searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

MASAさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
菜園、PC、そして天文の日々
ブログURL
http://pcfarmer.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
菜園、PCの趣味に天文が加わり、 早寝の健康管理に危険信号。 加えて寒さ嫌いで天体撮影はおざなり。 せめてもと天文工作を楽しんでいます。
更新頻度(1年)

30回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2020/02/17

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、MASAさんをフォローしませんか?

ハンドル名
MASAさん
ブログタイトル
菜園、PC、そして天文の日々
更新頻度
30回 / 365日(平均0.6回/週)
フォロー
菜園、PC、そして天文の日々

MASAさんの新着記事

1件〜30件

  • ZWO ASIカメラからのFitsファイルの画像処理あれこれ。 4. ライブスタックM20とM16のホットピクセル除去処理

     1.M20、M16のライブスタック     夏の星雲のライブスタックを実行してみました。2021年8月3日、気温は32℃。ライブスタック像には、嵐が吹いたような多くの斜めのスジが出現しました。4月2日、15℃のM42のライブスタックを行った時はこれほどひどくはありませんでした。気温が高かったので、CMOSセンサー素子からのノイズが多く出たのではないかと考えています。   下の写真は、モニターに映し出されたM20とM...

  • ZWO ASIカメラからのFitsファイルの画像処理あれこれ。 3. ライブスタックM42のFitsファイルの画像処理

     1.経緯     季節が場違いなM42が題材で失礼します。   ASIカメラのFitsファイルの画像処理の話題、前回の記事から、かなりの時間が経過しました。その間、ステライメージ(SI9)をあれこれさわりましたが、依然として進歩しません。それに反して、海外のフリーソフトは直感的に使用でき、画像処理も少しずつ進歩してきたような気がします。   今回の話題は、3月から4月にかけてライブスタックを実行し...

  • Vixen 7倍 50mmファインダーをガイドスコープとして利用する。 その2.接続アダプターがフィットしました。

     1.Vixen 7倍 50mmファインダーは3年間使わなかった     9月に入って雨、曇りが続きます。こんな時は決まって工作や接続アダプターをクリクリ。アダプターのあれこれは成果がなくても、積み木遊びのようで面白い。天文を始めて3年経つと、ネジのことが何となしに分かるようになってきました。             防湿ケースで眠っていたVixen 50mmファインダー    新調した大型の除湿ケースの中...

  • Althiba3赤道儀とASiairまたはASiair Proとの接続と運用

     1.AlthibaからAlthiba3へのアップグレード     久し振りにマチナカ天文台の水谷氏のブログに入ってみたら、AlthibaをAlthiba3へアップグレードできることがわかり、早速実行に移しました。アップグレードの目的は、次の3点です。   1.WiFi接続が可能になる。   2.コントローラー本体の方向キーで赤道儀を動かすことができる。(使わないと思う)   3.INDI(Astroberry)と完璧につながる...

  • 夏の星団、星雲をライブスタックで観望。

      3月から4月にかけてM42のライブスタックを実行し、おおよその手順をマスターすることができました。今回は、Althiba3の試験を兼ねてOnStep改造GPD2使用したライブスタックを実行してみました。   改造GDP2のオートガイドはおおむね2”以下と調子が良く、30秒露光ライブスタックもうまく実行できました。ライブスタックの対象は夏の星団、星座です。プロセスと結果を下のように動画にまとめました。下の写真をクリックす...

  • ASiair Pro に WiFiレンジエクステンダーを取り付ける。

    1.ラズパイに金属カバーはダメなのか?   これまで、ASiairのラズパイ3B+、Astroberryのラズパイ4Bは、全て金属のカバーへ換装して使用していますが、一度もWiFiが切断した経験はありません。ところが、最近AlthibaをAlthiba3へアップグレードして、ASiair Proとの連携をテストしていたところ、頻繁にASiairの画面で「自動再接続しました」とのメッセージが出てくるようになりました。当初、Althiba3が犯人ではないかと...

  • ASiair と ASiLive とを組み合わせて行うライブスタックと、ASiair Pro との比較

     1.ASiair Proを使わずにASiairでライブスタックは出来ないのか     本年の3月から4月にかけては、ずっとM42のライブスタックを行ってきました。鏡筒は、最初はVixen SD81sから始め、Tamron 150-600mm ズームレンズ、EF 200mm F2.6L などを使って楽しんでいました。ライブスタックのソフトウェアは、SharpCapは使わないので、ずっとASiStudioの中にある、ASiLiveを使いました。   ASiairのGoToとPlate Sol...

  • PayPalは安全ではなかった。  -MuseScoreの不当課金を助長するシステム-

      海外のネット買い物にPayPalを使用しはじめて、ほぼ10年。便利な機能を享受してきました。ところが一週間前、買い物もしていないのに $49.00 USD の引落し連絡がPayPalから通知してきた。メッセージは、「MuseScoreへお支払いいただきありがとうございます」であった。引落しの通知は、すでに自動支払いを完了したとの通知であり、引落しの可否を聞いてきてはいなかった。「支払いの手続きを実行したのは、PayPalだろ」っとつ...

  • ZWO ASIカメラからのFitsファイルの画像処理あれこれ。 2. カラー化が難関です。

      ASIカメラで撮影されたFitsファイルの画像処理あれこれ、第2弾。  画像をカラー化して星雲のあぶり出しなどの調整をする際に遭遇したあれこれについて記したいと思います。   ASIカメラから得られたFitsファイルをステライメージに取り込み、RGB画像にしたのち、色の深度を増加させようとしたり、色の調整をしようとしても、思ったように出来ない。   ところが、ZWO社のアプリであるASIFitsViewでヒストグラム...

  • 梅雨入り前にジャガイモ収穫、大忙し。

      菜園では、ジャガイモの葉や茎が既に枯れてしまい収穫時期となっています。折しも梅雨入りを前にして晴天が続いている関東地方。ジャガイモの収穫の最盛期で少々グロッキー気味です。   今年のジャガイモの植え付けは、次の4種類。      ・シンシア 1㎏      ・はるか  3㎏      ・男爵   3㎏      ・アンデス 2㎏    下の写真は、掘り起こしたジャガイモ...

  • ZWO ASIカメラからのFitsファイルの画像処理あれこれ。 1. ディベイヤー処理の不思議

      Win10アプリのASIStackを使ってライブスタックを実行すると、PCへスタックされた画像のFitsファイルと、スタック元のFitsファイルの2種類のFitsファイルが自動的に保存されます。これらのFitsファイルの中から良いものだけを選択してコンポジットすれば、さらに良い画像が得られるはずです。ということで、現像、コンポジット、ホットピクセル除去などと画像処理をあれこれと行うことになりました。   ZWO ASIカメラか...

  • 皆んな大好き、イチゴケーキ。

      菜園では夏野菜の植え付けがほぼ完了しました。一方、イチゴの収穫が最盛期となっています。最初の頃は、大型で器量の悪い形のものが多く採れます。               奇妙な形の苺たち【写真クリックで拡大】   苺と言えば、イチゴケーキです。早速、イチゴケーキを作ってもらいました。                  イチゴケーキ    丸ごと食べる気力、体力はあるのですが、糖の摂り...

  • Tamron 150-600mm を使った ASILive による M42 のライブスタック。

      前回、望遠鏡Vixen SD81sを使ったM42のASILiveによるライブスタックの結果を報告しましたが、ではカメラレンズを使ったらどういう像を結ぶのだろうか。そんな疑問を明らかにするために、天体を始めた時に購入したTamron SP 150-600mm G2 ズームレンズを使ってASILiveによるM42のライブスタックを行ってみました。    Tamron SP 150-600mm G2でのライブスタック機材【写真クリックで拡大】    結果は、ズームレンズを使...

  • 2021年の八重桜見物。 タケノコは2週間早いらしい。

      2021年4月10日、快晴の澄んだ青空。まだ八重桜は早いかなと思いながら、恒例の八重桜見物に、つくば市の高崎の森に出かけました。毎度、芝桜と唐カエデがお出迎えです。                芝桜がお出迎え【写真クリックで拡大】      芝桜は、年々縮小して行っています。スギナの侵食に管理者が追い着いて行けないようです。その変わり、新芽がきれいな唐カエデが大きくなっています。    ...

  • ASiLiveでオリオン大星雲M42を観望。 光害カットフィルターが活躍。

    ステライメージで天文挫折    もう2年も前になります。何もわからないまま望遠鏡にEOSカメラを付けてオリオン大星雲を撮影。ライブビューでは、かなり鮮明なカラーで見えていたにもかかわらず、スタック処理をしようと思ってステライメージに読み込みました。どうあがいても結果はモノクロのまま。天文は難しいというイメージだけが残りました。それ以降、星の撮影から遠のき、オートガイドやアライメント、各種マウン...

  • ChromeBookのUSBにはOTG機能が無い。天体用途にはビミョー。

      Edge HD800の光軸調整が難航していました。木星で調整、そしてHowieレーザーコリメーターと、ホログラフィックアタッチメントにて光軸調整しましたが、MAK127と比較して、どうしてもピントが合いません。悶々としていても前へ進みませんので、最後の手段に出ました。いつも相談している名古屋の天文ショップへ思い切ってTELしました。そうしたら何と光軸を見て下さるということで、急遽入院しました。2年前にウェイトを載せず...

  • 庭の甘夏でマーマレードを作ってみました。ヨーグルトに最高、お薦めです。

      過去に2度ほど、ゆずジャムを作ったブログをアップしましたが、今回は、甘夏のマーマレードのブログです。猫のひたい程の狭い庭には、急に巨大になりかけたグレープフルーツを掘り起こして、その後に植えた甘夏が、いい感じで実ってきました。多分4年目だと思います。               庭の甘夏【写真クリックで拡大】     今回の手順は次の通りです。 ・甘夏7個(約2.1kg)を水洗いする。&nb...

  • 2021年 スナップと絹さやエンドウの苗作り

      2021年もエンドウ豆は、直播ではなく、ポットでの苗づくりとなりました。種まきは、2021/2/3でした。本日は、2021/2/13なので、10日間で下の写真のような苗が出来ます。     スナップ(左)と絹さや(右)エンドウの苗作り【写真クリックで拡大】   いつも種まき用土を使って、豆が腐ってゆき、うまく苗ができない失敗を繰り返していましたが、今回は100%鹿沼土を使って苗づくりを行ってみました。栄養...

  • バーティノフマスクの違いによる光条スパイク像の比較

      新年早々、トライバーティノフマスクの作製三昧のカッター作業でしたが、どうも忘れ物をした感じが続いていました。その理由は、作製したトライバーティノフマスクの出来が悪すぎたのです。性能は定かではありませんが、下の写真を拡大していただければ分かりますが、カッターでの切断部分に紙由来の糸くずのようなものが付着して除去できません。             前回作製のトライバーティノフマスク &nbs...

  • 2021年の初工作は、トライバーティノフマスク作り三昧。

      2021年になりました。今年の三賀日は、昨年同様、快晴に恵まれ全て歩け歩け大会でした。一日約15,000歩強。昨年の山登りと違い平地だったので筋肉へのダメージは大きくありませんでした。   今年の初工作は、Edge HD800用のトライバーティノフマスクの作製でした。このシュミカセを月面に向けた時のボケ様は「Oh NO!」状況でした。木星を使って副鏡の傾きを調整しましたがボケは治らなかったため、光軸調整のあら...

  • 2020年の天文、菜園、PC そして暮らしを振り返って

      2020年を振り返ってみます。暮 ら し    何ら大きな変化はありませんでした。元来、外出があまり好みではありませんので、コロナ騒動も生活のリズムを壊すまでには至っていません。朝は、猫の「マルちゃん」と寝床で一緒です。ただ、1月に優秀な頭脳の持ち主でスポーツマンの後輩が急逝し、18年ぶりに再会した友人の旦那様が5月に亡くなる悲しい出来事がありました。嬉しかったことは、何といっても1月に行われ...

  • この白い物体は何だ?  氷核活性細菌の仕業に違いありません。

      朝7時半ころ、庭に出てみると写真のとおり剪定したアップルミントの下の方に奇妙な白いものが目に入りました。降雪もなく、周囲には霜も見当たりません。なのに白い物体が。     アップルミントの木の下に白い物体が【写真をクリックすると拡大します】   最初は、キノコかと思いました。近寄って撮影した写真が下の写真です。白い物体は明らかに水の結晶、氷の結晶です。              白い物体は...

  • Chrome BookでASiairやAstroberryをコントロールする

      今回のお題は、ラズベリーパイを使ったASiairやAstroberryをコントロールするパソコンに関するものです。格安、軽量、長時間バッテリーと三拍子揃ったChromeBookパソコンでASiairやAstroberryがコントロールが出来ましたという内容です。この内容だけでは面白おかしくも無いので経緯や紆余曲折を含めてお話して行こうと思います。それでは、 経緯     これまでは、ASiairは、Androidタブレットやスマホを使い、Ast...

  • Astroberryで天体撮影 11.惑星を鏡筒のど真ん中に導入して撮影

      天文機材について以前より気になっていることがあります。それは、機材の価格が余りにも高額なこと。特に、日本の天文ショップの高額販売は目に余る程。例を挙げてみると、天文ブログのnabeさんからの紹介鏡筒、Askar Fra400 ですが、日本の天文ショップが販売を開始しました。その価格は下のとおりです。比較に、ドイツのTeleskop ServiceとAliExpressの価格も示します。      日本の天文ショップ   146,300円 ...

  • Astroberryで天体撮影 10.SynScan WiFiで接続できない時の対処法

      今回は、Astroberryに関する非常にマニアックな内容です。SynScan WiFiモジュールを使ってAstroberryと接続できない時に役立つかも知れないものです。   MAk127鏡筒で惑星撮影を行っている時、急にEQM35 Pro赤道儀とAstroberryの接続が切断され、それ以降何度接続を試みても接続されないという経験をしました。その時は、Astroberryと赤道儀とのWiFi接続をあきらめ、急遽SynScan USBを取り出し、EQMod接続を行いその場...

  • Tamron 150-600 mm ズームレンズにNucleus-Nanoモーターを付けてワイヤレス・フォーカス化。

      電動フォーカサー化の第3弾です。今回は、まだ本格稼働はしていませんが、Tamron 150-600 mm ズームレンズにTilta社のNucleus-Nanoモーターを取り付けた話題です。1年前にASiairのPlate Solvingをテストするために、このズームレンズを多用していましたが、マウントがターゲット星に向いた時、レンズの焦点合わせの場所を迷う場面が多くあり不便な思いをしました。この経験があってズームレンズも電動フォーカス化することに...

  • 2020年 サツマイモ栽培の総括

      本日は、2020年10月19日。4畝植えてあるサツマイモを省エネのため少しづつ収穫しています。掘って収穫したサツマイモは、直ちに水洗いして天日で乾燥させ、コンテナに入れて物置ないし冬季は部屋(最低温度12℃)で保存しています。   サツマイモの苗は自前で調製しています。本年植え付けた苗は昨年9月末に挿し穂した苗を使っています。下の写真は、2020/2/21撮影の越冬中の挿し穂した苗です。   挿し穂...

  • SkyWatcher MAK127を工作することなしに電動フォーカス化する。

      晴れません。「天高く馬肥ゆる秋」はどこに行ったのでしょうか。悪天候にかこつけての電動フォーカサー化の第2弾です。今回は、月や惑星観測に多用するSkyWatcherのMAK127へフォーカスモーターを取り付けた話題です。この鏡筒のフォーカサーは軽くて回しやすく不満はないのですが、これまたお気軽撮影で多用する架台のAZ-GTiを使うと視界が揺れまくって焦点を合わせにくくなります。しっかりとした赤道儀の場合は何ら問題はあ...

  • EOSレンズに回転機能を付けて CMOSカメラに接続する。

      このところ連日雨模様で、天文工作の日々となっています。鏡筒の電動フォーカサー化を進めていますが、ズームレンズにフォーカスモーターを接続する際、その性能評価をしている最中にカメラの回転が出来ない不都合に出会ってしまいました。   ズームレンズはEOS用なのでEOS-M42(オス)アダプターにCMOSカメラのM42(メス)を直ネジ込んでいます。マウントアダプターをかませて回転機能を持たせたいのですが、光路長が...

  • ニュートン反射BKP150へフォーカスモーター。ノーマルとファインモード

      Astroberryの使い方マスターが一段落し、次の興味の対象は電動フォーカサーに移ろいました。計画だけは半年前くらいから立てていましたが、いよいよ実行です。手始めにニュートン反射のBKP150へのフォーカスモーターの取り付けを行ってみました。   フォーカスモーターは下の写真に示すSkyWatcher社製のもので、シュミットから購入した世界で一番安価なものです。SkyWatcher社製のニュートン反射鏡は総てがデュアルスピ...

カテゴリー一覧
商用