searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

MIHO S. MALHANさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
インド百景 2020
ブログURL
https://museindia.typepad.jp/2020/
ブログ紹介文
バンガロール在住ライター坂田マルハン美穂のブログ。NY、DCを経て、2005年にインド人の夫とインドへ移住
更新頻度(1年)

13回 / 15日(平均6.1回/週)

ブログ村参加:2020/03/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、MIHO S. MALHANさんの読者になりませんか?

ハンドル名
MIHO S. MALHANさん
ブログタイトル
インド百景 2020
更新頻度
13回 / 15日(平均6.1回/週)
読者になる
インド百景 2020

MIHO S. MALHANさんの新着記事

1件〜30件

  • [Lockdown Day 07] 外の景色を夢想する。大切なものの優先順位を見つめる。

    ロックダウン7日目。軟禁生活11日目。長いんだか短いんだか、よくわからない時間が流れる。寝巻きと部屋着の境界線を明確にせねば、と思う。自分の中では当然、その差異はあるのだが、他者から見ると判別しにくいような気がする。 外に出られないから、おしゃれな洋服はいらない。ハンドバッグもいらない。靴もいらない...

  • 日本発、3Dプリント人工呼吸器プロジェクト、インドチームは進行中!

    「日本の医師が3Dプリントできる人工呼吸器のデータを無償提供 世界的プロジェクトへ」という下記リンクとともに「Arvindさんの友人で3Dプリンタを持っている人はいない」かという主旨のメッセージが、デリー在住の繁田奈歩女史から届いたのは、この記事が書かれた3月21日。 3Dプリンターを持っている関係...

  • [Lockdown Day 06] 長期戦になる覚悟。日々の記録を、残し続ける。

    ロックダウン6日目。軟禁生活10日目。この半月ほど、自分の中に渦巻いていた日本との違和感を、昨日は文字にして表現できたせいか、少し気持ちが落ち着いた。 書き終わって、いかに自分が悶々と考えを募らせていたかがよくわかった。瞑想不足だ。 海外生活者の視点から、日本の問題点などを指摘すると、ほぼ批判されが...

  • [Lockdown Day 05] 今や、地球に暮らす人間全てが当事者につき。行動制限を!

    ロックダウン5日目。軟禁生活9日目。もしもわたしがインド人だったら。この軟禁生活における精神状態は、今とは異なり、もっと心穏やかにいられただろう。 外に出られないのは不自由だが、食料は手に入り、電気や水道などの生活インフラも今のところは問題ない。公害が激減し、自然が輝いている。 朝は軽いエクササイズ...

  • [Lockdown Day 04] 自然の恵みの輝きに合掌。ZooMuseでつながる東京&大阪、バンガロール

    ロックダウン4日目。軟禁生活8日目。BigBasket.comほか、オンライン・スーパーマーケットの配達サーヴィスがまだ復旧しておらず、生鮮食料品が尽きたので、ご近所さんのWhatsAppグループで、開いている店を確認したところ、隣接するコンプレックスの地下にある八百屋がオープンしていると言う。 普...

  • 健康的な食生活で、ウイルスに負けない免疫力を!《日本編》

    インド在住の方は、すでに自宅待機に入っていて、今更、買いだめや備蓄という感じではないと思いますが、もしもこの内容に共感されたなら、日本の方や、日本にご家族、友人がいらっしゃる方に、シェアしていただければと思います。 昨日、福岡の実家に暮らす母に伝えた内容でもあります。日本はまだ、東京を除いてはのんび...

  • [Lockdown Day 03] 人の心配より自分の心配。日々、ヒビを見続けねばならない哀しみ。

    現在は土曜日の朝。すでに4日目に入ったが、昨日の記録を残しておく。昨日はロックダウン3日目。軟禁生活7日目。一昨日の夕方から、諸々、落ち着かないニュースが飛び込んできて、心が乱れていた。 たとえばニューヨークはじめとする米国での急速な感染。毎年、グリーンカード(米国永住権)を維持するため、5月に訪れ...

  • [Lockdown Day 02] ネットのおかげで。国境を越え、業種の垣根を越えて、今できることを。

    ロックダウン2日目。今日も鳥の鳴き声で目覚める。軟禁生活6日目。不透明な未来を案じつつも、今日も熟睡できた。日増しに、あたりの空気が軽くなる。飛行機は飛ばず、車も走らず、工事もない。 猫らに餌を与え、裸足で庭を歩き、軽くエクササイズをする。庭を歩きながら、脳みそを渦巻く想念がすさまじすぎて、収拾がつ...

  • [Lockdown Day 01] 先の見えない奇妙な日常のはじまり。

    HAPPY UGADI! (南インドの新年) ロックダウン初日。午前7時、窓からかすかに吹き込む涼風と、鳥のさえずりで目をさました。この落ち着かない事態の中で、睡眠時間は短いというのに、しかし睡眠の質が高い。過去1週間の外出制限により、多分、明らかに、街の空気がよくなっているせいだ。朝の庭を裸足で歩...

  • インド、封鎖前夜。腹を括って事態に向き合うとき

    2020年3月24日火曜日午後1時。 インドに移住して15年目。 こんなにも静かなときを過ごすのは、初めてのことで、夢現(ゆめうつつ)の気分だ。 今日もまた空は青く、遠くに、トンビの鳴き声、かすかに、車が走る音……。昨夜の雨、マンゴーシャワーで洗われた緑は、瑞々しく輝いて眩い。 猫らは陽光を受けなが...

  • インドはこの10日間で、明らかに、世界が変わった。

    政府が矢継ぎ早に、規制をかけてくる。昨日の外出禁止、そして午後5時から5分間の拍手とベルによる鼓舞は、これからしばらく続く、さらなる規制に対する「心せよ」の合図であり、結束と協調の号令だったと思う。 国際線の着陸禁止に次いで、州境の封鎖、警察や医療、食料に関する以外のビジネスの、一切の閉鎖、不要不急...

  • 中国人のイタリア大移動と、一帯一路と、COVID-19

    先日、Facebookにシェアした新型コロナウイルス感染世界マップ。これをして、「一帯一路に沿っている感じですね」と友人がコメントしてくれた。なるほどと思い調べてみたところ、確かに重なっている気がする。 ●新型コロナウイルス感染世界マップ 一帯一路の正式名称は「シルクロード経済ベルトと21世紀海洋シ...

  • 古代からの叡智。5分間の拍手や鈴の音で、邪気を払え!

    今日、世界人口の17%ほどもの国民を抱えるこの国は、朝から静寂に包まれている。デカン高原の都市、ここバンガロールは、昔日の情景を蘇らせるが如く、木の葉のざわめき、降り注ぐ陽光、遠く近くから鳥たちの鳴き声が届き、異次元空間に紛れ込んだかのようだ。 2020年3月22日(日)。今日は、インドの歴史に残る...

  • 誰かを責めるのではなく、自分ができることを見つけよう

    不平不満を言い募るのはやめよう。 批判的になるのはやめよう。 まずは自分のために。 そして、自分と周囲のために。 さらには、地球の未来のために。 今、直面している事態を少しでも前向きに改善するために、 今、「自分自身ができること」について、考えてみよう。 自分の脳みそと身体を動かして、実行に移そう。...

  • 長い一日。オンラインSTUDIO MUSEと、マンゴーシャワーと

    昨夜のモディ首相の演説から24時間あまり。なんとも長い一日だった。 COVID-19に関しては、もちろん感染しないように心がけてはいるし、過度に恐れる必要はないと、個人的には思っている。 しかし、今、この世界を取り巻く事態は、敢えていうまでもなく「疾患」を取り沙汰する次元に留まってはいない。この状況...

  • マキシマム男と暮らす日々。

    人口13億人を抱えるインド。COVID-19の罹患者は、今でこそ少ないが、強硬策を講じなければ、今後、爆発的に罹患者が増える可能性もある。その一方で、普段からウイルス慣れしているし、みんな免疫力高いし、罹患しても致命的になる人は少ないんじゃないかとの、楽観的な見方もある。 とはいえ、未来はわからない...

  • モディ首相による新型コロナウイルス対策に関する演説概要

    本日午後8時ちょうど、新型コロナウイルス対策に関し、モディ首相の演説が行われた。 インド政府は、演説に先立ち、以下の声明を発表していた。 *3月22日から1週間、国際民間旅客航空便のインドへの着陸を停止する。 *65歳以上の高齢者、および10歳未満の児童は外出へ出ないように勧告。 さらにモディ首相は...

  • ガンディの言葉が染みる日々。「温故知新」と「原始力」を。

    「医者は薬などで一時的には病気の苦痛を取り除いてくれるが、その結果、人はかえって病気の原因(不摂生や油断)を戒めることを忘れる。よい薬、よい医者によって、肉体的苦痛を簡単に一時的に治してもらって健康になったと思うことの繰り返しで、人は何を失うのか。それは自分の肉体に対する精神の支配力であり、その結果...

  • 空の青さをみつめていると、二十億光年の孤独が迫る。

    本当は一昨日、ミューズ・クリエイションのメンバーやそのご家族と訪問する予定だった慈善団体、NEW ARK MISSION ~HOME OF HOPE~へ、先ほど一人で行ってきた。 先週の金曜日に州政府からCOVID-19にかかる行動制限が発令されたことを受け、やむなくグループでの訪問は断念した。しか...

  • 試されているような気がする。人類。

    激烈な速度で、テクノロジーが進化してきた過去数十年。人類の緩々とした歴史の中で、産業革命から今日に至るわずかな期間に、人間はどれほど、地球環境を破壊してきたか。 環境ばかりか、人間同士が戦いあって血を流し続けてきたことか。 どんなに利便性が高まって、物にあふれ、豊かになったかのように見えたとしても、...

  • 「COVID-19情報ポータル@バンガロール」開設

    新型コロナウイルスの感染により、地球はかつてなく、目に見えない国境が張り巡らされています。 自由に身動きが取れない事態に陥っている昨今、身近で実践的な情報は、精神的なサポートにもなります。 状況が一転二転する中、自分たちのライフに直接関係する情報だけをピックアップするのは簡単ではありません。 個人的...

  • 未来を予測しがたい異様な日常のなかで。

    キャンセル、延期、予定変更……。 未来が見えない、この日常。 異様な事態。 我々人類、なにをやっているのか。なにをすればいいのか。 どちらを見ればいいのか。どこに焦点を絞ればいいのか。 答えが見えない初夏の乾いた午後。 気だるい。 庭に水を撒き、緑を潤わせ、目先の心地よさを整える。 昨日のセミナーに...

  • Strictly Non-Veg Night & Papa’s 80th Birthday

    3月9日。今日は亡父の誕生日だ。生きていれば80歳。1月13日にパパが他界してから、まだ2カ月しかたっていないのに、本当に、いろんなことがあった。 心に重くのしかかること、深く物思うことの多く、時間の質量が大きかった。 昨日、日曜日。花を注文しようと、いくつかのサイトを開いた。最近は、花のデリヴァリ...

  • 一芸披露せざる者、食うべからずナイト

    諸事情あって、急遽、昨夜、開催の運びとなった宴。バンガロール「ア・カペラ部」に歌を披露してもらうのが目的で開催した。歌い、飲み、踊り、食べ、毎度おなじみ体力勝負。そして毎度おなじみ内輪盛り上がりのやや痛い記録ではあるが、それもこれも、過ぎれば美しき思い出(多分)。去りゆく人々の多い異郷の地においては...

  • わたしの好きなインド製のあれこれ。

    My Favorite Made in India インド製の好きなもの。『バンガロール生活ノート』ブログに載せようとか思いながら、写真ばかりが溜まっていく。とりあえず、このごろのお気に入りを、非常にランダムに、ここで発散。 01: MOM'S HOME Organic Cotton Baby Mu...

  • 新型コロナウイルスの影響が、インド生活にも徐々に

    新型コロナウイルスが、現在、人類に与えている影響の大きさたるや、見当がつかない。「ライフ(命、暮らし、日常……)」の存続が、脅かされている人も少なくないだろう。 インドは幸い、直接の疾患者は殆どいないに等しく、無論、いたとしても、気付かれてないだけかもしれないが、日常生活に大きな影響は見られない。と...

  • カフェ乱立の昨今、南インドコーヒー取材

    インドのトレンドの変化、バンガロールの趨勢の変容の著しさについていけない日々。無理についていく必要もないが、仕事上、時事問題含め、ある程度のトレンドは把握しておきたいのだが、総量が多すぎて、忘れることも多々あり。自分の記録を読み直して、過去の自分に教えてもらう出来事も少なくない。 好奇心に任せて見聞...

カテゴリー一覧
商用