chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
清谷信一
フォロー
住所
東京都
出身
千葉県
ブログ村参加

2005/10/08

1件〜100件

  • 岸田政権の防衛産業振興策は失敗に終わる

    例によって有識者がいない「有識者会議」です。 防衛力強化で30日に有識者会議 メンバーに中西京大院教授ら―政府 https://www.jiji.com/jc/article?k=2022092201215&g=pol > 政府は22日、防衛力の抜本的強化に向けた「国力としての防衛力を総合的に考える有識者会議」の初会合を30日に首相官邸で開くと発表した。メンバーには中西寛京大院教授や翁百合日本総合研究所理事長らを選…

  • 提督の無責任

    日経ビジネスオンラインの記事ですが、香田提督が悪びれもせず、故海原治氏が昭和の時代に言っていたことを、今になってあたかも他人事のように言う。それが自衛隊の体質だと思いますよ。 最大の問題は制服組が戦争を想定していない、軍隊ごっこが仕事だと思ってきたことじゃないでしょうか。 自衛隊の装備調達、「それ」で本当に国を守れるのか 台湾有事が懸念される時代の国家安全保障戦略(2) https://business.ni…

  • なんでニューヨークタイムスやワシントン・ポストは戦争犯罪人として断罪されないのか。

    Yahooのコメント欄はあいからずですね。 https://news.yahoo.co.jp/articles/70b8144a0e1fd4c36e01a87337973d1c755d5cf2/comments 批判批評は歓迎なんですが、日本語が読めない、あるいは本文を読んでいない、更には感情で悪口だけのコメントが大変多いですね。知的な障害でもある人達が多いのでしょうか。 代案を出せとか書いているコメントも多いのですが、本文にきちんと代案が書いているのが読めないらしい。 SPY…

  • オーストラリアに訓練基地と弾薬庫を。

    以前から申し上げておりますが、オーストラリアに訓練基地、加えて弾薬庫を作ってはいかがでしょうか。 砂漠地帯に陸自と空自の訓練基地を作って、訓練や演習をここで行う。他国との共同訓練をおこなってもいいでしょう。国内では陸自は中隊規模の演習しかできず、様々な制約もあります。外国なら薬莢拾いとかもやらずに済みます。 広さに制限が少ないので榴弾砲やミサイルを長射程で撃つことも可能でしょう。 更に申せば新型…

  • 30年も掛けて装甲車や小銃調達する軍隊が有事に備えるとか寝言いってもねえ。

    防衛省の来年度概算要求ですが有事に備えて、稼働率の向上とか、弾薬の備蓄とかいう文言が並んでいます。これをまともにやるのから賛成ですが、これまでの経緯からみると単にやってますアピールで終わるのでは無いでしょうか。 有事に戦える能力というわりには、軍事に不向きな電波の割当をどうするのか。無人機にしても外国で使えるものが日本では使えない。そういう現実を無視して、無人機を増やそうとしています。つまりは…

  • 令和5年度防衛省概算要求 空幕編

    令和5年度防衛省概算要求 航空自衛隊幕僚監部のレクチャー用資料です。 基礎資料として公開します。

  • 羊頭狗肉の日経の体制翼賛な軍拡応援記事。

    本当に政府のPRしかしない新聞ですね。 これでジャーナリズムを名乗るのは詐欺みたいなもんです。 防衛費を問う(4)シェルター、沖縄6施設のみ 進まぬ有事の「国民保護」 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO64185160Z00C22A9MM8000/ >中山義隆石垣市長は7月、県に要請書を出していた。「離島自治体では住民避難の完了までに時間を要する可能性が高い」と記し、シェルターの整備などを…

  • 令和5年度防衛省概算要求 海幕編

    令和5年度防衛省概算要求 海上自衛隊幕僚監部のレクチャー用資料です。 基礎資料として公開します。何しろ限られた記者しかレクチャーを受けらないので。

  • 令和5年度防衛省概算要求 陸幕編

    令和5年度防衛省概算要求 陸上自衛隊幕僚監部のレクチャー用資料です。 基礎資料として公開します。何しろ限られた記者しかレクチャーを受けらないので。

  • まるで国防女子、小笠原理恵な日経の防衛記事

    日経の防衛費関連の記事はまるで、自称国防女子の小笠原理恵みたいな記事です。 これは防衛費少ないから、自衛官が可愛そう、防衛費増やそうね、という世論誘導を目論んでいるような胡乱な記事です。恐らくは政権の走狗、政治部の主導でしょう。 自衛隊、劣悪環境で人材難 「人的資本」軽視のツケ 防衛費を問う③  https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA159IL0V10C22A8000000/ >…

  • 令和5年度防衛省概算要求 統合幕僚監部

    令和5年度防衛省概算要求 統合幕僚監部のレクチャー用資料です。 基礎資料として公開します。何しろ限られた記者しかレクチャーを受けらないので。

  • 【オペレーション泣き落とし】日経が政権の走狗となって軍拡大宣伝

    この写真、来年度概算要求資料で何度も使われています。 小野寺元大臣いうところの「可愛そうなF-2」というやつです。 …

  • 我が国の防衛と予算 令和5年概算要求

    我が国の防衛と予算令和5年概算要求のレクチャー用資料です。 防衛省サイトに載っているものと別物です。 基礎資料として上げておきます。

  • 自衛隊の最高指揮官、安倍晋三がベルクカッツェだった件

    安倍晋三の家族葬に陸自の儀仗隊が派遣された件で、はまだ防衛大臣は元総理で、自衛隊の最高指揮官だったから問題ないとしております。いいんですかね? 自衛隊法 第3条第1項(自衛隊の任務)は以下の通りです。 >自衛隊は、我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、我が国を防衛することを主たる任務とし、必要に応じ、公共の秩序の維持に当たるものとする。 第三条の間接侵略に関する政府の定義は以下の通…

  • 【税金浪費で安倍晋三の尻拭い】イージス搭載艦はいずも同様に「守る船から守られる船」へ(笑

    イージス・アショア代替艦、2027年度就役へ 28年度にもう1隻 >防衛省は31日、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を代替するイージス・システム搭載艦を2027年度末に1隻就役させ、28年度末にもう1隻を就役させると発表した。 >基準排水量は約2万トン、全長210メートル以下、全幅40メートル以下で、自衛隊の艦艇で最大規模となる見通し。大型化して洋上での揺れを減らし、長期間にわたって迎撃態勢…

  • 来年度防衛予算はまるで池袋や錦糸町の悪徳風俗、共犯は記者クラブ

    我が国の防衛と予算-令和5年度概算要求の概要 https://www.mod.go.jp/j/yosan/yosan_gaiyo/2023/yosan_20220831.pdf 今回の概算要求のレクチャーに行ってきたのですが、率直な印象は来年度防衛予算はまるで池袋や錦糸町の悪徳風俗です。 それは予算額を明記しない「事項要求」が極めて広範囲に使用されること。更には通常の調達装備も「事項要求」で数が上乗せされるからと、予算額が殆ど公開されていません。 このた…

  • 【儀仗隊私的利用】自衛隊は岸家、安倍家の「奉公人」に非ず。

    安倍晋三兄弟の国家観がよく分かる話です。権力を私することに疑問を感じないのがこの家の人たちのメンタリティです。 元首相の家族葬に儀仗隊派遣、戦後は安倍氏だけ 実弟・岸防衛相が指示 https://www.tokyo-np.co.jp/article/198630 >7月に行われた安倍晋三元首相の葬儀に陸上自衛隊の儀仗ぎじょう隊が参列したのは、戦後の首相経験者の家族葬では初めてだった。防衛省が本紙の取材…

  • 浜田防衛大臣記者会見令和4年8月26日(金)における質問。

    浜田防衛大臣記者会見令和4年8月26日(金)におけるぼくの質問です。 https://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2022/0826a.html Q:いわゆるイージスシステム搭載艦についてお尋ねしたいんですけれども、もともとイージスアショア用の陸上用のシステムをですね、最新の護衛艦に搭載するという方向で使用するという話なんです。かなりコストがかかるという話が今のところ出ております。そして海上…

  • 還暦になってまで、バカと戦わざるをえないのか?

    本日無事還暦を迎えました。 といっても別に何が変わるわけでもないんですが。 昨日は美人の女友達のひとりがプレ誕生日で火鍋をごちそうしてくれました。 女友達だけは多いんです(笑 さて、先日業界筋から聞いた以下の質問を陸幕広報室にしました。 銃弾について以下のことを業界関係者からききましたが、事実でしょうか。 7.62ミリ弾は64式小銃が退役に伴い、機銃のみとなるので弱装弾から通常弾に移行 し…

  • ダイヤモンド・オンラインの「事項要求」をよく知らない、「専門家」の記事。

    政治・教育ジャーナリスト/大妻女子大学非常勤講師、清水克彦氏の記事です。 事実誤認が多く、基本的な事実が抑えられていない、よくある記事です。 防衛費の来年度予算はなぜ「特別扱い」なのか?大幅増額が不可避な理由 https://diamond.jp/articles/-/308481 >2022年度の防衛費は当初予算で5兆4000億円。GDP比は1%弱である。これを2%まで引き上げるとすれば、さらに5兆円が必要…

  • 【出し遅れの証文】今頃になって防衛予算の事項要求はズルいと言い出した記者クラブ、朝日新聞

    防衛省、金額示さぬ「事項要求」100項目超 長射程ミサイル運用も https://digital.asahi.com/articles/ASQ8N74L0Q8NUTIL004.html >防衛省は来年度予算案の概算要求で、今年度予算比で約4千億円増となる5兆5千億円超とは別に、要求金額を示さない「事項要求」を100項目以上盛り込む方向で調整に入った。 >事項要求は、大まかな予算を要求する概算要求で、例外的に金額を定めず項目のみを盛り込むことが認められたもの…

  • 自衛隊は戦争する気がないので電波規制、法規制に唯唯諾諾と従って仕事をしない。

    海外とあまりにも異なるドローンへの電波規制で、自衛隊のドローンが使い物にならない話です。 いまの日本の電波規制では、ウクライナのように民生用ドローンで戦えない !? https://sakisiru.jp/34148 >日本で一般的に販売されている小型の民生用ドローンは全て日本仕様となる。これは海外メーカー製で海外で売られているモデルと外観も機種名も同一であるが、日本で販売する機種は基本的…

  • 情緒しかない「終戦記念日」報道は有害。

    さて昨日は「終戦記念日」でした。いい加減この「終戦」という呼び方を変えて、「敗戦記念日」にすべきです。 終戦記念日は勝ち負けを曖昧にする卑怯な造語です。 撤退を転進とか、全滅を玉砕と言い換えて実態を隠したり美化するのと同じです。 戦後も売春を援助交際とか言いかえるのと同じです。 名称を替えることで、実態を美化したり、誤魔化したりすることで、現実や本質から目を背けます。そこには現実を見る勇気も理…

  • 軍拡ボケと常識派のせめぎあい

    内閣改造で「防衛費増額バトル」勃発「安倍元首相の遺言」増額路線と「自衛隊員の士気を高める」現実路線 https://news.livedoor.com/article/detail/22661045/ >安倍晋三元首相の側近だった萩生田光一自民党政調会長は、就任会見で、国内総生産(GDP)2%以上を念頭に防衛力を増強する、とした党の公約について「速やかに実行に移していかなければならない」と明言。政調会長として「外…

  • 金利を上げることが日本再生の条件

    端的にいえば、今の金融緩和の最大の問題点は、政治や行政があたかもコスト無しで、無限にばらまき政策の財源があると勘違いしていることです。 いくらMMTだの屁理屈言おうと、借りたカネは返さないといけない。返さずにバックレる場合がありますが、それで先の戦争で日本の貨幣や債券が紙くずとなって、国民が塗炭の苦しみをなめました。 日本の「政府の借金問題」が、インフレ・円安でいよいよ「ヤバい状況」になってき…

  • 文民統制がなにか知らないのに、文民統制の記事を書く共同通信

    制服組自衛官、防衛予算を査定 文民統制に影響懸念も https://nordot.app/929346962367463424?c=39546741839462401 >防衛省の2023年度予算要求を決定する省内の調整で、制服組自衛官を中心とする統合幕僚監部(統幕)が査定側に加わったことが8日、政府関係者への取材で分かった。 >省内査定で、背広組のチェック機能が低下し、制服組の軍事的意見に偏重する恐れがある。(中略)制服組の意見が強まって権限強化が拡…

  • 10式戦車は生き残れない。

    10式戦車は将来の戦場では生き残れないでしょう。 そもそも戦後の日本の戦車は61式戦車以来、殆ど近代化が行われていません。これは90式も同じです。 10式もそうなるでしょう。採用されて10年以上経ちますが、近代化の話はありません。 仮に企画しても無理でしょう。既存の10式を近代化する予算を陸幕は捻出できないでしょう。そして例によって冗長性を考えずに作られております。特に本体40トンを実現するために車体が小型化…

  • 日経の「防衛費の研究」シリーズ記事は政治家の走狗、政治部記者が自民党国防部会の歓心を買うためのヨイショ記事

    防衛費、世界2位から9位に転落 「失われた20年」映す 防衛費の研究⑥ 防衛力、経済と連動 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA181ED0Y2A710C2000000/ 最終回はアリバイ工作です。ほら、ボクたちはバランスよく書いていますよ、と言い訳できるような内容です。 最後の、 >第一生命経済研究所の石附賢実氏は「防衛力の向上には経済成長が土台となる」と話す。「GDPの何%を充てる…

  • 専門知識なき防衛議論の限界

    防衛費「5年で倍増」の“損得勘定” 増税か国債か、社会保障か https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00179/072900123/ >岸田政権は「防衛力を5年以内に抜本的に強化する」方針。5兆円の増額を有効活用するカギを握るのは国内防衛産業だ。みずほ証券の小林俊介チーフエコノミストに聞いた。 >防衛費の増額が既定路線となってきました。岸田文雄首相が「防衛費の相当な増額を確保す…

  • 防衛費の研究(4)建設国債、自衛隊に使えず 建設国債で軍拡ですか?

    例の日経の防衛費のシリーズ記事です。 まともな基礎知識がなく、自民党の国防部会の受け売りの世論操作記事です。 防衛費の研究(4)建設国債、自衛隊に使えず 警備用の海保巡視船は対象 財源論再考の契機に https://www.nikkei.com/article/DGKKZO63000490Y2A720C2PD0000/ >防衛費の増額は財源論と密接に絡む。公共事業などの財源となる建設国債はこれまで海上保安庁に使いながら、防衛費には認めてこなかった。社…

  • 【何を言いたいかわからないが、日経が軍事音痴だとはわかった】国防の意識欠く公共事業 空港や港湾は有事の要防衛費の研究③

    インフラと防衛の話ですが、何が言いたいのかわかりませんが、書いた記者が軍事に関してトンチキな見識をもっていることだけはわかりました。 国防の意識欠く公共事業 空港や港湾は有事の要 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA2772U0X20C22A6000000/?unlock=1 >装備品や自衛隊員の移動には空港や港湾などのインフラが欠かせない。2019年の日本の国と地方をあわせた公共投資は国内…

  • 【日経の軍拡への世論誘導】防衛費の研究(2)「自衛隊、2カ月で弾切れ」

    昨日の日経のシリーズ記事の第二弾です。丁寧な取材をしていますが、その一方で根源的な問題がわかっていない。軍事専門記者が内部にいないからではないでしょうか。 そしてなにより、意識しているかしていないかはしりませんが、無責任な軍拡への世論誘導になっていることです。 防衛費の研究(2)「自衛隊、2カ月で弾切れ」 継戦能力、ロシア侵攻が問う 施設更新に有事想定足りず https://www.nikkei.com/article/DGKKZO6…

  • 防衛費縦割りの弊害

    日経が防衛費の縦割り、不効率を指摘する良記事を書いております。 世界屈指の「富岳」生かせず 安保運用「縦割り」が壁 防衛費の研究① https://www.nikkei.com/article/DGXZQODE05BC10V00C22A7000000/ >(防衛費を)2%に増やすなら新たに年6兆円規模がいる。日本の年間の公共事業費に匹敵する額で、最終的には国民の負担になる。バラマキと指弾されないよう効果的な防衛予算にする…

  • 【WEDGE】青息吐息の防衛産業 「安保の基盤」の崩壊を座視するな

    青息吐息の防衛産業 「安保の基盤」の崩壊を座視するな https://wedge.ismedia.jp/articles/-/27283?page=3 全体的にバランスの取れた良記事です。ですが一点間違いがあります >中国化薬(広島県呉市)江田島工場である。 >同社の神津善三朗代表取締役会長は「ここ30年間、防衛省向けの売上金額はほぼ変わっていない」と苦しい現状を吐露する。限られた防衛予算の中では、市場規模も小…

  • 死んでも安倍晋三にこびを売る日本経済新聞。

    まるで安倍晋三のケツを舐めるかのようよな、日本経済新聞の小平龍四郎上級論説委員の記事です。  早くから日経など経済メディアがアベノミクスの問題点を指摘してれば、日本の経済と財政状況はここまで悪化していなかったはずです。 日本の凋落のは安倍晋三、黒田日銀総裁、日経および記者クラブメディアの合作です。 安倍ガバナンス改革の功績 社外取締役が定着 https://www.nikkei.com/article/DGXZQODK144DB0U2A71…

  • 空戦だけが「戦闘」だと思っている「空戦オナニー」組織, 航空自衛隊。

    空自機模型、中国が破壊 AWACS形、ミサイル訓練か 衛星で確認 >中国が新疆ウイグル自治区の砂漠地帯に設置していた航空自衛隊の早期警戒管制機(AWACS)に似た構造物を破壊したことが分かった。日本経済新聞が衛星写真を複数の専門家と分析して確認した。日本を仮想標的とするミサイル攻撃の訓練に使った可能性がある。 >米衛星運用会社プラネット・ラブズが撮影した衛星写真を調べた。5…

  • 小銃さえ満足に手入れできない陸自に戦車やヘリの開発や調達、運用ができるのか?

     昨日某証券会社からお座敷がかかって、オンラインセミナーで講師を勤めてきました。 防衛産業に対するお話をさせていただきました。  さて、以前から何度もご案内しておりますが、陸自は小銃の手入れも知りません。 89式小銃の教範には射撃後のクリーニングではクリーニングロットは銃口から入れろとかいてあります。ですが、これをやると銃身内部が傷みます。ですから本来は薬室側から挿入しなければならない。    …

  • 日の丸すら無い防衛省ユーロサトリパビリオン 防衛省に産業振興やる気なし。

    「防衛品は稼げない」払拭なるか 相次ぐ国内メーカー撤退→装備運用に懸念 国は新機軸の対策 https://news.livedoor.com/article/detail/22487144/ >カヤバは戦前に日本海軍の零式艦上戦闘機の着陸脚にも採用された「オレオ」と呼ばれる緩衝装置や、日本で唯一実用化されたオートジャイロの「カ号観測機」などを生産、戦後も航空機事業ではC-2のブレーキや、ボーイング777旅客機のアクチュエ…

  • 旧民主党、昔の名前で出ています。 

    さて、参議院選挙が終わりました。お丘の他予想通り与党の圧勝でした。さらに維新の会のような与党別働隊も議席を伸ばしました。 その原因のひとつは民主党が分裂してできた、立憲民主党、国民民主党の当事者能力と、政党としての魅力の欠如、政策能力の欠如です。 多くの有権者は両党の違いも、どのような政策をやっているのかもわならない。 せめて今回の選挙ではアベノミクス成功でしたか? 失敗ですよね、というキャン…

  • テロは憎むが、安倍晋三には全く同情しない。

    安倍晋三元首相が狙撃され、心肺停止状態です。 安倍晋三は大嫌いですが、テロを肯定するつもりはありません。 テロを言論や政治を変える道具にしてはいけません。 その一方で安倍晋三には一ミリも同情しないし、回復して欲しいとも思いません。 テロの実行犯は現行犯逮捕され、法の裁きを受けた後に社会的制裁を加えられるでしょう。 対して安倍晋三です。 首相官邸に権力を集中させ、人事権を盾に私のために官僚…

  • 安倍晋三の狗の防衛研究所より、日経経済部長が遥かにまともな件

    「戦艦大和」を繰り返すな https://www.nikkei.com/article/DGKKZO62238090R00C22A7TCR000/ >中国に軍事行動を思いとどまらせるには、どのくらいの費用がかかるのか。 >「『攻者 3倍の法則』が一つの目安になる」と話すのは、防衛研究所の高橋杉雄・防衛政策研究室長だ。古くから伝わる軍事の鉄則に従えば、攻める側は守る側に対して3倍の兵力を投入しなければならないという。 >「…

  • 防衛費は聖域でいいのか。

    先週火曜日から昨日まで、伊東のにんじんジュースサナトリウムにいっておりました。 4.8キロへったのですが、分母が大きいので痩せた!という実感はあまりないです。 それでも多少見た目も変わったし、体も楽になりました。 断食は単に減量のためだけではなく、免疫アップや、老化防止の効果もあるのでオススメです。にんじんジュースの断食だと糖分を取るので空腹感は無いです。ただボーとして集中力はなくなるので、最低限…

  • 円安=好景気という神話

    今回の選挙ですが、本来最大の争点は第二次安倍政権以来の「アベノミクス、日銀の異次元緩和は成功したか?」ということです。 安倍晋三も黒田総裁も、デフレが悪い。インフレにさえなれば景気が良くなるのだ、だから2%のインフレを目指すのだといいづけて、それを10年近くも継続しました。 そしていま「待望の2%のインフレ」が実現しました。アベノミクスが正しいのであれば、国民はこぞって消費を増やして、日本経済…

  • 「非実在軍事ジャーナリスト」を重用する週刊新潮とデイリー新潮。

    先日週刊新潮から電話取材を受けたのですが、ぼくの話がお気に召さなかったようでコメントが採用されませんでした。さすが「非実在軍事ジャーナリスト」を重用する編集部です。 で、今度はデイリー新潮の与太記事です。 防衛費5兆円増でも…自衛隊員から「財務省に殺される」という悲鳴が上がる現実 https://news.yahoo.co.jp/articles/698dc176f42d03f2efaf0ad3cf0943604fad789a?fbclid=IwAR1cfHF0XwLyUU-5lyA02bPsiMo…

  • 防衛研究所は政府の提灯記事を書くのが仕事らしい。

    防衛研究所は軍事的なファクトの追求とファクトに基づいた軍事的な分析を行う機関のはずですが、どうやら現在では政府の防衛広報下請けの提灯記事を書くのが仕事になっているようです。 防衛研究所 http://www.nids.mod.go.jp/about_us/index.html >防衛研究所は、防衛省の政策研究の中核として、主に安全保障及び戦史に関し政策指向の調査研究を行うとともに、自衛隊の高級幹部等の育成のための国防大学レベルの教育機…

  • シンガポールとの防衛装備協定、シンガポールが日本から導入する装備はない。

    未だに日本がシンガポールよりも軍事技術で優勢があると思いこんでいる人がなんと多いことか。 防衛装備品の協定、交渉開始で合意 日シンガポール首脳 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA1113K0R10C22A6000000/ >岸田文雄首相は11日、訪問先のシンガポールでリー・シェンロン首相と会談した。防衛装備品・技術移転協定の締結に向けた交渉開始で合意した。同協定は日本から防衛装備…

  • ゾンビは生き返らない。防衛産業はもう死んでいる。

    岸田政権、自民党は防衛費を増やして防衛産業に仕事を振って、それによって振興しようとしていますが、それは無理です。防衛産業は既に死んでいます。ゾンビといってもいいでしょう。産業として死んでいます。そして将来性はまるで無い。 他国の何倍も高い単価で、低性能、低品質の装備を調達するのはこれが60年代とか70年代とかであれば許されたでしょう。今はだめでも頑張って、将来は諸外国並の性能、品質、コストで…

  • 令和4年度財政制度分科会の防衛関連資料を読む 参考資料編その9

    財務省では毎年財政制度分科会が開催されています。これは国の予算、決算および会計の制度に関する事項などを調査審議するものです。 その中に防衛に分科会があり、そこで使用される資料が毎年公表されています。意外に注目されていないのですが、防衛省では出さない資料や防衛省には都合の悪い指摘も含まれており、防衛に関しては貴重な資料となっています。これは「資料」と「参考資料」があり、今回から数度に渡って、この「…

  • 自衛隊はそもそも新しい高価な「火の出るおもちゃ」が大好なだけで、弾薬備蓄など考えていない。

    政府、ミサイルや弾薬備蓄拡充へ 継戦能力向上狙い予算増額 https://nordot.app/905924898097463296 >政府は、自衛隊が運用するミサイルや弾薬の取得を加速し、備蓄を拡充する方向で検討に入った。 >戦闘継続能力の向上は不可欠だと判断。岸田文雄首相が5月の日米首脳会談で表明した防衛費の「相当な増額」方針に基づき、年末に策定する中期防衛力整備計画への反映や、2023年度予算案での…

  • 戦車は火の出るおもちゃとしか考えていない陸自に戦車は不要。

    戦車、必要性は 高コスト、財務省が疑問符/防衛省反論、削減に危機感 https://digital.asahi.com/articles/DA3S15314708.html?iref=pc_ss_date_article >(戦車が) 「引き続き依存することが最適と言えるのか、必要性について改めて国民説明を尽くす必要がある」。4月20日にあった財政制度等審議会(財政審)。委員に配布された資料には厳しい言葉が並んでいた。 >財政審の歳出…

  • 政治が無能だから借金して防衛費を増やしても防衛産業から撤退する企業は減らない。

    https://www.jiji.com/sp/article?k=2022060200993&g=eco 部品企業撤退、運用に支障も C2輸送機、代替先確保急ぐ―防衛装備庁 >航空自衛隊C2輸送機のブレーキなどを生産する企業が今年2月に事業からの撤退を決めたことで、C2の運用面への影響が懸念されている。防衛装備庁は撤退企業の協力を得て、速やかに事業の引受先を探すとしている。背景には衰退への危機感も指摘される防衛産業の実態がある。 >油圧機…

  • 令和4年度財政制度分科会の防衛関連資料を読む 参考資料編その8

    財務省では毎年財政制度分科会が開催されています。これは国の予算、決算および会計の制度に関する事項などを調査審議するものです。 その中に防衛に分科会があり、そこで使用される資料が毎年公表されています。意外に注目されていないのですが、防衛省では出さない資料や防衛省には都合の悪い指摘も含まれており、防衛に関しては貴重な資料となっています。これは「資料」と「参考資料」があり、今回から数度に渡って、この「…

  • 世間知らずの自民党国防議員連盟の無邪気な軍拡は中国を喜ばすだけ。

    防衛開発費「1兆円」、競争入札の廃止も 自民党議連が提言案 https://digital.asahi.com/articles/ASQ625CRLQ62UTFK00P.html?iref=pc_ss_date_article >自民党国防議員連盟(会長=衛藤征士郎・元防衛庁長官)は2日、「防衛生産力・技術力 の抜本的強化」を求める提言案をまとめた。研究開発費について、今年度の約3千億円(契約ベース)から大幅に増やすよう要求。来年度以降、「少なくとも…

  • 令和4年度財政制度分科会の防衛関連資料を読む 参考資料編その7

    財務省では毎年財政制度分科会が開催されています。これは国の予算、決算および会計の制度に関する事項などを調査審議するものです。 その中に防衛に分科会があり、そこで使用される資料が毎年公表されています。意外に注目されていないのですが、防衛省では出さない資料や防衛省には都合の悪い指摘も含まれており、防衛に関しては貴重な資料となっています。これは「資料」と「参考資料」があり、今回から数度に渡って、この「…

  • 財務省「歴史の転換点における財政運営」

    財務省、財政制度審議会が令和4年5月25日に公表した「歴史の転換点における財政運営」の防衛の部門の本文と資料を公開しておきます。 SNSでは読みもしないで批判している情弱が多いようですから。 https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/report/zaiseia20220525/zaiseia20220525.html 本文 https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal…

  • 脱炭素、省エネならソーラーパネルより、アルミサッシ全廃の方が先だろう。

    脱炭素とかいって太陽光発電に過剰な期待を寄せる人が未だに多いわけです。 そもそも地球温暖化説はあくまで「説」にすぎないのにそれが現実の脅威であり、人類の化石燃料使用による温暖化が「犯人」であるというもの説に過ぎません。 ソーラー発電=エコという信仰も問題です。日本中でメガソーラによる環境破壊が問題になっていますし、太陽電池のライスサイクルを通じた省エネ性もまだ疑問が多いところです。ところが小池…

  • 総火演2022 国営仮面ライダーショー、総合火力演習は有害である

    昨日恒例の陸自の総合火力演習、総火演が行われました。 毎度申しておりますが、国営仮面ライダーショーです。あるいは軍オタや国士様の愛国オナニーのおかずに過ぎない。しかも国民に自衛隊の能力を誤解して伝える可能性があるわけです。やっていることは旧帝国海軍のプロパガンダと同じです。 ぼくも国民が陸自の持つ能力を理解するためのPR活動を否定するわけではありません。ですが総火演はあまりにもコストを掛けすぎ、…

  • 可哀想な戦闘機と可哀想な防衛大臣

    本日なにげに国会中継みていたのですが、驚きました。 小野寺元防衛大臣の質問がネトウヨレベルでした。しかも意図的に捏造を含んでいる始末の悪い世論誘導でした。 防衛費が横ばいで中国などは増やしていると、防衛費の増額を訴えたわけですが、 74式戦車の載っているフリップをだして「戦車の値段は3倍です」と。 多分、90式が10億円で、10式も当初1億円、現在14億円ですから、それだと「値上がり率で「不…

  • 令和4年度財政制度分科会の防衛関連資料を読む 参考資料編その6

    財務省では毎年財政制度分科会が開催されています。これは国の予算、決算および会計の制度に関する事項などを調査審議するものです。 その中に防衛に分科会があり、そこで使用される資料が毎年公表されています。意外に注目されていないのですが、防衛省では出さない資料や防衛省には都合の悪い指摘も含まれており、防衛に関しては貴重な資料となっています。これは「資料」と「参考資料」があり、今回から数度に渡って、この「…

  • 令和4年度財政制度分科会の防衛関連資料を読む 参考資料編その5

    財務省では毎年財政制度分科会が開催されています。これは国の予算、決算および会計の制度に関する事項などを調査審議するものです。 その中に防衛に分科会があり、そこで使用される資料が毎年公表されています。意外に注目されていないのですが、防衛省では出さない資料や防衛省には都合の悪い指摘も含まれており、防衛に関しては貴重な資料となっています。これは「資料」と「参考資料」があり、今回から数度に渡って、この「…

  • 【アベノミクス、黒田バズーカバンザイ】消費者物価2.1%上昇、日本経済の黄金期が始まる(笑

    消費者物価2.1%上昇 4月、7年ぶり2%超 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO60959240Q2A520C2MM0000/ >総務省が20日発表した4月の消費者物価指数(CPI、2020年=100)は変動の大きい生鮮食品を除く総合指数が101.4となり、前年同月比2.1%上昇した。消費増税の影響があった15年3月(2.2%)以来、7年1カ月ぶりに2%を超えた。 >2%は、日銀が目標としてかかげている。米欧も同様の水準をめ…

  • 令和4年度財政制度分科会の防衛関連資料を読む 参考資料編その4

    財務省では毎年財政制度分科会が開催されています。これは国の予算、決算および会計の制度に関する事項などを調査審議するものです。 その中に防衛に分科会があり、そこで使用される資料が毎年公表されています。意外に注目されていないのですが、防衛省では出さない資料や防衛省には都合の悪い指摘も含まれており、防衛に関しては貴重な資料となっています。これは「資料」と「参考資料」があり、今回から数度に渡って、この「…

  • 令和4年度財政制度分科会の防衛関連資料を読む 参考資料編その3

    財務省では毎年財政制度分科会が開催されています。これは国の予算、決算および会計の制度に関する事項などを調査審議するものです。 その中に防衛に分科会があり、そこで使用される資料が毎年公表されています。意外に注目されていないのですが、防衛省では出さない資料や防衛省には都合の悪い指摘も含まれており、防衛に関しては貴重な資料となっています。これは「資料」と「参考資料」があり、今回から数度に渡って、この「…

  • 令和4年度財政制度分科会の防衛関連資料を読む 参考資料編その2

    財務省では毎年財政制度分科会が開催されています。これは国の予算、決算および会計の制度に関する事項などを調査審議するものです。 その中に防衛に分科会があり、そこで使用される資料が毎年公表されています。意外に注目されていないのですが、防衛省では出さない資料や防衛省には都合の悪い指摘も含まれており、防衛に関しては貴重な資料となっています。これは「資料」と「参考資料」があり、今回から数度に渡って、この「…

  • 令和4年度財政制度分科会の防衛関連資料を読む 参考資料編その1

    財務省では毎年財政制度分科会が開催されています。これは国の予算、決算および会計の制度に関する事項などを調査審議するものです。 その中に防衛に分科会があり、そこで使用される資料が毎年公表されています。意外に注目されていないのですが、防衛省では出さない資料や防衛省には都合の悪い指摘も含まれており、防衛に関しては貴重な資料となっています。これは「資料」と「参考資料」があり、今回から数度に渡って、この「…

  • 沖縄は米国に再返還したほうがみんな幸せになるのではないだろうか?

    今年は米国に占領された沖縄が返還されて50周年記念です。 実はその昔、某作家の先生が書いた、沖縄独立小説の原案を担当したことがあります。 さて、沖縄を尖閣諸島込で米国に再返還した方がみんな幸せなれるのではないでしょうか。 まず沖縄。米国の一州になれば、住んでいるのは米国市民となりますから、過剰な基地の再配置や縮小も日本に留まるよりは可能性があるでしょう。 そして米領土になれば、完全に米国の核…

  • 令和4年度財政制度分科会の防衛関連資料を読む その10

    財務省では毎年財政制度分科会が開催されています。これは国の予算、決算および会計の制度に関する事項などを調査審議するものです。 その中に防衛に分科会があり、そこで使用される資料が毎年公表されています。意外に注目されていないのですが、防衛省では出さない資料や防衛省には都合の悪い指摘も含まれており、防衛に関しては貴重な資料となっています。これは「資料」と「参考資料」があり、今回から数度に渡って、この「…

  • 令和4年度財政制度分科会の防衛関連資料を読む その9

    財務省では毎年財政制度分科会が開催されています。これは国の予算、決算および会計の制度に関する事項などを調査審議するものです。 その中に防衛に分科会があり、そこで使用される資料が毎年公表されています。意外に注目されていないのですが、防衛省では出さない資料や防衛省には都合の悪い指摘も含まれており、防衛に関しては貴重な資料となっています。これは「資料」と「参考資料」があり、今回から数度に渡って、こ…

  • 令和4年度財政制度分科会の防衛関連資料を読む その8

    財務省では毎年財政制度分科会が開催されています。これは国の予算、決算および会計の制度に関する事項などを調査審議するものです。 その中に防衛に分科会があり、そこで使用される資料が毎年公表されています。意外に注目されていないのですが、防衛省では出さない資料や防衛省には都合の悪い指摘も含まれており、防衛に関しては貴重な資料となっています。これは「資料」と「参考資料」があり、今回から数度に渡って、この「…

  • 狙撃への道 その3

    元東部方面混成団長で現役時代、普通科の技能向上に尽くされ、著作も多い二見龍氏と、陸自の狙撃の先駆者である、松岡勝樹氏による、狙撃に関する本です。 陸自で狙撃を如何に定着させるかの苦労と問題点が多く指摘されています。

  • 令和4年度財政制度分科会の防衛関連資料を読む その7

    財務省では毎年財政制度分科会が開催されています。これは国の予算、決算および会計の制度に関する事項などを調査審議するものです。 その中に防衛に分科会があり、そこで使用される資料が毎年公表されています。意外に注目されていないのですが、防衛省では出さない資料や防衛省には都合の悪い指摘も含まれており、防衛に関しては貴重な資料となっています。これは「資料」と「参考資料」があり、今回から数度に渡って、この「…

  • 狙撃への道 その2

    元東部方面混成団長で現役時代、普通科の技能向上に尽くされ、著作も多い二見龍氏と、陸自の狙撃の先駆者である、松岡勝樹氏による、狙撃に関する本です。 陸自で狙撃を如何に定着させるかの苦労と問題点が多く指摘されています。

  • 令和4年度財政制度分科会の防衛関連資料を読む その6

    財務省では毎年財政制度分科会が開催されています。これは国の予算、決算および会計の制度に関する事項などを調査審議するものです。 その中に防衛に分科会があり、そこで使用される資料が毎年公表されています。意外に注目されていないのですが、防衛省では出さない資料や防衛省には都合の悪い指摘も含まれており、防衛に関しては貴重な資料となっています。これは「資料」と「参考資料」があり、今回から数度に渡って、この「…

  • 「狙撃への道」 その1

    元東部方面混成団長で現役時代、普通科の技能向上に尽くされ、著作も多い二見龍氏と、陸自の狙撃の先駆者である、松岡勝樹氏による、狙撃に関する本です。 陸自で狙撃を如何に定着させるかの苦労と問題点が多く指摘されています。

  • 令和4年度財政制度分科会の防衛関連資料を読む その6

    財務省では毎年財政制度分科会が開催されています。これは国の予算、決算および会計の制度に関する事項などを調査審議するものです。 その中に防衛に分科会があり、そこで使用される資料が毎年公表されています。意外に注目されていないのですが、防衛省では出さない資料や防衛省には都合の悪い指摘も含まれており、防衛に関しては貴重な資料となっています。これは「資料」と「参考資料」があり、今回から数度に渡って、この「…

  • 令和4年度財政制度分科会の防衛関連資料を読む その5 戦車バカには軍事は理解できない。

    財務省では毎年財政制度分科会が開催されています。これは国の予算、決算および会計の制度に関する事項などを調査審議するものです。 その中に防衛に分科会があり、そこで使用される資料が毎年公表されています。意外に注目されていないのですが、防衛省では出さない資料や防衛省には都合の悪い指摘も含まれており、防衛に関しては貴重な資料となっています。これは「資料」と「参考資料」があり、今回から数度に渡って、この「…

  • 専門知識が無い記者が書く、事実誤認の防衛産業危機という記事。

    防衛産業、基盤強化に本腰 相次ぐ撤退に危機感 政府 https://news.yahoo.co.jp/articles/5bfab085db7ac7791bb6dd4669b7ef60c7fb24f5 この記事を書いた記者は、軍事知識が無く、海外の軍事産業の取材をしたことがないことが明白です。だから防衛省の言い分を吟味せずに、頓珍漢な記事を書いています。さすが防衛省の取材機会を独占して、それにあぐらを書いて勉強も取材もしない記者クラブの面目躍如です。 しかも署名記事…

  • 令和4年度財政制度分科会の防衛関連資料を読む その5

    財務省では毎年財政制度分科会が開催されています。これは国の予算、決算および会計の制度に関する事項などを調査審議するものです。 その中に防衛に分科会があり、そこで使用される資料が毎年公表されています。意外に注目されていないのですが、防衛省では出さない資料や防衛省には都合の悪い指摘も含まれており、防衛に関しては貴重な資料となっています。これは「資料」と「参考資料」があり…

  • 令和4年度財政制度分科会の防衛関連資料を読む その4

    財務省では毎年財政制度分科会が開催されています。これは国の予算、決算および会計の制度に関する事項などを調査審議するものです。 その中に防衛に分科会があり、そこで使用される資料が毎年公表されています。意外に注目されていないのですが、防衛省では出さない資料や防衛省には都合の悪い指摘も含まれており、防衛に関しては貴重な資料となっています。これは「資料」と「参考資料」があり、今回から数度に渡って、この「…

  • 今年はコロナ調整金などを踏み倒す倒産が増える可能性大。

    先日調査会社の人と話していたのですが、中小零細企業で今年は倒産が増えるという話です。 それはコロナ対策で、店舗の休業要請や、雇用調整金で潤った会社、無利子貸付を受けた会社が多いからです。 不思議なことですが、中小零細は万年赤字の会社非常に多い、法人税払っている会社ほうが少数派です。これらは調整して赤字にしている会社が多く含まれていると見ていいでしょう。そうでなければ毎年赤字ならばとっくに倒産…

  • 令和4年度財政制度分科会の防衛関連資料を読む 「資料」編その3

    財務省では毎年財政制度分科会が開催されています。これは国の予算、決算および会計の制度に関する事項などを調査審議するものです。 その中に防衛に分科会があり、そこで使用される資料が毎年公表されています。意外に注目されていないのですが、防衛省では出さない資料や防衛省には都合の悪い指摘も含まれており、防衛に関しては貴重な資料となっています。これは「資料」と「参考資料」があり、今回から数度に渡って、この「…

  • 令和4年度財政制度分科会の防衛関連資料を読む その2

    財務省では毎年財政制度分科会が開催されています。これは国の予算、決算および会計の制度に関する事項などを調査審議するものです。 その中に防衛に分科会があり、そこで使用される資料が毎年公表されています。意外に注目されていないのですが、防衛省では出さない資料や防衛省には都合の悪い指摘も含まれており、防衛に関しては貴重な資料となっています。これは「資料」と「参考資料」があり、今回から数度に渡って、この「…

  • 令和4年度財政制度分科会の防衛関連資料を読む 「資料編」その1

    財務省では毎年財政制度分科会が開催されています。これは国の予算、決算および会計の制度に関する事項などを調査審議するものです。 その中に防衛に分科会があり、そこで使用される資料が毎年公表されています。意外に注目されていないのですが、防衛省では出さない資料や防衛省には都合の悪い指摘も含まれており、防衛に関しては貴重な資料となっています。今回から数度に渡って、この資料を解説していきます。 https://ww…

  • 日本を貧乏にした安倍晋三、アベノミクス失敗に続き、今度は借金軍拡で日本を追い込む。

    政府も認めた「賃金上がらず結婚できず」の厳しい現実 https://mainichi.jp/premier/business/articles/20220426/biz/00m/020/010000c >全世帯の年間所得の中央値は94年の550万円から19年は372万円と32%(178万円)下がった。 >所得再分配を加味しても、中央値は509万円から374万円へ27%(135万円)下がっている。 安倍晋三はアベノミクスで国民の所得を10年で 首相、1人…

  • 自衛隊は火事場泥棒じゃないと胸をはっていえるんでしょうかね?

    防衛ジャーナリストが自衛隊に「火事場泥棒」発言 元司令官「許せません」 https://www.daily.co.jp/gossip/2022/04/27/0015253223.shtml >半田氏は「『反撃能力』っていう言い方と今回のウクライナ侵攻が重なって見えるわけですよね。しかも突然GDPの2%を出したわけですから、ウクライナ侵攻に乗じて今まで実現できなかったことを一気呵成(かせい)にやっていこうと、言葉は悪いですが…

  • 安倍晋三こそ日本国最大の脅威で、こいつを総理にしたから世界中の笑い者

    以下の記事を読めば、この男が考えていることは自分が首相時代の政策を肯定したいだけ、なわけです。完全な失策であるアベノミクスを失敗を隠蔽したいだけです。 こういう愚劣な男を8年も首相の座につかせたのは我々国民であり、そこそそ世界の笑いものでしょう。昭和の時代ならば第二次安倍政権は20回は総辞職に追い込まれていたはずです。 アベノミクスが日本経済を破壊し、国の借金を増やしただけで終わり、その後に借…

  • マスメディアは何故ルペン候補を必ず「極右」とレッテル貼りして呼ぶのか?

    フランス大統領選挙はルペン候補を破って、マクロンの再選が決まりました。 問題はマスメディアがルペン候補を紹介する時に「極右」のルペンと必ず枕詞のようにつけることです。これは一種の差別でしょう。 ルペン候補はご尊父と比べて、かなり主張はマイルドです。反ユダヤ主義的発言を理由に父親を除名していますし、同性愛も容認しています。動物愛護も主要政策の一つに掲ており、政策や主張は保守の範疇です。 率直に…

  • 日本の安全保障最大の脅威は安倍晋三と自民党

    我が国21世紀最大の問題は国民の民度の低下によって安倍晋三という有害で道徳心がない人物を8年も首相の座につかせたことでしょう。昭和の御代ならば第二次安倍政権は20回以上総辞職になっていたはずです。 安倍元首相、防衛予算のための国債発行の必要性に言及 https://news.yahoo.co.jp/articles/aa7fd1e70e212539323b1f9c7a0583e82b8266f2 >自民党の安倍晋三元首相は14日の安…

  • 陸自に対戦車ミサイルはいらないんじゃないか?

    ウクライナでの戦闘で、ジャベリンなど対戦車ミサイルの存在がにわかに着目されています。 ですが、陸自に対戦車ミサイルって必要なのでしょうか。 防衛大綱でも大規模な着上陸作戦はかなりの期間ありえないといっています。つまり連隊規模で戦車が揚陸してくるような事態は想定しづらいわけです。 我が国が想定している、あるいはすべき事態はサイバー攻撃、島嶼防衛、弾道弾攻撃、ゲリラ・コマンドウでしょう。 そして…

  • 日本は核武装、低防衛費化しか道がないのではないか?

    今月の月刊文藝春秋(2022年5月号)ではエマニュエル・トッド氏と小泉悠氏の記事が載っております。この2つだけでも買う価値があります。安倍晋三の記事が載っていますが、これは読まなくて良い(笑

  • ウクライナに供与した防弾チョッキ3型は改良型の新型、防弾チョッキ3型改

    昨日陸幕長および、統幕長会見に参加しました。 両方で、先週金曜日の大臣会見のぼくの、大臣に防弾チョッキやヘルメットの供与後の調査をしないのか、という質問に対して、大臣は日本の装備は優秀だから実戦データ収集をする必要はないやらやらないと、おっしゃったことについて質問しました。 防衛装備にしろ、他の工業製品にしろ、完璧な製品はありません。仮に完璧でも環境や時代が変わると「完璧」ではなくなります。 …

  • 【平尾和久防衛省報道室長への公開質問状】②防衛省の記者会見でフリーランスは防衛の実績が必要だが、記者クラブは必要なしは平等な扱いなのか。

     防衛省では以前は記者会見のフリーランスの参加は認めていませんでした。例外はぼくのような外国メディアの記者をしている人間だけでした。 それが令和3年から可能になりました。  これは防衛省が独自に改革をしたのではなく、寺沢有、三宅勝久、布施祐仁、畠山理仁各氏、そしてぼくの執拗な働きかけの結果です。この件ではぼくは歴代防衛大臣に会見で執拗に質問しました。 防衛相会見へのフリーランス記者参加問題 …

  • 防衛省広報課 平尾和久報道室長への公開質問状 記者クラブも非会員もイコールコンディションって本当ですか?

    4月8日の大臣会見後に平尾和久報道室長と揉めて、議論というか口論になりました。 防衛大臣会見令和4年4月8日(金)における質問+平尾和久報道室長への反論 https://kiyotani.at.webry.info/202204/article_5.html その際に彼は記者クラブも非会員もイコールコンディションだ、イベントはすべて参加できるし、メールなどで事前に告知もしていると断言しました。 本当でし…

  • 防衛省平尾和久報道室長への公開質問 会見の質問の事前提出は有害では?

    防衛省の大臣会見では度々、記者クラブが事前に質問を提出して、大臣が、官僚が作った作文を読み上げる、ということが行われているようです。 先日の大臣会見の幹事社の質問もそのように見えました。 https://www.youtube.com/watch?v=Q5bUfYhHySY https://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2022/0408a.html これは岸大臣になってから多いような気がします。幹事社の質問だけではなく、昨年もブルーインパルスに関する質問が…

  • 防衛省平尾和久報道室長の防衛省採用パンフレットのコメント信憑性

    さて2022年度防衛省採用パンフレットに前回ご案内した、防衛省広報課、平尾和久報道室長が登場しております。 日本政府と防衛省、自衛隊の敵は「報道」と国民の知る権利 https://kiyotani.at.webry.info/202204/article_3.html 2022年度防衛省採用パンフレット https://www.mod.go.jp/j/saiyou/ippan_senmon/e_pamphlet/Boueisho_Ippan.pdf IMG_9239.jpg >●現在の職務内容について 報…

  • 防衛省平尾和久報道室長の会見に関する見解

    平尾和久報道室長は本日の会見後にぼくに対して、追い質問するなと言いました。 それは思うところがありましたが、普通まずは自己紹介をしていから話を始めるべきだとおもいます。名も名乗らず、いきなりまくし立てるのは社会人として如何なものでしょうか。 またその後、一応大人なので名刺をもって挨拶にいったのですが、彼は電話中でした。ぼくの顔を見るなり、顔をしかめて手でシッシッと追い払いました。 これまた防衛…

  • 防衛大臣会見令和4年4月8日(金)における質問+平尾和久報道室長への反論

    防衛大臣会見令和4年4月8日(金)におけるぼくの質問です。 https://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2022/0408a.html Q:昨日も官房長官の会見で話していたと思うんですけれども、陸幕が作成したグレーゾーン事態に関してのですね、資料の中で、「反戦デモ」を脅威の対象として挙げたことが不適切だというふうに長官も批判しておいでなんですけども、これ「報道」に関しては、全くスルーなんで…

  • 【インドへチヌークとP-3Cをくれてやれ】「安全保障の専門家」の畳の水練

    自衛隊輸送ヘリのリースで日印米安全保障はこう変わる https://wedge.ismedia.jp/articles/-/26286 長尾賢ハドソン研究所研究員の国産の CH-47輸送ヘリを海外へリースしろ、という記事ですが事実誤認と希望的観測がすぎるのではないかと思います。 >クアッドの協力を継続していくには、インド軍のロシアへの依存度を下げていくことが望ましい。具体的には、インド軍に武器を供給することだ…

  • 日本政府と防衛省、自衛隊の敵は「報道」と国民の知る権利

    前回の続報です。 防衛省の「敵」は「報道」と国民の知る権利、らしい。 https://kiyotani.at.webry.info/202204/article_1.html テロと反戦デモを同列視、松野官房長官が「誤解招く表現」と釈明 陸幕の文書廃棄も「不適切」 https://www.tokyo-np.co.jp/article/168993 >松野博一官房長官は31日の記者会見で、防衛省陸上幕僚監部(陸幕)が武力攻撃に至らないグレーゾーン事態の一…

  • 日本の安全保障の最大の敵は安倍晋三

    経済や財政の知見がなくとも8年も首相が務まるのが日本国 安倍元首相「中国との衝突避けるためにも防衛費増額を」』 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220403/k10013565851000.html >日本の安全保障政策をめぐり、自民党の安倍元総理大臣は、中国の軍事力増強に懸念を示し衝突を避けるためにも防衛費を増額させるべきだという考えを強調しました。 >「防衛費を増やすことに偏見を持…

ブログリーダー」を活用して、清谷信一さんをフォローしませんか?

ハンドル名
清谷信一さん
ブログタイトル
魁!清谷防衛経済研究所 ブログ分室
フォロー
魁!清谷防衛経済研究所 ブログ分室

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用