chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
kudan
フォロー
住所
門真市
出身
門真市
ブログ村参加

2009/12/06

1件〜100件

  • そろそろ適性開花か ヒュミードル-小倉記念他

    小倉11R 小倉記念牝馬に良績のないこのレースですが、今年の人気上位を占めるのが、牝馬ばかりというのは何とも皮肉。人気上位馬の扱いに苦慮する本年小倉記念となりました。で、いつものように予想の切り口からですが、今年は地力と血統両面からの狙いとさせていただきま

  • 単騎逃げの展開利 ローザノワール-クイーンS他

    札幌11R クイーンSウォーターナビレラが初めて古馬に挑戦。このレース昨年の上位馬との力関係に注目が集まりそうですね。予想の切り口は、地力と血統両面からの狙いとさせていただきました。能力上位の以下の5騎からの軸馬の選択となります。テルツェット、ローザノワー

  • 毎日王冠の内容なら カイザーミノル-中京記念

    小倉11R 中京記念昨年同様、小倉の1800mで行われる中京記念。過去のデータは鵜呑みに出来ませんので、力関係に頼らざるを得ない一戦となりました。元より多頭数のハンデ戦ですからね。攻略の難易度も高いように思います。予想の切り口は、地力と血統両面からの狙いとさせ

  • 夏競馬に悪戦苦闘-函館記念他(結果)

    案の定、夏競馬の予想に悪戦苦闘しています。夏競馬特有の「雨の多さ」と「ハンデ戦の乱立」が、私に予想の困難さを強いてると思うのですが、それでもソロソロ何とかしたいですね。幸い対抗に推した馬は、ボチボチ馬券に絡むようになってきましたので、小手先馬券なら何とか

  • 昨年金鯱賞の再現を ギベオン-函館記念他

    函館11R 函館記念珍しく雨の多い今夏の北海道。ハンデ戦も雨に祟られると常識にかからない恐れがありますのでね。個人的には買い辛いレースだと感じています。予想の切り口は地力と血統両面からの狙いとしました。能力上位の以下の4騎からの軸馬の選択となります。マイネ

  • 2000戦4勝の実績 ショウナンバルディ-七夕賞他

    福島11R 七夕賞傾向らしい傾向が見当たらないレース。気になるのはどっちつかずの天候ですかね。ここでは、良馬場前提の予想とさせていただきました。予想の切り口は地力と血統両面からの狙いとなります。能力上位の以下の5騎からの軸馬の選択です。ヒュミドール、ヒート

  • 女性騎手の活躍に期待!-CBC賞(結果)

    じゃいさんではないですが、パチンコ業界も制度の見直しに動いています。パチンコ業者などでつくる全日本遊技産業政治連盟が、この参議院選挙での木村義雄氏の支持を表明、活動を活発化しています。ご存じの方もおられましょうが、パチンコ業界の現状は悲惨なものがあります

  • 右回り1200はベストの舞台 カリボール-CBC賞

    小倉11R CBC賞台風の動きが読み切れません。重馬場になった場合、以下の予想は参考になりませんのでご了承ください。先行馬多数で速い流れになりそうな今年のCBC賞。予想の切り口は展開重視とさせていただきました。ハイペースに対応可能な以下の5騎からの軸馬の選

  • 次回からは地獄の夏競馬-宝塚記念他(結果)

    今年の宝塚記念。私の夢は、レース前に終わってしまいました。(;^_^A厳密に言えば、アリーヴォからの縦目馬券も少々持っていましたので、その分の夢は見させていただきましたが、とは言ってもオーソリティの除外で、本年夏のグランプリは、味気ないものになりました。さあ、

  • 右回りでも オーソリティ-宝塚記念他

    阪神11R 宝塚記念今年の宝塚記念は多種多様なメンツが勢揃い。最後まで悩ましかった馬場状態も、現時点ではどうにか良馬場で行われそうな予報です。上半期を締め括るにふさわしい、迫力のあるレースを期待したいですね。という訳で、いつものように予想の切り口からですが

  • 宝塚記念は天候と相談して-天保山S他の予想

    今年の宝塚記念はフルゲート。しかもハイペース必至ですから、中々見応えのあるレースが期待出来そうです。ただ、気になるのは天候と馬場状態ですね。馬場の悪化が進めば狙いどころも変えていこうと思っていますので、現時点ではその辺りに窮しています。取り敢えず、2通り

  • 出だし不調もリカバリーに成功-マーメイドS他(結果)

    6月も出だしは不調でしたが、その後のリカバリーが上手くいきました。この調子で宝塚記念も結果を出せればいいのですが。競馬BEATの川島さんの降板が事の外話題になっているようですが、川島さんって結構人気があったんですね。私も競馬の地上波は、関テレの「競馬BEAT」し

  • オークス3着馬が復調の兆し ウインマイティー-マーメイドS他

    阪神11R マーメイドS荒れるのが当たり前のようなレースですからね。みなさんの狙いも定まらず、オッズも迷走気味です。前日の一番人気はスリーセブンシーズとなっていますが、ここは関東馬にとっては鬼門のレース。この辺りにもうさん臭さを感じています。予想の切り口は

  • アノお笑い芸人が競馬の税金制度の見直しで活動開始-米子S他の予想

    個人的にはあまり興味のない話しですが、最近周りの人から良く意見を聞かれる例の話題からです。インスタントジョンソンのじゃいさんが、Twitter上で「競馬界、競馬ファンの未来のために動くことにしました」とコメント。法律の見直しを求める活動を開始する意向を示しました

  • 攻め入念 ノースブリッジ-エプソムC他

    東京11R エプソムCスローペースが濃厚なメンツです。雨模様の天気も気になりますが、スローへの対応力にも注意をしたい一戦です。予想の切り口は地力と血統両面からの狙いとしました。能力上位の以下の4騎からの軸馬の選択となります。シャドウディーヴァ、ヤマニンサン

  • 6月もマイナスからのスタート-安田記念他(結果)

    苦手な夏競馬を前に、出来るだけプラス収支を作っておきたかったのですがね。残念ながら月初めは、4月5月に続きマイナスからのスタートとなりました。気持ちが焦っているんでしょうね。やらなくていいようなレースにまで手を出して。逆に自分の首を絞めるような結果になり

  • 今の充実ぶりを警戒 ロータスランド-安田記念

    東京11R 安田記念思ったよりオッズが割れましたね。ドバイで惨敗のシュネルマイスターの取り扱いに皆が迷った結果だと思いますが、やはりここは同馬の取捨が予想のポイントになりそうです。奇しくもGⅠでの1番人気連敗記録も気になるところ。今年の安田記念はシュネルマ

  • 今年の安田記念は小粒なメンツ-鳴尾記念他の予想

    安田記念も、今年はグランアレグリアやアーモンドアイのようなビッグネームがいなくなっただけに、ちょっと迫力に欠けるGⅠ戦になった印象です。メンツが小粒なだけに、オッズも目まぐるしく変わっていますね。人気が読めないだけならまだしも、厄介なのは当日の天気も読めな

  • 終わってみれば1強-日本ダービー他(結果)

    終わってみれば1強。ドウデュースの完勝で終わった2022年の日本ダービーでした。武豊も最後の直線では、一旦追うのを止めるぐらいの余裕がありましたからね。あれでは、例えイクイノックスが内枠であろうと、交わすことは出来なかったんじゃないでしょうか。自信の勝利とみ

  • 皐月賞最速の上り ドウデュース-日本ダービー他

    東京11R 日本ダービー"4強"と言われるものの、基本的には昨年同様、関東馬の前評判の高さばかりが目につく日本ダービーになりました。ただ、個人的には"西高東低"というのがこのレースの流れじゃないかと思っているんですよ。事実3着までに2頭の関西馬と言うのが近6年

  • 日本ダービーはこの3騎手に注意-葵Sの予想

    いよいよ日本ダービーですね。馬券は皐月賞上位組から売れているようですが、別路線組や皐月賞惨敗組の中にも侮れそうにない馬がチラホラ。今年も、舞台を東京に変えての力関係の測りどころが予想のキモとなりそうです。天気は回復に向かっているようなので、馬場の心配はさ

  • ゴタゴタしたオークス-オークス他(結果)

    最初からゴタゴタしたオークスでした。川田君も何としても美談にしたかったようですが、背景を考えるとどうしても無理がありましたね。それどころか、自分の判断の影響を背負い切れずに、共同者会見では本音が出てしまいました。背負い切れなかったのは中内田師も同様のよう

  • 連勝中の勢い スタニングローズ-オークス

    東京11R オークス10着までがコンマ3差にひしめいた桜花賞を見ても解るように、今年の3歳牝馬勢力は究極の混戦状態。とは言っても、主力を形成するのは阪神JFの上位組であるのは、その後の成績からも一目瞭然でしょう。これに逆転を狙う別路線組がどう絡んでいくか。今

  • オークスは、阪神JF組VS別路線組-平安Sの予想

    来週までは、オークス、日本ダービーと続く3歳馬の頂上決戦。今年の3歳馬は、牡馬牝馬共に力関係が拮抗していますからね。例年以上の激戦が予想されるのではないでしょうか。春競馬が一番盛り上がる瞬間です。見応えのあるレースを期待したいですね。という事で、オークス

  • 情けない現状-ヴィクトリアマイル他(結果)

    5月に入って良くないですね。予想のひどさが増しているように思います。これから競馬の最も盛り上がる時期を迎えようとしているのに、この現状は情けないです。でもしかたないですよね。だからどうするという事でもないですし、悪い現状を認識しながら残りの春競馬を乗り切

  • 左回りなら舞台を問わず ソングライン-ヴィクトリアM

    東京11R ヴィクトリアM"豪華メンバー"には違いないのですが、レイパパレが1番人気に推されているぐらいですから、どの馬も一長一短だと考えて良いでしょう。随分と予想に手の掛かるレースになりました。雨の影響は最小限に食い止められそうですから、不利のない綺麗なレ

  • ヴィクトリアMは、キズナ産駒VSディープ産駒-京王杯SCの予想

    酷い雨でした。おかげで、不良馬場まで考えに入れなければならない、土曜日の競馬になりました。明日は、豪華メンバーが集うヴィクトリアマイル。力差はあまりないように思いますので、悪化した馬場状態がレースに大きく影響しそうですね。キズナ産駒を取るのか、ディープ産

  • 外国人騎手の逆襲は?-NHKマイルC他(結果)

    関係者の期待を一身に背負って来日したレーン騎手ですが、いまだ本調子にはないようです。ご存じのように、ルメール騎手も今期はここまで国内での重賞は未勝利。今年は、外国人騎手にとって受難の年なのかもしれませんね。今週末行われるヴィクトリアマイルでの外国人騎手の

  • 厩舎力に期待 キングエルメス-NHKマイルC他

    東京11R NHKマイルC波乱つづきだった春のGⅠシリーズも、ようやく春天で一息ついた感があります。それでも、いまだに1番人気馬は未勝利。NHKマイルCでも人気馬の苦難は続くんでしょうか? 3歳マイル王を決める一戦は、人気馬の取捨に悩む一戦となりました。という訳で

  • 3歳馬の目利がモノを言いそうな週末-京都新聞杯他の予想

    3歳馬の目利がモノを言いそうな週末です。力関係はいまだ判断し辛いので、伏兵馬の台頭には気をつけたいものです。日曜日のメインは、3歳マイル王決定戦のNHKマイルC。今年もあらゆるローテからの参戦で、非常に難易度の高いレースになっています。春のGⅠシリーズも後半戦

  • 逆転可能な最内枠 アイアンバローズ-天皇賞・春

    阪神11R 天皇賞・春コントレイルの"影武者"と言われた馬が、ついに主役の座に辿り着くのか。念願のGⅠ制覇へ向け、ディープボンドの走りに注目の集まる一戦。大外枠の克服は一つのポイントとなりそうですね。という訳で、まずは予想の切り口からですが、今年は地力と血統

  • 春の天皇賞、4歳馬は58Kの克服が条件-青葉賞の予想

    土曜日には回復傾向の関西地方の天候も、日曜日には再度下り坂の予報となっています。予報通りなら、春天の重馬場はほぼ確定的で、この辺りは予想の大きな要因になりそうですね。その春天の予想の切り口ですが、今年は地力と血統両面からの狙いとさせていただきました。能力

  • 歯痒い負け方-フローラS他(結果)

    先週のメインレースの予想は全滅でした。(;^_^A少しづつ何かがずれていましたね。こんな負け方が一番歯痒いです。今週末からは、再度GⅠの連戦が続きます。あまり気負わず、競馬を楽しむ感じで予想に取り組もうと思っています。福島牝馬S展開や外差しの馬場状態に恵まれた感

  • のちの桜花賞馬を撃破 ルージュスティリア-フローラS他

    東京11R フローラS10着までがコンマ3秒差だった桜花賞を見ても、いまだ牝馬クラシック戦線に主役は不在だと言っても過言ではないでしょう。そんな背景下で行われる今年のフローラS。桜花賞上位組を脅かす新たなヒロインの誕生は成るのでしょうか? 期待せずにはおられませ

  • 今週はGⅠ戦の間-福島牝馬Sの予想

    本日は、朝から所要に追われる一日に。馬券も出先での購入になりそうですので、腰を据えて買えそうにありません。ま、GⅠ戦の間でもありますのでね。軽く流す程度の勝負で。という事で、愛想無しで申し訳ありませんが、早々の予想とさせていただきます。土曜日の予想は、叩

  • 今週はGⅠも一休み-皐月賞他(結果)

    キャロットの戦略も、ここまでは裏目裏目と出ているようです。責任の一端にあげられる武史君も気の毒ですよね。いずれ実を結ぶことを祈っています。今週はGⅠも一休み。一度頭をニュートラルにして、次のGⅠ戦に備えたいと思います。ボチボチやります。(^^)vアーリントンCダ

  • 好感の持てるローテーション ドウデュース-皐月賞他

    中山11R 皐月賞多種多様のローテーションに、各陣営の思惑が強く感じられる今年の皐月賞です。目標は先にあるにしろ、決して低レベルな戦いにはして欲しくありませんね。今年も"三冠ロード"が開幕します。という訳で、その皐月賞の予想の切り口ですが、今年は地力と血統両

  • 皐月賞は、朝日杯組vs東スポ杯組?-アーリントンCの予想

    今年の皐月賞は大混戦の様相です。巷では"3強"ないし"4強"と言われていますが、前日オッズを見る限り、4強どころでは治ま入りそうにありませんからね。予想には骨を折りそうですが、その分力の入るレースが拝見出来そうです。で、その皐月賞ですが、予想の切り口は地力と

  • 2週目で立て直しに成功-桜花賞他(結果)

    武史君がやる事なす事上手く噛み合わず、見ていられない状態です。特に酷い乗り方をしているわけでもないので、ちょっと気の毒ですよね。今週末の皐月賞は、地元が舞台。これを切っ掛けに、良い結果を引き出せればいいのですが。私事ですが、4月の予想は2週目で立て直しに

  • 敵失に乗じて ウォーターナビレラ-桜花賞

    阪神11R 桜花賞ここまで波乱傾向にある今春のGⅠ戦線ですが、この傾向は桜花賞にも引き継がれるのでしょうか? 注目の2022年クラシックがいよいよスタートします。その桜花賞の予想の切り口ですが、今年は地力と血統両面からの狙いとしました。能力上位の以下の5騎からの

  • 大荒れの春のGⅠ戦線。桜花賞は?-阪神牝馬S他の予想

    桜花賞の前日オッズは、予想通りナミュールが一番に収まったものの、4倍越えと言うオッズ。やはり大外枠という要因が影響したのでしょう。思ったほど人気が被ることはなかったです。また、改めて見ると伏兵馬も多いですよね。見応えのある桜花賞になりそうです。さてその桜

  • ナミュールの扱いに苦慮-大阪杯他(結果)

    今年の大阪杯は、3強対決で盛り上がった昨年と似通った結果で終わりました。どちらも勝ったのは、伏兵と位置づけられる馬。昨年も今年もかなり強烈な"3強""2強"対決でしたから、あながち偶然とも言い切れない結果かもしれません。この傾向が今後も続くようなら、大阪杯は

  • 結局はこの馬か エフフォーリア-大阪杯

    阪神11R 大阪杯年度代表馬がここから始動です。過去数々の強敵としのぎを削ってきたエフフォーリアですが、今回対峙するのがジャックドール。この2頭の対決は今年の大阪杯の見所の一つと言っても過言ではないでしょう。現役最強馬か超新星か。みなさんはどちらを応援しま

  • 買い辛い大阪杯-ダービー卿CT他の予想

    4月にしては少々肌寒いでしょうか。大阪の桜は満開を迎えています。今日は、大阪城の桜を見に出かける予定でいます。さて、明日は大阪杯ですが、前日オッズを見て少々ガッカリです。これだけ本命サイドに偏ってしまえば、勝負し難いですよね。穴を狙うにしろ、本命を狙うに

  • 日本馬の活躍で幕を下ろしたドバイWCデー-高松宮記念他(結果)

    海外から嬉しいニュースが飛び込んできましたね。26日に行われたドバイワールドカップデーは、日本馬の大活躍で幕を下ろしました。全8レースの内、日本馬はシャフリヤールを筆頭に5頭が勝利。このように、毎年海外で活躍をする日本馬を目の当たりにするたびに、日本競馬の

  • 追い風を結果に レシステンシア-高松宮記念他

    中京11R 高松宮記念どうやら雨中の決戦は避けられそうな様相ですが、馬場の渋化は如何ともし難いところ。外枠各馬は楽ではなさそうですね。騎手の腕が問われる一戦になりそうです。予想の切り口は地力重視とさせていただきました。能力上位の以下の5騎からの軸馬の選択と

  • 高松宮記念はどの馬も一長一短-日経賞他の予想

    どの程度の雨量になるのか。今日明日の天候が気掛かりです。そんな空模様の中行われる高松宮記念は、馬場状態も相まって、少々悩ましいレースになりそうです。取り敢えず予想の切り口は、地力重視とさせていただきました。能力上位の以下の5頭からの軸馬の選択になります。

  • 春のGⅠシリーズに突入-阪神大賞典他

    春のGⅠシリーズに突入です。            このような状況下ですからね。競馬が出来る有難さが心にしみます。日本で暮らせていて良かったです。いつまでも競馬が出来る世の中であって欲しいものですね。ファルコンS基本この時期の3歳戦は、いまだ力関係がハッキリして

  • ソロソロ本業の方でも-フラワーCの予想

    明日は変則3日開催の最終日。サウジで絶好調だったルメールも、日本ではいまだ重賞未勝利(2022年)です。プライベートでは、独自のブランドを立ち上げるなど、活躍の場を広げる同騎手ですが、ソロソロ本業の方でも本領発揮といってもらいたいものです。明日は、ティズグロリ

  • 経済コースを通れる利点 シルヴァーソニックー阪神大賞典他

    阪神11R 阪神大賞典連覇を狙うディープボンド一強の図式。しかも、前日の雨で馬場状態さえもこの馬に味方をしそうです。予想の切り口は地力と血統両面からの狙いとしました。能力上位と見る以下の5騎からの軸馬の選択となります。シルヴァーソニック、アイアンバローズ、

  • 否がおうにも大河君に注目してしまいます-ファルコンSの予想

    角田大河君は、何ともド派手なデビューを飾りましたね。福永祐一騎手以来のデビュー2連勝も凄い事なんですが、ここまで3着内率4割というのも大したものです。2世ジョッキーの活躍が目立つ昨今ですが、彼にもこの流れを牽引するような存在になって欲しいですね。否がおうに

  • パンサラッサとの逃げ馬対決が楽しみ-金鯱賞他(結果)

    不思議なもので、弥生賞、チューリップ賞が終わると、一気にクラシックが近づいた感じがしますね。今年はどんな戦いが繰り広げられるか。今からワクワクします。予想の方はボチボチですね。成果が上がらないのはもどかしいですが、方向性は現状で良いと思っています。我慢で

  • 開幕週の好枠 ポタジェー金鯱賞他

    中京11R 金鯱賞逃げ馬が揃いましたね。結構レースは流れそうですが、開幕週という事は頭に置いておく必要はあると思います。予想の切り口は地力と血統両面からの狙いとしました。能力上位と見る以下の5騎からの軸馬の選択となります。ソフトフルート、ポタジェ、レイパパ

  • 再度寝込むよう事になるかも-中山牝馬S他の予想

    体調が芳しくなく、病院通いの一週間でした。検査結果は良好。穏やかな気持ちで、今週末の競馬に向かえそうです。ただ、この土日の馬券成績が心配でしてね。目も当てられないような成績でしたら、再度寝込むよう事になるやも。そうならないことを願うばかりです。ということ

  • ドウデュースに土-弥生賞他(結果)

    不思議なもので、弥生賞、チューリップ賞が終わると、一気にクラシックが近づいた感じがしますね。今年はどんな戦いが繰り広げられるか。今からワクワクします。予想の方はボチボチですね。成果が上がらないのはもどかしいですが、方向性は現状で良いと思っています。我慢で

  • 無敗で皐月賞へ ドウデュースー弥生賞他

    中山11R 弥生賞圧倒的一番人気に支持されたドウデュースですが、専門誌の印は思ったより薄い気がします。それだけ豪華なメンツが揃ったと言う証なのかもしれませんね。皐月賞を占う意味でも見逃せない一戦。各馬の走りに注目です。で、いつものように予想の切り口からです

  • 一利あれば一害あり-チューリップ賞他の予想

    ルメールも同日重賞4勝の反動でしょうか、コロナにかかっちゃいましたね。「一利あれば一害あり」とはよく言ったものです。人の事は言えません。私事、先週の馬券成績が事のほか良かったものですからね。格言通りなら、今週は大負けする番。(>_<)ここは覚悟を決めて、週末の

  • そんな話、こんな話色々ありましたが…-中山記念他(結果)

    ルメールは海外で今年の重賞初制覇!その後、勢いそのままに4つも勝っちゃいましたね。やはりこの人、存在感があります。国内では、藤沢和雄氏の定年退職が話題の中心に。引退後はJRAと「アドバイザリー契約」を締結することが発表されました。今後は、日本の競馬の発展のた

  • 開幕週が好走の後押し パンサラッサー中山記念他

    中山11R 中山記念どの馬も一長一短で、GⅡと言うには手薄なメンバー構成。逆にここまで手薄だと、人気薄の馬にも狙い辛さが漂います。予想の切り口は地力と血統両面からの狙いとしました。能力上位の以下の5騎からの軸馬の選択となります。ヒュミードル、パンサラッサ、

  • 今年こそ-フェブラリーS他(結果)

    週末は暖かくなりそうですね。コロナ禍もピークを過ぎたと言う報道もありますし、今年の春こそ思う存分花見を楽しみたい気分です。あと、春競馬も思う存分当ててみたいですね。こちらも「今年こそ」(;^_^A良い春にしたいものです。京都記念アフリカンゴールドに粘られたら仕

  • 昨年の雪辱を レッドルゼルーフェブラリーS

    東京11R フェブラリーS力関係もそうなんですが、もっとハッキリしないのが空模様。雨は降るのか降らないのか。ヤキモキしながら東京の天気図を見つめています。いずれにしろ、昨年とは異質なフェブラリーSになりそうな予感はしています。という事でいつものように予想の

  • チャンスはどの馬にもありそうなフェブラリーS-京都牝馬S他の予想

    1月分の貯金も2月に入ってからの不振で底をつきそうです。そんな中で迎えるフェブラリーSは、混戦模様で難解な一戦。前哨戦からメンバーもガラッと変わっていますので、相手関係が難しい上に、天気もハッキリしませんのでね。予想の組み立てにも苦慮しております。取り敢え

  • 相手関係は疑問でも マリアエレーナー京都記念他

    阪神11R 京都記念過去の勝ち馬を見てみると、今年がいかに手薄なメンツであるのかが良く解ると思います。実績を重視するのか、勢いを重視するのか、その点が悩ましい今年の京都記念です。という事でいつものように予想の切り口からですが、今年はスローペース必至のメンバ

  • 梅が咲き出したらフェブラリーS-クイーンCの予想

    所々で雪の警戒情報も聞かれますが、皆さんのところはどうですか?最近の関西は比較的暖かい日が続いています。日によっては、春の訪れが近い事も認識できますし、所によっては梅の開花宣言も聞かれ出しました。梅が咲き出したらフェブラリーSもすぐそこ。日本の競馬には季節

  • やはり感染しましたか-東京新聞杯他(結果)

    ランフランコ・デットーリ騎手が新型コロナウイルスに感染したようですが、この人の場合「やはり感染しましたか」と思えるから不思議です。それはそうとして、オミクロン株の場合、症状はともかく感染力は強いようですから、みな様もお気を付けください。お隣の国は、コロナ

  • 古馬との対戦にもメド ホウオウアマゾンー東京新聞杯他

    東京11R 東京新聞杯重賞での敗戦が続くルメール騎手ですが、ここでも一番人気に支持されそう。それでなくとも波乱傾向の見られるレースです。またしても波乱の片棒をかつぐのか? 彼の奮起に期待したいですね。という事で、いつものように予想の切り口からですが、ここは

  • 終いは確実 タイセイアベニールーシルクロードS他

    中京11R シルクロードSどの馬も一長一短。しかもハンデ戦ですから一筋縄では治まりそうにありません。ここは伏兵馬の取捨が馬券のキーとなりそうです。予想の切り口は、地力と血統両面からの狙いとしました。能力上位の以下の5頭からの軸馬の選択となります。メイケイエ

  • 本命馬は走らずとも、対抗馬は走る-アメリカJCC他(結果)

    本命馬は走らずとも、対抗馬は走る。そんな予想が2週ほど続きました。予想の詰めの甘さは相変わらずですが、対抗馬が引っ掛かっているだけでも良しとしましょう。縦目なら、買い方を工夫することで何とか対処出来るはずですから。このままの調子で。今週末もシコシコと予想

  • 秋天が好内容 ポタジェーアメリカJCC他

    中山11R アメリカJCC目下、重賞12連敗中のルメール騎手。今回のコンビは人気のオーソクレースです。不名誉な記録に終止符を打つことが出来るのでしょうか。今年のアメリカJCCは、同騎手が覚醒するかどうかにも注目が集まる一戦です。という事で、いつものように予想の切

  • 火の始末にはお気を付けを-日経新春杯他(結果)

    最近、消防車のサイレンをよく耳にします。ご存じのように大阪の北新地では、悲惨な放火殺人事件があったあかりですからね。サイレンの音を聞くとハッとします。現場の前はよく通るのですが、今だに記者の姿や花束をお供えに来る方をよく目にします。衝撃の大きい事件でした

  • 久々は走る フライライクバードー日経新春杯他

    中京11R 日経新春杯「堅軸」と評する人も入れば、一方では「何を目的に出てきたのか」と疑問を投げかける人も。ステラヴェローチェの出走が話題になっていますが、1番人気が確実な存在なだけに、どのような結果を残すのか興味津々ですね。予想の切り口は、地力と血統両面

  • 良馬場まで回復して欲しいですね-愛知杯の予想

    小倉開催も加わり、予想の選択肢が増えるのは良い事なんですが、その分バタバタするのは困ったものです。思考能力がついてきませんから。今日は中京の馬場状態も気になるところ。出来れば早い時点で、良馬場まで回復して欲しいですね。という事で本日の予想です。本日の予想

  • 完走出来るよう頑張りたいと思います-東西金杯他(結果)

    あっと言う間の年始競馬でした。ちょっとバタバタしましたが、その甲斐がありました。とは言っても、まだ始まったばかりですからね。競馬は一週一週の積み重ね。有馬記念まで完走出来るよう頑張りたいと思います。p(^ ^)q中山金杯斉藤新騎手が、今だ重賞未勝利の同期岩田望騎

  • 勝負根性に賭ける-フェアリーS他の予想

    3日開催の最終日は好天に恵まれた、絶好の競馬日和となりそうです。ただ、明日からまた急激に寒くなりそうで、昨年から上下する気温の変化に体がついていけるのか心配です。新型コロナの第6波も始まったばかりですしね。みなさんも体調管理にはくれぐれも注意してくださいま

  • C.デムーロなら鬼に金棒 ソリタリオーシンザン記念他

    中京11R シンザン記念キャリア1戦の牝馬が1番人気の推されるぐらいですから、メンツのレベルはそう高くないと見ています。チャンスはどの馬にもありそうですが、ここでは"素質"よりも"経験"がモノを言いそうな気はしています。予想の切り口は、その"経験"においてみまし

  • おめでとうございます-東西金杯の予想

    明けましておめでとうございます。本日が2022年の予想初めになります。年末年始は寒かったですね。みな様はどうお過ごしでしたか?コロナ禍も今年で3年目に突入です。まだまだ安定しない世の中の状況ですが、みな様にとって良い一年になりますことお祈りいたしております。

  • 一年間お付き合いいただきありがとうございました-有馬記念他(結果)

    私の2021年の競馬もホープフルSをもって終了です。最後もずっこけましたが、会心の予想も幾つかアリ~ので、非常に思い出に残る一年でした。そして何よりも、今年も無事完走出来てよかったです。来年も競馬が楽しめるよう、公私ともに平穏な一年であることを願っております。

  • 距離への適正はナンバーワン サトノヘリオスーホープフルS

    中山11R ホープフルS2021年のラストBET。相対的なレベルがあまり高いとは思えないメンバー構成ですから、何が来てもおかしくないレースだと思います。予想の切り口は、地力と血統両面からの狙いとしました。能力上位の以下の4頭からの軸馬の選択となります。コマンドライ

  • 条件は好転 ディープボンドー有馬記念

    中山11R 有馬記念パンサラッサの存在が縦長の展開を生みそうです。事実上の主導権は、番手に控えるタイトルホルダーが握るのでしょうが、厄介なのはキセキの存在。この馬がどういった動きを見せるのか。今年のグランプリは、面白いレースになりそうです。予想の切り口は、

  • "夢馬券"は積極的に拾っていきたい有馬記念-阪神Cの予想

    「メリークリスマス!」ではありきたりですから、今日は別の話題を。今や年賀所を出す人も少なくなりましたが、「本日25日までに投函された年賀状につきましては、確実に元旦にお届けします」と言うのが日本郵便からのご連絡。現在年賀状の準備をされている方はお急ぎを。

  • 何やかんやで有馬記念ですわ-朝日杯FS他(結果)

    何やかんやで、有馬記念ですわ。一年が経つのは早いですね。これで2020年の競馬納めと思っていましたが、最近のJRAは違うんですよね。変則日程で、最終の火曜日にもホープフルS以下のレースが組まれている。JRAも"おまけ感"を出したいんでしょうかね。でも、何やらスカされた

  • 4連勝で来年へ勢い セリフォスー朝日杯FS

    阪神11R 朝日杯FSデビュー戦1番人気の無敗馬が5頭もいるのですから、良いメンバーが揃ったと見るべきでしょう。レース自体も人気馬が強い傾向がありますので、この辺りは強く意識して予想に取り組んだ方がいいかも知れませんね。予想の切り口は、地力と血統両面からの狙

  • 阪神JFとは違いGⅠらしいメンツの揃った朝日杯FS-ターコイズSの予想

    先週の阪神JFとは違い、GⅠらしいメンツの揃った朝日杯FS。こうなると、人気と結果にそう大差はないように思えます。「上位拮抗」と考えるべきでしょうか。人気の盲点を突いてのワンチャンスという手も考えていますが、それはオッズと相談してという事で。予想の切り口は、地

  • 今年の2歳牝馬は1番人気が勝てません-阪神ジュベナイルF他(結果)

    今週末の関西は天気が崩れそうですが、朝日杯にも影響が及ぶかもしれません。重馬場になれば、武豊の出番があるかもしれないですね。さすがにベテランですから、重馬場をこなすなんてお手のモノ。他のジョッキーが苦慮するコンディションになればなるほど、彼の本領は発揮さ

  • 崩れにくいタイプ パーソナルハイー阪神ジュベナイルF

    阪神11R 阪神ジュベナイルF出走馬の内、デビュー戦で1番人気に推されたのは、ステルナティーア唯一頭と、少々もの足りない組み合わせとなった今年の阪神ジュベナイルF。前走にしたって、1番人気に推されていたのはナムラクレアだけですからね。そういった意味では、"伏兵

  • 阪神ジュベナイルFは、伏兵馬のチャンピオン争い-中日新聞杯の予想

    実質的な牝馬2歳チャンピオン決定戦となる阪神ジュベナイルF。とは言っても、前走1番人気に推された馬は、ナムラクレア唯一頭ですからね。相応なメンツが揃ったかと言うと、多少疑問に感じる部分もあります。現時点では、伏兵馬のチャンピオン争いという図式。その表現の方

  • 名馬堕つ-チャンピオンズC他(結果)

    ソダシの"二刀流"が夢と散った直後のアグネスデジタルの訃報でした。大井から香港まで、芝、ダートを問わず走り続け、勝利した馬。まさに元祖二刀流と言える存在でした。ダートから芝へ主戦を移して成功したというのが、他の二刀流馬との違いかな。デジタルの後にクロフネと

  • 左回りなら注意 オーヴェルニューチャンピオンズC

    中京11R チャンピオンズCソダシの参戦が唐突なものでないにしろ、やはりその扱いは予想のポイントになるような気がしています。私には「3歳牝馬の初ダート(GⅠ)」という条件は、荷が重いように思えるんですけどね。「リアル二刀流」は、競馬界でも誕生するのか。今年のチ

  • ソダシ参戦で注目度が高まったチャンピオンズC-ステイヤーズS他の予想

    桜花賞馬ソダシの参戦で、俄然注目度が高まったチャンピオンズC。ダート未経験の3歳牝馬が一番人気に推されているのですから、これにかいささかビックリしました。ただ、血統評論家の中には、芝でこれだけの成績を残せている方が不思議と、言う方もおられるぐらいですから、

  • ルメール騎手の好騎乗に拍手-ジャパンカップ他(結果)

    ここに来て、また新たなコロナの変異株発生ですか。いつまで続くんでしょうか。せっかく元の生活に近づきつつあったのに、これからの状況如何では、振り出しに戻りかねませんからね。政府の先手の対応が、功を奏せばいいんですが。年末年始。無事乗り切れますよう願っており

  • 有終の美を飾る事が出来るのか コントレイルージャパンカップ他

    東京12R ジャパンカップ今年は「4世代のダービー馬が激突!」という触れ込みですが、昨年のJCを思うと、いささか寂しいメンツになった印象は否めません。実績で群を抜くコントレイルは有終の美を飾る事が出来るのでしょうか? 外国馬の走りにも注目したい今年のジャパン

  • 結局は妥当な結果で終わりそうなジャパンC-京都2歳S他の予想

    毎年何か起こりそうな気はするんですがね。結局は妥当な結果で終わる。それがジャパンカップなんでしょうね。ただ、ここを目標に究極の仕上げで出てくる馬が多いですから、追える外国人ジョッキーが乗る伏兵馬には気を付けておいた方が良いかもしれません。そのジャパンカッ

  • 穴を狙って撃沈-マイルチャンピオンS他(結果)

    天気も回復傾向だし、京都に紅葉でも見に行こうかなと思ったのですが、やめることにしました。今、京都はドエライ人出らしいです。考えることは皆さん同じなんでしょうね。紅葉目当ての人出です。コロナ禍で、外出を控えていた期間が長かったですからね。その分反動も大きい

  • 一目散 ホウオウアマゾンーマイルチャンピオンS

    阪神11R マイルチャンピオンS"2強"がすんなりと勝つ可能性も否定はしませんが、その2頭がそれなりの"穴"を抱える現状だけに、ここは目先を変えた予想で対応しようと思っています。予想の切り口は、「馬の実力」というより「騎手の手綱捌き」。何か策を練ってきそうな以

  • 「2強」ながらも印が割れているマイルCS-東京スポーツ杯2歳S他の予想

    今年のマイルチャンピオンS。表面上は"東高西低"でも、臨戦過程を見てみると、果たしてそうなのかなと、疑問符を付けざるを得ません。その証拠に、「2強」と言われながらも、各専門誌の印がソコソコ割れていますからね。みなさん、本音では「2強」とは思っていないのかも…

  • エ杯ならデムーロ テルツェットーエリザベス女王杯他

    阪神11R エリザベス女王杯近年のエ杯は、外国人ジョッキーの独壇場。3着までに2人の外国人ジョッキーが名を連ねるのが常ですからね。今年も要警戒レベルと考えておいて良いんじゃないでしょうか。逆に関東馬にとっては鬼門と言われるレース。そろそろ関西馬の牙城を崩し

  • エ杯は関東馬に逆らえないのか-武蔵野Sの予想

    エ杯って、てっきり先週開催されると思い込んでいましてね。(;^_^Aシコシコと準備をして、気合も入っていたのですが…自分的には、一週遅れのエリザベス女王杯ということになります。再度、気分を盛り上げるのには苦労します。(× ×)そのエ杯の事前の見解ですが、今年は地力

  • 魅力は55Kの斥量 サトノソルタスーアルゼンチン共和国杯他

    東京11R アルゼンチン共和国杯今年は逃げ馬不在でスローペースが濃厚なメンツとなりました。ペースを味方に付けそうな、以下の5騎から入ると言うのが、予想の常套手段かもしれませんね。サトノソルタス、フライライクバード、アドマイヤアルバ、ボスジラ、アンティシペイ

  • 波乱の結末-天皇賞・秋他(結果)

    週末は選挙一色でした。もちろん投票に行きましたよ。衆議院選も秋天も。個人的には衆議院選の方が面白かったかな。波乱と言って良い結末でしたから、見ていて楽しかったです。投票率が低かったことからも、こちらも多少は雨の影響があったのかもしれません。何にしろ、当選

  • 波乱の結末-天皇賞・秋他(結果)

    週末は選挙一色でした。もちろん投票に行きましたよ。衆議院選も秋天も。個人的には衆議院選の方が面白かったかな。波乱と言って良い結末でしたから、見ていて楽しかったです。投票率が低かったことからも、こちらも多少は雨の影響があったのかもしれません。何にしろ、当選

ブログリーダー」を活用して、kudanさんをフォローしませんか?

ハンドル名
kudanさん
ブログタイトル
依って件の如し
フォロー
依って件の如し

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用