searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Oppekepe1900さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
狩猟採集新時代
ブログURL
https://oppekepe1900.hatenablog.com/
ブログ紹介文
不動産投資によって不労所得を作り、大手上場企業を脱サラした30代が綴るライフログ。 投資全般やマインドセット、および自由な生活から得られた海外旅行、料理など。現在自分のビジネスを立ち上げるべく奮闘中。
更新頻度(1年)

27回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2020/04/03

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Oppekepe1900さんをフォローしませんか?

ハンドル名
Oppekepe1900さん
ブログタイトル
狩猟採集新時代
更新頻度
27回 / 365日(平均0.5回/週)
フォロー
狩猟採集新時代

Oppekepe1900さんの新着記事

1件〜30件

  • 気づいたら自分の記事が自然検索でナンバーワンになっていた話

    一月も更新がない癖に、 偉そうに言ってすみません。 6月中旬から始めた仕事は順調です。 順調というかむしろ、ブログ運用にプラスになる知識ばかり増えます。 サーチコンソールやGoogle Analyticsの分析の仕方、 ユーザーの行動を考えた広告づくりと、 ふと思い返すだけでもブログのネタはいっぱいあります。 ニート時代は、ブログのネタは自分から捻りだしていた感じがありますが、 サラリーマンはネタが溜まっていくから楽ですね。 さて、首題の件ですけども、 私もびっくりしています。 oppekepe1900.hatenablog.com もともと、この記事↑は反応が良かったので、 自分でも「まあい…

  • 満員電車に愚痴を垂らす人の気持ちがマジでわかんねぇ

    人間は一つのことにしか力を入れられないということが、よくわかる今日この頃。 ブログ更新よりも面白いことを見つけてしまったので、そちらに集中してしまっています。 私の場合、特にそれが顕著で、 同時に二つのことなんて、とてもできっこない性格です。 マルチタスクという言葉がありますが、あれは頭の切り替えが早いだけで、 人間の脳は、絶対に同時に二つのことを平行して考えられないようになっていると思います。 私の面白いこと、それは仕事です。 不動産や投資などから収益があるため、仕事は完全に趣味です。 ベーシックインカムは、こういう仕事を楽しみたいだけの人には、本当にいい制度なのかも、なんて考えたりします。…

  • シムシティの完全環境都市「アルコロジー」が好きすぎた

    普通にプレイしていると、これを見るのはなかなか大変です。。 シムシティ、町を作るゲームです。 中学生で初めてやったときは、スーファミのソフトではなく、 PCソフトの「シムシティ2000」でした。 どうしようもなく楽しすぎて、 まだ当時家に1台あった貴重なデスクトップパソコンを、 弟と取り合う始末。 (確か弟の友人から借りたソフトだった様な気がします。 大人げないですね。大人じゃないんですけど。) んで、そんなシムシティをどんどん進めていくと、 建てられるようになるのが、首題の 「アルコロジー」です。 アルコロジーとは、20世紀に提唱された Architechture(建築)とEcology(生…

  • 「やらされている」という感情は、1秒でも減らしたほうがいい

    1週間更新をサボりました。 人間、サボろうと思えばいくらでもサボれることが分かりました。 引越し後の自宅から、 マイセカンドサラリーマンライフ会場(いわゆる職場)への経路は、 なかなかスパッといいルートがないのですが、 最近やっと安定してきました。 バスを使うルートは、ちょっと旅行感があって好きです。 (しかも結構空いているルートです) 毎日いろいろ考えながら生活していますが、 恐らくほとんどの人が人生の大部分を過ごすであろう 「仕事」について、 あぁやっぱりな、と感じたことがあります。 それは、すべてのストレスの原因は、 「やらされている感」にあるということです。 やらされている、という気持…

  • 魚のサンドイッチは抜群に旨いむしろ肉を超越しているとすら言える

    ハンバーガー、サンドイッチと言えば、 パンの間に肉に野菜、沢山の具材を挟み、 豪快にかぶりつく料理。 静かに盛られた具材たち、 そしてそれにかぶりつく動作、 まさに静と動が渾然一体となった、 究極の喰いモノなのです。 私は、ハンバーガーは好きです。 なんならマクドナルドのでもオッケーです。 表参道や代官山あたりは、 セットで1500円くらいするバーガーなるものもあり、 まあまあそれも美味しいと思いますが、 マックの5倍美味しいかと聞かれると、よくわかりません。 そんな、 「値段と美味しさがリニアに変化しないと納得しない教」 の考えは、一旦おいておいて、 ここではそんなハンバーガーの パティにつ…

  • あなたはテレビが与える本当に悪い側面について、わかっていますか?

    ついつい見てしまうテレビ番組は、技術と努力の結晶です 以前の生活に比べて、テレビを見るようになりました。 一人暮らし時代は、テレビは持っていてもテレビ線を繋いでおらず、 もっぱらゲームのディスプレイとして使用していました。 今では、なんだかんだで片手間で見ることが多くなりました。 私は、テレビが悪い影響"しか"与えないとは思っていません。 You TubeやNETFLIXなどの映像コンテンツは 私も以前から見ていましたし、 それらはテレビと構造的な違いはありません。 テレビ番組を何となく見ていると、 芸能人はやはり話が面白いですし、 良く企画・編集された番組を見ていると、 それこそ「時間を忘れ…

  • 【ブログ】やっと自然検索の流入が確認できるようになりました

    いざ自分が検索される身になると、ちょっと不思議な感覚です。 皆さん、グーグルを使わない日はないんじゃないかと思います。 グーグルだけに限らず、YahooやBingなどの検索エンジンを使わない人は、 いらっしゃればお目にかかりたいくらいです。 15年ほど前のガラケーの時代は、 ドコモのDメニュー画面から、 調べたいカテゴリを選んで(例;映画) なんとか転がっている情報から、 得たい情報を知ろうと努力していました。 しかし、その時にも既にGoogleは実は存在していました。 まあガラケーにはほとんど縁がなかったですけどね。 その名を初めて聞いたのは、確か中学3年生の情報の授業。 「検索エンジン」の…

  • 家電は安ければ安いほどいいと思っていた時代が私にもありました

    当たり前のように存在する彼ら。たまには労ってやってくださいね。 いま、私の家で使っている洗濯機は、 6年を超えて7年目に突入しています。 7年と言えば、こどもリンクがおとなリンクになる年月。 それだけ経てば、ハイリアの盾を片手で持てるようになるのです。 私が自由気ままに生活していた単身時代から、 毎週動かしていた働き者です。 そのお値段、なんと27,000円。 今思い返すと、洗濯機ってそんなに安かったっけ?と思います。 6年間、週一回は動かしていたので、もう300回は回しています。 1回あたり90円以下。電気代と水道代を入れても、 コインランドリーよりも圧倒的にお得です。 十分元は取れたと思い…

  • 会社のありがたみは給与だけだと思ったら大間違い

    一度自営業ならぬニートを経験したからこそ、わかることです。 我々は、病気や怪我をしたとき、 当たり前のように保険証を提示していますが、 なんとその保険料は、半分会社が負担してくれています。 また、給与から天引きされていた厚生年金も、 国民年金でガッツリ引かれます。 仮に収入がゼロでも、年金を納めないといけないのは痛いところです。 ※ただ、退職して再就職しない人は、最大一年の支払い免除申請ができます。 支払ったぶんが100%帰ってくるかわからないモノなので、申請しない手はないですよね。 一応、アーリーリタイアする人は、 その辺の出費も計算しておけると良いかと思います。 ちなみに、わたしは脱サラ前…

  • 人は合理的に考えないからこそモノが売れる

    小さいとき、 どちらかといえば家庭があまり裕福では無かったので、 親はあまり余計なモノを持ちたがりませんでした。 考えてみれば、これはとてもいい教えだったと思います。 浪費をしない習慣は、間違いなく資産形成に有利になります。 私も子供ができたら、そのように教え込むつもりです。 逆に私が子供の頃は、モノを持つ有用性が見いだせず、 小さいときはモノを買うのが怖かったとすら言えます。 まさに、典型的なミニマリストでした。 ただ、人類全員が当時の私のような考えでは、 この世の経済は全くと言って良いほど機能しないでしょう。 人は、理性が時たま外れたタイミングで、 購買に至ります。 極端にいえば、生活必需…

  • トンネルを掘り続けた奴の末路

    仕事をしていると、なんだか退屈な作業にみまわれることが多くあります。 それは、ひたすらエクセルのデータ入力の予ような、単調で眠くなる作業です。 おおよそクリエイティブという言葉には遠く、 そうした反復作業を好む方以外にとって、苦痛な作業にほかなりません。 ただ、そうした作業も、少しの工夫で楽にする事ができます。 むしろ、その作業を楽にする過程でしか、クリエイティビティは発揮できません。 反復作業をただ続けたほうが、最初の作業の進捗は早くなります。 しかし、最初のうちに我慢してから省力化しておくことで、 時間がたつにつれて大きな差となって現れます。 水を毎日汲みにいった男と、 トンネルを掘り続け…

  • 現代人のDNAにも矮雄の遺伝子が引き継がれているに違いない

    いらすとやには、なぜアンコウの画像があるのか・・・ 矮雄(わいゆう)という言葉があります。 その名の通り、メスと比較してオスが矮小である種 を指す言葉です。 身近な生物だと、 深海魚のチョウチンアンコウなんかが挙げられます。 野生生物で、メスのほうが体が大きい種はそれなりにいますが、 矮雄はそのレベルなんかではありません。 オスは、メスの数分の一の大きさであり、 オスがほぼメスの体に寄生しているような種もあります。 まあ、その具体的な大きさは以下の記事などを確認してみて下さい↓ karapaia.com 私が言いたいのは、チョウチンアンコウのことではありません。 実は、この矮雄の遺伝子は、現代…

  • 最寄りの銭湯でデンキウナギ級の電撃を味わった話

    引っ越しました。 引っ越し作業でとても疲れたので、 新居最寄りの銭湯に、サッパリとキメに行きました。 銭湯といえば、必要十分な広さの浴槽を備え、 良いところだとジャグジーなんて置いてあったりします。まるで健康ランド。 さらに、ビンの牛乳やコーヒー牛乳を置いている店は、 一目おかれます。 それでいて、料金は東京都だと470円なので、 なんともコスパがいい体験です。 単身のときは、月に二回程度銭湯に行って、 ゆったりと入浴を楽しんでいたものです。 本日、結構ひさびさに行ってみたのですが、 やはり気持ちよいですね。 ジャグジーで激流に翻弄されたり、 備え付けのシャンプーの洗浄力の高さに驚き、 それは…

  • なんで朝早く起きて期日前投票したんだろう

    東京都知事選の、 期日前投票に行ってきました。 なぜなら、引っ越しの兼ね合いで日曜日に投票出来ないからです。 投票に関しては、 お恥ずかしい話、ニートになるまで殆ど行ったことがありませんでした。 ニートを経て、起業やビジネスを学び始め、 世の中のことを少しずつ知っていくと、 実は世の中で起こる色々な不都合は、 人の無関心からきているのかも、 と思うようになりました。 無関心なところに漬け込む人の悪意が、 一番悪いのは言うまでもありませんが、 『どうせ変わらない』という無関心が、 そうした絶望的な土壌を生んでいる原因の一つなのかも、と感じてしまったのです。 なので、今回も、 やらなきゃいけないか…

  • 借金まみれで社会人デビューすると、会社から刺されるかもしれないという話

    会社をやめる=死、失敗、挫折 こう感じていたときが私にもありました。 私は、大学生活は金稼ぎのセンスがなく、 社会人デビューしたときは、 奨学金、親への借金、元カノへの借金、 歩く負債マシーンでした。 新入社員のころ、 労働組合向けの雑誌に、新入社員全員の写真と一問一答が載せられるときがありました。 質問の内容は『初任給の使い道』 わたしは、一点の迷いもなく、 バカ正直に『借金返済』と回答。 後日、会社の広報部から電話がかかってきて、 "借金返済、だとイメージが悪いので、 『貯金』に変えてもらってもいいですか?" とのこと。 おれぇあ、嘘つきたくねぇなぁ なんてツッパることもできませんでした。…

  • あなたにとってこの100日間はどんな日々でしたか?

    100日間、 休まずブログを書き続けてみました。 正直、会社員の身に復帰してから、 文章の量とクオリティは落ちています。 しかし、一応テーマが糞でも何でも 文章の体をなすようには時間をかけてきました。 無理やり書こうとすれば、 一つの記事を30分程度で書くことができます。 特に、言いたい内容が明確であれば、 内容を頭で整理しながら、20分程度で1000文字を書けるようになりました。 (あと、なぜかほろ酔いくらいのほうが筆が進むのが不思議。) そんなに文章を書いて何になるのか? それは私にもわかりません。 ただ、過ぎゆく一日のなかで、 無理矢理にパワーを費やしてでも時間を作る習慣をつけるのが、 …

  • とんがらし麺との悪魔的な出会いから激辛道に堕ちた話

    とんがらし麺 今でこそ、激辛ラーメンが増えてきてしまい、 すこしマイナーな存在になってしまいましたが、 このカップ麺は、私が小学生の頃からあった、 息の長いラインナップでもあります。 特徴としては、スープが辛いだけではなく、 麺に唐辛子が練りこんである という、なんともピーキーな仕上がりです。 発売当時、テレビCMでうたわれていた、 麺に唐辛子が練りこんである というフレーズに、当時小学生だった私は とても恐怖を感じていました。 当時は、そこまで辛い物を食べたことが無かったのです。 いや、赤いのはめっちゃ辛いんだろうけど、 そんな辛さが麺にまであるなんて、もう逃げ場ねぇじゃん。 スープをすすっ…

  • 経営者、もしくは経営者を目指す人は、本質的にSMへの造詣がある

    というのが結論です。 本文の前に、もう結論でちゃいましたね。 今の会社に入って、 社長とよく話す機会があります。 今の社長だけに限らず、 経営者と話しててやっぱり思うのですが、 彼らは努力の量が半端じゃなく、 安定は基本的に求めていない人が殆どです。 いばらの道を、いてぇいてぇと言いながら、 でも気持ちイィーーー!!! と進んで行くようなタイプです。 人間は、本質的に苦痛を避ける生き物なのですが、 そういう方々に関しては、いばらの道の痛みと、その先にある成功をセットにして、 いばらのトゲトゲそのものさえ、どこか快感に感じている節があると思います。 それかあるいは、 自分を追い込むのがとことん好…

  • 食べログさんが引導を渡すときがきた。GMBとIGの台頭

    食べログ、みんな使っていますよね。 3.5を上回ると、いわゆる「良い店」「美味しい店」と言われており、 店の良しあしを判断する、一つの基準となります。 特に、行ったことのない店を判断するとき、 最強の基準になっているひとも多いでしょう。 何を隠そう、私も少し前まではそうでした。 ただの点数が、行く/行かないを決定づけるくらい、 大きな影響力を持っていたのです。 しかし、この"食べログの評価"について私は、 最近あまり信頼できないんじゃないか、と考えるようになりました。 その一方で、調べ方によっては圧倒的に信頼できるな、 と思う評価手法も出てきています。 それはSNSやマップアプリです。 私の個…

  • 我が子にパンチを持たせたいなら、男子校女子校にいくべき

    私は、埼玉県の男子高校出身です。 埼玉県内には、実は男子校や女子校が多く、 共学化の波をくぐり抜けて、いまも名門として存在しています。 かの高校生クイズなどで有名な浦和高校をはじめ、 県立の高校が優秀なのも特徴です。 しかし、男子校女子校という環境は、 良くも悪くもピーキーです。 男子校の場合、唯一校内にいる女性が保健室のおばちゃんだけ、 なんていうことはザラにあります。 結果、40歳くらいの女性教諭が配属されると、 男子生徒達の行き場を失った色欲はそのベテラン先生に向くレベルです。 女子高生なんて夢のまた夢です。 逆もまた然りで、女子校も女子校でイケメンへの欲望は甚だしいものがあるでしょう。…

  • 新コロによって混淆するブルーカラーとホワイトカラー

    今日、興味深い記事を読んだので、 そのメモ的な感じです。 最近このブログが、 思考ノート的な使い方になっているのが否めませんが、 気にせず書いていきます。 その記事の内容とは、 未来で生きていくために最も大事な能力は 『幸福感受性』 だということ。 自分は何を感じるのが一番幸せか、 人に流されず自分の中の基準で決めること、 これが一番大事だという内容です。 このブログでは、散々資産の構築について、 不労所得について書いてきましたが、 やっぱり何より大事なのは、 それが本当に自分が求めるものかどうか、 という視点だと思います。 サラリーマンが幸せという人は、 それが本心であれば何も迷うことはあり…

  • 金融機関もサラリーマンだけ評価するその硬ぇ頭を柔らかくして考えたらどうや

    久々の不動産ネタです。 サラリーマンという属性が金融期間から一番評価されるのは、他の記事でもって述べた通りです。 ホント、1億円の収入がある経営者(自営業)と 年収1000万円の会社員では、 会社員のほうが評価されることもあったりするくらい サラリーマンの信用は絶大です。 賃貸契約時の入居者の審査や、 クレジットカードの審査でも同様です。 しかし、こういった流れに関しては、 頭の固い金融機関のトップが入れ替われば 変化していく話だと思っています。 例えば、若手の不動産投資家で サラリーマンを既に辞めていた場合でも、 CFが満足にあって、なおかつ拡大のポテンシャルを評価して融資をすれば、 銀行側…

  • 外食だらけの生活習慣で味覚がマヒしたことを実感した話

    単身サラリーマン時代、 外食がほとんどでした。 しかも、一人でそんなに良いモン喰ってもしょうがないと思い、 適当な飲食店で済ましていたのがほとんど。 牛丼屋、そばうどん系、ファストフードといった 外食チェーンを頻繁に利用していました。 そして、昨年からニート生活に突入し、 ヒマな時間を使って自炊の頻度が上がりまくりました。 流石に料理が日常行為として慣れてくると、 余っている野菜を使ってテキトーに作った料理も、 まあまあそれなりに美味しく出来るもんです。 ぶっちゃけ、料理はセンスではなくて慣れなので、 ある程度やれば、誰でもそれなりに美味しく作れるようにはなります。 もちろん、野菜も高級ではな…

  • エアリズムマスクは高山トレーニングにもってこい

    だいぶDisったタイトルになってしまいました。 はじめに断っておきますが、 最近テレビなどで話題の"エアリズムマスク"、 結構いい商品です。 説明不要かもしれませんが、 "エアリズムマスク"とは、先日ユニクロが新発売した、 サラサラした下着の"エアリズム"をマスクに活用した商品です。 通気性と素材のサラサラ感が特徴の、洗って再利用できるマスクです。 蒸し暑くてマスクを外したいけど なかなか外せないこんな状況の中、 素晴らしいタイミングで発売されました。 このユニクロの販売戦略には脱帽です。 私は、もともと流行り物にはあまり興味がないのですが、 嫁殿にそそのかされるまま興味本位で、 新しく有楽町…

  • 爆発的な学びを得られるエッジ・エフェクトを利用する重要性

    人間は普段、快適な世界を選んですごしています。 生きるのに余計な心配がない世界の事です。 考えれば当たり前のことですよね。 でも、これは矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、 人はストレスが全く無くなると、 それはそれで自殺してしまうらしいのです。 大学の頃、ストレスに関する授業で聞いた話ですが、 適度なストレスは生きるために不可欠とのことでした。 その証拠に、我々の進化はストレスのくり返しでした。 なんでわざわざ魚類が地上に上がってきたのか。 考えてみれば不思議な話です。 魚類たちは快適な海の中で十分過ごせたはずなのに、 呼吸も難しい地上に上がってくるなんて、 どれだけ大きなメリットが…

  • 焼き肉屋に行って満足するまで肉を食うボンクラから卒業すべし

    昨日に引き続き、メシ関係の記事。 最近、外食が多くなってきました。 デブ活真っ最中。何でもまいうー。増え続ける体重。 外食が多くなった理由としては、 新コロ自粛開けで飲食店に活気が戻ってきたこともありますが、 私の場合は引っ越しで新宿界隈を離れてしまう寂しさから、 近所の店を食べ歩いているところが大きいです。 そんな中で、先日驚異的な発見をしました。 それは、タイトルにもある通り、 焼き肉屋では「肉を満足いくまで食べては行けない」 ということ。 つまり、どういうことかと言えば、 ウマイ焼き肉屋の醍醐味は、 実はクッパや冷麺などの主食メニューにあるからです。 我々日本人は、食べる順番を重視します…

  • 全人類は「ポークサデコ」を体験すべき

    インドカレー屋さんは、 いまでは首都圏だけではなく、 ある程度大きな町にいけばたくさんありますよね。 スパイスをふんだんに使った複雑な香りの中に、 暴力的な油分とガッツリした旨味がある北インド系のカレー。 よりスパイスのバリエーションが豊富で、 爽やかさと宇宙を感じる南インド系のカレー。 まさに宇宙。 カレーにハマる人が多いのも頷けます。 一方、インド周辺の国の食文化は、似ているようで少し違います。 その一つが、今日ご紹介する「ネパール料理」です。 ネパール料理は、 地理的な条件通り、北インド系に近い味付けです。 スパイスが大事なポジションを占めるのですが、 山岳地帯のため、食文化はインドのそ…

  • 数年ぶりに体感した、ギアセカンドの世界

    著作権うんぬんを気にして、某漫画の切り抜きではなくこの画像を 皆さん、ワンピースはご存じですよね。 今でこそ、ジャンプを代表するメジャータイトルで、 めちゃくちゃ長期連載のタイトルでもあります。 こち亀ほどではありませんが、 単行本は100巻に迫る勢い。超長期連載です。 少年コミックのジャンルの中で、 バトル系はとても人気ですが、ワンピースもその中の一つです。 その主人公ルフィの能力の一つに 「ギアセカンド」という、 めっちゃ早くて強くなる能力があります。 バトルマンガの醍醐味は、 なんといってもキャラクターが窮地に追い込まれたとき、 圧倒的なパワーやスピードを発揮する場面ですよね。 サイヤ人…

  • (ほぼ)タワマンに引っ越します

    私、引っ越しますのよ。 前回、タワマンへの並々ならぬ願望を記しました。 タワマンにメチャクチャ住みたがる人に伝えたいメッセージ - 狩猟採集新時代 今回、引っ越すところは、 確かに高層階で、眺めもかなり良いのですが・・・・ タワマンではないです!! ぐすんぐすん。。。。。 タワーマンションの定義は、 20階建て以上の高層マンションのことです。 当該物件に関しては、 なんと11階建て。ハーフタワマンです。 周りに高い建物が無いわけではないですが、 西側が開けているため、夕日がきれいだと思います。 しかも最上階。言い換えれば憧れのペントハウス。 (※直下の部屋と全く間取りは同じです。) 今回の引っ…

  • 二回目の会社員になって、時は金なりの本当の意味がわかった

    朝九時前に家を出て、夜遅くに家に帰る。 ニート時代からは考えもつかないくらい、 過酷な生活を送っています。 これを世の中のサラリーマンのほとんどがやっていると考えると、 いやはや頭が下がります。みんな偉い。 まぁ私もその一員になったので、偉いんですけどね。 頭が高いぞ貴様ら。 今仕事を始めて、毎日新しい事に触れており、とても充実しています。 サラリーマン二回目ということもあり、 新入社員の時とは比較にならないくらい リラックスして仕事に取り組んでいます。 いま私は1日1日を大事に過ごしていますが、 そうしたありがたい日々の中で、 『時は金なり』という言葉に関して、サラリーマン生活を表現した場合…

カテゴリー一覧
商用