searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ヒカルコさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
癌と共に~フーテンのパパちゃん~
ブログURL
https://www.hikaru-ko.xyz
ブログ紹介文
胃がんから肺転移になった最愛の父 終末期医療の在り方やセカンドオピニオン、 緩和ケア、介護保険やサービスそして葬儀。 大切な日々を綴ります
更新頻度(1年)

75回 / 113日(平均4.6回/週)

ブログ村参加:2020/06/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ヒカルコさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ヒカルコさん
ブログタイトル
癌と共に~フーテンのパパちゃん~
更新頻度
75回 / 113日(平均4.6回/週)
読者になる
癌と共に~フーテンのパパちゃん~

ヒカルコさんの新着記事

1件〜30件

  • 胃がん~緩和ケアは安心の場所~

    癌と闘う人の苦しみは、計り知れない ”緩和ケア”という場所で 患者さんや家族が 少しでも安らげますように -2020年 4月8日 続きのつづきのつづき- 病院の雰囲気、看護師さんたちの応対、 何より担当医の人柄。 こんなにたくさんのスタッフが パパちゃんのために、 万全の態勢で受け入れようとしてくれている。 その気持ちが有難かった。 もっと早くにここに来ればよかった また、臨床心理士の先生が なんとパパちゃんのクリップ手術の際の 担当女医さんのご主人だった!!! もう、びっくり。 運命を感じた(笑) ここでも同じく コロナのため病棟を見学はできなかったが いつでも入院は大丈夫、と言われほっとし…

  • 胃がん~緩和ケアに行ってみた~

    闘うことも大切だけど 心のケアはもっと大切 本人にとって 一番よりよい道を -2020年 4月8日 続きのつづき- この日は大忙し。 セカンドオピニオンの後、ランチを取って 次に向かうは緩和ケアを有する病院。 家から近い事も考え、候補を2か所に絞った。 一つ目の病院。 ここはパパちゃんが、胃の全摘術をした後 リハビリのため療養したところ。 とってもおしゃれな病院だ。 ここは病院の雰囲気がとても明るく リハビリ施設がかなり充実している。 病院の敷地内はいつも手入れの行き届いた キレイなお花であふれている。 ロビーはホテルのよう。 グランドピアノが自動演奏されている。 まぁ、なんというか、セレブ向…

  • 胃がん~リビングウィルについて~

    生きることはむずかしい それと同じくらい 最期の時を考えることも 難しい -2020年 卯月- パパちゃんの癌に転移が見つかってから いろんな事を考えた 治療や薬はもちろん 最期の時をどうするのか 母との別れが早かったこともあるのだと思う どこかで冷静に考えている自分もいた でも何より パパちゃんの気持ちを 尊重してあげたいというのが 一番だった 20年以上、心臓の病気と闘ってきた 度重なる心不全と心筋梗塞を経た パパちゃんの心臓は ステントを入れまくり バイパス手術まで施した 救急車の中で心停止を起こし 心肺蘇生をして胸に焦げ目ができたり カテーテルの過程で、飛んだ血栓により 脳梗塞になりか…

  • 胃がん~ランチを楽しもう~

    胃がなくなっても ご飯が食べられる それだけでも すばらしいこと -2020年 4月8日 続き- セカンドオピニオンを終え、会計を待つ間 私も次女も言葉が出なかった。 おそらく、同じことを考えていたのだろうと思う。 この半年以上続けてきた 抗がん剤治療はなんだったのだろう ただ いたずらに パパちゃんを苦しめただけではなかったのか 癌で転移は仕方のないことだ でもその状況をきちんと話してくれていたら もっと時間を有効に使えたのではなかっただろうか 抗がん剤治療を始める前に セカンドオピニオンを受けておくべきだった 抗がん剤治療をしたことが 結果良かったのか悪かったのかは、分からない。 でも体力…

  • 胃がん~衝撃の事実~

    セカンドオピニオンを受けて 初めて見えてきた真実 怒りと悔しさと、後悔 -2020年 4月8日- 大学病院でのセカンドオピニオン当日。 途中で次女と合流し、病院へ向かった。 コロナがじわじわと脅威を増す中 不特定多数の人が密集する病院は怖かった。 私だけ受付をし、呼ばれるまで パパちゃんと次女は病院の外で待っててもらうことに。 ここで思いがけず 病院で受付をしてもらったのが 長男の学校のママ友だった。 何かと相談にも乗ってくれ、信頼のできる人。 おまけに美人(*ノωノ) 病院勤務とは聞いていたが、まさかここだとは。 おかげで少し気持ちが明るくなった。 しばらくして受付から担当医の診察室の方へ呼…

  • 胃がん~緩和ケアについて~

    コロナはこわい でも病院は行かねば なんとか危険を回避して -2020年 卯月- 電話でのセカンドオピニオンを終えて 内容は姉たちへも伝えた。 また地元で心臓をメインに診てもらっている先生に ちょうど私の胃腸の内服薬をもらいに行った際に パパちゃんの相談もした。 先生もお薬の中止を聞いて、「そっか・・・」と残念そうに言われた。 コロナ禍ではあるけれども、病院へ連れて行っても大丈夫か尋ねると 病院の中でも、緩和ケア病棟は特に制限があるので比較的安心といわれた。 あまり外来が出入りするところではないらしい。 また昔から緩和ケアに力を入れている病院も教えてもらった。 そしてセカンドオピニオンで受ける…

  • 胃がん~電話で受けるセカンドオピニオン~

    初めて受けるセカンドオピニオン なんとか、パパちゃんを助ける方法を知りたい -2020年 4月4日- 事前にメットライフ生命から送られてきた病院の資料と ホームページを参考に 病院や院長先生のことは見ていた。 今は大学病院からご自身開業のクリニックに移られているとのこと。 大丈夫かな ちゃんとお話し落ち着いて聞けるかな ・・・またあんな腫瘍内科みたいな先生だったら・・・ いろんな不安を抱えながら 送った資料の原本とメモを手に2階で電話を待った。 約束の5分前。 メットライフ生命のサービスセンターから電話があり 確認後、先生に3者間通話でつなぐといわれた。 少しして 「初めまして、セカンドオピニ…

  • 胃がん〜セカンドオピニオンへの準備〜

    ちゃんとした資料でのセカンドオピニオンは 大学病院へ依頼した それまでの2週間 ただ待つのは辛すぎた --2020年 4月- メットライフ生命の セカンドオピニオンサービス 専用電話番号へ、サービスの申し込みが必要。 その後総合相談医への予約を経て、面談となる。 その際、電話での対応が可能な場合もある。 パパちゃんの場合、私が契約者 被保険者がパパちゃんという事もあり 申し込みや予約の手続きも、私で問題なかった。 保険はなかなかナイーブな問題なので 契約者本人でないと、出来ない手続きも多い。 それでも最終、書面での申し込み確認の時は パパちゃんのサインも必要だった。 県内では今まで通院していた…

  • 胃がん~生命保険の知らなかったサービス~

    セカンドオピニオンと緩和ケアの予約まで2週間 何か他にできることは -2020年 4月4日- セカンドオピニオンと緩和ケアの予約を 入れてもらってから 時間がある限り、色々と調べまくった。 持病もあったパパちゃんは、 入院や手術もなく安定した時期に ”審査不要”のメットライフアリコの保険に 加入していた。 一定額以上は、高額医療が適用される。 そんなに高額な保証はいらないと考え、 入院日額¥3,000、手術一時金¥30,000 それと先進医療だけつけた 一番おさえたプランにしていた。 入院が月をまたいでしまった時 また個室利用が長かった時、 それと手術後の回復期に入院した 病院の時は維持管理費…

  • 胃がん~セカンドオピニオン~

    治療に対して いろんな意見を聞けるセカンドオピニオンは重要 治療を始める際にするべきだった 自分の愚かさを悔いる 病院が終わってから パパちゃんとご飯を食べに行った。 検査があるので、お昼を抜いていたのと 気分転換をしたかった。 ファミリーレストランだったが パパちゃんが好きなカニの味噌汁があった♪ ニコニコになるパパちゃん。 あまりに美味しそうに食べているので 私の分まで上げたら、きれいに食べてしまった(笑) 天ぷらもオーダーしていたが 食べきれずお持ち帰りにした。 姉達に病院でのことを ひとまずラインで報告した。 薬がもう効かない 腫瘍マーカーの数値も悪い 肺に他にも(転移が)増えてる ⇒…

  • 緊急避難

    何よりも自分たちの身の安全を 取り返しがつかなくなる前に 【記録したことのない 記録的な暴風や大雨になる恐れ】 恐ろしいの一言です。 日曜日なのが幸いなのか また台風のため少しでも 準備の時間は稼げます。 自分が体験した災害について 数年前に高潮津波警報の際 家族総出で真夜中に 緊急避難したことがあります。 まず停電 これやっぱり動きづらくなる(当たり前) 出来れば部屋のお片付けをする(この際やってしまおう) 必要なものは、ひとまとめに 分かっていても、緊急放送とか流れてん めっちゃパニくるから。 寝るときは念のため ・すぐに外出できる格好のまま寝る (やはりパンイチとかは避けたい) ・パパち…

  • 胃がん~緩和ケアと在宅医療~

    治療に専念したいのに 余計な雑音が 多すぎる -2020年 3月25日 続きのつづき- それからほどなくして、看護師さんに別室に呼ばれた。 病院のソーシャルワーカーという女性の方から 緩和ケアについての説明を受けた。 緩和ケア病棟を有する病院は 県内で5か所、市内で10か所。 その中で通院するとなると、2か所に絞られる。 まずは病院へ事前予約が必要とのこと。 担当の先生と面談をし、それからでないと 診療も入院も受け入れてもらえないらしい。 また在宅医療も説明してもらった。 医師と看護師が、自宅へ訪問し 定期的に体の状態を確認し、 その状態に応じた治療をしてくれるという。 それも事前面談が必要だ…

  • 胃がん~抗がん剤治療のあと~

    医者への失望と怒りの中 次にすべきことは何? 冷静に 自分に言いきかせる -2020年 3月25日 続き- 待合室に戻ってからも 憤りがおさまらなかった。 そして、当のパパちゃんは 検査から時間もかかっていたので くたびれてもいた。 「さっき先生が言われたの、分かる?」 するとぽやっとしたまま 「んー。もう薬はしなくて、いいんだろう」 んむむ、と思いながらも 「うん、あんまりお薬の効き目がないって。 だからあのきついお薬は、もうしないよ。 緩和ケアの病院で、別の治療をしよう」 言い方を、考え考え言葉を探した。 そしてもう治療ができない、という事よりも きついから別の治療をする、という言い方に変…

  • 胃がん~パパちゃん、薬きかないってよ~

    突きつけられた現実 落ち込む前に 悲しむ前に パパちゃんにとって 一番ベストな道を考えるんだ -2020年 3月25日- 姉が再予約をしてくれた病院へ向かう。 マスクをはめ、行く先々で消毒をしながら移動した。 採血とCTを撮り、12時半の診察予定のところ 呼ばれたのは14時半近くだった。 最初先生からは 「じゃ、薬出しますから。次の診察は2週間後で」 と言われた。 あれ?なんか話が違うくない??? 恐る恐る、 「あの、なんか前回の受診の時に 『検査の数値が悪いから家族と来て』 と言われたようなんですが」 すると怪訝そうな顔をした後 画面で数値を確認し 「あっこれもか」とそこで 初めてCTの画面…

  • 胃がん~暗雲~

    1度言ったことを、忘れてしまう あったはずの出来事を、覚えていない そんなもんだと 分かっているのに -20020年 3月11日- パパちゃんの腫瘍内科の定期受診。 今回は私も仕事でちょうど会議が入り また姉も自分の健康診断のため行けず パパちゃん一人で行ってもらった。 帰ってからも 「うん、なんもなかった」という言葉を鵜呑みにし 血液検査の結果を 確認することもしていなかった。 1週間後。 パパちゃんから入電。 「今日、病院に行くのを忘れてた!!!」 ん?定期受診はまだ先では? 「この間の時、あんまり検査結果が良くないから、 1週間後に家族と来てください、て言われてた」 おいおいおいおい-(…

  • 母の郷へ行く~トトロ越えの秘境を訪ねて~

    便利すぎる世の中に慣れてしまった たまにはゆっくり、のんびり ~追想~ 数十年ぶりに、 他界した母の実家と、コンタクトを取ることができた。 www.hikaru-ko.xyz 音信不通だったのにも関わらず 突然の訪問を喜んでくれた叔母と従兄。 「今度はみんなでおいで!」と 温かい言葉をかけてもらった。 その言葉に甘え、 叔母さんが元気なうちにと 子ども達を連れ再訪問することになった。 母の生家になるため 既に離婚していたパパちゃんは 「俺が行くわけにはいかんから」と行くのを拒否していた。 まぁ、ワカランでもない。 でも 叔母さんも従兄も 父の事はすごく心配してくれていた。 元気なうちに会いたい…

  • ドライブ中の出来事~ラジオとノイズ~

    夏の終わりにもう一つだけ お付き合いください ~追想~ これも数年前の出来事です。 まだパパちゃんが元気だった頃。 その年のお盆は 私の夏休み休暇が長くとれたこともあり 姉たち家族とみんなで キャンプ場へ行くことにしました。 釣りならば海が良いのですが 母から「お盆は引っ張られるから 決して海に入ってはいけない」と 小さいころから言われていたので 今回は川の近くでのキャンプ。 お値段も、距離もよさそうな所が見つかり 早速予約をいれたものの やはり下見をしておいた方がいいかな、と。 コテージと、山小屋風ログハウスとあり 調理器具や部屋の広さ等見ておきたかったのと 道路状況の確認が必要だったので。…

  • 母の郷へ行く~ありえない道案内~

    私は方向音痴 長女はもっと方向音痴 この組み合わせは、ヤバい。 ~追想~ 夏の終わりにちなみ 私が経験した不思議なお話をします。 数年前のこと。 20年以上前に他界した母の郷里とは、 もう長い間連絡をとっていなかった。 でもずっと気にはなっていた。 叔母さんも、叔父さんも 従兄たちも、みんな元気にしているのだろうか。 もう、連絡先もわからない。 ちょうど連休があったとき 思い切って訪ねてみよう、ということになった。 次女は子どものクラブチームの試合があり行けず 長女と私で行くことになった。 はっきり言ってかなり無謀だ。 なぜなら二人とも運転が苦手。 そして二人とも超ス―パ-方向音痴。 それなの…

  • 胃がん~コロナがやってきた~

    次から次へと いろんな難問がふりかかる 次の対戦相手は 見えない敵 -2020年 弥生- 年末からちらほら コロナの話は聞いてはいた。 だがパパちゃんの心臓の手術の頃は 私たちの住む地域では、 まだ病院等も規制がなかった。 年末に手術が決定したものの 週に1回しか出来ない内容の術式らしく 順番待ちで1ヶ月延ばしになった。 今は医療機関も逼迫し、 緊急性のない手術は延期と聞く。 パパちゃんの心臓も 今ならおそらく 手術出来なかっただろう。 今も 不安な思いをたくさん抱えながら 手術を待っている患者さんと ご家族がたくさんいらっしゃるだろう。 1日も早く 通常の日常に戻ってほしい。 幸いクリップ手…

  • 胃がん~孫の卒業~

    パパちゃんの腕の中に 抱かれていた赤ん坊が 少しづつ大人になっていく。 もう少し もう少しだけ みていて -2020年 如月- 心臓の方は順調で 夜も眠れるようになったパパちゃん。 『元気になったら釣りに行く』と 家の周りと歩いたりと パパちゃんなりに頑張っていた。 でも 疲れがなかなか取れず 体力と体重は低下するばかり。 それでも家では相変わらず ニコニコのパパちゃんで ご飯も良く食べていた。 抗がん剤治療もイヤイヤだったが 通院の際に次女が迎えにきてくれること、 またお昼を食べに あちこちに行くことを楽しみに、 なんとか続けていた。 そんな中、通信制高校に行っていた 長男も無事卒業式を迎え…

  • 胃がん~スピード退院~

    心臓もこれでOK これで抗がん剤治療に 専念・・・するハズだった -2020年 如月- 無事【僧帽弁閉鎖不全症】の クリップ手術を終えたパパちゃん。 眠っている間だったので 何が起きたのか分からない、と笑っていた。 そしてICUで出されたのは 《唐揚げ定食》 ・・・手術当日に、いいの(;^ω^)? でも女医さんもニコニコしながら 「良かったですね~!唐揚げですよ~」と 言っていたので、多分いいんだろう(笑) パパちゃんも喜んで食べていた。 その後もとても順調で、 翌日には大部屋に移り 歩行訓練も開始👣 早っ そして手術から3日後 スピード退院! 夜もゆっくり眠れたみたいで パパちゃんカンゲキ(…

  • 胃がん~心臓、いきまーす~

    家族そろってのお正月 何よりの幸せ -2020年 睦月- 年末に緊急入院した心臓の方は 後日担当の女医さんより連絡があり 1月末にクリップ手術ができることになった。 本当に感謝しかない。 癌が再発していることを考えれば 救急担当だったドクターの言う通り 手術しないという見方もあるだろう。 でも癌と闘うためにも せめて心臓の方は万全にしておきたかった。 そしてその気持ちを 担当の女医先生が分かってくれて 医局内での手術審議の際、 手術をする方向で話を勧めてくれたようだった。 まずは一安心・・・だが とにかくそれまでは体調の方を できるだけ整えておかないといけない。 万が一、再度心不全を起こせば …

  • 胃がん~パパちゃんとカウントダウン~

    令和のカウントダウン パパちゃんとの 最期のお正月 -2019年 大晦日- 満身創痍で迎えた大晦日。 今日は仕事も15時までにしてもらった。 もう限界。ほんと限界。 1日前に退院したパパちゃんが 待つ我が家へと猛ダッシュで帰る。 例年我が家は、義実家へ年末の挨拶に行くのが習わし。 www.hikaru-ko.xyz この日主人は夜勤で不在。 子ども達と先に挨拶だけは済ませてもらった。 ものすごくイヤそうなパパちゃんを 「家に上がらなくていいから」 「今日行けば正月はパスしていいから」 となんとかなだめ義実家へ。 ここ数日パパちゃんが入院していたのは 恐らくバレているだろうと予測し 先手で体調が…

  • 初盆~サヨナラ、またね~

    あっという間に過ぎたお盆の日々 少しはゆっくりできただろうか -2020年 8月16日- 無事パパちゃんの初盆も終わった。 地域によって違うのだろうが ご先祖様が出発するのは 15日か16日らしい。 皆と夕ご飯を食べて それから向こうの世へ帰っていく。 次女が少しでもこっちに居てもらおうよ、 というので 16日の夜に送り火を焚くことにした。 久々の家は寛げただろうか。 大好きなものは喜んでくれただろうか。 49日忌を目安に 色々なパパちゃんのものは片付けてはいた。 あまり故人のものを残しすぎても 本人の気持ちが残りすぎてしまうので あまりよくないらしい。 それでも パパちゃんの下着などは 帰っ…

  • 胃がん~初めての介護申請~

    残業の日々 眠れないパパちゃん 学校へ行かない長男 きっつ(;´・ω・) -2019年 師走- 私達が住むこの地域では この忙しい時期、収穫祭が催される。 公民館で炊き出しやら料理やらを 当番でするお役目がある。 農家1本の時代ではないぞ? 今は皆ほぼ会社勤めではないか。 時代はもう《令和》やぞ 強行突破のように催されるこの収穫祭のため 年々離脱者が絶えない。 しかも収穫祭の責任者を決めるたびに もう大モメとなる。 アホらしい。 12月に入りこの収穫祭で土日がまるまる潰れた。 そして会社は休憩なしのフル残業期に突入。 (だが休憩時間は自動的に60分取ったかのように コンピューターで補正される地…

  • 初盆~永遠にソーシャルディスタンスを願う~

    ご先祖様も あまりの暑さにビックリだろう いつも下着にステテコ姿だった パパちゃんを思い出す -2020年 8月15日- 姉達の休みの都合もあり パパちゃんの初盆はこの日にすることに。 朝、新聞配達に行く次男を見届けた後 煮しめ(今回はちゃんと手作り)と 冷や汁(パパちゃん大好物) 白玉入りのフルーツポンチ を作った。 冷や汁は母の郷土料理で 我が家では夏の定番だった。 本当は魚で出汁を取るらしいのだが 父が魚がキライなのもあってか 出汁は普通の味噌汁を少し濃いめにしたもの。 きゅうりを薄くスライスしたもの ミョウガとシソの葉を刻んだものを入れ ゴマをトッピング。 暑くて食欲がないときも これ…

  • 初盆~パパちゃん、召喚~

    いでよ、パパちゃん!!! -2020年 8月13日- 待ちに待った初盆。 ようやっとパパちゃんが帰ってくる。 きっと数日前から あの世であれこれ準備して またバックの中にバックを入れて てんやわんやしていただろう(笑) こちらも精霊棚を グーグルさんに何度も相談して 回転灯付きの提灯1対 家紋入りのLEDライト 鬼灯(ほおずき)の入ったお花一式(100均だけどね) お野菜の盛り合わせと果物の盛り合わせ パパちゃんが好きだったお菓子の盛り合わせ コーラ(パパちゃんお酒飲めません) 精霊牛馬のなすきゅうり お悔やみで頂いたお線香と絵ろうそく お団子のろうそくに LEDがついた蓮のろうそくと ボトル…

  • 初盆~お花に囲まれて~

    パパちゃんは 桜、紫陽花、ツツジ、朝顔がお気に入り 自然でそのままの姿が 見ていて嬉しいらしい -2020年 文月- パパちゃんの逝去後は お花を欠かさず生けていた。 がこの暑さと部屋の乾燥。 段々と日持ちがしなくなってきた。 加えて なんだかな、お花が値上がりしてきた💦 う-ん。 何もないのは寂しいし。 かと言って ハ-バリウムだけもなぁ。 パパちゃん御用達のダイソーでも 割とキレイなお花を扱っていた。 今ドキの100均はあなどれない。 明るめの仏花をいくつか、選んだ。 また、あれこれ探してみると 《プリザーブドフラワー》というものが 人気のようだ。 『プリザーブドフラワー」とは、 生花から…

  • 初盆~家紋、カモン~

    パパちゃんだけの目印を探さなくっちゃ。 -2020年 文月- 初盆の準備で提灯はOK。 だが白提灯がナイ。 地域性か、あまり取り扱いがないとのこと。 家紋入りの提灯を ご先祖様が迷わないように 飾るのが一般的らしい。 パパちゃんは運転がとても得意で 道にはとても詳しかった。 迷子にはならんと思うけど でもパパちゃんだけの目印は 創ってあげたかった。 それに 義実家に言われた 「お父さんはこっちの家の人間」 と言われたのがずっと引っかかっていて www.hikaru-ko.xyz 《パパちゃんはパパちゃん おたくの家の人ではナイ》 というのを表したかった。 パパちゃんだったら 「なーん、気にする…

  • 初盆~提灯探しの旅~

    さてと、お盆に必要な提灯を用意せねば。 ・・・どこにあるんかいな・・・ -2020年 文月- あまり形式ににはこだわらない我が家だが 提灯は準備したがよいだろう、ということになった。 さて。どこで売ってるものやら。 葬儀屋さんからもらったパンフを見てみた。 高い。 え?こんなにするもんなの? 相場がさっぱり分からない。 仏具やでパートしてる友達を思い出し 訪ねてみた。 ちょうど社長が外出中ということで お茶を頂きながら、色々と教えてもらった。 結果 「うちは高いから、おもちゃ屋さんに行ってみてん」 そっかー。 提灯はおもちゃ屋さんにあるのか。 帰りに 「お父さんにお供えしてね」と とても良い香…

カテゴリー一覧
商用