chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
tonoriko
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2021/10/19

arrow_drop_down
  • NY (USA) 2019年 12月

    コロナ前の最後の旅行はニューヨークになりました。 テレビで目に入るたびに、いつかはタイムズスクエアを見てみたいと思っていました。 スペインから戻ってまだ日も経たないのに、「今行かなきゃ!」と、何か強く背中を押される感じで航空券を買いました。 テレビで見ていた場所に実際に来てみて、スケールの大きさに圧倒されました。「ああこういうふうになっているんだ」 ロックフェラーセンターのツリーのところにやってきました。夜になると更に人が多くなっていました。 映画にもよく出てくるアイス・スケート・リンク。 5th Ave.を挟んでツリーの向かい側の建物のイルミネーションがまた豪華。数分おきに色が変わるのでしば…

  • モンセラット (スペイン) 2019年 秋(後半)

    ずっと以前から行ってみたいと思っていたモンセラットに来ることができました。 ここはバルセロナから北西へ約50㌔の所にあります。 バルセロナのスペイン広場から出ているカタルーニャ鉄道と登山鉄道を乗り継いでモンセラットへ到着しました。 登山鉄道の駅と更にその上に行くケーブルカーの駅です。 翌日この駅からケーブルカーに乗って更に上に行きました。 駅を出て見上げると、この岩山と教会堂と修道院の立地状態に驚いてしまいます。そしてこの左側の建物がホテルになっています。部屋からの景色も楽しみにしていたのでツインルームにしました。(シングルルームは岩山側になっているようです) この景色に圧倒されてしまいます。…

  • バルセロナ (スペイン) 2019年 秋 (前半)

    2017年の秋にスペインに来たときはカタルーニャ独立運動が日増しに盛んになっていた時だったので、その時行くはずだったのを断念したバルセロナとモンセラットへ行くことにしました。 この前半のページではバルセロナと帰国前のマドリッドです。 バルセロナもマドリッドも10月は、まだまだ日差しが強くて暑かったです。 今回はミュンヘンで乗り換えてバルセロナへ向かいました。 これはミュンヘン上空からの景色です。 バルセロナ、ゴシック地区にあるカテドラル前で入堂を待つ人たち。 王の広場 新大陸発見の報告をイサベル女王にするためにコロンブスが上がった四分円の階段。 この少し前にイサベル女王のドラマを見て…

  • ハバナ(キューバ) 2019年7月 後半

    蒸し暑いといっても日本ほどではありません。 雨はあっという間に降って止む感じでした。 午後にちょっと休憩しようとホテルに戻って部屋のカーテンを開けると、さっきまで晴天だったのにザァーっと雨が降っていて、しばらくするとまたサァーと晴れていました。 市内を回る観光バスがあるので乗ってみました。 町なかを通って海岸通りへ出ると真っ青なメキシコ湾。 釣りをしている人たちが楽しそう。 革命広場の方へ向かう街並み ヤシの木の緑や赤い花がよく似合う街並みです。 革命広場が見えてきました。 町のあちこちでゲバラに会えます。 街並みを通り抜けて戻る途中、サンホセ民芸品市場でバスが停車したので、降りて見て回りまし…

  • ハバナ(キューバ) 2019年7月 前半

    いつかは行ってみたいと思っていたキューバに行くことにしました。 往復トロント経由ですが、カナダは乗り継ぎだけでも「eta」が必要です。 いつも海外はブッキングコムでホテル予約をしているのですが、何故か上手く予約できず、でもエクスペディアでは難なく予約できたので良かったです。 航空券とホテル予約が完了したので、東麻布にあるキューバ領事館へ行き、「ツーリストカード」を取得しました。 まず初めの不安材料は、初めてのキューバに一人っきりで行くというのに、ハバナ空港の到着予定時間は夜中の00:20なんです。 それから入国審査を通過して、タクシーを捕まえてホテルまで無事に行けるだろうかと不安でしたが、親…

  • プラハ (チェコ) 2019年5月【東岸 旧市街側】

    プラハと聞いて思い浮かぶのは、カレル橋と旧市街広場にあるティーン教会、旧市庁舎の天文時計とヤンフス像でしょうか。 お昼の日差しがある日は暖かいですが、朝夕や雨の日は寒くなるのでダウンジャケットは携帯していました。 丸5日間この町に滞在したので、ムハ(ミュシャ)の美術館へ行ったりもできました。 旧市街側の橋塔から見たカレル橋 旧市街側から見る王宮 右にカレル橋が見えます。 毎正時にこの仕掛け時計から人形たちが現れて鐘を鳴らしてくれます。10分程前には人がどんどん集まってきて身動きできないほどになります。 なんと15世紀に作られて当時のままの姿で今も動いているということですから、本当に言葉も出…

  • プラハ(チェコ) 2019年5月【お城側】

    書いてある文字の読み方もわからない初めての国へ一人で行くのは、ハンガリーもルーマニアもここチェコもそうでしたが、入国して空港からホテルにチェックインするまでが一番緊張します。 プラハで予約したホテルは旧市街広場のすぐ近くでしたが、ホテルの入り口が分かりずらくてウロウロしてしまいました。 沢山写真を撮ったので、【プラハ城がある、お城側】と【ヴルタヴァ側の東に位置する旧市街側】に分けました。 まずは【お城側】です。 歩きたかったカレル橋に来ることができました。星を一つずつ触ると願いがかなうという言い伝えがあるそうです。 木工芸のお土産店 こちらはガラス製品のお土産店 綺麗だったり可愛かったり プ…

  • ブカレスト(ルーマニア) 2019年5月

    今回のメインはプラハなのですが、せっかくなので少し寄り道をしてブカレストに来てみました。 大通りの街角にはパン屋さんがあって、どれを買おうか迷うほど美味しそうなパンが並んでいました。 第一次大戦の勝利を記念して建てられたブカレストの凱旋門 国民の館の側面です。側面から見てもかなり巨大な建物です。 こちらが正面。随分後ろから撮りましたが、大きすぎて全容がとれません。 今回ブカレストに寄ったのは、故チャウシェスク大統領が国民には飢餓を強いさせながら、私欲のために贅を尽くして建てたというこの建物をひとめ見たかったからでした。部屋数は3107もあり、ペンタゴンに次ぐ規模だそうです。 国民の館を背にして…

  • ブラショフ(ルーマニア) 2018年10月

    ブダペスト (ハンガリー) のリスト・フェレンツ国際空港から、ブカレスト (ルーマニア) のアンリ・コアンダ空港へ予定通りに無事到着したあと、列車でブラショフへ向かいました。 夜はもうすっかり寒くて、夜行列車の中も暖房が入っていました。 ブカレストに着いてすぐにこのブカレスト・ノルド駅に来ました。ここから鉄道でブラショフに向かいます。 駅で両替をした後、ちょっと時間があったので、小さなカフェで一息入れました。 このホームから乗るようです。 切符は日本でネットで買っておきました。列車が入ってくると、自分の席がある車両を見つけなければいけないのでちょっと忙しいです。 向かえのホームに入ってきた列…

  • ブダペスト(ハンガリー) 2018年10月

    東駅で降りた途端、ウィーンとは全く違うちょっとごちゃごちゃとした雰囲気に圧倒されて頭が真っ白になってしまいました。 構内の人気のないベンチで少し気持ちを落ち着かせてからまず両替所で小銭を作り、地下鉄の自動販売機を探して、それからは普通にホテルにチェックインできました。 ホテルやレストラン以外の公衆トイレはチップを払わないと入れないので、この国のコインを持っていた方がいいです。 王宮の丘のような、特に観光客が多いところでは、1ユーロや1ドルで払えるところもありました。 東駅から地下鉄で一度乗り換えてオペラ駅で下車。電車がおもちゃのようで可愛いかったので、後に来る電車を待って撮りました。 やっと来…

  • ウィーン(オーストリア) 2018年10月

    今回は、ウィーン (オーストリア)→ 列車でブダペスト (ハンガリー)→ 飛行機でブカレスト (ルーマニア)着後、列車でブラショフ (ルーマニア) へ ブラショフ → 夜行寝台でウィーン → 帰国というルートです。 夕暮れ時や日中でも日陰に入るとひんやりとするので、いつも薄いダウンジャケットを持っていました。 シュテファン寺院 夜のシュテファン寺院とその周辺。 夜はあまり出歩かないようにしていますが、少しだけ行ってみました。 ショウウィンドウのディスプレイが素晴らしく、どれも美味しそう! ホテルの朝食。一人なので、混む前の、なるべく早い時間に行くようにしています。 ウィーンの街並み。 長い間…

  • オークランド(ニュージーランド) 2018 4月

    オークランドへ着いて、クィーンストリートというメイン通りを歩いていると、ここはいったいどこだっけ?と思うほどアジア人が多くてビックリしました。 逆に白人を見る事が少ないほどです。 来てみて歩いてみないと分からないことは沢山ありますね。 ハーバーを歩くのもすごく気持ちが良かったです。 フェリー乗り場近くにあるアイスクリームのお店で大好きな時間です。 百貨店のようなお店の最上階にあったお店でランチしました。 このお店のエッグベネディクトはすっごく美味しくて嬉しくなりました。 ある日のランチ ハーバーでのランチ。ちょっと一人は寂しい感じがします。 4月25日はアンザック・デーという第一次世界大戦の際…

  • ハミルトン(ニュージーランド)2018年4月

    ウェリントンからオークランドまで約10時間で行ける「ノーザン・エクスプローラー号」という列車があることがわかったので、それで北上することにしました。 週3便出ています。 私が乗ったのは平日でしたが、ほぼ満席のようでした。 途中とまる駅は4か所です。 せっかくなので、NZで4番目に大きなハミルトンという町で途中下車して2日間滞在し、そこからは長距離バスでオークランドへ入ることにしました。 おもむきのあるウェリントンの鉄道駅。中にはスーパーマーケットもあるので列車内で食べたいものはそこで買っておけます 出発前にネットで購入しておいたチケットを窓口で提示するために並んでいます 列車のホームのす…

  • ウエリントン(ニュージーランド)2018年4月

    オークランドへ行く前に首都のウェリントンとハミルトンという町に立ち寄ることにしました。 南半球の4月なので季節は秋。 朝晩は寒いので薄いダウンジャケットを着ていましたが、全体的に気持ちのいい季節でした。 でも、南半球の紫外線の量は北半球の日本の8倍もあると聞いておどろきました。 気温には関係なく紫外線の量は届いているので日焼け止めクリームは携帯して、サングラスもしていた方が良さそうです。 ニュージーランド航空でオークランドに到着したあと、国内線に乗り換えてウェリントンへ向かいました。国内線ターミナルへは歩いて10分程でした ハチの巣という愛称の国会議事堂です 国立博物館へ行く途中のカフェ…

  • セビージャ (スペイン) 2017年秋

    当初の予定では、グラナダからバルセロナとモンセラットへ行く予定でした。 出発前に飛行機(グラナダ→バルセロナ)、列車(バルセロナ→マドリッド)、ホテル(バルセロナとモンセラット)を予約していたのですが、私がスペインヘ入ってからカタルーニャ地方の独立運動が益々激しくなり、公共交通機関も止まるというニュースも聞いたので、迷った挙句にキャンセルし、セビージャに行くことにしました。 セビージャへはバスで3時間かかりますが、きれいなバスでしたし直通で幹線道路をスイスイ走るので、バス酔いすることも無くとても快適でした。 初めてのスペインヘ一人で来て、小さなキャリーバックを転がしなが…

  • グラナダ (スペイン) 2017年秋

    ロンダから列車とバスとタクシーを乗り継いで、憧れのグラナダへやってきました。 10月半ばなのにまだまだ日差しはきつくてとても暑かったですが、朝夕や木陰は少しひんやりするので薄い上着をいつも持っていました。 下からもアルハンブラ宮殿が少し見えます スペインヘくる前にアーヴィングの「アルハンブラ物語」を読んできたので、ここへ来るのがとても楽しみでした アルカサバからの景色も素晴らしいです アルハンブラ宮殿への通りは広くは無いですが、少しお土産店もあります サン・ニコラス展望台まで登ってくるとアルハンブラ宮殿が見えます 展望台からはエルビラ門の方へ歩いて下って行きました

  • ロンダ (スペイン) 2017 秋

    マラガを後にし、また列車に乗って、次はロンダにやってきました。写真では見ていてもやはり実物のヌエボ橋を見るまではドキドキでした。 二泊する間に旧市街の端の方までゆっくりと散策ができ素晴らしい景色を見ることができました。 ロンダのヌエボ橋の上からの景色です。早く下へ降りて橋を見たいという気持ちになってきます ホテルに荷物を置いて早速、橋の下から見ます このホテルは朝食のレストランの席からヌエボ橋が見えます。でも朝食の品数が少なめだったのがちょっと残念でした 観光客は多いですが、人の少ない路地もあるので歩くのは楽しいです レストランのテラスでイベリコ豚のステーキを選びましたが、私にはちょっと硬かっ…

  • マラガ (スペイン)2017 秋

    コルドバからまた列車に乗ってマラガに移動しました。 10月半ばのマラガはまだまだ日差しが眩しくて暑かったです。 太陽の海岸の町にふさわしい鮮やかな色の花や植物がいっぱいのマラガの街並み ピカソの生家の前にある、幼少時代の遊び場だった広場。右手のベンチにピカソの像があったので、私も隣に座ってツーショット写真を撮らせてもらいました。 右手の白い建物の端がピカソが生まれ10歳まで育った部屋です。中に入って展示品を見ることが出来ます。 レストランのテラスでスパゲッティのランチ。普通に美味しかったです。 道端で売っていた焼き栗がとても美味しそうだったので買ってみたのですが、皮も渋皮も取れにくくて、塗って…

  • コルドバ(スペイン) 2017年 秋

    アルゼンチンのコルドバには行ったことがあったので、本場スペインのコルドバには絶対に来たかったです。 セビージャ、マラガに次ぐ、アンダルシア第3の都市ということですが、ローマ時代からの歴史があり、イスラム、キリスト、ユダヤの歴史が町のあちこちにあって、何処を歩いていても飽きません。 ただ、10月といっても昼間は暑くて歩くのが大変でした。 マドリッドのアトーチャ駅から一等席でコルドバへ向かいました。こんな立派な昼食がサービスされてビックリでした。 ローマ橋とカラオーラの塔 メスキータの対岸にある、カラオーラの塔からの景色 クネクネと曲がりくねった細い路地を歩くのは楽しいです。 「ドン・キホーテ」の…

  • コンスエグラ(スペイン) 2017年 秋

    トレドからコンスエグラ村方面へ行くバスが出ています。 オリーブやぶどう畑が広がるラ・マンチャの大地を見て、日本に帰ったら、やっぱり「ドン・キホーテ」を読もうと思いました。 コンスエグラへは路線バスで行くのですが、そこが終点ではないのでバスを乗り間違わないかとちょっとドキドキ。 トレドのバスセンターにある、このバス会社の窓口でコンスエグラへの切符を購入。 コンスエグラ方面へ行くバスからの風景です。観光バスではなく路線バスなので、小さな村々を回りながら行きます。乗車するときにバスの運転手さんに「コンスエグラに着いたら教えてください」と言っておいたので安心でした。 下から見上げるとこの風車が目…

  • トレド(スペイン) 2017年秋

    サラマンカから列車でマドリッドのチャマルティン駅に戻ったあと、アトーチャ駅に移動。そこから高速列車AVEでトレドに向かいました。30分程で到着です。 トレドという町は中に一歩入りこんでしまうと、いったいどこを歩いているのかわからなくなって、行きたい場所になかなかたどり着けないこともありました。 カテドラルの中はとても広いし、その他の教会や美術館など見どころも沢山なので、歩きやすい靴を履いていても夕方にはヘトヘトになっちゃいました。 列車のトレド駅から歩いてトレドに入りました お菓子店のショウーウインド‐があまりにも可愛かったので写真を撮らずにはいられなかった。昔はこの建物は修道院だったそうで…

  • サラマンカ(スペイン) 2017 秋

    マドリッドのチャマルティン駅から列車で憧れのサラマンカへ行きました。 サラマンカ駅から旧市街までは路線バスがあるのですが、降りる場所が分からず不安だったので、頑張って20~25分ほど歩いて行きました。 サラマンカへ向かう列車の車窓の風景。 町を出るとこんな景色が続きます 旧カテドラルの屋根上に登ることが出来るらしいので、狭い階段を上って行ってみました 旧カテドラルの屋根上からの景色は素晴らしかったです スペインで最も美しい広場と言われているサラマンカのマジョール広場でビールとチキンサラダ(バルサミコ酢ドレッシング)のランチ 黄色い郵便ポストがすごくかわいくて、私のお気に入りの一枚です サ…

  • マドリード(スペイン)2017年 秋

    スペイン語も英語も全くダメなのに、初めてのスペインへ小さなキャリーバック一つを持って、列車やバスを乗り継いでの1か月の旅が始まりました。 何を言っているのかまったくわかりませんが、どうやらマドリードの辺りは暑くもなく寒くもないようですね 世界三大美術館に行くのが若い頃からの夢の一つでしたが、これでかないました。でももう一度づつ行きたいです プラド美術館はとても広いので、館内にある喫茶ルームで紅茶とアップルパイでひと休み スペイン広場と街並み アルマス広場と王宮(少し並んで入場しました) どれも美味しそう! チュロスとホットチョコレート 休憩にビールとおつまみを注文しましたが揚げ物ばかりでち…

  • スコットランド(英国) 2016年 秋

    2016年5月中旬から6ヵ月の、のんびり旅でした。 Mサイズのスーツケーを転がしながら移動しましたが、駅やホテルもなにげに階段が多くて疲れたので、これからは機内持ち込みサイズのキャリーバック一つで行こう!と固く決心して帰りました。 エジンバラもすっかり晩秋で午後はあっという間に暗くなってしまいます。 ハドリアヌスの城壁へもバスで行きました。これはローマ帝国が400年間にわたってイングランドを支配していた時代の遺跡です。ここはスコットランドではなくてイングランドになります。 ポリッジと呼ばれているこの地方のおかゆのようなものです。 このホテルの朝食。ニシンの干物は白いご飯が欲しくなります。 …

  • ロンドン(英国) 2016年 秋

    一人旅をするのも少し疲れてきていたのですが、ヨークでゆっくり過ごすうちにロンドンへ行く元気も出てきたので列車で向かいました。 キングスクロス駅近くのホテルから地下鉄でロンドン橋へ。 そこからテムズ川をリーバーボートに乗ってビッグベンで下船。 ロンドンアイはすごく人気なので、10月中頃でしたがチケットを買って乗るまで2時間ほど並びました。 数年前見た「クレアモントホテル」という映画のラストシーンの場所に来ました。テムズ川を挟んで国会議事堂の向かいにあるセントトーマス病院の前の公園です。 シャーロックホームズ博物館と、彼の部屋からの外の景色。 セントポール大聖堂のドームに登ってみました。 「ノッテ…

  • ヨーク(英国) 2016 秋

    スコットランド地方から列車で南下。ヨークに来ました。 城壁の内側を歩けるのですが、狭いところで人とすれ違うのはちょっと怖かった。 ヨークシャープティングというものを本場のヨークのこのお店で頂きました。 このお店のヨークシャープティング。 鉄道博物館には日本の新幹線が展示されていて、人気のようでした。 博物館内にあるホームを利用したレストランで簡単なランチ。本日のスープセットとワイン。これはキノコのスープだったかな? 百貨店の一階にあるレストランで本日のランチ。美味しかったので2回行きました。 このお店のフィッシュ&チップスは美味しかった!ビネガーをたっぷり振りかけるとサッパリといただけます。

  • ブロア城(英国) 2016年秋

    ピトロッコリーから列車でひと駅北に、白亜の殿堂と呼ばれる「ブロア城」があるので、行ってみました。 駅を出てお城へ続く門をくぐると、お城まで長い一本道です。 ここはまたいつか歩きに来たい。 駅で降りたのは私一人。 何気ない駅前の風景が良い感じです。 雨上がりの午前中にすれ違った車は一台のみ。緑も綺麗でとっても気持ち良かったです。 昭和天皇がまだ皇太子だった頃にこの城に宿泊されたらしいです。宿泊された部屋のドアノブや窓ノブには菊の御紋の飾りがありました。 帰り道、羊に向かって「メェー」と鳴いてみたら、こっちへ来てくれました。

  • ピトロッコリー(英国) 2016 秋

    夏目漱石がロンドン留学から帰国する前に訪れて、しばらく滞在していたと何かで読んだので、来てみることにしました。 インヴァネスから南下する途中にある、ピトロッコリーという避暑地になっている小さな町です。 かわいいピトロッコリーの駅 この町唯一の大通りには色んなお店が立ち並んでいます。 少し大きな川とダムもあります。 大通りには、いろんなお店があります。ここは一年中クリスマスのグッズを売っている専門店です。 大通りから少し離れた高台にあるホテルで3泊することにしました。 朝夕の食事はここで頂きます。 夕食のメニューは毎日違うし、6種類の中から選べるので3日間楽しめました。

  • インヴァネス(英国) 2016 秋

    エジンバラから北へ列車で4時間程にある、インヴァネスへ行きました。自然たっぷりのきれいな景色の中を走るので、あっという間でした。 事前にエジンバラ駅の窓口で切符を購入しておくと、指定した私の座席にこんな感じでカードがさしてあるので、何となくうれしいです。 インヴァネス駅に隣接するショッピングモールから撮りました。 インヴァネス駅 町の中央にネス川があります。この日は天気が良くてとてもきれいでした。 スコットランド地方の民族衣装キルトの博物館内では注文を受けた衣装の縫製もされています。タータンチェックは若い頃大好きだったので、懐かしい気持ちになりました。 このお店でランチをしたかっ…

  • 湖水地方(英国) 2016年 初秋

    旅好きな友人と合流して、湖水地方を巡りました。 お天気は、ここだけでなくエジンバラもカーディフもですが、晴れていてもすぐに雨になったり、日陰は寒かったりするので、傘と薄手のジャケットは必需です。 こんなボートで島へ渡ります。 車や自転車を気にせずに、自然を楽しめる道があります。 とても癒されます。 曇り空でしたが、緑がきれいです。 列車のファースト席を予約。コーヒーと一緒にサービスされたボックスを開けてびっくり!こんなに沢山のお菓子が入っていました。 エジンバラに戻り、一人では入りづらかったバーで、友人はフレイバービールとハンバーガーセット。私はフィッシュ&チップスとギネス…

  • カーディフでのランチ 2016年 夏

    町中いたるところにあるバーでのランチ。美味しいです。 日曜日の午後に住宅街を歩いていると、とても混雑している食堂があったので、入ってみました。ソースの色を見ると塩分多そうですが、美味しかったです。 カーディフ国立博物館&美術館の奥地下にあるレストランで、この日のランチメニューを注文。しばらく食べていなかったニンジンがあったので、このメニューを選びました。 カーディフから次の町へ列車で移動。乗り換えの列車を待つ間にコーヒーを買いたかったのですが、順番を待つ間に乗る列車が来てしまいました。

  • ソールズベリー(英国) 2016 夏

    カーディフから列車とバスを乗り継いで、ソールズベリーへ行きました。 駅からソールズベリー教会へ行く途中の市街 教会の全容は大きくて逆光でうまく撮れませんでしたが、シンプルで私は好きです。 この中にマグナカルタの大憲章が展示されていました。実物が見れるとことに感激しました。 聖歌隊の方たちの練習でしょうか、きれいな声でした。 教会の中庭 また列車とバスを乗り継いでカーディフへ戻りました。途中何かのトラブルで1時間ほど列車が止まってしまい、無事にカーディフまで戻れるかドキドキしました。

  • コッツウォルズ (英国) 2016 夏

    カーディフからバスで、かわいい村が点在する、コッツウォルズへ行きました。

  • バース(英国) 2016夏

    カーディフからバスで、ローマ時代に温泉の町として栄えたバースという町にいってみました。 8月ですが日本の夏ほど暑くありませんでした。 ロイヤル クレッセントと呼ばれている建築物で一部は博物館になっています。

  • カーディフ(ウェールズ地方・英国) 2016年 夏

    カーディフ空港からバスで市内に入りました。 週末に市役所の近くにいると、幸せそうな光景をよく目にします。 カーディフ城 町の不動産屋さん 下のお店で美味しいビール頂きました。

  • エジンバラ (英国)2016初夏 Part3

    何気ない路地裏の庭がきれい エリザベス女王90歳生誕記念のトートバック 百貨店内のレストランでキッシュのランチ やっぱりこの公園が大好きです。

  • ジャズ&ブルース フェスティバル 2016 エジンバラ(英国)

    毎年7月の2週間程の間に5つ程の会場や仮設テントで行われているようです。仮設テントと言っても、すごく立派だったのですが、外観の写真を撮っていなかったのが悔やまれます。 開場までに時間があったので、外のベンチでピザとIPAビールで小腹を満たしました この日このテント会場で行われた日本人グループ「Tokyo Diango Collective」の演奏は素晴らしくて感動しました。会場のアンコールの拍手もひと際大きかったです。

  • リンディスファーン城とアニック城 (英国) 2016年 初夏

    エジンバラから一日観光バスで、北海側にある観光地へ行きました。 リンディスファーン城がある島へは、満潮時には行けないようです。 ハリーポッターのロケで使われたアニック城の中庭。ほうきにまたがって空を飛ぶレッスンを受けているのでしょうか。とっても楽しそうです。 私はダウントンアビーファンだったのでこちらのコーナーが嬉しかった。

  • エジンバラと周辺の町( スコットランド 英国 )2016 初夏

    エジンバラから半日観光バスでスターリングへ行きました。 ここはスコットランドにとって歴史上大切なところです。 1543年スコットランド女王メアリースチュアートがわずか生誕9か月で戴冠式を行った城でもあります。 お城は山の上にあります。逆光でうまく撮れていません。 城からの景色。 この日の丸等は場内の戦争資料館に展示されていました。 有名な観光地はどこも観光客でいっぱいです。 とにかく緑がきれい。 エジンバラ駅から列車で20分ほどに、リンリスゴー宮殿跡があるので行ってみました。リンリスゴー駅から歩いてすぐのところにあります。 1542年12月8日 スコットランド女王メアリスチュアートが生まれた…

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、tonorikoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
tonorikoさん
ブログタイトル
海外ひとり歩きの街角写真集
フォロー
海外ひとり歩きの街角写真集

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用