searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

はるさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
器用貧乏なSEのITブログ
ブログURL
https://kiyoubinnbouse.jp/
ブログ紹介文
器用貧乏なSEが今話題のITの情報や聞いたことはあるけど意味は知らないようなIT用語について解説したり、旅行で撮影した写真について語っていたりするブログです。
ブログ村参加
2020/09/14
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、はるさんをフォローしませんか?

ハンドル名
はるさん
ブログタイトル
器用貧乏なSEのITブログ
フォロー
器用貧乏なSEのITブログ

はるさんの新着記事

1件〜30件

  • なんとなくわかる「ログ」

    ログ(Log)とは、コンピュータを用いたデータ通信やアクセスの履歴などのコンピュータ上での活動の情報を記録すること、またその記録自体のことを指します。

  • なんとなくわかる「ロードバランサ」

    ロードバランサ (Load Balancer) とは、Webシステムにかかる負荷を複数のサーバに分散させ、サーバごとのCPUやメモリの使用状況を考えて処理のバランスを調節するシステムになります。

  • なんとなくわかる「ランサムウェア」

    ランサムウェアとは、マルウェアの一種で身代金要求型マルウェアといい、感染することでPC内のデータが暗号化されたりして復号するために利用者に身代金を要求するメッセージを表示して指定のところへ振り込ませます。

  • なんとなくわかる「OSINT」

    OSINT(Open Source INTelligence)とは 、諜報活動の一種で一般に公開されている情報を収集し、目的のために役立てる手法を指します。サイバー攻撃の分野において攻撃者が標的とする組織や企業の情報収集のために活用します。

  • なんとなくわかる「クリアデスク」

    クリアデスク(Clear Desk) とは、情報漏洩などのインシデントへの対策の一つで自分の使っている机の上に書類等を放置しないことを指します。

  • なんとなくわかる「IDS」

    IDS(Intrusion Detection System)とは 、侵入検知システムといい、ネットワークやホストをリアルタイムで監視し、侵入や攻撃などによるアクセスを検知して管理者に通知するシステムです。

  • なんとなくわかる「CIDR」

    CIDR(Classless Inter-Domain Routing)とは 、IPアドレスのネットワークアドレスのクラス分けに依存しないIPアドレスの設定の仕組みになります。

  • なんとなくわかる「伝送媒体」

    伝送媒体とは、通信信号を物理的な通路で伝送するためのケーブルなどの媒体のことを指します。伝送媒体は有線媒体と無線媒体に分けられ、速度を求める場合は有線媒体を利用したり、手軽にLANに接続したい場合には無線媒体を使うなど使い分けられる。

  • なんとなくわかる「LAN」

    LAN(Local Area Network)とは 、家などで使われる無線LANなど同じ敷地内で自由に構築できるネットワークになります。標準化団体であるIEEEが規格を定めており、代表例として無線LANやイーサネットが存在する。

  • なんとなくわかる「ハッシュ関数」

    ハッシュ関数(hash function)とは、入力されたデータに関数を通して計算を行って無関係の意味を持たないデータに変換する暗号方式で、仮想通貨などのセキュリティ面で必須の技術になっています。

  • なんとなくわかる「ACID特性」

    ACID特性とは、トランザクション処理において信頼性を得るために求められる4つの要件でAtomicity(原子性)、Consistency(一貫性)、Isolation(独立性)、Durability(永続性)の頭文字をとったものです。

  • なんとなくわかる「クラッシング」

    クラッシング (crashing) とはプロジェクトのスコープを変化させることなくコストの追加投資によってスケジュールを早める手法です。ここでのコストの追加投資は人員の追加や人員の残業時間の増加などが挙げられます。

  • なんとなくわかる「サイトサーベイ」

    サイトサーベイ (site survey) とは、ネットワークの電波調査のことでネットワークを利用する空間の無線LAN機器(アクセスポイント)の設置台数・設置位置、通信のチャンネルを決定するために行われる調査です。

  • なんとなくわかる「プロトコル」

    プロトコルとは、通信規約という意味を持ちネットワークの通信におけるそれぞれの処理の共通のルールになります。プロトコルの制定によってメーカーやベンダごとでの機器を組み合わせても通信を行うことができるようになりました。

  • なんとなくわかる「ネットワークライフサイクル」

    ネットワークライフサイクルとは、現状のネットワークのニーズに合っているかを定期的にチェックし、ネットワークの構成の見直しを行うサイクルのことを指します。

  • なんとなくわかる「輻輳」

    輻輳とはネットワークや電話回線にアクセスが集中する状態を指し、通信の帯域幅の上限に達したために通信速度の低下や通信障害になってしまうなどの影響があります。

  • なんとなくわかる「ファイブフォース分析」

    ファイブフォース分析とは、マイケル・ポーターの提唱する業界内における企業の競争力に影響を与える5つの要因のことを指します。5つの要因の影響が大きいほど企業の収益性が低くなりやすくなります。

  • なんとなくわかる「QoS(Quality of Service)」

    QoS (Quality of Service) とは、リアルタイム性を求められる通信において一定以上の通信速度を保証する技術で、ある特定の通信を優先して伝送させたり、帯域幅を確保することで通信を安定させます。

  • なんとなくわかる「ハードコード」

    ハードコード(hard coding)とは、ソースコード内に本来は変数として格納して管理すべき値を固定値として直接記入するコーディングのことです。

  • なんとなくわかる「リプレイ攻撃」

    リプレイ攻撃 (反射攻撃) とは、利用者が特定のサイトにログインする際に送信したIDやパスワードのデータを持つ通信パケットを盗聴し、そのパケットを利用して攻撃者が不正アクセスするサイバー攻撃になります。

  • なんとなくわかる「スケアウェア」

    スケアウェア(scareware)とは 、ディスプレイにウイルスに感染しましたなどユーザが焦らせるような表示をしてそれを直すためのソフトウェアを買わせて個人情報や金銭を取得するマルウェアを指します。

  • なんとなくわかる「DNSキャッシュポイズニング」

    DNSキャッシュポイズニングとは、 DNSキャッシュサーバの脆弱性を利用して偽のIPアドレスの情報をDNSサーバへ記憶させ、 そのDNSサーバを使用するユーザーに対して悪意のあるサイトへ誘導したりメールの盗聴などを行うサイバー攻撃です。

  • 「重要なニュース」という迷惑メールについて

    2021年04月05日 14:08にキャリアメールに件名が「重要なニュース」というもので送信元メールアドレスが自分のメールアドレスのメールが送信されました。内容としては仮想通貨の要求なので絶対にお金を送らないようにしましょう。

  • なんとなくわかる「プローブ攻撃」

    プローブ攻撃(probe attack)とは、デバイスのICチップにプローブと呼ばれる針状の器具の先端を直接当ててチップが行う暗号化された秘密情報などの処理の信号を受信して解析するサイドチャネル攻撃の一つです。

  • なんとなくわかる「ゼロデイ攻撃」

    セロデイ攻撃(zero-day attack)とは、ソフトウェアや伊ステムに対して発生した脆弱性が修正パッチ、修正プログラムなどの対策がなされる前にその脆弱性を悪用して行うサイバー攻撃のことを指します。

  • なんとなくわかる「セッションフィクセーション」

    セッションフィクセーション(session fixation)とは、Webサイトのアクセス時にログイン情報などを記憶するためのセッションIDを悪用して攻撃者が利用者がログインしているサイトに侵入して不正を行う攻撃です。

  • なんとなくわかる「HTTPヘッダインジェクション」

    HTTPヘッダインジェクションとは、HTTPレスポンスに脆弱性がある場合に攻撃者の意図した動作をするようなHTTPレスポンスヘッダの追加やHTTPレスポンスボディを追加して利用者の情報の取得や悪意のあるURLへのリダイレクトを行うサイバー攻撃です。

  • なんとなくわかる「EV証明書」

    EV証明書とは、ドメイン名を使うための利用権だけではなく、Webサイトが実際に存在していることやドメイン名と組織の関係性について厳格に審査したうえで発行される信頼性の強いサーバ証明書のことです。

  • なんとなくわかる「SHA-384」

    SHA-384(Secure Hash Algorithm 384-bit)とは、SHA2と呼ばれる堅牢なハッシュ値を作り出すハッシュ関数のうちの一つです。ハッシュ値の長さが384であることからSHA-384と名付けられています。

  • なんとなくわかる「コンテナ技術」

    コンテナ技術とは、実際の環境は別の環境を作り出してシステム開発の環境やテスト環境を作り出してそれぞれの環境で独立してアプリケーションやサーバを動作させる仮想化の技術です。

カテゴリー一覧
商用