searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

シュンノスさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
本の寄り道ブログ
ブログURL
https://hon-no-yorimichi.hatenadiary.com/
ブログ紹介文
本を読んで感じたこと思ったこと。そして、そこから発展して考えたこと。
更新頻度(1年)

1回 / 8日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2021/01/03

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、シュンノスさんの読者になりませんか?

ハンドル名
シュンノスさん
ブログタイトル
本の寄り道ブログ
更新頻度
1回 / 8日(平均0.9回/週)
読者になる
本の寄り道ブログ

シュンノスさんの新着記事

1件〜30件

  • 車輪を知らない火星人~イーロン・マスクとH・G・ウェルズ~

    イーロン・マスク(似顔絵) 2013年、テスラとスペースX社のCEOイーロン・マスクがハイパーループの構想を提唱し世間を驚かせた。ハイパーループは減圧された真空のトンネルの中を列車が走行するというアイデアで、実現すれば時速1000kmを超える超音速で人や物を輸送できる。 イーロン・マスク(*1) ハイパーループの想像図(*2) 約5000年前、人類は車輪を発明し圧倒的に少ない労力で重たい荷物を遠くへ運べるようになった。 SFの巨匠H・G・ウェルズは彼の6番目の小説『宇宙戦争』の中で、車輪について面白い表現をしている。 火星人が使う装置について、なによりも奇異に感じられるのは、人間が使うほぼすべ…

  • ジェレド・ダイヤモンドさんの似顔絵を描きました

    ジェレド・ダイヤモンド(似顔絵) ジェレド・ダイヤモンドさんは若い頃ニューギニアで鳥類の進化を研究していたそうなので、ニューギニアに生息しているフォーゲルコップカタカケフウチョウを一緒に描きました。 この世の光の99.7%を吸収してしまう漆黒の羽根を持っているそうです。 フォーゲルコップカタカケフウチョウを動画で見たい方はこちらをどうぞ↓ www.youtube.com

  • 『銃・病原菌・鉄』②ビッグヒストリー/容姿について/『種の起源』

    ビッグヒストリー 今回も『銃・病原菌・鉄』の話です。 たぶん、この先もこの本を皮切りにいろいろと寄り道していく所存ですので、どうぞよろしくお願いします。 さて本書は歴史を扱った本ですが、著者のジェレド・ダイヤモンドは進化生物学者です。 「ビッグヒストリー」という言葉を耳にしたことはないでしょうか。 これは理系文型の垣根を超えあらゆる学問を統合して歴史を理解しようという試みです。 かくいう『銃・病原菌・鉄』もその1つ。 そして本書の問題提起はこうでした。 スペインの軍人ピサロがインカ帝国国王アタワルパを捕らえることができたのはなぜか? それはピサロたちが持っていて、アタワルパたちが持っていなかっ…

  • 『銃・病原菌・鉄』①表紙について

    去年の暮に、以前からずっと読みたいと思っていたジェレド・ダイヤモンドの『銃・病原菌・鉄』を買いました。 ピュリッツァー賞を取っていることは知っていたし、私自身いわゆる「ビッグヒストリー」というジャンルの本には興味がある。 そしてお正月。 時間もありそうだし、ごろごろしながら重めの本でもゆっくり読みたいなあと思ったわけで…。 銃・病原菌・鉄 上巻 作者:ジャレド ダイアモンド 発売日: 2013/07/12 メディア: Kindle版 表紙について スペインの軍人ピサロとインカ帝国国王アタワルパが描かれています。 2人が出会ったこの瞬間この場面こそが、最も重要、本書の肝です。 1532年ピサロ率…

カテゴリー一覧
商用