searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

MASAさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
菜園、PC、そして天文の日々
ブログURL
http://pcfarmer.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
菜園、PCの趣味に天文が加わり、 早寝の健康管理に危険信号。 加えて寒さ嫌いで天体撮影はおざなり。 せめてもと天文工作を楽しんでいます。
更新頻度(1年)

10回 / 49日(平均1.4回/週)

ブログ村参加:2020/02/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、MASAさんの読者になりませんか?

ハンドル名
MASAさん
ブログタイトル
菜園、PC、そして天文の日々
更新頻度
10回 / 49日(平均1.4回/週)
読者になる
菜園、PC、そして天文の日々

MASAさんの新着記事

1件〜30件

  • 2020年4月2日の月と昔のポップス曲との巡りあわせ

      本日は2020年4月3日、コロナ渦が全世界を駆け巡っています。日本でも、外出自粛と人との接触を極力控えるという予防策しか方法がないという情けない状況である。これだけバイオの技術や知識が進歩したと言えども、昭和時代の手法しか採れないのである。   昭和の時代という言葉で思い出しましたが、先月の3月18日に下北沢駅前の喫茶店で元上司と15年ぶりに会いました。滅多に外出しない者が、このコロナ騒動...

  • 天体撮影用CMOSカメラの作製   アイピース型とM42ネジ型の使い分け

      新型コロナで日本の社会が眠りに入りました。論理やファクト皆無の小中高の一斉休校。感染リスクを高める学童保育拡充。科学的説明や論理が無いままの休校宣言。日本国民の大多数が首をかしげるも、この暴挙を誰も止めることが出来ない。まさに戦争突入時の日本の状態に似ている。県下では、感染者ゼロ。それでも、この暴挙に従う可笑しさと愚かしさ。日本は、大丈夫か!   前回のCMOSカメラ作製に引き続いて、今回はCM...

  • AZ-GTi経緯台の赤道儀化 その 7. 極軸合わせとオートガイド

      今回は、AZ-GTiマウントの赤道儀モードでのPoleMasterを使っての極軸合わせの様子と、PHD2を使ったオートガイドの実際を紹介したいと思います。   PoleMasterのAZ-GTiへの取り付けは、本ブログの「その5. PoleMasterまたは電子極軸望遠鏡を本体に直付け」に紹介した方法で行っています。   極軸合わせと、オートガイドは、下の写真のような構成で行いました。    ・極軸合わせ:PoleMaster     ...

  • ToupCam同等のCMOSカメラの作製   格安RA0130センサーカメラ

      前回の電子極軸望遠鏡作製に引き続いてCMOSカメラの製作を行う予定でしたが、コロナ騒動で部品の納品が大幅に遅れています。そこで、部品を使い回してCMOSカメラの試作を行ってみました。   先の電子極軸望遠鏡を分解し、素のCMOSカメラモジュールを取り出します。モジュールのCMOSセンサーは、Aptina社製(現在、ON Semiconductor社)の1/3インチのAR0130センサーを使ったものです。Pixelサイズは、3.75 x 3.75 μm で...

  • 2020年2月21日 ピーマン類とサツマイモの苗の状況

      本日は2020年2月21日、春、夏野菜の苗の状況を報告します。   ピーマン類は、例年ピーマンと万願寺シシトウ、そしてパプリカの苗を育てていますが、昨年パプリカが先祖帰りしてトウガラシに変貌したので、パプリカの種まきは中止しました。   2020年1月15日に種まきをし、3週間後にポットに移植しました。種まきから、ほぼ1カ月後の状況が下の写真です。なかなか生長しません。     ...

  • 2020/02/20 水戸偕楽園の梅まつり   誕生祝の小旅行

      本日は2020年02月20日、0,2の日です。私の誕生日ということもあって水戸の偕楽園へ梅を見に行ってきました。締めは、ひたちなか湊で寿司三昧。      千波湖のほとりには、水戸斉昭公の銅像がありました。頭には、堂々と鳩たちがくつろいでいました。        九代藩主水戸斉昭公(不謹慎な鳩たち)【写真クリックで拡大します】   今季は暖冬で、梅は峠を越しているのではと心配でしたが、8分...

  • Win10 タブレットのシステムバックアップと復元  UEFI-Bios PCのシステムバックアップと復元

      久し振りにPCの記事です。現在天体撮影用に2台のWindowsタブレットを所有しています。  1.NEC Tab TW710/T2S (Win10Home 32bit)   2.CLIDE W10C2 (Win10Home 64bit)   いずれも10インチのタブレットです。貴重な天文関係のアプリが多く詰め込まれており、システム障害に陥った時のことを考えるとバックアップを取っておきたいと常々思っていました。そこで、通常のPCで行っているようにWin10のシステムの...

  • 2020年 スナップ・エンドウの苗作り

      2020年用のエンドウ豆の種まきは、雨で時期を逸してしまいました。1月の半ば、スナップと絹さやの種は見つかりましたが、グリーピース・ウスイはどこにも売っていませんでした。毎年グリーンピースは育てていましたので、寂しい限りです。   絹さやは、ビッグ絹さやがあったので、昔の仏国大莢を思い出して、即購入しました。この絹さやの苗作りは簡単に完了し、現在畑に植わっています。   一方、スナップ...

  • 電子極軸望遠鏡の作製 2.CMOSカメラモジュールからの自作

      前回、ウェブカメラを改良して極軸望遠鏡を作製しましたが、お約束通り、CMOSカメラモジュールから極軸望遠鏡を作ることに挑戦してみました。これらの工作が可能である理由は、中国が部品を惜しげもなくユーザーに公開して販売しているからです。   今回使ったCMOSカメラモジュールは、Aptina社製(現在、ON Semiconductor社)の1/3インチのAR0130センサーを使ったものです。下のように、2,400円でAliExpressより入手で...

  • AsiAirの改良  Asiairに足を付ける。

      新型肺炎コロナウィルスで大騒ぎの昨今、大型クルーズ船の扱いが国際問題になっています。日本でのウィルス感染を防ぐための措置として3,700人もの乗客乗員をクルーズ船に閉じ込める前例の無い措置である。感染防御なる措置は妥当にしても、全員のウィルス検査がなされない不合理さはマスメディアでも言及されていたが、私自身も首をかしげていました。結論から言うと、日本に検査体制が整わなかったという後進国並みのお粗末...

  • 18年ぶりの再会  友は最高の宝物

      年賀状の住所録に、小さく携帯番号が記入してありました。10年前の住所録のOさんの項目でした。もう、20年近く前に記入したものなので、番号は変わっているに違いないと、電話をかけてみました。ら、懐かしい声が聞こえてきました。最後に会ったのは、18年前のOさんの結婚式でした。結婚式は、Oさんが退職して8年も経過していましたので、まともに会話を交わしたのは何と26年前にもなります。不思議なもので、会話を交わすと一...

  • 電子極軸望遠鏡の作製  ウェブカメラの改良

      小泉環境大臣が、育児休業を取るということが話題になっています。何か違和感を感じます。働き方改革の先陣となるようなことも発言しているようですが、先陣とは、本来苦労や苦難を伴うことを指しているいるはずです。休業は何の苦労もありません。   しかも、働き方改革?? 何ですか、この改革とは。未だに一部上場企業の人事課では、有給休暇の取得率の高い人は、人事考課を下げています。一方で、有給休暇を100...

  • 2020年の天文初工作はフード作成 プラスチック段ボールの利用

      2020年の初めての工作は、又もやフードの作成でした。これまで、2度もアップしていますが、今回は、フードの骨格となるディスクをプラスチック段ボール(以下、プラダン)で作製したらどうなるかを確かめてみたかったからです。ちょうど、年末に初めてのⅬレンズ、EF200㎜ F2.8L USMを手に入れたこともあります。広い画角で星空をキャッチすることを夢見て、工作ばかりしています。             EF200mm ...

  • SKYMAX127による月面撮影  2019年12月~2020年1月の月

      撮影に慣れるために、鏡筒としてSkyWatcher社のSKYMAX127、マウントはAZ-GTiの赤道儀モードによって月面の撮影を頻繁に行っています。撮影をまとめた動画をYouTubeへアップしています。下の写真をクリックしますとYouTubeへ飛びます。             月面撮影機材【上写真をクリックするとYouTubeへ】   下は、先にも記載しましたが2019/12/8の月面です。今回は、Wavelet処理を少し派手目にしてみました...

  • 2020年の正月2日は、いきなり登山。

      2020年へと時は流れて参りました。正月早々、いきなりの大ニュースが2つ入って来ています。  ゴーンの日本脱出劇と米国のイラン攻撃。特にゴーン日産問題については、日ごろから日本の検察や警察の不合理、不公正、非近代的課題を思い巡らしている小生にとっては、有り難い問題提起となっており注目しています。特に被疑者でありながら独房に数カ月も監禁され自由を奪われる現実は、明らかに前近代的と言わざるを得ませ...

カテゴリー一覧
商用