searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ルアりずむさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ルアりずむ
ブログURL
https://www.lurelism.com/
ブログ紹介文
主にソルトウォーターのルアー釣りを嗜んでいます。タックルやルアーのインプレをメインで綴っていきたいと思います。ちなみにボウズが多いので、そのレベルだとお察しの上、参考にしてくだされば幸いです。
更新頻度(1年)

60回 / 365日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2020/01/18

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ルアりずむさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ルアりずむさん
ブログタイトル
ルアりずむ
更新頻度
60回 / 365日(平均1.2回/週)
フォロー
ルアりずむ

ルアりずむさんの新着記事

1件〜30件

  • 第13~16戦 サゴシボイル撃ち

    第13戦は友人とサーフからスタート。 普段はあまり行かない急深サーフでナブラを期待しますw何事もなく終了。恒例の磯ランガンへ移行します。北西風が強く厳しい状態・・・ 風裏の南向きに投げるも、南からのウネリが強く危険な状態。風裏を探してエギングとプラッキングに賭けます。エギングをしつつナブラを待っていると、単発のボイルが発生。正体はわかりませんが、小型プラグで追いかけていると、友人のメタルジグにヒット。 が、バラシ・・・正体はサゴシ・・・?かも、とのことで、続けて狙うも無反応。そのまま納竿となりました。 第14戦もサーフからスタート。 本日も風は強く荒れています。が、やはり撃沈。 むしろ期待値が…

  • ダイワ 紅牙 AIR C611MS METAL AP インプレ

    掛けタイラバに特化したスピニングロッドが天龍 レッドフリップ742Mでしたが、それに対して乗せに特化したスピニングロッドを求めてたどり着いたのがこの紅牙AIR C611MSです。 キャスティングメインではないスピニングロッドの選択肢がほぼ無かったので、キャスティングタイラバ用のモデルの中から、よりライトな番手を選びました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); DAIWA 紅牙AIR C611MS-METAL AP 自重(g) 106 先径/元径(mm) 0.7/9.4 適合ルアー重量(g) 20-50 適合ライン PE(号) 0…

  • 第12戦 月夜ナイトエギング

    この日も早朝はサーフへ。 例年ならこの時期はオフショアですが、昨今の諸事情にによりサーフから始めます。 シーズン的なデータもなく、ここ最近の実績も全くありませんが、ポイント難民になる確率が低く朝マヅメギリギリに間に合うように行けばいいので、しばらくはサーフスタートを続けるつもりですw裂波120から始めフラットバッカーへ、すると、何かがスレ掛り。正体はフグ。そのままアダージョやハウル、チビウロコでのショアスローでノーバイト。 早々に見切りをつけて磯ランガンへ。ポッパー、ダイビングペンシル、ジグミノーてローテーションしますが無反応。サンノジと戯れたり・・・更に南下して夕マヅメを迎えようとするも、予…

  • 天龍 レッドフリップ 742 M インプレ

    天龍から出ている掛けタイラバ専用のタイラバロッドです。 掛けタイラバで尚且つスピニング用というかなり拘ったロッドですw 天龍 テンリュウ RF742S-M キャスト Max(g)90 ルアーウェイト(g)MAX140 ライン(lb):MAX20 PE(号)0.6-1.2 ドラッグ MAX(kg)3 リアグリップレングス(mm)400 先径(mm)1.3 元径(mm)8.9 ロッドウェイト(g)134 カーボン/グラス(%)87/13 タイラバへの迷走が続き、次なるタックルとして選んだのがこちらです。 天龍のライトジギングロッド、ホライズンLJのスピニングモデルでタイラバをしたところ中々良かった…

  • 第11戦 ライトショアプラッキング

    この日もスタートはサーフから。前回折れた14ステラのハンドルシャフトを18ステラのものに変更。 ハンドル長が55mmから57mmに伸びましたが違和感なく使えますw というよりこっちの方がしっくりくるかもしれません。暗いうちはフラットフィッシュを狙うも反応なし。ベイトっ気もなく釣れそうな気配もないので早々にポイント移動。いつもの磯ランガンに移ります。ひたすらポイント移動を続けるも反応なし。早々から、本命は前回ハマチを釣った地磯と決定w 万策尽きたこともあり、予定より早すぎるタイミングで到着。 花粉が辛すぎるので午後は仮眠し、潮が動き始めるタイミングから夕マヅメを狙う予定です。ポイントに入るととり…

  • 第8戦~第10戦 サーフ エギング ロックショアプラッキング

    第8戦はサーフからスタート。 例年はもうこの時期はオフショアに移行しているため、状況もパターンもわからず手探りで挑みます。青物かフラットか決めきれないまま、中途半端にどちらも狙ってノーバイト。 周囲も釣れている様子はありませんが、そもそも何狙いなのかわかりません。その後は南紀の磯を巡ります。 かなり強い北西風が吹いているので、向かい風に撃って押し寄せられたベイトに着いた青物を狙います。潮が動いている時間は頑張るもノーバイト。 緩んだタイミングで鳥が海面を時折つつきますが射程外。夜は潮が動くタイミングを狙いテトラでエギングをするも無反応。そのまま完全ボウズで納竿としました。 第9戦も同じサーフか…

  • ヤマガブランクス シーウォーク ライトジギング 64ML インプレ

    ヴァデルBJ66XHSの後継に買ったのがこちら、シーウォークライトジギング64MLです。タチウオジギングにも流用していたシーウォークタイラバ68MLが青物への適正も高かったため、そのイメージからライトジギングロッドをヤマガフランクスから選択しました。 YAMAGABlanks SeaWalk Light Jigging 64ML Spinning Model 全長 1935mm ウエイト 115g 適合ルアーウエイト ジグ60~120g Cast Max 50g 適合ライン PE0.6~1.2 Carbon 80.5%ヤマガフランクスから出ているライトジギング汎用ロッドです。 ライトジギングは…

  • 第7戦 サーフ ロックショア ナブラ撃ち

    この日は友人と中紀のサーフへ。 真っ暗な状態で到着したため、最初はシーバス狙いから始めます。先発はサスケ120裂波。 スローで巻いていると早速、波打ち際でヒット。本日はフグからスタート。再び巻いていると、ベイト候補が引っ掛かりました。またシラスナブラを・・・更にシャローに寄って裂波を巻いていると若干の重み。予想通りのフグ。その後、再びフグがヒットするも、フックアウト。本日はなぜかフグの活性が高い・・・友人もフグをヒットさせていました。 明るくなり、辺りをキョロキョロしながらルアーを変えつつ、一応、ヒラメ狙いで投擲を続けます。割りと釣り人の姿は多いですが釣れている様子はありません。メタルジクで青…

  • シマノ 17エクスセンス 4000MXG インプレ

    シマノのシーバス専用ブランド、エクスセンスのフラッグシップモデルです。モンスターサーフ1072の感度をより高めようと、秋シーズンにメインで使用していました。完全に予想外だったんですが、21エクスセンスとして19ヴァンキッシュベースでモデルチェンジしています。 17エクスセンス4000MXG ギア比 6.2 実用ドラグ力 (kg)6.0 最大ドラグ力(kg) 11.0 自重(g) 245 スプール寸法(径mm/ストロークmm) 51/17 最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 99 ハンド長(mm) 55 ベアリング数(S A-RB/ローラー) 11/116ヴァンキッシュをベースとしたシーバス専用…

  • 第6戦 サーフライトショアジギング サゴシ

    ようやく現実に戻り、今回は南紀のサーフからスタート。今回は少し攻めて普段は入らないやや水深のある方を選択し入ります。 フラット系を外して青物メインで狙います。薄暗い間はミノーで探り、明るくなってからはジグを投入。あっという間に朝マヅメは終了します。完全に外してしまったため、フラットのいるシャロー側へ移動します。アダージョ105ヘビーでフラットを狙っていると、波打ち際で小魚が逃げ回っています。 ナブラにもボイルにもなりませんが、何か回遊している可能性があるので、ベイトをシラスと仮定してルアーをプレスベイト85に変更。一度沈めてから巻いているとガツッとヒット。 何がかかったのか予測できない微妙な引…

  • 第5戦 南紀エギング 500g

    あれから2週間くらい経過しているにも関わらず、友人と再びシラスナブラのあったサーフへ。当然、フラットも青物も爆死し、本来なら朝から行くべきだった南紀のサーフへ。小雨な天気なので人は少なめで、朝の状況もわかりません。すぐにサーフを後にし、青物狙いの地磯ランガンを開始します。ポイントに到着してランディングネットを持っていこうとしますがありません・・・どれだけ探しても見つかりません。 前回、最後のエギングポイントに忘れてきてしまった・・・みたいです・・・悲しすぎる・・・長年愛用していたオシアランディングシャフトとイーノプラスのセットを紛失、一気にテンションが下がります・・・一応、予備があるのでそれを…

  • スタジオコンポジット カーボンパワーラウンドシェープノブ L

    スタジオコンポジットから出ていたカーボン製のラウンドノブです。12レアニウムCi4+4000XGや17ツインパワーXD4000XGに装着していました。カーボン模様のかっこいいラウンドノブです。 スタジオコンポジット カーボンパワーラウンドシェープノブ L 定価8500円 実売価格もそれに近いものでした。 かつて、スタジオコンポジットの直営ネット販売でなんとか手に入れることができたノブです。シマノタイプAとダイワタイプSの兼用になっています。なぜ、このカーボンノブを購入したかというと、同サイズで愛用しているアルミラウンドノブの弱点を補うのが目的です。アルミラウンドは握りやすいですが、重量がやたら…

  • 第4戦 エギング 極小イカ

    今回も友人とサーフへ。 既に数日経過しているので淡い期待ですが、シラスナブラのあった場所からスタートします。暗い内はフラット狙うもあっという間に日の出を迎えてしまいます。ベイトっ気もなく可能性は薄そうな感じ。そのまま何も起きずにポイント移動。磯を巡ってプラグで探ったり・・・フグと戯れたり・・・あまりにも魚が釣れる気がしないのでいつもは夕マヅメからスタートするエギングは早めにスタート。明るい内から夕マヅメはテトラ帯や波止から探りますが反応なし。日が暮れてからは常夜灯で狙います。 しかし、反応がありません。 あまりにも渋いのでエギを3号に変更。 しばらくして潮が動き始めたタイミングでポンっとヒット…

  • サーフ第3戦 ナブラ撃ち ロックショア

    三連休最終日、2日前のナブラ撃ちの余韻を残して、再び友人と同じサーフへ。今回は余裕をもってポイントに到着。暗い内はミノーメインでフラットや単発回遊の青物を狙います。 何も起こらないまま日の出を迎えしばらくすると、同じ位置にナブラが発生。規模は前回に比べるて小さくなっていますが、事前にセットしていたプレスベイト85を投擲。 しかし、ヒットにはいらたらず、隣の人も友人もスカ・・・ ナブラは前回と同じで時計回りで回遊しているみたいです。浜にシラスが打ち上げられていくも、前回に比べて数が少な目。そうこうしている内に、二週目のチャンスが訪れるも、こちらも全員スカ・・・よりシラスに寄せてルアーをセカンドス…

  • サーフ第2戦 ナブラ撃ち フラット エギング

    1月最初の3連休初日。 大寒波が到来するという気が進まない中、友人とサーフへ。 特に、4回連続完全ボウズ更新中のため、全く釣れる気も自信もありません。色々あって到着が遅れ、サーフにつくと既に日が昇っています。 大寒波で雪予報あり、風もあり、で人の姿は少な目です。マヅメを逃し、完全に出遅れた中スタート。早々にポイント移動すべきかどうか悩んでいると、友人のジグに何かがヒット。正体はサゴシはでした。移動を考えていましたが、サゴシの回遊があるかもしれないためもうちょっと粘ることに。ジグミノーで探っていると、手前でナブラが発生しました。 際を通すと即ヒット。 アルモミスジグミノーでのヒット。ハマチのナブ…

  • シマノ アドバンスドプライヤー RH TYPE-F インプレ

    ショア、オフショア問わず現地でスプリットリングの開閉をメインに使用しているプライヤーです。4年か5年くらい使っていましたが釣り場で紛失。 リピート購入するくらいには気に入っているプライヤーです。 シマノ アドバンスドプライヤー RH TYPE-F CT-541P 定価 2950円実売の価格もそれに近い値段です。 大体、2500~3000円くらいします。見た目がカッコいいプライヤーです。黒色の方を5年ほど愛用していましたが、去年の秋にサーフで置き去りにしてしまい紛失。 使いやすかったため、青色の方をリピートで買い直しましたが、紛失の2ヶ月後に同じサーフで無事に再開できましたw錆が酷いですが、これ…

  • 釣行記 第20戦~第22戦 そして2021年初釣りへ

    第20戦は18ステラ4000XGのデビュー戦となりました。巻き変えてとってあったラインを巻きましたが、これが失敗でした。 100mちょいしか残ってなく、キャストすると下巻きが見えてきます。根掛かりロストによりあえなくライン消滅w途中で寄った釣具屋で現地調達。 シマノのピットブル8プラスのピンクカラーにしました。第一印象は普通に良さそうな感じ。 視認性もよく使いやすそう。釣りの方はそのまま何も起こらずに終了。 そのため、ステラの使用感もまずまずといったところw 第21戦は思いきって南紀のサーフからスタート。 しかし、一投目からラインブレイクしサイレントアサシン129Fが海の彼方へ。 ノットを結び…

  • シマノ セフィアSS S700M -S インプレ

    セフィアSS606M-Sがお気に入りだったこともあり、追加で購入したのがSS700M-Sです。 硬さは同じでレングス違いのモデルとして購入しました。以後、買い換えるまではメインで運用していたティップランロッドです。 シマノ 15セフィアSS S700M-S 全長(m)2.13 継数(本)2 仕舞寸法(cm)110.2 自重(g)103 先径/元径(mm)0.9/11.6 適合エギサイズ(g)MAX90 適合ラインPE(号)0.4~1.0 セフィアSS606M-Sでティップランにはまり、カラマレッティープロトタイプdueを経てシマノのティップのテイストの良さを再確認し、セフィアSS700M-Sに…

  • ライトショアジギング&サーフフラット 第19戦

    12月中旬、またまた友人とサーフへ。迷った挙げ句、前回と同じサーフへ入ります。 風、波なく釣りやすい状態ですが、逆にベイトっ気の無さが際立って釣れそうな雰囲気がありませんw早々に見切り南紀のサーフに行くも、こちらもベイトっ気は無し。北上しながらサーフをランガンしていきますが、相変わらず無反応。ひたすらポイント移動して居着いてそうな場所を撃ってランガン、そのまま夕マヅメへ。前回、イシモチを釣ったサーフでノーバイト。 日が暮れてからは河口エリアでシーバスを狙います。下げ潮のタイミングでシャローに入ります。 サイレントアサシン129Fを通して反応がないため、サイレントアサシン99Fにサイズを下げて通…

  • ライトショアジギング&サーフフラット 第18戦

    12月初旬、またまた友人とサーフへ。 例年通りなら、北西風に押し寄せられたベイトについたフラットか青物が単発で出るシーズンです。前回外したポイントは変えて、秋にタチウオの良かったポイントへ。 到着すると爆風、波も高く荒れています。向かい風爆風すぎて、アダージョなどのヘビーシンペンでも飛びません。 無難にメタルジグ、ショアスローからスタートします。明るくなってくると、鳥が海に狙いを定めて何かをつついています。 ベイトが押し寄せられているのか・・・表層狙い、アルモミスジグミノーに付け替え、大波の中を泳がせているとガツンとヒット。タチウオがヒットしました。いや、他の魚もいるだろう、と再び通すとやはり…

  • ライトショアジギング&サーフフラット 第17戦

    前回の2日後、同じパターンで友人とサーフへ行ってきました。反応のあったポイントは残し、なかったポイントは入れ替える手抜き釣行です。朝一は前回友人がタチウオを釣ったサーフから。 筆者はやはりフラットを狙って砂地のシャローへ入ります。ミノー、シンペンと探り、サーフのカーブからショアスローでブレイクの上を狙って通しているとズシンと重みが入りヒット。 かなりの重量があるので座布団ヒラメが来たかと一瞬思うも、完全にエイの感触・・・手前まで寄せるも、波打ち際で底に張り付きはがせません。 びくともしないので、ドラグを強めてポンピングで浮かせていると、突然、沖に向かって移動し始めます。強めのドラグがジリジリ出…

  • ライトショアジギング&サーフフラット 第16戦

    友人とまたまた中紀のサーフへ。 筆者はヒラメ・マゴチ狙いでシャロー、友人は青物狙いでジャリと砂の境界へ入ります。しばらくすると、青物を狙っていた友人にタチウオがヒット。回遊があったのか、遠くで釣っている人にもタチウオがヒットしていました。筆者も様子を見てタチウオを狙ってみるも時既に遅し。反応がないため南紀のサーフへ移動するも即、撃沈。 昼前にテトラ帯を覗いてみると、向かい風の爆風。 ベイトが押し寄せられてそうなので、とりあえずここでライトショアジギングをすることに。チビウロコでショアスローをしていると、手前で即ヒット。カマスのヒットでした。手前の同じエリアを通すとまたまた即ヒット。どうやら、風…

  • 2020 中紀 ティップラン 釣行

    プレジャーボートにてティップランに行ってきました。 4名の乗船でみよしの側に入らせてもらいます。今回はリールを12ヴァンキッシュC3000HGから19ヴァンキッシュC3000MHGに変更しての釣行です。ポイントに到着すると、風は弱め、潮の流れは少々といったところ。 朝マヅメの一発目で釣っておきたいため、エギはダートマTR40gを投下。エギの流れ方、穂先の入り方は丁度よい感じです。 しかし、無反応・・・最初のポイントは4人ともヒットせず、ポイント移動。同船者がポンポンとヒットさせる中、4ヶ所目のポイントでようやく筆者の穂先がテンション抜け。 ジェット噴射がありアオリイカ確定、まずまずかな、とあげ…

  • ライトショアジギング&サーフフラット 第15戦

    今回も友人とサーフへ。いつものサーフはエソが増えてきたことと、大物の実績が微妙なため、一昨年に調子の良かったサーフから始めます。意外と人がいてあまり身動きがとれないため、ルアーローテーションで探ります。サイレントアサシン129F、裂波120、サイレントアサシン99Fでノーバイト。明るくなってきたタイミングでビッグバッカー鰤カスタムを投げると一投目でヒット。指3本くらいのタチウオでした。 全く同じタイミングでジグを投げていた友人にもタチウオがヒットしていました。指3.5本くらいありそうです。動けないため、ルアーをハウル、アダージョとローテしていると、友人のジグにセイゴがヒット。これ以上は何も出そ…

  • ライトショアジギング&サーフフラット 第14戦

    今回も友人といつものサーフからスタート。 暗い内からサイレントアサシン129F、裂波120、サイレントアサシン99Fと試してノーバイト。その間、友人のメタルジグにヒットするもエソ。こちらはアダージョ105ヘビー、ハウルと探って、チビウロコでのショアスローへ。すると、ようやくのヒットですがぷるぷるとした引き。予想通りエソですがボウズ逃れ。 エソとはいえ、バラさずにとれたので一安心ですwその後、友人が更にジグでエソを追加。こちらもショアスローでオキエソを追加。そこから先はエソも当たらず厳しそうな感じなので一気に南下しポイント移動。去年は魚影のあったメッキが今年は厳しく、青物のナブラも発生しません。…

  • ライトショアジギング&サーフフラット 第13戦

    今回も友人といつものサーフから。暗い内から狙うもタチウオは完全に抜けたのか反応がありません。サイレントアサシン129F、裂波120、サイレントアサシン99Fとローテして99Fでようやくバイトが現れます。しかし、乗せることができないまま明るくなってきます。 ビッグバッカー107、107H.Wとどちらを投げてもかなりのバイトやヒットがあるもばらしの連発。そんな中、友人がジグでエソを釣り上げます。 エソの姿を見ても、バラしているのはエソだと割りきれないのは、時折、重い引き込みのヒットがあるからですwビッグバッカーではバレるのでルアーを裂波に戻します。 すると、スローで巻いてヒット。絶対にバラさないよ…

  • ライトショアジギング&サーフフラット 第12戦

    今回も友人とサーフへ。 暗い内から現地入り。前回マズメ効果は薄く、ベイトの回遊と合わさっての釣果だったため、期待は薄め・・・先発はサイレントアサシン129F、裂波120と試してサイレントアサシン99Fへとチェンジ。ここでようやくヒットしました。そのままサイレントアサシン99Fで探るも反応が途絶えてしまいました。 飛距離を稼ぐためにビッグバッカー107に交換。 巻いているとバイトがあるも乗りません。何度かバイトを弾いてようやくヒット。このパターンも続かず、とうとうバイトも無くなってしまいます。 飛距離を上げてレンジを下げるため、ビッグバッカー107H.Wに交換。途絶えたバイトが甦りますが、なかな…

  • ライトショアジギング&サーフフラット 第11戦

    今回も友人と何でも狙いのサーフへ。前回、暗い内からサーフに入れたものの、貸している20クレストLT5000のギアが逝くトラブルで時合を逃してしまったので、今回は万全を期してオーバーホールから帰ってきたばかりの13バイオマスターSW4000XGを貸すことに。今回も余裕をもって暗い内からポイントに入ります。前回のパターン同様、サイレントアサシン129Fからスタート。今回は反応薄くバイトが全くありません。 場所を変えながらひたすら投げてようやくヒット。しかし、この後が全く続かずヒットに持ち込めません。 反応がないまま、明るくなってしまいました。すると、タチウオのボイルが発生します。ベイトがサーフ内に…

  • ライトショアジギング&サーフフラット 第10戦

    今回も友人とサーフへ。余裕をもって薄暗い内から現地入りします。 先発はサイレントアサシン129Fから。キャスト後、着水、立ちあがり直後にヒット。 引きからしてタチウオです。指3.5本くらいでした。そのまま2投目でやはりすぐさまヒット。群れが押し寄せているのか、反応はかなりありそうです。一投一匹の爆釣コースかと思いきや、友人がなかなか投げにやってきません。 見に行くと、どうやらリールのギアが逝ってしまい巻き取り不可の状態とのこと。 予備のリールを取りに行っている間に、友人が筆者のタックルとサイレントアサシンで2匹追加していました。ようやく二人揃って再開と思いきや、反応がピタリと止まってしまいまし…

  • ライトショアジギング&サーフフラット 第9戦

    今回も友人と何でも狙いのサーフへ。 前回と同じポイントからスタート。今回はかなり余裕を持って到着したため、真っ暗な状態から始めます。 前回のパターンに倣って、裂波120からスタートするも反応はなし。 ルアーサイズを落としサイレントアサシン99F、アダージョ105ヘビー、ハウル、チビウロコによるショアスローで探ってノーバイト。朝マヅメは完全にコケてしまいました。ポイントを移動し、去年メッキの調子が良かった南紀のサーフへ。今回はリールを20ステラSW4000XGで試してみます。 巻き上げパワーは高いですが、感度面はは大幅に下がってしまいましたw波打ち際でベイトを追いかけるメッキの姿が見えたので積極…

カテゴリー一覧
商用