searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

HORNnet編集部さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
HORNnet
ブログURL
https://hornnet.me/
ブログ紹介文
Hornnetは「アーティスト・バンドマンが運営する、音楽をもっと楽しむメディア」です。メンバーは全員、現役で音楽活動をしているため、他のメディアとは違った視点から音楽の楽しみ方を届けます。
更新頻度(1年)

31回 / 135日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2020/06/03

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、HORNnet編集部さんの読者になりませんか?

ハンドル名
HORNnet編集部さん
ブログタイトル
HORNnet
更新頻度
31回 / 135日(平均1.6回/週)
読者になる
HORNnet

HORNnet編集部さんの新着記事

1件〜30件

  • 【ライブハウスを減らせ】ライブハウスの現状と実態とこれから

    どうも、ヤスイです。僕のバンド、Hecatoncheir sisters(以下、ヘカトン)は現在、屋外活動を自粛していて、ライブ活動はしていません。が、ヘカトンがライブバンドであることは変わりないし、できるものなら年明けから中止になったツア

  • ネット上で話題を呼んでいるバンド、PEOPLE 1に注目!

    こんにちは。HORNnet編集部です。HORNnet編集部ではこれまで、2020年注目のバンド特集だったり、爆推しアーティストを紹介してきました。今回もあるアーティストを紹介したいと思います。まあタイトルでお察しの方も多いと思いますが、まず

  • THEE MICHELLE GUN ELEPHANTのPVが酷すぎる

    どうも、ヤスイです。最近知ったのですが、僕が以前THEE MICHELLE GUN ELEPHANTについて書いた記事「【TMGE106】ベストアルバムを名盤とよばない風潮に警鐘」が意外と見られているらしい。やっぱり今からミッシェルを聞くん

  • 【KANSAI LOVERS行ってきた】新しい形のライブイベントの感想

    こんにちは。HORNnet編集部です。今日の記事はライブイベントについて。新型コロナウイルスにより一時は自粛を余儀なくされた音楽ライブ、現在はどんな状況なんでしょうか。わたしがこの目で見たライブイベントの新しい形と併せてお伝えできればと思い

  • 【バンドTシャツ特集Part2】ライブに行けなくても着たい19枚

    こんにちは。HORNnet編集部です。今日は前回書いたTシャツ特集の第二弾です。お待たせいたしました。前回紹介できなかったTシャツや今からの時期にぴったりなロングTシャツやスウェットも紹介します。前回の記事を書いてから思い出しましたが、Tシ

  • 普段着としても案外イケる?|アーティストのTシャツ特集

    こんにちは。HORNnet編集部です。気づけば夏も終わりが近づいてきましたね。皆さん今年の夏はたのしめましたか?わたしは例年であれば夏祭りで花火を見たり、夏フェスに行ったり、実家に帰って地元の友だちと会ったり…とそこそこ夏をたのしんでいまし

  • セルフライナーノーツ “Gold Fish Blues”

    どうも、Hecatoncheir sisters ボーカルのスマイです。今回はちょっと長くなりそう。わからんけど。前回、2019年7月に発表した1st mini album “virgin”について、その経緯を語りました。今回はその先。メン

  • 高橋優を振り返る|2009〜2012年

    こんにちは。HORNnet編集部です。今日は今思ったことを今唄う、リアルタイムシンガーソングライター:高橋優について書きます。高橋優は2020年6月30日付で12年間所属した芸能事務所:アミューズとの専属契約を満了しました。この度、12年間

  • 2020年春夏ドラマ楽曲からアーティストをピックアップ!

    こんにちは。HORNnet編集部です。以前、2020年冬ドラマ楽曲特集という記事を書きましたが、2020年春ドラマは新型コロナウイルスの影響で収録が間に合わず、放送延期となるケースが多発しました。気づけば延期になったドラマが続々と放送され始

  • 今からでも遅くない。OKAMOTO’Sに夢中になろう

    こんにちは。HORNnet編集部です。今日はシティボーイ:OKAMOTO’Sについて書きたいと思います。といってもOKAMOTO’Sはわたしが紹介するアーティストの中では比較的知名度が高いため、今さら?と思う方も多いかもしれません。OKAM

  • 「13歳からのアート思考」音楽はどこまで自由になれるのか

    どうも、ヤスイです。前回に引き続き「13歳からのアート思考」から、音楽の可能性を探ってみようと思います。こんな記事を書いていますが、僕自身はまったく前衛的なアーティストではありません。ミッシェル・ガン・エレファントのアベフトシに憧れてギター

  • 「13歳からのアート思考」音楽を再構築する

    どうも、ヤスイです。前回に引き続き「13歳からのアート思考」を読んで、音楽に何ができるのかを考えてみます。 第1回:マティス「緑のすじのあるマティス夫人」 第2回:ピカソ「アビニヨンの娘たち」カンディンスキー「コンポジションⅦ」 第3

  • 「13歳からのアート思考」を読んで音楽に何ができるか本気で考えた

    どうも、ヤスイです。僕は本が好きで、音楽聴いたりギター弾いたりしてるより本を読んでる時間のほうが長いくらいなんですが、最近衝撃的な本と出会いました。それがこれ、「13歳からのアート思考」これがすごかった。僕はいちアーティストとして、この本を

  • 爆推しのアーティスト発見|FEEDWIT

    こんにちは。HORNnet編集部です。2020年になってから、ライブハウスへ足を運び様々なアーティストを観に行く機会がなくなったため、新しいアーティストを発掘する術を失いました。が、久しぶりにYouTubeを流していたら見つけてしまいました

  • 9mmにバンドのカッコ良さを教えてもらった。

    あいあい、ヘカトンケイルシスターズ、ベースのドウチです。前回のバックホーン記事に引き続き僕の中では外すことのできない、絶対的楽曲の格好良さを誇る9mmの魅力について書いていきたいと思います。9mmとの出会い出会いは忘れもしない大学一回生のコ

  • 有料ライブ配信サービスは音楽業界を救う!ZAIKOなど全8サービスを紹介

    こんにちは。HORNnet編集部です。今日は利用急上昇中の「有料ライブ配信サービス」について、書いていきます。ここ数ヶ月でぐっと増えた有料ライブ配信サービス。皆さん利用していますか?わたしはネット環境があまり良くないということもあり、まだ2

  • 【実際どうよ?】聴き比べ実験でAmazon Music HDの価値を測る

    どうも、ヤスイです。 僕はAmazon Music Unlimitedのユーザーなんですが、数ヶ月前からAmazon Music HDに切り替えました。これ何かというと、僕はAmazon Music Unlimitedの上位版で、めちゃくち

  • 宅録オーディオインターフェースの選び方|4万円未満おすすめ3種

    どうも、ヤスイです。今日のテーマはオーディオインターフェースの選び方。数年前はバンドマンでもみんなが持っているものでもなかったんですが、今や必需品ですね。それを僕自身買い換えようと思っているので、調べがてら記事にしてみました。HORNnet

  • Cubaseで宅録する最初の3ステップ

    あいあいあい、どうもヘカトンケイルシスターズ、ベースのドウチです。新型コロナウイルスの蔓延に伴い我がバンドは年内自粛を発表しました。その中での活動として、自宅でできるリモートセッション曲を毎週水曜日に発表しているわけですが、ぼくは各パートの

  • RIG MANAGERとRIG EXCHANGEの使い方【Kemper第2弾】

    どうも、ヤスイです。Kemper第1回の記事からずいぶん時間がたちましたが、第2回です。第1回はKemperってこんなもので、めちゃくちゃいいんだよーということと、本体の使い方をざっくり紹介しました。で、今回は「RIG MANAGER」と「

  • 当たり前の文化をぶち壊す|deronderonderonに学ぶ音楽活動

    こんにちは。HORNnet編集部です。「ライブができず音楽が思うように届けられない」と嘆いているアーティストの皆さん、deronderonderonというバンドをご存知でしょうか。今日はderonderonderonについて紹介します。de

  • 集中するときのおすすめ音楽とその選び方

    どうも、ヤスイです。コロナによる自粛ムードも長くなってきて、家がどんどん快適になっていきます。自宅にストレスを感じる人も少ないようですが、ポイントは自分が過ごす空間に惜しみなく投資すること。僕は自粛が始まってすぐにデスクチェアをいいやつに買

  • 空きっ腹に酒を聴きながら酒でも飲もうじゃないか

    こんにちは。HORNnet編集部です。冒頭かつこんな記事の中で言うことではないと思いますが、わたしは最近、全くと言っていいほど何事に対してもやる気が出ません。こういった記事作成など仕事に対してはそういった気分でない場合も無理やりその気にして

  • セルフライナーノーツ ‘virgin’

    どうも、Hecatoncheir sisters ボーカルのスマイです。HORNnetの記事を読んでいる方にとって、あまり印象に残らないやつだと思います(全41記事中、俺が書いたのは1記事のみ)。文章で何かを伝えるってのは、小学校の読書感想

  • アーティストのタオル厳選23種|バンドタオルは思い出の宝庫

    こんにちは。HORNnet編集部です。先日、衣替えをしたところ、タンスの奥深くから様々なアーティストのタオルが出てきました。ということで、今日はアーティストのタオルをただただ紹介します。また、持っているタオルをベースとしてこんなタオルが売れ

  • 【どろん】長文解説|King Gnuの曲はなんて贅沢なんだろう

    どうも、ヤスイです。最近読書にハマっていて、Amazonで大人買いをした結果、読むのが大変すぎて疲れ果てています。いや、もっと音楽やれよと自分でも思うんですが本も読み出すと止まらない。まあそれはどうでもよくて、今日もKing Gnuです。僕

  • ライブハウス新基準は文化の危機

    どうも、ヤスイです。我々、Hecatoncheir sistersは屋外活動を自粛しているので、年内はライブハウスのステージに立つ予定もつもりもありません。しかし、ライブハウスが我々の活動の一番大切な場であることに、変わりはありません。その

  • コロナに負けない音楽活動【ITAZURA STORE – MV公開】

    こんにちは。HORNnet編集部です。今日は、都内を中心に活動されている「ITAZURA STORE」から記事を寄稿いただきました。新型コロナウイルスが蔓延しツアーも中止になる中、リモートでの音源制作、ソーシャルディスタンスを意識したMV制

  • ギターど素人が書くギター基礎知識-主要タイプとメーカー、利用アーティスト

    こんにちは。HORNnet編集部です。今日はタイトルの通り、ギターど素人のわたしがギターについて書きます。そもそも楽器の経験は皆無のわたし。そんなわたしがなぜギターについて書こうと思ったのか。理由は大きく2つ。まず一つ目は現在放送中の朝の情

  • ロックバンドが映画を創る。無謀なチャレンジの当事者兼傍観者です

    どうも、ヤスイです。今日はHecatoncheir sistersのギタリストではなく、TEAMtheULTRALEAの一員のyuzonとして書きます。なんで僕がyuzonと呼ばれているか、とかtheULTRALEAとの関係とか、そういうの

カテゴリー一覧
商用