おんせんたまごの温泉日記
読者になる
住所
太白区
出身
岐阜県
ハンドル名
おんせんたまごさん
ブログタイトル
おんせんたまごの温泉日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/onsentamago23
ブログ紹介文
東北の温泉とおそばが大好きなお気楽主婦のブログです
自由文
-
更新頻度(1年)

352回 / 321日(平均7.7回/週)

ブログ村参加:2007/11/27

おんせんたまごさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(IN) 11,442位 10,636位 11,642位 10,696位 10,203位 11,705位 11,693位 975,454サイト
INポイント 0 40 20 20 30 20 40 170/週
OUTポイント 110 70 120 40 90 70 60 560/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 320位 301位 333位 306位 281位 336位 332位 43,085サイト
温泉・温泉街 11位 10位 11位 10位 10位 11位 10位 789サイト
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 15,021位 17,016位 18,015位 19,468位 18,522位 19,088位 20,029位 975,454サイト
INポイント 0 40 20 20 30 20 40 170/週
OUTポイント 110 70 120 40 90 70 60 560/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 383位 452位 486位 540位 509位 530位 555位 43,085サイト
温泉・温泉街 10位 11位 12位 12位 12位 13位 14位 789サイト
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,454サイト
INポイント 0 40 20 20 30 20 40 170/週
OUTポイント 110 70 120 40 90 70 60 560/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,085サイト
温泉・温泉街 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 789サイト

おんせんたまごさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、おんせんたまごさんの読者になりませんか?

ハンドル名
おんせんたまごさん
ブログタイトル
おんせんたまごの温泉日記
更新頻度
352回 / 321日(平均7.7回/週)
読者になる
おんせんたまごの温泉日記
  • 大鰐温泉不二やホテル お風呂編

    不二やホテルのお風呂は1階に男女別内湯と露天がある。夜は12時まで、朝は5時から入れる。きれいで広い脱衣室。洗面台にはドライヤー2つ、化粧水乳液の他にメイク落としもあり。広々した内湯にはサウナもあり。15人くらい入れる広い浴槽。洗い場の数も多く、シャンプー類完備。内湯はパスして露天へ。1枚の写真に納まらない広さ。43度くらいの露天としては熱めのお湯は無色透明。ツルツルスベスベした肌触りの良い湯だ。浴槽の中に半身浴できる様にとイスがいくつかある。お風呂上がりは冷たいお水。前夜泊まった宿と違い空いているのが嬉しい。カルシウム・ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉68℃pH7・0大鰐温泉不二やホテルお風呂編

  • 大鰐温泉 不二やホテル

    大鰐温泉の名は知っていたが初めて来た。ネットで評判が良かった不二やホテルを予約。部屋数37室の中規模旅館。車が玄関に近づくとすぐに出迎えの女性。玄関ホールの椅子に座ってチェックイン手続き、部屋への案内が笑顔で感じ良い。2階の部屋はトイレつきの7、5畳。テレビ、冷蔵庫金庫湯沸かしポット等の一般的備品完備。窓の外は川が見えるが普通の田舎町の景色。洗面所は広く、ここで着換えができる。ドライヤー、化粧水、乳液等がある。細やかな心づかい。館内には美術品があちこちに飾られ、お宝鑑定団に出したら凄そうだ。宿の入口にもあった。この宿は従業員の数が多くて、皆優しい笑顔で接客。フロントやホールにいる人、食事処で給仕してくれる人、廊下ですれ違ったお掃除か布団敷きのスタッフ。その誰もがとても好感持てる。お風呂もお料理も良かったから又泊...大鰐温泉不二やホテル

  • 世界遺産の径 ブナ林トレッキング

    前から行きたかった、世界遺産白神山地にある「暗門の滝」やっと念願叶い西目屋村へお向かう。道の駅にある観光案内所に寄ると、先の台風の影響で滝までは行けない事が判明。ブナ林を歩く事はできるので進む。アクアグリーンビレッジANMONに車を止めて橋を渡り散策開始。周りの山がきれいに色づき始めている。入り口には小屋があり管理人さん常駐。協力金を入れる箱があるので500円入れたよ。公衆トイレの前にはお猿さんが5、6匹。滝には行けないとわかっていてもガッカリ。ブナ林から湧き出した水を汲んでから山に入る。ここは散策道となっているが山歩きの道だ。ブナは色づき始めたばかりで紅葉にはまだ早い。お猿さんに何度か遭遇。ブナの林は静かだ。私達の他に出会ったのは1組だけ。また、いつか条件の良い時に暗門の滝トレッキングをしたい。1の滝に行くに...世界遺産の径ブナ林トレッキング

  • 岩木山紅葉

    西目屋村と弘前市内からは岩木山がよく見える。山肌が赤くなってたが夜のニュースで雪も降ったという。夏と秋の2回登った岩木山、今回は眺めるだけ。10月15日岩木山紅葉

  • 深浦町 千畳敷&日本一の大イチョウ

    道の駅から少し行った所にある千畳敷。ここで車を止めて海を見ながらお弁当を食べる。先に買ったたこ飯とイカ焼き、イチジク。たこ飯はあまり美味しくない。温かいお茶を買おうとしたが自販機には冷たい物しかなかった。千畳敷にはたくさんのカモメ。何かがもらえると思ってか集まってくる。餌を少しあげるよ。ここから車で5分くらいの北金ヶ沢のイチョウを見に行く。樹齢1000年、高さ31m、木の周り22m。ライトアップされた姿をテレビで見た事がる。すごいイチョウの木に圧倒される。深浦町千畳敷&日本一の大イチョウ

  • 道の駅ふかうら かそせいか焼き村

    深浦町の楽しみはこの道の駅・かそせいか焼き村。ここのイカ焼きが柔らかくてとても美味しい。こちらへ来ればいつも立ち寄る。産直の売り場は興味津々。さすがに魚介類は買えないので見るだけ。お惣菜売り場を見るとたこ寿司、飯寿司(イカ・タコ・サバ)など珍しい物ばかり。飯寿司はいわゆるお寿司でなく麹でつけたようななれ寿司の一種。これも気になったが食べる勇気がわかずにパス。お豆かと思ったらブドウ。。。材料を見るとお米・もち米・赤じそ・砂糖・食塩とあるお昼用にたこ飯購入。どこか景色の良いところで食べよう。目的のいか焼きを買う。1パック500円、昔は300円だった。。。柔らかくてとても美味しい!!!これは絶賛。道の駅ふかうらかそせいか焼き村

  • 十二湖ハイキング

    十二湖は4度目だが全て秋に訪れている。紅葉にはまだ早いがブナ林を歩くのが好きだ。最奥のキョロロに車を止めて歩き始める。インクを流した様な青池。ブナの道はフカフカで歩きやすい。色づき始めた木々の葉。紅葉はまだ先だ。お抹茶が飲める十二湖庵は閉まっていて残念。観光ルートでない奥の方の湖沼を全て歩きたいと思う。十二湖ハイキング

  • 黄金崎不老ふ死温泉

    今回で3度めの宿泊となる黄金崎不老ふ死温泉。三重からくる妹の希望の宿。フロントの男性は上手な日本語を話す台湾の男性。女性だけ選べる浴衣がある。売店の横にはサービスのリンゴ酢。部屋は2階だが遠い。お風呂からず~っと離れているのが不満。足が悪いからと近くにしてもらえばよかった。。。トイレ付き和室は10畳だったと思う。テレビ、冷蔵庫、金庫、湯沸かしポット、お茶セット、冷水など一般的備品。夕食は食事処で椅子席。6時半からをお願いした。早朝の誰もいない時に混浴露天に行こうと6時に起床。窓の外は暗く雨と風。雨が止むのを待って露天に急いだ。朝食は6時半からのバイキング。海辺の露天に長く入っていたため予定時間に遅れた。普段はパン食だが和食のおかずが主だからご飯。ここは朝食のほうが美味しい。デザートはりんごとりんごジュース。起き...黄金崎不老ふ死温泉

  • 黄金崎不老不死温泉

    昨夜の宿泊は妹の希望で黄金崎不老不死温泉。海辺の露天風呂があまりにも有名すぎる。私は3度目の宿泊だ。チェックインして向うは海辺の露天。夕陽を見ながらお湯に浸る人でいっぱい。ざっと数えたら30人。撮影禁止になってたので上がった時に撮った海岸。翌朝は6時にら夫と混浴露天を目指す。前夜にフロントで借りておいた湯浴み着着用。か先ずは女性露天で着換えてから混浴へ。1組のご夫婦が入浴中。やはり、女性露天より広くて景色も良い。先客さんが上がり私達夫婦だけとなった。打ち寄せる波を眺めてのんびり湯浴み。赤茶色のお湯は投入口付近では熱いが反対側の端では温い。強い風が吹くのでのぼせる事もない。最高の露天風呂だった!黄金崎不老不死温泉

  • 北へ

    仙台空港へ妹夫婦をお迎えに行く。何と、娘達が神戸に行くのと同じ時間に到着だった。空港屋上の送迎デッキで見ていると、娘と孫の乗るスカイマークが離陸待機。そこへ飛んで来たのは中部国際空港からのANA。娘はおばちゃんには逢えず。妹夫婦を乗せて東北自動車道を北上。前沢サービスエリアに11時半。ここでランチ。前沢牛サイコロステーキセット。サイコロの形ではないよ。柔らかくて美味しかったが、スープがもっと濃厚がいい。食べ終えてもまったりせず車に乗る。なにしろ目的地まで仙台から5時間かかる。北へ

  • SK7

    仲間とのランチは仙台駅東口のSK7。メインの料理を頼めば、サラダ・ドリンク・スープ・フルーツなどがフリー。いつもは決まって牡蠣フライにしてるが、みんなと同じハンバーグにしてみた。メインが来るまでにサラダとスープを取って来る。新鮮な野菜がたっぷり、ソースは4種類。来ました〜ハンバーグ。パンかライスを選べるので迷わずパン。殊の外美味しいハンバーグだった!今度もこれにするかな。。。コーヒーとプリン&グレープフルーツでゆっくりおしゃべり。コーヒーは2杯、プリンも2回取りに行くよ。居心地良くて好きなお店。お昼時は近くのビルの会社員さんでいっぱいになる。仙台市宮城野区榴岡1-2-37ダイワロイネットホテル1階電話022-292-508811:30~15:0017:00~23:00年中無休SK7

  • 中華亭分店

    遠刈田に来たら中華亭分店。夫が一番気に入っているラーメン屋さん。私はそろそろ飽きてきた。2時半過ぎだから先客さんは5人だけ。開店からお昼過ぎのあの行列が嘘のようだ。いつもの中華そば、夫は大盛り。今月から消費税が上がったから650円が680円になっていた。美味しい!!!もう飽きたなんて言ってたが撤回。涼しくなってきたからかもしれない。細めのストレート麺が美味しい。やはり、ラーメンは寒い時に食べるとより美味しい。中華亭分店

  • 遠刈田温泉 蔵王四季亭

    遠刈田温泉街から少し離れた七日原にある旅館。この日は栗駒登山予定が雨のため温泉に変更。のんびり休憩できる四季亭にした。感じの良いフロント、入浴料は700円。小さな音でオルゴール音楽が流れる休憩室。熱いお茶と冷たいお水が用意されている。広々したきれいな脱衣室はクーラーが入っていて涼しい。洗面台にはドライヤーが2つ。温泉談義していた客さんが上がったので独泉。6箇所ある洗い場は勢いのよいシャワー。ボディソープ、シャンプー類完備。70度近い源泉は浴槽の中の穴から出ている。岩からは加水用のお水が出ている。43、4度の熱めのお湯は無色透明でツルツルスベスベ。何の匂いか温泉臭が感じられる。静かな部屋で横になりながら3度の入浴。たまにはのんびり日帰り休憩はいいもんだ。黄金の湯ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉73・5℃加...遠刈田温泉蔵王四季亭

  • 徳良湖温泉 花笠の湯

    翁山の帰りは徳良湖すぐそばにある花笠の湯へ。山形の花笠踊りの発祥の地は尾花沢だそうな。入浴料350円のところを「やまがた日帰り温泉」本で100円引き。広い脱衣室。洗面台にはドライヤーが2つ。冷たいお水と扇風機もあり。浴室に入ったとたんにかすかに香る塩素臭。数ある洗い場にはボディソープ・シャンプー類完備。勢いのあるシャワーが使いやすい。内湯にはお客さんが2人いたので露天風呂へ。無色透明のツルツルするお湯は42度くらいの適温。露天ではあの匂いはあまり感じられない。変わった形の湯口からは大量のお湯が流れている。循環湯だと思われる。トルマリン何とかと書いてある。土曜の午後だというのに我々山の仲間5人の他に2、3人いるだけ。あまり人気のないお湯なんだろうか。。。単純泉徳良湖温泉花笠の湯

  • 翁山は途中下山

    先日は尾花沢市の翁山(1075m)登山。11名が2台の車に分乗して7時出発。仙台は晴れていたが山形に入るとどんより曇り空。尾花沢郊外の高橋集落からは細い道路。その道路もガタガタのダートになり、車の底が擦るのではないかと心配。テレビの「ぽつんと一軒家」に出てくるような狭い山道。ひどいダートを進むこと25分で避難小屋(ハリマ小屋)に到着。10台以上止められる駐車場がある。ここが翁山の登山口。前日の雨か、朝まで降ってたのか草が濡れている。登山道も濡れている様なのできらいなスパッツ装着。10時ごろに登山開始。きれいな花だと思ったらトリカブトだそうな。まもなく小さな橋を渡る。ブナの林が見えてきた。落ち葉で濡れた登山道は急斜面。風はどんどん強くなってきてゴーゴーと音を立てる。ガスで先は真っ白。危険だし、このまま上に行っても...翁山は途中下山

  • みやぎ乃

    先日の唐桑オルレトレッキング帰りの夕食。エスパル地下の和食のお店・みやぎ乃でいただく。けっこう気に入っていて何度か来ている。ビールを飲みたいが3口か4口でいい。お友達からもらったよ。ありがとう!ミニはらこ飯御膳1280円(税別)天ぷら・サラダ・お漬物・デザート・お味噌汁。何も言わないで置いていく若い女性スタッフ。どうぞ~と明るく置いていく若い男性。おまたせしました~と明るく笑顔の年配女性。三者三様だが、ここは年配女性に軍配。今シーズン初のはらこ飯。美味しいがご飯が私には柔らかすぎた。なんと、里山の会の男性がお客さんを連れて入店。あらあら。。。食事していると赤い顔した男性がテーブルに来る。同じ里山の会の男性でこの日のトレッキングには来なかったKさん。4時から飲んでると言う。みなさんお馴染みのお店のようだ。食事が終...みやぎ乃

  • 宮城オルレ 唐桑コース

    里山の会で唐桑オルレを歩いてきた。オルレとは韓国・済州島の言葉で「道から家まで続く路地」自然散策と史跡巡りなどを組み合わせたトレッキングということのようだ。気仙沼・唐桑コースは10キロの中級・上級コース。今回は途中を端折ってバス移動するお気楽コース。先ずは唐桑半島ビジターセンターから歩行開始。松林を抜けて御崎神社でお参り。海岸沿いの道を海風感じて歩く。あいにくの曇り空で真っ青な海が見られないのが残念。くやしいからこの2枚にちょっとだけ色をつけたよ。これが本当のこの日の海の色。真っ青な海を見ながら歩きたかた。。。高村光太郎の歌碑。広場では幼稚園の子供たちがお弁当。「わぁ~~~おじいちゃんがいっぱいいるぅ!!!」野草園でしか見たことのないハマギクの群生が見事。次々に現れる奇岩奇石を見ながら楽しく歩く。大谷海岸の道の...宮城オルレ唐桑コース

  • Route 227s' Cafe

    勾当台公園にあった仙台市の施設「グリーンハウス勾当台」が閉鎖された。そこにカフェができたと情報通のMさんが言う。彼女の話では東北227市町村の食材を味わえるという。それじゃ行ってみようと5人でやってきた。生パスタのハミングバードが経営のようだ。良いお天気だったのでテラス席にした。メニューを眺めてる間に寒くなってきて中の席に変えてもらった。若い人はテラスでランチを楽しんでいる。ふ東北227市町村の食材を味わえるメニューはディナータイムだった。ならば、パスタランチ900円也。最初にサラダ。本日のパスタはじゃがいもとエビのジェノベーゼ。スタッフさんがチーズをかけてくれる。モチモチした美味しい生パスタはやや太め。コーヒーはお代わり自由。ちょっと苦めだ。コーヒーはお店を出る時にテイクアウトできる。お昼ともなると近くのビル...Route227s'Cafe

  • 塩釜街歩き ジェラート・和菓子

    塩釜の町は老舗が多い。阿部勘酒造、浦霞などの酒蔵は江戸時代から続く。和菓子の丹六園と味噌醤油の太田興八郎商店は道路隔てて隣同士。丹六園はお雛様の季節に行くと享保雛や芥子雛など数点のお雛様が見られる。津波にも耐えた古い建物。銘菓「志ほがま」で有名だが私は「長寿楽」が好き。黒糖とくるみのお菓子で大好物。大田興八郎商店の建物も歴史を感じる。その店先に「仙台味噌ジェラート」の看板。味噌のジェラート???と、思ったけどとても美味しいものだった。それが380円とお値打ち。その前に食べたジェラートは「フルーツラブラトリー」近くの果物屋さんの二代目がやってるお店だそうな。和栗と藻塩のダブル570円也。コーンだと50円プラス。和栗がとても美味しかった。写真を撮るのを忘れて食べかけ画像で失礼します。次に向かうは太田屋さんで教えられ...塩釜街歩きジェラート・和菓子

  • 塩釜 一森寿司

    塩釜での楽しみはお寿司。数年前に知って以来、いつもここである。特上が2200円とお値打ち。と、3人を案内して訪問。11時半開店直後にすでに2組の客がいた。メニューを見て、特上を!アララ、2600円と書いてある。あらぁ~知らない内に値上がりしていた。今どき2200円であのお寿司はない。有名店で特上は3500円以上だから・・・美味しいお茶を飲んで待つ。待ち時間は長いが親方が一人で握っているからいたし方ない。おばさん4人座れば話題は尽きない。話をしてると特上登場。「美味しそう!!!」誰もが声をあげる。トロがとろけそうなピカピカ。全てが美味しく満足まんぞく。最近は回るお寿司が多いから満足度は高い。頼まなくても熱いお茶を淹れてくれる。余分なおしゃべりなどなく、それでいて温かみを感じるお店。満足してお店を出たとたんに気づい...塩釜一森寿司

  • 塩釜街歩き 志波彦神社 鹽竈神社

    亀井邸のおじさんに教えられたのは鹽竈神社のお参りに順番があると。志波彦神社、鹽竈神社の順だそうな。そのわけも聞いたが忘れた…高台にある神社からは海が見える。眺める。真ん中の茶色いマンション?が邪魔して景観を損ねる。これは残念。先ずは志波彦神社へ。志波彦神社の手水鉢が工夫されていた。きっと葉っぱなどのゴミが入らないようにしてあるのだろう。次に鹽竈神社へ。ここはいつも塩竈桜の咲く時に訪れている。樹齢800年の御神木杉。多羅葉が実をつけていた。風情のある東屋。屋根に草が繁っている。平日でも参拝者が多い両神社だった。そろそろお腹が空いたから待望のお寿司を食べに行くよ。つづく塩釜街歩き志波彦神社鹽竈神社

  • 塩釜街歩き 亀井邸

    先日は友人と塩釜を散策。駅の観光案内所でパンフレットを貰い、色々と教えていただいた。充分に学習してから街歩き開始。最初に向かうは亀井邸。カメイの初代社長が大正時代末っ子に建てた別荘。何度も訪れているので写真だけUP。案内の男性に結構長い時間解説していただく。今まで知らなかった事が多数判明。やはり、話を聞くことは大事だな。だが、チョット長かった。。。塩釜街歩き亀井邸

  • 河北町 といや

    山形県の河北町にある蕎麦とカツ丼のお店。以前に一度来たことがあるが何を食べたか忘れている。夕方の開店時間は5時だった。開店前に着いたので車で待つ。先にいた車は盛岡ナンバー。開店と同時に入りメニューを拝見。中庭がチラリと見える店内。冷たい肉そばとソースカツ丼のセット。元来、冷たい肉そばは好きではない。最初に食べたお店が美味しくなかったからだと思う。美味しいお店で食べれば違ってくるかもしれない。冷たい肉そばに入っている硬いお肉が美味しい。薄味のスープも美味しい。しかし、やはりこのお蕎麦は好みではなかった。。。結論は「冷たい肉そばは好みじゃない」って事。肉そばのボリュームがありすぎてカツ丼は残した。食べ終えてもスープが美味しくて飲んでいた。丼にといやの文字が現れてきた。山形県西村山郡河北町谷地392-1☎0237-7...河北町といや

  • 月山志津温泉 仙台屋

    月山の帰りはいつも麓の志津温泉で汗を流す。今回も仙臺屋さんで日帰り入浴。山形の温泉本で100円引きの400円也。廊下を進んだ突き当りに男女別の内湯がある。無料の貴重品ボックスがある。ドライヤーは2つ、化粧水なども用意されている。誰もいないが間もなくに2人が入ってきた。貸し切り時間は10分くらい・・・洗い場は4箇所。ボディソープ・シャンプー類の他にメーク落としやクレンジングがある。登山の帰りにはとてもありがたい。無色透明無味無臭のお湯は熱めの43度くらい。志津温泉ではどこの宿に入っても同じお湯。特に特徴はないあっさりした浴感。とてもきれいなお湯の中で思い切り手足を伸ばしリフレッシュ。湯上がりは冷たいお水で喉を潤し、扇風機の風で涼む。玄関脇でしばし休憩。いつも感じがよくて泊まってみたい宿だ。道路隔てた五色沼。わずか...月山志津温泉仙台屋

  • 月山登山 その三

    お昼を食べて12時に下山開始。この時間にどんどん上ってくる登山者多数。ツアーの登山者も多い。下山の石の道は登り以上に注意が必要。足も疲れているからバランスを崩しやすい。所々で休んで景色を見る。牛首まで45分。景色に見とれてる時間が長かったようだ。普段は30分で下りてくる。牛首からしばらくは石の道、途中からは木道となる。左側の山と草紅葉が美しい。ここからの風景が好きだ。リフト駅が見えてきた。ここまでくれば一安心。牛首から約40分でリフト駅に到着。3人とも無事下山。紅葉の山が初めての次男夫婦も感動の様子。来年は栗駒山の紅葉だ!リフト下駅では冷たくて美味しいお水を飲むのがお約束。9月26日月山登山その三

  • 月山登山 その二

    牛首を過ぎるとまもなく本格的な上りとなる。大石小石の石の急坂。紅葉の土曜日とあって個人やツアーの登山客が多い。登る人が多いのに紅葉の山を見ると足が止まってしまう。景色に見とれてなかなか進まない。振り返ると、今歩いて来た道がはっきりわかる。これが月山の良さ。鍛冶小屋跡までくれば難所はおしまい。11時頃に山頂に到着。さっそくセブンのおにぎりを食べるよ。山では食欲がないのでいつもおにぎり1個でいい。しばし休憩したらすでに閉まっている月山神社へ。開いてる時は500円要る神社も今は無料。閉まっていてもお参りする人多数。神社裏手から見る鳥海山。また登りたい山のトップだ。12時に下山開始。次々の上ってくるツアーの登山者たち。みなさん、山頂でお弁当タイム。月山登山その二

  • 紅葉の月山登山 その一

    昨日は次男夫婦と一緒に月山登山。月山は私の好きな山で年に1、2度は登っている。2人には初めての月山。早朝に家を出て姥沢駐車場には7時半につく。すでに駐車場は半分以上埋まっている。道路の反対側にはきれいなトイレも完備。靴を履き替えて登山の準備。8時前のリフト券売り場には列ができている。リフト往復1030円也。リフト駅かうっすら紅葉した姥ヶ岳に向かって歩く。姥ヶ岳斜面の池塘は草紅葉。約35分で姥ヶ岳山頂。姥ヶ岳からの眺めが素晴らしい。紅葉した山の向こうに鳥海山の姿。しばし休憩した後は牛首に向かって歩きだす。どこもかしこも美しい紅葉。天気予報は曇だったが青空が見えてきた。牛首には多くの登山者が休憩中。私達もここで英気を養って本格的な山歩きに備える。つづく紅葉の月山登山その一

  • 名取市の古墳群散策

    先日は名取駅に集合して飯野坂古墳などを見て歩いた。一週間前に山形の下小松古墳群を歩いたばかり。ここ最近めずらしく古墳に縁がある。名取の街中を歩いて、途中からなだらかな山に登る。と、ここがすでに古墳だ。最初の古墳は孫の通っていたふたば幼稚園のすぐ裏だった。次々に現れる古墳。名取が丘の住宅街を歩いて最大の古墳・雷神山古墳へ。雷神山古墳は東北最大だという。桜の名所でもある。一通り見て歩いて館腰駅から電車に乗る。仙台駅エスパルの「さぼてん」でとんかつのお昼。たっぷりの線キャベツが美味しいがそんなに食べられないよ。名取市の古墳群散策

  • 山形市 唐松観音

    国道286を走ってる時「あれ、何?」と次男が言う。その方向を見てもすでに遅し、何も見えず。で、帰りに寄ることにした。国道から目星をつけて進むと「唐松観音」の看板。細い道路の先は芋煮会を楽しんでる人が多くいてテントも多数張られていた。どうにか駐車場に止めることができた。赤い橋を渡って進む。下はきれいな川が流れていた。鳥居をくぐる。お地蔵様が4体。ふつう、5人じゃないのかな?はるか上に見える!!!こんな建物がここにあったなんて!!!もう何十回、いや100回以上国道を通っていて気がつかなかった。階段を上るよ。神社仏閣にあまり興味がないからこれをなんというかわからない。お堂と呼んでいいのだろうか。木魚がいっぱい並んでいた。見事な天井絵。びっくりして下りてくると、駐車場で又びっくり!日本一芋煮会に使われていた大鍋が置いて...山形市唐松観音

  • 蔵王温泉 ヴァルトベルク 野天風呂

    いったん、館内から外に出て100mばかり歩く野天風呂。これだけの広さだからぬるいかと思いきや熱かった。お湯の投入口から離れた場所で体を慣らす。自然と一体になれるお風呂に満足満足。この広い湯船をお嫁ちゃんと2人だけで申し訳ない。源泉かけ流しの野天風呂。野天風呂のすぐそばに源泉があった。ここは灯りがないため夜は入浴できない。また、冬季はやってなくて10月中旬までだそうな。酸性・含鉄・硫黄ーアルミニュウム硫酸塩塩化物泉蔵王温泉ヴァルトベルク野天風呂

カテゴリー一覧
商用