searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

れみ嬢さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
れみ嬢のチュッチュラGo!Go!!
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/remijyou
ブログ紹介文
毎日がグリーンツーリズム。そんな日々の生活をお届けします。 <br>
更新頻度(1年)

12回 / 38日(平均2.2回/週)

ブログ村参加:2021/08/17

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、れみ嬢さんをフォローしませんか?

ハンドル名
れみ嬢さん
ブログタイトル
れみ嬢のチュッチュラGo!Go!!
更新頻度
12回 / 38日(平均2.2回/週)
フォロー
れみ嬢のチュッチュラGo!Go!!

れみ嬢さんの新着記事

1件〜30件

  • 稲刈り、始まりますた

    晴では、今日から稲刈りが始まりますた今回の稲刈りを迎えるまでに、晴ではすったもんだ(晴では、いつもの出来事ですが・・・)晴では、コンバインはもう1軒と共同購入して使っているんだけれど昨年、晴で稲刈りを終え、もう1軒が稲刈りをしている時にコンバインが故障その故障、修理して直せる状態で無かったよう。数年前に、キャタピラーが切れて修理したばかりだったのに・・・・晴では、数年前に乾燥機が壊れ、それからカントリーエレベーターに、籾を持ち込む事にしており(カントリーエレベーターとは、生産者の共同利用施設で米を乾燥、貯蔵、調製、出荷までを一環して行っている施設)その分、経費が掛かっとります。晴ちゃんとおいらは、栽培に専念したくいつでも、お米作りを止めても良いと思っているんだけどお米部長のお義父さんは、「農家が米を買うなんて」...稲刈り、始まりますた

  • カブちゃん販売促進部 来シーズンに向けて始動しますた!!

    お盆過ぎから“余生”の時間を過ごしている晴のカブちゃん達。少しずつ天国に旅立つカブちゃんもおり、一番賑わっていた時は、30匹程が暮らしていたけれど、今は17匹。なもんで、カブちゃんハウスの統廃合をして、今は4棟のハウスでお過ごしいただいております。そのうち、オス君は2匹。これは、決してオス君が早く天国に旅立ったわけではなく「晴山果樹園カブ部」を立ち上げ産直販売をした結果オス君達の家族は決まり、メスちゃん達の家族はなかなか決まらなかった結果、初めから家族探しをせず、晴の家族として育てていた小振りのカブ君3匹と産直からの出戻り&産直まで家族探しに行けなかったメスちゃん達の25匹あまりでお盆を過ごした結果ざますおいら的には、みんなツガイで家族に迎え入れると思っていたけれど「カブトムシを飼いたい」って思うちびっ子たちは...カブちゃん販売促進部来シーズンに向けて始動しますた!!

  • 久々のお出かけ先での 一目ぼれ

    他の農家の方もうそうだと思うけれど、農業って、やろうと思えば365日仕事がある仕事。なもんで、意識的に“休み”を取らないと、週休0日がずっと続いてしまう事も。その為、定期的に晴ちゃんが畑と作業の進捗状況を見ながら、年に数回、“ちょこっとお出かけ”を提案してくれる。そんな“ちょこっとお出かけ”提案が、先日“つがる”の農協出荷分を出荷し終えたタイミングであり急遽、午後から目的地は、遠野市。道の駅でのお買い物と、ラム肉購入。でも、三陸道が開通したおかげで、アッという間に目的達成。なんだか、せっかく“お出かけ”したのに、もう帰路にって感じだった為予定外に足の延ばし、沿岸の釜石市まで当然おいらは(午後からだけど)休日って事で、も満喫晴ちゃんは、ノンアルコールでハンドルを握ってくれますたそして、釜石市で海の幸のを購入し、道...久々のお出かけ先での一目ぼれ

  • この夏に出会った生き物たち

    畑仕事をしていると、たくさんの昆虫たちに出会うけど今年も、たくさんの昆虫たちと出会いますたご紹介のトップバッターは、今年はあまりの暑さのせいか、あまり出会わなかったオニヤンマ晴ちゃんが見事にGet撮影会が終了後、再び大自然に逃がしますた。常に目の前を優雅に飛んでいるオニヤンマだけれど、ほんと今年はあまり会わなかったな。逆に、今年は、とにかく、あまり見たことがないトンボにお目にかかる機会が多かったような・・・・桃っこ畑で出会った黒い糸トンボ庭では、こんな綺麗な緑色のトンボと出会いますたそして、家の中ではこんな糸トンボと出会いますた。そして、朝に庭を歩いていると、石の上に怪しい物体が。なんだ??角度を変えて見てみると別の角度蝶々だけれど、ちょっこし傾きながらしがみついている感じ。1時間以上同じ場所にとどまっていたけ...この夏に出会った生き物たち

  • 今年の桃っこ収穫&出荷 終了しますた!!

    今年は、桃っこはじめ、、梨の花の開花も例年よりも早かった事もあり収穫等、様々な作業が1週間程度早く始まっている感じ。なもんで、桃っこも、例年よりも1週間以上も早く晩生種の収穫&産直出荷が本日で終了しますた最後の品種“ゆうぞら”を収穫&出荷後はそこに敷いてたホワイトシートの撤収をし(まだ、洗い終えていないホワイトシートが多いのに、またシートが増えますた・・・・)そして、桃っこに関する一番の大仕事は、電柵の撤去作業。設置よりははるかに楽で、時間も短い作業だけど腰が痛くなるし、なんたって、作業を行う際は、(電柵設置はそれ以上だけれど)自分自身に気合を入れて行う作業。今回も晴ちゃんと気合を入れて、一気に行いますたこれで、あとは、電柵で使用した支柱や、桃っこの樹を支えていた支柱そして、シルバーシートの洗浄を残すのみ。これ...今年の桃っこ収穫&出荷終了しますた!!

  • 胃袋を満たした夏料理

    先月半ば、空心菜(クウシンサイ)を家庭菜園しているという方から頂きますた。空心菜って、茎の中が空洞になっている事から付けられた名前のようで、葉と茎を食べる野菜。そして、色々な名前があるのも特徴で、空心菜の他にも通菜(ツウサイ)、朝顔菜(アサガオナ)などとも呼ばれ、タイ料理ではパックブンと呼ばれていてもともと東南アジアなど暖かい地域に自生する植物で、沖縄では古くから栽培されている夏野菜。晴の食卓には、たぶん1度も上がったことが無い食材ざます。炒めても、茎に空洞があるためかシャキシャキとした食感が残るので早速炒めて食すことに。材料は、空心菜の他はひき肉と人参のみ始めにごま油でニンニク炒め、そこにひき肉投入ひき肉にしっかり火が通ったらニンジンを入れてその後、主役の空心菜を投入。ポン酢、砂糖、鷹の爪輪切り、ごま油を混ぜ...胃袋を満たした夏料理

  • 久々のリンゴ畑

    昨日は、おおよそ2か月ぶりに畑に出勤最後に出勤した7月初めには、まだ摘果作業を行っていたけれど今では、早生品種はすっかり色づき、収穫の為の最終管理。そして、昨年は9月に入って35度越えという天気があり、葉摘みをしたリンゴに容赦なく太陽が降り注いだため半分以上の早生品種が日焼けをして、出荷出来ない状態になってしまったけれど今年も、8月の高温の影響か、葉っぱで隠れていない部分の果皮で、日焼け被害がチラホラ人間の肌で言うと、日焼けで水膨れ状態=やけどのような状態だとおいらは思っとります。そのせいか、この日焼けした部分は、果実が熟してくると腐敗してくるため傷としても販売出来ず、一部は自家消費するけれどそのほとんどは、ただただ廃棄するしかない、泣けてくる状態。今年は、若干の日焼けだった為、まずは良しとしなけば。そして、や...久々のリンゴ畑

  • 気が付けば 桃っこ終盤戦

    気が付けは9月。日の出が遅くなり、日の入りも早くなっているのに伴ってだんだん農作業時間も短くなってきており、の虫の音も、すっかり秋の虫に交代しとりますた。そんな中、晴の桃っこの晩生種の“川中島白桃”“黄金桃”もあっという間に収穫時期を迎え、今日で、ほぼ終了。晩生になると、成長に成長を重ね600グラムを超える重量級の桃っこたちもチラホラあまり大きいと、発送用の箱にも入らず(高さが足りなかったりするもんで・・・・)産直での1個売りになるんだけど1個って、なかなか売り切れって難しいんだよね・・・・あと残すは“ゆうぞら”という品種を残すのみ。例年よりも1週間位早く、あっという間に収穫産直販売になりそうざます桃っこの収穫が終了すると、おいらは本格的に畑への出勤となり(桃っこの収穫が始まった7月下旬から、ほぼ畑には行ってお...気が付けば桃っこ終盤戦

  • 雨の影響で、泣けてくる桃っこ収穫

    お盆前から、ほぼ続きの花巻市。そのため、中生種の桃っこ「あかつき」の後半の収穫から、落下や傷桃が大半を占め「あかつき」の後に収穫する品種「夏香姫(なつかひめ)」は、9割以上が雨焼けとなっており、その中でも傷として産直出荷出来たものは半分以下の状態ですたこれが雨焼け雨に濡れた部分の果皮が黒ずんできて、腐敗してきちゃいます。でも、こんな桃っこでも、皮をむいてみるとほぼ普通に食べられる状態。なもんで、毎日3度の飯の他に、桃っこで1食追加。それでも生食で自家消費出来ない分は、数日に1度、桃っこを冷凍桃っこの晩生種の収穫を前に、冷凍庫がもうパンパン。もう、これ以上、冷凍桃を増やしたくないよぉ~~~そんなおいらの気持ちをあざ笑うかのように、収穫に行っても、連日、廃れの桃っこを入れているコンテナだけが増えていく収穫をしていた...雨の影響で、泣けてくる桃っこ収穫

  • どこもかしこも コロナ疲れ?

    世界的にコロナウイルス感染が拡大し始めてから1年半。おいらの岩手県でも、感染者が増えており、県独自の緊急事態宣言が出されている状態。県をまたぐ移動や、不要不急の外出は控えるように言われているけれど気が付いたらおいら、コロナウイルス感染が騒がれる前から、かれこれ2年間岩手県から出ていないコロナウイルス感染が広がってきてからは家、スーパー、産直出荷、出稼ぎと、ほぼ決まった所にしか立ち寄っていない優等生まぁ仕事柄、週休二日制だったり、定期的に決まった休みがあるわけぢゃないから毎週休みの度に“どこに行こうか”“今日は何しようか”と悩む事もなくほとんど晴ちゃんと畑に出勤しているけれどさすがに2年間も同じ場所への往復ばかりしていると、心がモヤモヤ疲れてきちゃいますた。でも、医療従事者の方、コロナウイルス感染拡大防止を担当し...どこもかしこもコロナ疲れ?

  • 久々の 太陽で、ようやく おいらにも “お盆” がやってきた!!

    お盆前からとにかくマークの日々で最高気温も20度前後という、いきなり秋がやってきた花巻市だったけれど昨日から、久々の太陽&青空それに伴い、気温も上昇“夏なんだから、暑くなってもらわないと桃っこ生育に影響しちゃうよ”なんて思っていたのにいざ再び夏がやってきて、しかも、前日よりも10度以上気温が高いと何をしていても、体が付いていかずバテバテ暑すぎると、が日焼けをしてしまうし寒いと桃っこの生育に影響しちゃうし、自然相手だど、“ちょうど良い”理想の天候って、ホント無いね今月初めは、信じられないくらいの酷暑だったのにお盆前から、とにかくこの天候で一番影響を受けるのは、収穫真っ最中の桃っこ。土砂降りの中では収穫が出来ないため、朝でも雨が止んだ隙間や、霧雨を狙って収穫。日中は、園地管理で再び桃っこの園地に足を運んでいたけれど...久々の太陽で、ようやくおいらにも“お盆”がやってきた!!

  • 晴山果樹園 カブ部 1週間前に販売終了してますたぁ!!

    お盆に入る前の先週10日、晴山果樹園カブ部のカブちゃん販売を終了いたしました“捕らぬ狸の皮算用”で、予定の半分位のカブちゃんしか新しい家族を見つけられなかったけれど産直でもカブちゃんが売れる事が実証され来年は、今年の反省も踏まえ、もう少し早い時期から家族探し(販売)をしたいと思っとります。それにしても、今までを販売したことが無い産直の販売だったけれど店頭に張り出したやを見て、購入してくれたお客様や幟を見て、Uターンして買いに来てくれたお客様もおり思いがけず、産直でカブちゃんと出会った方も多いはず。来年は、“カブトムシを売っている”って購入目的で訪れてくれる人も多くなるんぢゃないかと目論んどります。もしかして、まだ家族として迎え入れたい方もいらっしゃるかもしれないけれどお盆近くから、カブちゃん人生では余生に入った...晴山果樹園カブ部1週間前に販売終了してますたぁ!!

  • 晴山果樹園 看板リニューアルしますた!!

    20年以上前に作成した晴の敷地内にある看板。10年前位に“晴山果樹園”のロゴマークをデザインしてもらった頃から晴ちゃんと看板をリニューアルしたいせめて、ロゴマークだけでも看板に入れたいと思いながらそのまま月日が流れていましたが、先月、ふと思い立って、おいらの同級生の会社に相談してみたらあれよあれよと話が進み、11日(水)に看板がリニューアルしますた今までの看板はこれはこれで、立派な看板だけどね。先週は、週間天気予報でもずっとだったから、施工延期になるかと半ば覚悟していたけれど当日は奇跡的にで、看板リニューアル着工足場を組み立てていると思ったらあっという間に足場完成そこから、既存の看板を綺麗に拭いていく作業をしビスの部分も何やら細かい作業をしてますた。そして、上から新しい看板を取り付けて完成あっという間の作業です...晴山果樹園看板リニューアルしますた!!

  • 三度目の正直!?

    スイカが大好きなおいら。20代の時、で家に帰る途中に立ち寄った八百屋さんで、大きな真ん丸スイカを見つけ八百屋さんのおじさんに“大丈夫??自転車なのに持って帰れる??”と心配されながら自転車の籠の上に乗せ、スイカが落ちないように、そろそろとゆっくりペダルをこいで帰宅。途中、振動とスイカの重さで籠が変形し、真ん丸スイカがすっぽり入ってしまっており、帰宅した時にはバランスを取らなくても楽ちんな感じだったけれど、そこからが大ごとに。籠からスイカを取り出すことが出来ず、持ち上げても、自転車ごと持ち上がる始末。最後は籠にハマったスイカを切りながら取り出す事も考えたけれど30分近く悪戦苦闘し、スイカの皮が多少削れ、自転車の籠が変形した位の被害で取り出すことが出来ますた。その教訓から、その後自転車を買う時の一番のこだわりは『真...三度目の正直!?

  • 桃っこ 中生種 本格収穫 始まりますた!!

    7月の異常な高温により、中生種の桃っこの生育も早まり例年よりも4,5日早く、“あかつき”の収穫の本番を迎えますたそんな中、昨日の朝、桃っこの畑に収穫に行くと、何と、晩生種の人気の品種の黄金桃で、晴の稼ぎ頭の樹が折れてますたきっと、桃っこが大きく生育していくにつれ、支えていた支柱の力のバランスが崩れてしまったんだと思うけど、ここには、とっても良い実っこが成っていたから、これを発見した時は晴ちゃんもおいらも、声が出ませんですた。この枝、数年前から根本の部分が弱ってきていていつかは、主力の引退を考えていた枝だったけれど、それ、今ってくらい、大打撃。晴ちゃんと40分近くかけて支えてみたけれど首の皮1枚つながっている状態。何とか、これで今シーズンの桃っこが育ってくれれば良いと願っていたけれど今朝、行ってみると、この枝の葉...桃っこ中生種本格収穫始まりますた!!

  • ガラクタ?? いや、宝物の機内グッズ

    東京オリンピックが始まってからいつも以上にテレビを観ているおいら。そして同時に、一昨年に応募したオリンピックの観戦チケットが当たっていたら・・・と考えながら観戦していると、この連日の桃っこの管理、ちゃんのお世話を考えると夜行バスでの往復という0泊2日という強硬スケジュール。そして、何競技か当たっていたら、それを何回か行うという考えられない工程になっていた晴ちゃんとおいらそう考えると、最短でも4日は家を空ける事になるであろう海外でのオリンピック観戦なんかは出来ないからこの東京が最初で最後のオリンピック観戦のチャンスだったんだね。(と言っても、チケット全て外れちゃってますたが・・・・・)そんな事を考えながら、食い入るように観戦している時もあれば、パソコンの前に座りながら、最近、おいらが眺めて楽しんでいる飛行機関係グ...ガラクタ??いや、宝物の機内グッズ

  • また、やられた・・・・

    一昨日、久々に仕掛けたカブちゃんトラップ。翌朝(昨朝)トラップの回収に行くと、仕掛けたネクタリンの樹が折れているのを発見そして、ネクタリンの樹の下には、ハクビシンご一行様の宴会の名残が散乱はしてしないけれど、周りにはネクタリンの種が多数。気が付いていなかっただけで、連日、ハクビシンご一行がやってきていたんだね。どうりで、最近、カブちゃんトラップを仕掛けに行っていて、ネクタリンの着果が少ないな~~いつ、摘果したんだろう???ネクタリンの摘果をしたって聞いていなかったのに・・・なんて思ってたんだよね。ハクビシンたちの仕業だとわかって、改めてよく見てみると真ん中部分は、ほぼ実っこが付いていない・・・おいらも、カブちゃんに気を取られ過ぎていて、大失態このネクタリンの樹は、先月電柵を張った同じ畑にあるんだけれどちょっこし...また、やられた・・・・

  • 晴山果樹園 カブ部 大忙し  ≡(/*@д@)/

    今月半ばから続々と誕生したカブちゃんカブちゃん達は、蛹になるための蛹室づくりを1匹が始めると、同じハウス内にいるカブちゃん幼虫たちも、蛹室を作り始めるって聞いていたので1つのハウス内から1匹羽化すると、翌日2匹、3匹と次々とマットの上に成虫カブちゃんが顔を出してくれますた。反対に、まだ羽化せず蛹のままのハウスは、ひっそり。たいてい6匹ずつの幼虫を飼育していたハウスから、だいたい5匹ずつ成虫になりその後、1週間経っても残りのカブちゃんが顔を出さないハウスは、畑に行ってマットをひっくり返してみると蛹の状態で天国に行っちゃったよう。その数8匹。そして、成虫の姿で、土に出るだけの状態で死んでしまったカブちゃんもおり61匹の幼虫から、無事に成虫になったカブちゃんは51匹ですた。成虫になったカブちゃん達は一度個別のケースに...晴山果樹園カブ部大忙し≡(/*@д@)/

  • 果実たちの試練 再び

    早生品種の桃っこの収穫がはじまりますた!!が、電柵を張りハクビシンたちから桃っこを守ることは出来ていたけれど敵は空にもいますた・・・・以前は、全く鳥被害が無く安心していたけれど2、3年前から鳥の被害が出始め、昨年からは、かなり広範囲に鳥たちに、桃っこの美味しさがバレてしまったみたい。上からも、下から(ハクビシン)も狙われていて、ここ数年の激暑で益々甘く美味しくなっている桃っこを守るのは、大変な作業となってきとります同時に、中生種の桃っこたちの袋掛けも2日前から始まりますたこんな感じに袋をかけていく袋をかける事で、鳥たちからの被害を守ることが出来ると同時にお肌がつるつるの桃っこたちが収穫できる予定・・・・がやっぱりここでも先月の雹の被害が表れてきとります。こちらの袋掛けをした桃っこは、お盆あたりから出荷できるかな...果実たちの試練再び

  • ホヤの季節 堪能!!!

    先月からスーパーでお目にかる機会が多くなったホヤ。晴は全員ホヤが大好きなのでホヤが安い時には、殻付きホヤを人数分以上購入し、宴をしとります先日は、1つがこんなに大きいホヤを見つけて購入これで、1つ100円以下なんて、買わないという選択肢はあり得ないよく、ホヤにはプラスとマイナスの部分があり、プラスの部分からから包丁を入れると言われているけれどおいらは、面倒なので、ホヤが岩やロープに付着していたと思われる部分の方を切り落としホヤの中にある水、通称『ホヤ水』を切り口から出しおいらは、ホヤの保存なんかに使っとります。そして、この時、強く殻を押しちゃうと、一緒に排泄物も出てきちゃうので要注意ある程度の量を確保したら、今度は、キッチンバサミで殻を切り開きこの時に出てくる『ホヤ水』は、別のボールに取っておき、ホヤを洗うのに...ホヤの季節堪能!!!

  • あぢ~~~~ (("Q(;′Д`)>

    梅雨が明けた途端の連日の猛暑家の中はサウナ状態。家の外の風は熱風。玄関前の温度計で気温を確認すると、お昼の時点で既に37度ただでさえ暑いと体感しているけれど、改めて気温を確認すると、全てのやる気をそがれちゃうこの暑さは、もう既に朝から始まっており朝飯前から大量の汗をかき、日に数度の(作業着の)お色直しをしとりますそして、いつもは、1時半ごろからご近所の屋さんの車が動き始めるけれどさすがに、こんな気温の日は、2時半過ぎ頃からボチボチ動き始めている感じ。当然、晴ちゃんとおいらも3時過ぎからの始動。あまり暑い中で作業をするのも、達には良くないとは言えようやく摘果2巡目の見直し摘果に入ったばかりの作業の遅れなもんで何もしないで暑さを過ぎ去るのを待っている事は出来ない雹が降る前に摘果を終えた畑に、摘果をしに行くとりんごた...あぢ~~~~(("Q(;′Д`)>

カテゴリー一覧
商用