searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

しょうもないブログさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
iPhone se 2日使ってみた感想
ブログURL
https://drpepperkun.hatenablog.com/
ブログ紹介文
主にガジェット系ですが、それ以外にも個人的に気になってることなどを書いています。みんなの暇つぶしになればいいな。そレがテーマのブログです。
更新頻度(1年)

1回 / 16日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2020/04/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、しょうもないブログさんの読者になりませんか?

ハンドル名
しょうもないブログさん
ブログタイトル
iPhone se 2日使ってみた感想
更新頻度
1回 / 16日(平均0.4回/週)
読者になる
iPhone se 2日使ってみた感想

しょうもないブログさんの新着記事

1件〜30件

  • アップル製のサングラスが発売されるかも

    こんにちは。お疲れ様です 今回は9to5macに新しいアップル製品のリーク情報がありましたので紹介したいと思います。 新しいiPadは指紋認証が画面に埋め込まれる ミンチークオと言う有名なアナリストによれば、新しいiPad Airにはホームボタンがなくなり、指紋認証が画面に埋め込まれる可能性があるとのことです。現行のiPad(最も安いiPad)には搭載される可能性は低いとのことです。 ホームボタンがなくなるのは個人的には悲しいですが、指紋認証が画面に埋め込まれると言うのはデザイン性の面から非常に期待したいところです。 アップルサングラスが発売されるかも クオ氏によれば、最も早くて2022年にア…

  • iPhone se二日使ってみた感想

    こんにちは。先日ブログにあげましたように、この度はiPhone seをデイリーユースというよりもサブ機として購入しました。しかし、一応レビュー的なこともしておくかと言うことで(少数だけど検索して見に来てくれる人もいるっぽいので)、メインで二日使って見た感想を書いていきます。 カメラに関して バッテリーに関して アプリの起動速度など まとめ カメラに関して iPhone seのカメラは部品的にはiPhone 8と変わらないと言うことで、写真撮影に関してはそこまで期待はしていませんでした。さらに言えば4〜5万円のスマホな訳ですから、カメラに期待する方が野暮です。ですが、実際に二日使って見て思ったの…

  • 【今更】AirPods proレビュー

    皆さんこんにちは またもガジェット系の記事なのですが、それもまたアップル製品で申し訳ない。 私は今まで様々なワイヤレスイヤホンを使用して来ました。Boseを初め、ソニー、ビーツ、サムスンなど。その中でもAirPods proの便利さには感動したので今回はそれを取り上げようと思います。 最初はAirPods proのマイナス面 1.ノイズキャンセンリングが素晴らしい 2.アップル製品との連携性 3.Androidでも使用可能 4.ワイヤレス充電対応は大きい 5.まとめ 最初はAirPods proのマイナス面 今回はAirPods proの良い点を取り上げる記事ですが、それだけでは公平性がないと…

  • iphone seを買った理由

    昨日iphone seの予約争奪戦がありましたね。私はメインでsamsungから発売されているgalaxy note9を使用しているのですが、今回iphone seを予約してしまいました。乗り換えや買い替えというわけではありません。なぜそんなことをしたのか今回はお話ししたいと思います。 めっちゃ安いiphone seが発売された背景 なぜiphone seを買ったのか ところでappleは最高のスマホメーカーではない めっちゃ安いiphone seが発売された背景 まず、私の話をする前にこのスマホが発売された背景を見てみましょう。最近の流れとして、ファーウェイ、シャオミ、オッポやAsusなど安…

  • 結局Windowsからマックに移って感じたこと

    マックへ移行して3日ほど経ちました。時間というのは早いものです。もうすでに数十時間触ってみた感想としては、「あぁ、スマホじゃなくてこっちで色々したい」ということでしょうか。 感想 よくないところもある まとめ 感想 Windowsというのはマックと比較すると、書類を作成するためにワードを開き、計算するためにエクセルを開き、パソコンでないと管理し難いウェブを扱うためにウェブを開くように、目的を持ってパソコンをいじっていた印象があります(あくまで個人的感想)。 しかし、マックではマックをいじりたいが故に〇〇もするし、〇〇もすると言ったように、マックをいじることが目的として先行しているように感じます…

  • ハイスペックかエントリーか

    皆様いかがお過ごしでしょうか。いかがお過ごしでしょうかといっても、クソコロナのおかげで自粛せざるを得ない人が多いかと思います。本日も東京都では90人以上陽性が出たようで、色々と不安が募る毎日でございます。神奈川県は本日一桁のようで不幸中の幸いな感じですね(言葉選びに不安) さて、私は長らくブログを更新しておりませんでしたが、これには理由がありまして、ブログ以外での執筆作業に追われていたというのが大きな理由です。俺は稚拙な文章しか書けないけれども、某サークルの広報として日々ブログやTwitterを更新していたわけであり、それゆえ個人ブログ書こうなんて一切考える暇がなかったんですね。今もそうなので…

  • いかに客を誘導するか

    【キーフレーズ】・タッチポイント・カスタマージャーニー顧客にはいくつかの段階が存在している。ある製品を売る企業を具体例にしてみる。(a)製品を知らない層(b)製品を知っている層(c)製品の購入経験が一度ある層(d)製品のリピーターこのように顧客を分類することができる。これを縦軸とし、横軸に「意思決定プロセス」を置くとする。意思決定プロセスは4つに分解される。①認知段階…その製品を知る②検討段階…どんな製品なのかを調べる③行動段階…実際に使用する④推奨段階…利用後に満足度によって他人に推奨するこの①~④の流れを「意思決定プロセス」と呼ぶ。これを用いてグラフを作成すると、どういった戦略がゴール達成…

  • 情報量と質の両立

    【キーフレーズ】・リーチ・リッチネス情報の手段の多さ、量の多さがリーチであり、情報の質、内容の濃さがリッチネスである。本を書店で売る場合は売ることのできる種類(リーチ)は限られてしまうが、現物を則入手したり立ち読みしたりできる点でリッチネスには重きが置かれているといえる。これは本に限ったことでなく、リアル社会のすべての状況で起こりうる可能性がある。例えばアマゾンがオンライン上で本を売った場合、在庫を置くスペースや直ぐに卸売りのできる状況さえあればリーチの点に関しては問題なく、むしろ限りなく拡大できる。一見リッチネスをその分高めることができないように見えるが、試し読みのできるシステムなどといった…

  • 寄り道を増やしていきたい

    人生にはある程度の型が存在している気がする。俺の思い込みかもしれないけれど、たぶんあると思う。 これぐらいの歳になったら就職して、結婚してといった具合に。 だけれども、同時にいわゆる型どおりにいく人生というものは存在してないとも考えている。 型どおりにいくなら「黒歴史」なんてワードはこれだけ使われるようにならないわけだし、そもそも絵に書いたような人生は味気ない。 経済用語にトレードオフという言葉があるが、何かを得るには何かを代償にしなければならないという意味だ。これは経済に限らず様々な真理をついていて、例えば車を動かすにはガソリンを代償にしなければならない。 人生もトレードオフなのだ。トレード…

  • 過去の失敗を話にしてみた。

    あれは高校入学したての頃だった。今でもはっきりと覚えている。 何がって?そりゃあ、高校入学後初めての定期考査試験のこと。特に物理基礎。僕は中学理科の物理はそれなりにできると思っていた。だから高校の定期テスト、それも出題範囲が滅茶苦茶狭い物理基礎だったら、勉強なんかしなくても70点、いや80点は取れると確信していた。 それでもって物理基礎の定期テストの日。朝から涼しい顔してクラスに入っていき、勝利を確信したかのような面構えで席に着いた。本当に試験開始のチャイムが鳴るまでは楽勝ゲーだと思っていたのだ。 朝礼を行い、テストが受けられるよう出席番号順に席に着いた。テスト用紙が配られ、みんなの顔がだんだ…

  • RTは正当性を保証しない

    Twitterでの情報はすぐにRTという形をとって何万人に周知されていきます。RTというものは、存在上、ある情報を他者に共有するという機能を持ち合わせているわけですので、共感とか称賛といった意味を含蓄しているといえるでしょう。 ですが、このごろ虚偽のツイートが拡散してしまう件が示すように、その情報の正しさはどこにも担保されていません。 それでも人はマジョリティーを好む習性があります。RTの数はそれだけマジョリティーの規模を表すものであり、マジョリティー=正しいと無差別に捉えてしまう人も少なくないのです。 この機能を利用すれば、正しくない情報だって正しかったことにできるのです。国の機関だってそれ…

  • ガハハハハ

    お久しぶりでございます ブログの下書きがバカみたいにたまっているウルノでございます。 ブログのネタになりそうな良いつぼみを摘むには摘むのですが、焙煎で失敗しまくっているわけであります。 何か真面目なのを出し続けるのも気が引けるので、アホらしいこと書こうと思うのですが、いかんせん浪人時代に失ったものが多かったようであまり思い付きません。 とりあず再焙煎しようと思います。

  • まーた芸術だよこいつ、飽きねえなぁ

    お久しぶりです。そして令和元年もよろしくどうぞ。 最近投稿しなかったのは忘れてたとか、ネタがなかっとかそういうことではありません。少しばかりゲームに熱中していただけであります。 そんなことはさておき、今回取り上げたいのはシュールレアリスムでござます。超現実主義ともいいますよね。 シュールレアリスム(仏: surréalisme[1]、英: surrealism[2])は、フランスの詩人アンドレ・ブルトンが提唱した思想活動。一般的には芸術の形態、主張の一つとして理解されている。 https://ja.wikipedia.org/wiki/シュールレアリスム 今回はその中でも、「アンダルシアの犬」…

  • アンディーウォーホル

    KOHHというラッパーをご存知であろうか。まぁ多分知ってる人は多いと思うが、そんな彼の「Dirt boys」という曲の中で、『アンディーウォーホルみたいな思考の人もいるよ、俺もそうだし、俺の友達もそう』という歌詞がある。 youtu.be ここで疑問に思うのが、アンディーウォーホルみたいな思考とはどういうことだろうかということである。それを知るためには、アンディーウォーホルが何をした人間であるのか知る必要がある。 アンディーウォーホルはチェコスロバキア生まれの芸術家である。芸術といっても、フランスのルーヴル美術館で飾られているような価値を測り切れない一品物の作品のことを指すのではない。彼が主に…

  • 必見!読書感想文の書き方

    小学生のころ、夏休みの宿題で読書感想文を書かされたものだ。読書感想文なんて本を全部読まないと書けないものであるが、俺はひと味違う。本を半分しか読まなくても感想文を書いて見せる。 ということで、読書感想文「『卍』を読んで」書きます。わからないところは憶測で補完します。 「私は、谷崎潤一郎さんが書いた卍を読んで、とても心動かされました。なぜかというと、心動かされたからです。 主人公は女性です。名前は、確か、、、忘れましたが、その主人公が先生という人に思い出を語る形式の物語です。全編大阪弁でかかれているため、とても読みにくかったです! 多分、テーマは同性愛だと思います。これがかかれたのは、多分大正か…

  • 坊主になりかけ

    ブログを開設して何日目なのか知らないが、すでに半ば飽きてきた。ブロガーはやっぱり凄い。ネタにできるものは全てネタにしているのだろうか、それでもほぼ毎日更新できているのはスゴい。自分には到底できない。 ◯ら◯うくんも最近youtubeを更新してくれないが、あれはきっと本当の自分がなんなのかわかったからだろうか。自分探しをやめたのだろうか。 自分も本当は中華料理店のデザートで出てくる杏仁豆腐の上に乗ったミントの葉レベルで小さな存在であることは前々から重々承知していたから、ブログなんてやめてしまおうか。5日坊主か?6日?3日よりかは少しマシか? (この画像のミントがでかいのはご愛嬌) ただ、大仁田厚…

  • めっちゃすごい詞

    愛はまるで砂の城ね出来た瞬間 波がさらう少し悲しいけど想い出という名の光る砂が残るわ 上は森雪之丞氏が作詞した「砂の城」という曲のサビ部分の歌詞です。 斉藤由貴が歌っているのですが、よく「お前はどうせ斉藤由貴の顔が好きだから聞いてんだろ」とか、「◯◯歌手の曲聞いて楽しいか」とか言われるんですけど、そこはスローテンポの曲で、尚且つ作詞陣が素晴らしいからこそ聞いているんだと、まず釈明したいですね。 話が脱線したので元に戻しますけど、この愛を砂に例えるのって素直に表現力化け物じゃないですか? ただ「愛してる〜」とか「君を忘れない〜」とか、単純すぎる言葉を使うより、恋を砂に例えて的確に表現しちゃうのカ…

  • 三日坊主

    ブログを始めて3日かそんくらい経っていたので、ふと三日坊主という言葉が脳裏に浮かんだ。 三日坊主、三日坊主、三日坊主、三日坊、、、ん?三日坊主の坊主って、ただの丸坊主か?それとも坊さんなのか?それとも、、ヘッドフォンの、、BOSEか、、? 大学の講義中ひたすらに気になった。教授に質問しようかと思ったが、いかんせん経済学の教授であるから答えられる可能性は低いだろうし、そもそもそんなことすればサヨナラ案件である。 講義終了後、すぐに忘れてしまったので調べはしなかったのだが、ふと今思い出したので調べてみた。 むかし、お坊さんになろうとしてお寺に行ったものの、修業がたいへんきびしく食事も質素、そんな生…

  • 最後まで読んでくれないと、ワイが真面目人間になってしまうよ

    我々は日頃から音楽に親しみ、それらから勇気や元気をもらっている。 これは紛れも無い事実なのは、MTVのような音楽番組が存在することからも判然とするだろう。 ところで、音楽には音楽しかないのだろうか? ”今でも“愛され続けている80年代の曲と、“今しか”愛されない曲はどちらも同じ音楽なのであろうか。 これは音楽のジャンルの話をしているわけではない。ジャンルであるならば、クラシック、ジャズ、ロック、ポップスと、その曲のタイプはわかっても、多くの人々に愛されるほどの深みを曲が保持しているか否かはわからない。 サザンオールスターズ、クイーン、槇原敬之、マイケルジャクソン、B'z、その他色々、は長年にわ…

  • なぜ黒歴史を作りに行くのか

    私の周りには色々面白いことをしている人がいる。 例えば、Youtuber、俳優、物書き、ラッパー、その他もろもろ。 みんな違ってみんないいのは当たり前なのだが、いかんせん自分も何かしたい。 例ので◯ゆ◯くんじゃないけども、この人生の夏休みと呼ばれている大学生時代に、大人になると時間的にも体力的にもし難い事をしたいと思ってる。 実際、色々なことをちょこちょっこスタートさせているのだが、なんか足りない。 なんか足りないんだな〜。 そういえば、カウンセラーってあまり発言しないらしい。むしろ相談者が思っている事を話すところにカウンセリングの効果があるらしい。 ほならね、自分もそうしてみればいいって話で…

カテゴリー一覧
商用