searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
HAYASHI-NO-KO 2
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/ken328_1946/
ブログ紹介文
「花」だけの毎日更新ブログです。 撮り溜めたものをランダム掲載ですので、脈絡はありません。
更新頻度(1年)

2172回 / 365日(平均41.7回/週)

ブログ村参加:2006/06/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、林の子さんの読者になりませんか?

ハンドル名
林の子さん
ブログタイトル
HAYASHI-NO-KO 2
更新頻度
2172回 / 365日(平均41.7回/週)
読者になる
HAYASHI-NO-KO 2

林の子さんの新着記事

1件〜30件

  • ミシマサイコ(三島柴胡)

    植栽だからだろうか。ミシマサイコとクマツヅラは増え続けている気がする。花は小さいし、株全体も小さいけれど花数がどんどん増えている。ミシマサイコ(三島柴胡)セリ科ミシマサイコ属Bupleurumscorzonerifolium(=B.falcatumvar.komarowii、B.falcatum、B.scorzonerifoliumvar.stenophyllum)(2020.08.12明石公園)☆▲今年のミシマサイコ▲--------------------------------------------------------------ミシマサイコカワラサイコ(河原柴胡)ブプレウルム(ツキヌキサイコ)フェンネル(Fennel、ウイキョウ・茴香)ミシマサイコ(三島柴胡)

  • マルバツユクサ(丸葉露草)

    もう暫くは咲き続けるのを見ていよう。たぶん地下の閉鎖花もそろそろ育っている事だろうから何れ処分される事になる。▲葉は幅広、丸葉?だけれど葉は確かにツユクサよりは幅広。▲▲広がり続ける茎は太く、四方に分岐してその先でまた分岐を繰り返し広がる。▲(2020.07.30林)☆マルバツユクサ(丸葉露草)ツユクサ科ツユクサ属Commelinabenghalensis(2020.08.12林)☆▲マルバツユクサの閉鎖花は、地中にある。そこで開花して種子を残す…かどうかは知らない。-------------------------------------------------------------マルバツユクサマルバツユクサの閉鎖花ツユクサ(露草)ケツユクサツユクサ(露草)マルバツユクサ(丸葉露草)

  • ヤナギバルイラソウ(柳葉るいら草 ムラサキイセハナビ) 

    雑草化しているのだけれど、植栽風。花壇では無いけれどここに咲く。種子が勢いよく弾き飛ばされるから道路と反対側にも咲き始めて何年か経っている。ヤナギバルイラソウ(柳葉るいら草ムラサキイセハナビ)キツネノマゴ科リュエリア(ルエリアルイラソウ)属Ruelliatweediana(=Ruelliabrittoniana)(2020.08.14林崎町)☆【再掲画像】▲近くではパチンと音が聞こえる程に、かなりの勢いで種子は弾き飛ばされる。▲▲幅広の葉をもつルエリア・ツベローサ公園で植栽。--------------------------------------------------------------ヤナギバルイラソウ果実殻ヤナギバルイラソウ(柳葉るいら草ムラサキイセハナビ) 

  • キヅタ(木蔦)

    小学校の校庭は静かだ。シマサルスベリを撮った後で通用門を出る前にこのキヅタを撮ることにしている。キヅタ(木蔦)ウコギ科キヅタ属Hederarhombea(2020.08.12林崎町)☆------------------------------------------------------------今年のキヅタキヅタ(木蔦冬の果実)ヤツデキヅタ(木蔦)

  • キヅタ(木蔦)

    学校は夏休みに入ったのだろうか。キヅタは、生徒の声が聞こえない校庭の一番南に育っている。▲まだ蕾の方が多い花序。右は花弁・おしべが落ちた花が同居する。▼▲おしべの葯は黄色。▼▲花弁、おしべは早落性、めしべの柱頭が目立つ。▼▲花弁、おしべが落ちてめしべの柱頭だけが目立つ。花盤に蜜が光っている。ヤツデと同じだ。▼キヅタ(木蔦)ウコギ科キヅタ属Hederarhombea(2020.08.11林崎町)☆▲キヅタの蕾にできる虫コブ「キヅタツボミフクレフシ」肥大した果実に見えるがこのまま萎びてしまう。▲------------------------------------------------------------キヅタキヅタ(木蔦冬の果実)ヤツデキヅタ(木蔦)

  • カクレミノ(隠蓑)

    葉が茂ると良い目隠しになる…そうだけれど木は人の思い通りには育たない。目隠しになる頃もあるのだろうけれど二階あたりまで届く程に成長してしまうと、何処を目隠ししているのか?そう感じてしまう程に勢いよく葉を茂らせる。カクレミノ(隠蓑)ウコギ科カクレミノ属Dendropanaxtrifidus(=Textoriatrifida)(2020.08.11新明町)☆▲異形葉と未熟な果実--------------------------------------------------------------隠蓑の異形葉冬芽・葉痕果実カクレミノカクレミノ(隠蓑)カクレミノ(隠蓑)

  • トウゴマ(唐胡麻)

    昨日撮ったのとは別株。葉には長い葉柄が蟻、互生している。一枚の葉はかなりの大きさになり掌状に裂け。鋸歯が見られる。そう書きながら、葉を撮っていないことに気付く。近くに何株か茂っているから刈り取られる前に撮らないといけない。トウゴマ(唐胡麻)トウダイグサ科トウゴマ属Ricinuscommunis別名ヒマ(蓖麻)(2020.08.12新明町)--------------------------------------------------------------今年のトウゴマトウゴマトウゴマ(唐胡麻)

  • トウゴマ(唐胡麻)

    久し振りに去年、公園で植栽されているのを撮った。昔、小石川で撮って以来だった。葉の色が暗紫色だったけれど一目でトウゴマだと知れた。とにかく大きな葉、茎がスッキリ伸びて大人の背丈以上になっていた。公園のトウゴマは零れた種子から何カ所かで幼苗が芽生えている。山陽電車高架に近い場所では、緑の葉を持つトウゴマ。草丈は1㍍程度だけれど花を付けて、もう果実も出来ている。▲花序は上に雌花、下に雄花を付ける。▼▲雄花序は花序の下、上に雌花序。▼▲雌花の花柱は3裂し、さらに先端で2裂する。花柱だけ見ると、アカメガシワの雌花を想起させる。▼▲若い果実には長い刺が密生している。▼▲果実の先にはめしべの柱頭の名残。▼▲果実の付き方は果柄に直角、フウセントウワタ似。▼トウゴマ(唐胡麻)トウダイグサ科トウゴマ属Ricinuscommuni...トウゴマ(唐胡麻)

  • シンテッポウユリ

    テッポウユリが普通に咲いている図は長い間見ていない。タカサゴユリとテッポウユリの交雑種?が、シンテッポウユリと名付けられて広まっている。開花までの時間が短い事で、植栽の多くは様変わりしてしまっている。シンテッポウユリユリ科ユリ属Lilium×formolongi別名ホソバテッポウユリ(細葉鉄砲百合)タカサゴユリ(高砂百合)Liliumformosanumテッポウユリ(鉄砲百合)Liliumlongiflorum☆▲従来の基準、見た目でタカサゴユリとしている花の姿とテッポウユリ--------------------------------------------------------------シンテッポウユリ(新鉄砲百合タカサゴユリ・高砂百合)テッポウユリ(鉄砲百合)シンテッポウユリ

  • トウワタ(唐綿)

    トウワタが揃って咲き始めている。庭に植えている所もある。わざわざ植えるほどのものでもあるまい。(2020.06.08林)☆キバナの方が多くなった来た。種髪もキバナの方が大量に生産しそうだ。トウワタ(唐綿)キョウチクトウ(←ガガイモ)科トウワタ属Asclepiascurassavica(2020.08.11林・大道町)☆▲トウワタの種髪▲キバナトウワタ(Asclepiascurassavicaf.flaviflora)と分けて呼ばれる種類。▲ヤナギトウワタ(柳唐綿)の咲き方はトウワタとは少し違っている。ヤナギトウワタ(柳唐綿)キョウチクトウ(←ガガイモ)科トウワタ属Asclepiastuberosa----------------------------------------------------------...トウワタ(唐綿)

  • キバナトウワタ(黄花唐綿)

    橙色と黄色。揃って咲いていると色の違いはハッキリする。敢えて黄花と呼ばれているのだけれど中身はタダの色違い。(2020.06.08林)☆キバナトウワタ(黄花唐綿)キョウチクトウ(←ガガイモ)科トウワタ属Asclepiascurassavicaf.flaviflora(2020.08.11林)☆▲すぐ横に咲いているトウワタ▲トウワタの種髪▲ヤナギトウワタ(柳唐綿)の咲き方はトウワタとは少し違っている。ヤナギトウワタ(柳唐綿)キョウチクトウ(←ガガイモ)科トウワタ属Asclepiastuberosa--------------------------------------------------------------トウワタ(唐綿)ヤナギトウワタ(柳唐綿)ガカイモ(蘿藦、蘿芋、鏡芋、芄蘭)センニンソウ(仙人草)...キバナトウワタ(黄花唐綿)

  • ニワウルシ(庭漆・シンジュ/神樹)

    果実が枝先近くに固まっている。見上げる位置に固まっている。果実が舞い落ちるのはまだ少し先のことになる。ニワウルシ(庭漆・シンジュ/神樹)ニガキ科ニワウルシ属Ailanthusaltissima(2020.08.11明石西公園)☆▲ニワウルシの冬芽・葉痕▲去年の果実、樹下に残っていた。-------------------------------------------------------------春の新葉小葉の腺冬芽・葉痕ニワウルシニワウルシ(庭漆・シンジュ/神樹)ニワウルシ(庭漆・シンジュ/神樹)

  • ヒマワリ(向日葵)

    久し振りに大きなヒマワリ。何万本ものヒマワリは要らない。ヒマワリ(向日葵)キク科ヒマワリ属Helianthusannuus(2020.07.20船上)☆▲ヒマワリの花-------------------------------------------------------------ヒマワリ(向日葵)ヒマワリ(向日葵)フィボナッチ数列のことシロタエヒマワリ(白妙向日葵)ヒマワリ(向日葵)

  • ヒメマツバボタン(姫松葉牡丹)

    何度撮っても同じ花。そう思いながら撮っていると、見えてくるモノがある。だから同じ花でも何度か撮る。誰の為に…等と、余計な思惑は捨てることだ。ヒメマツバボタン(姫松葉牡丹)スベリヒユ科マツバボタン属Portulacapilosa(2020.08.11立石)--------------------------------------------------------------ヒメマツバボタン(姫松葉牡丹)種子マツバボタン(松葉牡丹)ポーチュラカ(花滑莧)ヒメマツバボタン(姫松葉牡丹)

  • シマサルスベリ(島猿滑り)

    林小学校の大昔講堂があった辺りにスポーツ21の事務所がある。林地区のコミセンとは別の建物になっている。その建物の南に植栽されているシマサルスベリが二本。シマサルスベリ(島猿滑り)ミソハギ科サルスベリ属Lagerstroemiasubcostata(2020.08.11林崎町)シマトネリコ(タイワンシオジ)も亜熱帯性だけれど、最近は街路樹に使われている。☆▲左はムラサキサルスベリ(紫百日紅)右はサルスベリの果実。ムラサキサルスベリはサルスベリとシマサルスベリとの交雑種、サルスベリとは明らかに形状の違う果実が出来る。▲--------------------------------------------------------------サルスベリ赤・白紅色白桃シマサルスベリムラサキサルスベリコクサギコクサギ型葉...シマサルスベリ(島猿滑り)

  • アカメガシワ(赤芽槲、赤芽柏)

    何処にでもある。植えた訳では無いのに何処にでも育つ。鳥が果実を運んだ…と言うのが、もっぱらの定説のようだ。場所が民家の庭だと邪険にされるだろうけれど空き地や駐車場の隅、道路脇等ではそのまま放置されている。面白がって撮るには他人様の庭に出入りしたりしなくて済む木だ。▲アカメガシワの葉柄は長短、光が下の葉に届きやすいように…と言う配慮だと言う。クサギの葉も同じような仕組みを持って居る。▼▲まだ緑に包まれているものも多い。▼▲果実が割れて黒光りする種子が飛び出す。▼▲不完全な?種子。▲アカメガシワ(赤芽槲、赤芽柏)トウダイグサ科アカメガシワ属Mallotusjaponicus(2020.08.11和坂)☆▲雄花序-----------------------------------------------------...アカメガシワ(赤芽槲、赤芽柏)

  • アカメガシワ(赤芽槲、赤芽柏)

    何処にでもある。植えた訳では無いのに何処にでも育つ。鳥が果実を運んだ…と言うのが、もっぱらの定説のようだ。場所が民家の庭だと邪険にされるだろうけれど空き地や駐車場の隅、道路脇等ではそのまま放置されている。面白がって撮るには他人様の庭に出入りしたりしなくて済む木だ。☆▲ここでは不完全な種子が多い。▼▲果実が弾ける前に、早くも次の芽が出始めている。▼アカメガシワ(赤芽槲、赤芽柏)トウダイグサ科アカメガシワ属Mallotusjaponicus(2020.08.11林・明石西公園)☆▲雄花序-------------------------------------------------------------雄花序雌花序冬芽・葉痕アカメガシワアカメガシワの蟻今年のアカメガシワアカメガシワ(赤芽槲、赤芽柏)

  • ムラサキサルスベリ(紫百日紅)

    サルスベリはコクサギ型葉序です、と説明する方がいらっしゃる。突然、花の下で葉序の話をされても困る。赤い百日紅と、白い百日紅からこの紫の百日紅が生まれました、と解説もされる。突然、赤と白から紫…と言われても困る。花に興味があれば理解出来ることでも突然花の下で説明されても困る。(2020.07.31明石西公園)☆須磨では一番早く咲くサルスベリ。(2020.08.01須磨離宮公園)☆鳥が運んできたと思しきムラサキサルスベリ。(2020.08.04林)☆▲花期の終盤にはやはり紫が抜ける。▼ムラサキサルスベリ(紫百日紅)ミソハギ科サルスベリ属Lagerstroemia×amabilisサルスベリとシマサルスベリとの交雑種(2020.08.11林)☆▲ムラサキサルスベリはサルスベリとシマサルスベリの交雑種▲赤い百日紅と白い...ムラサキサルスベリ(紫百日紅)

  • ハナトラノオ(花虎の尾)

    畑の花になっている。次々咲くし、毎年咲いている。最初に撮った頃より随分増えた。ハナトラノオ(花虎の尾)シソ科ハナトラノオ属Physostegiavirginiana(2020.08.11新明町)--------------------------------------------------------------ハナトラノオ白花ハナトラノオ(花虎の尾)

  • ハナトラノオ(花虎の尾)

    毎年出てくる。一度植えられると、毎年出てくる。この場所以外の何カ所かで毎年見ている。ハナトラノオ(花虎の尾)シソ科ハナトラノオ属Physostegiavirginiana(2020.08.10大道町)--------------------------------------------------------------ハナトラノオ白花ハナトラノオ(花虎の尾)

  • シロバナサクラタデ(白花桜蓼)

    シロバナサクラタデは雌雄異株。雄株は雄しべが長く、雌株は雌しべの方が長い長花柱花と言われる。見かけるのは殆どが雌花株。シロバナサクラタデ(白花桜蓼)タデ科イヌタデ属Persicariajaponica(2020.08.10北王子町)--------------------------------------------------------------須磨のシロバナサクラタデ秋のシロバナサクラタデシロバナサクラタデシロバナサクラタデ(白花桜蓼)

  • ニガカシュウ(苦何首烏)

    去年と同じ場所に同じようにノブドウと絡みあいながら伸びている。何本もの花序が葉腋から垂れ下がっている。今年も運良く花を撮ることが出来るだろうか。▼大きな零余子がまだ一つ二つ残っていた。▼(2020.08.10和坂)☆ノブドウの花はとっくに終わって、色とりどりの果実が広がっている。こちらはまだまだ花序が伸び続けているだけだ。ニガカシュウ(苦何首烏)ヤマノイモ科ヤマノイモ属Dioscoreabulbifera(2020.08.11和坂)☆▲去年撮る事が出来たニガカシュウの花、画像奥には巨大?な零余子。▲▲左はニガカシュウ右はヤマノイモの零余子▲---------------------------------------------------------------------------------------...ニガカシュウ(苦何首烏)

  • サルスベリ(ヒャクジツコウ・百日紅)

    赤いサルスベリ、白のフリル付き。サルスベリ(ヒャクジツコウ・百日紅)ミソハギ科サルスベリ属Lagerstroemiaindica(2020.08.10大道町)☆▲福永武彦の『草の花』、冒頭にある冬のサルスベリの描写。その夏に咲いたのはこの花色…と思っている。今年無くなった大林宣彦監督が一時期、この『草の花』を映画化する…と言う話が流れたことがある。難解な物語では無いけれど、登場人物も少なく心理描写の部分が楽しみだったけれど映像化しなかった。--------------------------------------------------------------サルスベリ(ヒャクジツコウ・百日紅)果実シマサルスベリ(島猿滑り)ムラサキサルスベリ(紫百日紅)サルスベリ濃桃サルスベリ薄桃サルスベリ白サルスベリ(ヒャクジツコウ・百日紅)

  • ヒメマツバボタン(姫松葉牡丹)

    去年も夏の間咲き続けて、終わったかな…と思った頃にも咲いて結局秋まで咲いていた。今年も咲き始めたのは暑くなってからだから暑さが収まるまで咲き続けるだろうか。▲髭に覆われた果実、果実は蓋果、上蓋が外れると種子が見える。▼▲果実の外側には薄い皮膜、上蓋が落ちる折に一緒に剥がれる。▼ヒメマツバボタン(姫松葉牡丹)スベリヒユ科マツバボタン属Portulacapilosa(2020.08.10立石)--------------------------------------------------------------ヒメマツバボタン(姫松葉牡丹)ヒメマツバボタン今年の種子マツバボタン(松葉牡丹)ポーチュラカ(花滑莧)ヒメマツバボタン(姫松葉牡丹)

  • ワレモコウ(吾亦紅 吾木香)

    ワレモコウの花穂が色付いて花が咲き始めている。花は上から順に咲いて行くから、下には蕾が控えている。一つの花は4枚の萼片、中央に目立つ稜があり開き初めは白、やがて赤紫。おしべの葯は黒、開くと黄橙。中央にめしべ、柱頭は赤紫。ワレモコウ(吾亦紅吾木香)バラ科ワレモコウ属Sanguisorbaofficinalis(2019.08.29大道町)☆▲全て花が咲き終わってしまって、赤紫の萼片だけが残っている。この状態になって「ワレモコウが咲いている」と言う人も多い。▲▲ワレモコウ満開、などと言う図だけれど、少し植物に関心があれば注意したい。咲き終わった花殻を見ている。▲--------------------------------------------------------------ワレモコウカライトソウハッポウワ...ワレモコウ(吾亦紅吾木香)

  • ブタナ(豚菜)

    公園のブタナが全開。公園のタンポポは綿毛も飛ばしきっている。ブタナも綿毛を飛ばし始めている。綿毛では無く冠毛です…などと難しい言葉で他人に説明している人もいる。自分の中で留めておけば良いものをわざわざ言う事もあるまい。綿毛ではなく冠毛です…などと、変な言い回しの方が迷惑だ。移り変わりの早さを嘆きながら、新緑が目にまぶしい季節になりました…などと人の気持ちや言葉の移ろい表現が何処か空疎な今年。何かが違っている…のだけれど確たるものが無いままに季節だけが移ろっている。ブタナ全開。▲点々と咲いていた頃とは違って、この姿をタンポポと言う人はさすがにいない。タンポポは一茎一花、ブタナは細長い茎が途中で分岐、幾つかの花を一つの茎に咲かせる。▼▲綿毛になるのも早い。▼(2020.06.09明石公園)☆(2020.08.04明...ブタナ(豚菜)

  • バジル(スイートバジル)

    ダークオパール・バジルO.basilicum'DarkOpal'、ブッシュバジルO.basilicum'Minimum'レタスバジルO.basilicum'Crispum'などなど、私にはサッパリ分からない。バジル(スイートバジル)シソ科メボウキ属Ocimumbasilicum(2020.08.08林)☆▲バジル(シナモンバジル)--------------------------------------------------------------去年のバジル三年前のバジルバジル(スイートバジルメボウキ・目箒)バジル(スイートバジル)

  • ホオズキ(鬼灯、酸漿) 

    自転車で走りまわっていると畑の隅で幾つかの鬼灯を見る。たぶん、橙色の果実を覆っている宿存萼が枯れ果て網目だけになる状態まで残される…とは思いながらもしばらく経って訪れると虫食い状態で倒れこんでいたりもする。綺麗な網目を他人様の畑の鬼灯頼りにする事自体が手抜き。自分で苦労して育ててこそ。▲ニジュウヤホシテントウが二匹…。▲ホオズキ(鬼灯、酸漿)ナス科ホオズキ属Physalisalkekengivar.franchetii(2020.08.08林)☆▲鬼灯の花▲▲去年同じ場所で撮った画像--------------------------------------------------------------▲三年前の画像青垣でイヌホオズキアメリカイヌホオズキハダカホオズキヒロハフウリンホオズキハコベホオズキセンナ...ホオズキ(鬼灯、酸漿) 

  • ネコハギ(猫萩)

    二年前の夏に、十二指腸潰瘍の手術が10月に伸びたことで急遽参加が可能になったミニ同窓会。三ノ宮の割烹つた屋で開き、翌日は博多のメーさんの所望だった森林植物園のボタニカルアート展の最終日。小西の案内・解説付きで素晴らしい「本物」を鑑賞した。西明石からの新幹線で博多に戻るのを世話役の幸ちゃんと二人で見送りその帰りに止めておいた自転車で公園を回って帰った折に撮って以来のネコハギ。そう言えば、その森林で撮っていたイヌハギの花は長い間見ていない。須磨ではこのネコハギの近くのハイメドハギは思いの外、咲いたけれど結局は葉だけが伸びて花は咲かなかった。▲花は一見してマキエハギ似だけれど、花茎は殆ど無いし花は固まって咲く。▼▲茎にも葉にも、花柄にも目立つ毛が多く生える。▼▲ネコハギは匍匐して広がる。葉は丸く、全体に毛が多い。▼ネ...ネコハギ(猫萩)

  • ネコノヒゲ(猫の髭)

    ネコノヒゲ(キャッツ・ウィスカー)確かに。ウィスカーは頬の髭。クミスクチンと呼ばれる事も多い。マレー語で「猫の髭」。そう書いたのは6年も前の秋。一度京都の夏に見たきりの花だけれど、何故か浜の休憩所の隅に咲いている。ネコノヒゲ(猫の髭)シソ科オルトシフォン属Orthosiphonaristatus(2020.08.08林)-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------6年前の秋ネコノヒゲ(猫の髭)

カテゴリー一覧
商用