searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
ラリーズクラブ
ブログURL
http://rallysclub.ldblog.jp/
ブログ紹介文
BOATRACEの話題を毎日お伝え
更新頻度(1年)

340回 / 365日(平均6.5回/週)

ブログ村参加:2005/11/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ラリーズクラブさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ラリーズクラブさん
ブログタイトル
ラリーズクラブ
更新頻度
340回 / 365日(平均6.5回/週)
読者になる
ラリーズクラブ

ラリーズクラブさんの新着記事

1件〜30件

  • 雑誌はあばよ!!でもレース名は続く常滑BOATBoyカップ優勝戦で柳沢一千五百勝

     6月発売の7月号で休刊になったもののレース名に変更はなかった常滑BOATBoyカップ優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇柳沢一(愛知支部)が押し切り、柳沢一は常滑11回目・昨年8月若松サッポロビールカップ以来となる通算52回目の優勝にして通算1500勝達成。

  • 山の日の多摩川女子王座決定戦

     最多開催場の多摩川としては9大会ぶり8回目の開催になったG1女子王座決定戦優勝戦(特設サイト)は枠なり3vs3の進入から15トップスタートの1号艇守屋美穂に対して20スタートの2号艇平山智加が強捲りを敢行して捲りきり、山の日に平「山」智加は今年5回目・多摩川4回目・尼

  • 桐生で大池佑来がスカッとさわやかに10戦全勝の完全V

     桐生スカッとさわやか杯優勝戦い・ろ・は・す競走は展示の枠なりから本番125/364の進入になり、02トップスタートの1号艇大池佑来が6号艇深谷知博の捲り差しを振り切って先頭に立ち、節間9戦全勝だった大池佑来は今年2回目・桐生2回目・通算18回目にして自身初の完全優勝。

  • 下関G3長府製作所杯優勝戦

     下関G3企業杯長府製作所杯優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇前本泰和が押し切り、今年6回目・今年1月楽天銀行杯に続く出場となった下関では3連続Vとなる9回目・通算118回目の優勝。

  • 戸田・徳山の優勝戦

    【戸田スポーツ報知サマーカップ優勝戦】 枠なり3vs3の進入から1号艇金田諭(埼玉支部)が押し切り、戸田9回目・昨年12月児島ジャパンネット銀行賞以来となる通算38回目の優勝。【スカパー!JLC杯徳山ルーキーシリーズ第14戦優勝戦】 枠なり3vs3の進入から1号艇松尾拓

  • 本日の優勝戦は3場共にインが消える波乱

    【鳴門ボートレースチケットショップ土佐開設24周年記念競走優勝戦】 枠なり3vs3の進入から1号艇塩田北斗が4号艇渡邊雄一郎のカド捲りを張り飛ばした展開に乗って5号艇佐々木英樹が捲り差しを決めて先頭。 しかし佐々木英樹は2M塩田北斗を牽制しながら回った分ターン流

  • 尼崎マンスリーBOATRACE杯優勝戦

     尼崎マンスリーBOATRACE杯優勝戦は枠なり3vs3の進入から08トップスタートの4号艇重野哲之がカド捲りを狙うも、19スタートの3号艇磯部誠が先捲りで抵抗して重野哲之を張り飛ばしつつ内側を捲りきって先頭に立ち、磯部誠は今年4回目・尼崎では2018年3月の前回スポーツニッポ

  • G1びわこ大賞でSGウィナー馬場貴也滋賀支部長が意外にもG1初V

     開設68周年記念G1びわこ大賞優勝戦(特設サイト)は枠なり3vs3の進入から1号艇西山貴浩が11トップスタートも15スタートの3号艇君島秀三(滋賀支部)にあっさり捲られてしまい、その君島秀三を5号艇馬場貴也(今節選手代表)が捲り差しで捕らえ、馬場貴也は2M内先行で単独先

  • 江戸川日本写真判定杯優勝戦

     優勝賞金100万円を懸けた江戸川日本写真判定杯優勝戦は11トップスタートの1号艇宇佐見淳(88期4118)が2号艇池田雄一(88期4124)の差しも3号艇濱崎誠の捲りも寄せ付けずに押し切り、今年2回目・江戸川2回目・通算12回目の優勝。 池田雄一が2Mで濱崎誠を突き放して2着に

  • 篠崎仁志がG2大村誕生祭を制して尼崎G2からのG2連続優勝

     大村ボートレース発祥地記念G2モーターボート誕生祭マクール賞優勝戦(特設サイト)は枠なり3vs3の進入から1号艇篠崎仁志が押し切り、前走地G2尼崎モーターボート大賞に続くG2連続Vにして3節連続Vとなる今年5回目・大村3回目・通算40回目の優勝。 ちなみに今節のゴルゴ1

  • 芦屋G3マクール杯優勝戦は3連単78900円

     芦屋G3オールレディースマクール杯優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇塩崎桐加が3号艇小野生奈(福岡支部)のマクールを張り飛ばして共倒れになり、残る4艇による接戦から1M差した6号艇松本晶恵が2M先行するも、1M捲り差した4号艇日高逸子(今節選手代表)が2M松本晶恵を差

  • 下関・津の優勝戦

    【下関九州スポーツ杯争奪戦優勝戦】 枠なり3vs3の進入から2号艇沖島宏和が捲りきるもターン流れて3号艇山崎昭生の捲り差しが届き、山崎昭生が2M内先行で先頭。 しかし、1号艇興津藍が2M沖島宏和に内から艇を合わせて2番手に上がり、2周1Mの差しで山崎昭生に急接近。 

  • 多摩川夕刊フジ杯優勝戦

     多摩川夕刊フジ杯優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇川口貴久(東京支部)が10トップスタートの速攻を決めて、2011年8月夕刊フジ杯以来となる多摩川2回目・2014年9月下関日本スポーツエージェントカップ以来となる通算7回目の優勝にして2日目12R6号艇2着以外全て1着の準完

  • 蒲郡・常滑・三国・児島の優勝戦

    【児島山陽新聞社杯優勝戦】 枠なり3vs3の進入から1号艇上田龍星が03トップスタートの速攻を決めて、前走地芦屋ルーキーシリーズ第12戦スカパー!JLCカップに続く今年4回目・児島初・通算7回目の優勝。【夏盛り!!三国観光産業社長杯優勝戦】 枠なり3vs3の進入から優出

  • 尼崎スポニチ杯争奪しらなみ賞競走優勝戦は70期ワンツー

     尼崎スポーツニッポン杯争奪しらなみ賞競走優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇安田政彦(兵庫支部70期3572)が押し切り、尼崎13回目・通算78回目の優勝。 4号艇白水勝也(70期3576)が1M差して2着に入り70期ワンツー。

  • 戸田・浜名湖・宮島・唐津の優勝戦

    【戸田アサヒスーパードライカップ優勝戦】 123/645の進入から1号艇佐藤翼(埼玉支部)が押し切り、今年3回目・戸田3回目・通算14回目の優勝。【浜名湖テレしずサマーカップ優勝戦】 枠なり3vs3の進入から1号艇谷津幸宏が押し切り、浜名湖2回目・通算17回目の優勝。

  • 峰竜太がG2全国ボートレース甲子園とSGオーシャンCの2節連続Vで今年V11

     4年ぶり2度目の鳴門開催になったSGオーシャンカップ優勝戦(特設サイト)は1号艇瓜生正義にオーシャンカップ連覇と通算2000勝のW達成が懸かる一戦でしたが、3号艇茅原悠紀が3カドに引いた枠なり2vs4の進入から茅原悠紀が06トップスタート踏み込み、2号艇山口剛が先捲りで応

  • 徳山・住之江の優勝戦

    【徳山レノファ山口カップ優勝戦】 枠なり3vs3のインから押し切った1号艇片岡雅裕が先頭、差した4号艇田中辰彦が2番手の態勢になり、片岡雅裕は2Mターン流れるも田中辰彦の2M差しを辛うじて振り切り今年2回目・徳山初・通算18回目の優勝。【住之江ヴィーナスシリーズ第9

  • 多摩川有観客開催再開初節の優勝戦は2周2M決着の大混戦

     多摩川の有観客開催再開初節を締めくくるマンスリーBOATRACE杯優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇有賀達也が01タッチスタート踏み込む速攻戦も艇が浮いて2号艇江口晃生の差しが届き、有賀達也は2M外握って江口晃生を捲り切るも流れてしまい、1M外握って3番手だった3号艇吉

  • 丸亀・津・常滑の優勝戦

    【丸亀報知グリーンカップ優勝戦】 枠なり3vs3の進入から1号艇中辻崇人が14トップスタートの速攻を決めて、今年2回目・丸亀では2000年5月のデビュー初V以来となる2回目・通算58回目の優勝。【津G3マスターズリーグ第4戦優勝戦】 枠なり3vs3の進入から1号艇金子良昭55

  • 蒲郡マンスリーBOATRACE杯の萩チャンピオン

     蒲郡マンスリーBOATRACE杯争奪戦優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇萩原秀人が05トップスタートの速攻を決めて、今節初日が陽子夫人との結婚記念日だった萩原秀人は今年2回目・蒲郡2回目・通算51回目の優勝。

  • 江戸川有観客開催再開初節G3アサヒビールカップ

    【江戸川G3企業杯アサヒビールカップ優勝戦】 江戸川有観客開催初節の優勝戦は1号艇松田祐季が押し切り、今年2回目・江戸川3回目・通算29回目の優勝。 5号艇金子貴志が4号艇市川哲也を叩いての差しで2着に入り福井支部ワンツー。 ちなみに画像は4日目の19日に本場観

  • 戸田12カンパニー杯【五木あきら】

     戸田有観客開催再開初節の12カンパニー杯は、ボートレース戸田イメージコスプレイヤー五木あきらが所属するコスプレプロダクション12カンパニーのタイトル戦。 優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇大池佑来が押し切り、戸田初・昨年11月津日本トーターカップ以来となる通

  • 尼崎インプールのG2モーターボート大賞

     G2尼崎モーターボート大賞インプールをぶち破れ!まくってちょ~うだいっ★(特設サイト)は前節ダイスポカップ争奪インプールをぶち破れ!まくってちょ~うだい!同様、決まり手「まくり」で1着になるとまくり手当2万円を支給。 ただしG2ともなると力量差が少ないため捲

  • 多摩川有観客開催再開初節の優勝戦は2周2M決着の大混戦

     多摩川の有観客開催再開初節を締めくくるマンスリーBOATRACE杯優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇有賀達也が01タッチスタート踏み込む速攻戦も艇が浮いて2号艇江口晃生の差しが届き、有賀達也は2M外握って江口晃生を捲り切るも流れてしまい、1M外握って3番手だった3号艇吉

  • 児島サッポロビールカップ優勝戦

     児島サッポロビールカップ優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇中村晃朋が02トップスタートの速攻を決めて、今年2回目・児島初・通算4回目の優勝。 サッポロビールといえばヱビスビール、という事で胡本悟志(えびすもとさとし)が6号艇で優出しましたが、大外から差し狙う

  • 下関・芦屋の優勝戦

    【下関楽天銀行杯優勝戦】 枠なり3vs3の進入から1号艇寺田祥(山口支部)が押し切り、5月の前回当地モーヴィ下関オープン1周年記念モーヴィ下関杯に続く今年5回目・下関8回目・通算52回目の優勝。【芦屋ルーキーシリーズ第12戦スカパー!JLCカップ優勝戦】 枠なり3vs3

  • 平和島・若松の優勝戦

    【平和島サントリーカップ優勝戦】 平和島有観客開催初節の優勝戦は枠なり2vs4の進入から3号艇荒井翔伍(東京支部)の3カド捲りを1号艇福島勇樹(今節選手代表)が張り飛ばして東京支部コンビが共倒れになり、02トップスタートの4号艇鈴木勝博が2号艇馬袋義則を叩き切って

  • 浜名湖優勝戦は松村香織さんご結婚おめでとう記念競走

    【浜名湖日本モーターボート選手会会長杯優勝戦】 小林習之アナウンサーが実況した優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇笠原亮(静岡支部)が押し切り、今年3回目・浜名湖8回目・通算59回目の優勝。 5月に第2子を出産したオシリーナこと秋山莉奈の夫として有名な5号艇後藤

  • 住之江キング決定戦は大阪、小坂、日向坂の小坂尚哉が日向坂改名後の初V

     住之江キング決定戦優勝戦はスロー水域が深くなった134/256の進入から1号艇小坂尚哉(大阪出身9月生まれ兵庫支部)が07トップスタートの速攻で深インを克服し、住之江2回目・2018年11月戸田ポッカサッポロカップ以来となる通算17回目の優勝。 ちなみに小坂菜緒(大阪出

カテゴリー一覧
商用