searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

luminoさんのプロフィール

住所
神奈川県
出身
神奈川県

主に声楽曲に関心があり、イタリア・ドイツのオペラのアリアや歌曲が好みです。 好きな作曲家は、ベートーヴェン、モーツァルト、ハイドン、シューベルトなど。 声楽ではフリッツ・ヴンダーリヒ、ペーター・シュライアー、主にテノールを愛聴しています。 特に音楽知識はありませんが「ただ、ひたすらに」をモットーに鑑賞をしています。

ブログタイトル
♪クラシック音楽  さんぽみち♪CD & MUSIC BIRD
ブログURL
http://adagio6.blog93.fc2.com/
ブログ紹介文
CDやCS-PCM放送のミュージックバードを主にしたクラシック音楽便りです。
更新頻度(1年)

3回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2009/06/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、luminoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
luminoさん
ブログタイトル
♪クラシック音楽  さんぽみち♪CD & MUSIC BIRD
更新頻度
3回 / 365日(平均0.1回/週)
読者になる
♪クラシック音楽  さんぽみち♪CD & MUSIC BIRD

luminoさんの新着記事

1件〜30件

  • Op.479  2019年 出合ったCDたちに ありがとう!

    2019年も今日で終わり。今年、出合ったCDたちを思い起こしつつ、ありがとうの言葉を心に。簡単になりますが以下、印象に残っているディスクたちです。来年、2020年はベートーヴェンの生誕250年のアニヴァーサリー・イヤーとのこと。昨今はベートーヴェンの作品を聴くことが多くなり本来のベートーヴェン好きに拍車がかかっております。私にとってはベートーヴェンのアニヴァーサリー・イヤーは既にスタートしているような。さて、...

  • Op.478 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第8番「ラズモフスキー第2番」 by ケッケルト四重奏団

    ドイツで初めてLPによりベートーヴェンの弦楽四重奏曲全曲録音、とのことで是非とも、聴かなければ・・・という一種の義務感(?)からケッケルト弦楽四重奏団の全集を求め聴いてみました。2012年、既に7年前に発売されていたようです。この全集はオリジナル・マスターからの世界初CD化とのことです。当拙ブログに「ラズモフスキー」の3曲のうち第2番だけが今まで登場をしていなかったようです。今日は第8番を聴いてみました。ベー...

  • Op.477 ベートーヴェン:「交響曲第3番」 by セル&クリーブランドOr.

    今回も「ハイドンの協奏曲を聴くシリーズ」をお休みを・・・・自然消滅に?目下、引き込まれているベートーヴェンの交響曲第3番を。クラシック音楽に本格的に目覚めたのはベートーヴェンのトリプル・コンツェルト。昔々、大昔のこと。当時は求めるディスクはベートーヴェンの作品ばかり。聴く曲もベートーヴェンばかり。その当時から云十年を経て、ベートーヴェン・オンリーが再燃をしたかのようなこの3ヶ月来です。交響曲第3番は...

  • Op.476 ベートーヴェン:「弦楽四重奏曲全集」 by ベルチャ弦楽四重奏団

    「ハイドンの協奏曲を聴くシリーズ」を中断し今日はベルチャ弦楽四重奏団でベートーヴェンの弦楽四重奏曲全集を。先日、ショップの見出し文句「ベルチャ四重奏団の名盤ベートーヴェン“弦楽四重奏曲全集”がお手頃価格で再発売!」に釣られて求めた全集です。今までブログに登場してきたディスクたちは自分なりに「良いなぁ」と感じられる曲やディスクが主でした。今回はいつもの自分なりの基準に反する(?)ディスク。そのような演奏...

  • Op.475 ハイドン:「ホルン協奏曲第1番」 by ドミトリ・ババノフ; ヘルムート・ミュラー=ブリュール&ケルン室内管弦楽団

    ハイドンの協奏曲が続いています。「ハイドンの協奏曲を聴くシリーズ」と今頃になりましたがテーマ付けを。シリーズ1 はヴァイオリン協奏曲第1番シリーズ2 はトランペット協奏曲そして今回シリーズ3 はホルン協奏曲に。前回、トランペット協奏曲を聴いた際、同じディスクの第1曲目収録のホルン協奏曲が鳴り響いた瞬間に気になる曲になっていました。ハイドン協奏曲全集のBox ではこの一枚が一番気に入っており私にとってはどの曲...

  • Op.474 ハイドン「トランペット協奏曲」 by シュースター;ヘルムート・ミュラー=ブリュール&ケルン室内管弦楽団

    先日、ハイドンのヴァイオリン協奏曲第1番を聴きまたウッカリと忘れていた「協奏交響曲」を改めて聴いて以来ハイドンの協奏曲の世界に嵌り込んでいます。ショップで6枚組の協奏曲全集が目に付き入手をしてからすでに半月が経ってしまいました。いざ、届いたもののどの曲から聴こう?と、愉しい迷いに。いつもお邪魔をさせていただいているブログを訪問させていただいた際にトランペット協奏曲について良い評価をされていられるのを...

  • Op.473 ハイドン:「ヴァイオリン協奏曲第1番」 by メニューイン;バース・フェスティバル管弦楽団(弾き振り、メニューイン)

    CD、Boxを購入しても、ほとんど聴くことのないBox や折角購入したのだから、と意地(?)で聴いているBox 。そしてまた、お気に入りのBox としていつでも手の届く場所に置いてあるもの。はたまた、購入をしたことすら忘れてしまい、偶然目に付き思い出すBox。私の場合にこの4つに分かれるようです。今日は数年来のお気に入りになっているメニューインのBox からハイドンのヴァイオリン協奏曲第1番を。ハイドンのヴァイオリン協奏曲...

  • Op.472 ベートーヴェン:「チェロ・ソナタ第4番」 by マイナルディ&ゼッキ

    エンリコ・マイナルディの演奏を初めて聴く機会がありました。マイナルディのBoxは2種発売されているようですね。2013年リリースの「DG&アルヒーフ録音集成Box」(14枚組)及び2017年リリースの「マイナルディ~名演集」(DOCUMENTS;10枚組)の廉価盤。入手をしたのは廉価盤大好き故に「マイナルディ~名演集」です。収録曲はお気に入りの作品がほとんど。中でも「無伴奏チェロ組曲」とベートーヴェンのチェロ・ソナタ全集は是非...

  • Op.471 メンデルスゾーン:「ピアノ六重奏曲」 by アマティ弦楽合奏団

    いつもお邪魔をさせていただいているブログでメンデルスゾーンの弦楽四重奏曲の記事に出合ったのは、つい最近のことです。記事を拝読し、メンデルスゾーンの作品に新たな関心が湧いてきました。私にとっては心に響く作品に出合うことが少ないメンデルスゾーンの音楽。久しく疎遠な作曲家の一人でした。云々、言いつつもメンデルスゾーンはこの拙ブログに出番が多い方かも・・・。メンデルスゾーンに関心を抱き始めたのは、この数年...

  • Op.470 シベリウス:「ヴァイオリン協奏曲」(オリジナル版と現行版) by カヴァコス;ヴァンスカ&ラハティ交響楽団

    ふとしたキッカケで或る作品が自分の心の中で燦然と輝く存在に。このシベリウスの曲はお気に入りではあってもあまり聴く機会のない作品でした。「この曲って、こんなに良かった?」と感じることが時々あります。年月を経て、改めて耳にしては「この曲って、こんなに良かった?」と同じ想いを抱き感銘を新たにするのがシベリウスのヴァイオリン協奏曲。多々あるヴァイオリン協奏曲の中でもお気に入りに入るシベリウス。過日、この曲...

  • Op.469 ベートーヴェン:「弦楽四重奏曲第16番」 by パスカル弦楽四重奏団

    クラシック・ビギナーのCD及びCS-PCM放送のミュージック・バードを主とした音楽便りです。 敬愛する作曲家はベートーヴェン。 古典派〜ロマン派を中心に聴いています。 時には日常の雑感も。また、時には家族のコザクラインコの話も。ゆっくり、のんびりと。

  • Op.468 ベートーヴェン:「ピアノ・ソナタ第29番 <ハンマークラヴィーア> 」 (弦楽四重奏版) by ライプツィヒ弦楽四重奏団

    クラシック・ビギナーのCD及びCS-PCM放送のミュージック・バードを主とした音楽便りです。 敬愛する作曲家はベートーヴェン。 古典派〜ロマン派を中心に聴いています。 時には日常の雑感も。また、時には家族のコザクラインコの話も。ゆっくり、のんびりと。

  • Op.467 ヴェルディ:歌劇「椿姫」~≪乾杯の歌≫ by C.クライバー、バイエルン国立管弦楽団、コトルバス、ドミンゴ他

    クラシック・ビギナーのCD及びCS-PCM放送のミュージック・バードを主とした音楽便りです。 敬愛する作曲家はベートーヴェン。 古典派〜ロマン派を中心に聴いています。 時には日常の雑感も。また、時には家族のコザクラインコの話も。ゆっくり、のんびりと。

  • Op.466 2018年 出合ったCDたち と 新しい家族にありがとう!

    クラシック・ビギナーのCD及びCS-PCM放送のミュージック・バードを主とした音楽便りです。 敬愛する作曲家はベートーヴェン。 古典派〜ロマン派を中心に聴いています。 時には日常の雑感も。また、時には家族のコザクラインコの話も。ゆっくり、のんびりと。

  • Op465 育児休暇中?ブログもお休み中です

    クラシック・ビギナーのCD及びCS-PCM放送のミュージック・バードを主とした音楽便りです。 敬愛する作曲家はベートーヴェン。 古典派〜ロマン派を中心に聴いています。 時には日常の雑感も。また、時には家族のコザクラインコの話も。ゆっくり、のんびりと。

カテゴリー一覧
商用