searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
命短し、歩けよたおやめ https://www.arukuyo.com/

インドア派で暮らしてきた女性が中年になって突然登山を始めました。体力なし筋肉なしのないない尽くしで若い頃のように体は動かず切ないこと多し。それでもやりたいことはあきらめず、今の老朽化した体に合わせて工夫して挑戦している記録です。

ビブ丸
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2021/05/24

1件〜100件

  • 六甲山系ゆるっ登山:【東おたふく山登山口~東おたふく山~土樋割峠~有馬温泉】標高高めからの楽ちん六甲山で芦屋市最高峰にも立ってきた

    東おたふく山登山口から東おたふく山、土樋割峠、蛇谷北山を経て六甲山頂へ。登山口の標高が高いので楽ちんだし楽しいコース。

  • 山と日焼けとフェイスガードとその使用感

    登山での日焼け対策のためフェイスガードを取り入れてみようと、いくつかのフェイスガードを試してみた感想。

  • 滋賀県で一番高いところに立ってきた:【伊吹山1377m】歩いても歩いても。。

    滋賀県最高峰の伊吹山はそのうち登ってみたいと思ってはいたが、遠い、アクセスがめんどくさそう、夏は暑そう、、と何となく行く機会がなかった山だ。

  • 六甲山系ゆるっ登山:【阪急芦屋川駅~荒地山山頂~芦屋ゲート】戦慄!瀬戸の花嫁

    前回到達できなかった【荒地山の山頂】を目指し、山頂からは芦屋ゲートへ下りてみるつもり。その山中でどこからともなく不思議なメロディが聞こえてきた。。

  • 六甲山系ゆるっ登山:阪急甲陽園駅~ガベノ城~ゴロゴロ岳~芦屋ゲート②:謎のガベノ城は全然城じゃなかった

    六甲山系の地図を見るたびに気になっていた【ガベノ城】に登ってみた。住宅街にあるとってもわかりにくい登山口にたどりつき、やっと山道へ。

  • 六甲山系ゆるっ登山:阪急甲陽園駅~ガベノ城~ゴロゴロ岳~芦屋ゲート①:謎のガベノ城へ!まずはわかりにくい登山口をめざす

    芦屋市の会下山遺跡と同じく地図を見るたびに気になっていた地名。それは、【ガベノ城】。妄想と夢が広がるその名称に惹かれ、まずはわかりにくい登山口へ!

  • たおやめ登山黎明期:腿上げ命のボトムス選び

    快適なボトムスを求めて紆余曲折 初めて買ったロングパンツ:腿上げ時の地味なストレスに完敗 登山を始めてすぐに購入したボトムスはストレートシルエットのロングパンツだった。 既に手元に無いのでなんという製品だったかもわからない。 スタッフには「女性にはこういう組み合わせも人気ですよ!」と山スカートなるものとタイツも勧められたが、あまりのかわいらしさに照れくさくて断った。 20年も若ければ「よっしゃ、絵にかいたような山ガールファッションきめてやろうじゃないの!」と盛り上がっていたに違いないが、、 日頃は「年齢なんか気にせずに着たいもの着ればいいのよ。人目を気にしすぎ」なーんてぬかしている割に、山デビ…

  • 六甲山系ゆるっ登山:【芦屋川駅~六甲山最高峰~有馬温泉】久しぶりの六甲山最高峰。トイレが驚愕レベルにきれいになってた!

    久しぶりに六甲山最高峰を目指したら、山頂直下のトイレがおそろしくきれいになっていて驚いた。これは嬉しい!

  • 六甲山系ゆるっ登山:【芦屋川駅~風吹岩~保久良神社】初めての熱中症?

    梅雨明け間近の六甲山へ 【登った時期】2021年07月上旬【同行者】なし 梅雨明け間近の暑い日。(間近というか、おそらくこのまま梅雨明けになるのでは、と思われる) 早朝は小雨が降っていたのでうとうと二度寝して目覚めれば久しぶりの青空!慌てて準備して、六甲山頂を目指すべく家を出た。 5月初旬にいもけむ天国に恐れをなして撤退して以来の六甲山だ。www.arukuyo.com 二度寝してしまったために時間は遅くなってしまったが、ぎりぎり有馬温泉まで行ける10時前には高座の滝に着いた。 6月の終わりに高座の滝のすぐ近く、芦屋市城山で熊の目撃情報があったため、滝の周りにも注意喚起ポスターだらけだ。 いつ…

  • 六甲山系ゆるっ登山:【城山鉄塔付近】芦屋市内に熊目撃情報

    近年、本州各地ではツキノワグマ。北海道ではヒグマの出没件数と被害が増加しているそうだが、遂に六甲山系にも熊目撃情報があった。芦屋市の城山(鷹尾山)という住宅地とは目と鼻の先。近所の人がお散歩がてら登るような低山だ。

  • 登山には地図とコンパスっていうけど、、やっぱり大事。だけど迷ってから取り出しても遅い。

    登山するなら地図とコンパス、っていうけれど実際にコンパス使っている人は見たことがない。今はGPSとスマホにダウンロードした地図という便利なものがあるけれど、やっぱり私は紙地図とコンパスも好き。

  • 六甲山系ゆるっ登山:【阪急芦屋川駅~鷹尾城跡(城山)~高座の滝~阪急芦屋川駅】 

    阪急芦屋川駅~鷹尾城跡(城山) 【登った時期】2021年02月上旬【同行者】なし 午後から予定があるので ・午前中にさくっと歩ける ・道を間違えない ・それでいてちょっと満足度が高い ということで選択。 前回、岩梯子まで歩いた途中のポイント:城山まで行くことにした。芦屋川駅から45分くらいで登れるお手軽コースだが、大阪湾方面への景色が見渡せるので「達成感」は結構味わえる。 往復だとつまらないので前回見かけた【高座の滝】へ下りる道標の方向に行き、高座の滝へ下りてみるつもり。 阪急芦屋川駅から北上し、【高座の滝】と【城山登山口】の分岐点を右へ進む。 www.arukuyo.com 城山登山口から登…

  • 六甲山系ゆるっ登山:【阪急芦屋川駅~鷹尾城跡(城山)~荒地山の手前】登れ岩梯子!くぐれ新七右衛門嵒!ゆるっとしてない岩の道

    阪急芦屋川駅~鷹尾城跡(城山) ~荒地山のちょっと手前 【登った時期】2021年01月下旬【同行者】なし 今日の目標は荒地山。 登山を始めて間もない頃にグループで行く機会があったので4年ほど前に登っている。「王道コース」以外で私が登ったことがある珍しい山だ。 地図を見ていて荒地山の手前にある非常に特徴的な岩が面白かったことを思い出したので、もう一度行ってみようと思い立った。 阪急芦屋川駅~鷹尾城跡 まずはいつものように芦屋川駅からスタート。 芦屋川沿いに登っていく。 春は桜が美しい川沿いも冬はすっかり寂しい状態だが、からっとした冬の爽やかさ。これはこれで結構好き。 途中までは【高座の滝】へと同…

  • この春、ちょっと寒い日の街着としてアークテリクスAtom SL Hoodyメンズが大活躍した

    毎年繰り返す「去年の今頃は何着てたんだっけ」 日中は暖かくて長袖1枚でも平気なほどだが、朝と夜は寒い。冷え込む。風が冷たい。 そんな日が4月から5月には結構ある。 スプリングコートを着るほどじゃないし、嵩張るコートは着なかった時はとても邪魔。 毎年、(去年の今頃は何着てたんだっけ。。)と考える。 ああ、薄手のコート着て邪魔だったり、カーディガン羽織ったけど寒かったりしたなあ、、と思い出す。 今年はそんな日にARC'TERYXアークテリクスAtom SL Hoodyを着てみたら悩みがほぼ解消された。(ほぼ、というのはどうしても色が合わない服があったから) 昨年、春秋の低山用や夏山用にいいかと思い…

  • 六甲山系ゆるっ登山:【芦屋川駅から高座の滝】恐怖!いもけむロード撤退:おまえら根性の使いどころ間違ってる!

    阪急芦屋川駅~有馬温泉(予定)高座の滝で撤退 【登った時期】2021年5月初旬【同行者】なし 新調した登山靴で少し長い距離を歩いてみたくて、久しぶりに六甲山王道コースを登るつもりだった。もし途中で足が痛くなったり不具合が生じたら風吹岩から降りてもいい。 それが風吹岩どころか、まさか登山道前で撤退することになろうとは。 www.arukuyo.com 阪急芦屋川駅から住宅地を進む。予感。 五月晴れの下、いつものように阪急芦屋川駅から出発。新しい靴もいい感じ。 準備をすませて住宅街を登山口(高座の滝)へと歩いていく。駅から住宅地を抜けていく間はほとんど日陰がない。照り返しもきつい舗装路を歩きながら…

  • 六甲山系ゆるっ登山:【芦屋川駅から高座の滝】登山口までの住宅街で迷わないために

    阪急芦屋川駅から王道コースで有馬温泉へ の予定が… 今日は本当は久しぶりに王道コースをたどって六甲山頂経由有馬温泉まで行ってみようと思っていたのだが、登山道の手前の林道?で看過できない恐ろしい事態に遭遇したためあえなく撤退となった。 www.arukuyo.com せっかくなので阪急芦屋川駅から高座の滝まで短い距離のわりに非常にたくさんある道標を記録しておこうと思う。 阪急芦屋川駅から高座の滝まで ①阪急芦屋川駅前広場 阪急芦屋川駅の北側の小さな広場。トイレあり。コンビニは駅の南側にローソン。ちなみに芦屋側に下山しても銭湯はない。・一番近いのはJR甲南山手駅前の「森温泉」という銭湯。登山客の利…

  • 六甲山系ゆるっ登山:【芦屋会下山遺跡から蛙岩】蛙岩は予想以上に蛙だった

    阪急芦屋川駅~芦屋会下山遺跡~蛙岩~魚屋道でJR甲南山手駅 【登った時期】2021年12月下旬【同行者】なし 芦屋会下山遺跡~蛙岩 今までほとんど歩いたことのなかった六甲山系の「王道コース以外」を色々歩いてみようと思い立ち、、 www.arukuyo.com さっそく地図を眺めていて目についたのが、芦屋市の会下山遺跡。「えげのやまいせき」と読み、弥生時代の集落らしい。そういえば阪急芦屋川駅から高座の滝へ住宅街を抜けて歩いているときにそのような道標を見たことがあるような気がする。 ここだけじゃさすがに物足りなそうなので更にその先にある「蛙岩」を目指すことにする。この「蛙岩」も、風吹岩から下山する…

  • 六甲山系ゆるっ登山で体力向上を目指す

    山登りのための体力維持 人は「見たいと思っているものしか見ない」とはよく言ったもの。 認知バイアス?とかそういう話ではなく。 地図を見ていてそう思った話。 体力も筋力もアウトドア経験もない(根性だけはちょっとだけある)か弱いたおやめの私が登山を始めて約4年。ようやく体力が少々ついてきたところで悲しいかな鎖骨を骨折。2020年はチタンのプレートをいれて過ごしたため、ほとんど運動をしないで過ごしてしまった。 もちろんそんなの言い訳に過ぎないわけで、鎖骨骨折は手術療法だと日常生活にすぐに戻れるありがたい(?)骨折である。薄い皮膚の下でがんばってくれているプレートにストラップがあたって痛むのでザックは…

  • たおやめ登山黎明期:初めて購入した登山用ザック DeuterFUTURA ドイターフューチュラ22 SL

    登山を始めるため登山用ザックを買うことにした私は、いくつかの店舗をまわったあと女性専用のものを購入することに決めた。 www.arukuyo.com されど背負い心地の差がさっぱりわからない 女性専用モデルから選ぶことにすると、途端に選択肢は狭くなる。Deuterドイター、Milletミレー、karrimor カリマー、あと幾つかはあったような気がするが、もうはっきりとは覚えていない。 基本の背負い方を教わった後は重りを入れてくれたザックを全部背負ってみた。 「背負い心地が違うでしょう?」とスタッフに言われるも。 これはまた、、、 わかりません! 悲しいことに登山靴の時と同様、いやそれ以上に差…

  • たおやめ登山黎明期:登山初心者、女性専用ザックに出会う

    登山靴を手に入れ次にザックを手に入れることにした私はザックには女性専用モデルなるものがあることを知った。

  • たおやめ登山黎明期:甲薄やや幅狭足の登山初心者2足目登山靴選び

    初めて購入した登山靴は足に合わずに1年弱で手放した。甲薄目、幅はやや狭めの2足目に選んだのはスカルパのミトスMF GTXだった。

  • たおやめ登山黎明期:初めての登山靴購入。履いてはいて履きまくれ!

    遂に登山を始めると決意したら、まずは靴とリュックと雨具の準備。 登山靴を選ぶのは本当に難しい!とにかくどんどん履いてみて!とはいうものの。

  • 阪神間育ちにとって身近な山はもちろん六甲山だがなめてはいけない

    阪神間で育った為、子供の頃から馴染みがあったというか近所の山といえば六甲山だ。阪神タイガースファンじゃないけど「六甲おろし」は歌えちゃう。たくさんある登山コースの中でも芦屋川駅から有馬温泉へ向かうコースは人気の王道コースだ。スタート地点芦屋川駅の標高は32m。標高差約900m。

  • たおやめ登山黎明期:ないない尽くしで登山を始めた中年たおやめが最初に揃えた装備とその末路

    初めてのハイキング。とりあえずやってみようと思ったものの、長続きするか自信もなかったので必要最低限のものだけ揃え、あとはなるべく手元にあるものだけで歩いてみようと考えた。 全くの手探りでまわりにアドバイスをもらえる経験者もいなかったので、ネットや本を調べ準備に挑む。

  • アークテリクスAtomLTの部分汚れをきれいに洗う

    淡い色合いが気に入っているアークテリクスAtomLT。洗濯機で丸洗いできるのだが、襟元と袖口の汚れが取れなくなってきた。この汚れさえ落ちればまだまだ着られるのでこすり洗いしてみた。

  • アークテリクスAtom SL Hoodyメンズを女性が着た感想

    アークテリクスのアトムSLをふわっと羽織ることを目的に、通常ウィメンズSサイズを着ている女性がメンズXSを着てみた感想。

  • 登山記録を始めるはずが非常事態発生

    インドア派で鳴らして数十年。 スポーツといえば体育の授業くらいしか知らず、体力なし筋肉なしのかよわき元乙女。旅先に選ぶとしても山より海でしょ、山登りなんておじいちゃんがするものでしょ?くらいのイメージで、山ガールなる言葉を耳にしても全く興味が湧かず十数年後、なぜか突然登山に目覚めた時はすでに中年まっただなかになっていた。 インドア派のまま中年期に突入したたおやめの体は想像以上に老朽化が進んでおり、思うように脚は動かず息はあがる。 山は呼ぶけど膝は笑う。 同世代はもとより、高齢者にも追い抜かれる悲しさよ。 けれど、他人と競わずに楽しめるのが登山の良いところ。対戦相手は自分だけ。 少しずつ登ってい…

ブログリーダー」を活用して、ビブ丸さんをフォローしませんか?

ハンドル名
ビブ丸さん
ブログタイトル
命短し、歩けよたおやめ
フォロー
命短し、歩けよたおやめ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー