searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

taroさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
taroのピンポン玉サバ楽しむブログ
ブログURL
https://kingyo-taro.hatenablog.jp
ブログ紹介文
金魚飼育を楽しむブログです。 玉サバやピンポンパール等の金魚飼育にまつわる、日記を兼ねたような内容のブログです。
ブログ村参加
2020/07/17
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、taroさんをフォローしませんか?

ハンドル名
taroさん
ブログタイトル
taroのピンポン玉サバ楽しむブログ
フォロー
taroのピンポン玉サバ楽しむブログ

taroさんの新着記事

1件〜30件

  • 変身!

    わが家の屋外水槽には、玉サバの他にも、子供が金魚すくいで持ち帰ってきた出目金たちも一緒に暮らしています。 その中の一匹が、今年の夏からイメチェン(?)し始めました。 金魚すくい出身のため もともと黒出目金だったのですが、わが家に来てから数年を経て、年齢もそれなりになったというのに 今さら 体色が変化してきました。 ※1年前の写真 こうして1年前の頃の写真と比べて見ると、同じ個体と思えないですね😅 この出目金は、現在わが家にいる金魚の中でも おそらく最古参の金魚になります。 金魚すくいから持ち帰ったのが6、7年前? もしかすると、もっと前からいるかもしれません。 金魚すくい出身の出目金の中で、最…

  • 久々ピンポンパールさん

    最近はすっかり秋っぽくなり、朝晩は冷え込んで肌寒いぐらいになってきましたね。 でも日中はまだまだ暑い日もあったりと、1日を通して気温差が大きくなってくる時期なので、体調管理には気をつけないとですね☺️ さて、わが家には屋外のFRP水槽の他に、屋内に45cm水槽がひとつだけあります。 現在、その水槽にはピンポンパールさんが暮らしています。 ピンポンパール、かわいいですね😆 必死にエサくれダンスをする泳ぎっぷりが、プリプリしていて見ていて楽しいです。 この中の白ピンポンは、昨年の冬は屋外水槽で玉サバたちと共に越冬しました。 屋外水槽は、真冬は水面が凍ってしまうほどなので屋内と比べるとかなり過酷な環…

  • その後ミナミヌマエビは…

    水草水槽終了後、屋外のコンテナボックスに引っ越ししたミナミヌマエビさんたち。 ↓過去記事はこちら kingyo-taro.hatenablog.jp 前回記事にしてから1年以上が経ちました。 一年前の当時は、コンテナ内は自然と安定した環境になってそうだったので、その後はそのまま何もせず、屋外で1年以上完全放置状態でした😅 雨水がそのまま入るため、雨が降れば溢れ、足し水すらしたことがありません。 ただ、完全放置と言っても少しだけでも水は流動させた方がいいと思ったので、最初から底面フィルターは常時稼働させており、水草水槽で残った水草も投入していました。 また、過去にもコンテナボックスに子供が採って…

  • たい焼きくん!?

    だんだん秋の気配が感じられるようになってきましたね😊 屋外飼育のFRP水槽は今年の夏も完全青水だったのが、昨年と同じく、秋っぽくなってきたと同時に自然と澄んだ透明になってきており、季節の変化を感じます。 ↓昨年の記事 kingyo-taro.hatenablog.jp 飼育水の色が急に澄んだ色になる場合は、水質が悪化していることが原因のときもあるようなので注意して経過を見ているのですが、わが家の場合は大丈夫そうです。 真夏よりも水温が下がり、金魚も食欲が出てきて、最近はいつにも増して餌を求めて泳ぎ回っています😄 先日の水換え時に、黒色(鮒色)から褪色している玉サバがいたので写真を撮ってみました…

  • キャリコ玉サバ【続き】

    こんにちは、taroです 最近やっと暑さも落ち着いてきたので、ちょっとホッとしています😅 ついこの前までは残暑が厳しかったのに、昨日今日あたり朝晩は肌寒いぐらいのときがあり、ちょっと極端ですね💦 でも、夏が大好きな僕としては、今年の夏はほんとに消化不良のような夏でした… 来年は「夏」を満喫したいですね! さて、前回からの続きです。 昨年産まれた中に、3匹だけキャリコのような柄の玉サバが産まれました。 見えにくいですね…💦 上2つの画像は同じ個体の写真です。 赤が多めの配色です。 こちらは柄が似てますが、それぞれ別の個体です。 昨年産まれとは思えないぐらいのちびっ子サイズです😅 当初、親の五色琉…

  • キャリコ玉サバ

    わが家の玉サバの中には、中国琉金の血が入っているものもいます。 さかのぼること数年前、たまたま訪れた金魚屋さんで、キャリコとはまた違った、綺麗な五色のような柄の中国産琉金を見かけ、一目惚れしました😆 値段も安かったため、「これは掘り出し物!」と思い、わが家にお迎えしました。 その後、わが家にいる玉サバとこの琉金を掛け合わせると、面白い柄の玉サバができるかも!と安易に考えて交配したことがあります。 …しかし実際はそう簡単ではなく、交配の結果、親と同じような五色のような色がついた玉サバはゼロ(❗)でした😅 ほとんどが見た目は普通(?)の更紗模様の玉サバばかりでした。 ただ唯一、一匹だけ更紗模様にキ…

  • 白玉サバ

    こんにちは、taroです。 前回、わが家の黒玉サバをご紹介しました。 その他に、普通なら選別するような色柄だと思うのですが、単純に僕の好みで残している仔もいます。 白玉サバです …ただの素白です…😅 この仔は、素白で眼だけ赤色のものです。 この配色自体は特に珍しくなく、繁殖させると普通によく産まれるのですが、何故か好きなんです。 黒玉サバは野性味が感じられてカッコいいし、白玉サバはなんとなくかわいい感じがして、どちらもそれぞれ魅力があります。 眼だけ赤色です。 素白は数匹だけ残しているのですが、白玉サバも黒玉サバと同じように、更紗の中に少数混ざって泳いでいるのを見るのが、なんとなく好きなんです…

  • 黒玉サバ

    現在、わが家には昨年産まれの玉サバがいます。 普段の生活が忙しくなり金魚飼育にそれほど時間をかけることができないことや、飼育数自体これ以上増やすことは考えられなかったため、今年は全く繁殖させていません。 でも、この昨年産まれの玉サバの中にも、なんとなく気になる仔もいます😊 画像にも写っていますが、黒色玉サバです。 正確には、鮒色ですが… 更紗の中に、黒色が混ざっているとカッコよく見えます😆 ただし、ただ単に褪色前なだけのものも多く含まれていて、大多数がいずれ褪色して素赤になってしまいます。 その中でも、過去の経験では今後も褪色せず黒色のままのものも、ごく少数だけ出てきます。 なので、現時点では…

  • 【玉サバ】昨年産玉サバの現在

    こんにちは、taroです。 ずっと梅雨のような天気が続きますね。 僕は夏が大好きなのですが、今年の夏は雨ばかりのため、「夏」を満喫した気分になれません… さて、現在わが家では昨年玉サバが産卵したものを少しだけ育成しています。 ↓過去記事はこちら kingyo-taro.hatenablog.jp kingyo-taro.hatenablog.jp この記事以降ブログに載せることもなく、その後、ブログ自体も更新していなかったため、久々になります😅 普段の生活が忙しくなり金魚飼育にもあまり時間をとることができず、サイズアップとは無縁の、世話があまりかからない水質安定に重点を置いた飼育スタイルで、こ…

  • 金魚の餌【自作ゲル状フード】作ってみた

    こんにちは、taroです。 以前、ゲル状フードについて記事を書きました。 kingyo-taro.hatenablog.jp このエサは金魚の食いつきがすごく良く、長い時間水中でもゲル状のままのため、魚が食べたいときに食べれるだけ食べることができるので、特に稚魚に与えるとグングン大きくなりました。 粉末からゲル状に作る手間はあるのですが、一度作ってしまうと冷蔵庫で数日間保存できるので、意外と使い勝手も良く いい餌だと思います。 ただ、粒餌に比べると少々値段が割高です😅 そこで、以前の記事にも書きましたが 「自作できたら安く大量に作れるのでは?」と考えました。 ということで、実際に自作に挑戦して…

  • 夏の楽しみ【今年はクワガタ採集】でした

    こんにちは、taroです。 毎年夏になると、子供たちと恒例のカブトムシ採りに行きます。 もちろん今年も、少し前に行ってきました😊 今回、カブトムシも大きなサイズがいっぱい採れたのですが、今年の息子くんのお気に入りはなぜかクワガタらしく、カブトムシは一緒に行った友達に全てあげていました。 採集時の写真は撮り忘れてしまったのですが、帰ってきて改めて見てみると、クワガタもカッコいいですね😆 虫カゴから出しても動き回ってめちゃくちゃ元気でなかなか写真が撮れませんでした💦 威嚇?してるのか、ツノ(アゴ)を拡げて挟む気満々で、つかむと何回もシャキンシャキン音を鳴らして挟む動作をするのでちょっとビビってしま…

  • 【久々の更新】変わらず元気でやってます

    久々の更新になります😅 色々と忙しくて、ブログを更新しなくなってから、早1年が経とうとしています💦 特に大きな出来事があったわけではないのですが、普段の生活が忙しくなり、なんとなくブログから疎遠になっていました。 でも、その間も金魚飼育は変わらず楽しんでおり、現在も元気でやってますヨ😄 金魚飼育もブログも、楽しめる範囲内でマイペースでやっていきたいと思っています。 これからまた時間があれば、不定期にブログ更新できればと思いますので、みなさんこれからもよろしくお願いします😊

  • 【NISSO自動給餌器】の新発見

    こんにちは、taroです。 わが家には現在、今年産まれた玉サバ稚魚がいます。 kingyo-taro.hatenablog.jp しかし、孵化時期が遅かったことや、ミジンコ等の生エサを与えることができなかったこともあってか、かなり小さめなサイズです。 粉エサ等の人工エサだと どうしても給餌回数が限られてしまい、おそらく稚魚が満足のいくまでの量を与えられていませんでした。 そこで、サイズアップを目指し、しまい込んでいたフードタイマーを出してきて自動給餌を始めて、はや1ヶ月以上が経過しました。 メーカーサイトより引用 わが家で使用している自動給餌器は、こちらのニッソーのフードタイマーです。 金魚愛…

  • 【緑から透明へ】夏から秋に向かう飼育水

    こんにちは、taroです。 あれだけ暑かった夏も過ぎ去り、最近朝晩は秋が感じられる涼しさになってきましたね😄 夏が大好きな私は、ちょっと残念なような、ホッとするような少し複雑な気持ちです💦 この夏の異常なまでの暑さで、屋外水槽は毎日ぬるま湯のようになっていましたが、一匹も脱落することなく元気に秋を迎えることができました。 屋外水槽は すだれ等で日除けをしているため、直射日光が当たるわけではないのですが、それでも真夏の強い日射しは十分過ぎるほど水面に差し込んでいました。 そのため飼育水は完全に青水と化し、水換えをしても数日で元の緑色に戻るような状態でした。 金魚のためには むしろ青水の方がいいの…

  • わが家の金魚【金魚すくい出身】たち

    こんにちは、taroです。 以前、わが家の金魚たちをご紹介しました。 わが家には他にも、子供が夏祭り等の金魚すくいでとってきた金魚がいます。 今回は、その金魚たちをご紹介したいと思います。 こちらは金魚すくいでお馴染みの出目金です。家に来たときよりもずいぶん大きくなりました。 もう金魚すくいサイズではないですね😄 こちらも同じく出目金ですが、上の個体よりも2、3年前に わが家にきたので、さらに大きいサイズです。 子供がとってきた出目金は何匹かいるのですが、その中でも一番大きな仔です。 金魚すくいでとってきた当時はどれもかなり小さく、小指の先ぐらいのサイズでした。 金魚すくい出身たちは、金魚すく…

  • 稚魚のエサ【ゲル状フードREPASHY】について

    こんにちは、taroです。 みなさんは稚魚にどんなエサを与えていますか? 私は今まで、ブラインシュリンプを卒業した稚魚に人工エサを与える時は、粉状や粒状のエサをあげていました。(本当は赤虫をいっぱい与えてやりたいのですが、値段が…💦) 今年は、初めてレパシーの「スポーン&グロー」という、ゲル状のエサもあげています。 ネットを見ていると、すごく食い付きがいいとか、水を汚しにくいなど評判が良さそうなので、粒エサに比べると少し割高ですが、一度試してみることにしました。 このエサは、ボトルに粉末状のエサが入っており、その粉末をお湯とよくかき混ぜた後、常温まで冷ますとゲル状となり完成します。 まず最初に…

  • 【玉サバ稚魚】の育成経過

    こんにちは、taroです。 今年はもう金魚の仔引きはしないつもりだったのですが、6月下旬に玉サバが産卵したものを、ほんの少しだけ育成しています。 kingyo-taro.hatenablog.jp ただ、最近までは青水での放任育成だったので、今までになく小さなままの状態です💦 そのため、少し前にフードタイマーによる自動給餌を始めたので、少しずつですが、大きくなってきました。 稚魚のサイズにはかなりバラつきがあります。 大きいサイズのものでも、やっと金魚すくいの小赤ぐらいの大きさです💦 いつもであれば、これぐらいのサイズの時期にはミジンコなどの生餌をたくさん与えるのでグングン成長するのですが、今…

  • 水草水槽の掃除屋さん【ミナミヌマエビ】元気でやってます

    こんにちは、taroです。 まだまだ暑い日が続きますね💦 さて以前、「なんちゃって水草水槽をやってみた」話しを書きました。 kingyo-taro.hatenablog.jp 結局、その時の水草は最終的にほとんど苔まみれになってしまい、ほぼ廃棄しました。 そして、水草水槽の苔とり屋さんとして活躍していたタニシやエビは、屋外のコンテナボックスに引っ越してもらいました。 わずかに残った水草も捨てるのは忍びなく、流木とともにここに入れました。 エビにとって水草レイアウト水槽は、水草という隠れみのが豊富にあるため身を守れる環境ですが、金魚という天敵も存在していたので、最悪補食されてしまうという、ある意…

  • わが家の金魚【玉サバ】たち 2

    こんにちは、taroです。 相変わらずの酷暑ですが、天気予報では、いよいよ暑さも峠を越えそうなことを報じていて、一安心できるのかな💦 さて前々回、わが家の玉サバをご紹介しました。 今回は、その続きをご紹介したいと思います。 こちらは、新潟の養魚場から直送して頂いた玉サバです。 現在いる玉サバはほぼ自家産なので、今となっては数少ない養魚場出身の玉サバです。 さすがに綺麗な玉サバですね😄 自家産玉サバたちの親のうちの1匹でもあります。 これは、モザイク透明鱗です。 この仔は、なんとなく模様が気に入ってます。 自家産玉サバは、普通鱗よりも透明鱗の方が多いですね。 中には、褪色せずに鮒色のままのものも…

  • 大和郡山にある金魚屋さん【粉家養魚場】さん

    こんにちは、taroです。 先日、息子とまたカブトムシ採りに行ってきました。 前回はオスしか採れなかったので、今回はメスがお目当てでした。 …結果、 希望通りメスをゲットできました😄 普段はメスよりオスを見つけた時のほうが断然嬉しいものですが、この日はメスがお目当てだけに、息子は大喜びでした😄 しかし毎回完全防備なので、汗だくになります😵 これにて今年のカブトムシ採りは終了です(また息子に誘われるかもわかりませんが…)。 暑さは相変わらず厳しいですが、日暮れが早くなってきたり、最近ツクツクボウシの鳴き声が聞こえてきたりと、着実に夏も終盤に向かっているのが感じられて、少し残念な気持ちになります😅…

  • わが家の玉サバたち

    こんにちは、taroです。 連日猛暑ですね💦 みなさん熱中症には注意してください。 さて先日、屋外水槽の水換えをしたので、ついでに玉サバたちの写真を撮ってみました。 今まで写真に撮ったことが無かったのですが、いざ金魚の写真を撮ってみると難しいものですね😅 水換えしながらの写真撮りはなかなか大変でした💦 自家産 玉サバたち 一番下の玉サバは、各ヒレがシャープでカッコいいですね😄 横から撮ってみようと頑張りましたが、うまくいかなかったため、諦めてほとんど上見から撮りました😵 この子は素白ですが、サイズが特に小さくてかわいいヤツです😁 屋外飼育のため、みんな色がほどよく揚がっています。 やっぱり日光…

  • 大和郡山にある金魚屋さん

    こんにちは、taroです。 金魚のエサが切れたため、先日奈良県大和郡山市にある金魚屋さんに行ってきました。 家から大和郡山までは近いため、エサ切れついでに、ときどき大和郡山に行くのを楽しみにしています😄 いつ来ても、のどかな景色ですね😄 この日に行ったのは、大和郡山にある「ナニワ金魚池」さん。 こちらは、まさに金魚屋さんというイメージがピッタリくるようなお店です。 店内は綺麗にレイアウトされ、所狭しと水槽が並んでいて、見て回るだけでも楽しくなります😄 家にいる玉サバと将来交配させてみると面白そうな色柄だったので、購入しようか迷いましたが、既に過密気味のために見送りました😅 一般的なものから珍し…

  • 今年の玉サバ稚魚

    こんにちは、taroです。 連日すごい暑さですね。みなさん熱中症には気をつけてください🙇 さて前回は、私が玉サバを飼うことになったきっかけを書いてみました。 そして現在、少しですが玉サバの稚魚(6月下旬孵化)を育成中です。 これまで何度か交配、育成をしてきたことで自家産玉サバが増えて、飼育水槽が過密気味になってきました💦 なので、今年は交配を見送るつもりだったのですが、繁殖時期最後の頃の産卵分を、少数だけ育成しています。 孵化後、約2週間はブラインシュリンプを与えていたのですが、ブラインシュリンプが切れると同時に青水飼育に切り替えました。 青水飼育に切り替えてからは、若干放任気味でほぼ粉餌のみ…

  • 玉サバを飼うきっかけ

    こんにちは、taroです。 突然ですが、ブログタイトルを「金魚を飼ってみた」から 「taroのピンポン玉サバ楽しむブログ」 に変えてみました。 変えた理由は特にないのですが、もともと適当につけたタイトルだったため、ちょっとやってみました😄 引き続き、よろしくお願いします🙇 (また気分で変えるかもしれませんが…) さて前回、屋外飼育の玉サバをご紹介しました。 最初は数匹だった玉サバですが、何度か交配を経て、徐々に数が増えて大所帯になってしまいました😅 私が玉サバを飼うきっかけになったのは、何気なく目にした「玉サバ応援隊」というサイトです。 そのサイトは、立派な玉サバの紹介はもちろん、養魚場の方と…

  • 玉サバ屋外飼育

    こんにちは、taroです。 やっと待ちに待った梅雨明けですね☀️ 快晴が続くので、先日キャンプに行ってきました。 毎年同じ川に行くのですが、清流って気持ちいいですね😄 泳ぎながら川の中を覗くと、鮎やヤマメなんかが泳いでいて、ずっと見ていられそうです。 ただ実際は、冷た過ぎてちょっとしか入っていられませんが…😅 子供たちはイモリや小魚を捕まえていました👀 やっぱり夏って楽しいですね😄 さて以前「わが家の金魚」で、屋内で飼育しているピンポンパールをご紹介しました。 kingyo-taro.hatenablog.jp 屋内ではピンポンパールを飼育しているのですが、屋外では玉サバ等も飼育しています。 …

  • 大和郡山にある金魚屋さん

    こんにちは、taroです。 前回からの続きです。 奈良県大和郡山市にある、「やまと錦魚園」さんへ行ってきました。 こちらは「金魚屋さん」というよりは、「卸売業」という雰囲気の佇まいですが、小売りもされています。 広い敷地にたくさんのタタキ池があり、色々な金魚やメダカがいます。 色々な種類の金魚がいて、見て回るだけでも楽しいですね😄 入口近くには、金魚関係のガチャガチャがありました。 「やまと錦魚園」さんの中には、 「郡山金魚資料館」というものもあります。

  • 奈良県大和郡山市へ

    こんにちは、taroです。 明けそうそうで明けない今年の梅雨ですね。 さて先日、金魚の三大産地のうちの一つ、奈良県大和郡山市に行ってきました。 金魚の産地らしい、のどかな風景が拡がります。 養殖池を覗きこむと、出目金?のような金魚がちらほらと姿を見せていました。 この辺りは田園地帯でもあるため、用水路がいたるところにあります。 この用水路には、雨が降ると養殖池から溢れ出すのか?ときどき金魚が泳いでいます。 以前息子と訪れた時に、用水路の金魚は掬ってもいいのかどうか、用水路のすぐそばにある金魚屋さんに確認したことがあります。 金魚屋さんからは、 「なんぼでも掬ってってやー。でも、そんなん掬っても…

  • ありがとうさようなら水草水槽

    こんにちは、taroです。 さて、前回はカブトムシ採りの記事を書いて寄り道をしてしまいましたが、今回は前々回「なんちゃって水草水槽やってみた」の続きになります。 水草レイアウト水槽にひそかに憧れを持っていた私は、実際に水草水槽をやってみました。 子供の頃、足を踏み入れた小川を思い出させてくれるような水槽になりました。 同じ水槽でも金魚飼育とはまた違った楽しみがあり、これはこれで気に入っていたのですが、初心者の私が綺麗な状態を維持するのは、なかなか大変でした。 なぜかというと、 水槽という限られた容量の中に水草をたくさん植える→多量の水草を育成するには当然肥料分がいる→肥料が多すぎるとあっという…

  • 夏の楽しみ

    こんにちは、taroです。 また雨が続きますね。 来週には梅雨明けもあるような予報ですが、どうなんでしょうね? 本当は、前回からの「水草レイアウト水槽」の続きを書く予定だったのですが、旬な出来事を書いてみてもいいかな? と思い、今回は金魚とは関係の無い話しを書きたいと思います。 私は毎年、夏になると、近くの山に息子とカブトムシ採りに行きます。 今年も、少し前に行ってきました。 山の中は蚊がすごいので、クソ暑いなか長袖長ズボンの完全防備です😵 そしてライトを持って、いざ、山へ! 毎年樹液が出ている木が何ヵ所かあるので、1年前の記憶と、樹液のにおいを頼りにポイントを目指します。 すると… いた! …

  • なんちゃって水草水槽

    こんにちは、taroです。 前回からの続きです。 水草レイアウト水槽に憧れを持っていた私は、自分でも一度やってみたことがあります。 今回はそのことについて書いてみたいと思います。 まず、水草レイアウト水槽を作るにあたって、以下の条件でやってみました。 1.水草水槽に金魚を泳がせる (水草もいいけど、金魚も見たい) 2.常温で育成できる水草 (電気代をかけたくない) 3.CO2添加不要で強健なもの (CO2添加の器具を持っていないし、できれば安くすませたい) 4.底床は、ソイルを使用せず大磯砂にする (既にあるものを使ってできれば安くすませたい) 以上の条件で、できるだけ手軽になんとか水草水槽が…

カテゴリー一覧
商用