searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
森田療法・大衆化への道
ブログURL
http://green.ap.teacup.com/forest2003/
ブログ紹介文
森田療法の発展・普及のために開設したブログです。
更新頻度(1年)

55回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2007/02/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、いかじろうさんの読者になりませんか?

ハンドル名
いかじろうさん
ブログタイトル
森田療法・大衆化への道
更新頻度
55回 / 365日(平均1.1回/週)
読者になる
森田療法・大衆化への道

いかじろうさんの新着記事

1件〜30件

  • 自己中心的の克服

    青木先生が、著書『森田療法の今』(P・51)の中で1、自己中心的には「人のために尽くす」の原則がいいよと述べられていて、「自己中心的」について、次のようて書いてみえます。 「欲求が…

  • あがり症・克服(3)

    しかしながら、当時発見会の基準型学習会を受講していた僕は、若いころに森田療法に出会って本当にラッキーだと思う。「不安と欲求とは表裏一体」(不安と欲求の関係)「みんなの前で分かり…

  • Do notingの男

    実家に帰ってから僕はDo notingの男(何にもしない男)である。 Do notingの男は火も使わず、ガソリンも使わず、ゴミも出さない、 そういう意味では,環境にやさしい。 新型コロナ対策にもな…

  • あがり症・克服

    一か月ほど前のチャント!(CBC放送、午後3時45分)についての事だ。その時の放送回では、視聴者からの「悩み事」や「困っている事」に対して、タレントのHと、教えるプロの方があがり…

  • タレントHのコメント

    先日、チャント!(CBC放送、午後3時45分)を見ていたら、視聴者からの「悩み事」や「困っている事」に対して、タレンントのHが、その日は一輪車に乗れないお悩みに対して全力でお助け…

  • 青木先生に学んだこと�

    青木先生にはじめて会った時、開口一番 「不登校にはにはお手伝いがよく効くよ。」 という一言を頂戴した。 お手伝いなど、家で健康に過ごせればよし。行きたくなければそれでよし。 当時…

  • 青木先生から学んだこと�

    僕は老子を大学時代専攻しましたが、老子の無為自然が森田の「あるがまま」に新しく使われていて、最初、ビックリしました。 青木薫久先生は次のように語られています。  すなわち、■「…

  • 青木先生から学んだこと�

     青木先生は文章を書く時に、「やさしく、短く、必要かつ十分に」発酵させてから書くとおっしゃていた。 これは「神経質を生かすこと」とも関係があるとも思うのだが、僕は学年通信を作る…

  • 青木先生から学んだこと�

     青木先生の著書「森田理論応用�A」【批評社】によると、次のような記述がある。 「皿洗いは思考を発酵するものだ。」  僕はこの文章を読んでから、その時々の自分の課題を皿洗いやウォ…

  • 青木先生から学んだこと�

     僕は教員を辞めるために辞表を提出した。その翌日、カウンセリングの講義があり、なんとカウンセリングを学ぶみんなから、拍手をもらいました。 一般的にバツ�Tやバツ2と、否定的に言わ…

  • 青木先生から学んだこと�

     青木先生がおっしゃるには、「両面観だけは意識的に活用するように」と。 苦しかった様々な神経症も、最後は自殺するまでいった能面のような精気のない父のうつ病の進んだ姿も、休職状態…

  • 青木先生から学んだこと�

     青木先生が自分たちが悪くした地球環境とどう折り合いをつけていくのか、ある意味で「面白い時代を生きていくことになる」ことを指摘をさせれていました。  これは第二波、第三波の襲来…

  • ユンケルと「あるがまま」

    ユンケル「サトウ製薬」のイチローさんの出ているCMを見ていたら、「だるさ」を取るだけでなく、「よりアクティブ」に生きるとあった。 皆さんよくご存知の「あるがまま」では、「症状に…

  • ステイホーム週間

    このGWは日本中がコノラウィルスのおかげでステイホーム週間となった。 実践の立場に立つ従来の森田理論支持者にはさぞ苦しいことでしょう。 12月にお亡くなりになった青木先生は、「…

  • 青木薫生成先生を失なって

    発見会・仙台アクト・クラブの寺島さんに聞いたのだが、12月、青木先生がお亡くなりになっていた。 お亡くなりになる直前まで精力的に活動され、特に森田理論の6原則や88原則、グリーン森…

  • 事実唯真の立場と森田理論

    この2、3月前まで「春の選抜が中止になんて」思いもよらなかった。「プロ野球が4月に始まらない」なんて、「志村けんさんが死去するなんて」思いもよらなかった。 森田はご存知のように…

  • 森田におけるに出会い(13)

      本との出会い  ロゴセラピーを学ぶことができたのは、一冊の本との出会いでした。それも古本屋さん(かの有名なBOOK OFF)で、購入しました。  その本のタイトルは、『フランクルに…

  • 森田におけるに出会い(13)

      本との出会い  ロゴセラピーを学ぶことができたのは、一冊の本との出会いでした。それも古本屋さん(かの有名なBOOK OFF)で、購入しました。  その本のタイトルは、『フランクルに…

  • 森田におけるに出会い(13)

      本との出会い  ロゴセラピーを学ぶことができたのは、一冊の本との出会いでした。それも古本屋さん(かの有名なBOOK OFF)で、購入しました。  その本のタイトルは、『フランクルに…

  • 森田におけるに出会い(13)

      本との出会い  ロゴセラピーを学ぶことができたのは、一冊の本との出会いでした。それも古本屋さん(かの有名なBOOK OFF)で、購入しました。  その本のタイトルは、『フランクルに…

  • 森田におけるに出会い(13)

      本との出会い  ロゴセラピーを学ぶことができたのは、一冊の本との出会いでした。それも古本屋さん(かの有名なBOOK OFF)で、購入しました。  その本のタイトルは、『フランクルに…

  • 森田におけるに出会い(13)

      本との出会い  ロゴセラピーを学ぶことができたのは、一冊の本との出会いでした。それも古本屋さん(かの有名なBOOK OFF)で、購入しました。  その本のタイトルは、『フランクルに…

  • 森田におけるに出会い(13)

      本との出会い  ロゴセラピーを学ぶことができたのは、一冊の本との出会いでした。それも古本屋さん(かの有名なBOOK OFF)で、購入しました。  その本のタイトルは、『フランクルに…

  • 森田におけるに出会い(13)

      本との出会い  ロゴセラピーを学ぶことができたのは、一冊の本との出会いでした。それも古本屋さん(かの有名なBOOK OFF)で、購入しました。  その本のタイトルは、『フランクルに…

  • 森田におけるに出会い(13)

      本との出会い  ロゴセラピーを学ぶことができたのは、一冊の本との出会いでした。それも古本屋さん(かの有名なBOOK OFF)で、購入しました。  その本のタイトルは、『フランクルに…

  • 森田におけるに出会い(13)

      本との出会い  ロゴセラピーを学ぶことができたのは、一冊の本との出会いでした。それも古本屋さん(かの有名なBOOK OFF)で、購入しました。  その本のタイトルは、『フランクルに…

  • 森田におけるに出会い(13)

     ロゴセラピーとは  第二次世界大戦中のナチス収容所での体験をもとに、オーストリアの精神医学者・フランクルによって創始された、意味中心療法とも呼ばれる心理療法です。「ロゴ」とは…

  • 森田におけるに出会い(12)

     カウンセリングの世界との出会い  僕が学んだ大阪のカウンセリング協会の理事長さんとの出会いは、僕が教員をやめようとしていた平成十五年の春でした。  僕よりちょうど二十歳年上の…

  • 森田におけるに出会い(11)

      箱庭療法とは  一九二九年にローエンフェルトが、子供の遊びにヒントを得て、心理療法(遊戯療法)の方法の一つとして使用したのが最初です。  ローエンフェルトから箱庭療法を学ん…

カテゴリー一覧
商用