chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
NASHI
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2021/10/18

arrow_drop_down
  • 【化粧品成分検定勉強ノートNo.61】グリコール酸

    グリコール酸【機能性成分】ピーリング【慣用名】ヒドロキシ酢酸、AHA ●水に溶けやすい ●配合量により肌への作用が大きく異なり、 肌が敏感な方は刺激を感じることもある ケミカルピーリング剤として、 医療機関でも使われる ...

  • 出産直前に役立つ神アプリ!陣痛タイマー

    出産予定の妊婦さんが抱える不安「陣痛が始まったら どうやって記録すればいいんだろう?」そんな不安をかんたん操作の”陣痛タイマー”が解決します! 陣痛タイマーbyぴよログ陣痛タイマーbyぴよログとは、かんたん操作で陣痛間隔を記録できる無料.

  • 【化粧品成分検定勉強ノートNo.60】機能性成分~ピーリング~

    機能性成分~ピーリング~ピーリングターンオーバーが正常ではない場合、本来はがれ落ちるはずの不要な角質が皮膚に蓄積する すると肌がかたく厚くなり、スキンケア成分の浸透を邪魔するそして乾燥やくすみを引き起こす ピーリング成分は肌にた...

  • 【化粧品成分検定勉強ノートNo.59】酸化チタン

    酸化チタン酸化チタン【機能性成分】紫外線防止【紫外線防止種類】紫外線散乱剤 ●「イルメナイト」という鉄鉱を 細かく砕いて作られる ●高価なため、同じ紫外線散乱剤の酸化亜鉛と 合わせて使われることが多い ●光の反射性が高く...

  • 【化粧品成分検定勉強ノートNo.58】t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン

    t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン【機能性成分】紫外線防止【紫外線防止種類】紫外線吸収剤 ●石油由来 ●UV-A波の吸収効果に優れている こちらのテキストで勉強しています!【中古】 化粧品成分検定公式テキスト/化粧品成分検定協会(編者)

  • 【FP資格勉強ノートNo.4】社会保険

    社会保険社会保険の種類保険には公的保険(社会保険)と私的保険(民間保険)があり、社会保険には医療保険、介護保険、年金保険、労災保険、雇用保険がある 公的医療保険の基本(1)公的医療保険公的医療保険には、健康保険、国民健...

  • 【化粧品成分検定勉強ノートNo.57】メトキシケイヒ酸エチルへキシル

    メトキシケイヒ酸エチルへキシル【機能性成分】紫外線防止【紫外線防止種類】紫外線吸収剤※旧表示指定成分 ●シナモンの仲間の肉桂という植物から 得られる「桂皮油」には、 紫色を吸収する性質を持った成分 「ケイヒ酸」が含まれている メトキシケイヒ

  • 【化粧品成分検定勉強ノートNo.56】オキシベンゾン

    オキシベンゾン【機能性成分】紫外線防止【紫外線防止種類】紫外線吸収剤 ●石油由来 ●アルコールやオイルには溶けるが、 水にはほとんど溶けない ●単独では紫外線吸収効果はそれほど高くないため 他の紫外線防止成分と一緒に使われることが多い...

  • 【化粧品成分検定勉強ノートNo.55】機能性成分~紫外線防止~

    機能性成分~紫外線防止~機能性成分~紫外線防止~太陽光に含まれる紫外線が肌にもたらすさまざまなダメージを防ぐための紫外線を遮る効果が多い成分である紫外線吸収剤と紫外線散乱剤がある 紫外線吸収剤紫外線を吸収し、熱など弱いエネルギーに...

  • 【化粧品成分検定勉強ノートNo.54】スフィンゴ糖脂質

    スフィンゴ糖脂質スフィンゴ糖脂質【機能性成分】肌質改善 ●洗浄アイテムに配合しても、 洗い流した後にしっとり感が実感できるほど 高い保湿力がある ●肌あれ防止効果もあるため、 唇など皮膚が薄い部分にも使用できる ヒアルロ...

  • 【FP資格勉強ノートNo.3】ライフプラン策定上の資金計画

    ライフプラン策定上の資金計画~ライフプランニングと資金計画~教育資金プランニング子供の教育にかかる費用を準備する方法は、次のようなものがある (1)こども保険(学資保険)こども保険は、一般の生命保険会社や損害保険会社等から販売されているこ

  • 【化粧品成分検定勉強ノートNo.53】セラミド

    セラミド【機能性成分】肌質改善【慣用名】スフィンゴ脂質 ●植物、動物、酵母由来など、 さまざまな種類がある ●セラミドは「スフィンゴ脂質」とも呼ばれる 細胞間脂質の1つで、その約半分を占めている 脂質でありながら親水基を持っているため、 .

  • 【化粧品成分検定勉強ノートNo.52】機能性成分~肌質改善~

    機能性成分~肌質改善~ 肌質改善肌のバリア機能の修復を助け、本来持っている保湿力を高めるなど、肌の状態を改善する成分である 代表的なのはセラミドで、効果を高めるために複数の種類を組み合わせて配合されることがほとんどである ...

  • ライフプランニングと資金計画~ライフプランニングの手法~

    ライフプランニングの手法 ライフイベントと3大必要資金結婚、子供の教育、住宅の取得、退職など、人の一生における出来事をライフイベントといい、各ライフイベントを迎えるにあたって、資金を準備しておく必要がある ライフイベントの中でも子供の教育、

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,51

    白金【機能性成分】エイジングケア【慣用名】プラチナ ●食品添加物として厚生労働省に認められている 安全性の高い成分 ●活性酸素は11種類あるといわれているが、 白金はその全てを除去することができる 強力な抗酸化物質である ●抗酸化...

  • 【FP勉強ノートNo.1】プランニングと資金計画~FPと倫理~

    FPと倫理 FPの基本①ライフデザインとライフプランニング「一生独身でいたい」「結婚したい」「子供はもたない」「子供を私立学校に通わせたい」「老後は海外で暮らしたい」など個人の人生における価値観や生き甲斐をライフデザインという ...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,50

    ユビキノン【機能性成分】エイジングケア【シワの種類】乾燥による小じわ【慣用名】COQ10、コエンザイムQ10※ネガティブリスト 医薬品成分 ●細胞の老化を防ぐ抗加齢作用を持つ 紫外線により発生する活性酸素の抑制効果、 いわゆる抗酸化作用は

  • 【FP資格勉強ノートNo.0】ファイナンシャルプランナー

    ファイナンシャルプランナー FPが活躍する場面ファイナンシャルプランナーとして仕事をする場合には大きく分けて、企業系FPと独立系FPがある 【企業系FPとは】銀行や信用金庫、証券会社、保険会社などの金融系の企業で従業員として働...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,49

    パルミトイルペンタペプチド-4【機能性成分】エイジングケア ●線維芽細胞に働きかけてコラーゲンの生成を促進 シワを改善して皮膚にうるおいを与える ●筋肉弛緩効果により、 深いシワを改善する同じペプチド成分 「アセチルヘキサペプチド-8」

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,48

    アセチルヘキサペプチド-8【機能性成分】エイジングケア【シワの種類】長くて深い明瞭なシワ ●植物由来のアミノ酸が結合してできた ペプチド成分である ●「アセチルヘキサペプチド-3」から 「アセチルヘキサペプチド-8」に改正された ...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,47

    フラーレン【機能性成分】エイジングケア ●60個の炭素のみで出来た サッカーボールのような球状の構造である ●フラーレンは従来、水に溶けにくい性質で 使用が難しかったのですが、高度精製した 「生体適応型水溶性フラーレン」の開発により、.

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,46

    パルミチン酸レチノール【機能性成分】エイジングケア【慣用名】ビタミンA油 レチノール誘導体【シワの種類】目尻などの小ジワ 長くて深い明瞭なシワ ●水に溶けず、アルコールや油剤に溶ける性質 ●真皮組織のコラーゲンやエ.

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,46

    パルミチン酸レチノール【機能性成分】エイジングケア【慣用名】ビタミンA油 レチノール誘導体【シワの種類】目尻などの小ジワ 長くて深い明瞭なシワ ●水に溶けず、アルコールや油剤に溶ける性質 ●真皮組織のコラーゲンやエ.

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,45

    機能性成分~抗シワ/エイジングケア~乾燥によるシワの予防や改善をする成分一概にシワといってもその形態には大きな違いがある 角質層の乾燥によって起こる細くて浅い溝のような乾燥性のシワ、目尻にできる通称"からすの足跡"の

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,45

    機能性成分~抗シワ/エイジングケア~乾燥によるシワの予防や改善をする成分一概にシワといってもその形態には大きな違いがある 角質層の乾燥によって起こる細くて浅い溝のような乾燥性のシワ、目尻にできる通称"からすの足跡"の

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,44

    ヨクイニンエキス ヨクイニンエキス【機能性成分】抗炎症【慣用名】ハトムギ ●原料のハトムギは古くから、 民間のイボ治療薬として使われてきた 保湿と消炎の力が高い成分である ●ハトムギはイネ科ジュズダマの栽培種である 植物成分には複...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,44

    ヨクイニンエキス ヨクイニンエキス【機能性成分】抗炎症【慣用名】ハトムギ ●原料のハトムギは古くから、 民間のイボ治療薬として使われてきた 保湿と消炎の力が高い成分である ●ハトムギはイネ科ジュズダマの栽培種である 植物成分には複...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,43

    アラントイン【機能性成分】抗炎症※医薬品成分 ●牛の羊膜の分泌液から発見された成分で、 尿素からの合成、コンフリーの葉、 タバコの種子、小麦の芽等、かたつむりの粘液 など生物界に多く存在する ●水によく溶ける ●細胞増殖が期待でき...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,43

    アラントイン【機能性成分】抗炎症※医薬品成分 ●牛の羊膜の分泌液から発見された成分で、 尿素からの合成、コンフリーの葉、 タバコの種子、小麦の芽等、かたつむりの粘液 など生物界に多く存在する ●水によく溶ける ●細胞増殖が期待でき...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,42

    グリチルリチン酸ステアリル【機能性成分】抗炎症 ●カンゾウ根エキスの主成分 グリチルリチン酸の誘導体で油溶性である ●油溶性なので、 クリームやオイル系の化粧品によく配合される ●グリチルリチン酸ステアリルは、 グリチルリチン酸2Kよりも.

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,42

    グリチルリチン酸ステアリル【機能性成分】抗炎症 ●カンゾウ根エキスの主成分 グリチルリチン酸の誘導体で油溶性である ●油溶性なので、 クリームやオイル系の化粧品によく配合される ●グリチルリチン酸ステアリルは、 グリチルリチン酸2Kよりも.

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,41

    グリチルリチン酸2K グリチルリチン酸2K【機能性成分】抗炎症【慣用名】グリチルリチン酸2カリウム グリチルリチン酸ジカリウム※医薬品成分 ●カンゾウ根エキスの主成分 グリチルリチン酸の誘導体で水溶性である 同じグリチルリチン酸の.

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,41

    グリチルリチン酸2K グリチルリチン酸2K【機能性成分】抗炎症【慣用名】グリチルリチン酸2カリウム グリチルリチン酸ジカリウム※医薬品成分 ●カンゾウ根エキスの主成分 グリチルリチン酸の誘導体で水溶性である 同じグリチルリチン酸の.

  • 赤ちゃんと行きたいおでかけスポット~神戸①~

    赤ちゃんと行きたいおでかけスポット~神戸①~ 神戸どうぶつ王国全天候型対応施設 花と動物と人とのふれあい共生パーク 神戸どうぶつ王国 〒650-0047 神戸市中央区港島南町7-1-9営業時間 10:00~(16:00)17:...

  • 赤ちゃんと行きたいおでかけスポット~神戸①~

    赤ちゃんと行きたいおでかけスポット~神戸①~ 神戸どうぶつ王国全天候型対応施設 花と動物と人とのふれあい共生パーク 神戸どうぶつ王国 〒650-0047 神戸市中央区港島南町7-1-9営業時間 10:00~(16:00)17:...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,40

    カンゾウ根エキス カンゾウ根エキス【機能性成分】抗炎症※医薬品成分 ●甘草の根茎に3~4%含まれる甘味成分「トリテルペノイド配糖体」を抽出、 精製したもので、水によく溶ける ●強い抗アレルギー作用を有する点に着目し、 近年アトピー...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,40

    カンゾウ根エキス カンゾウ根エキス【機能性成分】抗炎症※医薬品成分 ●甘草の根茎に3~4%含まれる甘味成分「トリテルペノイド配糖体」を抽出、 精製したもので、水によく溶ける ●強い抗アレルギー作用を有する点に着目し、 近年アトピー...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,39

    抗炎症外界からの影響(乾燥、寒冷、紫外線、化学的・物理的刺激)、内部環境(室病、精神状態)の影響を受けて発生するはれや炎症(日焼け炎症、ニキビ炎症など)を抑え、肌荒れやかゆみを予防・抑制する成分である グリチルリチン酸2Kのように、医薬部

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,39

    抗炎症外界からの影響(乾燥、寒冷、紫外線、化学的・物理的刺激)、内部環境(室病、精神状態)の影響を受けて発生するはれや炎症(日焼け炎症、ニキビ炎症など)を抑え、肌荒れやかゆみを予防・抑制する成分である グリチルリチン酸2Kのように、医薬部

  • 「やりたいこと」の見つけ方

    本の内容全部を記録しているのではなく、自分自身が印象に残ったこと自分自身が意識していきたいことを読書記録として残しています就職、転職、起業、仕事選びでもう悩まない!3つの視点で「自分探し」から脱出できると、人間関係、お金、仕事のあらゆる悩み

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,38

    カミツレ花エキス【機能性成分】美白【働き方】メラニン生成を抑制【慣用名】カミツレエキス、カモミールエキス ●キク科の植物カミツレ(カモミール)の花から 取れるエキスである 花には精油の「カマズレン」「アズレン」 「ピザボロール」「フラボノイ

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,37

    プラセンタエキス プラセンタエキス【機能性成分】美白【働き方】メラニン生成を抑制 メラニン排泄を促進 ●豚、羊、馬の胎盤から精製水で抽出する プラセンタとは英語で「胎盤」のこと ●保湿効果や皮膚の血行促進効果、 新陳代謝作...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,36

    アルブチン アルブチン【機能性成分】美白【働き方】メラニン生成を抑制【慣用名】α-アルブチン β-アルブチン ハイドロキノン誘導体 ●コケモモなどの植物に含まれる 糖と「ハイドロキノン」から合成もされる、 ハイドロ...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,35

    リン酸アスコルビルMg リン酸アスコルビルMg【機能性成分】美白【働き方】メラニン生成を抑制 メラニン排泄を促進 メラニンを還元【慣用名】リン酸L-アスコルビルマグネシウム アスコルビルリン酸Mg ビタミンC

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,34

    機能性成分 ~美白~ 機能性成分 ~美白~ホワイトニング成分ともいい、紫外線によるメラニンの生成抑制し、シミ・そばかすを防ぐ本来の肌より白くするものではない ①紫外線を浴びると活性酸素が発生して、 肌を傷つける ②肌が傷つ...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,33

    オレイン酸ポリグリセリル-10【ベース成分】界面活性剤【種類】非イオン界面活性剤 ●高級脂肪酸である「オレイン酸」と (オリーブ油の約80%を占める脂肪酸) グリセリンが結合した成分である ●顔料を分散させる働きに優れており、 ファンデーシ

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,33

    オレイン酸ポリグリセリル-10【ベース成分】界面活性剤【種類】非イオン界面活性剤 ●高級脂肪酸である「オレイン酸」と (オリーブ油の約80%を占める脂肪酸) グリセリンが結合した成分である ●顔料を分散させる働きに優れており、 ファンデーシ

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,32

    PEG-60水添ヒマシ油 PEG-60水添ヒマシ油【ベース成分】界面活性剤【種類】非イオン界面活性剤 ●トウゴマという植物の種子(ヒマシ)から 抽出されるヒマシ油に水素添加し、 酸化しにくく改良したものと、 石油由来の酸化エチレンを原料と

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,32

    PEG-60水添ヒマシ油 PEG-60水添ヒマシ油【ベース成分】界面活性剤【種類】非イオン界面活性剤 ●トウゴマという植物の種子(ヒマシ)から 抽出されるヒマシ油に水素添加し、 酸化しにくく改良したものと、 石油由来の酸化エチレンを原料と

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,31

    水添レシチン水添レシチン【ベース成分】界面活性剤【種類】両性界面活性剤 ●大豆または卵黄から抽出した 「リン脂質(レシチン)」に化学反応で、 水素添加し、熱や酸化に対する安定性を 高めたものである ●※リポソームが作られるため、...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,31

    水添レシチン水添レシチン【ベース成分】界面活性剤【種類】両性界面活性剤 ●大豆または卵黄から抽出した 「リン脂質(レシチン)」に化学反応で、 水素添加し、熱や酸化に対する安定性を 高めたものである ●※リポソームが作られるため、...

  • 本を読む習慣をつける

    ママだからって我慢しなくていい値段を気にせず買い物が出来る"お金の余裕"好きな時に仕事が出来る"時間の余裕"自分らしくいられる"心の余裕"起業ならそれらが手に入る仕方なくパートで働

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,30

    コカミドプロピルベタイン コカミドプロピルベタイン【ベース成分】界面活性剤【界面活性剤種類】両性界面活性剤 ●ヤシ油から酵素分解で得られた 「ヤシ油脂肪酸」と、 クコやサトウ大根に多く含まれる 「ベタイン」を結合させて作られる ...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,30

    コカミドプロピルベタイン コカミドプロピルベタイン【ベース成分】界面活性剤【界面活性剤種類】両性界面活性剤 ●ヤシ油から酵素分解で得られた 「ヤシ油脂肪酸」と、 クコやサトウ大根に多く含まれる 「ベタイン」を結合させて作られる ...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,29

    ステアルトリモニウムクロリド ステアルトリモニウムクロリド【ベース成分】界面活性剤【界面活性剤種類】カチオン界面活性剤 ※旧表示指定成分 ●ヤシ油などに含まれる脂肪酸に、 陽イオン「+」をつけて作られる ●ヘアコンディショニング剤に.

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,29

    ステアルトリモニウムクロリド ステアルトリモニウムクロリド【ベース成分】界面活性剤【界面活性剤種類】カチオン界面活性剤 ※旧表示指定成分 ●ヤシ油などに含まれる脂肪酸に、 陽イオン「+」をつけて作られる ●ヘアコンディショニング剤に.

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,28

    石ケン素地/カリ石ケン素地/カリ含有石ケン素地 石ケン素地/カリ石ケン素地/カリ含有石ケン素地【ベース成分】界面活性剤【界面活性剤種類】アニオン界面活性剤 ●高い洗浄力を発揮する ●高い生分解がある ●油脂、または高級脂肪酸などの油.

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,28

    石ケン素地/カリ石ケン素地/カリ含有石ケン素地 石ケン素地/カリ石ケン素地/カリ含有石ケン素地【ベース成分】界面活性剤【界面活性剤種類】アニオン界面活性剤 ●高い洗浄力を発揮する ●高い生分解がある ●油脂、または高級脂肪酸などの油.

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,27

    ココイルグルタミン酸Na ココイルグルタミン酸Na【ベース成分】界面活性剤【界面活性剤の種類】アニオン界面活性剤 ●ヤシ油の脂肪酸、アミノ酸から合成される ●アミノ酸系の界面活性剤は低刺激で、 比較的高価である ●洗浄力は...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,27

    ココイルグルタミン酸Na ココイルグルタミン酸Na【ベース成分】界面活性剤【界面活性剤の種類】アニオン界面活性剤 ●ヤシ油の脂肪酸、アミノ酸から合成される ●アミノ酸系の界面活性剤は低刺激で、 比較的高価である ●洗浄力は...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,26

    ラウレス硫酸Na ラウレス硫酸Na【ベース成分】界面活性剤【界面活性剤種類】アニオン界面活性剤 旧表示指定成分 ●石油由来の合成のものと植物由来のものがある ●油に対する洗浄力がとても高い ●微量配合で泡立ちがとてもよくな...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,26

    ラウレス硫酸Na ラウレス硫酸Na【ベース成分】界面活性剤【界面活性剤種類】アニオン界面活性剤 旧表示指定成分 ●石油由来の合成のものと植物由来のものがある ●油に対する洗浄力がとても高い ●微量配合で泡立ちがとてもよくな...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,25

    界面活性剤 界面活性剤悪者扱いされることが多い界面活性剤だか、しかし、本当は悪者ではなく、化粧品をつくる上で欠かせない重要な成分である自然界、そして人の体内にも存在する成分 界面活性剤とは『界面』とは物体の境目のことである...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,25

    界面活性剤 界面活性剤悪者扱いされることが多い界面活性剤だか、しかし、本当は悪者ではなく、化粧品をつくる上で欠かせない重要な成分である自然界、そして人の体内にも存在する成分 界面活性剤とは『界面』とは物体の境目のことである...

  • やりたいことリスト

    2022年6月やりたいことリスト更新やりたいことリストの作り方 人生でやりたいことを叶えるブログ (tanukigakkyuu.com) ブログで勉強した内容を公開しています!食生活アドバイザー勉強ノート ...

  • やりたいことリスト

    2022年6月やりたいことリスト更新やりたいことリストの作り方 人生でやりたいことを叶えるブログ (tanukigakkyuu.com) ブログで勉強した内容を公開しています!食生活アドバイザー勉強ノート ...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,24

    シクロペンタシロキサン シクロペンタシロキサン【ベース成分】油性成分【油性成分種類】シリコーン【特徴】無色透明の揮発性のある液体 ●肌に塗布した後は徐々に揮発し、 ベタつかず、サラッとした感触を与える ベタつき感を残したくないファンデー

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,23

    ジメチコン ジメチコン【ベース成分】油性成分【油性成分種類】シリコーン【特徴】無色透明で粘性のある液体 ●高い撥水力※がある 撥水=表面で水をはじくこと ●低分子のジメチコンは粘度が低く、 サラッとしたテクスチャーである...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,22

    ミリスチン酸イソプロピル ミリスチン酸イソプロピル【ベース成分】油性成分【慣用名】IPM【油性成分種類】エステル ●ヤシ油やパーム核油から得られる 高級脂肪酸『ミリスチン酸』と、 石油から得られる 低級アルコール『イソプロパノール』を.

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,21

    オリーブ果実油 オリーブ果実油【ベース成分】油性成分【慣用名】オリーブオイル、オリーブ油【油性成分種類】油脂【特徴】わずかに特異なにおいのある淡黄色の液体 ●モクセイ科の木、オリーブの果実を圧搾して 得られる植物性の油脂である ...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,20

    ミツロウ ミツロウ【ベース成分】油性成分【油性成分種類】ロウ(ワックス)【特徴】わずかに特異なにおいがある固体 ●ミツバチの巣を構成するロウを精製したもの ●粘りがあり乳化しやすい天然のロウである ●古くから化粧品に配合さ...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,19

    ホホバ種子油 ホホバ種子油【ベース成分】油性成分【慣用名】ホホバオイル、ホホバ油【油性成分種類】ロウ(ワックス) ●ホホバの種子から圧搾・精製して 得られる植物性のロウである ●優れた保湿効果がある 乾燥した皮膚に油分を補い...

  • 化粧品成分勉強ノートNo,19

    ホホバ種子油 ホホバ種子油【ベース成分】油性成分【慣用名】ホホバオイル、ホホバ油【油性成分種類】ロウ(ワックス) ●ホホバの種子から圧搾・精製して 得られる植物性のロウである ●優れた保湿効果がある 乾燥した皮膚に油分を補い...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,18

    セタノール セタノール【慣用名】セチルアルコール【油性成分種類】高級アルコール【特徴】白色のビーズ状 ●ヤシ油、パーム油、牛脂などから 化学的に処理し分離精製されて得られる ●ベタつかずサラッとした感触なので、 感触改良材剤...

  • 化粧品成分勉強ノートNo,18

    セタノール セタノール【慣用名】セチルアルコール【油性成分種類】高級アルコール【特徴】白色のビーズ状 ●ヤシ油、パーム油、牛脂などから 化学的に処理し分離精製されて得られる ●ベタつかずサラッとした感触なので、 感触改良材剤...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,17

    ステアリン酸 ステアリン酸●ヤシ油やパーム油、牛脂などの天然油脂を 高温・高圧で加水分解すると、 グリセリンとともにステアリン酸が得られる ●油剤としてクリームの伸びや固さなど、 質感調製のベース成分として使用される 油...

  • 化粧品成分勉強ノートNo,17

    ステアリン酸 ステアリン酸●ヤシ油やパーム油、牛脂などの天然油脂を 高温・高圧で加水分解すると、 グリセリンとともにステアリン酸が得られる ●油剤としてクリームの伸びや固さなど、 質感調製のベース成分として使用される 油...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,16

    ミネラルオイル ミネラルオイル【ベース成分】油性成分【慣用名】鉱物油【油性成分種類】炭化水素【特徴】無色透明で無臭の液体 ●ミネラルオイルはワセリンと同様に 石油から得られる成分である 室温で液体=ミネラルオイ...

  • 化粧品成分勉強ノートNo,16

    ミネラルオイル ミネラルオイル【ベース成分】油性成分【慣用名】鉱物油【油性成分種類】炭化水素【特徴】無色透明で無臭の液体 ●ミネラルオイルはワセリンと同様に 石油から得られる成分である 室温で液体=ミネラルオイ...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,15

    スクワラン スクワラン【ベース成分】油性成分【油性成分種類】炭化水素 ●深海に住むサメ類の肝油中に多く含まれる スクワレンを酸化しないよう※水素添加し 安定化させたものである ●またベニバナやコーン、 オ...

  • 化粧品成分勉強ノートNo,15

    スクワラン スクワラン【ベース成分】油性成分【油性成分種類】炭化水素 ●深海に住むサメ類の肝油中に多く含まれる スクワレンを酸化しないよう※水素添加し 安定化させたものである ●またベニバナやコーン、 オ...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,14

    油性成分 油性成分油性成分はスキンケアにおいて、皮膚に対する保水作用や柔軟作用、保護作用のために乳液やクリームに配合される成分またファンデーションや口紅など、メイクアップ化粧品の色素成分を均一に塗り広げたり、化粧ノリをよくする目的で使

  • 化粧品成分勉強ノートNo,14

    油性成分 油性成分油性成分はスキンケアにおいて、皮膚に対する保水作用や柔軟作用、保護作用のために乳液やクリームに配合される成分またファンデーションや口紅など、メイクアップ化粧品の色素成分を均一に塗り広げたり、化粧ノリをよくする目的で使

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,13

    ハチミツ ハチミツ【ベース成分】水性成分【特徴】保湿剤 淡黄色の粘性の液体 ●ミツバチが集めた蜜から不純物を除いたもの ●肌荒れ防止効果もあり、 唇などの皮膚の薄いところにも使用できる メモ...

  • 化粧品成分勉強ノートNo,13

    ハチミツ ハチミツ【ベース成分】水性成分【特徴】保湿剤 淡黄色の粘性の液体 ●ミツバチが集めた蜜から不純物を除いたもの ●肌荒れ防止効果もあり、 唇などの皮膚の薄いところにも使用できる メモ...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,12

    PCA-Na PCA-Na【ベース成分】水性成分【慣用名】ピロリドンカルボン 酸ナトリウム PCAソーダ【特徴】保湿剤 白色の粉体 ●サトウキビ等の糖蜜からつくられた 『グルタミン酸(アミノ酸)』から合成さ...

  • 化粧品成分勉強ノートNo,12

    PCA-Na PCA-Na【ベース成分】水性成分【慣用名】ピロリドンカルボン 酸ナトリウム PCAソーダ【特徴】保湿剤 白色の粉体 ●サトウキビ等の糖蜜からつくられた 『グルタミン酸(アミノ酸)』から合成さ...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,11

    乳酸Na 乳酸Na【ベース成分】水性成分【特徴】水溶液は無色透明でやや粘度のある液体 ●石油または植物由来の乳酸に水酸化Naを 中和させたものである 主に50~60%の水溶液や混合原料で、 化粧品に使用されている ...

  • 化粧品成分勉強ノートNo,11

    乳酸Na 乳酸Na【ベース成分】水性成分【特徴】水溶液は無色透明でやや粘度のある液体 ●石油または植物由来の乳酸に水酸化Naを 中和させたものである 主に50~60%の水溶液や混合原料で、 化粧品に使用されている ...

  • 化粧品成分検定勉強ノートNo,10

    水溶性コラーゲン 水溶性コラーゲン【ベース成分】水性成分【慣用名】コラーゲン【特徴】保湿剤 白色の液体 水溶液で無色透明 ●豚や魚など、動物の皮や鱗から抽出した 水溶性のたんぱく質から得られる 本来は溶けないものが由来なので、...

  • 化粧品成分勉強ノートNo,10

    水溶性コラーゲン 水溶性コラーゲン【ベース成分】水性成分【慣用名】コラーゲン【特徴】保湿剤 白色の液体 水溶液で無色透明 ●豚や魚など、動物の皮や鱗から抽出した 水溶性のたんぱく質から得られる 本来は溶けないものが由来なので、...

  • 化粧品成分勉強ノートNo,9

    ヒアルロン酸Na ヒアルロン酸Na【ベース成分】水性成分【慣用名】保湿剤、ヒアルロン酸【特徴】白色の粉体で水溶液は無色透明 ●以前はニワトリのトサカからの抽出が 一般的だったが、近年は乳酸球菌による 発酵法で製造したものが多くなってきた

  • 化粧品成分勉強ノートNo,8

    1,2-ヘキサンジオール 1,2-ヘキサンジオール【ベース成分】水性成分【特徴】保湿剤、無色透明の液体 ●石油から合成された多価アルコールである ●BG、DPG、PGと共通の構造を持ち、 同様に保湿効果、抗菌効果があるが、 ...

  • 食生活アドバイザー勉強ノートNo,35

    消費生活の保護 いろいろな悪徳商法【いろいろな悪徳商法】キャッチセールス路上でアンケート調査などと称して近づき、喫茶店や営業所に連れ込んで契約をさせる アポイントメントセールス販売目的を隠し「あなたが選ばれた」などと電話や郵便で呼び出.

  • 化粧品成分勉強ノートNo,7

    DPG DPG【ベース成分】水性成分【慣用名】ジプロピレングリコール【特徴】無色透明でやや粘性のある液体 ●石油から合成された多価アルコールで、 PG(プロピレングリコール)製造時の 副産物として得られる ●穏やかな保水力で...

  • 食生活アドバイザー勉強ノートNo,34

    消費生活と環境 循環型社会を目指して(1)循環型社会と3つのR日本の社会は大量に生産し消費することによって発展してきたそれと同時に廃棄物は増え続け、大きな社会問題となっている 食品廃棄物とは、食品を製造・加工する過程で捨てられるゴミ、.

  • 化粧品成分勉強ノートNo,6

    BG BG【ベース成分】水性成分【慣用名】ブチレングリコール【特徴】無色透明でやや粘性のある液体 ●石油由来/『アセトアルデヒド』 という化学物質から合成する 植物由来/発酵エタノールから合成する ●多価アルコールである...

  • 食生活アドバイザー勉強ノートNo,33

    食と生活を結ぶ法律 食品安全基本食品安全基本法は、食品の安全性確保に関する施策を総合的に推進するための法律である食品の安全性の確保に関する基本理念および施策に策定に関する基本方針を定めるとともに国や地方公共団体、食品関連業者の責務、消費者

  • 化粧品成分勉強ノートNo,5

    グリセリン グリセリン【ベース成分】水性成分【慣用名】保湿剤【特徴】無色透明、粘性のある液体 ●ヤシ油やパーム油、牛脂などの天然油脂を 高温・高圧で加水分解すると、 脂肪酸とともにグリセリンが得られる ●他の成分を溶けやすく...

  • 食生活アドバイザー勉強ノートNo,32

    世界の中の日本経済 日本の食料自給率食料の消費が国内の生産でどの程度まかなえているかを示す指標を食料自給率という日本の食料自給率は低下し、現在カロリーベースでは約6割を海外に依存している食料自給率には3種類の計算方法がある 重量ベース.

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、NASHIさんをフォローしませんか?

ハンドル名
NASHIさん
ブログタイトル
人生でやりたいことを叶えるブログ
フォロー
人生でやりたいことを叶えるブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用