プロフィールPROFILE

案内人さんのプロフィール

住所
南部町
出身
南部町

農業高校生ってこんな贅沢な学習をしているんだ!おそらく、みなさんの思っているイメージとは良い意味で違っているはず!毎日更新しています。

ブログタイトル
花のたより☆山のふみ これぞ農高!
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/baru3k2000/
ブログ紹介文
青森の珠玉の自然に囲まれた小さな高校「名久井農業高校」を紹介!農業高校ってすごい!
更新頻度(1年)

741回 / 365日(平均14.2回/週)

ブログ村参加:2009/05/06

案内人さんのプロフィール
読者になる

案内人さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,204サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 20 60 90 50 0 0 220/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
教育ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,332サイト
高校教育 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 302サイト
企業ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,183サイト
農業 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 432サイト
地域生活(街) 東北ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 6,290サイト
青森県情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 374サイト
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 24,056位 25,186位 24,636位 25,838位 31,321位 34,719位 28,745位 978,204サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 20 60 90 50 0 0 220/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
教育ブログ 254位 269位 264位 276位 339位 379位 320位 9,332サイト
高校教育 2位 1位 2位 1位 2位 3位 3位 302サイト
企業ブログ 63位 69位 63位 64位 83位 91位 72位 4,183サイト
農業 17位 18位 17位 16位 25位 23位 20位 432サイト
地域生活(街) 東北ブログ 141位 150位 151位 154位 199位 227位 175位 6,290サイト
青森県情報 35位 36位 35位 35位 36位 38位 33位 374サイト
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,204サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 20 60 90 50 0 0 220/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
教育ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,332サイト
高校教育 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 302サイト
企業ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,183サイト
農業 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 432サイト
地域生活(街) 東北ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 6,290サイト
青森県情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 374サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、案内人さんの読者になりませんか?

ハンドル名
案内人さん
ブログタイトル
花のたより☆山のふみ これぞ農高!
更新頻度
741回 / 365日(平均14.2回/週)
読者になる
花のたより☆山のふみ これぞ農高!

案内人さんの新着記事

1件〜30件

  • スタンドアローン

    2019年4月に結成した環境研究班トレジャーハンターズ。この春解散したチームフローラフォトニクスが失敗したり途中で断念した研究の中から、磨けば光りそうなものを選んで研究しています。ということはハンターズはフローラの延長線上にある研究チーム。したがって彼らのTシャツにはTEAMFLORAPHOTONICSのロゴも入っています。そんなハンターズですが実は今年、来年だけの期間限定チーム。春になっても2年生の募集はありません。お手本となる3年生のバブルボーイズがいますが、本当は彼らは環境班ではなく施設園芸班。つまりハンターズは直属の先輩も後輩もいないちょっと寂しいチームなのです。スタンドアローン(standalone)という言葉があります。孤立とか他と関わらないという意味ですが、まさに彼らの立ち位置を表しています。結成...スタンドアローン

  • 夢が現実に

    おしゃれな小型水耕栽培装置です。水槽ぐらいの大きさですが、ちゃんとエアレーションやLED照明、換気扇がついている優れものです。環境システム科は水耕栽培を学ぶ学科。したがって1年生や2年生で、必ずこの装置を使って水耕栽培のノウハウを実際に栽培しながら学んでいます。今から10年前、2代目フローラの女子たちはLEDを活用した水耕栽培はとてもきれいなのでアクアリウムのように室内で観賞用しながら栽培してはどうかと京都大学で開催されたテクノ愛で提案し、入賞したことがあります。確か「サラダリウム」という名前だったと思います。その時はまだこんな装置などなく彼女たちの提案は夢物語でしたが、今はこのように現実となりました。時代はすごい勢いで進んでいるようです。さて今、この装置を使っているのはハンターズ。寒締めホウレンソウを研究する...夢が現実に

  • 年末ジャンボ?

    ハンターズがチームフローラから引き継いだ馴化温室。周囲には落葉する広葉樹がたくさんあります。そのため温室前の広場は、いつしか北風によって枯葉が踊り出すステージへと変わっています。赤や黄色の枯葉がランダムに巻き散らかされた風景はこれはこれでとても素敵なもの。室内での活動が増えてきたため温室での活動機会は激減していますがたまに来るたびに、落ち葉のストリートパフォーマンスを楽しんでいます。さてこの寒い中、ハンターズはこの温室を使って今年最後の実験にチャレンジする準備を着々と始めています。テーマは寒締めホウレンソウ。これも数年前のフローラJr.が取り組みましたが完結しなかった研究アイデアです。ハンターズはフローラの失敗ネタに再挑戦するため結成されましたがやはりフローラが失敗したのには理由があるようで、ハンターズが果敢に...年末ジャンボ?

  • 頑張れ受験生!

    実験室に二人集まって発表練習をしています。こちらはご存知3年生のバブルボーイズ。環境システム科の施設園芸班の研究チームですがフローラに憧れて昨年、アドバイス求めてきたので今春卒業したファイナルフローラで面倒を見てきました。その甲斐あって今年になってビッグタイトルを受賞。卒業したフローラも喜んでいます。そんな彼らも早いものであと数ヶ月で卒業となります。気がつくと参加できるコンテストも数えるだけ。そこでまずは23日に京都大学で開催されるコンテストに向けて悔いのないよう練習に励んでいるのです。とはいっても練習は課題研究の授業の中だけ。フローラと違って放課後の練習をしていません。それには理由があります。彼らは二人とも4年制の農学系大学を受験するから。それもまもなく。したがって今は受験勉強の方が大事なのです。農学系の大学...頑張れ受験生!

  • 初雪!

    寒気が入り込んだ昨日の青森県。とうとう南部町にも初雪が降りました。とはいっても、ちらついただけで自動車のボンネットに落ちるとすぐに溶けてしまいました。県南に雪が積もるのはまだ1ケ月も先だと思います。さて今日は11月15日。何の日かわかりますか?実は子供の健やかな成長を祈願する七五三詣なのです。ただ今年の15日は平日、さらに仏滅ということですでに済ませたか、明日明後日に神社に行く人が多いかもしれません。また昔から11月20日には農仕舞が行われました。農仕舞の日は家族で御膳を囲み、1年間の労を労うとともに、農神様に感謝したといいます。そんなことで昔は農業高校でも農場作業が一段落したということで関係者で食事をした思い出があります。残念ながら今では農村とはいえどもこのような文化はすでになくなりつつありますが、続けて欲し...初雪!

  • 柿の季節?

    今、この地域では柿が店頭に並んでいます。その大半は関西などの甘柿ですが、地物も負けじと並ぶ時があります。この地域の特産である「妙丹柿」は売り方が特徴的。甘柿のように1個売りではなく、このように袋売り。これには理由があります。妙丹柿は小ぶりの渋柿。したがってこのまま生食できません。主に干し柿に加工されますがどうしても生食したい人は渋を抜かなければなりません。代表的な脱渋法はぬるま湯に一晩つけること。もしくは焼酎につけること。呼吸困難にさせるとアセトアルデヒドが生成され水溶性タンニンが不溶性タンニンに変化するという現象を利用しています。1個1個渋抜きしていては手間がかかりすぎます。そこで一気に作業を行うためこのように袋に入れて販売しているのです。ところがお湯につけると果肉が柔らかくなり、焼酎につけるとアルコール臭が...柿の季節?

  • マッチ棒!

    グラウンドを縁を彩る赤いドウダンツツジ。まるで赤い頭のマッチ棒のようです。ハンターズの温室脇のブルーベリーも同じドウダンツツジの仲間なので紅葉中。緑豊かなキャンパスがだんだん赤くなってきました。さて紅葉の名所といえばやはり京都。来週から2年生が京都など関西方面の修学旅行に出かけますがフローラも京都大学で開催されるテクノ愛コンテストにかれこれもう10年以上も連続で出場しています。その度に寺社の見事な紅葉を楽しんでいますがこの数年は色づきがあまりよくありません。お話を伺うといつも今年の紅葉はちょっと遅いとみなさんおっしゃいます。コンテストの開催時期はいつも同じ11月下旬。温暖化が原因なのかはわかりませんが、とにかく季節の進み方が変わってきているのは間違いないようです。今年も参加させていただきますが、色づき具合はどう...マッチ棒!

  • 三重苦?

    バレーボールぐらいある大きな茶色の塊。いったいなんだと思いますか?実はこれ、サツマイモです。環境システム科のある授業でポップコーンとともにサツマイモを育てていたようですが、先日収穫。掘ってびっくり。お化けになっています。イモの表面をよく見るとメロンのように亀裂があります。また茎についていたと思われる部分が3本ぐらいあります。ということは本当ならば3本のイモが何らかの原因で偶然、くっついてしまったのかもしれません。さらに栽培していた場所は雨の降らないビニールハウス。サツマイモは乾燥した畑で育てると長くならず、丸くなるといいます。人間によって雨の降らないビニールハウスに植えられたサツマイモ。バレーボールのように丸い姿になったのは人間のせいかもしれません。さらに先月、台風崩れの低気圧による豪雨がありましたがその際、一...三重苦?

  • すぐやる課?

    クワイの養液が10°を切っているということですぐに鑑賞魚用のヒーターを用意しました。ハンターズが相手にしているのは命のある植物。忙しいから後にしようというわけにはいきません。どこかの役場に「すぐやる課」という部や課を横断してすぐ動いていくれる部署ができ話題となりましたがフローラもハンターズもすぐやる課。研究に関してはフットワークが軽いのです。さて水槽用のヒーターならなんでも同じかと思っていたところ18°にキープできるもの、26°にキープできるもの。さらに20°〜28°ぐらいまで制御できるものなど様々。亀などを飼育する際は26°ぐらいに水温を上げるようですが金魚では18°で大丈夫とのこと。気をつけて選ばないといけません。制御できるタイプを手にしたハンターズ。さっそく20°に設定して水槽に取り付けました。気温が低い...すぐやる課?

  • 養液冷えてます!

    先日の朝、ハンターズが栽培しているクワイの水温を確認したらなんと9°しかありません。日中は18°ぐらいまで上がるので大丈夫ですが夜はさすがに低すぎます。現在、肥大期なのでおそらく適温だと思われる20°前後まで水温を上げなければなりません。今まで一生懸命管理してきたメンバーの苦労が無駄にならないようさっそく対応したいと思います。さてこのクワイの水耕栽培。普通の栽培よりも便利なところがあります。土を使っていないため、いつでも地下部を覗けるのです。今、何個ついていてどれぐらいの大きさなのか一目瞭然。泥の中で育てる一般の栽培法ではあり得ない長所です。先日見てみると大きいもので直径2cm程度。しかしほとんどがまだまだ小さく、早くても収穫は来月になりそうです。しかし水温を温めることで肥大スピードが早まるのか。興味津々のハン...養液冷えてます!

  • 反省だけなら猿でもできる!

    栽培すると土壌は酸性に傾いていきます。多くの作物が好むのは中性なので土壌の酸度を調整するため、収穫が終わった後やこれから栽培を始めるという時にアルカリ性の消石灰を畑に散布するのが普通です。ところが中にはへそ曲がりがいて酸性じゃないとちゃんと育たない植物もいます。それがブルーベリーやリンゴンベリーです。ではアルカリにするなら石灰を用いますが、酸性にするにはどうすれば良いでしょう?さまざま方法はありますが、簡単なのはピートモスを混ぜること。ピートモスとはミズゴケなどが堆積腐敗したもので泥炭ともいいます。これがpH3〜4と強烈な酸性。したがって土壌改良剤として用いられます。ではなぜブルーベリーやリンゴンベリーは酸性土が好きなのでしょうか。それはこれらのベリーが自生している場所が森林だから。北欧の森に自生しますが、日本...反省だけなら猿でもできる!

  • 人災?

    昨年、水の世界大会で準グランプリという華々しい成果をあげこの春、解散したチームフローラフォトニクス。北欧での大活躍を記念して植えたリンゴンベリーにとうとう赤い実がつきました。どう見てもまだ未熟なのですが、この状態でジャムに加工するのでしょうか。とはいっても今回はこれしか実らなかったのでジャムなど作れません。なぜこんなことになったのでしょうか。夏の猛暑でしょうか。実はそれ以外にも反省点があるのです。リンゴンベリーやブルーベリーは酸性土壌を好みます。ところが昨年、植えつける際にpH調整をした記憶がないのです。もしかしたらそのまま植え付け、それが理由で実がつかなかったかもしれません。これは人災。反省です。さてぐんぐん気温が下がっています。そしてとうとう天気予報では今週末に雪のマーク。初雪になるかもしれません。人災?

  • Spirit by TEAM FLORA PHOTONICS

    来週月曜日から修学旅行に出かけるハンターズが時間を惜しんで発表練習をしています。先日もご紹介しましたが、ハンターズは2つの発表会に出場することになったため3名と2名のチームに分かれて練習することになりました。こちらは2名のチーム。おなじみの土肥実験室に元気な声が響いています。毎年、名農祭が終わったこの時期の実験室はテクノ愛などいろいろなコンテストに出場するフローラの練習場所でした。またここでは活躍してきた3年生が新たに挑戦する2年生に指導するというフローラならではの姿を見ることができたものです。昨年はファイナルフローラが後輩であるバブルボーイズが直々に指導していたのを思い出します。さて今年はどうでしょう。フローラは解散したのでもういません。でも大丈夫。バブルボーイズの入試が終わったらフローラの代わりにハンターズ...SpiritbyTEAMFLORAPHOTONICS

  • ホワイトデライト

    ホワイトベリーの「ホワイトデライト」です。春から咲き続けていますが、晩秋の今もご覧のとおり、花と実をつけています。さてイチゴはストロベリーといいますがベリーとは「小さな実」の意味です。確かにブルーベリー、ラズベリーなど可愛らしい実をつけます。ではストローとは何でしょう。こちらもご存知の通り「麦わら」のことです。ではイチゴのどこが麦わらに似ているのでしょう。調べてみると親株から出てくる走出枝のランナーがワラに似ているという説が紹介されていました。またストローには「あちこちに散らす、一面を覆う」という意味もあるようで、こちらもランナーの様子を見て名付けたのではないかなど諸説あるようです。いずれにしてもイチゴの特徴的なランナーに命名のヒントがあるようです。みなさんはどう思われますか。ホワイトデライト

  • ロストワールド!

    11月も中旬にさしかかり、ハンターズの温室周辺できれいに紅葉していた木々もいつの間にか茶色に変わってきました。毎日のように写真を撮っていると緑豊かな名農のキャンパスがどんどん色を失っていくのがわかります。このように寒くなってきた中で収穫した農業高校の農産物を消費者に披露するイベントが全国各地でさまざま開催されています。今日は東京大丸デパートで全国48校の農業高校が参加して大即売会を行い、大いに盛り上がっているようです。次は全国ねぎサミット。全国のネギ産地の生産者が一堂に会し自慢のネギを即売する会です。もちろん名久井農業高校も「南部太ネギ」を持参し参加する予定。今年の会場は千葉県の松戸。開催期間は11月23〜24日。詳細はインターネットで紹介されているのでお近くの方はぜひ足を運んでください。さてまったく同じ時期、...ロストワールド!

  • プロトタイプ?

    自動車など工業製品ではプロトタイプという言葉をよく耳にします。日本語で「試作品」と訳されるようにテスト走行させながら性能を確かめたり、問題を見つけたりする場合に製作します。製品の持つ欠点は頭で考えても発見しにくいもの。そこで実際に模型を作って動かして評価してみるのです。しかしこれは何も工業製品だけに限ったことではありません。商品にはモノとコトがありますが形のないコト、つまりサービスを開発する際でもユーザーの体験を知ることができるプロトタイプが重要になっています。さてこれは先日の名農祭で試験販売された商品。リンゴと洋梨のコンフォートです。赤いリンゴである紅玉の色素をどれぐらい利用できるか試すために製造したものですが残念ながら思ったようには色が出なかったそうです。とはいっても紅玉なので味は最高。そこでお客様にその点...プロトタイプ?

  • どっちなんだい?

    ハンターズが最後の実験をするためにホウレンソウの種子を購入しました。準備したのは葉がキザギザした種類です。さてホウレンソウにはこのタイプと小松菜のように葉が丸いタイプとあります。前者は東洋系のホウレンソウ。秋冬に播く品種が多く赤根、寒じめ、日本ホウレンソウなどの名前で出回っています。後者は西洋系のホウレンソウ。こちらは春夏に播くものが主流です。私たちは昔から日本ホウレンソウを食べて来たのでホウレンソウは秋冬に収穫するというイメージがあります。またアクが強くないので、おひたしにするのが一般的でした。いかにもホウレンソウという味で大好きです。ところが西洋ホウレンソウが導入され、夏場でも店頭に並ぶようになりました。こちらはアクが強いのでしっかり加熱して食べるためホウレンソウの料理も変わってきました。しかし近年は東洋と...どっちなんだい?

  • ベビーピンク

    ピンクのバラが咲いています。まもなく冬を迎える時期のバラはご覧のとおり、本当に美しい色になります。ピンクと一口にいっても色の濃さはさまざま。ファッション大国フランスでは薄いピンクのことをベビーピンクといいます。女の子の服に使われることからだそうですが男の子用の色はあるのでしょうか。ありました。名前の付け方は同じ。ベビーブルーです。しかしベビーブルーは女の子も着るとのこと。小さな頃から女の子はおしゃれのようです。さて日本でベビーピンクといえば若い女性用の色。衣料品や食器などいろいろものに使われています。ぜひ雑貨屋さんを覗いたらベビーピンクの商品を見つけてみてください。ちなみにこのバラはベビーピンクなんて優しい色ではなくどちらかといえばショッキングピンク。鮮やかです。ベビーピンク

  • EMERGENCY

    名農祭も終わり、研究活動も終盤。18日から修学旅行も始まるためこれからは少しのんびりできるかと思っていたハンターズですが急遽対応しなければならない事態が発生しました。2つの発表会に出場することになったのです。ひとつは修学旅行出発の直前。もうひとつは修学旅行から帰って来てまもなく。いずれもコンペなので、準備して臨まなければなりません。ところが時間がありません。そこでハンターズがとった作戦は2グループに分けること。それぞれ手分けして大会に臨むことにしたのです。農業高校の発表は発表者に合わせて補助者がPCを操作するというスタイル。つまり発表する人、操作する人とプロフェッショナルを立てるのが普通です。今回、短期間で習得する必要があるため珍しく発表者を複数にしたのですが気がつくと、なんと全員が発表者になってしまいました。...EMERGENCY

  • 学習レベルのサイン

    先月下旬に開催された農業クラブ全国大会。今年は宮城、福島、山形が連携して運営する南東北大会でした。かつては県単独で開催したものですが少子化に伴い農業高校も生徒数も激減。連携しないと開催できなくなりつつあるようです。さて名久井農業高校では農業鑑定競技に出場しました。全国からこの競技に出場するために集まる選手は千名近いはずです。その選手が学科ごとに分かれて知識と実物を見分ける目を競い合います。大会の結果、名農は昨年に続き全員優秀賞を受賞できました。もちろん最優秀は各科1名。優秀賞はだいたい上位30%ぐらいの選手に授与されます。どの農業高校でも狙うは最低でも優秀賞以上ですが60%以上の人はもらえないのです。農業クイズのように楽しそうな農業鑑定ですが結構、シビアな戦いがそこにはあるのです。指導した先生もなんとか名農の学...学習レベルのサイン

  • 環境システム科の栽培?

    名久井農業高校には大きく分けて3つの農場があります。第1農場は馬淵川脇のそれはそれは大きな農場。主に果樹園ですが、畑もあります。現在の高台に移転するまでここに校舎がありましたが今は主に園芸科学科のベースキャンプとなっています。第2農場は校舎脇の温室群。ここは園芸科学科の草花温室と環境システム科の水耕野菜温室があります。1番新しいのが第3農場。こちらはグラウンド奥にある生物生産科の野菜圃場です。春の野菜苗販売の舞台となります。このように3つの農場がありますが、畑のない学科がありました。わかりますか。答えは環境システム科。環境システム科の農場は第2農場の水耕温室だけなのです。そのため畑を耕したり、畝を立てることはほぼありません。播種するにしてもこのようにスポンジにピンセットを使って行います。来年度からは残念ながら長...環境システム科の栽培?

  • カウントダウン

    ハンターズの一人が春から取り組んでいるクワイの水耕栽培。小型の水耕装置で育てたクワイが生殖成長に移行したのでお得意の赤や青の光を照射しています。ダイコンなどの根と違ってクワイは塊茎と呼ばれる地下茎が短く肥大したもの。茎というのならば同じ地下部を食べる作物でも光に反応するのではないか。そんな疑問から研究に取り組んでいます。もちろんこの研究は3年ほど前にフローラJr.が取り組んで失敗したテーマ。ただ失敗の理由は栽培管理。夏場に水温が上昇したのと酸素不足が原因です。この反省を活かして今回は水温を一定にさせる観賞魚用クーラーとエアポンプで対応。担当者のこまめな管理により、半年経っても元気に育っています。そんなクワイ栽培ですが11月に入りました。一般にクワイの収穫は11月下旬から1月上旬。だんだん近づいてきました。ところ...カウントダウン

  • 弓張月

    久しぶりに三日月とブルーモーメントが撮影できるかと思っていたらあっという間に空が黒くなってしまいました。それだけ日が暮れるのが早くなったということです。さて11月8日は立冬。暦のうえではもう冬です。このところ最高気温で15度以下。最低気温では5度を下回る日も出てきました。暖かな秋とはいえ、そろそろ今週あたり、初雪が降るかもしれません。さて先週は名農祭にご来場いただきありがとうございました。たくさんの地域の皆さんに名農生のおもてなしを感じていただき嬉しく思います。ただせっかく来たのにお目当ての野菜が買えなかったという人もいるかもしれません。そんなみなさんに朗報。もう一度、名農の農産物が販売されることになったのです。場所は八戸市のポータルミュージアムはっち。11月22日、23日の「はっち市」に出展することになったの...弓張月

  • 初霜

    一昨日、函館で初霜が降りたというニュースがあったので青森県もまもなくだと思っていたら、昨日の朝、ご覧のとおり学校のグラウンドに霜が降りていました。岩手県でも昨日、初霜と初氷を記録したということなのでおそらく南部町も昨日が初霜だったかもしれません。さて、どの研究部門も栽培が一段落してきています。そろそろまとめの時期ですが、失敗続きのハンターズは、挽回しようとこれからまだまだ実験を行う予定。この調子なら、おそらく冬まで続くかもしれません。冬に実験するのは3年前のナメコの研究以来です。なんとか彼らの努力にこたえる結果が出てほしいものです。それに比べバブルボーイズはまだ好調をキープ。昨日も日本学生科学賞の県審査で最優秀を受賞したという連絡がありました。フローラに入ろうと思って環境システム科に入学した彼ら。やっと入れると...初霜

  • オーディション

    研究も残すテーマ3件といよいよ最終ステージに入ったハンターズ。フローラと違い、ずいぶん失敗もありましたが手応えを得たものもあります。最初の年にしては及第点ではないでしょうか。そんなハンターズですが、急遽、17日の日曜日に開催される東北地区の環境系発表会に出場することになりました。会場は仙台。八戸から1時間ちょっとで着くため比較的楽な遠征です。といいたいところですが、実はものすごくハード。なんとハンターズたち2年生は18日から関西方面に修学旅行なのです。学校では15日の金曜日の授業を早く切り上げて準備をしてもらおうとせっかく配慮しているのにハンターズはその合間をぬって県外遠征。叱られそうです。そんな忙しいハンターズですが、実は人前で口頭発表をしたことがありません。したがって誰が上手なのかお互いわかりません。そこで...オーディション

  • 色冴えるキャンパス

    秋も深まり一段と紅葉の色も鮮やかになってきました。気温がぐんぐん下がっているのが理由ですがそうなると気になるのが初雪。青森市の過去30年の平年値では初霜は10月29日。初氷は11月3日、初雪は11月6日となっています。ところが最近は温暖化なのか雪の降る時期が遅れています。今年も11月になってもまだ霜が降りていません。しかしニュースでは昨日、函館で初霜とのこと。津軽海峡を下るのもまもなくだと思います。霜が降りると残念ながらきれいに色づいた葉も黒く枯れてしまいます。京都ほどではありませんが、美しいキャンパスを楽しむのも今のうちです。色冴えるキャンパス

  • 悪い癖

    ハンターズの研究に光が根菜類の地下部に影響を与えるのかというテーマがありました。何でもかんでもLEDを照射したがるフローラの悪い?癖が今もハンターズにも引き継がれているからです。彼らがチャレンジしたのはミニダイコンとミニニンジン。実験はミニなので2ケ月もかからず終わりましたがミニダイコンでは重量もポリフェノール総量もまったく変化ありませんでした。そこで先日、ミニニンジンの調査が行われました。左から無照射のControl、中央は赤色光、右は青色光です。赤がやや大きいなど若干違いはありますが、大差はありません。そして県の試験場から届いたポリフェノール総量の分析結果もほぼ同じ。ダイコンと同じ結果になりました。つまり光合成が盛んになる赤や青の光を照射しても葉や茎と違って根は生育も成分もあまり影響を受けないということがわ...悪い癖

  • コタツでミカン

    先日、ご覧のような緑色の柑橘を食べる機会に恵まれました。名前は「カープチー」といい、沖縄名物のひとつです。調べてみるとこのミカン、秋の短期間しか手に入らないようで全国的にもあまり流通していないとのことです。沖縄といえばシークワーサーやタンカンのイメージがありますがこんな青く小ぶりの温州ミカンのようなものもあるんですね。どう見ても酸っぱいイメージがありますが食べてびっくり。爽やかな酸味と甘さもあり見た目以上に美味しいんです。さて近年、柑橘類が発ガン抑制効果があると農研機構が発表しました。それもオレンジやグレープフルーツよりも私たちがいつも食べている温州ミカンに発がん抑制物質が多く含まれていたのです。データによると「興津早生」や「杉山温州」という品種で確かにネットでも温州ミカンのひとつとして普通に販売されていました...コタツでミカン

  • 筆跡心理学!

    先日行われた名農祭。たくさんの地域の皆さんが来場されました。そんなお客様が校舎に入る生徒玄関のそばにあるのがこの石碑。名久井農業高校の校歌が刻まれています。それも作詞されたサトウハチロー先生の直筆を写したものです。以前、テレビだったか新聞だっかた忘れてしまいましたが筆跡心理学というものが紹介されていました。それによると楷書体や角ばった文字を書く人、はらいやはねをきちんと書く人はルールを大切にする人で、逆に草書や丸い文字を書く人は柔軟でアイデア豊富な人が多いそうです。サトウハチロー先生の字はとても味のあるあたたかな書体。全体的に角はなく、柔らかな筆跡ではありますがはらいやはねがきちんと書かれている文字もあります。筆跡心理学からいえば、どうやら柔軟でアイデア豊富でありながら守るところはきちんとやるというイメージでし...筆跡心理学!

  • ハンターズチャレンジ?

    お茶の花が咲いています。チャはツバキ科の植物なので花もツバキやサザンカに似ています。さてお茶栽培に適した気象条件をご存知ですか。年平均気温が少なくとも12.5~13度以上であること。1日の最低気温が15度以上の継続日数(作物期間)が少なくとも80日以上平均気温5度以上の日数(植物期間)が少なくとも210日以上あること。年間の降水量は1,300~1,400mm以上で生育期間の4~9月の降水量は1,000mm以上。台風、雹、晩霜の常習地でないこと。したがって経済栽培では秋田の能代が北限といわれています。では南部町周辺の気象はどうでしょう。年平均気温は10.0度。年間降水量は1084mm。この2つだけとっても適地ではありません。果たしてこんなところにお茶の木を植えたらどうなるのでしょうか。ハンターズの遊び心満載の実験...ハンターズチャレンジ?

カテゴリー一覧
商用