chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • アルミ建具取付

    外部建具取付外部はアルミ内部樹脂サッシで低炭素認定アルミ建具取付

  • 赤松の床柱

    茶室の赤松の床柱とヒノキの錆丸太を床框にする赤松の床柱

  • 立平葺き

    立平葺き工事立平葺き

  • 外壁の修繕

    お寺の外壁の修繕工事外壁の修繕

  • 桟付き下見板貼り

    杉無垢材の桟付き下見板を貼る桟付き下見板貼り

  • 木造建築の作業場と倉庫

    木造建築の作業場と倉庫以前は木造建築を手掛ける会社は墨付け手加工をする作業場があり、加工用機械をそれなりに揃えていましたし、規模の大小を問わず少なくとも注文住宅の施工を主とする会社であるならば、それなりの倉庫に乾燥材の保管がありましたが、木材の墨付け手加工をプレカットに外部に委託するようになり、造作材などの加工ための作業場まで持たない木造建築をする会社がほとんどになり、それに伴って造作材まで既製品の仕上げ済み材を多く使うようになってしまった。そのために材木をストックする倉庫まで持たない会社がほとんどですが、弊社は事務所の後ろに作業場を構え、墨付け手加工で住宅を建てていますし、倉庫には自然乾燥したいろいろな木材を、持たなければ注文住宅の多種多様な仕様に応えることはできないと、私は思っています。需要と供給のバ...木造建築の作業場と倉庫

  • アルミ建具搬入

    外部アルミ内部樹脂の建具の搬入するアルミ建具搬入

  • 庇の取付庇

  • 間柱を入れる

    檜の間柱と筋交いを入れる。間柱を入れる

  • 建て方完了

    建て方が無事終わりました建て方完了

  • 木造住宅建て方

    木造2階建て住宅の建て方をする。木造住宅建て方

  • 土台伏せ

    東濃桧の土台伏せ土台伏せ

  • 給排水

    給排水設備の外部配管給排水

  • コンクリート塀

    コンクリート打ち放しの塀コンクリート塀

  • 手加工

    梁を手加工する。手加工

  • 境界の根切

    隣との境界コンクリートを打つための根切境界の根切

  • コンクリート塀

    コンクリート塀のコンクリート打ちコンクリート塀

  • 吹付硬質ウレタンフォーム断熱材

    グラスウールやブローイングなど、建物に採用する断熱材は様々な種類がありますが、最近住宅にも採用される事が多くなった断熱材といえば、吹付硬質ウレタンフォームです。吹付硬質ウレタンフォームとは、ポリウレタン樹脂を主成分として、発泡させたスポンジ状の断熱材で、小さな硬い泡の集合体である「硬質ウレタンフォーム」の中には、熱を伝えにくい空気が閉じ込められているため、優れた断熱性が得られます。一昔前には、全く馴染みが無かった吹付硬質ウレタンフォームですが、従来の断熱材よりも高い断熱性能と省エネ効果を発揮すると言われています。自己接着力に非常に優れている為、屋根の内側など、他製品では施工が難しい箇所もスムーズに施工ができますし、又、施工期間の短縮によりコスト削減・省エネの実現へと繋がります。発泡状の断熱材であり、高い断...吹付硬質ウレタンフォーム断熱材

  • 型枠を組む

    コンクリート塀の型枠を組む型枠を組む

  • 塀の基礎配筋

    外構工事の塀の基礎配筋。塀の基礎配筋

  • 基礎コンクリート打設

    基礎のべースコンクリートの打設。基礎コンクリート打設

  • 配筋検査

    10年保証の保険の配筋検査配筋検査

  • 基礎鉄筋

    基礎の鉄筋を組み配管スリーブを入れる基礎鉄筋

  • 墨付け

    檜の土台に墨付けをする墨付け

  • 基礎型枠を組む

    基礎の外周の型枠を組む。基礎型枠を組む

  • 地盤改良2

    表層地盤改良の完了地盤改良2

  • 地盤改良

    表層地盤改良をする。地盤改良

  • 東濃檜

    先日の競りで落とした東濃檜の芯去り役柱、及び鴨居と初めて使う檜のヌキを恵那から運ぶ。貫は今までロシア産のエゾ松を使っていましたが輸入禁止になり、ヒノキのヌキを使うことにしました。東濃檜

  • 水屋

    水屋の床板はヤニ松の板です。水屋

  • 珪藻土塗

    四国化成の珪藻土を塗る。珪藻土塗

  • ケヤキのテーブル

    ケヤキの無垢の厚み75mmの板にサンダーを掛けダイニングテーブルに仕上げる。ケヤキのテーブル

  • 玄関

    玄関は家族が靴を脱いだり履いたりする場所であるが、短時間の用件の来客は、玄関で用件を済ませる事が多い。短時間の来客の応対をする部屋というのも玄関の重要な役割である。出かける際の身だしなみをチェックしたり、時には靴のメンテナンスをしたりする玄関。靴を脱ぎ履きする玄関は、ニオイがこもりがち…。まずは、靴箱内に消臭剤や重曹などを置いて不快なニオイを取り除き、靴、帽子、コート、傘などを収納すれば、玄関を常に気持ちよく整理整頓できます。玄関は、お客様を迎える顔であり、家族の「いってらっしゃい」「おかえりなさい」を繰り返す大切な場所です。玄関

  • 東濃檜

    先日の競りで落した東濃檜が作業場に入る。東濃檜

  • 大工が作るテレビ台

    ケヤキの無垢の幅40㎝の板をテレビ台として取付大工が作るテレビ台

  • 繊維聚楽壁

    繊維聚楽壁の下塗りをする繊維聚楽壁

  • テレビボード

    檜の無垢の板をテレビボードの天板にする巾40㎝ですテレビボード

  • 茶室

    今日では住宅に茶室は少なくなりほとんど、茶室の工事をしたことのない大工が増えています茶室

  • 地盤調査

    スウェーデン式サウンディング試験で地盤調査をするスウェーデン式サウンディング試験とは、戸建住宅の地盤調査の標準的な調査法として採用されています。この調査方法は、試験方法が簡単で経済的に調べる事が出来るため、広く一般利用されています。地盤調査

  • 外皮性能計算

    福井コンピュータのソフトで外皮性能計算をする。外皮性能計算

  • 杉柾の天井板を貼る

    杉目透かしの天井板を貼る杉柾の天井板を貼る

  • アール天井

    杉柾のアールの底目地天井アール天井

  • 屋根取付

    玄関横に屋根取付屋根取付

  • 自然素材の寝室

    床は能登ヒバの節ありフローリング張り壁は漆喰塗天井は杉の節ありのフローリングで仕上げる自然素材の寝室

  • キッチン

    能登の門前の能登ヒバを切りだし、製材し桟ずみ乾燥した柱材を手加工して建てた住宅のLDKで、床板は栗の無垢のフローリング、壁・天井は漆喰塗、リビングの天井は杉無宅のフローリング、キッチンもケヤキの1枚板にステンレスのシンクを加工して取付けたキッチン、すべてが大工の腕による住宅です。キッチン

  • 外皮性能計算

    福井コンピュータのアーキトレンドで外皮性能計算をする外皮性能計算

  • みずめ桜

    みずめ桜の無垢の天板を取付けるみずめ桜

  • 鴨居の加工

    東濃檜の鴨居に溝を切る鴨居の加工

  • 檜の加工

    東濃檜の鴨居を加工する檜の加工

  • 額縁を作る

    無垢のタモ材で額縁を加工する額縁を作る

  • アルミ建具カバー工法

    既存のFIXのアルミ建具の枠に新しい引き違いのアルミ建具を取付けるアルミ建具カバー工法

  • 上下水道引込

    敷地に水道・下水道を引き込む上下水道引込

  • キッチンのカウンター

    先日加工した桜の木をキッチンのカウンターに取り付けるキッチンのカウンター

  • 壁のボード貼り

    壁下地を貫で作りプラスターボードを貼る。壁のボード貼り

  • 桜の木を削る

    キッチンの対面カウンターの桜の板を削る。桜の木を削る

  • 能登ヒバ(アテ)

    奥能登から切り出された能登ひばは、湿気に強く、非常に腐りにくい優れた耐久性を持った木で、ヒノキチオールという成分を多く含んでいることが、雑菌類やカビ類などの腐朽菌の繁殖を抑え、シロアリなどの住居害虫に対しても強い忌避作用があります。能登ヒバのほうが、青森ヒバより、単価も安く、能登ヒバのほうが固い「カナアテ」と呼ばれる種類もあり、床材に加工しますが、能登ヒバの丸太の太さが青森ヒバより小さいので大きい材木は取りにくいですが、弊社では能登ヒバの産地の市場や知人の山を廻り、大きい材料や、板材を自然乾燥し床板・壁の板張り・天井板・化粧梁などに使用しています。壁の板張り:能登ヒバの厚み24mm巾270mmの板張り能登ヒバ(アテ)

  • システムキッチン交換

    リクシルのシステムキッチン交換工事システムキッチン交換

  • ドア枠の取付

    内部のドア枠を組立取付けるドア枠の取付

  • 能登ヒバ

    自然乾燥した能登ヒバのフローリングを貼る能登ヒバ

  • 棟瓦の改修

    棟瓦を積み直しをする。棟瓦の改修

  • ユニットバス組立

    1.25坪のユニットバスの組立るユニットバス組立

  • 上下水道引込

    上下水道を道路から本管を引込をする上下水道引込

  • 木製廻階段

    木製廻階段を掛ける木製廻階段

  • 下見板の張替え

    下見板張替え80年ぐらい外壁を守った下見板の張替え。21㎝の幅広の杉板を横方向に張り、縦の抑え縁を付けて仕上げていきます。最近は防火の観点から採用されることも少なくなった下見板張りですが、かつては左官塗り外壁と並んで、仕上げの定番で、和風、洋風とも木造建築の外壁に使用されてきました。長期的にみると、木の特性でもある、割れや反りといった不具合はどうしてもありますが、その箇所だけを部分的に張替えでき、メンテナンスにかかる費用も他の外壁に比べて安価ですし、何よりも年数を経た自然の木の美しさは、他の外壁では感じる事はできないのではないでしょうか。下見板の張替え

  • フロアーを貼る

    床板のフロアーを糊貼りする。フロアーを貼る

  • 廻階段 1

    廻階段を掛ける廻階段1

  • 熱交換換気ユニット

    パナソニック製の1種換気の熱交換換気ユニットの取付配管工事熱交換換気ユニット

  • 造作材を作る

    既製品の枠材でなく無垢の造作材を加工する造作材を作る

  • 壁のヌキ下地

    プラスターボードを貼るための、壁のヌキ下地、最近ではヌキ下地を省略する会社もあります。壁のヌキ下地

  • 床養生

    ヒノキのフローリング張りを合板で床養生をする床養生

  • 家事室

    洗濯機と乾燥機のある家事室大きさは4.5畳家事室

  • ヒノキのフローリング張り

    檜の無垢のフローリングを貼るヒノキのフローリング張り

  • ローボードの天板

    ローボードの天板を無垢の檜、幅45㎝の板に決める。ローボードの天板

  • スライド丸鋸

    スライド丸鋸で檜の敷居を加工スライド丸鋸

  • 玄関

    外出や帰宅、来客時など、玄関は必ず通る場所なので、家の第一印象を大きく左右するといっても過言ではありません。お客様の9割以上が玄関で応対をして、帰られますし、通販や宅配の受け取りなど玄関で対応する機会も多いので、清潔感+お洒落さにこだわりたいですし、玄関は、清潔感のある空間が基本です。靴はきちんと隅に揃えて、すぐに履かないときは靴箱に収納する習慣を付け、頻繁に出入りする玄関は砂埃など汚れやすい場所なので、小さなほうきと、ちりとりを用意しておくと便利ですし、すっきりと整った玄関は、お客さまに清潔で明るい印象を与えることができます。床:御影石貼壁:四国化成繊維聚楽壁天井:能登ヒバの板張り玄関

  • 能登ヒバの板

    自然乾燥した能登ヒバの板を長さを2mに切りフローリング加工の準備をする。能登ヒバの板

  • 天井下地

    垂木と貫で天井下地をする天井下地

  • ユニットバスの組立

    ユニットバスを組み立てるユニットバスの組立

  • 能登ヒバの柱

    能登ヒバの柱を加工する能登ヒバの柱

  • 式台の取付

    ケヤキの無垢の式台と框の取付式台の取付

  • 土地の分譲

    3区画の土地(44坪)分譲を始めました。土地の分譲

  • 外壁の発泡ウレタン吹付

    2回目の壁の発砲ウレタン吹付断熱工事外壁の発泡ウレタン吹付

  • ケヤキの無垢の式台

    ケヤキの無垢の式台を加工するケヤキの無垢の式台

  • 檜の丸太梁

    東濃檜の直径33㎝の丸太梁の養生を外す。檜の丸太梁

  • トイレ

    トイレ0.25坪の違いトイレをプランする時、約0.5坪で大便器と洗面器の形が、多いようですが、畳1枚の大きさに、0.25坪をプラスすると写真のような大便器、小便器のトイレをプランすることができます。男性は大便器だけの場合、トイレをよく汚すので小便器を付けるとトイレの掃除が、少し楽になるかもしれません。床:御影石貼り腰壁:ボータイル貼壁:繊維聚楽壁塗り天井:能登ヒバの板張りトイレ

  • 外壁工事

    防火サイディングを貼りだす。外壁工事

  • 基礎内断熱

    発砲ウレタン吹付A種1の基礎内断熱基礎内断熱

  • 檜のフリーリング

    以前から用意していた檜のフローリングを床工事に使います。檜のフリーリング

  • 断熱工事

    発砲ウレタン吹付断熱断熱工事

  • 改修工事

    部屋の延長大引き及びネタ垂木はヒノキで作る改修工事

  • 筋交い金物

    筋交い金物取付をする。筋交い金物

  • 保険の躯体検査

    (株)日本住宅保証検査機構の保険の躯体検査を受けました。保険の躯体検査

  • ウオークインクローゼット

    大工が作るウオークインクローゼットウオークインクローゼット

  • アスベストの講習

    大気汚染防止法の改正講習を受けるアスベストの講習

  • 日本独特の床材である畳洋風の暮らしになった今でも一部屋は畳の和室が欲しいという方は多いのでは無いでしょうか。そもそも畳とは畳床と呼ばれる畳の芯にい草を編んで作った畳表を貼り付けて作ります。畳床として使われる素材にはフォームポリスチレンなどの建材を使うのが主流ですが、昔ながらの伝統素材である圧縮した藁で作られた畳床は高価ですが耐久性や復元力に優れるため、きちんとお手入れをすれば長く使うことが出来ます。畳床にかぶせる畳表は経糸にい草を織り込んで作られており、経糸は麻糸で国産のい草をつかったものが高級品で、独特の風合いと、程よい硬さとクッション性を兼ね備えているため非常に心地よく、天然素材であるい草の香りはリラックス効果が高いことに加えて二酸化窒素などを吸着することで空気をきれいにする効果があります。湿度を調整する機...畳

  • 防蟻剤を散布

    床下・柱・間柱・筋交いはすべてヒノキですがシロアリの防蟻剤を散布防蟻剤を散布

  • 内部配管工事

    内部の床下配管を固定する内部配管工事

  • AT葺き

    玄関の屋根を耐魔カラーのAT葺きの工事をするAT葺き

  • 檜の床垂木

    檜の土台に、ヒノキの大引き、ヒノキの根太垂木を打つ檜の床垂木

  • 能登ヒバ

    能登ヒバを乾燥するため粗割にする。能登ヒバ

  • 地袋

    床の間を作る予定が、少し高いほうがいろんなものが飾れるし、掛け軸を持たないので地袋になる。地袋

ブログリーダー」を活用して、住まい瓦版さんをフォローしませんか?

ハンドル名
住まい瓦版さん
ブログタイトル
株式会社大島の木の住まい瓦版
フォロー
株式会社大島の木の住まい瓦版

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用