searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

mapleさんのプロフィール

住所
神奈川県
出身
未設定

こんにちわ、気象予報士、MC、ナレーター、ライターのmaple(三浦まゆみ)です。 私のオフィシャルブログ『Maple』http://blog.livedoor.jp/mak5-official/、心友のamiとの往復書簡『Tokyo〜Toronto往復書簡』 http://blog.livedoor.jp/tor_tok/にも、是非おいで下さい。

ブログタイトル
Moment♪気象予報士 Mapleのブログ
ブログURL
http://miura-mayumi.blog.jp/
ブログ紹介文
気象予報士(予報&キャスター)のつぶやき。天気、音楽、映画、スピなこと等等、のつれづれの日記。
更新頻度(1年)

367回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2010/02/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、mapleさんの読者になりませんか?

ハンドル名
mapleさん
ブログタイトル
Moment♪気象予報士 Mapleのブログ
更新頻度
367回 / 365日(平均7.0回/週)
読者になる
Moment♪気象予報士 Mapleのブログ

mapleさんの新着記事

1件〜30件

  • 炎昼

    名残りの真夏日々たくましい...真昼の暑さ残る夕刻にぬるい暑気の海泳ぐ...ひかない汗に夏という季(とき)の熱、ようやく思い出す日。*炎昼:真夏の昼間。炎天の炎と昼間の昼からできた言葉。夏の季語。☆つぶやき... 

  • 打ち水

    昼日高くなるほどに空の窓開ける青空拡がる陽ざしノンストップで暑さ増す...容赦なしの暑気、夕刻にも真昼の熱じっと残す日。*打ち水:暑さを和らげて涼を得るため、あるいは埃を沈めるため庭や路地、     玄関、店先に散水す

  • 立秋

    のんびりやってきた真夏加速しながら一気に早回しで暑さ全開にする...立秋、暦の上の秋かき消して残暑見舞い大判振る舞いで地上に届ける日。*立秋:夏が極まり秋の気配が立ち始める日。二十四節気の一つ。秋の季語。☆つ

  • 書中見舞い

    真夏という季(とき)容赦無く熱き日差しと空気地上を包み込む...あすに控える次の季節の気配も打ち消して...暦の上の夏ラストワンデー、体感猛暑で締める日。*書中見舞い:暑中(夏の土用18日間)に親戚、知人などの安否を問う

  • Green Corn Moon

    空から大地からふわり陽の熱降る湧き上がる...ちょっぴり重み含んだ暑さ避けながら真昼というつかのま時間、リゾートする陽。*Green Corn Moon:青トウモロコシ月。8月の満月の呼び名の一つ。☆つぶやき... 昼間耕・夕読...

  • 夕涼み

    日盛りのまぶしさかわしながら夕散歩...遅れて残る真夏の暑気にうっすら汗にじませながらも、ぬるい夕風も心地よき日。*夕涼み:夏に縁側や庭先、橋の上など風が来る所で涼を求めること。     夕方のそれを夕涼みという。夏の季

  • 盛夏

    夏の熱真昼の陽射しに宿る...雲と風にうっすら秋の姿宿る...真夏に初秋、二つの季(とき)交わりながら暑気やさしき日。*盛夏:夏の真盛り、最も暑い季節である。梅雨明けから、八月上旬まで。真夏と同じ。    夏の季語。

  • 青東風

    そよそよとさらさらと乾いた東風吹き渡るうなじにうっすらにじむ汗柔らかになでていく...日差しの真夏引き算する夏風に、暑気さわやかなる日。*青東風:あおごち。夏の土用の青空に吹き渡る東風。夏の季語。☆つぶやき... 

  • 葉月朔日

    八月開ける...梅雨明ける....真夏はじまりの二つの響き、やわらかな暑さの中で静かに聴く日。*葉月:8月の異称。夏の季語。☆つぶやき... 暑中見舞いぎりぎりセーフで梅雨が明けた...8月の始まり。 いつもと少しだけ違う真夏

  • 愛逢月晦日

    ゆるゆると昼の光広がる青空開けるゆるゆると暑気地上に広がる...この月という月通して続く梅雨空、やさしき光と夏でやわらかに締める日。*愛逢月:めであいづき。7月の異称。☆つぶやき... 月の後半は、期せずしての

  • 涼気

    やんわりと雲覆うやんわりと雲途切れて日差しこぼれる...柔らかな暑気覆う昼超えて柔らかな涼気夕空包む...かすかな梅雨の晴れ間に秋の匂いやんわり忍び込む日。*涼気:涼しい空気。涼しい気配。夏の季語。☆つ

  • 涼意

    雲豊かに広がるほのかな昼陽の静けさ豊かに大地包み込む…のんびりの梅雨曇り、雨音なき時間緩やかに刻む日。*涼意:涼しい気配。涼気。夏の季語。☆つぶやき…広い空の下で思い切り呼吸する。飛び立つ飛行機の姿は変わらず

  • 香じゅ散

    梅雨の空モノトーンの日々に時に日差し降らせ時に雨降らせる...長い灰色の時間記憶に刻みながら真夏の気配きょうも空の上に隠す日。*香じゅ散:夏ばてに効果のある漢方薬。香じゅ、厚朴、陳皮などを調合したもの。     

  • 麻衣

    朝の明るさに目覚める昼の明るさに暑気浴びる...照るも降るも潤い含んだ風に梅雨たたずむ...リネンの衣肌に心地よき日。*麻衣:麻布で作った衣服。粗末な衣服。あさごろも。夏の季語。☆つぶやき... ソーシャルディスタ

  • 白雨

    青空に驟雨という時報何度も強く打ちながら空模様刻々ころころ移りゆく....緩やかすぎる梅雨時間、早回しで真夏へと進まんとする日。*白雨:明るい空から降る雨。にわか雨。夏の季語。☆つぶやき... 図らずも、で真夏を迎え

  • 雨の音静まるあいまにつかの間の夏の音...ただ独りの蝉の声灰色の空の下で静かに響く...梅雨空に一瞬真夏聴く日。*蝉:夏に樹木などにへばりついてやかましく鳴声を立てる虫。多くの蝉がいっせいに鳴く   騒がしさを時雨にた

  • 土用中

    じっと佇む灰白色の空時に透明な雨粒落とす時に開けて薄日差す...ネット越しの花火の彩と音、果てない梅雨空にも夏観る日。*土用中:土用期間のこと。夏の季語。☆つぶやき... スーツにヒールのある靴。背筋をすっと伸ばしなが

  • 海の日

    白と灰色の間の明るい空から雨降る水面に空と雨の色映る海辺中間色に染まる...梅雨空に海の日、夏いまだ雲の上に隠れる日。*海の日:国民の祝日の一つ。制定当初は7月20日だったが現在は7月の第3月曜日。☆つぶやき...

  • 大暑

    乱打するリズムで降る一陣の雨のあと潤い含んだ青空真夏以上の暑さで地上包み込む...雨の間に間の大暑、喉の渇きこまめに癒す日。*大暑:暑さが本番になる頃。二十四節気の一つ。夏の季語。☆つぶやき... いつのまにか

  • 夏夕べ

    つゆの晴れ間の夕散歩...真昼のやわらかな熱冷まして夕風ほどよく心地いい...梅雨前初夏の感触、ほんの少し遠い日から呼び覚ます日。*夏夕べ:夏の夕方のこと。なかなか暮れきらないが、日中の日差しもいくらかは和らいで   

  • 掛香

    灰色の時間ゆるやかに開ける昼つかのまの青に染まる...照るも曇るもふっくらの湿り満ち満ちて、空に気にきょうも梅雨の気不動で包み込む日。*掛香:白檀、丁子などの香料を調合して袋に入れ、それを柱などにかけておくこと

  • 土用

    仰ぐ空に青戻る日差し戻る陽の熱戻る...真夏の香り空気に海風に忍ばせて...梅雨の晴れ間水辺の佇むこと嬉しき日。:土用:春夏秋冬それぞれに土用はあるが、普通、土用といえば夏の土用のこと。夏の季語。☆つぶやき...

  • ついり曇

    灰色一面の空から雨粒落ちる雨音というメロディー広がる水たまりで奏でる...静かなレイン・シンフォニー聴きながら梅雨明けの明るさきょうも待ち遠しき日。*ついり曇:梅雨曇。梅雨どきの曇り空をいう。重い雲で覆われたどんよ

  • 9年前...夢・備忘録

    あれから9年...ありがたいですね...1万4千回程の視聴回数。『最後だとわかっていたなら』新しい...ヘッドホンの音質をじっくり確かめるついでに掲載しているyoutube・my chanel上での音も聴いてみる....最小限の簡易機材で作成したものだけれど、より高品質の新

  • ラベンダー

    色と匂い薄いきょうも梅雨空...澄んだ渋み部屋に香らせ”時”流してみる...ラベンダー薫るほのかな紫色に染まる時空、爽やかな潤いで心身も満たす日。*ラベンダー:ラベンダーはシソ科ラヴァンデュラ属の常緑低小木。原

  • なつうみ

    梅雨の晴れ間の空の青淡く海の碧濃く...天はいまだ雨の季(とき)海はすでに真夏の季(とき)...つかの間の青の時間うれしき日。*なつうみ:夏の海。夏の季語。☆つぶやき... 録音機材を整える計画第1弾で、定番ロング

  • 未央柳

    雨の降る日は街の色空色に染まるモノクロームに変わる...日々続く梅雨空に探す暖か色、心に花添える日。*未央柳:びようやなぎ。オトギリソウ科の半落葉潅木。中国原産。枝先にやや小型の黄色     の五弁の花が咲く。雄蕊が

  • 雨明かり

    ひたすら空を覆う雲達時に雨粒落とし時に陽射し覗かせる...白と灰色の濃淡繰り返し、きょうも途切れることなき梅雨雲じっと空に佇む日。*雨明り:雨降りなのにほのかに明るく感じられること。☆つぶやき... ...

  • 夏闇

    うっすらと曇りうっすらと日が差し小雨うっすらと地面を濡らし...やさしきうつろい、梅雨空色刻々深めてあすの荒々しき空へと繋げる日。*夏闇:なつやみ。梅雨時のころの鬱蒼とした暗さをいう。昼間の厚い雲に覆われた暗さ   

  • 雲の峰

    ふっくらとした暑さに包まれる...少し熱を帯びた暖かさに薄い汗滲ませながら、真夏の気思い切り梅雨晴れの空の下で深呼吸する日。*雲の峰:盛夏に、そびえ立つ山並みのようにわき立つ雲。積乱雲。夏の季語。☆つぶやき... あ

カテゴリー一覧
商用