searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

しゅんしゅんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
帰国子女のイギリス体験 渡航前から就職後まで
ブログURL
https://shun-shun.com/
ブログ紹介文
現在コートジボワール共和国にて仕事をしている20代。小学校5年生から中学卒業までイギリスにいた経験を中心に、現在家族で海外赴任されている方の少しでも参考になればと思いつつ、子供目線からつづっていきます。
更新頻度(1年)

2回 / 365日(平均0.0回/週)

ブログ村参加:2020/03/06

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、しゅんしゅんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
しゅんしゅんさん
ブログタイトル
帰国子女のイギリス体験 渡航前から就職後まで
更新頻度
2回 / 365日(平均0.0回/週)
フォロー
帰国子女のイギリス体験 渡航前から就職後まで

しゅんしゅんさんの新着記事

1件〜30件

  • 【授業】Art(美術)

    私の日本人学校での苦手科目・・・それが美術の授業でした。水彩画の授業がありましたが、教科書通りにまずは薄い色、その後濃い色でやって、とか言われても感覚つかめず、結局はひどい成績に。もともと絵を描くのは得意じゃありませんが、正直嫌いになりまし

  • インターナショナルスクールの部活動ってどうなってるの?(スポーツ編)

    部活動といえば、スポーツ!インターナショナルスクールでもスポーツは盛んですが、日本の仕組みとは少し違います。

  • 【授業】English(国語)

    ネイティブの人たちと一緒に勉強できるのか?と不安になる国語(English)の授業ですが、ネイティブスピーカーだって英語を勉強している途中であることに変わりはありません。名作をどんどん読み進めていったり、型に沿って作文をしていく授業は、欧米人の討論力や作文能力をこうやって生み出すのだな、と納得できる授業になっています。

  • インターナショナルスクールの1日

    インターナショナルスクールに通い始めた時のスケジュールはこんな感じでした。とにかく宿題をどこまで終わらせられるか、そして終わらせたうえで睡眠をどれだけ取れるかが勝負。

  • 【授業】Mathematics:数学の授業で暗号解読?

    数学の授業で暗号を勉強?社会科の授業ともリンクさせて楽しい単元でした。

  • 【授業】English as Additional Language (EAL)

    英語レベルが十分でない生徒が受けるための、特訓英語授業。それがESLの授業です。

  • インターナショナルスクールの仲間たち

    一人ぼっちという状況をさけるため、なんとしてでも仲間を作っていくことが最初のミッションでした・・・・

  • インターナショナルスクールの授業って何がある?

    数国理社は日本と同じですが、中にはMusic Technologyといった謎の授業も。演劇の授業だってあります!

  • 英語は特別クラス!入学時の時間割

    英語が話せないのに、全てほかの生徒と同じ時間割か?と思われる方もいるかもしれませんが、そこはある程度サポートの体制が整っています。

  • 英語力ゼロでインターナショナルスクールに行くとどうなる?

    英語が全くできなくても、インターナショナルスクールに転校して大丈夫?これは皆さんに共通する悩み・疑問かとも思います。明快な答えがあるわけではありませんが、私の経験はこんな感じでした。

  • いよいよインターナショナルスクール生活開始!

    インターナショナルスクールに無謀にも入学し、いよいよ通学開始、となった瞬間から難関が・・・

  • ACS International School Hillingdonってどんなところ?

    私が転校を決めたACS International School Hillingdon。3つのインターナショナルスクール姉妹校の1つで、校舎はもとマナーハウス。非常にきれいで充実した設備が整った学校です。

  • 日本人学校→インターナショナルスクールへの転校 タイミングは

    転校を決断する上で重要になってくる一つの要素がタイミング。私は小学校5年生の1学期を終えた後、インターナショナルスクールGrade 6の年度初めから転校しました。

  • インターナショナルスクールへ 転校の決心

    現地校交流にて悔しい思いをした私は、インターナショナルスクールに転校するというけつだんをしたのでした・・・

  • 現地校交流ーその②

    今回は、現地校訪問の番。わくわくしてパートナーの友達と仲良くなろうとしたのもつかの間、衝撃の展開に。

  • 現地校交流ーその①

    日本人学校のイベントの一つである現地校交流。まずは、先方の日本人学校訪問からでした。

  • ロンドン休日の過ごし方① ー美術館・博物館めぐりー

    簡単に外で遊ばせておけない子供の夏休み。そんな時は見て回るのに1週間はかかる博物館・美術館巡りはいかがでしょうか。非常に贅沢な時間になります。

  • ロンドンでの生活は始まったものの・・・

    英語はほぼ全くと言っていいほど話せない母親。そんな環境だったからこそ、私自身が勉強しなきゃという危機感を覚えた(?)のかもしれません。

  • 日本人学校ってどんなところ?

    日本人学校と日本の学校、なにが同じで何が違うのでしょうか。

  • 日本人学校?現地校?インターナショナルスクール?

    家族との海外赴任で迷う一つのポイントがお子さんの学校ではないでしょうか。日本人学校1年間、インター3年間に通った経験から、それぞれのメリット・デメリットを簡単にまとめてみました。

  • いよいよ、ロンドン行き!

    まだまだ松山での思い出は書ききれないほどありますが、このブログの趣旨から逸れてしまうので、ロンドン行きを宣告された日の思い出を。小学5年生になりたての頃でした。 その日は家族で夕食を食べた後、父親が家族会議と言って、リビングに母親と呼び出さ

  • 小学五年生、英語のレベルは?

    英語を勉強(?)した経験はほんの少し。ごく普通の小学5年生に英語なんてわかりません!

  • くもん、いくもん

    百ます計算のスピードが遅かったので、くもんにだけは行き始めました

  • とりあえずは宿題

    子どもの仕事は遊ぶこと、という哲学の元、宿題だけはきちんとやるように教育されていました

  • 温泉~!

    道後温泉で有名な愛媛県ですが、道後だけではありません!松山市から車で簡単に行ける温泉施設をご紹介。

  • 道後小学校

    転校生がめちゃくちゃ多い道後小学校。小学生の楽しみはもちろん遠足ですが・・・

  • 道後っ子

    松山に来た小学生。突然松山弁を話し始める。

  • 怒涛の引っ越し、そして松山へ

    無理なスケジュールで引っ越しすると・・・

  • 友達100人できるかな→転校の悲劇

    始めてはいった小学校。順調に友達もできて、小学校に慣れてきたと思ったら、1学期が終わる前に転校に・・・

  • はじめまして

    小学5年生から中学3年生までイギリスに滞在した経験をもとに、帰国子女目線から引っ越し、学校選び、受験など人生の各ステージの決め手や、その後どのように経験が生きてきたのか、綴っていくブログです。まずは自己紹介から。

カテゴリー一覧
商用