chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
たーちゃん
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2011/11/17

1件〜100件

  • SACDサラウンド・レビュー(955)

    J.S. Bach Concertos for Harpsichord & Strings, Vol.2 BIS2481 Masato Suzuki (harpsichord) Bach Collegium Japan 録音 2019年7月 BIS J.S. バッハ:チェンバロ協奏曲集 2 ・チェンバロ協奏曲 ヘ長調 BWV1057 ・チェンバロ協奏曲 イ長調 BWV1055 ・チェンバロ協奏曲 ト短調 BWV1058 ・チェンバロ協奏曲 ニ長調 BWV1054 鈴木優人(Masato Suzuki,1981年~)はオランダ・デンハーグ生まれ。東京藝術大学作曲科卒業、同大学院古楽科にてオルガンを父・鈴木雅明に師事。2007年オランダ・ハーグ王立音楽院修士課程オルガン専攻を首席で修了。同年9月より同音楽院即興演奏科を栄誉賞付きで日本人として初めて修了。アム..

  • SACDサラウンド・レビュー(954)

    Johannes Brahms The Piano Trios 99251 homas Albertus Irnberger(Vn) Lilya Zilberstein (piano) David Geringas(Vc) 録音 2021年4月 Gramola ブラームス:ピアノ三重奏曲集 Disc 1 ・ピアノ三重奏曲第1番 ロ長調 Op.8 ・ピアノ三重奏曲第2番 ハ長調 Op.87 Disc 2 ・ピアノ三重奏曲第3番 ハ短調 Op.101 ・クラリネット三重奏曲 イ短調 Op.114 トーマス・アルベルトゥス・イルンベルガー(Thomas Albertus Irnberger,1985年~)はオーストリア、ザルツブルグ生まれのヴァイオリニスト。7歳からヴァイオリン、8歳でピアノを習い始めた。才能を認められ、わずか9歳でザルツブルグ・モーツァ..

  • SACDサラウンド・レビュー(953)

    Johann Wilhelm Wilms The Piano Concertos,Vol.1 BIS2504 Ronald Brautigam Michael Alexander Willens/Kölner Akademi 録音  2021年4月, 5月(Op.3, Op.26)     2021年8月(Op.12) BIS ヨハン・ヴィルヘルム・ヴィルムス:ピアノ協奏曲集 1 ・ピアノ協奏曲 ホ長調 Op.3 ・ピアノ協奏曲 ハ長調 Op.12 ・ピアノ協奏曲 ニ長調 Op.26 ヨハン・ヴィルヘルム・ヴィルムス(Johann Wilhelm Wilms,1772年3月~1847年2月)ドイツのゾーリンゲンの近くにあるヴィッツヘルデン(Witzhelden)生まれのオランダの作曲家。父親や長兄からピアノや作曲の教育を受けたが、フルートは独学で習得した..

  • SACDサラウンド・レビュー(952)

    Johann Matthias Sperger Double Bass Concertos CC72915 Ján Krigovsky Collegium Wartberg 430 録音 2021年10月 Challenge Classics シュペルガー: コントラバス協奏曲集 ・コントラバス協奏曲第2番ニ長調 ・コントラバス協奏曲第3番変ロ長調 ・コントラバス協奏曲第4番ヘ長調 ヨハネス・マティアス・シュペルガー(Johannes Matthias Sperger,1750年3月~1812年5月)は、南部モラヴィア出身(チェコ)のオーストリアの作曲家。コントラバスのヴィルトゥオーソ。1767年からウィーンでコントラバス奏者や作曲家としての教育を受け、1777年からプレスブルク大司教の宮廷楽師に採用される。翌1778年からウィーン音楽家協会に入会するかた..

  • SACDサラウンド・レビュー(951)

    Messiaen,Ravel,Schoenberg PTC 5186 949 Francesco Piemontesi(Piano) Jonathan Nott/ Orchestre de La Suisse Romande 録音  2020年11月(Ravel)   2020年12月(Messiaen)     2021年2月(Schoenberg) Pentatone モーリス・ラヴェル:ピアノ協奏曲 ト長調 オリヴィエ・メシアン :異国の鳥たち アルノルト・シェーンベルク:ピアノ協奏曲 Op.42 フランチェスコ・ピエモンテージ (Francesco Piemontesi,1983年7月~)は、スイス、ロカルノ出身のピアニスト。ハノーファー音楽演劇大学でアリエ・ヴァルディに師事し、セシル・ウーセ、アレクシス・ワイセンベルク、アルフレート・ブレンデ..

  • SACDサラウンド・レビュー(950)

    Sibelius & Nielsen Violin Concertos BIS2620 Johan Dalene (violin) John Storgårds/Royal Stockholm Philharmonic Orchestra 録音 2021年6月 BIS カール・ニールセン:ヴァイオリン協奏曲 Op.33 ジャン・シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 Op.47 ユーハン・ダーレネ(Johan Dalene,2000年8月~)はスウェーデン、ノルヒェーピング生まれのヴァイオリニスト。4歳でヴァイオリンを習い始め、7歳でプロのオーケストラと共演した。ストックホルム音楽大学(Royal College of Music in Stockholm)ではパー・エノクソン(Per Enoksson)とジャニーヌ・ヤンセン(Janine Jansen..

  • SACDサラウンド・レビュー(949)

    Metamorphosen R.Strauss Korngold Schrecker CHSA5292 John Wilson/Sinfonia of London 録音 2021年8月 Chandos メタモルフォーゼン R.シュトラウス:メタモルフォーゼン TrV 290(23の独奏弦楽器のための習作) TrV290 シュレーカー:間奏曲 嬰ヘ短調 Op.8 (弦楽オーケストラのための) コルンゴルト:交響的セレナード変ロ長調 Op.39 (弦楽オーケストラのための) ジョン・ウィルソン(John Wilson,1972年~)はイギリスの指揮者、編曲家、音楽学者。1994年にジョンウィルソン・オーケストラ(John Wilson Orchestra)を創設。2007年にジョンウィルソン・オーケストラと共にBBCプロムスに出演。2016年よりBBCスコテ..

  • SACDサラウンド・レビュー(948)

    Beethoven String Quartets, Op.18 Nos.4-6 BIS2498 Chiaroscuro Quartet 録音 2019年9月 BIS ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第4番 - 第6番 ・弦楽四重奏曲第4番 ハ短調 Op.18, No.4 ・弦楽四重奏曲第5番 イ長調 Op.18, No.5 ・弦楽四重奏曲第6番 変ロ長調 Op.18, No.6 キアロスクーロ弦楽四重奏団(Chiaroscuro Quartet)は1stVnのロシア生まれのアリーナ・イブラギモヴァを中心に2005年に結成された。絵画の「明暗法」を意味する名の通り、現代楽器にガット弦を張り、チェロ以外の3人は立って演奏。近年の主な活動は、エジンバラ国際音楽祭のデビュー、ドイツ、フランス、ベルギー、オランダの演奏会、ロンドンの新しい室内楽会場ワナメイカー劇場での演..

  • SACDサラウンド・レビュー(947)

    Mozart Wind Concertos LSO0855(2Discs) Timothy Jones (horn) Olivier Stankiewicz (oboe) Andrew Marriner (clarinet) Jaime Martín/London Symphony Orchestra 録音   2019年10月(K417,314,622,297b)      2015年10月(K361) LSO Live モーツァルト:管楽のための作品集 [CD1] ・ホルン協奏曲 変ホ長調 K.417 ・オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314 ・クラリネット協奏曲 イ長調 K.622 [CD2] ・協奏交響曲 変ホ長調 K.297b ・セレナード第10番 変ロ長調 「グラン・パルティータ」 K.361 ハイメ・マルティン(Jaime Ma..

  • SACDサラウンド・レビュー(946)

    Saint-Saëns Piano Concertos Nos.1 & 2 BIS2400 Alexandre Kantorow (piano) Jean-Jacques Kantorow/Tapiola Sinfonietta 録音   2021年9月(Op.22)      2020年1月(Op.70,Op.17,Op.89)      2018年2月(Op.76,Op.73) BIS サン=サーンス: ・ピアノ協奏曲第2番 ト短調 Op.22 ・カプリス・ワルツ 「ウェディング・ケーキ」 Op.76 ・アレグロ・アッパッショナート 嬰ハ短調 Op.70 ・ピアノ協奏曲第1番 ニ長調 Op.17 ・オーヴェルニュ狂詩曲 ハ長調 Op.73 ・幻想曲「アフリカ」 Op.89 アレクサンドル・カントロフ(Alexandre Kantorow, 1..

  • SACDサラウンド・レビュー(945)

    Orgelpunkt Glocke Bremen Vol.2 Trombone & Organ MDG9512253 Lea Suter (organ) Juan Gonzalez Martinez (trombone) 録音 2021年7月,8月 MDG オルゲルプンクト~ブレーメンのザウアー・オルガンVOL.2 ・ロッシーニ/リスト編:スターバト・マーテル~嘆き憂い ・アルノ・ハンセン:Quartett IV ・リヒャルト・エコールド:アダージョ ・フリードリヒ・アウグスト・ベルケ:『復活祭の朝』のモティーフによるファンタジア(ジギスムント・リッター・フォン・ノイコム) ・ハンセン:オペラメロディー集~大混成曲第2番 ・グスタフ・アドルフ・メルケル:アリオーソ ・レーガー:ロマンツェ A.ヘンゼル: ・レチタティーヴォとアダージョ ・アダ..

  • SACDサラウンド・レビュー(944)

    Beethoven Sonatas For Violin and Piano Op.12 CCSSA44222 Rachel Podger (violin) Christopher Glynn(piano) 録音 2021年5月 Channel Classics ベートーヴェン: ・ヴァイオリン・ソナタ第1番ニ長調 Op.12-1 ・ヴァイオリン・ソナタ第5番ヘ長調 Op.24『春』 ・ヴァイオリン・ソナタ第10番ト長調 Op.96 レイチェル・ポッジャー(Rachel Podger,1968年~)はイギリス生まれのヴァイオリニスト。ドイツのルドルフ・シュタイナー・スクールで教育を受け、帰国後ギルドホール音楽演劇学校でミカエラ・コンバーティとデイヴィッド・タケノに師事した。在学中からバロック奏法に興味を惹かれ、バロック音楽を専門とするフロレジウムとパラディ..

  • SACDサラウンド・レビュー(943)

    Debussy Orchestrated BIS2622 Pascal Rophé/Orchestre National des Pays de la Loire 録音 2020年10月,2021年1月 BIS クロード・ドビュッシー: ・小組曲(H. ビュッセルによる管弦楽編) ・おもちゃ箱(A. カプレによる管弦楽編) ・子供の領分(A. カプレによる管弦楽編) パスカル・ロフェ(Pascal Rophe,1960年~ )はフランス、パリ生まれの指揮者。パリ国立高等音楽院を卒業し、1988年ブザンソン国際コンクールに優勝してデビュー。その後アンサンブル・アンテルコンタンポランで修行を積み、現代音楽の権威としての地位を確立。ダラピッコラ、デュティユー、デュサパンなどの作品もレコーディングして高い評価を得ている。パリ管、BBC 響、サンタ・チェチーリア管など..

  • SACDサラウンド・レビュー(942)

    Schnittke Concerto For Piano and Strings TCO0003 Yefim Bronfman (piano) Franz Welser-Möst/Cleveland Orchestra 録音 2020年1月,10月 Cleveland Orchestra シュニトケ:ピアノと弦楽オーケストラのための協奏曲 プロコフィエフ:交響曲第2番 ニ短調 Op.40 イェフィム・ナウモヴィチ・ブロンフマン(Yefim Naumovich Bronfman,1958年4月~ )は、ロシア系イスラエル人のピアニスト。ユダヤ系の両親の下に生まれる。母はヴァイオリニスト、父はピアニストであった。1973年、15歳でイスラエルに移住。現在は米国籍を取得している。1975年に、ズービン・メータが指揮するモントリオール交響楽団と共演して、国際的にデ..

  • SACDサラウンド・レビュー(941)

    Sammartini Sonatas For Recorder and b.c. Volume 2 AE10336 Andreas Bohlen (recorder) Michael Hell (harpsichord) Daniel Rosin (cello) Pietro Prosser (lute) 録音 2019年7月 Aeolus サンマルティーニ: ソナタ ハ長調(シブリー第8番)S8 リコーダーと通奏低音のためのソナタ ヘ長調(シブリー第18番)S18 リコーダーと通奏低音のためのソナタ ヘ短調(シブリー第16番)S16 リコーダーと通奏低音のためのソナタ ハ長調(シブリー第26番)S26 リコーダーと通奏低音のためのソナタ ニ短調(シブリー第20番)S20 リコーダーと通奏低音のためのソナタ ニ長調(シブリー第17番)S17 リコーダ..

  • SACDサラウンド・レビュー(940)

    Ravel La valse, M.72 & Other Works BIS-2438 Sakari Oramo/Royal Stockholm Philharmonic Orchestra 録音  2020年2月(Miroirs , valse )     2021年3月(Le Tombeau de Couperin, Menuet antique) BIS モーリス・ラヴェル: ・クープランの墓(管弦楽版) ・クープランの墓 第2曲 フーガ(K. ヘスケスによる管弦楽編) ・クープランの墓 第6曲 トッカータ(K. ヘスケスによる管弦楽編) ・鏡(管弦楽版)(抜粋) ・亡き王女のためのパヴァーヌ(管弦楽版) ・古風なメヌエット(管弦楽版) ・ラ・ヴァルス(管弦楽版) サカリ・オラモ(Sakari Markus Oramo,1965年10月~ )..

  • SACDサラウンド・レビュー(939)

    Ludwig van Beethoven Piano Sonatas,Op.31 BIS2607 Andreas Haefliger (piano) 録音 2021年1月 BIS ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第16番 - 第18番 ・ピアノ・ソナタ第16番 ト長調 Op.31,No.1 ・ピアノ・ソナタ第17番 ニ短調 「テンペスト」 Op.31,No.2 ・ピアノ・ソナタ第18番 変ホ長調 Op.31,No.3 アンドレアス・ヘフリガー(Andreas Haefliger,1962年~)は、ドイツ生まれのスイスのピアニスト。父親はエルンスト・ヘフリガーである。ジュリアード音楽院に学び、1988年にニューヨークにデビューした後、欧米の主要なオーケストラの多くと共演してきた。1993年にウィグモア・ホールにおいてロンドン・デビューを果たし、翌1994年には..

  • SACDサラウンド・レビュー(938)

    B-A-C-H Anatomy of A Motif CHSA 5285(2) 2Discs Simon Johnson (organ) 録音 2021年5月,6月 Chandos J.Sバッハの主題によるモティーフの解剖学 J.S.バッハ:フーガの技法 BWV 1080よりコントラプンクトゥスXIV(4声の未完のフーガ)、音楽の捧げもの BWV 1079より6声のリチェルカーレ メンデルスゾーン: J.S.バッハのコラール《おお、血と傷にまみれし御頭よ》によるソナタ ニ短調(ルドルフ・ルッツによる補筆完成版) シューマン:バッハの名による6つのフーガ Op.60 ブラームス:フーガ 変イ短調 WoO 8 リスト:B-A-C-Hの主題による前奏曲とフーガ S 260 レーガー:B-A-C-Hによる幻想曲とフーガ Op.46 ジークフリート・カルク=エ..

  • SACDサラウンド・レビュー(937)

    Henry Purcell Fantazias BIS2583 Chelys Consort of Viols 録音 2019年8月 BIS H.パーセル:ファンタジア集 ・6声のイン・ノミネ ト短調 Z.746 ・4声のファンタジア第4番 ト短調 Z.735 ・4声のファンタジア第5番 変ロ長調 Z.736 ・歌劇「妖精の女王」 Z.629 ロンドー ・4声のファンタジア第6番 ヘ長調 Z.737 ・4声のファンタジア第7番 ハ短調 Z.738 ・歌劇「妖精の女王」 Z.629 第5幕 シャコンヌ「中国の男女の踊り」 ・4声のファンタジア第8番 ニ短調 Z.743 ・4声のファンタジア第9番 イ短調 Z.740 ・歌劇「預言者またはダイオクリージャンの物語」 Z.627 第3幕 グラウンドによる        3声のシャコンヌ ・4声のファンタ..

  • SACDサラウンド・レビュー(936)

    Maurice Ravel Orchestral Works CHSA 5280 John Wilson/Sinfonia of London 録音 2020年1月,8月,9月 Chandos ラヴェル:管弦楽作品集 ・ラ・ヴァルス  M72(管弦楽のための舞踏詩) ・マ・メール・ロワ  M62(5つのタブローとアポテオシスによるバレエ/ピアノ・デュエットのための組曲から拡張&オーケストレーション/このエディションによる世界初録音) ・道化師の朝の歌  M43c(オーケストラのための/独奏ピアノのための 《鏡》より) ・逝ける王女のためのパヴァーヌ M19a(スモール・オーケストラのための/独奏ピアノのための作品より) ・高雅で感傷的なワルツ  M61a(オーケストラのための/独奏ピアノのための作品より) ・ボレロ  M81(バレエ音楽/このエディショ..

  • SACDサラウンド・レビュー(935)

    Metamorphosen Works By Mahler, Mendelssohn ARS38328 Maiburg Ensemble 録音 2021年3月 ARS Produktion メタモルフォーゼ バルトーク(クリストフ・ケーニッヒ編):ルーマニア民族舞曲 ラフマニノフ(クリストフ・ケーニッヒ編):ヴォカリーズ マーラー(クリストフ・ケーニッヒ編):アダージェット(交響曲第5番嬰ハ短調より) メンデルスゾーン(クリストフ・ケーニッヒ編):スケルツォ(真夏の夜の夢より) ラヴェル:2つのヘブライの歌-永遠の謎(パスカル・シュヴェレン編)、カディッシュ(アネッテ・マイブルク編) ドビュッシー(パスカル・シュヴェレン編):シランクス・リローデッド(原曲:シランクス) ショパン(パスカル・シュヴェレン編):フレデリックのダンス(原曲:ワルツ第7番 ..

  • SACDサラウンド・レビュー(934)

    Orgelpunkt Beckerath-Organ 'opus 1' MDG9512227 Jens-Christian Ludwig (organ) 録音 MDG オルゲルプンクト~ベッケラート・オルガン「作品1」~聖エリザベート教会ハンブルク シャルパンティエ:前奏曲「テ・デウム」より ニ長調 H. 146* ヘンデル:シバの女王の入場「ソロモン」より HWV 67* ジェレミヤ・クラーク/ダニエル・パーセル:トランペット・チューン* ジェレミヤ・クラーク:トランペット・ヴォランタリー (デンマーク王子の行進曲)* ヘンデル:オンブラ・マイ・フ「セルセ」より* J.S.バッハ:トッカータ ハ長調BWV564 C.P.E.バッハ:ハンブルク・ソナタ ト長調 Wq 133 J.S.バッハ:主よ、人の望みの喜びよ BWV147(デュリュフレ編) テレマ..

  • SACDサラウンド・レビュー(932)

    Mendelssohn Symphonies Nos.1 & 3 BIS2469 Thomas Dausgaard/Swedish Chamber Orchestra 録音 2019年6月 BIS メンデルスゾーン: ・交響曲第1番ハ短調 Op.11 ・交響曲第3番イ短調『スコットランド』 Op.56 トーマス・ダウスゴー(Thomas Dausgaard, 1963年7月~ )はデンマークの指揮者で、トマス・ダウスガードとも記されることがある。コペンハーゲンに生まれ、同地の王立デンマーク音楽院、ロンドンの王立音楽大学に学ぶ。1997年よりスウェーデン室内管弦楽団の首席指揮者に就任、その後2004年8月にはデンマーク国立響の首席指揮者に就任した。その溢れんばかりのエネルギーと創造性のもと両オーケストラは目覚ましい変化を遂げており、2010年夏のBBCプロムスで..

  • SACDサラウンド・レビュー(932)

    Debussy Pelléas et Mélisande Suite PTC5186782(2 Disc's) Jonathan Nott/Orchestre de La Suisse Romande 録音   2020年11月(Debussy)      2019年6月(Schoenberg) Pentatone Disc 1 ドビュッシー(ジョナサン・ノット編曲):交響的組曲『ペレアスとメリザンド』 Disc 2 シェーンベルク:交響詩『ペレアスとメリザンド』 ジョナサン・ノット(Jonathan Nott, 1962年12月~)イギリスの指揮者。当初ケンブリッジ大学で音楽学を専攻したのち、マンチェスターのロイヤル・ノーザン音楽大学で声楽とフルートを学ぶ。後に指揮に転向し、ロンドンに学ぶ。フランクフルト歌劇場などでカペルマイスターを務めた。2000年..

  • SACDサラウンド・レビュー(931)

    Francois Couperin Les Apotheoses AVSA9944 Jordi Savall(basse de viole et direction) Ton Koopman(clavecin) Monica Huggett(violon) Chiara Banchini(violon) Hopkinson Smith(théorbe) Bernard Hervé (récitant) 録音 1985年3月 Alia Vox フランソワ・クープラン: ・リュリ讃 ・コレッリ讃 ジョルディ・サヴァール(Jordi Savall ,1941年~)スペイン東北部カタルーニャ州バルセロナ県イグアラダに生まれ、バーゼル・スコラ・カントルムでヴィオラ・ダ・ガンバを学ぶ。1974年に器楽アンサンブルのエスペリオンXXを設立し、バーゼルを活動の拠点と..

  • SACDサラウンド・レビュー(930)

    Johannes Brahms Piano Sonata No.3 BIS2600 Alexandre Kantorow (piano) 録音 2021年3月 BIS ブラームス: ・バラード集 Op.10 ・ピアノ・ソナタ第3番 ヘ短調 Op.5 ・左手のための「シャコンヌ」 アレクサンドル・カントロフ(Alexandre Kantorow, 1997年~)パリ生まれのロシアのピアニスト。名ヴァイオリニスト、ジャン=ジャック・カントロフを父にもつ。5歳からピアノを習い始め、パリのスコラ・カントルム音楽院にてIgor Laszkoに師事。その後パリ国立高等音楽院にてフランク・ブラレイ(Frank Braley)、上田晴子(Haruko Ueda)に師事。 16歳のときにナントおよびワルシャワでのラ・フォル・ジュルネでシンフォニア・ヴァルソヴィアと共演し、ラフ..

  • SACDサラウンド・レビュー(929)

    Ravel & Bizet Orchestral Works ARS38323 Uta Weyand(piano) Yves Abel/Nordwestdeutsche Philharmonie 録音 2020年12月 ARS Produktion ラヴェル: ・ピアノ協奏曲 ト長調 ・亡き王女のためのパヴァーヌ(管弦楽版) ビゼー :交響曲 ハ長調 ウタ・ヴェヤント(Uta Weyand)はドイツ、ロイトリンゲン、音楽一家生まれのピアニスト。フライブルク音楽大学(Freiburg im Breisgau)、ボルチモア大学院、マドリッドお音楽院で、エルザ・コロディン(Elza Kolodin),ヴィタリー・マルグリス(Vitaly Margulis)、リス、レオン・フライシャー(Leon Fleisher)、ホアキン・ソリアーノ(Joaquín Soria..

  • SACDサラウンド・レビュー(928)

    Bruckner Symphony No.3 BIS2464 Thomas Dausgaard/Bergen Philharmonic Orchestra 録音 2019年6月 BIS ブルックナー:交響曲第3番(1873年初稿・ノヴァーク版) トーマス・ダウスゴー(Thomas Dausgaard, 1963年7月~ )はデンマークの指揮者で、トマス・ダウスガードとも記されることがある。コペンハーゲンに生まれ、同地の王立デンマーク音楽院、ロンドンの王立音楽大学に学ぶ。1997年よりスウェーデン室内管弦楽団の首席指揮者に就任、その後2004年8月にはデンマーク国立響の首席指揮者に就任した。その溢れんばかりのエネルギーと創造性のもと両オーケストラは目覚ましい変化を遂げており、2010年夏のBBCプロムスでは彼の指揮のもと、両オーケストラが出演し観客や評論家よ..

  • SACDサラウンド・レビュー(927)

    Russian Mood ARS38310 Benjamin Kruithof(Cello) Nordwestdeutsche Philharmonie 録音 2020年2月 Ars Produktion ロシアン・ムード~ロシアのチェロ作品集 チャイコフスキー: ・カプリッチョ風小品 ロ短調 Op.62 ・ロココ風の主題による変奏曲 イ長調 Op.33 ・6つの小品 Op. 19 - 第4曲 夜想曲(チェロと弦楽合奏版) ・アンダンテ・カンタービレ(弦楽四重奏曲第1番 Op. 11より) カルル・ユーリエヴィチ・ダヴィドフ:4つの小品 Op.20 第1曲 日曜の朝(チェロと管弦楽編) ダーヴィト・ポッパー :小さなロシアの歌による幻想曲 Op. 43 (チェロと管弦楽版) ラフマニノフ:14の歌 Op. 34 - 第14曲 ヴォカリーズ ホ短調(チェ..

  • SACDサラウンド・レビュー(926)

    Beethoven String Quartets Op.18 Nos.1-3 BIS2488 Chiaroscuro Quartet 録音 2019年6月 ベートーヴェン: ・弦楽四重奏曲第1番 ヘ長調 Op.18 No.1 ・弦楽四重奏曲第2番 ト長調 Op.18 No.2 ・弦楽四重奏曲第3番 ニ長調 Op.18 No.3 キアロスクーロ弦楽四重奏団(Chiaroscuro Quartet)は1stVnのロシア生まれのアリーナ・イブラギモヴァを中心に2005年に結成された。絵画の「明暗法」を意味する名の通り、現代楽器にガット弦を張り、チェロ以外の3人は立って演奏。近年の主な活動は、エジンバラ国際音楽祭のデビュー、ドイツ、フランス、ベルギー、オランダの演奏会、ロンドンの新しい室内楽会場ワナメイカー劇場での演奏会。2013年、ブレーメン音楽祭に共催しているド..

  • SACDサラウンド・レビュー(925)

    Beethoven The Violin Sonatas Vol.3 BIS2537 Frank Peter Zimmermann (violin) Martin Helmchen (piano) 録音 2020年8月 BIS ベートーヴェン: ・ヴァイオリン・ソナタ第8番 ト長調 Op.30, No.3 ・ヴァイオリン・ソナタ第9番 イ長調 「クロイツェル」 Op.47 ・ヴァイオリン・ソナタ第10番 ト長調 Op.96 フランク・ペーター・ツィンマーマン(Frank-Peter Zimmermann,1965年2月~)はドイツのデュイスブルク生まれのヴァイオリニスト。ヴァイオリニストの母親から手ほどきを受け5歳からヴァイオリンを始める。なお父親はチェリストであった。1975年、10歳でモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第3番を弾いてデビュー。1976年に..

  • SACDサラウンド・レビュー(924)

    Js Bach The Art of the Fugue AE11291(2Discs) Samuel Kummer (organ) 録音 2020年10月 Aeolus J.S.バッハ:フーガの技法 BWV.1080 ザムエル・クンマー(Samuel Kummer ,1968年2月~)ドイツ、シュトゥットガルト生まれのオルガニスト。シュトゥットガルト・音楽演劇大学(State University of Music and Performing Arts Stuttgart)で教会音楽を学ぶ。1996年にマーストリヒトのヨーロッパ・オルガン・コンクールで第1位を受賞。2005年からはドレスデン聖母教会のオルガニストとなり、多くのヨーロッパ諸国、ロシア、アメリカ、中央アフリカ、そして日本でリサイタルを行っている。ドレスデン・教会音楽大学(Hochschu..

  • 2021年の走り納め

    本日、今年の走り納めで約11キロのジョギングをしてきました。 今月の走行距離は163.5Km、年間走行距離は1856.2Km 、記録を取り出してからの総距離は62099Kmで、地球2周目の半ばを過ぎたところです。 今年は7月に妻が入院したことにより、また、退院後も介護に時間を取られことが多く、ジョギングに割く時間も限られ、長時間の外出もできていません。 今年で後期高齢者になり、ジョギングスピードも6分/Km~7分/Kmになり、老化と共に持久力さらに落ちております。しかし、ストレスの解消と健康維持のため、可能な限り続けたいと思います。

  • SACDサラウンド・レビュー(923)

    Strauss Eine Alpensinfonie PTC5186802 Vladimir Jurowski/Rundfunk-Sinfonieorchester Berlin 録音 2019年2月(live) Pentatone リヒャルト・シュトラウス:アルプス交響曲 Op.64,TrV233 ウラディーミル・ユロフスキ(Vladimir Jurowski,1972年4月~)は、ロシア、モスクワ生まれのドイツの指揮者。父は指揮者のミハイル・ユロフスキ、祖父は作曲家で同名のウラディーミル・ユロフスキ。18歳でドイツに移住。音楽を学び、各地の歌劇場などで経験を積む。その後2001年グラインドボーン音楽祭の音楽監督に就任し、数々の上演を行う。2007年ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任。ロシア・ナショナル管弦楽団の首席客演指揮者やエイジ・オブ・エ..

  • SACDサラウンド・レビュー(922)

    Saint-Saëns Symphony No.3 BIS2470 Thierry Escaich (organ) Jean-Jacques Kantorow/Orchestre Philharmonique de Liège 録音  2020年10月(Urbs Roma)     2020年4月(Organ) BIS サン=サーンス: ・交響曲 ヘ長調 「首都ローマ」 ・交響曲第3番 ハ短調 「オルガン付き」 Op.78 ティエリー・エスケシュ(Thierry Escaich, 1965年~)はフランスのオルガニスト、作曲家、即興演奏家。パリ国立高等音楽院(Conservatoire de Paris)でオルガン、即興演奏、作曲を学び、8つの最優秀賞を受賞。モーリス・デュリュフレの後任として、1996年にパリのサン=テティエンヌ・デュ・モン教会のオルガニ..

  • SACDサラウンド・レビュー(921)

    Ravel & Saint-Saëns Piano Trios BIS2219 Sitkovetsky Trio 録音 2019年9月 BIS ラヴェル:ピアノ三重奏曲 イ短調 サン=サーンス:ピアノ三重奏曲第2番 ホ短調 Op.92 シトコヴェツキー・トリオ(Sitkovetsky Trio)はイギリスのユーディ・メニューイン音楽学校(Yehudi Menuhin School)で学んでいたヴァイオリン奏者のアレクサンドル・シトコヴェツキー(Alexander Sitkovetsky)を中心に韓国系ドイツ人でチェロのイサン・エンダース(Isang Enders)、ピアノの韓国出身のウー・チェン(吴倩)とともに2018年に結成されたピアノトリオ。International Commerzbank Chamber Music Award 2008に優勝。 ..

  • SACDサラウンド・レビュー(920)

    Mendelssohn String Symphonies 4-6 MDG9122211 Viviane Hagner (violin) Mikhail Gurewitsch/Dogma Chamber Orchestra 録音 2020年11月 MDG メンデルスゾーン・プロジェクトVOL.2 ・シンフォニア第4番ハ短調 ・シンフォニア第5番変ロ長調 ・シンフォニア第6番変ホ長調 ・ヴァイオリン協奏曲ニ短調 ヴィヴィアン・ハーグナー(Viviane Hagner,1977年~)はドイツ人の父と韓国人の母を持つミュンヘン生まれのヴァイオリニスト。3歳でピアノを始め、ヴァイオリンで12歳のとき国際的なデビュー、翌年、伝説的なメーター指揮、イスラエル・フィルとベルリン・フィルのジョイント・コンサートに共演。これまでにベルリン・フィル、ミュンヘン・フィル、ニュ..

  • SACDサラウンド・レビュー(919)

    Ivan Bessonov Plays Tchaikovsky, Rachmaninov, Prokofiev ARS38321 Ivan Bessonov (piano) 録音 2020年7月,10月 ARS Produktion チャイコフスキー:バレエ音楽「くるみ割り人形」組曲 Op. 71a (編曲:プレトニョフ) ラフマニノフ:練習曲集「音の絵」 Op.39 (抜粋) プロコフィエフ:ピアノ・ソナタ第7番 変ロ長調 Op.83 イヴァン・ベッソノフ:5つの子供の小品 イヴァン・ベッソノフ(Ivan Alekseevich Bessonov,2002年7月~)はサント・ペテルブルク生まれのロシアのピアニスト、作曲家。6歳よりピアノを習い始める。モスクワ音楽院(Moscow Central Music School of the Moscow Conse..

  • SACDサラウンド・レビュー(918)

    Sibelius Luonnotar; Tapiola & Spring Song CHSA5217 Lise Davidsen (soprano) Edward Gardner/Bergen Philharmonic Orchestra 録音  2018年5月     2021年2月 CHANDOS シベリウス: ・ソプラノと管弦楽のための交響詩 《ルオンノタル》 嬰ヘ短調 Op.70 ・大管弦楽のための交響詩 《タピオラ》 ロ短調 Op.112 ・劇付随音楽 《ペレアスとメリザンド》 Op.46 からの組曲 ・トライアングルとティンパニを伴う弦楽オーケストラのための 《恋人》 Op.14 ・交響詩 《春の歌》 Op.16 リーセ・ダーヴィドセン(Lise Davidsen,1987年2月~)はノルウェーのソプラノ歌手。 2010年にベルゲン大学..

  • SACDサラウンド・レビュー(917)

    Jacques Ibert Orchestral Works / Flute Concerto MDG9012185 Helen Dabringhaus (flute) Peter Gülke/Brandenburger Symphoniker 録音 2020年1月 MDG イベール:管弦楽作品集 ・ルイヴィル協奏曲 ・交響組曲「パリ」 ・フルート協奏曲 ・海の交響曲 ・交響組曲「寄港地」 ヘレン・ダブリングハウス(Helen Dabringhaus)はドイツの女性フルーティスト。ハノーバー音楽演劇メディア大学(Hochschule für Musik, Theater und Medien Hannover)でVukan Milinにフルートを師事し、2016年にMarinaPiccininiのクラスで修士号を取得。2011年からハノーファー室内管弦..

  • SACDサラウンド・レビュー(916)

    Handel Six Concerti Grossi Op.3 BIS2079 Martin Gester/Van Diemen's Band 録音 2019年10月,11月 BIS ヘンデル:合奏協奏曲集 Op.3 ・合奏協奏曲 変ロ長調 Op.3, No.2, HWV313 ・合奏協奏曲 ト長調 Op.3, No.3, HWV314 ・合奏協奏曲 ニ短調 Op.3, No.5, HWV316 ・合奏協奏曲 ニ長調 Op.3, No.6, HWV317 ・合奏協奏曲 ヘ長調 Op.3, No.4, HWV315 ・合奏協奏曲 変ロ長調 Op.3, No.1, HWV312 マルタン・ジェステル (Martin Gester)はフランス人の指揮者、チェンバロ、オルガン、ピアノ・フォルテ奏者。ストラスブール大学、及びストラスブール音楽院でチェンバロとオル..

  • SACDサラウンド・レビュー(915)

    Beethoven Overtues & Wellington's Victory Raffaela Lintl (soprano) Frederic Böhle Markus Bosch/Cappella Aquileia 555302-2 録音 2020年7月 CPO ベートーヴェン:劇場のための音楽集 第3集 劇音楽「エグモント」 Op.84 序曲「コリオラン」 Op.62 序曲「献堂式」 Op.124 序曲「命名祝日」 Op.115 ウェリントンの勝利 Op.91 マルクス・ボッシュ(Marcus Bosch ,1969年10月~)はドイツの指揮者。ヴィースバーデン歌劇場のカペルマイスター(1996年~2000年)、ザールブリュッケン歌劇場の監督(2000年~2002年)を歴任、2002年~2011年までアーヘン市にあるアーヘン交響楽団..

  • SACDサラウンド・レビュー(914)

    Saint-Saëns Symphonies Nos. 1 & 2 BIS2460 Jean-Jacques Kantorow/Orchestre Philharmonique de Liège 録音   2019年4月,12月     2020年10月 BIS サン=サーンス: ・交響曲 イ長調 ・交響曲第1番 変ホ長調 Op.2 ・交響曲第2番 イ短調 Op.55 ジャン=ジャック・カントロフ(Jean-Jacques Kantorow,1945年10月~ )は、カンヌ生まれのヴァイオリン奏者、指揮者。アルメニア系ロシア人の両親の下に生まれた。ニース音楽院を経て、パリ国立高等音楽院を卒業する。1964年 第11回パガニーニ国際コンクール、1968年のティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリン・コンクールで優勝。グレン・グールドにコンクール時の演奏を絶賛さ..

  • SACDサラウンド・レビュー(913)

    Beethoven Violin Sonatas Vol.2 Sonatas 5-7 BIS2527 Frank Peter Zimmermann Martin Helmchen 録音 2020年2月 BIS ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第2集 ・ヴァイオリン・ソナタ第5番 ヘ長調 「春」 Op.24 ・ヴァイオリン・ソナタ第6番 イ長調 Op.30, No.1 ・ヴァイオリン・ソナタ第7番 ハ短調 Op.30, No.2 フランク・ペーター・ツィンマーマン(Frank-Peter Zimmermann,1965年2月~)はドイツのデュイスブルク生まれのヴァイオリニスト。ヴァイオリニストの母親から手ほどきを受け5歳からヴァイオリンを始める。なお父親はチェリストであった。1975年、10歳でモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第3番を弾いてデビュー。..

  • SACDサラウンド・レビュー(912)

    Molter Concertos Forgotten Treasures,Vol.12 ARS38252 Christopher Palameta( Oboe) Vladimir Waltham(Cello) Javier Zafra(Bassoon) Anna Besson(Flute) Catherine Martin(Violin) Michael Alexander Willens/Kölner Akademie 録音 2017年9月 Ars Produktion 忘れられた至宝 Vol.12 モルター:序曲、シンフォニアと協奏曲集 ・シンフォニア ハ長調 MWV7.13 ・オーボエ協奏曲 ト短調 MWV6.22 ・チェロ協奏曲 ハ長調 MWV6.7 ・バスーン協奏曲 ロ長調 MWV6.25 ・フルート協奏曲 ニ長調 MWV6.17 ・..

  • SACDサラウンド・レビュー(911)

    Weber Complete Works for Piano and Orchestra BIS2384 Ronald Brautigam (fortepiano) Michael Alexander Willens/Kölner Akademie 録音 2018年11月 BIS ウェーバー:ピアノと管弦楽のための作品全集 ・ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 Op.11,J.98 ・ピアノ協奏曲第2番 変ホ長調 Op.32,J.155 ・コンツェルトシュテュック ヘ短調 Op. 79,J.282 ロナルド・ブラウティハム(Ronald Brautigam,1954年10月~)はブラウティガムと呼ばれることもある。オランダの主要なピアノ演奏家の一人。最初はモダンピアノの奏者としてキャリアをスタートしたが、今ではフォルテ・ピアノの演奏家として地位を確立している。アム..

  • SACDサラウンド・レビュー(910)

    Brahms Symphony No.3 & Serenade No.2 CCSSA43821 Ivan Fischer/Budapest Festival Orchestra 録音 2020年9月 Channel Classics ブラームス: ・交響曲第3番ヘ長調 Op.90 ・セレナード第2番イ長調 Op.16 イヴァン・フィッシャー(Iván Fischer, 1951年1月~ )は、ブダペスト生まれのハンガリーの指揮者。ウィーン音楽院でハンス・スワロフスキーに師事し、ウィーン交響楽団などへの客演で正当な音楽を作っている。ユダヤ系ハンガリー人で、父シャーンドル、兄アダム、従兄弟ジェルジも指揮者という音楽家の家族である。ブダペスト祝祭管弦楽団の創設にかかわり、1983年来音楽監督を務めている。また、2011年からはベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団の首..

  • SACDサラウンド・レビュー(909)

    Franck Trois Pieces & Trois Chorals BIS2349 Pétur Sakari (organ) 録音 2020年1月 BIS フランク:オルガンのための3つの小品と3つのコラール ・オルガンのための3つの小品 ・オルガンのための3つのコラール ピェートゥル・サカリ(Pétur Sakari ,1992年~)はフィンランドのオルガニスト。3歳からチェロを習い、8歳の時、ペッカ・スイッカネンについてオルガンを学ぶ。2005年、13歳でリサイタル・デビュー。その後フィンランドでトーマス・(Tuomas Karjalainen)に師事。2010年からはフランスでオルガンをダニエル・ロス(Daniel Roth)に師事。シベリウス・音楽院ではチェロと民族音楽を学んだ。トゥルク(Turku Organ 2006 )、ラハティ(Lahti..

  • SACDサラウンド・レビュー(908)

    Works of JS Bach For Baroque Violin & Organ AE11281 Annegret Siedel (violin) Ute Gremmel-Geuchen (organ) 録音 2020年6月  Aeolus コピーライト J.S.バッハ:バロック・ヴァイオリンとオルガンによる編曲集 ・協奏曲ニ短調 BWV.596(原曲:ヴィヴァルディ/第1&第3楽章:オルガン独奏、第2楽章:ヴァイオリン&オルガン) ・トリオ・ソナタ第4番ホ短調 BWV.528(ヴァイオリン&オルガン) ・カンタータ第22番~コラール『汝の慈愛によりてわれらを死なしめたまえ』(クラウス・ユルゲン・ティース編曲/ヴァイオリン&オルガン) ・シュープラー・コラール集より『イエスよ、いまぞ汝御空より降り来たりて』     BWV.650(ヴァイオリン&オルガン..

  • SACDサラウンド・レビュー(907)

    Music From Proust's Salons BIS2522 Steven Isserlis (cello) Connie Shih (piano) 録音 2019年10月 BIS プルーストのサロン音楽 レイナルド・アーン: ヴァリアシオン・シャンタント(歌謡的変奏曲) ガブリエル・フォーレ: ・ロマンス Op.69 ・エレジー Op.24 カミーユ・サン=サーンス:チェロ・ソナタ第1番 ハ短調 Op.32 アンリ・デュパルク: チェロ・ソナタ イ短調 オーギュスタ・オルメス:レチタティーヴォと歌(S. イッサーリスによるチェロとピアノ編) セザール・フランク:チェロ・ソナタ イ長調 M.8 レイナルド・アーン(Reynaldo Hahn, 1875年8月~1947年1月)は、ベネズエラの首都カラカスに生まれ、フランスで活躍した作曲家..

  • SACDサラウンド・レビュー(906)

    Mozart/Jones Violin Sonatas Fragment Completions CCSSA42721 Rachel Podger (violin) Christopher Glynn (piano) 録音 2020年11月 モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ・アレグロ楽章断片の補筆完成版 ・ピアノとヴァイオリンのためのソナタ 変ロ長調 の断片 Fr 1782c ・ピアノとヴァイオリンのためのソナタ イ長調 の断片 Fr 1784b ・ピアノとヴァイオリンのためのソナタ ト長調 の断片 Fr 1789f ・ピアノとヴァイオリンのための幻想曲 ハ短調 の断片 Fr 1782l ・ピアノとヴァイオリンのためのソナタ 変ロ長調 の断片 Fr 1782c ・ピアノとヴァイオリンのためのソナタ イ長調 の断片 Fr 1784b ・ピアノ..

  • SACDサラウンド・レビュー(905)

    Respighi Transcriptions of Bach and Rachmaninov BIS2350 John Neschling/Orchestre Philharmonique de Liège 録音 2017年9月 BIS オットリーノ・レスピーギ: ・バッハ 前奏曲とフーガ ニ長調 P.158 (J.S.バッハのBWV532による) ・バッハ パッサカリアとフーガ ハ短調 P.159 (J.S.バッハのBWV582による) ・3つのコラール P.167 (J.S.バッハによる) ・ラフマニノフ 5つの絵画的練習曲 P.160 ジョン・ネシュリング(John Neschling,1947年~)はサンパウロ生まれのブラジルの指揮者。シェーンベルクやボダンツキーの血を引くという人物であり、スワロフスキー、バーンスタインの薫陶を受けたというキャリ..

  • SACDサラウンド・レビュー(904)

    Louis Couperin Edition Vol.4 AE10184 Bob van Asperen 録音 2008年 Aeolus クラヴサン組曲集Vol.4 ルイ・クープラン: ・組曲ト短調 ・組曲ニ短調 ・組曲ハ長調 ・組曲ホ短調 ・組曲ロ短調 ・組曲ニ長調 ・パヴァーヌ 嬰ヘ短調 ・ファンタジー ホ短調(フリギア旋法) ボブ・ファン・アスペレン(Bob van Asperen,1947年10月~)は、オランダ、アムステルダム生まれのチェンバロ奏者、オルガン奏者、指揮者。アムステルダム音楽院にてグスタフ・レオンハルトに師事した後、国際的な演奏活動に取り掛かる。オトテール四重奏団やラ・プティット・バンドの一員であるとともに、古楽器オーケストラ「メラント81」(Melante '81)の設立者でもある。1988年にアムステルダム・スウェーリ..

  • SACDサラウンド・レビュー(903)

    Mahler Symphony No.10 BIS2396 Osmo Vänskä/Minnesota Orchestra 録音 2019年6月 BIS グスタフ・マーラー:交響曲第10番 嬰ヘ短調(1989年クック版) オスモ・ヴァンスカ(Osmo Vänskä,1953年2月~ )は、フィンランドの指揮者。元はクラリネット奏者であり、ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団で活動していたが、シベリウス音楽アカデミーでヨルマ・パヌラに師事して指揮を学んだ後、ブザンソン国際指揮者コンクールで優勝し、指揮者としての活動を本格的に開始した。1985年にラハティ交響楽団の首席客演指揮者に就任、さらに1988年に同楽団の音楽監督に就任し、2008年に退くまで、フィンランドの一地方オーケストラに過ぎなかった同楽団を世界的なオーケストラに育て上げた。同楽団とのシベリウスの交響曲や..

  • SACDサラウンド・レビュー(902)

    Orgelpunkt Sauer Organ Die Glocke Bremen MDG9512201 Stephan Leuthold(Track 1,2,4,8,9) Felix Mende(Track 3) Lea Suter(Track 5-7) David Schollmeyer(Track 10-12) 録音 2020年8月 MDG オルゲルプンクト~ブレーメン大聖堂のザウアー・オルガン メンデルスゾーン:6つの前奏曲とフーガ第1番ホ短調op.35-1 マルコ・エンリコ・ボッシ:主題と変奏op.115 リスト:コンソレーション J.S.バッハ:幻想曲とフーガBWV542 ジャン・アラン:幻想曲第2番 デュリュフレ: ・シシリエンヌ ・組曲op.5~トッカータ ジョゼフ・ジョンゲン: ・マイのうたop.53-1 ・スケルツ..

  • SACDサラウンド・レビュー(901)

    Saint-Saëns Piano Concertos 3, 4 & 5 BIS2300 Alexandre Kantorow (piano) Jean-Jacques Kantorow/Tapiola Sinfonietta 録音  2016年9月(No.4,5)     2018年1,2月(No.3) BIS カミーユ・サン=サーンス: ・ピアノ協奏曲第3番 変ホ長調 Op.29 ・ピアノ協奏曲第4番 ハ短調 Op.44 ・ピアノ協奏曲第5番 ヘ長調 「エジプト風」 Op.103 アレクサンドル・カントロフ(Alexandre Kantorow, 1997年~)パリ生まれのロシアのピアニスト。名ヴァイオリニスト、ジャン=ジャック・カントロフを父にもつ。5歳からピアノを習い始め、パリのスコラ・カントルム音楽院にてIgor Laszkoに師事。その後パ..

  • SACDサラウンド・レビュー(900)

    Delibes Ballet Suites CHSA5257 Neeme Järvi/Royal Scottish National Orchestra 録音 2019年11月 Chandos ドリーブ バレエ組曲集 ・バレエ音楽「シルヴィア」組曲(N.ヤルヴィによる管弦楽編) ・バレエ音楽「泉、またはナイラ」組曲(N.ヤルヴィによる管弦楽編) ・バレエ音楽「コッペリア」組曲(N.ヤルヴィによる管弦楽編) クレマン・フィリベール・レオ・ドリーブ(Clément Philibert Léo Delibes, 1836年2月~1891年1月)は、フランス・ロマン派の作曲家。バレエ音楽や歌劇で知られており、「フランス・バレエ音楽の父」と呼ばれる。迫力や壮大などといった言葉とは無縁の、優美で繊細な舞台音楽を残した。 ネーメ・ヤルヴィ(Neeme Jarvi ..

  • SACDサラウンド・レビュー(899)

    Haydn String Quartets Op.76 BIS2358 Chiaroscuro Quartet 録音 2018年1月 BIS フランツ・ヨーゼフ・ハイドン: ・弦楽四重奏曲第63番 変ロ長調 「日の出」 Op.76 No.4,Hob.III:78 ・弦楽四重奏曲第64番 ニ長調 Op.76, No.5,Hob.III:79 ・弦楽四重奏曲第65番 変ホ長調 「幻想」 Op.76 No.6,Hob.III:80 キアロスクーロ弦楽四重奏団(Chiaroscuro Quartet)は1stVnのロシア生まれのアリーナ・イブラギモヴァを中心に2005年に結成された。絵画の「明暗法」を意味する名の通り、現代楽器にガット弦を張り、チェロ以外の3人は立って演奏。近年の主な活動は、エジンバラ国際音楽祭のデビュー、ドイツ、フランス、ベルギー、オランダの演奏..

  • SACDサラウンド・レビュー(898)

    Mendelssohn String Symphonies 1-3 MDG9122193 Herbert Schuch (piano) Mikhail Gurewitsch/Dogma Chamber Orchestra 録音 2020年6月 MDG メンデルスゾーン・プロジェクト VOL.1 ・シンフォニア第1番ハ長調 ・シンフォニア第2番ニ長調 ・シンフォニア第3番ホ短調 ・ピアノと弦楽のための協奏曲イ短調 ヘルベルト・シュフ(Herbert Schuch,1979年9月~)はルーマニア出身のピアニスト。1988年にドイツへ移住。ザルツブルクのモーツァルテウム音楽大学でカール・ハインツ・ケマーリング(Karl-Heinz Kämmerling)に師事。ブレンデルからも薫陶受けたこともあり、2005年にウィーン・ベートーヴェン国際ピアノコンク..

  • SACDサラウンド・レビュー(897)

    Nox CC72853 Hannes Minnaar (piano) 録音 2020年6月 Challenge Classics Nox~夜~ シューマン:4つの夜曲 Op.23 ズイダム:Nox(夜) ラヴェル:夜のガスパール ヤナーチェク:『草陰の小径』より第7曲『おやすみ!』 ハンネス・ミンナール(Hannes Minnaar,1984年12月~)はオランダのピアニスト。アムステルダム音楽院でヤン・ウィーン(Jan Wijn)に師事、2009年に最高位で卒業。ジャック・ファン・オールトメルセン(Jacques van Oortmerssen)にオルガンも師事。2008年のジュネーヴ国際音楽コンクール第2位、2010年のエリザベート王妃国際音楽コンクールで第3位。ファン・ベーレ・トリオ(Van Baerle Trio)の一員。 使用ピアノはクリ..

  • SACDサラウンド・レビュー(896)

    English Music For Strings CHSA5264 John Wilson/Sinfonia of London 録音 2020年1月 Chandos 弦楽オーケストラのためのイギリス音楽 ブリテン:弦楽オーケストラのための 《フランク・ブリッジの主題による変奏曲》 Op.10 ブリッジ:弦楽オーケストラのための 《ラメント(哀歌)》H.117 レノックス・バークリー:弦楽セレナード Op.12 ブリス:弦楽のための音楽 F.123 ジョン・ウィルソン(John Wilson,1972年~)はイギリスの指揮者、編曲家、音楽学者。1994年にジョンウィルソン・オーケストラ(John Wilson Orchestra)を創設。2007年にジョンウィルソン・オーケストラと共にBBCプロムスに出演。2016年よりBBCスコティッシュ・シンフォニ..

  • 私のランニングコース

    いつも走っている玉川上水方面のMyジョギングコースを写真を撮りながら走ってきました。 昨日には東京の桜の満開宣言がありましたが、わが武蔵野市は木によって違いはありますが、3から5分咲きという感じでした。 NTT武蔵野研究開発センター北側 NTT武蔵野研究開発センター正門 都立武蔵野中央公園東入口 都立武蔵野中央公園案内板 都立武蔵野中央公園 都立武蔵野中央公園南門 グリンパーク遊歩道にある案内板 グリンパーク遊歩道 旧中島飛行機工場への引き込み線の案内板 関前公園 関前高射砲陣地跡地案内板 境浄水場東側から奥多摩方面の山を望む 玉川上水に架かる大橋 境浄水場南側の桜道り 桜橋たもとにある国木田独歩の文学碑 国木田独歩の文学碑 ..

  • SACDサラウンド・レビュー(895)

    In Motion BIS2529 Amalia Hall (violin) Franck Fontcouberte/United Strings of Europe 録音 2020年3月 BIS イン・モーション フランツ・シューベルト: 弦楽四重奏曲第12番 ハ短調 「四重奏断章」 D.703 (J. アズクールによる弦楽オーケストラ編) マシュー・ヒンドソン:マラリンガ(M. ハインドソン、T. コエーリョによるヴァイオリンと弦楽オーケストラ編) ルイジ・ボッケリーニ:弦楽五重奏曲 ハ長調 「マドリードの夜警隊の行進」 Op. 30, No. 6, G. 324 (J. アズクールによる弦楽オーケストラ編) アルトゥーロ・コラレス:殿方よ、あなたがたに話そう… ガレス・ファー:弦楽四重奏曲第2番 「モンド・ロンド」(J. アズクールによる弦楽オーケスト..

  • SACDサラウンド・レビュー(894)

    CPE Bach & Mozart Keyboard Variations CC72845 Ewald Demeyere (Harpsichord) 録音 2019年3月 Challenge Classics C.P.E.バッハ&モーツァルト:変奏曲集 C.P.E.バッハ:「アリオーソ」による9の変奏曲 ハ長調 Wq.118/10 モーツァルト:「美しいフランソワーズ」による12の変奏曲 変ホ長調 K.353/300f C.P.E.バッハ:「スペインのフォリア」による12の変奏曲 ニ短調 Wq.118/9 モーツァルト:「ああ、お母さん聞いて」による12の変奏曲 ハ長調 K.265/300e(きらきら星変奏曲) エーヴァルト・デメイエル(Ewald Demeyere,1974年12月~)はベルギー出身のチェンバリスト、指揮者。アントワープ音楽院にて..

  • SACDサラウンド・レビュー(893)

    Locatelli Il Laberinto Armonico BIS2445 Ilya Gringolts (violin) Finnish Baroque Orchestra 録音 2019年1月 BIS ロカテッリ:ヴァイオリンの技巧 ・ヴァイオリンの技法 ヴァイオリン協奏曲 ト長調 Op.3, No.9 ・ヴァイオリンの技法 ヴァイオリン協奏曲 イ長調 Op.3, No.11 ・ヴァイオリンの技法 - ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.3, No.12 イリア・グリンゴルツ(Ilya Gringolts,1982年7月~)は旧ソ連、レニングラード生まれのヴァイオリニスト、作曲家。サンクト・ペテルブルクでヴァイオリンをタチアナ・リベロバ(Tatiana Liberova)とジャンナ・メタリディ(Jeanna Metallidi)に師事。19..

  • SACDサラウンド・レビュー(892)

    Telemann Polonoise PTC5186878 Aisslinn Nosky (violin) Holland Baroque 録音 2020年8月 Pentatone テレマン:ポーランド風舞曲集 ・ポロネーズ 変ロ長調 TWV 45:2 (J&T. スティーンブリンクによるバロック・アンサンブル編) ・ポロネーズ ト長調 TWV 45:9 (J&T. スティーンブリンクによるバロック・アンサンブル編) ・ポロネーズ ト長調 TWV 45:8 (J&T. スティーンブリンクによるバロック・アンサンブル編) ・四重奏曲 変ロ長調TWV 43:B2 (J&T. スティーンブリンクによるバロック・アンサンブル編) ・序曲(組曲) ニ長調 TWV 55:D12 - 第6曲 トゥールビヨン (J&T. スティーンブリンクによるバロッ..

  • SACDサラウンド・レビュー(891)

    Martinů Violin Concertos Nos.1 & 2 BIS2457 Frank Peter Zimmermann (violin) Jakub Hruša/Bamberger Symphoniker 録音  2018年10月(No.1)     2019年10月(No.2) BIS ボフスラフ・マルティヌー: ・ヴァイオリン協奏曲第2番 H.293 ・ヴァイオリン協奏曲第1番 H.226 ベーラ・バルトーク:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ BB124 ボフスラフ・マルティヌー(Bohuslav Martinů,1890年12月~1959年8月)は、チェコ出身の作曲家。7歳からヴァイオリンを習い、12歳の時には弦楽四重奏曲を作曲している。プラハ音楽院に入学したが途中で退学。1919年にはカンタータ「チェコ狂詩曲」でスメタナ賞を受賞し、作曲家..

  • SACDサラウンド・レビュー(890)

    Schubert The Complete Symphonies Vol.3 Symphony No.9 CC72863 Jan Willem de Vriend/Residentie Orkest the Hague 録音 2019年11月 Challenge Classics シューベルト:交響曲全集第3集 ・交響曲第9番ハ長調『グレイト』D.944 ヤン・ヴィレム・デ・フリエンド(Jan Willem de Vriend,1963年~ )はオランダの指揮者。ヴァイオリニストとしても超一流の実力を誇っている。近年では指揮者としての名声が欧米諸国を中心にますます高まっている。2006年からネザーランド交響楽団の首席指揮者兼、芸術監督を務めている。2015年からはハーグ・レジデンティ管弦楽団の首席指揮者に就いている。 ハーグ・レジデンティ管弦楽団..

  • SACDサラウンド・レビュー(889)

    Johann Sebastian Bach A New Angle MDG90621376 Leo van Doeselaar (organ) Erwin Wiersinga (organ) 録音 2019年5月 MDG J.S.バッハ:オルガン作品集~新たな視座 ・カンタータ29番 BWV29「神よ、われら汝に感謝す」よりシンフォニア ・4台のチェンバロのための協奏曲 イ短調 BWV1065 (原曲:ヴィヴァルディの4つのヴァイオリンのための協奏曲) ・無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番BWV1004よりシャコンヌ ・トッカータ ニ長調 BWV912 ・フーガの技法 BWV1080より ・イタリア協奏曲 ヘ長調BWV971 ・カンタータ第80番「われらが神は堅き砦」BWV80 レオ・ファン・ドゥセラール(Leo van Doesela..

  • SACDサラウンド・レビュー(888)

    Schubert Music for Violin II BIS2373 Ariadne Daskalakis (violin) Paolo Giacometti (fortepiano) 録音 2018年2月 BIS シューベルト:ヴァイオリン作品集2 ・ヴァイオリンとピアノのためのロンド ロ短調 Op.70,D.895 ・ヴァイオリン・ソナタ(ソナチネ) ニ長調 Op.137,No.1,D.384 ・ヴァイオリン・ソナタ(ソナチネ) イ短調 Op.137,No.2,D.385 ・ニ重ソナタ イ長調 Op.162,D.574 アリアドネ・ダスカラキス(Ariadne Daskalakis,1969年12月~)はギリシャ移民の両親のもと、ボストンに生まれたアメリカの女性ヴァイオリニスト。シモン・ゴールドベルクやトーマス・ブランディスに師事、1990年代..

  • SACDサラウンド・レビュー(887)

    Beethoven's Testaments Of 1802 2L-160-SACD Ragnhild Hemsing(Violin) Tor Espen Aspaas(Piano) 録音 2019年4月,11月 2L ベートーヴェン 、1802年の遺書 ベートーヴェン: ・ヴァイオリン・ソナタ第8番ト長調 Op.30-3 ・ヴァイオリン・ソナタ第9番イ長調 Op.47『クロイツェル』 ラグンヒル・ヘムシング(Ragnhild Hemsing,1988年2月~)はノルウェーの女性ヴァイオリニスト。5歳でヴァイオオリンを弾き始め、9歳でオスロのバラットデュエ音楽学校に入学。その後ウイーンでボリス・クシュニール(Boris Kuschnir)に師事した。デクストラムジカ財団(Dextra Musica Foundation)から貸与されている1694年製クレモ..

  • SACDサラウンド・レビュー(886)

    Brahms,Bartók,Liszt BIS2380 Alexandre Kantorow (piano) 録音  2020年1月(Brahms)     2019年9月(Bartók,Liszt) BIS ブラームス/バルトーク/リスト:ピアノ作品集 ブラームス: ・2つの狂詩曲 Op.79 第1番 ロ短調 ・ピアノ・ソナタ第2番 嬰ヘ短調 Op.2 バルトーク:狂詩曲 Op.1 BB36a リスト:19のハンガリー狂詩曲 S244/R106 第11番 イ短調 アレクサンドル・カントロフ(Alexandre Kantorow, 1997年~)パリ生まれのロシアのピアニスト。名ヴァイオリニスト、ジャン=ジャック・カントロフを父にもつ。5歳からピアノを習い始め、パリのスコラ・カントルム音楽院にてIgor Laszkoに師事。その後パリ国立高等音楽..

  • SACDサラウンド・レビュー(885)

    Franz Liszt Schwanengesang & Quatre Valses oubliees BIS2530 Can Çakmur (piano) 録音 2020年1月 BIS フランツ・リスト: ・シューベルト - 白鳥の歌 S560/R245 ・4つの忘れられたワルツ S215/R37 ジャン・チャクムル(Can Çakmur,1997年~)はトルコ生まれのピアニスト。トルコで学んだ後、パリ・スコラ・カントルム(La Schola Cantorum in Paris )で(Marcella Crudel)に師事、ワイマール・リスト音楽院(Liszt Academy in Weimar)にて(Grigory Gruzman)に師事。2012年ローマ国際ピアノコンクール(Rome International Piano Competition)、20..

  • 令和2年の走り納め

    今日の午前中に10Kmあまりの、いつもの玉川上水方面へのコースをジョギングをしてきました。 少し寒かったのですが、天気も良く気持ちのいい汗をかきました。 今月の走行距離は169.6Km、今年の通算距離は1,977.9Kmでした。記録を取り出してからの総走行距離は60,242.9Kmになりました。

  • SACDサラウンド・レビュー(884)

    Tchaikovsky Symphony No.4 & Leshnoff Double Concerto FR-738 Manfred Honeck/Pittsburgh Symphony Orchestra 録音  2016年5月(Tchaikovsky)     2019年6月 Reference Recordings ・チャイコフスキー:交響曲第4番ヘ短調 Op.36 ・レシュノフ:二重協奏曲~クラリネットとファゴットのための ジョナサン・レシュノフ (Jonathan Leshnoff,1973年9月~)はアメリカ、ニュージャージー州生まれの作曲家。ジョンズホプキンス大学(Johns Hopkins University)とピーボディ音楽院(Peabody Conservatory)に同時に通い、人類学と音楽の学士号を取得。その後、ピーボディ音楽院と..

  • SACDサラウンド・レビュー(883)

    Beethoven The Violin Sonatas BIS2517 Frank Peter Zimmermann (violin) Martin Helmchen (piano) 録音 2019年9月 BIS ベートーヴェン: ・ヴァイオリン・ソナタ第1番 ニ長調 Op.12, No.1 ・ヴァイオリン・ソナタ第2番 イ長調 Op.12, No.2 ・ヴァイオリン・ソナタ第3番 変ホ長調 Op.12, No.3 ・ヴァイオリン・ソナタ第4番 イ短調 Op.23 フランク・ペーター・ツィンマーマン(Frank-Peter Zimmermann,1965年2月~)はドイツのデュイスブルク生まれのヴァイオリニスト。ヴァイオリニストの母親から手ほどきを受け5歳からヴァイオリンを始める。なお父親はチェリストであった。1975年、10歳でモーツァルトのヴァイオ..

  • SACDサラウンド・レビュー(882)

    Concerti à Cembali concertati Vol.4 Concertos for 3 & 4 harpsichords AE10107 Aapo Häkkinen(harpsichord,clavichord) Miklós Spányi(harpsichord,clavichord) Cristiano Holtz(harpsichord) Anna-Maaria Oramo(harpsichord) Helsinki Baroque Orchestra 録音 2017年7月 AEOLUS J.S.バッハ:チェンバロ協奏曲集Vol.4 3台&4台のチェンバロのための協奏曲集 ・3台のチェンバロのための協奏曲第1番ニ短調 BWV.1063 ・3台のチェンバロのための協奏曲第2番ハ長調 BWV.1064 ・4台のチェンバロのための協奏曲..

  • SACDサラウンド・レビュー(881)

    Schubert Symphonies Nos.2 & 3 PTC5186759 René Jacobs/B’Rock Orchestra 録音  2019年7月(No.2)     2020年2月(No,3) Pentatone シューベルト: ・交響曲第2番 変ロ長調 D.125 ・交響曲第3番 ニ長調 D.200 ルネ・ヤーコプス(René Jacobs, 1946年10月~ )は、ベルギー、ヘントの生まれのカウンターテナー歌手、指揮者。同地の大聖堂少年合唱団に所属して歌い始める。その後アルフレッド・デラーに学び、カウンターテナーとしてグスタフ・レオンハルトやニコラウス・アーノンクールのレコーディングに参加する。1970年代にコンチェルト・ヴォカーレを組織し、指揮者として活動を始める。モンテヴェルディの声楽曲で目覚しい成果を挙げて注目される。近年はハイ..

  • SACDサラウンド・レビュー(880)

    Brahms Symphony No.4 BIS2383 Thomas Dausgaard/Swedish Chamber Orchestra 録音  2018年4月(Symphony No.4)     2018年9月(Hungarian Dances) BIS ブラームス: ・交響曲第4番 ホ短調 Op.98 ・ハンガリー舞曲集 WoO1 (T.ダウスゴーによる管弦楽編)(Nos2,4,8,9,17-21)) ・悲劇的序曲 Op.81 トーマス・ダウスゴー(Thomas Dausgaard, 1963年7月~ )はデンマークの指揮者で、トマス・ダウスガードとも記されることがある。コペンハーゲンに生まれ、同地の王立デンマーク音楽院、ロンドンの王立音楽大学に学ぶ。1997年よりスウェーデン室内管弦楽団の首席指揮者に就任、その後2004年8月にはデンマーク国..

  • SACDサラウンド・レビュー(879)

    Respighi Pines,Fountains & Festivals of Rome CHSA5261 John Wilson/Sinfonia of London 録音 2019年9月 Chandos レスピーギ:ローマ三部作 ・交響詩「ローマの祭り」 P.157 ・交響詩「ローマの噴水」 P.106 ・交響詩「ローマの松」 P.141 ジョン・ウィルソン(John Wilson,1972年~)はイギリスの指揮者、編曲家、音楽学者。1994年にジョンウィルソン・オーケストラ(John Wilson Orchestra)を創設。2007年にジョンウィルソン・オーケストラと共にBBCプロムスに出演。2016年よりBBCスコティッシュ・シンフォニーオーケストラ(BBC Scottish Symphony Orchestra)のアソシエイトゲストコンダクター..

  • 地球1周半達成

    記録を取り出してからのランニングによる走行距離が本日で60,000㎞を超えました。ほぼ地球を1周半回ったことになります。71歳以後はレースへの出場はやめておりますが、隔日の10km余りのジョギングは続けています。 コロナ禍ですが、緑道や人気のないところを選んで一人で走っているのでマスクの着用は必要ないと思いますが、エチケットとしてフェイス・マスク(BUFF)をしています。 冬でもなるべく薄着で走るせいか、おかげさまでインフルエンザを含め熱の出る風邪にはこの20年近くかかっていません。 昨今は体力や運動神経の衰えを肌で感じており、ジョギングスピードはますます落ちて、7~8分/kmになっています。しかし、体の許す限り、80歳までを目標に続けたいと思っています。

  • SACDサラウンド・レビュー(878)

    Mahler Das Lied von der Erde PTC5186760 Sarah Connolly (mezzo-soprano) Robert Dean Smith (tenor) Vladimir Jurowski/Rundfunk Sinfonieorchester Berlin 録音 2018年10月 Pentatone グスタフ・マーラー:「大地の歌」 サラ・コノリー(Sarah Connolly, 1963年6月~)はイギリス出身のメゾソプラノ歌手。ロンドン王立音楽大学でピアノと声楽を学び、ジェラルド・マーティン・ムーア(Gerald Martin Moore)の薫陶を受けた。BBCシンガースの団員を経て1992年からグラインドボーン音楽祭の合唱団員として舞台に立つようになった。1994年にリヒャルト・シュトラウスの「ばらの騎士」のア..

  • SACDサラウンド・レビュー(877)

    Bach Concertos for Harpsichord & Strings,Vol.1 BIS2401 Masato Suzuki/Bach Collegium Japan 録音 2018年7月 BIS J.S. バッハ:チェンバロ協奏曲集Vol.1 ・チェンバロ協奏曲 ニ短調 BWV1052 ・チェンバロ協奏曲 ヘ短調 BWV1056 ・キーボード協奏曲 ニ短調 BWV1059 (鈴木優人による復元版) ・チェンバロ協奏曲 ホ長調 BWV 1053 鈴木優人(Masato Suzuki,1981年~)はオランダ・デンハーグ生まれ。東京藝術大学作曲科卒業、同大学院古楽科にてオルガンを父・鈴木雅明に師事。2007年オランダ・ハーグ王立音楽院修士課程オルガン専攻を首席で修了。同年9月より同音楽院即興演奏科を栄誉賞付きで日本人として初めて修了。アムステルダム..

  • SACDサラウンド・レビュー(876)

    Handel Concerti grossi Op.3 PTC5186776 Georg Kallweit/Akademie für Alte Musik Berlin 録音 2019年5月 Pentatone ヘンデル:合奏協奏曲集 Op.3, No.1-6 HWV312-317 ベルリン古楽アカデミー(Akademie für Alte Musik Berlin)は1982年に旧東ベルリンで設立の世界有数のバロック室内オーケストラ。グラミー賞、グラモフォン賞等を受賞し、アルバムは100万枚を超える売り上げている。室内楽からオーケストラ作品まで年間約100回におよぶコンサートに出演している。1984年のベルリン・コンツェルトハウスの再開以来、独自の連続演奏会を行い話題を集め、1994年以降は、ベルリン国立歌劇場やインスブルック古楽際に定期的に客演している。また、..

  • SACDサラウンド・レビュー(875)

    Erik Satie Piano Music, Vol.3 Vexations BIS2325 Noriko Ogawa(Piano) 録音 2018年8月 BIS エリック・サティ:ピアノ作品集3 ・ヴェクサシオン(performance 1~142) ヴェクサシオンと言う題名の意味は色々に訳されており、「嫌がらせ」「癪の種」という意味もある。52拍からなる1分程度の曲を840回繰り返す曲で世界一長いピアノ音楽だが、メトロノーム記号によるテンポの指定がないため、全曲で18時間から25時間まで幅がある。 小川典子(Noriko Ogawa,1962年~)は神奈川県川崎市出身のピアニスト。東京音楽大学付属高等学校、ジュリアード音楽院卒業後、ベンジャミン・カプランに師事。1983年、第2回日本国際音楽コンクール2位の後、1987年のリーズ国際ピアノ・コンクー..

  • SACDサラウンド・レビュー(874)

    Mahler Symphony No.7 BIS2386 Osmo Vänskä/Minnesota Orchestra 録音 2018年11月 BIS マーラー:交響曲第7番「夜の歌」 オスモ・ヴァンスカ(Osmo Vänskä,1953年2月~ )は、フィンランドの指揮者。元はクラリネット奏者であり、ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団で活動していたが、シベリウス音楽アカデミーでヨルマ・パヌラに師事して指揮を学んだ後、ブザンソン国際指揮者コンクールで優勝し、指揮者としての活動を本格的に開始した。1985年にラハティ交響楽団の首席客演指揮者に就任、さらに1988年に同楽団の音楽監督に就任し、2008年に退くまで、フィンランドの一地方オーケストラに過ぎなかった同楽団を世界的なオーケストラに育て上げた。同楽団とのシベリウスの交響曲や管弦楽曲の録音は、世界的に評価が高..

  • SACDサラウンド・レビュー(873)

    Hidden Gems Calefax PTC5186696 Calefax Reed Quintet 録音 2017年1月,2月 PentaTone 隠された秘宝 ・ロカテッリ:劇場風序曲 ニ長調 Op. 4, No. 1 (J. アルトゥイスによるリード五重奏編) ・コレッリ:ヴァイオリン・ソナタ ニ短調 Op. 5, No. 12 「La folia」 (R. ヘッケマによるリード五重奏編) ・ジョン・フレデリック・コーツ: フォー・オール・ウィー・ノウ(J. アルトゥイスによるリード五重奏編) ・カルロ・ジェズアルド:お前は私を殺す、残酷なひとよ(R. ヘッケマによるリード五重奏編) ・ニコ・ミューリー: わたしを探して ・華彦鈞:二泉映月(O. ボエクホールンによるリード五重奏編) ・セザール・フランク: 前奏曲、フーガと変奏曲 ロ短調 Op. ..

  • 2020-09-28

    Vivaldi & Piazzolla The Four Seasons PTC5186746 Arabella Steinbacher (violin) Munich Chamber Orchestra 録音 2018年7月  Pentatone アストル・ピアソラ:ブエノスアイレスの四季 (P. フォン・ヴァインハルトによるヴァイオリンと弦楽編) アントニオ・ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲 「四季」 Op.8 アラベラ・美歩・シュタインバッハー(Arabella Miho Steinbacher, 1981年11月~)はドイツのヴァイオリンニスト。ミュンヘンでドイツ人の父親と日本人の母親との間に生まれた。ヴァイオリンを始めたのは3歳からで、9歳時にはミュンヘン音楽大学にてアナ・チュマチェンコのもとで学んだ。ドロシー・ディレイやイヴリー・ギトリスに..

  • SACDサラウンド・レビュー(871)

    Shostakovich A Light In The Dark ARS38256 Sabine Weyer (piano) Erich Polz/Nordwestdeutsche Philharmonie 録音 2017年10月 Ars Produktion ショスタコーヴィチ: ・祝典序曲 Op.96 ・ピアノ協奏曲第2番 ヘ長調 Op.102 ・交響曲第9番 変ホ長調 Op.70 ザビーネ・ウェイアー(Sabine Weyer,1988年5月~)ルクセンブルク生まれの女性ピアニスト。7歳から地元の音楽院でピアノの勉強を始め、2007年にディプロムシュペリオール(Prix Supérieur du Conservatoire d’Esch-sur-Alzette)を受賞。2012年6月まで、ブリュッセルのフランダース音楽院(Flemish Cons..

  • SACDサラウンド・レビュー(870)

    Roussel Le Festin d’Araignée Dukas L’Apprenti Sorcier BIS2432 Pascal Rophé/Orchestre National des Pays de la Loire 録音 2018年7月 BIS ポール・デュカス: ・序曲「ポリュクト」 ・交響詩「魔法使いの弟子」 アルベール・ルーセル: 蜘蛛の饗宴 Op.17 パスカル・ロフェ(Pascal Rophe,1960年~ )はフランス、パリ生まれの指揮者。パリ国立高等音楽院を卒業し、1988年ブザンソン国際コンクールに優勝してデビュー。その後アンサンブル・アンテルコンタンポランで修行を積み、現代音楽の権威としての地位を確立。ダラピッコラ、デュティユー、デュサパンなどの作品もレコーディングして高い評価を得ている。パリ管、BBC 響、..

  • SACDサラウンド・レビュー(869)

    Bruckner Symphony No.6 (1881 Version) BIS2404 Thomas Dausgaard/Bergen Philharmonic Orchestra 録音 2018年6月 BIS ブルックナー:交響曲第6番 イ長調 WAB106 (ノヴァーク版) トーマス・ダウスゴー(Thomas Dausgaard, 1963年7月~ )はデンマークの指揮者で、トマス・ダウスガードとも記されることがある。コペンハーゲンに生まれ、同地の王立デンマーク音楽院、ロンドンの王立音楽大学に学ぶ。1997年よりスウェーデン室内管弦楽団の首席指揮者に就任、その後2004年8月にはデンマーク国立響の首席指揮者に就任した。その溢れんばかりのエネルギーと創造性のもと両オーケストラは目覚ましい変化を遂げており、2010年夏のBBCプロムスでは彼の指揮のもと、両オー..

  • SACDサラウンド・レビュー(868)

    Beethoven Complete Piano Trios Vol.5 CC72801 Van Baerle Trio Jan Willem de Vriend/Residentie Orkest The Hague 録音 2019年11月,12月 Challenge Classics ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲全集 Vol.5 ・ピアノ、ヴァイオリン、チェロと管弦楽のための三重協奏曲 ハ長調 Op.56 ・ピアノ三重奏曲第8番 変ホ長調 Op.38(七重奏曲 変ホ長調 Op.20からの編曲) ピアノ、ヴァイオリン、チェロと管弦楽のための協奏曲 ハ長調 作品56は、ベートーヴェンが1803年から1804年にかけて作曲した。通常は三重協奏曲と略して呼ばれる。ヴァイオリンソナタ第9番『クロイツェル』、ピアノソナタ第21番『ワルトシュタイン』、ピアノソナ..

  • SACDサラウンド・レビュー(867)

    Franck Symphony in D minor & Symphonic Variations PTC5186771 Denis Kozhukhin(Piano) Gustavo Gimeno/Orchestre Philharmonique du Luxembourg 録音  2019年7月(Symphony)     2019年11月(Symphonic Variations)  Pentatone セザール・フランク: ・交響曲 ニ短調 ・交響的変奏曲~ピアノとオーケストラのための デニス・コジュヒン(Denis Kozhukhin,1986年~)はロシアのニージニー・ノヴゴロド生まれのピアニスト。最初は母親からピアノのレッスンを受けた後、バラキレフ音楽学校で学び、14歳でディプロマを取得。23歳の2010年5月、圧倒的な評価を得て、エリザベート..

  • SACDサラウンド・レビュー(866)

    Mozart Haffner Serenade & Ein musikalischer Spaß BIS2394 Alexander Janiczek (violin) Michael Alexander Willens/Kölner Akademie 録音 2018年5月 BIS モーツァルト: ・行進曲 ニ長調 K.249 ・セレナード第7番 ニ長調 「ハフナー」 K.250 ・音楽の冗談 K.522 アレクサンダー・ヤニチェク(Alexander Janiczek)はポーランドとチェコの血を引く音楽一家に生まれのオーストリアのヴァイオリンニスト、指揮者。オーストリアのザルツブルグにあるモーツァルテームにてHelmut Zehetmair教授にヴァイオリンを学んだ。ハンガリー人の名ヴァイオリニストであったシャーンドル・ヴェーグが芸術監督をしていたカメラ..

  • SACDサラウンド・レビュー(865)

    Shostakovich symphony No.11 'The Year 1905' CHSA5278 John Storgårds/BBC Philharmonic 録音 2019年8月 Chandos ショスタコーヴィチ:交響曲第11番 ト短調 「1905年」 Op.103 ジョン・ストルゴーズ(John Storgårds,1963年10月~)はフィンランド、ヘルシンキ生まれの指揮者、ヴァイオリニスト。ヘルシンキのシベリウス・アカデミーにてヴァイオリンをエッサー・ライティオ(Esther Raitio )と、ヨウコ・イグナティウス(Jouko Ignatius)に教えを受ける。その後指揮に興味を持ち1993年~1997年の間、シベリウス・アカデミーにて(Jorma Panula)や( Eri Klas)に指揮法の指導を受ける。2003年からヘルシンキ・フィ..

  • SACDサラウンド・レビュー(864)

    Prokofiev Suites from The Gambler & The Tale of the Stone Flower BIS2301 Dima Slobodeniouk/Lahti Symphony Orchestra 録音   2016年10月(The Stone Flower )     2017年9月(The Gambler )     2018年3月(Autumnal sketch) BIS プロコフィエフ: ・歌劇「賭博者」からの4つ描写と終結 Op.49 ・交響的スケッチ「秋」Op.8 ・バレエ音楽「石の花」組曲 ディーマ・スロボデニューク(Dima Slobodeniouk,1975年~)はロシア生まれの指揮者。幼いころからヴァイオリンを学び、17歳でフィンランドに移住。ヘルシンキのシベリウスアカデミーで指揮をヨルマ・パヌラ、レ..

  • SACDサラウンド・レビュー(863)

    Giuseppe Sammartini Sonatas For Recorder & Basso Continuo Vol.1 Andreas Böhlen (recorder) Michael Hell (harpsichord) Daniel Rosin (baroque cello) Pietro Prosser (lute) AE10306 録音 2018年9月,10月 Aeolus ジュゼッペ・サンマルティーニ:リコーダー・ソナタ集 Vol.1 ・リコーダーと通奏低音のための協奏曲 ヘ長調(パルマ第9番) ・リコーダーと通奏低音のためのソナタ ト短調(パルマ第10番) ・リコーダーと通奏低音のためのシンフォニア ヘ長調(パルマ第6番) ・リコーダーと通奏低音のためのソナタ 変ロ長調(パルマ第13番) ・リコーダーと通奏低音のためのソナタ ヘ..

  • SACDサラウンド・レビュー(862)

    Strauss Rosenkavalier Suite BIS2342 Lan Shui/Singapore Symphony Orchestra 録音  2018年7月(Macbeth)     2017年8月( Tod und Verklärung)/br>     2017年5月(Der Rosenkavalier)  BIS リヒャルト・シュトラウス: ・交響詩「マクベス」 Op.23 ・歌劇「ばらの騎士」組曲 Op.59,TrV227 ・交響詩「死と変容」 Op.24,TrV158 ラン・シュイ(Lan Shui,1957年~)は中国、杭州に生まれの指揮者。5歳からヴァイオリンを始め、1985年に北京中央管弦楽団の演奏会でプロの指揮者としてデビューし、その後北京交響楽団の指揮者に選任された。1990年にはロサンゼス・フィルとの共演で指揮者デ..

  • SACDサラウンド・レビュー(861)

    Kaleidoscope Beethoven Transcriptions PTC5186841 Mari Kodama (piano) 録音 2019年10月 Pentatone ベートーヴェン:トランスクリプション集 ・弦楽四重奏曲第7番「ラズモフスキー第1番」Op.59-1~第2楽章(サン=サーンスによるピアノ編) ・弦楽四重奏曲第6番 Op.18-6~第2楽章(サン=サーンスによるピアノ編) ・弦楽四重奏曲第8番「ラズモフスキー第2番」Op.59-2~第3楽章(バラキレフによるピアノ編) ・弦楽四重奏曲第13番 変ロ長調 Op.130 第5楽章 カヴァティーナ( バラキレフによるピアノ編) ・弦楽四重奏曲第16番 Op.135~第2楽章(ムソルグスキーによるピアノ編) ・弦楽四重奏曲より 第16番 Op.135~第3楽章(ムソルグスキーによるピア..

  • SACDサラウンド・レビュー(860)

    Haydn String Quartets Op.76 Nos.1-3 BIS2348 Chiaroscuro Quartet 録音 2017年12月 BIS ハイドン: ・弦楽四重奏曲第60番 ト長調 Op.76,No.1, Hob.III:75 ・弦楽四重奏曲第61番 ニ短調 「5度」Op.76,No.2, Hob.III:76 ・弦楽四重奏曲第62番 ハ長調 「皇帝」Op.76,No.3, Hob.III:77 キアロスクーロ弦楽四重奏団(Chiaroscuro Quartet)は1stVnのロシア生まれのアリーナ・イブラギモヴァを中心に2005年に結成された。絵画の「明暗法」を意味する名の通り、現代楽器にガット弦を張り、チェロ以外の3人は立って演奏。近年の主な活動は、エジンバラ国際音楽祭のデビュー、ドイツ、フランス、ベルギー、オランダの演奏会、ロンド..

ブログリーダー」を活用して、たーちゃんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
たーちゃんさん
ブログタイトル
たーちゃん’S Blog
フォロー
たーちゃん’S Blog

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用