searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
fleur de sel 塩の華
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/fleurdesel
ブログ紹介文
フランス太平洋岸の港街ラロシェルより新鮮な海と土地の幸オーガニック素材のお料理と生活の御紹介
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2006/02/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、塩の華さんの読者になりませんか?

ハンドル名
塩の華さん
ブログタイトル
fleur de sel 塩の華
更新頻度
集計中
読者になる
fleur de sel 塩の華

塩の華さんの新着記事

1件〜30件

  • 烏賊三昧の食卓

    以前にも烏賊三昧の御料理何度もご紹介してありますが私は魚貝類ことに貝類烏賊が好みです。この日の献立は烏賊が主菜。中型の烏賊を3杯購入卸しました。中華風に炒めようと野菜は色々揃っておりセロリやピーマンとと思ったのですが小さな新鮮なブロッコリーが眼に入りこれは即食べなくてはと考えを変えました。烏賊とブロッコリーのソテー材料2人分*烏賊2杯分⋆エシャロット微塵切り大1*セロリ軸の微塵切り大1*大蒜2片微塵切り*生姜微塵切り小1*青唐辛子1種を除いて輪切り*小型のブロッコリー花の部分と茎を分け茎は皮を剝いて5㎜状の棒切り軽く塩を振って蒸しておく。*胡麻油大1+ピーナッツ油大1*味醂5cl*醤油大2*チキンブイヨン20cl*片栗粉小1を同量の水で溶いて置く*塩胡椒作り方1烏賊は表面に鹿の子に切り身を入れ塩、胡椒,酒、少量...烏賊三昧の食卓

  • 残りものを盛り合わせて ベジタリアン料理です

    日曜日には義妹と一週間の出来事の会話を交わすため一緒に食事をするのが恒例です。土曜日に主人がラロシェルの街に出かけ二人でカフェでの団欒の時間を過ごすことも慣例ですが日曜日には我が家でも。この日曜日には彼女そして主人の好きそうな野菜料理を沢山作りました。沢山というわけではないのですが色々なもの。美味しい素材の野菜料理作りは無駄をなくさないように心を込めてお料理しなくてはと結構時間を費やします。今日は半端に残ったもの主人と二人の食卓にこのようなものが並びました。南瓜とセープのリゾットパリ滞在に次女の婿さん作ってくれて美味しいなと思った南瓜入りのリゾット。チョリソーが入っていましたが義妹には肉類はご法度なので乾燥セープがあったので組み合わせてみました。カルダモンを始めるカレーのスパイスでとっても香り高く炊きあがったと...残りものを盛り合わせてベジタリアン料理です

  • マンゴーのババロワ ケーキとそのバリエーション

    今まで何回もレシピをご紹介すると引きずっていたものです。実をいうと以前にご紹介したことがありました。レシピを書き終えた時点で気が付いたのです。(苦笑)でもせっかく書いたので新しくご紹介致しますね。前にご紹介したのは苺のババロワケーキ今日のものよりも手抜きなくレシピもより丁重と思います。此方ご覧ください。このババロワケーキはバターなどあまり使わないし、砂糖の量も少なく、ミロワール部分は砂糖の代わりに蜂蜜を利用した軽い物小さなお子様方からお年寄りの方にも気に入ってもらえる万能なお菓子です。材料Aビスケット生地このビスケット時は時間のない時に便利時間のある時はジェノワーズ生地を焼いて使用しても。それなりの美味しさがあります。*ビスケット甘みの少ないビオのビスケット使用スぺクローズのようにシナモンの入ったものは美味しい...マンゴーのババロワケーキとそのバリエーション

  • 元旦の昼食

    新年おめでとうございます。昨年は随分お休みしたにも関わらず御声援くださり有難うございました。本年もどうぞ宜しくお願い致します。皆様方のご健康、ご多幸を世界の平和と共に心から願っています。我が家では日本風なおせち料理は作りません。今年は娘達家族は帰宅しなかったのでクリスマスと同じく義妹甥と4人で過ごしました。まずはオードブルからラングスティーヌとアボカド、柿のセヴィーチェサラダ前にも同じようなセヴィーチェご紹介致しました。このところ柿を入れ事気に入っています。材料は*ラングスティーヌ剥いたもの1cm程に切ったもの*アボカド角切り*柿角切り*エシャロット微塵切り*コーリアンダー微塵切り⋆レモン汁、オリーヴオイル、塩(控え目)、胡椒作り方は以上を混ぜセルクルで抜いたものお味は上品ですサラダには大蒜の効いたドレッシング...元旦の昼食

  • 静かなクリスマス

    クリスマスイヴの2日前に次女にせがまれたパリ2週間の滞在を終えて帰宅しました。今年は娘2人それぞれ2人目の誕生それぞれ女の子に続いて男の子出産前後その後の助っ人を頼まれてかなりラロシェルパリの往復を繰り返しました。今回も次女上の娘がまだ2歳と小さく日中預かってくれるはずの保育士が預かれなくどうしようママしかないとせがまれてのパリ滞在でした。3歳幼稚園に入れるようになるまで(それも手続きのタイミングはかなり難しいです)安心して預けられる人を探すのはとっても難しいパリだけではなくフランスの事情です。滞在中1回だけれどランブイエの長女の家庭も伺いに。長女も本当は私に滞在して欲しかったようです。私ももっと訪れたかったのですがかなり忙しくて。次回はね。との約束。頼られる事は幸せと思っています。娘達が必要な時には即傍に居て...静かなクリスマス

  • ごく簡単な鴨のオレンジ風味ソース

    そ我が家の献立は野菜沢山の魚介類が多いのですが今日は寒くなって美味しくなったマグレ鴨を使ってオレンジソース仕立てに仕上げました。出先から帰宅少し疲れていたのでスピーディーに仕上がるものと思い付くままに作ったのですがとても美味しかったのでご紹介致します。付け合わせはやはり美味しくなってきた蕪。鴨と蕪の相性は絶対。形は崩れず中身は口の中でとろける風味の蕪の鴨との付け合わせは私の中ではいつも決まっています。鴨のオレンジソースバルサミコ酢の色の影響で綺麗なオレンジ色に仕上がらなかったのは残念ですが。材料2人前A*マグレ鴨1枚B⋆蕪中4-5個*スナップ隠元㎝ソース*オレンジオーガニックのもの1汁とゼスト*エシャロット微塵切り大2*大蒜1片微塵切り⋆白ワイン大2*薄いフォンドヴォー10cl*バルザミコ酢大1*蜂蜜大2*生姜...ごく簡単な鴨のオレンジ風味ソース

  • ムクラードの献立

    先日久しぶりに甥が母親(義妹)の家に滞在二人を招待昼食を一緒に取りました。普通ムール貝は夏場が旬なのですが今年は秋になっても出回っていました。お魚屋さんに聞いたらこの地方のものは終わってしまったけれどブルターニュ産サンマロから入っているとのこと。絶対に美味しいよと開いてくれたらふっくら。この日の主菜はムクラードと決まりました。一応招待なのでオードヴルからアボカドと海老のセヴィーチェ風サラダ材料4人分A湯で海老皮を剝いたもの150-200g位1cmくらいにぶつ切りAアボカド1皮を剝いてサイコロ切りAエシャロット小1微塵切りA大蒜1/2片擦りおろしAパセリ、コーリアンダー等好みのもの微塵切り大1Aレモン汁1個分Aオリーブオイル大3-4Bマッシュサラダ、ミニトマト、ビルベリーCビネグレットソース*マスタード大1*大蒜...ムクラードの献立

  • 鰈のリゾット

    皆さんご存知のように我が家の食卓先頃は魚介野菜料理が多いです。お買い物も魚屋さんに足が運びます。今日も新鮮な鰈を見つけ購入しました。この日のお買い得品中型3匹で15ユーロ。本当に新鮮なのは触ってすぐわかりこれはお刺身にもできるかと思ったくらい。行きつけのお魚屋さんですが今日はメンバーが変わっていて初めての人。お魚のあらをとり綺麗に渡してくれた時。お料理好き?と聞かれました。ええ。と答えると。リゾットにすると美味しいよ。リゾットの最期に鰈のフィレを載せ蒸らすだけ。なんだか試したくなり私風に作ってみました。フランスで魚料理骨は嫌われ物。普通のレストランはもちろん高級レストランでちょっとした骨のかけらが感じられたらそれは本当に店の格墜落の大大事です。一匹のままの魚を箸で綺麗に食べあげるという世代に育った私なのですが先...鰈のリゾット

  • 本当に簡単なのだけれどいつも皆に喜ばれるアーモンド林檎パイ

    このタルトは私のレシピなしでできるお菓子の一つです。簡単なのに私の周りにで嫌いな人は見渡らない位皆喜んでくれます。甘いもの苦手という方々も。林檎の素朴さ庶民性でしょうか。焼き始めると本当に甘酸っぱい美味しさの香りが家中に漂います。これはきっと幸せの香りなのかも知れないのかなと。軽くて甘みも薄いです...アーモンドプードルとそして炒ったアーモンドスライスの香ばしさが決め手かもしれません。薄いパイ皮のカリッとの感触は絶対です。前にも何度もご紹介致しましたが敢えて詳しい作り方載せていないと思うので(レシピなしで作れるパイということなので。笑)ご紹介致します。材料*パイ皮1枚又は小型の四角い無い4枚入りのもの*アーモンドプードル小5+小3月(小はどちらも摺り切りではなく多めです)*砂糖大2-3お好みの甘さでご加減くださ...本当に簡単なのだけれどいつも皆に喜ばれるアーモンド林檎パイ

  • シュークルートバリエーション 海鮮風

    我が家では主人がシュークルート好みよく作ります。フランスのレストランに出てくるような沢山肉類の入ったものではなくお肉は味が出るように最小限シュークルート、(ザワークラフト発酵キャベツ)の煮込んだそのもの味が好みなのです。やはり主人の好みで酸味を残し脂分は本当に少ない健康にとても良いものです。フランスで数少ない発酵食品ですものね。お腹の調子が悪い時にはことにリクエストされます。美味しいビオのシュークルートは10月ほどから出始め3月末には姿を消してしまう季節限定の食材。季節外れに食べたいときは自家製発酵キャベツ作りますがこれも又美味しいものです。前日この基本のシュークルートを作り今日は海の幸の海鮮シュークルートとしました。海鮮シュークルート煮込んだシュークルートに添えたものは*燻製鯖ポワーブルノワール(黒胡椒風味の...シュークルートバリエーション海鮮風

カテゴリー一覧
商用