chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
Makoqujilaの蝶散歩Ⅱ https://blog.goo.ne.jp/makoqujila_goo

チョウの写真が中心のブログです(他の虫や鳥や動物も登場します)。※本ブログの記事や写真等の無断転載を禁止します。

Makoqujila
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2022/07/12

arrow_drop_down
  • 【蝶日記】2022トランセクト調査まとめ

    今年から始めたトランセクト調査の結果を報告します。このデータは実際には大学等にある専門分析サーバに入力する予定ですが、まだ準備ができていないので、超簡易的に自分で素人集計してみました。調査期間:4月-11月調査回数:38回(1-2回/週)調査方法:トランセクト法(コースを決め5m四方で観察されたチョウを記録)調査ルート:約2km①住宅街→②公園(大)周囲→③公園(大)内部→④遊歩道(林)→⑤遊歩道(草地)→⑥公園(小)→⑦畑周囲→⑧緑地帯基本は在宅勤務日の昼休みに自宅の周りをぐるっと歩くイメージです。酷暑の日は昼にチョウは飛ばないので、土日の朝方に調査したりもしました。最初に調査で見られたチョウの種別合計のランキングを紹介します。1日平均何頭見られたか、という数値です。1位はダントツのヤマトシジミ、この種...【蝶日記】2022トランセクト調査まとめ

  • 【蝶日記】2022沖縄島(4日目)

    ■2022.11.6沖縄島本日は沖縄最終日、午前中のみの蝶散歩です。イワカワシジミのポイントの下見です(時期的に遅すぎるので)。予想通りイワカワは空振りでしたが、タイワンシロチョウに会えたので嬉しかったです。タイワンシロチョウ今年初見昨年石垣島で会っていましたが、まさか沖縄島で会えるとは、、、感激です。ルリウラナミシジミきれいな表翅が撮りたくて、飛翔にチャレンジシロオビアゲハ前半気温が低かったためか、止まって開いてくれました。アサギマダラあ、書き込み付きだ、SNSで拡散しなきゃ(書いた人に知らせるため)と思って撮ってたら、ナンバリングをしている方が近くにいました。。。ここで書き込んでたのね。。。ツマムラサキマダラ林縁できれいに光っていたので、すかさず撮影フタオチョウの幼虫黒く変色して道に落ちていました。お...【蝶日記】2022沖縄島(4日目)

  • 【蝶日記】2022沖縄島(3日目)

    ■2022.11.5沖縄島この日はチョウの食草が豊富で蝶影が濃いという噂の植物園に行ってみました。うわさ通り、沢山のチョウに会えて幸せでした。午後は北谷町のアメリカンヴィレッジに行ってポケモンを楽しみました。楽しかったです。カバマダラ今年初見ずいぶん久々の再会です。ナミエシロチョウ今年初見メス(下)もきれいでかわいいのですが、真っ白なオス(上)がきれいすぎます。オキナワビロウドセセリ今年初見大きいので目立ちます。タテハモドキ今年初見さほどレアではないですが、会えると嬉しい一種です。クロボシセセリ今年初見公園のみならず、アメリカンヴィレッジにもいました。アオタテハモドキきれいに撮れてうれしいです。オオゴマダラ今年初見あいかわらずでかいです。シロオビアゲハようやくオスを撮れました。ツマベニチョウ沢山いました。...【蝶日記】2022沖縄島(3日目)

  • 【蝶日記】2022沖縄島(2/4の後半)

    ■2022.11.4(PM)沖縄島午前中のやんばるのポイントでリュウキュウウラナミジャノメに会えなかったので、ポイントを変更。ジャノメが多そうなエリアに移動します。道中、ツマベニチョウやウスキシロチョウにも会え、いい感じになっていたのですが、ポイントではリュウキュウヒメジャノメは沢山いるもののリュウキュウウラナミジャノメが見つかりません。ここじゃないのかな?と場所を変えようかと思った瞬間、足元にヒメジャノメとは違う感じの小さなジャノメを発見。ビンゴでした。会えてよかったです。リュウキュウウラナミジャノメ人生初見結構さがしました。微妙に端境期だったようで、この1頭しか会えませんでした。ウスキシロチョウ今年初見ウラナミシロチョウ(未見)か?と一瞬ドキドキしましたが、安定のウスキでした。リュウキュウミスジ2頭の...【蝶日記】2022沖縄島(2/4の後半)

  • 【蝶日記】2022沖縄島(2/4の前半)

    ■2022.11.4(AM)沖縄島思いのほか写真が多かったので、二日目のレポは前半と後半に分けます。この日の最初の目的地はやんばる国立公園です。昨年西表島で見かけたものの撮れなかったリュウキュウウラボシシジミを今度こそ撮るぞ!の気合です。また同じ場所には未見のリュウキュウウラナミジャノメもいるはずなので期待が高まります。が、結果的には、難しいと思っていた前者は見れたものの、楽勝と思っていた後者に会えないという思いがけない結果となりました。なので午後の目的地を後者狙いに変更したのでした(後半に続く)。リュウキュウウラボシシジミ今年初見(初撮影)西表島では止まってくれなくて撮れなかった本種ですが、こちらのぽいんとでは時々止まってくれました。3度目のチャレンジでようやく撮れました。とても小さくて地面すれすれを飛...【蝶日記】2022沖縄島(2/4の前半)

  • 【蝶日記】2022沖縄島(1/4)

    ■2022.11.3沖縄島9月と10月の連休は残念ながら遠征できなかったので、今月こそは絶対行くぞーと気合の沖縄遠征です。今回の狙いは、ヒメイチモンジセセリ、リュウキュウウラボシシジミ、リュウキュウウラナミジャノメ、オオシロモンセセリ、イワカワシジミ、オキナワカラスアゲハあたりです。はい、この6種で言うと、2勝4敗でした。。。負け越しですね。。。というわけで、まずは初日の様子。ヒメイチモンジセセリ狙いの散策です。オジロシジミ今年初見石垣島で尾状突起の欠けた個体は撮影したことがあったのですが、ちゃんと尾状突起付きの子に会えて感激でした。ルリウラナミシジミ今年初見草原に沢山いました。アマミウラナミシジミ今年初見樹上にはこの子達がいました。アオタテハモドキ今年初見綺麗な♀ですね。シロオビアゲハ♀(ベニモン型)今...【蝶日記】2022沖縄島(1/4)

  • 【蝶-206】ヒメウラナミシジミ

    ヒメウラナミシジミはウラナミシジミの仲間の中では特に小さくて、尾状突起がほぼないのが特徴です。雌の裏面が金色できれいです(次回ちゃんと撮りたい!)。2019.11.5石垣島開翅が撮れていて満足^^目の前で開翅してて、種類もわからずとりあえず撮ってたのは内緒です。。2019.11.3西表島★人生初見(194種目)雌の金色の裏面(上側の写真)は雰囲気のみになっちゃいましたが、まずは撮れていてよかったです。この草原ではヒメシルビアシジミやホリイコシジミ、タイワンクロボシシジミに加え、なんだかわからないセセリもいて、何から撮ってよいか分からなくなっているところに、ヤエヤマイチモンジの雌が現れて、なんだかもうパニック状態でした。。。(南の島あるある、、、)ほぼ周年で発生(3-12月が多い)。食草はマメ科のモダマ、ク...【蝶-206】ヒメウラナミシジミ

  • 【蝶日記】都内で初見のツマグロキチョウ

    シルバーウイークの宿泊遠征は台風でキャンセルでしたが、最終日は晴れたのでMFをぷらぷら。ゴマダラチョウ狙いだったのですが、アカボシゴマダラを3つほど見るにとどまりがっかり。といいたいところですが、なんとツマグロキチョウを個人的都内初見ができちゃいました。大満足です。ツマグロキチョウ今年初見&都内初見キタキチョウにしては頻繁に止まる子がいたので、「?」と思い近づいたら、後翅に3本のライン状の影。驚きのツマグロでした。慌てて本気モードで激写&表を確保すべく飛翔にもチャレンジ。キタキチョウ こんなに撮ったのは初めてかも。。。ツマグロとの黒い部分の形の違いがよくわかりますね。オオチャバネセセリウラナミシジミアカボシゴマダラエノキやカキの実の周りで純正ゴマダラチョウを待ったのですが、来たのはこの子のみでした。クロヒ...【蝶日記】都内で初見のツマグロキチョウ

  • 【蝶-205】シロオビヒメヒカゲ

    この3連休は南方面に遠征予定だったのですが、台風の影響で飛行機が飛ばずキャンセルです。昨年はコロナの影響でキャンセルしていますので、2年連続でキャンセルというとても残念なというか縁がないというか、、、まあコロナも台風も仕方ないですね。来年に期待です。そういえば四国のサツマシジミも台風とコロナで2年我慢して3年目で会えたのでした。そう思うと、来年はきっと行けて会えるでしょう。----------シロオビヒメヒカゲはヒメウラナミジャノメくらいの小型のジャノメチョウの仲間で、日本では北海道にのみ分布します。明るい草原にもいて可愛い感じです。時期さえ間違えなければ広い範囲で会えるようです。2022.7.2北海道2021.6.26年1回発生(6月~7月)、越冬は3~4齢幼虫。食草はカヤツリグサ科のヒカゲスゲ、カミカ...【蝶-205】シロオビヒメヒカゲ

  • 【蝶-204】ムシャクロツバメシジミ

    ムシャクロツバメシジミは2013年頃から名古屋市内で見られるようになった外来種です。今は福岡市内でも見られるようです。名古屋の個体群は中国大陸亜種らしいですが、名前のムシャは霧社で台湾の町の名前です。国産のクロツバメシジミと比べると裏面の斑紋がはっきりくっきりの感じに見えます。<u><ahref="https://blog.goo.ne.jp/makoqujila_goo/e/731c1a55a2815678fdb54428c468f4b3">クロツバメシジミ</a></u><imgsrc="https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3a/19/9c29cfb351179755e9d173da31601569.jpg"/><imgsrc="https://blogimg.g...【蝶-204】ムシャクロツバメシジミ

  • 【蝶日記?】チョウはほとんど見れずの北陸

    ■2022.8.17-19石川県、岐阜県今年の夏休みはあまり行ったことのない場所に行こうと思い金沢へ。長雨の影響で白山側はどうなっているか心配でしたが、ホワイトロードの一部区間が通行止めで石川側からは白川郷に抜けられませんでしたが、途中までは大丈夫でした。前半は天気が悪く、中日にふれあい昆虫館を見学。最終日に富山回りで白川郷まで足を伸ばして終了です。白川郷金沢市内の見晴らし台からの彩雲?虹?肉眼では見えたのに撮って出しではあまりよくわからなかったので、画像処理でコントラストを上げています。前田利家公の像リュウキュウアサギマダラ(昆虫館)クロテンシロチョウ(昆虫館)止まらないので空中戦。。。なんとか数枚枠内に入りました。オオゴマダラ(昆虫館)カバタテハ(昆虫館)オウサマゲンゴロウモドキ(昆虫館)モンシロチョ...【蝶日記?】チョウはほとんど見れずの北陸

  • 【蝶日記】タッチの差で悔しい×2

    ■2022.8.11富士山麓久々の富士山麓です。ヤマキチョウ、ゴマシジミ、ミヤマシジミ、キマダラモドキ、ヒメシロチョウといったレアな種が見れる可能性が高いエリアで、さらに運が良いとムモンアカシジミ、クロシジミ、キベリタテハにも会えちゃいます。で、予定したポイントは5ヵ所、順繰りにチェックします。最初のポイントではヒメシロチョウ、クロコノマチョウを撮影したもののその後続かず、次のポイントでも数年前には沢山いたミヤマシジミが見当たらず不吉な予感。。。3番目のポイントに向かう途中で鹿さんに遭遇。で、ポイントに着くとキマダラモドキ登場。カメラを構えたのですがタッチの差で飛ばれ、止まったあたりにそおっと近づくも足元から再度飛ばれてロスト(一番悔しいパターン)。。。4番目のポイント、以前ゴマが沢山いたのですが、今日は...【蝶日記】タッチの差で悔しい×2

  • 【蝶日記】久しぶりのマイフィールド散策

    ■2022.8.7東京都前日のトランセクト調査で、曇りだったにもかかわらず思いのほか沢山のチョウに会えたので、(例年この時期は暑くてチョウが少ないので行かないのですが)もしかしてマイフィールドにもチョウが沢山出てるかもと思い、午前中さくっとマイフィールドを覗きに行ってみることにしました。着いてみるとチョウよりトンボが多かったですが、ここで久々にヒメジャノメに会えて嬉しくなっての帰宅でした。で、トンボですが、赤とんぼ系は、マユタテアカネとミヤマアカネとノシメトンボには会えたのですが、アキアカネやナツアカネに会えなかったのがちょこっと心配です。秋に増えると信じてまた来ようと思います(ヒョウモン類も夏眠から起きて舞ってくれるとおもうし)。ヒメジャノメ今年初見ここでは7年ぶり!いつもより大型で立派な個体でした。草...【蝶日記】久しぶりのマイフィールド散策

  • 【蝶-203】カラフトタカネキマダラセセリ

    今年もコロナが増え始めたのと、岳沢登山以降なんだか疲れ気味ということもあり、蝶散歩を少しの間お休みしています。ということで、ブログ更新ネタがないため、恒例の撮影済み種の整理・紹介です。先日タカネキマダラセセリにあったばかりということもあり、近縁種のカラフトタカネキマダラセセリを紹介します。**********日本で一番名前の長い蝶ということで有名な本種ですが、実はリュウキュウウラナミジャノメやウスアオオナガウラナミシジミも14文字ですね。日本では北海道に行かないと会えない種です。小型のセセリの中でも特に小さくてかわいい感じです。初めて見たときは「ちっちゃ!」って思いました。メスは本州のタカネキマダラセセリによく似ていますが、オスはクリーム色の部分が広く特別な蝶のオーラを発しています。北海道では比較的広い範...【蝶-203】カラフトタカネキマダラセセリ

  • 【蝶日記】後半は登山決行の信州遠征

    ■2022.7.18長野県前日雨で順延した登山に挑戦です。山を見上げるとポイントとなるであろうところは晴れているように見えます。さくっと登ってしまえば目的の子に会えるかも!と楽観的に考えて登っていきます。昨年は朝6時から登り始めたため一番標高の低いポイントにはまだ日が差しておらず一旦スルーして高いポイントで空振りした後、復路で低いポイントを確認した結果、会えませんでした。その反省を踏まえ、今回は1時間遅らせて最初のポイントでベストのタイミングとなるようにしてみました。ポイントに着くと、目論見通りかすかに日が差しています。ウスバシロチョウがいてびっくりしながら探索するとコヒョウモン、ヒメキマダラヒカゲ、クモマベニヒカゲといった前回もいた面々に混ざって目的のタカネキマダラセセリが葉上にちょこんと止まっていまし...【蝶日記】後半は登山決行の信州遠征

  • 【蝶日記】前半は雨の信州遠征

    ■2022.7.17長野県昨年会えなかったタカネキマダラセセリ(高山蝶)に会うために登山を計画。しかしながら、残念なことに朝から雨がちな感じです。仕方がないので登山は翌日に順延し、麓をぐるっと一回り、運が良ければオオイチモンジに会えるはずです。朝のうちは、晴れたり曇ったり雨がパラついたりの忙しい天気でしたが、昼に近づくにつれしっかりと晴れてきました。一瞬登った方が良かったかもと思いましたが、山の上には雲があるようにもみえるし、登って晴れないと蝶が飛ばないでしょうから、妥当な判断と自分を納得させました。結果として期待したオオイチには会えず、大量のタテハ類と戯れての一日でした。で、早めに撤収して翌日に体力温存です。コヒョウモン今年初見エルタテハ今年初見コムラサキ無限にいましたが、開翅は撮れず。アサギマダラ 大...【蝶日記】前半は雨の信州遠征

  • 【蝶日記】今年2度目の北海道:最終日

    ■2022.7.3北海道この日は登山の予備日でした。が、既に登山は済んでいて目的のチョウも撮れていたので改めてどこに行くか思案。で、気になっていたリンゴシジミのポイントをダメ元で予習することにしました。途中には未見のカラフトセセリ(外来種)のポイントもあるので一石二鳥です。結果、リンゴシジミはいませんでしたが、現地での調査でおおよそのポイントや発生時期が把握できたので、次回以降に期待ということで良しとします。またカラフトセセリは大量発生状態で怖いくらいいました(オオモンシロチョウのようにいずれ減少に転ずるとは思いますが)。カラフトセセリ人生初見オオイチモンジ今年初見キベリタテハ越冬今年初見ギンボシヒョウモン今年初見コキマダラセセリ今年初見写しているときは気づいてなかったですが、止まっている花の裏にクモが隠...【蝶日記】今年2度目の北海道:最終日

  • 【蝶日記】今年2度目の北海道:中盤は登山!

    ■2022.7.2北海道この日は大雪御三家の高山蝶を求めて登山です。生まれて初めて雪渓にチャレンジ。超ドキドキです。事前情報ではアイゼンが必要とのことだったので、娘の分と自分の分と2セット確保しました。で、早起きして登山口へ行くと車が沢山。聞くとすでに60名以上が登山しているとのこと。こりゃ大変だということで早速登ります。問題の雪渓ではアイゼンをつけている人はほとんどおらず、ちょっと拍子抜けでしたが、せっかくなので装着しました。個人的な感想としては、素人はつけた方が良いです。つけていても結構滑ったし怖かったです。で、肝心のチョウですが、しっかり狙いの3種を撮影できました。今から思うと(何度も近くに止まってくれた)ダイセツタカネヒカゲ(ダイタカ)をもう少しきちんと撮っておきたかったですが、とにかく他の2種が...【蝶日記】今年2度目の北海道:中盤は登山!

  • 【蝶日記】今年2度目の北海道:不調の前半戦

    ■2022.6.30-7.1北海道未見のゼフィルスを求めて北海道に行ったのですが、微妙にフライングだったようでほぼ何もいませんでした。ネットの情報だと過去7月3日くらいが最早だったのと、今年は微妙に春が遅かったので、1週間後くらいが良かったのかもしれません。まあ、いい下見ができたということで良しとします。で、土日で層雲峡に行く予定だったので、旭川に前入りして駅前で写した写真もセットでアップします。カバイロシジミ今年初見ここでの副産物として有名なカバイロシジミ。この子だけは是非押さえておきたいところです。が、例によってなかなか止まりません。こまったなーと思っていたら、花の密度が高いエリアで吸蜜個体を見つけることができ、無事撮影成功。良かった。エゾシロチョウ今年初見ゼフのポイントではなかなか止まってくれなかっ...【蝶日記】今年2度目の北海道:不調の前半戦

  • 【蝶日記】試し履きだよ蝶散歩

    ■2022.6.25東京都先日Twitterの方ではつぶやき済みですがトレッキングシューズを新調したので足慣らしのために登山をしてみることにしました。都内で気軽に登れてチョウも楽しめる2大スポットに挑戦です。二つのポイントを歩いて17,000歩強。ヒメチャマダラセセリを見るためにアポイ岳に登った時は20,000歩弱だったので、新靴のウォーミングアップとしてはいい感じになりました。苔の生えた岩ではちょっとつるつるしましたが(どんな靴でもつるつるする)、それ以外は快適でした。次の登山&チョウ撮影が楽しみです。アイノミドリシジミ今年初見下側の写真、岩場に降りてきた子はフジミドリと確信して撮ったのですが、残念アイノでした。。。ハヤシミドリシジミ今年初見遠かったのですが綺麗に開いてくれました。裏面と表でカメラを持ち...【蝶日記】試し履きだよ蝶散歩

  • 【蝶日記】都内にて平地性ゼフ6種コンプ

    ■2022.6.9-19東京都このところ都内のMF中心に散策を継続していましたが、天気が悪いなーと言っているうちにゼフの旬が過ぎてしまいました。が、そんな中でも、6年ぶりに平地性のゼフィルスを6種、都内で撮影することができました。すでにウラゴマダラシジミとオオミドリシジミとアカシジミはブログで報告済みでしたので、残りはミドリシジミ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミです。が、ミドリシジミとウラナミアカシジミは近接遭遇できず、超遠距離からの証拠写真のみですが、一応掲載しておきます。ミズイロオナガシジミ6.11今年初見今年もMFでは会えず、ちょっと遠めの公園まで撮りに行きました。ミドリシジミ6.12今年初見遠くて高い樹の上でくるくるしたり止まったりしてました。毎年安定して発生しているのですが、撮影は容易...【蝶日記】都内にて平地性ゼフ6種コンプ

  • 【蝶日記】今年もやっとこゼフ初見

    ■2022.6.4東京都先週くらいからチョウの関係者のブログやSNSでゼフィルス※がたくさん登場するようになりました。私もこの流れにのるべくMFをふたつほど探索しました。その結果、まずは2種ですがゼフィルスを撮影できました。さらに、もう2種類見た気もするのですが、100%の自信があるかといわれるとそうでもないので、ノーカウントにしてまた来週チャレンジとすることにしました(翌日曜は曇り予報だったのでお買い物デーにしちゃいました。結果晴れたけど。。。)。オオミドリシジミ今年初見今年のゼフィルス撮影1号は、この種となりました。目線より下には止まってくれませんでしたので、微妙な写真のみです。ま、毎年こんな感じなので慣れましたが。アカシジミ今年初見この日は多かったです。夕方は沢山飛んでいました。サトキマダラヒカゲ今...【蝶日記】今年もやっとこゼフ初見

  • 【リンク集】リンク集です。

    画面設定でできるかと思って探しているのですが見つけられないのでとりあえずリンク集を記事化しておきます。(旧デザインの画面ではあるのですが、新デザインではないみたい。。。)■私のアクティビティTwitter:Makoqujila(@kuma_ku_ma)Instagram:kuma_ku_ma_2Youtube:MakoqujilaSoundcloud:Makoqujila■日本チョウ類保全協会関連:日本チョウ類保全協会:HP日本チョウ類保全協会:blog庭のチョウ:HPまずはここまで。蝶友のブログリンクは追々、、、検索用の旧ブログのURL: Makoqujilaの蝶散歩(teacup.com) (https://green.ap.teacup.com/makoqujila/)【リンク集】リンク集です。

  • 【蝶日記】紅の紋を写すのだ

    ■2022.5.28-29長野県数年前に大先輩からいただいていた情報をもとに希少種ベニモンカラスシジミの撮影にチャレンジしてきました。今回は珍しく家族ではなく蝶友さんと誘い合わせての出動です。ポイントには先客が結構な数いて、有名ポイントであることを再確認。初見への期待が高まります。雑談しながら待っていると9時より少し前に樹冠をちらちら飛ぶシジミチョウ登場。望遠で数枚撮影し拡大して本種であることを確認。あっけなく初見・初撮影達成。しかしながら翅を閉じた状態だと普通のカラスシジミと代り映えしません(もちろん相違点はありますが、、、)。なので、翅の表面にある赤い模様(紅紋)を写したいのですが、本種は静止時に開翅することはまずないので飛翔写真を狙う必要があります。が、チャンスが訪れないまま時間が過ぎていきます。午...【蝶日記】紅の紋を写すのだ

  • 【音楽の話】生ラヴェルに感動

    ■2022.5.26サントリーホール娘が知人からクラシックのチケットをもらったという話があり、曲目を見た妻が、「ラヴェルだからあなたが娘と行きなよ」って言ってくれました。というわけで人生初生ラヴェルです。WEBの画面より今から見るとWEBにもアンコールで「水の戯れ」をやると書いてありますね。気づいてなくてその場でサプライズ的に喜んでました。。。というわけで、改めてコンテンツですが、曲目:1.メンデルスゾーン/序曲「静かな海と楽しい航海」作品27 2.ラヴェル/ピアノ協奏曲ト長調(+アンコール:水の戯れ)3.リムスキー・コルサコフ/交響組曲「シェエラザード」作品35指揮:ファビオ・ルイージピアノ:小菅優という感じになっていました。で、席ですが、1階の左側の席で、ピアノの手が見えたのでとても良かったです。後ろ...【音楽の話】生ラヴェルに感動

  • 【蝶日記】晴れたり曇ったりがちょうどよいこともある

    ■2022.5.22長野県クモマツマキチョウチャレンジの5回目です。私にとってクモマツマキチョウは結構な鬼門で、1回目(2015年その1)はフライングで空振り、2回目(2015年その2)は♀を撮れましたが♂は遠目に証拠写真程度(しかも撮影したのは私ではなくて娘のみ)。3回目(2018年)は♀のみ撮れました。で、4回目(2019年)はまさかの空振りでした。。。と、大苦戦の連続でした。で、改めまして、♂をちゃんと撮りたくて、5回目の出動です。当日は晴れたり曇ったりだったのですが、晴れて飛んで、曇って止まってを繰り返してくれたおかげで、そこそこ落ち着いて撮れました。が、結局2頭(2回)しか見れませんでしたので(同じ場所だったのでもしかしたら一個体???)、減少傾向かもしれません。なんとか盛り返してほしいところで...【蝶日記】晴れたり曇ったりがちょうどよいこともある

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、Makoqujilaさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Makoqujilaさん
ブログタイトル
Makoqujilaの蝶散歩Ⅱ
フォロー
Makoqujilaの蝶散歩Ⅱ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用