が予定されているとの報...

  • (688) 息子の年越しと今年の展望

    新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。さて、割と穏やかな天候の中で年末年始がほぼ終わろうとしています。息子は、乗り鉄をしに行った日が多かったです。大晦日も、夕食を取ると一人出て行き、初日の出を見る列車に乗りに行きました。元旦の10:20頃に帰...

  • (687) 元農水事務次官による長男殺害に対する社会の反応

    標題の事件については、このブログをご覧になる方も関心が高かったのではないでしょうか。被告は、元農林水産省の事務次官まで昇進した官僚。2019年6月1日15時15分頃、被告は発達障害の診断を受けた長男を刺殺(死因は失血死)。2019年12月16日、東京地裁で懲役6年の判決(...

  • (686) 「自称」発達障害

    最近の発達障害界隈を見ていて、気になること。それは、自身が発達障害の当事者であるという主張の根拠は何か?ということです。「へ? お医者さんの診断を受けたからではないの?」と思われるのはごもっとも。でも、特にネットで自分が発達障害当事者であると主張される方の自己紹介等を注意...

  • (685) 発達障害の「障害」

    昨今、発達障害が治るといった言説がチラホラとネット上で流れています。このことを考える前に、労働災害による傷病に関わる障害について、厚生労働省は以下のような見解を示しています。業務上の事由又は通勤による負傷や疾病が治ったとき、身体に一定の後遺症が残った状態をいいます。 http...

  • (684) 療育の成果

    療育は、治療的教育と言われます。私は、子どもに教えるべきことを、子どもの特性に合わせ理解しやすいようにアレンジしながら、教えていくことだと理解しています。従って、理解しやすい=速攻で体得できる、ではありません。場合によっては、特性に合わせたつもりが、方向性がズレていてあまり奏功...

  • (683) 第二の受容

    児童相談所で子どもの障害告知を受けた時の衝撃は、今でも鮮明に覚えています。劣化することはありません。その衝撃の大きさに打ちひしがれて、それでも我が子の障害を受容し、気を取り直して親子で療育に通い、今ではパッと見で単なる勉強のできない子になりましたw もちろん、見る人が見れば自閉...

  • (682) 頭の良さ

    今回は、発達障害に関わるお話ではありません。皆さんは、一般に「頭が良い」という表現を聞いて、どのようなことを思い浮かべるでしょうか?恐らく、「勉強ができる」とか「求められていることを的確に把握して反応できる」という答えが返ってくるものと思います。私も、これに対しては同意です。...

  • (681) 妹の体育大会

    今回は、発達障害系のお話ではありません。昨日、娘の通う中学校の体育大会が開催されました。その数日前、一応息子に参観意向があるかを確認したものの、予想されたごとく「僕は行かない」と却下されたので、妻と一緒に見に行きました。晴れて季節外れの暑さの中、娘たちは最後まで頑張っていま...

  • (680) 文化祭

    息子の高校の文化祭に行ってきました。私が高校の息子の居場所にたどり着いた時、息子はちょうど展示品の並びを微調整していました。この種の作業は、空間認知にこだわりのある息子にも向いていると思いました。近付いて話しかけても、特に表情も変えず家にいるのと大差ないリアクションの小ささ...

  • (679) 高機能児の将来を考える

    「高機能」という言葉、一般用語ではそのまま「高い機能」を意味し、ハイスペックなものを指します。並より上のものとなります。しかし自閉症界隈では、「知的障害がない」ことを意味します。見方を変えると、普通の知能でも自閉症界隈では高機能と表現されるのです。これは、自閉症児の研究の歴史...

カテゴリー一覧
商用