プロフィールPROFILE

かるなさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Unsocial Hours
ブログURL
https://unsocial-hours.hatenablog.com/
ブログ紹介文
日本の金融街・霞が関を経て現在は日本の諜報活動の一端を担っています。 海外のニュースもとに国際政治・経済を簡単かつ分かりやすく解説できればと思います。
更新頻度(1年)

2回 / 9日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2020/02/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、かるなさんの読者になりませんか?

ハンドル名
かるなさん
ブログタイトル
Unsocial Hours
更新頻度
2回 / 9日(平均1.6回/週)
読者になる
Unsocial Hours

かるなさんの新着記事

1件〜30件

  • ”M”の意思を継ぐ者

    お疲れ様です、かるなです。 今、ヨーロッパのメディアは、メルケルの後継者争いが白紙に戻ったことで大騒ぎ。 www.nikkei.com ドイツ最大与党、キリスト教民主同盟(CDU)のクランプカレンバウアー(Annegret Kramp-Karrenbauer、アンネグレート・クランプ=カレンバウアー)党首が、次期首相候補となることを断念、党首辞任する意向を表明。 このクランプカレンバウアーさんは、日本ではそんなに知られていない気もする。 メルケルが直前の選挙で大敗した責任を取って、2018年10月末にCDU党首を引退後、メルケルにかわって党首の座に就いたのがクランプカレンバウアーさんだった。 …

  • Feb-09, 2020 - 株式会社立大学(営利大学)

    お疲れ様です、かるなです。 昨日、米大統領選の民主党候補者についてまとめていた際にふと気になったのが、タイトルにある営利大学(For-profit colleges)です。 unsocial-hours.hatenablog.com ピート・ブティジェッジ(Pete Buttigieg)候補が、一部学生ローンの無償化のために充てるカネとして、「営利大学で成果が上がっていないプログラムに通っている学生の学生ローンをキャンセルする」と言っていて、 そもそも営利大学ってなんだ?となったのがきっかけでした。 ちなみに日本では株式会社立大学というそうです。 <目次> 株式会社立大学(営利大学)とは 米国…

  • Feb-08, 2020 - 打倒トランプ、米大統領選 民主党候補者

    お疲れ様です、かるなです。 今週も終わりました。ふう。 さて、ニュースによると米国アイオワ州で、11月の大統領選に向けた民主党の党員集会の結果がでてきましたね。 開票作業に問題が生じ、正確な結果は日本時間11日以降になるとの見通し(遅すぎない!?)ですが、速報値では、 1位: ピート・ブティジェッジ(Pete Buttigieg)前インディアナ州サウスベンド市長(38)、得票率26.2% 2位: バーニー・サンダース(Bernie Sanders)上院議員(78)、得票率26.1% 3位: エリザベス・ウォーレン(Elizabeth Warren)上院議員(70)、得票率18% 4位: ジョー…

  • Feb-06, 2020 - 将来の英国・EUの貿易協定

    お疲れ様です、かるなです。 仕事がやや忙しくなり、最後の投稿からやや時間が空いてしまいました。 それに加え、31日に英国が正式にEUを離脱して以降、いつも見ているニュース媒体の多くが中国の新型コロナウイルスで埋め尽くされ、なかなか面白い記事に出会えず結果としてブログを疎かにしていました、すみません、、、 2月最初の投稿となりますが、今月も頑張ってやっていきたいと思います。 一昨日、仕事に行く途中に本日のフィナンシャル・タイムズ(Financial Times、FT)の紙面を携帯で確認していると、一面からEU離脱の記事。どうやら社説も出ている様子。 Financial Times 英国の新聞社と…

  • Jan-31, 2020 - 英国のEU最後の日

    お疲れ様です、かるなです。 タイトルの通り、英国(イギリス)がEUを離脱するときがついに迫ってまいりました。 日本時間明日2/1の午前8時(現地時間1/31 午後11時)に晴れて離脱ということになります。 ただ実際には、突然離脱して混乱が生じないように移行期間が一年設けられており、今年2020年12月末までは、現在EUに加盟しているのと同じ状況か続きます(その間にいろいろな手続きや取り決めを確定させます) 現地時間29日に欧州議会(European Parliament)がEU離脱協定案を賛成多数で可決し、正式に英国のEU離脱が確定した際には、EUの議員らは「蛍の光」を歌って祝ったとのこと。 …

  • Jan-30, 2020 - ファイブアイズ

    お疲れ様です、かるなです。 先日、英国のボリス・ジョンソン首相が、次世代通信規格「5G」の通信網で中国・華為技術(ファーウェイ、Huawei)製品の限定的な使用を認めたことが話題になりましたね。 英がファーウェイ一部容認 5G関連、米と亀裂 (写真=ロイター) :日本経済新聞 米国はこれまで、中国への機密情報漏洩の恐れがあるとして、日本を含めた同盟諸国にファーウェイ製品の完全排除を呼び掛けてきましたが、今回英国が使用を容認したことで米英に亀裂が生まれたとされています。 これで米国の思惑もパーかと思いきや、上記の日経の記事にある通り、ドイツやフランスなどの主要同盟国の多くがファーウェイ製品を容認…

  • Jan-29, 2020 - トランプ大統領、中東和平案を発表

    お疲れ様です、かるなです。 既に多くのメディアでも話題となっていますが、米国のトランプ大統領とイスラエルのネタニヤフ首相が発表したパレスチナとの中東和平案についてです。 相変わらずウォールストリート・ジャーナル(Wall Street Journal, WSJ)紙がトランプ・共和党びいきの報道をする一方、トランプ大嫌いワシントン・ポスト(Washington Post, WP)紙は今般の和平案を痛烈批判しており、 互いにばちばちにぶつかり合っていたのであえて取り上げてみることにしました。 フィナンシャル・タイムズ(Financial Times, FT)紙は、まだ社説出てないですが、おそらく日…

  • Jan-29, 2020 - 元EU大使、中国のスパイ容疑で強制捜査

    お疲れ様です、かるなです。 数週間前に話題に上っていたニュースの続きになりますが、今月中旬、ドイツの検察当局がドイツ国籍を持つ元EU大使(および関係者2名)を中国政府へのスパイ容疑で捜査していると発表しました。 それから何日か経ち、本日のフィナンシャル・タイムズ(Financial Times, FT)紙に改めて本件の記事が出ており、元EU大使の氏名や経歴、また事件の経緯等が語られていました。 中国のスパイ系のニュースは後を絶ちませんが、よもやEU大使まで引き入れるとは恐ろしいですね、、、 <目次> 容疑者プロフィール 捜査に至るまでの経緯 容疑者プロフィール (写真引用元: Yonhap/E…

  • Jan-28, 2020 - IR法案と日本カジノスクール

    お疲れ様です、かるなです。 昨日、秋元司議員が中国企業から賄賂を受けていた事実やその逮捕劇が話題に上がりましたが、それらを受け本日のフィナンシャル・タイムズ紙(Financial Times, FT)にLeo Lewis記者が日本のIR関連のコラム記事を掲載していました。 Subscribe to read | Financial Times Leo Lewis記者は同紙の東京特派員で、通常の事実関係のみの記事と比べると、やや独特の文体で今回のようなコラムも執筆する記者です。 日本外国特派員協会のプロフィールを見ても、日本のゲームとアニメが日本に興味を持ったきっかけだったと述べており、日本大好…

  • Jan-27, 2020 - 金敬姫(金正恩委員長の叔母)と金正哲(金正恩委員長の兄)

    お疲れ様です、かるなです。 もうありとあらゆる海外メディアのトップニュースが中国の新型コロナウイルス一色に染まる中で何かないかなあと探していたところ、 タイトルの通り、金正恩委員長の実の叔母にあたる金敬姫の姿が公の場で確認されたとのニュースを見つけました。 North Korean leader Kim Jong-un's aunt reappears after six years - BBC News この金敬姫さんというのは、故・金正日総書記の妹と結婚し、当時の北朝鮮において事実上No.2まで上り詰めた張成沢 氏の妻にあたる人物です。 張成沢 氏は、金正恩委員長の後見人、いわば育ての親の…

  • Jan-23, 2020 - 米国大統領選(2020年11月3日)

    お疲れ様です、かるなです。 ゴーンネタもひと段落し、どのニュース媒体も中国の新型のコロナウイルスの話題で持ち切りだったので、暇つぶしにワシントン・ポスト(Washington Post、WP)紙を眺めていたところ、米国の大統領選について社説が出ていました。 https://www.washingtonpost.com/opinions/voters-have-concerns-about-the-electoral-college-the-supreme-court-is-clearing-one-thing-up/2020/01/22/115c20da-3c79-11ea-baca-eb7a…

  • Jan-22, 2020 - ゴーン氏、森まさこ法務大臣の反論に真っ向勝負(反論寄稿を投稿)

    お疲れ様です、かるなです。 昨日、森まさこ法務大臣がフィナンシャル・タイムズ紙(Financial Times, FT)に投稿したゴーン氏批判の寄稿を取り上げたばかりですが、 翌日の本日22日付の同紙には、早くもゴーン氏本人の反論寄稿が掲載されていました。それに伴いTwitterも再開。ゴーンさん、仕事が早すぎる笑 My response to recent comments by Japan’s Justice Minister Masako Mori in the FT.https://t.co/0KomdnPSF1 — Carlos Ghosn カルロス・ゴーン (@carlosghos…

  • Jan-21, 2020 - 森まさこ法務大臣によるゴーン氏報道に関する寄稿

    お疲れ様です、かるなです。 タイトルの通り、本日付のFinancial Times紙(FT)にゴーン氏関連で森まさこ法務大臣が寄稿記事を投稿していました。 Twitterでも周知されており、「我が国の司法制度が正義の実現のため、公明正大に運用されている」ことを国際社会に示すために投稿されたようです。 フィナンシャル・タイムズに法務大臣として寄稿をいたしました。カルロス・ゴーン被告人の密出国を機に、日本の司法制度について様々なご意見がございますが、我が国の司法制度は正義の実現のため、公明正大に運用されています。https://t.co/LEvCaMz0gN https://t.co/MQ97pl…

  • Jan-20, 2020 - 北朝鮮の外相交代

    お疲れ様です、かるなです。 まだ詳細情報は報じられていないですが、先日のロイター通信の報道によると、北朝鮮の外相が交代する模様です。 北朝鮮が外相交代か、外交路線に影響も 一部メディア報道 - ロイター (今回は、あくまで北朝鮮内の外交関係筋の情報ということで、正式な発表はこれからになるとのことです) これまで外相を務めていた李容浩(リ・ヨンホ)外相が解任となり、後任は、新たに2018年4月の南北首脳会談で重要な役割を果たした祖国平和統一委員会(CPRK)の李善権(リ・ソングォン)前委員長が就任するとのこと。 今回解任となる予定の李容浩(リ・ヨンホ)外相は、キャリア外交官としてこれまで米国をは…

  • 転職活動を始める前に知っておきたいこと

    こんばんは、かるなです。 今回は初の雑談投稿になります。 記念すべき第一回は、キャリア関連の転職活動ネタです。 普段の国際ニュースネタとは大きく変わりますが、雑談カテとしてご容赦ください笑 私自身もこれまでのキャリアで何回か転職を行ってきたのですが、最近周りでも転職が流行っており、口を開けば、 「どこの転職サイト、転職エージェントがおすすめ!?」 「転職活動するときは、まず何から始めればいい!?」 などの声が多かったので今回は、自分の過去の経験を踏まえ、転職活動を始めるにあたり事前に知っておくべきことをまとめてみました。 <目次> 転職活動の大まかな流れ 「転職求人サイト」と「転職エージェント…

  • Jan-17, 2020 - 米韓の在韓米軍駐留経費(思いやり予算)

    お疲れ様です、かるなです。 はじめましての方はよければこちらからどうぞ↓ unsocial-hours.hatenablog.com 先ほど本日の新着ニュースを探していたら、ウォールストリート・ジャーナル紙に米国のポンペオ国務長官とマーク・エスパー国防長官による寄稿を見つけました。国務長官と国防長官、二人による寄稿文とは豪華かつ力が入ってますね。 【寄稿】韓国は同盟国、従属国ではない=米国務長官・国防長官 - WSJ お題はなんだったかというとブログタイトルにある通り、在韓米軍の駐留経費負担割合、いわゆる「思いやり予算」(防衛省予算に計上されている「駐留米軍経費負担」の通称)についてでした。 …

  • Jan-16, 2020 - 米中貿易戦争、第一段階合意

    お疲れ様です、かるなです。 昨日15日に米中が貿易交渉において「第一段階の合意」に達したそうなので、それについてちょっと内容を見てみたいと思います。 <目次> 合意内容 海外メディアの報道 合意内容 主な合意内容は、中国による米製品の輸入増(従来の約1.5倍)、中国が侵害を繰り返している知的財産権の保護や金融サービス市場の開放など7項目。 米政府側はというと、来月2月にこれまで科してきた制裁関税の一部を引き下げる見通し(15% → 7.5%へ)。 ただ中国側の合意内容は以前合意した内容や提唱済の施策ばかりで真新しさには欠ける印象です。 一方の米国側も中国製品の7割弱に制裁関税を課したままである…

  • Jan-14, 2020 - トランプ関税(ナバロ米大統領補佐官 寄稿)

    お疲れ様です。かるなです。 一昨日まで沖縄にいっていたので更新が遅れましたが、昨日14日にナバロ米大統領補佐官(旧国家通商会議・現通商製造政策局 委員長)の寄稿がウォールストリート・ジャーナル(WSJ)に投稿されていたので取り上げたいと思います。 はじめましての方はこちらもどうぞ ↓ unsocial-hours.hatenablog.com <目次> ナバロ大統領補佐官とは? 米政府内の貿易・経済政策関連の各組織 通商製造業政策局(OTMP)(旧・国家通商会議(NTC)) 通商代表部(USTR) 国家経済会議(NEC) 寄稿内容 トランプ関税には一時的な価格上昇というデメリットを上回るメリッ…

  • Jan-09, 2020 - カルロス・ゴーン氏の会見

    お疲れ様です。かるなです。(はじめましての方はこちらをどうぞ) unsocial-hours.hatenablog.com 記念すべき最初の記事は、日本時間1/8(水)22:00から中東レバノンにて行われた元日産CEO カルロス・ゴーン氏の記者会見(厳密には懇親会)についてです。 珍しく個人的に見入ってしまったニュースでしたので本ブログの記念すべき最初のトピックとして取り上げることとしました。 結論から言うと、今回の会見では詳細は開示されなかったものの、その後の日本メディアの報道内容には疑問が残る結果となりました(個人的にはゴーン氏の主張や行動原理には合理性があるものと捉えています)。 <目次…

  • はじめに

    はじめまして、本日より正式に本ブログをスタートさせることとしました、管理人のかるなと申します。 本ブログは国際情勢、中でも国際政治に焦点を当てて、日々のニュースを取り上げ、独自の考察を行なっていくことを趣旨とするものです。 まずは本ブログの内容について、以下に簡単に説明事項をまとめましたのでこちらをご確認いただければ幸いです。 1. 設立の背景・目的 2. ブログの記事内容 3. 主なターゲット層 1. 設立の背景・目的 一般的に国際政治の動きは、国際経済の動きよりも軽視されがちです。 その理由はシンプルでずばりカネになりにくいからです。 国際経済(株式・債券市場、為替、不動産等)の日々の動き…

カテゴリー一覧
商用